「天の句」特集

平成29年6月
駿河台散策
吟行会
(新スタイル)
嘱目吟 推敲の苦労は見せぬサインペン 岩田 康子  江畑 哲男選
甲子園ピンクレディーが待つ真夏 大澤 隆司
最敬礼明大考古学者様 吉田 恵子
学生街記憶の中の喫茶店 中井 郁子

平成28年
6月
我孫子吟行会 
スポーツ アスリート競う記録と化粧法 川名 信政  江崎 紫峰選
白い 日の丸の白地に汚れ目立つ今日 志田 則保 塚本 康子選
仲間 ケンケンパ昭和の路地は皆仲間 松本 晴美 中沢 広子選
嘱目吟 手賀沼の世界遺産を夢にみる 中澤 巌 江畑 哲男選

平成27年
3月
石岡吟行会
地方 カタコトとローカル線にある睡魔 川名 信政  植木 利衛選
 掘る 樹木葬それも有りかな花になる 小松崎倶江  植竹 団扇選
ノスタルジー フィナーレに民謡が出る披露宴 伊藤 春恵 岩田 康子選
嘱目吟 ボクたちの小学校は国府跡 六斉堂茂雄  江畑 哲男選

平成26年
3月
ぶら~り浅草
吟行会
拝む 赤ひげと拝まれ離島捨てられず 宮内みの里  内田 博柳選
きょろきょろ クリミヤを探すちいさな地球儀で 海東 昭江  川瀬 幸子選
リーグ 日本の星をメジャーが買いに来る 伏尾 圭子  小林かりん選
嘱目吟 仲見世を歩くスピードラーニング 川名 信政  江畑 哲男選

平成25年
4月
恵比寿
吟行会
ピント いつの間にかピントが合って離婚する 日下部敦世  てじま晩秋選
夜明け 親不孝詫びて旅立つ始発駅 上田 正義  坂牧 春妙選
展望 超高層地球の裏は見せはせぬ 植竹 団扇  本間千代子選
嘱目吟 ブランドがアメリカ橋とコラボする 大竹  洋  中澤  巌選


平成24年
4月
銚子吟行会
ロマン 見たいなあ水平線の向こう側 伊藤 春恵
外れる 脱輪もあって人生滋味を増し 小倉 利江
太鼓 太鼓からTAIKOへショーの華になる 宮内みの里
嘱目吟  犬岩の歴史を語るように吠え 名雪 凛々 

平成23年
5月
科学技術館
吟行会
コントロール 無縁社会コントロールが破綻する 大戸 和興
触る  (2人選) 憲法に触れると九条が睨む 伊藤三十六
触る  (2人選) 触診が病んだ私を言い当てる 日下部敦世
地下 地下壕の悲劇を永久に語りつぐ 本間千代子
嘱目吟  原発のことには触れぬ科学館 佐藤 孔亮 
 
平成22年
5月
早稲田大学
吟行会
武蔵野に世界を目指す新タワー 河野 海童
ハンカチ 包帯になってあなたの傷癒す 川瀬 幸子
女優一切  (2人選) 我が家では私が主演女優です 笹島 一江
女優一切  (2人選) 名女優指の先まで死んでみせ 菅谷はなこ
嘱目吟 普天間もあるのにキャンパスは平和 中川 洋子
 
平成21年
5月
東京大学
吟行会
イミテーション 菊坂にまだ一葉の息づかい 佐藤 孔亮
サークル  (2人選) 趣味の輪で見つけた椅子が心地良い 松本 晴美
サークル  (2人選) メビウスの思考回路で国語る 根岸 洋
革命 革命の美談犠牲を誇張する 石井太喜男
嘱目吟 医科大の患者につつじ眩しすぎ 笹島 一江
 
平成20年
4月
佐 原
吟行会
地図         アップダウンこんなにあった母の地図 笹島 一江 
年下 登校の列ピカピカを中に入れ 宮内みの里 
グルメ 一滴へ妥協をしないシェフの舌 阿部 巻彌
嘱目吟 古時計にひかれ昭和へ迷い込む 日下部敦世
 
平成19年
5月
野 田
吟行会
何時の日か渡ってみたい恋の 川本多 守
照れる   (2人選) 照れている顔へ母性が揺れ始め 伏尾 圭子
照れる   (2人選) 紹介のうまさに顔が火照りだす 石井太喜男
レトロ 昭和史の罪をレトロと言わせない 海東 昭江
嘱目吟 吟行の空を突き抜け大欅  日下部敦世