東條 勉 新幹事長就任 挨拶
「 幹事長に就任するにあたって 」 
 電話で話したら面白そうな先生だったから行ってみればいいよ」。この妻の後押しが私と川柳 の出会いでした。
  もの凄く心配だったのでしょう、 妻は。仕事かどうかは定かでないが、毎晩遅く帰ってきて休日はごろ寝ばかり、これで退職したら「濡れ落ち葉」になるに違いないと思ったことでしょう。確か市報だと思いましたが、東葛高校で 江畑代表が講師の川柳教室が開催されるというのを見て申し込ん だのは妻でした。普段から面白いことの一つも言っていれば川柳 と結びついたのかもしれませんが私は正反対だったので、妻にしてみれば、短歌でも何でもよくて何か一つ趣味でも作ればと思っ たに違いありません。
 川柳会・双葉の始まりとなった東葛高校での「川柳入門講座」 は、平成 18年 5月 18日 66名が参加して始められました。腰が引けつつも、特に行けない理由のない私は渋々出かけましたが、 この時もまだ極めて後ろ向きでした。そんな私がどういう訳か川柳講座のカラキュラムの一つであった「句会体験」で一句抜けて しまったのです。勘違いしました、才能があると。ただ、句会は 凄い人たちの集まりだと思っていたので、毎月出席する考えはそもそもなく、勉強会の出席だけを続けていました。そんな中東葛の 20周年記念大会が行われることとなり、大会はきっと「お祭り」 なので出ても良いのだろうと思い、また「懇親会」もあるという ことで参加したのです。この「懇親会」に出たことが句会出席の きっかけとなりました。懇親会では、確か双葉は双葉の人たちで テーブルを囲んだと思うのですが、その時に、句会終了後「反省会」という「飲み会」があることを知ったのです。休みの土曜日 にも大手を振って外で飲めるということで参加することとしまし た。

  『ぬかる道』をご覧でまだ句会に出席していないあなた、こん な理由で句会に出席し、ろくに抜けもせず、反省なんてちっとも しない「反省会」という飲み会を楽しみにしていた私のようなも のが、幹事長なんぞになるのです。句会の壁は低くそして楽しいのです。是非、ご参加ください。
 そんなこんなで句会に出るようになり、文台、司会等々で東葛 句会の運営に携わるようになりましたが、まさか幹事長に就くと は。江畑代表の出版記念パーティーの幹事、 30周年記念句会懇親会の司会を担当したりと、悪い(?)予感が決してない訳ではな かったのですが、句の才能も、組織を引っ張る力もない、そんな人間を江畑代表が幹事長にするとは思いませんでした。代表が、4月幹事会で言われた「中澤さんの後の幹事長人事では、代わり を見つけるという考え方を採らない」、また、幹事長を支える「事務局体制」を採るとの考えによるものでしょう。この「事務局」 の体制に背中を押されたことと、 4月句会でもお話しした、過去 に東葛で自分が楽しませてもらった「恩返し」をしようとの思いで、幹事長を引き受けた次第です。

 さて、幹事長となった今、私が考えていることを述べます。
 幹事長となった要因に「事務局」体制があったと申しましたが、 この「事務局」の目的、役割は何なのか。代表の気持ちも「忖度」し、私なりに考えると、東葛の「活力」を生かし、会を「発展」 させるための「具体的な行動」をとる、ということかと思います。
 東葛の「活力」とは?多様な経歴を持った人々がいること、その人たちの多くが第一線を離れた比較的時間に余裕のある人々で あること、目的が同一であること、以上の三つは多くの趣味の会 に共通することと思いますが、これらに加え、東葛はこの「母数」(=会員数)が他の趣味の会に比べて極めて大きいことが挙げら れると思います。これらが化学反応を起こして「活力」となって います。
 次に会を「発展」させるとはどういうことか。趣味の会に発展 が本当に必要か、と思われる方もいるかと思いますが、会の発展 とは「参加者数の増加」だと私は思います。そして、会に「発展」が必要なのは、今後、自分が楽しむための「場」を維持するためです。
 今後ますます高齢者が増加しますが、東葛川柳会も、予想以上のスピードで会員及び幹事の高齢化が進んでいます。東葛が楽し む「場」としてあり続けるには、一定程度の拡大(=新規会員を 引き込み会員数を維持することが可能な程度)が必要となります。 そして、楽しむ「場」の規模が量的、質的に拡大することが可 能であればなお楽しくなると思います。少なくとも大きくなる可 能性が広がることは縮小均衡よりも良い、と私は思います。例と して適切ではないのでしょうが「バブル」の時代には全国が「ワ クワク感」に満ちていたと思います。また、私はまだ小 4から高 1の間だったので良く解りませんでしたが、前回の東京オリン ピックから大阪万博に至る時期も、日本人は「ワクワク」してい たのではないでしょうか。 東葛川柳会は「趣味の会」ですが、趣味の会であっても、「楽し む」ため、その組織がしっかりしたものであることが必要です。 組織がしっかりするとは、その組織が「健全」に運営されている ことであり、この「健全」とは縮小均衡でなく組織が維持される 可能性があり、かつ「活気」があること。活気とは一人一人が活 かされるとともに、自分の属する組織が発展するかもしれないと いう可能性から生まれると思います。そして、これが「ワクワク」 感にもつながると考えます。 こうしたことを実現すべく、議論 し、具体的な行動としていくことが「事務局」の目的であり役割 と考えています。
 今後の東葛川柳会が「発展」するためには何が必要かまだまと まっていませんが、現在の会員がこの「場」を十分に楽しんでい ること、新たな会員が増えていくこと、は最低限の要件だと思い ます。
 会員に「東葛」を十分に楽しんでもらうためには「句会」をは じめとしたサービスの質の向上が、新たな会員の増加には私がそ うであったように各地の川柳の会(勉強会)設立の要望に応える等、が必要となります。
 勉強会の双葉の講師でもあった故斉藤克美さんが東葛を「日本一の句会」にしたいとの夢を持っていた、と江畑代表にお聞きし たことがあります。その時 「日本一の句会」ってどんな句会なんだろう、日本一の尺度は何かと考えたことがあります。今、その答えだと思っているのは「日本一楽しい句会」です。そして、 その尺度は「参加者数」だと思っています。
 冒頭の方でも言いましたが再度、『ぬかる道』をご覧でまだ句会に出席していないあなた、句会の壁は低く、すぐに超えられます。そして参加すれば楽しいのです。この上、一句でも抜けたら有頂天です。そんなあなたと是非お会いしたいと思っています。


 皆さんと一緒に「ワクワク」する句会、川柳会を作っていこう と思っています。宜しくお願い致します。