「天の句」特集

平成30年
1月 
名前 二文字の祖母の名どこかしらモダン 相原あやめ 安藤紀楽選
つなぐ 日本史の継ぎ目継ぎ目にある戦 駒木香苑 渡辺貞勇選
プライド ピノキオの鼻を磨いたゲスの群 小林洋子 内田博柳選
 自由吟  しまなみを第七版が迂回させ  大竹洋  大戸和興選
2月  蟻  逆境を逆手に強い蟻になる  伏尾圭子  願法みつる選
 組む  人間のパズルに酒を少し足す  真島久美子  江崎紫峰選
 カロリー  カロリーとはこれか子供のはしゃぐ声  大澤隆司  真島久美子選
 寒さこらえて  兜太逝く春の寒さに耐えかねて  月岡サチヨ  江畑哲男選
3月  クーデター  クーデター起こす元気も無く夫婦  成島静枝  佐藤孔亮選
 席  席ひとつ空いて実感した巣立ち  岩澤節子  北島澪選
 引っかかる  竿先に震災遺品引っかかる  増田幸一  山田トマト選
 自由吟  来世ではパンダに生まれ天下取る  山田トマト  川崎信彰選
4月  遠慮  機が熟すまではウサギに道を空け  堤丁玄坊  柴垣一選
 プチ  ちんまりと老いて笑顔が愛される  山本由宇呆 松本晴美選 
 余計  貧乏だが弱音は吐かぬ父がいる  河野桃葉  吉田格選
 役  何れ来るお役御免となる命  関根庄五郎  山本由宇呆選
5月  合意  目力がこれほど怖いものと知り  中澤巌 小林信二郎選 
 強引  突然にホームのチラシ見せられる  二宮千恵子  岩田康子選
 ゴール  平成のゴールへ歩む両陛下  森智恵子  長谷川庄二郎選
 自由吟  百までを生きるお金を貯めている  吉田恵子  江畑哲男選
6月  強情  葬式はするな焦るな知らせるな  伊師由紀子  杜青春選
 便乗  栄転へ婚約までも付いてくる  駒木香苑  米島曉子選
 天井  恋文の返事は虹が消えたあと  熊谷勇  遊  人選
 ノン  ノンポリで一途で僕の神田川  松本晴美  江畑哲男選
7月  大義名分  腹の子と丼飯を二人分  小林洋子  川口雅生選
 頼む  頼り甲斐父の脛より母の腕  鎌田ちどり 髙山月ヱ選 
パタパタ  局長の椅子がドミノになる役所  大竹洋  竹田光柳選
 自由吟  アディショナルタイム生き生き八十路坂  梅村仁  植竹団扇選
8月  舞台裏 人生の舞台三幕目は介護   笹島一江  菱木誠選
 禊 子の危機に水ごりを取る親心  笹島一江  川名信政選
きつい   危険だと誰も言わない甲子園  中村久代  岩澤節子専
 ターン  ターンしてまたターンして元の鞘  増田幸一  江畑哲男選
9月  苦手  AIが恋の悩みに四苦八苦  小林かりん  福井勲選
 エステ  心のエステ言霊が清くなる  北島澪  酒井千恵子選
 軸足  正義対正義歴史は鬩ぎ合う  江畑哲男  大戸和興選
 自由吟 逃げてゆく日を追いかけるスケジュール   杉野ふみ子  江畑哲男選
10月     女子  今の所子供を産めるのは女  塚本康子  加藤ゆみ子選
 ステップ  帰宅へのステップ迷う汚染地区  酒井トミオ  駒木香苑選
 能書き  終電が気になる小三治のマクラ  丸山芳夫  佐藤孔亮選
 自由吟  人恋し葉書一枚買ってくる  田辺サヨ子  日下部敦世選
11月  私が主役  我が家の主役あなたあっての私です  中澤巌  永井天晴選
 モンスター  愛してる僕のきれいなモンスター 北島澪   五月女曉星選
 味  クレームの処理に人間味をまぶす  島根写太  成島静枝選
 自由吟  お葬式薄利多売の時代来る  古田水仙  江畑哲男選
12月   大詰め  お静かに仕上げのドミノあと一つ  岡さくら  川崎信彰選
 クリーン  引き際が見事禍根は残さない  海東昭江  堤丁玄坊選
 魔法  アラジンのランプが欲しい拉致家族  宮内みの里  北山蕗子選
 今年のニュースから  百五十年祖母の袷に維新の香  酒井千恵子  長谷川庄二郎選
平成29年
1月
オープン トランプの戯画パンドラの箱を開け 小倉利江 齊藤由紀子選
そろそろ 天神さま合格通知まだですか 窪田達 米島暁子選
自由吟 編み棒がテーブルにあり恋終わる 岡さくら 中澤巌選
2月 義理 義理がたく揃って子供家に居る 二宮千恵子 杜青春選
ファースト 春一番きれいな別れ考える 熊谷勇 日下部敦世選
なめらか 憎らしいほどなめらかな孫の尻 松本八重子 熊谷勇選
青春 単線にセーラー服の朝が来る 大竹洋 江畑哲男選
3月 競う 見たいなあ豊洲市場の朝の競り 川瀬幸子 安藤紀楽選
囃す 日本の伝統繋ぐ笛太鼓 山田とし子 関根庄五郎選
チェンジ こんにゃくが安価に変えた国有地 東條勉 本間千代子選
自由吟 太陽の季節もやっぱしょぼ暮れる 佐野しっぽ 江畑哲男選
4月 咲く 飛花ひとひら抱いて下さい私です 後藤華泉 駒木香苑選
引っ越し ふるさとが転居の度に増えてゆく 月岡サチヨ 永井しんじ選
トレーニング リバウンドの姿は極秘ライザップ 船本庸子 海東昭江選
言い訳 皆のため言わずもがなの貝となる 中沢広子 川崎信彰選
5月 恋の旗振ると真っ赤なバラとなる 窪田和子 片野晃一選
連なる 被災地へ支援の手と手リレーする 北島澪 水井玲子選
ダブル ホームと電車重なるドアに停める技 浅井徳子 藤田光宏選
自由吟 通学を見守る親が監視され 亀山幸輝 江畑哲男選
6月 イン 窓を開け内弁慶をほうり出す 田辺サヨ子 高鶴礼子選
植える スコップも晴れの舞台の植樹祭 本間千代子 伊藤春恵選
羽織脱ぐ所作も絵になる高座芸 大竹洋 窪田達選
至れり尽くせり サービスの裏で上がっている悲鳴 角田真智子 江畑哲男選
7月 さらさら せせらぎを地獄に変えた土石流 宮内みの里 名雪凛々選
独立 娘の下宿歯ブラシ二本並んでる 上田正義 島根写太選
自由吟 情報過多信ずるものは何ですか 河野桃葉 江畑哲男選
8月 開拓 地下資源 深海鮫のご迷惑 大竹洋 島田駱舟選
退く 一歩ずつ退いて程好い仲でいる 伏尾圭子 山本由宇呆選
人生の夢のカケラを皿に盛る 月岡サチヨ 塚本康子選
テント 青テントどこか寂しい色である 笹島一江 中澤巌選
9月 脳死から広がってゆく冬景色 真島久美子 津田暹選
柔軟 木偶だっていい積み上げた顔がある 新谷みのり 田中新一選
自由吟 結局は優しい人が負う介護 上西義郎 江畑哲男選
10月 メイン 国家とはポールに揺らぐ日章旗 上西義郎 渡辺梢選
かちかち 本音ポツリ静止画像になるハート 岩田康子 大竹洋選
誕生 いいもんだひとりで祝う誕生日 吉田恵子 日下部敦世選
実る 本が言う脳も実りの秋ですよ 二宮千恵子 船本庸子選
11月 青い 青りんごSNSに繋がれる 大竹洋 伊藤良彦選
レジ コンビニの深夜のレジは金縛り 六斉堂茂雄 宮内みの里選
耐える 着ぐるみの中の過酷に喘いでる 酒井千恵子 植竹団扇選
自由吟 金婚式うちにもあったチバニアン 鎌田ちどり 江畑哲男選
平成28年
1月 
元気 今日もまた私東へ妻西へ 窪田達 片野 晃一選
グローバル 天気予報地球を意識する時間 六斉堂茂雄 てじま晩秋選
眼ざめる 人間に目覚め哀しい嘘をつく 海東昭江 内田 博柳選
自由吟 別れても丸い地球だ又会える 笹島一江 日下部敦世選
2月 番号 思い出を順番ふって片付ける 熊谷勇 渡辺 梢選
ハード 休むのも居て乱れないアリの列 永井しんじ 丸山 芳夫選
省く 門松を書いた紙さえ見なくなり 藤田光宏 角田 創選
内臓一切 泌尿器のポンプ夜中も忙しい 老沼正一 江畑 哲男選
3月 手首から春めく七分袖のシャツ 丸山芳夫 佐藤 美文選
イモタルトもう芋なんて言わせない 野澤修 大戸 和興選
ナース ひめゆりの春は戦禍に捧げられ 北島澪  水井 玲子選
自由吟 少年Aだなんてズルいネーミング 北島澪 江畑 哲男選
4月 うるさい 女子会が店のボリューム押し上げる 大野征子 篠崎紀子選
ピン ライバルに見せる背筋はピンと張る 伏尾圭子 長谷川庄二郎選
わくわく 嫁支度まるで女房が嫁ぐよう 大竹洋 成島 静枝選
別れる 研ぎ澄ます五感ラストのダンス終え 後藤華泉 川崎信彰選
5月 自立 独り立ち親の遮断機超えてゆく 宮内みの里 上村脩選
晴れる 晴れの日は日光浴の介護ロボ 二宮千恵子 岩田康子選
パス 幸運を素通りさせる右顧左眄 上村脩 大竹洋選
自由吟 ちょっと煮崩れが好きお芋も人も 北島澪 中澤巌選
6月 削る ライバルに心の芯を尖らせる 島根写太 潮田春雄選
茶の湯とや三度まわした手間の味 本間千代子 野澤修選
バイタリティ 先祖の地守る農夫の四つん這い 塚本康子 小林かりん選
お先に 葬儀から戻り見直すガン保険 吉田格 江畑哲男選
7月 トランプ ポーカーが強くて友が去っていく 堤丁玄坊 佐藤 孔亮選
思い出を探す波間の桜貝 杉野ふみ子 川名 信政選
並み 何時だって以下同文の湯につかる 大竹洋  北島 澪選
自由吟 ポケモンGOまた結婚が遠くなり 篠田和子 江畑哲男選
8月 迂回 本音までたどり着けない修飾語 島根写太 加藤ゆみ子選
ホット 逢うて来た余熱枕を裏返す 江畑哲男 田辺サヨ子選
終わる 末期の水はやっぱり妻の口移し 上田正義 志田則保選
祈り 仏壇のチンを鳴らして盗む菓子 茅野すみれ 江畑哲男選
9月 出張 嬉しそな妻を横目に靴を履く 中山由利子 中島宏孝選
防ぐ 早退けをしようか予防注射の日 丸山芳夫 伊師由紀子選
アシスト アナタの美に寄り添いますと美容液 船本庸子 堤丁玄坊選
自由吟 免許証返して四季の風を知り 大竹洋 大戸和興選
10月  鈍い  モナリザの哀しみ誰も知り得ない  真島久美子 いしがみ鉄選 
 ルンルン  丹念な仕上げに自負が塗ってある  北山蕗子 荻原美和子選 
 克明  実直な父を知ってるちびた靴  窪田和子 佐藤美文選 
少子化 もう一人乳房は二つあるじゃない 佐瀬貴子 江畑哲男選
11月 誤解 透明な涙でしたね縺れ糸 田辺サヨ子 永井天晴選
コート 見舞終えコートの肩が嗚咽する 野澤修 五月女曉星選
感謝 嫁ぐ朝無骨な父のおみそ汁 高山月ヱ 北山蕗子選
自由吟 蟹工船鬼十訓が舵を取り 大竹洋 江畑哲男選
12月 締め 同窓会宴の締めは皆薬 永見忠士 高塚英雄選
ギフト 凩が運ぶうれしい里の味 小泉正夫 酒井千恵子選
 そわそわ 帰省する子へ玄関が耳になり   笹島一江 遊  人選 
今年のニュースから 象徴のねぎらい皆が考える 後藤華泉 長谷川庄二郎選
平成27年
1月 
旅に出よう羊を演じ過ぎたから 遊  人 高鶴 礼子 選
設計 まんまるく宇宙に描く青写真 松田 重信 尾藤 一泉 選
ラクダ チィママも居そう永田町の派閥 齊藤由紀子 島田 駱舟 選
自由吟 憎しみを消す消しゴムが無い地球 宮内みの里 成島 静枝 選
2月 香る 薔薇の香の真ん中にいて落ち着かぬ 海東 昭江 加藤ゆみ子 選
アルバイト バイトで買ったケーキは母の誕生日 堤 丁玄坊 大戸 和興 選
やんわり やんわりと独りぼっちを狙う舌 北島 澪 水井 玲子 選
おじさん おじさんの王道を行く加齢臭 海東 昭江 江畑 哲男 選
3月 マスコミ 正論の大合唱という恐怖 芹沢 重隆 渡辺 貞勇 選
贅沢 ふるさとの雪で切手を貼りました 熊谷 勇 丸山 芳夫 選
背中 平凡をおんぶしていて気付かない 折原あつじ 伊師由紀子 選
自由吟 身の去就妻に仰いでいる四月 田中 正昭 江畑 哲男 選
4月 まとめる 根まわしを終えて会議は演技力 島根 写太 安藤 紀楽 選
永田町疑似餌に蜜も塗ってある 安藤 紀楽 宮内みの里 選
セーフ 無罪放免ドクターが神に見え 伏尾 圭子 長谷川庄二郎 選
昭和 今上陛下父上を孜孜として 伊師由紀子 江畑 哲男 選
5月 民謡 三線の響き辺野古の海想う 成島 静枝 及川竜太郎 選
ぎっしり 生意気な上に理屈に合っている 丸山 芳夫 本間千代子 選
群れる 生き延びる知恵に群れてる長寿国 古田 水仙 関根庄五郎 選
自由吟 そよ風が私のハグをすり抜ける 中山由利子 江畑 哲男 選
6月 ダメ 活気ない乳房へそれとなくサプリ 杉野ふみ子 齊藤由紀子 選
正す 先生の誤字を生徒が注意する 大戸 和興 加藤 周策 選
踏み台に乗っても見えぬ理想郷 塚本 康子 江崎 紫峰 選
名人 継ぐに継げぬ郷土料理の母の味 森 智恵子 山本由宇呆 選
7月 イマジネーション ロボットがじきに人間飼いならす 島根 写太 竹田 光柳 選
豆腐 湯豆腐の湯気の向こうに座る愛 高橋もえぎ 中澤 巌 選
とっさ よちよちへ間一髪の優しい手 関根庄五郎 北山 蕗子 選
自由吟 夕涼みこの世に浅く腰かけて 笹島 一江 江畑 哲男 選
8月 ドレッシング 味付けに音痴一人を付け加え 窪田 達 米山明日歌 選
変更 足腰の意見が変える予定表 伏尾 圭子 川名 信政 選
とんとん 棺閉じる音に上下の区別なく 永井しんじ 布佐 和子 選
青空が見たいセカンドオピニオン 月岡サチヨ 江畑 哲男 選
9月 良妻もたまに悪魔が乗り移る 篠田 和子 菊池 良雄 選
ワーク 難民が溢れ仕事を奪い合い 宮本 次雄 本間千代子 選
若ぶる 打ち込める趣味が余生を若くする 大戸 和興 折原あつじ 選
自由吟 リビングウィル貼っておきます冷蔵庫 岩田 康子 船本 庸子 選
10月 シュガー シュガーカットだけで痩せようとは甘い 本間千代子 加藤  鰹 選
待つ 形勢を見極めているカメレオン 加藤  鰹 金子美知子 選
配分 平等に空気を吸って幸不幸 米島 暁子 津田  暹 選
密林の奥地観光客あふれ 酒井トミオ 川崎 信彰 選
11月 境目 目隠しのフェンスに耳が付いている 塚本 康子 酒井 青二 選
ツイン 同性婚どっちが世帯主ですか 江畑 哲男 笹島 一江 選
やましい 白鵬に寝覚めが悪い猫だまし 笹島 一江 大戸 和興 選
自由吟 深呼吸して大空を引き寄せる 大戸 和興 江畑 哲男 選
12月  惰性  マンネリの海にたられば横たわる 海東昭江 白子しげる選
 つぶやく つぶやいて語呂で覚える十二桁 六斉堂茂雄 成島 静枝選
 チューブ 延命の管へムンクになる命 松本晴美 松田 重信選
今年のニュースから 両陛下慰霊の旅がなお続く 川瀬幸子 長谷川庄二郎選
平成26年
1月 
弁護 むきになり彼女を弁護する唾 老沼 正一 原  光生 選
ボス 気持ち良くボスを酔わせるイエスマン 伏尾 圭子 渡辺 貞勇 選
調子 体調が戻り五欲が吠えている 岡  さくら 米島 暁子 選
自由吟 駿馬なり一筆書きのように跳ね 大竹  洋 笹島 一江 選
2月 ダンディ 譲られた席でダンディー脱ぎ捨てる 海東 昭江 阿部  勲 選
化け猫が独りお酒を舐めて居る 長谷川庄二郎 本間千代子 選
細かい 細かい字読むと虫歯が痛みだす 日下部敦世 植竹 団扇 選
斜め お互いに偏見と言う歴史観 川崎 信彰 江畑 哲男 選
3月 春一切 生きている悦びを酌む春の酒 本間千代子 駒木 一枝 選
アップ 幼子が紙一杯に書いたママ 小林 洋子 永井しんじ 選
引っ張る 遠藤の髪は未だかと大銀杏 月岡サチヨ 布佐 和子 選
自由吟 この国のゆるキャラとして天皇家 丸山 芳夫 江畑 哲男 選
4月 話芸全般 落語にもスタッカートやピアニシモ 川名 信政 丸山 芳夫 選
玄関 反抗期靴もへの字に脱いである 宮内みの里 江崎 紫峰 選
うどん ミシュランにうどん関心示さない 東條  勉 船本 庸子 選
ニュー 刷り立ての教科書にある領土権 大竹  洋 江畑 哲男 選
5月 ゴースト 幽霊になれば笑われそうな顔 加藤 周策 高塚 英雄 選
ぎっしり 代償は計り知れない過積載 月岡サチヨ 北山 蕗子 選
老化 補聴器がないと保てる夫婦の和 志田 則保 加藤 周策 選
自由吟 賞味期限迫ると開ける貰い物 吉田  格 山本由宇呆 選
6月 おっとっと風がオレの火消しかかる 窪田  達 平蔵  柊 選
スマホ スマホの窓に季節の彩が映らない 塚本 康子 角田  創 選
閉じる 一切の想念を捨て目を閉じる 北山 蕗子 大戸 和興 選
下着一切 青い実の嬉し恥ずかしブラデビュー 塚本 康子 江畑 哲男 選
7月 理系 青春を実験室に置いてくる 志田 則保 津田   暹 選
タフ 風評にめげず再起の米づくり 上田 正義 宮内みの里 選
掛かる 軒先に笑い袋がぶら下がる 松田 重信 長谷川庄二郎 選
自由吟 核家族さえ保てない未婚率 高山 睦子 江畑 哲男 選
8月 ドミノ ドミノ倒しの向こうに月は出ているか 宮本 次雄 五十嵐 修 選
がらがら がらがらぽんもう一等はないらしい 増田 幸一 川崎 信彰 選
置く 置き去りの恋も漂う夏の海 伏尾 圭子 松田 重信 選
教養 教養って怖い他人の目が光る 伊藤 春恵 伊藤 春恵 選
9月 サイクル ツールドフランス覇者は過酷を語らない 宮内みの里 いしがみ鉄 選
眺める 運命線想定外に行きたがり 笹島 一江 遊  人  選
テロテロテロ如意棒欲しい星条旗 宮内みの里 笹島 一江 選
法事一切 三回忌妻は夫を忘れかけ 江崎 紫峰 中澤   巌 選
10月 常識 原色に着替え世俗の錆落とす 大竹   洋 願法みつる 選
くすぐる 蜜塗った世辞プライドを持ちあげる 宮内みの里 上村   脩 選
元(もと) スッピンに戻り私を立ち上げる 北山 蕗子 渡辺  梢 選
パフォーマンス 私のパフォーマンスは笑顔だけ 福元 美積 江畑 哲男 選
11月 沈黙 沈黙の一瞬唇が迫る 江畑 哲男 福井  勲 選
ウエスト 丸腰を見透かされている珊瑚礁 野澤  修 江畑 哲男 選
ちょろちょろ 寛大な海へ行き着く汚染水 月岡サチヨ 高瀬 霜石 選
自由吟 美しい嘘をころがす喉仏 宮本 次雄 日下部敦世 選
12月 時の狭間で背伸びする少女 加藤 品子 やまぐち珠美 選
デパート 合併で家訓が消えた創業家 宮本 次雄 川瀬 幸子 選
付け足す サヨナラの後へ小さくありがとう 谷藤美智子 永井しんじ 選
今年のニュースから 美しい嘘をころがす喉仏 宮本 次雄 日下部敦世 選
平成25年
1月 
調べ 尖閣を近隣諸国ノックする 香取 さくら 齊藤由紀子 選 
乱世 ジジババを食って生きてる電話口 大竹  洋 阿部 巻彌 選
エピソード 通夜の席誰かが開く玉手箱 齊藤由紀子 中島 和子 選 
自由吟 生きてます喜怒哀楽を泡立てて 小倉 利江 中澤  巌 選
2月 ふるさとの名のない坂に叱られる 松本  晴美 伊藤三十六 選
ちらちら レーダーで国の勇気を試される 根岸  洋 田辺サヨ子 選
クッション 新雪が転んだ私抱いてくれ 船本 庸子 水井 玲子 選
異色 光る才能凡人に揶揄される 日下部敦世 江畑 哲男 選
3月 七色じゃ足りないドラマ生きている 古田 水仙 杉山 太郎 選
すっきり 登頂にいつも一緒の晴れ女 森  智恵子 大戸 和興 選
ファックス ファックスで来るみちのくの花便り 北山 蕗子 永井しんじ 選
自由吟 いつやるかTPPは今でしょう 加藤 周策 江畑 哲男 選
4月 恥じらう パンダさんもするのと訊かれうろたえる 上田 正義 松田 重信 選
名簿 紳士録へ乗らぬが国を下支え 後藤 華泉 川崎 信彰 選
アイドル アイドルも決意も貼って受験生 笹島 一江 成島 静枝 選
処分 処分品買って帰って処分する 日下部敦世 山本由宇呆 選
5月 返事 山のこだまのようには行かぬ倦怠期 吉田 恵子 渡辺  梢 選
ヘッド 安倍さんのヘッドライトはカーキ色 渡辺  梢 近藤  秀方 選
扱う 新人を磨くガラスを拭くように 渡辺  梢 宮内みの里 選
自由吟 核とテロ地球の語気が荒くなる 松本 晴美 江畑 哲男 選
6月 レディー 皇后様妻の見本を示される 宮内みの里 石川 雅子 選
構想 農を継ぐTPPも視野に入れ 関  玉枝 大竹  洋 選
大げさ 世界一偉人に見えてくる主治医 長谷川庄二郎 日下部敦世 選
副作用 副作用懸念が止めたネット薬 本間千代子 長谷川庄二郎選
7月 替え玉 助けてと産んだ覚えのない息子 伏尾 圭子 遠藤砂都市 選
乗る 愛実る今朝の化粧は乗りが良い 永井しんじ 松岡 満三 選
プール 市民プール消毒液がきつかった 江畑 哲男 加藤 品子選
自由吟 おサイフに万札ばかり在る不満 新井季代子 江畑 哲男 選
8月 分解 ロボットをばらすと赤い血が流れ 海東 昭江 安部離楽数 選
展開 あそびの展開子どもの知恵が限りない 本間千代子 加藤 周策 選
爽快 弁解を知らない汗が明日を向く 大竹  洋 松本 晴美 選
エリート 出来ちゃった婚はしませんセレブ猫 伏尾 圭子 江畑 哲男 選
9月 会計 金庫番への字の儘で飯を食い 大竹  洋 平田 耕一 選
守る 宅配の序で独居へ声をかけ 関  玉枝 笹島 一江 選
タイミング 産休の復帰居場所が温いうち 月岡サチヨ 古川 聰美 選
自由吟 夕焼けが夕焼けらしくなって秋 丸山 芳夫 江畑 哲男 選
10月 サポート サポートをしてあげたいね君が好き 松田 義登 加藤孤太郎 選
誇る 千年の大樹天寿にこだわらぬ 増田 幸一 名雪 凜々 選
栄養 栄養が効くと悪さがしたくなる 加藤 品子 佐藤 孔亮 選
管理 管理者はたくさんいますひとりっ子 島田 陽子 江畑 哲男 選
11月 職業 ベテランがロボットと組むワークシェア 増田 幸一 平野さちを 選
踏む 来る年へ富士登頂の心意気 関  玉枝 北山 蕗子 選
重い 重責も笑顔でかわすキャロライン 中沢 広子 岩田 康子 選
イライラ じれったい人ね好きなの嫌いなの 伏尾 圭子 中澤  巌 選
12月 ありがとう 子供達育てた日々は宝物 浅井 徳子 二宮 茂男 選
アウト 勇気あるカミングアウト霧が晴れ 笹島 一江 成島 静枝 選
ぐらぐら ペンの先心の揺れは隠せない 松本八重子 大戸 和興 選
今年のニュースから 川崎 信彰 選

 

平成24年
1月 
濁る 深追いはやめよう愛が濁りだす 海東昭江
コツ 図書館で給油している生き字引 折原あつじ
添い遂げて合わせ鏡になる夫婦 小倉利江
自由吟 頼らずに生きてと国に言われそう 伏尾圭子
2月 とんとん 復興へ休眠口座ノックされ 月岡サチヨ
往診で患者と絆深め合い 古川茂枝
マスク 鬼の面外してみたらもっと泣き 野口 良
忍者 風と来て風と立ち去る好きな人 増田幸一
3月 引き返す勇気無念の空模様 月岡サチヨ
小樽 北一で妻に内緒のペアグラス 小川定一
シート 譲られた席に素直にありがとう 古田水仙
あれから 一年瓦礫処理お互い様が通じない 東條 勉
4月 武士 今時の武士の情けは金がらみ 松田重信
膝小僧えくぼが二つ坐ってる 伊師由紀子
深い 3・11以後原発の深い闇 江畑哲男
キー キー持った方がお湯から戻らない 近藤秀方
5月 心理 回り見て多数の方に流される 水井玲子
干す よく見えるようにブランド干している 折原あつじ
ルール 審判がアウトと言ったからアウト 永井しんじ
自由吟 文明も衆愚政治もギリシャから 東條 勉
6月 ご無沙汰 人間のるつぼ無沙汰に馴れていく 戸田美佐緒
ストップ 血栓が詰まったような曇り空 藤沢今日民
余る 先生とフォークダンスを組まされる 丸山芳夫
信じています一票を投じます 島田陽子
7月 花火 打ち明けてみよう花火が終わったら 伏尾圭子
プライバシー 水族館ちょいと隠れる藻が欲しい 川瀬幸子
松山 坂の上雲まで見ずに子規は逝く 山田とし子
自由吟 クーラーのS席にいる児の昼寝 布佐和子
8月 いよいよ 月末のサイフ小銭の音ばかり 水井玲子
リスト お祭りの小町に推されはしゃぐ親 吉田 格
しびれる ウチの娘を感電させた馬の骨 伏尾圭子
健闘 絵手紙のいびつ健闘するカボチャ 松田重信
9月 スタイル 主義主張通すと規格外にされ 折原あつじ
粘る 親の意地いじめの声を認めさせ 小林かりん
共通 人と人笑みは世界の共通語 米本卓夫
自由吟 検索の指から洩れる漢字力 関根庄五郎
10月 雨のち晴れ 虹が出るごめんなさいをそっと言う 島田陽子
極上の微笑男の骨を抜く 荻原美和子
トーク 鼎談で一人大阪弁がいる 伊藤不取留
自由吟 老後ナウやりたいことは山とある 末吉哲郎
11月 ラジオ 腰痛へラジオは雨になる予報 佐藤喜久雄
見送り ワンダフル今日の夕陽に帽子振る 増田幸一
空気 五十年空気に融けたふたりです 松田重信
自由吟 政界の劣化へコラーゲンいかが 布佐和子
12月 ワイルド 糸切れて凧本当の風に乗る 山口 幸
正義 政局に欲しい不動の正義感 月岡サチヨ
のびる LED交換前に僕が逝く 江崎紫峰
今年のニュースから 花は咲く復興信じ花は咲く 中沢広子


平成23年
1月 
一人称に関することすべて 翔んでいるのはコピーしたわたしです 窪田 和子
ラブ 文学の恋なら破滅まで走れ 小倉 利江
銭の音貧しい耳が先ず拾う 椎野 茂
自由吟 手洗いと含嗽に譲る洗面器 薬師神とし子
2月 本物 虚飾みな脱いで男の貌になる 江畑 哲男
ゆるむ ジャムの瓶夫婦がかりでやっと開く 関 玉枝
鎌倉 弟を許せぬ兄の猜疑心 小川 定一
リスト 合格の一覧表に僕がない 河野 桃葉
3月 ホーム 黙祷のホームルームにさえ余震 中沢 広子
張る ネクタイがはにかんでいる一張羅 大竹 洋
言葉なくガレキの山をポチ見上げ 松田 重信
自由吟 何よりの御馳走太陽が昇る 田辺サヨ子
4月 サイド いいこともあるさ悲しみの横には 中川 洋子
仙台 杜に来て迷うな去年の渡り鳥 根岸 洋
八百長 アデランスとシリコン並ぶ金屏風 上田 正義
主婦 震災の前から自粛してる妻 小川 定一
5月 夫の遺骨詰めてますペンダント 小島 一風
コイン 記念貨で日本の歴史垣間見る 中澤 巌
無視 無視されたお陰生き残れた戦地 堤 丁玄坊
惚れる 五七五に惚れていちばん長い恋 田辺サヨ子
6月 スペシャル 特別な日だけにつけるシャネルの5 角田真智子
にじむ 血の滲む努力を他人は運と言い 宮内みの里
単調 黙々と笑うことない蟻の列 水井 玲子
気象全般 日焼け止めにガードされてる上天気 新井季代子
7月 ストレート 再建の漁師一本道進む 宮内みの里
金沢 格子戸の灯りが誘う主計町 吉田 格
木綿 フンドシ一丁究極のクールビズ 江畑 哲男
自由吟 常日頃国産牛は喰べてない 浅井 徳子
8月 今年前半のニュースから 百代の過客に残す大津波 佐藤喜久雄
冷やす 心頭を滅却しろと無理を言う 難波ひさし
ピリピリ 試合前エース誰とも話さない 六斉堂茂雄
不思議 不思議さを種に科学の木が伸びる 角田真智子
9月 本命 講義聞く彼の隣が指定席 森 智恵子
リフォーム リフォームの前に断捨離強いられる 船本 庸子
京都 鴨川の水人間を知り尽くし 堤 丁玄坊
自由吟 トンボ追う目で思い出を追っている 佐藤喜久雄
10月 刺す 遠い日の藁人形だ刺してみる 松本八重子
看板 右読みの看板がするいい仕事 佐藤 俊亮
落葉掃き隣り同士が丸く住み 廣島 英一
サブ アキバ系文化世界を席巻す 東條 勉
11月 風評 三猿を解いて下火にする噂 中沢 広子
ファイル 人事部のファイルに黒い染みがある 宮本 次雄
なめる 膝小僧なめて男になっていく 古田 水仙
自由吟 七〇億の一人がここで米を研ぐ 難波ひさし


平成22年
1月 
叫ぶ 叫ぶのは勝手検察揺るがない 江畑 哲男
日記 一日の化粧を落す日記帳 鈴木 広路
ビジョン 漠然と明日あることを信じてる 村田 倫也
自由吟 コーヒーでまた会いましょう老いの恋 安藤 紀楽
2月 青果物一切 採れたての泥も鮮度の売りになり 関根庄五郎
Gパン 眩しかったねアメリカもジーンズも 伏尾 圭子
突然 もういいよ君は隠れて出て来ない 藤沢今日民
支える 三食を供してくれる妻がいる 新井季代子
3月 一粒の麦アフガンに井戸を掘り 永井しんじ
バタバタ 夜逃げするときに高まる家族愛 松澤 龍一
スイーツ一切 ようかんを味わいながら聞く小言 野澤 修
自由吟 さよならが隣に座る春の雨 日下部敦世
4月 適応 いい夫婦にもきっとある水たまり 長谷川庄二郎
騙す 騙したのはそっちと夫婦笑い合い 難波ひさし
グラフ 数グラム減っても太く下げる線 古川 聰美
制服 ナース服天使になれぬ時もある 伏尾 圭子
5月 そして今金の卵が燻し銀 穴澤 良子
ダム 落人の哀歌へダムの透明度 北山 蕗子
くすぐる くすぐれば億の金ほど寄付しそう 江畑 哲男
自由吟 忘れたり忘れたことにしてみたり 伏尾 圭子
6月 樹木 手つかずの自然倒木さえ遺産 川瀬 幸子
飴出さぬ党に任せる選挙戦 根岸 洋
うやむや うやむやに持込む医療事故の壁 増田 幸一
タイミング 直球の妻の言葉をファウルする 角田真智子
7月 正体 ゆうパックイカを送るとスルメ着く 折原あつじ
クール 初心者は見て覚えろと言ったきり 六斉堂茂雄
ショートケーキの上で貴族になるイチゴ 川崎 信彰
自由吟 ipad紙魚を滅ぼすかもしれぬ 永井しんじ
8月 プロセス 銀髪が見事男の歴史見る 野澤 修
処女が噛み造った酒が日本一 加藤 羞策
つじつま 退職の時期年金が引き伸ばす 東條 勉
盛り まだワタシ子供産みます五十歳 宮内みの里
9月 忠実(豆) 世話好きの眼が町内を駆け回る 伏尾 圭子
スーパーマン お金というスーパーマンと離縁中 志田 則保
辛口 激辛の父に我慢の母が居る 六斉堂茂雄
自由吟 領土権世界は一つとは言えず 田実 良子
10月 ページ 来し方のページで光る大家族 渡辺 梢
ほめる ほめられて駄馬が駿馬の貌になる 原 光生
風が見たくて紐にハサミを入れました 雫石 隆子
解く 反抗期今すぐ解ける荷ではない 佐藤 美文
11月 天使 左遷地でもよい天使のような女がいた 松岡 満三
ブレる 札束を積まれてブレる主義主張 安部離楽数
神保町電子書籍の仁王立ち 川瀬 幸子
自由吟 割烹着働き者のように着る 伊師由紀子
12月 弾まないボールひとりのクリスマス 江畑 哲男
タフ 地デジ化にタフなテレビよありがとう 立花 雍一
自慢 母さんを真ん中におく故郷自慢 海東 昭江
今年のニュースから 百千のニュースを凌ぐ偲ぶ会 宮本 次雄


平成21年
1月 
イミテーション 成型の胸パーティーの華になる 河野 桃葉
故郷 決着はつけず故郷のクラス会 松本 晴美
漬け物 母老いて漬け物石を野に返す 宮本 次雄
自由吟 釣糸を垂らし頭は親のこと 六斉堂茂雄
2月 パワー リストラに打たれ強さの妻を知る 増田 幸一
凍る 冷凍魚写楽の顔でふてくされ 斎藤克美
推薦 推薦に謝礼いくらと悩む日々 松岡 満三
一人暮らし 王様の夢を見ているワンルーム 田辺サヨ子
3月 ポジション リリーフの居ないシングルマザーです 穴澤 良子
とぼける この先もとぼけ合うだろ人生路 笹島 一江
器用 要領がいいから地雷踏んでない 北山 蕗子
自由吟 子や孫に誇れる趣味のある米寿 宮川ハルヱ
4月 職業は空巣背広でご出勤 宮内みの里
切り替える 手のひらを返しいただく給付金 角田 創
しとやか しとやかさ捨てて老舗の跡を継ぐ 六斉堂茂雄
ノルマ 薬飲むために食事を三度食べ 折原あつじ
5月 PR 全身で自己主張する呱々の声 斉藤 克美
裁判 風呂敷に包む検事の正義感 松澤 龍一
ぴったり 聞く耳に忘れる耳もぴたり付く 葛西 清
自由吟 楕円形の焦点ふたつ無駄話 中川 洋子
6月 アレルギー アレルギーなのと女の甘えぐせ 窪田 和子
もじもじ 齢聞けばママのうしろで指を折り 宮内みの里
崩れる グラウンドゼロ犠牲空しく続くテロ 角田 創
忙中閑 忙中閑仮面つけたり外したり 佐藤権兵衛
7月 参謀 将軍を操る糸を太くする 大野 征子
ミックス 成功と挫折を綴る立志伝 吉田 恵子
勘違い 名門校の一字違いを入社させ 布佐 和子
自由吟 あらまほし幽霊からの二千万 中川 洋子
8月 ペース 聞くほどに波長の合わぬマニフェスト 大城戸紀子
お願いが腰をかがめてやって来る 伏尾 圭子
求める 道を求めて座すか歩くか二通り 植竹 団扇
夏の思い出 蚊帳吊ってやさしかったな夏の風 竹下 圭子
9月 不規則 学則を少しはずれて不良ぶり 成島 静枝
オチンチンまで砂にまみれた孫の夏 上田 正義
ガム ガムだけで長生きしそう効能書 月岡サチヨ
漢字に関すること一切 人名の劣化どうにも止まらない 宮本 次雄
10月 タイトル タイトルを手放す時の潔さ 角田真智子
費やす 君のために使う時間は惜しくない 角田真智子
丁寧に墓穴まで掘る律義者 増田 幸一
外交 付き合ってみればスルメのような方 五十嵐 修
11月 コメント 四百字言いたいことは言わせない 今川 乱魚
ふらふら ふらふらとしたことはない小銭入れ 今川 乱魚
越す 父の背を越した息子に職がない 篠田 和子
自由吟 子に託す地球に残すものがない 藤沢今日民
12月 大臣 小党の声が大きい閣議室 大竹 洋
サプライズ ほんとうの愛にサプライズは要らぬ 江畑 哲男
拭く 鏡拭く度に私が老けていく 高塚 英雄
今年のニュースから 音もなく来るエコカーとストーカー 成島 静枝


平成20年
1月 
王子 しあわせは王子育てる事と知り 小金沢綏子 
ロング 伸びきったゴムが群れてる長寿国 小金沢綏子 
秘める 万感を握り返した手に込める 斉藤 克美
自由吟 新天地求めて凧は糸を切り 斎藤 弘美
2月 スケッチ 水没の星をかぐやが素描する 伊藤三十六
接点を探しあぐねている個食 江畑 哲男
回る 回想の母貧しさにつき当り 櫛部 公徳
野党 挙げた手が淋しくなって行く野党 山口 幸
3月 アドバイス 六法が女の味方ばかりする 江畑 哲男
包丁 棒手振の包丁だけは錆びぬ意地 山本由宇呆
濃い 命名へ力が入る墨の濃さ 穴澤 良子
自由吟 社内化粧こちらは後期高齢者 今川 乱魚
4月 役員 ワンマンへ役員会が振る叛旗 宮本 次雄
信じる 安全を信じて乗っている電車 永峰 宣子
いらいら 前置きはいいから結果教えてよ 東條 勉
アニメ 風化する拉致へ「めぐみ」が訴える 宮内みの里
5月 彫刻 仏像を彫る魂をこめて彫る 川瀬 幸子
奇人変人 変人の目に一筋の道が見え 岡田 雪男
ハッスル やりくりの腕が値上げに燃えてくる 伏尾 圭子
自由吟 ヒト科以外分相応に生きている 水井 玲子
6月 地球 地球は今でも青いのでしょうか 田実 良子
売り込む 顔以外売り込む物がありません 田実 良子
エッセイ 母のエッセイお蔭さまでの文字ばかり 櫛部 公徳
大学 世界遺産に校名は要りません 島田 陽子
7月 マナー 伝統の重さ痺れた足が知る 廣島 英一
陸橋の夕日ドラマの匂いする 長尾 美和
歯がゆい 脳にある辞書が年々薄くなる 伏尾 圭子
自由吟 孫叱る嫌われぬよう媚びぬよう 月岡サチヨ
8月 スーツ スーツから私にかえる色を着る 遠藤砂都市
半分 大きいほうをいつでも譲る半分こ 今川 乱魚
断る 義理を断つ勇気へブランコが揺れる 伏尾 圭子
北京五輪一切 兵馬俑見ているようなマスゲーム 村田 倫也
9月 殺し文句 最高のドラマを君と演じたい 川瀬 幸子
挟む 自分史に挟む妻への感謝状 佐竹 明
エゴ 大国のエゴに地球はすすまみれ 近藤 秀方
自由吟 事故米の酒で呂律が回らない 松澤 龍一
10月 テキスト 育児書の外で我が子が跳ねている 伏尾 圭子
のろのろ ふるさとに牛歩が似合う川がある 松田 重信
弁当 弁当の中で童話を膨らます 相良 博鳳
優等生 エリートが食えぬ時代になりました 佐藤 俊亮
11月 トレード 生え抜きをまた腐らせるジャイアンツ 江畑 哲男
意地 出がらしの色に玉露の意地があり 今川 乱魚
促す 結論を急げと秋の陽が落ちる 伏尾 圭子
自由吟 我慢して我慢重ねる夫婦の日 長谷川庄二郎
12月 今年のニュースから 日本語を誇らしく聞く授賞式 宮内みの里
てんやわんや 無い袖を振ってしまった予算案 角田真智子
ドア 派遣社員が吼える鉄扉の向こう側 江畑 哲男
食卓がフツーの舌である平和 大竹 洋