戻る

  東葛川柳会「ぬかる道」から
(平成19年1月号~平成29年10月号)
江畑 哲男


No.226 No.227 No.228
 (NHK出版編  『サラリーマン川柳 なっとく傑作選三〇回記念版』     川柳を詠むというのは、ちょっと立ち止まって世の中を眺め、自分の心を見つめたりする、そういう時間なんです。忙しい毎日の中で、一瞬でもそういう時間を見つけることで、心と体に余裕が生まれるし、元気になれたりもします。 
 
                 やすみ りえ    
No.223 No.224 No.225
(徳川家康公遺訓)     人の一生は重荷を負うて、遠き道を行くが如
し。急ぐべからず。 
                  徳川 家康  (『川柳マガジン』二〇一七年7月号所収
               「ジュニア川柳考」より)     短歌や俳句の教材は、「文化遺産としての作品」を鑑賞することに重点があるかに見える。それに対して、川柳は「文化遺産としての表現方法」をわが物として活用することを重点にすべきと思う。 
                    植竹 団扇  (後藤元気著『将棋棋士の名言一〇〇』出版芸術社)    兄貴は頭が悪いから東大に行った。  
 自分は頭がいいから将棋指しになった。 
          米長 邦雄  
          (将棋連盟元会長)
No.220 No.221 No.222
(江畑哲男著『よい句をつくるための川柳文法力』    新葉館出版)     日本語の豊かさを活かす文芸は、短歌でも俳句でもない。川柳だと確信している。  
                  江畑 哲男   (上野貴子著『はじめての俳句』メイツ出版)     俳句は数秒間のドラマです。 
 俳句は数秒間で、全体を読み取ってしまう。それは、つまり時間を超越して五・七・五の十七文字十七音に凝集されているからです。
                    上野 貴子      (加藤一二三著 
      『求道心 誰も語れない将棋天才列伝』SB新書)                     加藤一二三 
              〔現役最年長の将棋棋士〕        直観精読                    
No.217 No.218 No.219
   (NHK出版編
     『サラリーマン川柳 むちゃうけ傑作選』)  その年のテレビや新聞・雑誌等で話題になった出来事や流行り言葉を、口語調、つまりふだん着のイキイキとした言葉遣いで詠んだ、のびやかな作品に出会えるのがサラリーマン川柳の楽しさのひとつです。
                    やすみ りえ  (鈴木隆雄著『超高齢社会の基礎知識』講談社新書)  どんな人間でも「生きがい」があってこそ生きてゆける。……「生きがい」には、その本質的な部分に個人が感じる主観的充実感や満足感があることは疑いない。また健康が大きく寄与していることは明らかであろう。 
                       鈴木 隆雄   (横山大観記念館『大観のことば』より)         芸術に国境あり 

  世界到る処の国々の絵は、皆違った特色を備えている。つまり私から言わせると、各国それぞれのトラヂション(伝統)とナショナリチー(国民性)と、それにネーチュア(自然)とが土台となって芸術は出来上がっている。 
                      横山 大観
No.214 No.215 No.216
山田敏弘著『あの歌詞は、なぜ心に残るのか』  
               祥伝社新書    分析には、前述の通り、文法を用いる。Jポップと文法。この取り合わせを奇妙に思う人もいるかもしれない。多くの人は、文法の有用さを知らないからである。 
                     山田 敏弘 大岡信著『あなたに語る日本文学史  
          (近世・近代篇)』新書館   写生とは何か。「写生」というのは「スケッチ」です。ものを見えたとおりに書く。しかし本当の写生は、それだけではなくて、むしろ想念を写す「写想」ということばが近い気がします。  
                       大岡 信        (今川乱魚編『川柳贈る言葉』所収の        
                「川柳の原点を探って」)          問答から(うた)が生まれた。                         
                 尾藤 三柳      
No.211 No.212 No.213
  (4/3付「上毛新聞」インタビュー記事より)    (「上毛俳壇」新選者) 頭で作るのではなく、五感をはたらかせて詠んだ瑞々しい作品の投句を、大いに期待している。
                      木暮 陶句郎 (『月の裏側日本文化への視角』中央公論新社)   (文化人類学者)      私たち西洋人にとっては、一つの深淵が、神話と歴史を隔てています。反対に、私が最も心を惹かれる日本の魅力の一つは、神話と歴史相互のあいだに、親密なつながりがあることです。
                   レヴィ=ストロース  (綿抜豊昭著『戦国武将の歌』笠間書院
                 付録エッセイより)    戦国武将たちが和歌のたしなみをもっていたもう一つの理由として、死に臨んだとき、これはというような辞世を残せるようふだんから心がけていたこともあったろう。

                    小和田哲男
No.208 No.209 No.210
(今川乱魚著『乱魚川柳句文集』崙書房 )       川柳を作ることは、いつでも楽しい。多分それは、読んでくれる人がいっしょに楽しんでくれるからだろう。 
                    今川 乱魚   (松永暢史監修
『声に出して読みたい万葉の恋歌』河出書房新社)    多年にわたり、音読教育の大切さを推奨・実践してきた筆者からすれば、現在の日本語ブームはまことに喜ばしい限りである。書店でも音読関係の本が咲き誇っている。
                    松永 暢史  (現代短歌文庫『米川千嘉子歌集』より)    私には初期の乱作時代というものがないように思う。短歌には関係ない大学のサークルや芝居見物にも忙しく、あくまで短歌はそういうなかで凝る思いの結果だった。歌のための歌、ひたすら歌の言葉を楽しみ、歌に溺れるという感覚はなかった。
                       米川千嘉子
 No.205   No.206  No.207
(村島定行著『漢字かな混じり文の精神』風詠社)    訓読みの採用は大和言葉を変えずに漢字を導入する賢い方法の一つです。そのおかげで源氏物語、平家物語、今昔物語、方丈記、徒然草が書かれ、室町時代には太平記、花伝書が書かれ、能狂言が生まれ、江戸時代には井原西鶴、近松門左衛門、上田秋成などの作家が現れ、質量ともに優れた日本古典文学が生み出されました。 
                                                村島 定行 渡辺利夫著『放哉と山頭火』ちくま文庫  
                  「あとがき」より    私は放哉を生きている。山頭火を抱えもっている。現世からの逃避、過去の執着からの解放。そうした願望を意識の底に潜ませていない人間は少なかろう。しかし、人々にとって、それは叶えることのできない業のごときものである。

                     渡辺 利夫
 
 藤井厳喜著  『NHK捏造事件と無制限戦争の時代』総和社   日本人というのは、世界一騙されやすい国民である。別の言い方をすれば、「日本は世界一、お互いに信用し合う」お互いに信頼し合う」文化文明の国である。 
                      藤井 厳喜
 No.202   No.203  No.204
(『第39回全日本川柳2015年千葉大会作品集』
                 所収の「祝辞」より)   銚子は江戸時代、「ほととぎす銚子は国のとっぱずれ」と詠まれました。
 関東の一番東。東京からも遠い。交通も不便。でも、「とっぱずれ」だからこそ、人情や自然や文化が残っているんだと私も思います。
 不便だからこそ、知恵や助け合いや絆が生まれる。

                  銚子市長・越川信一 (荻野文子著『おとこ女いま昔』毎日新聞社より)   古来、日本人は沈黙の美を愛してきた。りたい言葉を敢えて語らず、語られなかった言葉により重いメッセージを聴こうとしてきた。……
 その最も洗練された形が和歌であったことは言うまでもない。
                    荻野文子
           〔大手予備校のマドンナ先生〕  (佐藤勝明著『松尾芭蕉と奥の細道』吉川弘文館より)    日本の韻文史では、一ジャンル内で俗から雅への変化が起きると、俗の要素をもった別ジャンルが勃興する、ということがくり返されてきた。
                    佐藤 勝明
No.199 No.200 No.201
(鬼 怒鳴門著『私が日本人になった理由』PHP)                 (鬼 怒鳴門 キーン・ドナルド)  今も未来も守るべきものはあります。それは日本語で
す。……日本語こそが日本人の宝物と信じて疑いません。
                     ドナルド・キーン (尾藤三柳著『文芸川柳の祖呉陵軒可有』新葉館出版)   私たちが現在携わっている川柳という独立した文芸形式が、とりも直さず〈今ある〉のは、呉陵軒可有に負うところが最も大きいと考えられる。
……呉陵軒なくして、伝統文芸としての川柳はなかったといっても過言ではなかろう。
                       尾藤 三柳   (松村華菜著『川柳句集炎』解説より 飯塚書店)   川柳というのは、不思議な文芸である。
 もし、彼女(松村華菜)の起点が句会という場であれば、句会の手だれにはなっても作家という立ち位置には遠かったのではないか。
 短歌、俳句、川柳という短詩形文学は、この「座」という団体競技から脱却しなければ個の思想を持ちにくい。
                     田口 麦彦 
No.196 No.197 No.198
 (井上優著『日本語文法のしくみ』研究社)   文法研究は「文学の分析」にも役立ちます。……日本語の表現が持つ特性を分析的にとらえようとする文法の研究の成果は、作者の工夫を分析的にとらえ、作品がどのようにできているかを(「なんとなく」ではなく)具体的にとらえるのに役立つでしょう。
                       井上 優  (森山泰太郎著『去来抄・三冊子要解』有精堂)    新しみは俳諧の花なり。
               松尾 芭蕉  (渡部泰明編『和歌のルール』笠間書店)    和歌は、自然(景)と人間(心)が重なるところに表現されます。日本人はそういう感受性と表現を千年以上前から磨いてきました。私たちの心にもそういう自然観が生きていると思い
ます。
                        錦 仁
No.193 No.194  No.195 
(落合博満著『采配』ダイヤモンド社より)    選手は育てるのではなく、自分で育つものだ。
                      落合 博満 (太田紀伊子編『今川乱魚ユーモア川柳論』 たけしま出版より)    近年、ユーモアの効用として、人間関係の円滑化、病気の早期治癒などが取り上げられているが、文芸の視点から見れば何といっても訴える力の強さであろう。
                      今川 乱魚 (夢厨會発行『連句の栞』より)     連句の付合は〈前句〉と〈付句〉の取り合せで織りなされる言葉のタピストリー。一度使われた図柄や趣向は繰り返さず、〈付句〉は〈打越〉に戻れない。前句(他者)を活かす工夫の中に付句(自己)の活路がひらかれる。
No.190 No.191  No.192 
     (田辺聖子文学館のビデオ展示より)    

 私はいまだに文学少女のままである気がする。
                田辺 聖子 (田口麦彦著『三省堂新現代川柳必携』三省堂)   川柳の川幅は広くて、かつ深い。
                    田口 麦彦     (小島蘭幸著『再会Ⅱ』川柳塔社、序文より)    どんな対象であれ、無理につくることはないのである。言いたいことを言うだけだ。饒舌は中味が薄くなるばかりである。
                       橘高 薫風 

No.187
No.188  No.189 
  (近藤勝重著『しあわせの五・七・五』幻冬舎より)   川柳を甘く見てはいけません。
さりげなく、時にはあらわに表現された十七音の世界には、侮れない力が宿っています。
                    近藤 勝重       (武田双雲著『ポジティブの教科書』主婦の友社より)  僕も書道教室でよく生徒さんに伝えるのが、「ずっと考えていても、発想は生まれません。まずは、何でもいいから、一本の線を書いてみることです」と。
                   武田 双雲 (五十嵐 修著『お陰さまで…』新葉館出版より)   川柳を作るひとときは何時も楽しい。句が出来たときの満足感、またそこに至るまでの疲労感も確かにある。もし川柳が思い通りに楽々と句が作れたならば、とうの昔に私は川柳と縁を切っていただろう。
               五十嵐 修

No.184


No.185


No.186

 (倉間しおり著『かぐや』新葉館出版)   月が太陽を反射するように、川柳は自分自身を反照する。

                     倉間しおり
 (連句機関紙『西北の風』四七号「留書」より)     俳諧は広大無辺の心の世界を自在に移動する魔法のジュータンのようでもあります。
                   佛渕 雀羅  (『川柳研究』三月号「前号パドル句評」より)     政治的主義主張を語る川柳によく出会いますが、気になることがあります。パターンが決まっていることです。オスプレイ=危険、秘密法=警察国家、東電=悪者、改憲=戦争、ヒロシマ=平和の類です。新聞報道を鵜呑みにするとこういう短絡に陥ります。
                      阿部 勲

No.181


No.182


No.183

(大谷由里子著『「出会い力」の磨き方』
                  PHP研究所より)   人が笑うのは意外性のあることを言った時。
笑いのセンスを磨けば、コミュニケーション能力がアップする。
               大谷 由里子
                 
            [元・吉本興業の女マネージャー] (江畑哲男著『我思う故に言あり』新葉館出版)          拙著は「まなびすと」に読んでいただきたい。「まなびすと」とは、生涯学習社会を前向きに生きようとする人々を指す。
 小生がライフワークとする川柳。その川柳が生涯学習社会に於いて何らかのお役に立つことがあるならば、これに優る喜びはない。
                  江畑 哲男      (笹島一江著『道づれ』山陽社、跋文より)          (一江さんの)句の傾向は、平易な言葉で分り易い。表現は、どちらかというと真面目で堅くなりがちなところもあるが、ユーモアを忘れず、穏やかで親しみやすい。一言で言えば、ご性格そのままに、「情熱を内に秘めた微笑み」であろうか。
 
                   山本由宇呆 

No.178


No.179


No.180

 (渡辺利夫著『国家覚醒』海竜社所収「幸福論入門Ⅰ」より)   生の中に病があり、病の中に生がある。
……身体の老化が非可逆的なものである以上、これを「あるがまま」に受け入れるより他ない。少なくとも、老化を病気と見違えるような愚だけは犯すまい。
                 渡辺 利夫
                   〔拓殖大学総長〕  (宮内みの里著『川柳句集柿簾』新葉館出版より)       自分史 の句読点として、古稀の記念として、半生の自分へのご褒美として、句集を刊行できた喜びに浸っています。
                  宮内みの里  (大谷由里子著『「出会い力」の磨き方』
                 PHP研究所より)       人は楽しそうにしている人のところに集まる。
 「この人と一緒にいたら楽しそう」と思ってもらえれば、
完璧。
                  大谷 由里子

No.175


No.176


No.177

(桂 歌丸著『座布団一枚!』小学館)     ほめる人間は敵と思え。
教えてくれる人、注意してくれる人は味方と思え。
                     古今亭今輔     (伊丹由宇著、ワニブックスPLUS新書
『なぜ日本人だけが生卵を食べるのか』より)  「物は言い残せ、菜は食い残せ」。素直に受け取れば、「思っていることはみな言い尽くすものではない。言葉と食事は控えめにせよ」と受け取れる。
                   伊丹 由宇  (島内景二著『歴史を動かした日本語一〇〇』 河出書房新社)         巌頭の感

悠々たる哉、天壌。遼々たる哉、古今。
五尺の小?を以て、此大をはからんとす。
……万有の真相は唯だ一言にして悉す、曰く「不可解」。

                藤村 操

No.172


No.173


No.174

                 (将棋棋士、九段)

         (石田和雄著『石田和雄名局集』日本将棋連盟)  棋士になって四五年、奨励会入会から数えると半世紀、よくぞここまで指してきたものである。悲喜こもごもであるが、何かを残しておきたい。となるとやはり棋士は棋譜以外にないのである。
                       石田和雄     (佐藤美文著『川柳を考察する』新葉館出版)    世の中多くはデジタルに変わったけれど、アナログ的路地の親切が忘れられないものになっている。
                      佐藤 美文  (太秦三猿著『しなやかシニアの川柳図鑑』  新葉館出版)      大衆に根ざして発展してきた川柳が、その努力を怠って川柳人口の高齢化と減少を嘆いていても仕方がないではないか。
                       太秦 三猿

No.169


No.170


No.171

(杉山昌善著『今日から始める現代川柳入門』
                      実業之日本社より)   俳句は風景画で、川柳は人物画、しかも自画像だ。

                       杉山 昌善   (長谷川櫂著『一億人の「切れ」入門』
                 角川学芸出版より)    俳句は数ある詩歌の中でも極めて実践的な文芸です。人の俳句を読むだけでなく、自分で詠んでこそおもしろい。
                       長谷川 櫂 (桑田真澄『試練が人を磨く』扶桑社文庫)      今を生きよ
                  桑田 真澄 

No.166


No.167


No.168

    (尾藤三柳著 『完全版 時事川柳』新葉館出版より)      多くの文芸の中で、特に動体視力を要求されるのが、われわれの時事川柳である。時流という大きな流れの中で、一点の時事をとらえなければならないからである。
                      尾藤 三柳 (江畑哲男監修『ユーモア党宣言!』新葉館出版より)   ユーモアにもTPOがある。
 TPOとは、「Time(時)、Place(場所)、Occasion(状況)」の三つを指す。
 座の文芸たる川柳は、TPOを見極める必要があるのではないか。
                       江畑 哲男  (東葛川柳会編『ユーモア党宣言!』 新葉館出版より)    川柳人は、想いをぎゅっと十七音にまとめる日常ですが、時にはその川柳を交えつつ文章を書くことによって、より川柳の魅力を伝えることができる場もありますね。
                      やすみりえ

No.163


No.164


No.165

(高校国語教科書『探求現代文』桐原書店所収)      詩を読む楽しみの一つは、日常とは違う視点で生きていることを

振り返るところにある。

                       谷川 俊太郎 (羽生善治著『才能とは続けられること』PHP研究所)     いくら考えても将棋のコツがわからなかった。
コツをつかんで好きになることがありますが、私はその逆で、いくらやってもわからないことに魅力を感じました。
                      羽生 善治 (舞の海秀平著『土俵の矛盾』実業之日本社)    日本の伝統文化は、情緒を思考する心の文化です。
外国の文化は論理を思考する頭で理解する文化です。
                      舞の海秀平 

No.160


No.161


No.162

  (島内景二著『歴史を動かした日本語一〇〇』、
                   河出書房新社より)   言葉は、人間の思いのすべてを表すことはできない。けれども、思いを言葉にすることで、身近な人との人間関係を変えてゆき、ひいては、自分の生きる時代そのものを変えることができる。
                     島内 景二   (山種美術館のパンフレット『上村松園』より)   私は大てい女性の絵ばかりを描いている。しかし、女性は美しければよい、という気持ちで描いたことは一度もない。
                     上村 松園                〔コラムニスト〕
       (堀井憲一郎著『江戸の気分』講談社現代新書)江戸の人気分になれると、いまが相対化できる。ごくふつうの生活だとおもっていた現在の妙な部分に気づくことがある。
                    堀井 憲一郎 

No.157


No.158


No.159

  〔イラストレーター〕

(『「サラ川」傑作選くぶくりん』講談社より) 川柳の構成要素は、〈風刺・滑稽・うがち〉であると言われてきた。
それに私の好みを加えるとすると、〈頓知・リズム・乾燥〉ということになろうか。……ここで強調したのは〈乾燥〉である。カラリと乾いていることが、川柳をより川柳たらしめる要素だと考えている。
                  山藤 章二 (坂牧春妙著『春妙のユーモア句集』新葉館出版)    ユーモア川柳をつくっている限り、人間は人間を大好きでいられるだろうと思う。
                      坂牧 春妙           (受験問題集『実戦現代文』明治書院より)    知的な驚きは、自明的な日常的な世界からの目覚めである。目覚めは、自明な世界、自明な考えかたを固定する神話の解体と同じことである。
                    今村 仁司 

No.154


No.155


No.156

          (羽生善治著『大局観』角川oneテーマ21)
                               [将棋棋士]スマートではないかもしれないが、
もがき続けて習得したものは忘れにくい。
               羽生 善治 (山崎直子著『何とかなるさ!』サンマーク出版)   〔「ディスカバリー号」搭乗の女性宇宙飛行士〕 もうひとつ気づいたのは、英語力以上に大切なのは、「伝えたいことをしっかりもっているかどうか」ということ。
              山崎 直子              〔直木賞作家、札幌市生まれ〕

(藤堂志津子著『若くない日々』幻冬舎「あとがき」より)  このところ四、五十代の女性を主人公にした小説を書くことが少なくない。
 だれしも四、五十年も人間をやっていると、それぞれの「いわくありの小さな歴史」がしぜんとからみついてくる。
 その、それぞれの「いわくありの小さな歴史」について、あれこれ想像したり、解釈したり、読みといたりするのが、いまの私は、しみじみ楽しい。
 ともに喜び、ともに哀しみ、ともに怒り、ともに生きる楽しさである。
                            藤堂志津子 

No.151


No.152


No.153

(川柳作家叢書『日下部敦世』新葉館出版より)  川柳がおもしろくなると、公園の木々や花、
生き物たちが語りかけてくるようになった。
                  日下部 敦世  (田口麦彦著『アート川柳への誘い』飯塚書店より)   今年は奇しくも岡本太郎生誕一〇〇年にあた
ります。……
 「芸術は爆発だ!」と叫んだ岡本太郎さん。
川柳ももっとバクハツしていいでしょう。
                   田口 麦彦 (木津川 計著『人生としての川柳』角川学芸出版) 若き「六大家」の時代
柳誌に限らない。短詩型文芸のリーダーに共通な資質は、①明確な主張を掲げ、②文学的力量に優れ、③包容力のある人間性、の三点を持ち合わせた人物に尽きた。大正から昭和の初期、文芸としての川柳を確立せんと青春の情熱を注いだ六大家は、いずれも右の三点を満たした人物であった。
                  木津川 計 

No.148


No.149


No.150

 (喜多川 泰 著『手紙屋蛍雪編』、
             ディスカヴァーより)    「楽しい」というのは何かに没頭するからこ
そ手に入る感情なんですね。    (新家完司著『川柳の理論と実践』、
                 新葉館出版より)  良い川柳は、強いエネルギーを持っている。
                   新家 完司  (新家完司著『川柳の理論と実践』、
                 新葉館出版より)  良い川柳は、体験と体感から生まれる。
                  新家 完司 

No.145


No.146


No.147

          〔アイルランド出身の劇作家〕


(『頭がいい人の「通勤時間」活用術』
          日本心理パワー研究所編、日文新書より)  いつも自分を磨いておけ。あなたは世界を見るための窓なのだ。
           バーナード・ショウ   (江畑哲男著『アイらぶ日本語』学事出版、
                    あとがきより) 生きるとは自己を磨くことである
                     江畑哲男 (江畑哲男著『アイらぶ日本語』学事出版、
                    あとがきより)   何気ない日常の、何気ない発見こそが心を豊
かにしてくれる。
                江畑 哲男

No.142


No.143


No.144

※ (俳諧で)年功を積み句作に長じた人には、陥りやすい弊害・欠点がある、とした芭蕉の戒めの言葉。
     (森山泰太郎著『去来抄・三冊子』より、有精堂)    巧者に病やまいあり。
                   松尾 芭蕉 (森山泰太郎著『去来抄・三冊子』より、有精堂) ※  天地万物の変化は、みな俳諧の素材になるもので
ある。 乾坤けんこんの変は風雅のたねなり。
                   松尾 芭蕉    (三木平左衛門著『難波土産』、
                岩浪古典文学大系より)  ※ 芸というものは、事実と虚構との境界の微妙
なところにあるものだ。  芸といふものは、実と虚の皮膜の間にあるも
のなり。
                  近松門左衛門

No.139


No.140


No.141


(大野風柳編『白石朝太郎の川柳と名言』
                 新葉館ブックス)  意味ありげな文字を並べているが、文字はバラバラで皆死んでいる句がある。
 佳句はさりげなく並べたように見える文字が、一字一字みな生きている。
                 白石朝太郎 
(大野風柳編『白石朝太郎の川柳と名言』
                 新葉館ブックス)  川柳 をつくっているときよりも作っていないときの方が大切なのである。
                  白石朝太郎  (大野風柳著『川柳を、はじめなさい!』より、
                     新葉館出版)   「やはり書いておくことはすばらしいことだ
なァ」とつぶやいた。
 文だけではない。句も然りだ。
 絶対に文字として書いておくことだ。
                 大野 風柳 

No.136


No.137


No.138


     (越智二良著『子規歳時 新訂版』松山子規会)
 
文章には山がなければならぬ。          
               正岡 子規
     (ちくま日本文学『正岡子規』所収
        「俳句問答」より)  
教訓といふは理窟の内なれば文学にては  
取らず。

              正岡 子規  (新葉館出版『川柳作家全集 今川乱魚』
                    あとがきより) 句には「私」自身が存在し、いずれも現実味を   
もっている。
                   今川 乱魚 

No.133


No.134

 

No.135

 
 ※ 一九三五年生まれ。京都府出身の元プロ野球選手(捕手)、監督、野球解説者。二〇〇六年~〇九年まで、東北楽天イーグルスの監督を務めた。右は、そのチーム作り途上での発言(〇八年七月)。
        (楽スポ・野村語録より)  まだまだチーム作りの途中ですから、こうして一人ずつ育てていって、優勝を狙えるチームになればという思いはあるけど、人を育てるのには愛情と時間がかかる。
                野村 克也 *一九三五年生まれ。京都府出身の元プロ野球選手(捕
手)、監督、野球解説者。二〇〇六年~〇九年まで、東北楽
天イーグルスの監督を務めた。
 右は、そのチーム作り途上での発言(〇八年七月)。

   (『あ~ぁ、楽天イーグルス』
        野村克也著、角川 one テーマ21)       チーム強化とは人を残すこと     
     にほかならない。
              野村 克也   (『弱者の戦い野村の眼』
野村克也著、KKベストセラーズ) 私がやったことは、選手に、今の自分の力を気づ
かせ、プロとして生き残るためには何をなすべきか
ということに目を向けさせたことだった。
こうした監督の仕事を、私は「気づかせ屋」と呼
んでいる。
                  野村 克也 

No.130


No.131

 

No.132

 
 ※ 一九二三年、愛知県生まれ。英文学者・評論家。言葉が
人間関係に与える影響力に注目し、日本語のさまざまな特質
を研究。『省略の文学』『修辞的残像』『近代読書論』等、
著書多数。
(外山滋比古著『思考の整理学』ちくま学芸文庫より)  一般的に言えば、ありきたりのものを結び合
わせても、新しいものになりにくい。一見、と
うていいっしょにできないような異質な考えを
結合させると、奇想天外な考えになることがあ
る。
             外山滋比古 ( 紹介は同左 )   もともと、わが国の詩歌は、主観の生の表出を嫌い、象徴的に、あるいは、比喩的に心理を表出する方法を洗練させてきた。その端的な例が俳句である。
               外山滋比古 ※一九二三年、愛知県生まれ。英文学者・評論家。言葉が人間関係に与える影響力に注目し、日本語のさまざまな特質を研究。
 『省略の文学』『修辞的残像』等、著書多数。
       (外山滋比古著『近代読書論』みすず書房より) 修辞学(レトリック)はギリシア、ローマにおいては全人教育の重要な科目であった。
                外山 滋比古 

No.127


No.128

 
No.129

 ※ 一九五八年東京都生まれ。東京芸術大学美術学部絵画科
日本画専攻卒業。一九九五年ヴェネチア・ビエンナーレにて東洋人として初めて絵画部門優秀賞を受賞。

     (千住博著『絵を描く悦び』光文社新書より)  絵を描くということは、自分にないものを付け加
えていくことではなくて、自分にあるものを見つけ
て磨いていくこと。自分の良さを磨いていくことで
す。自分にないものを付け加えていくと、一見、見
慣れた上手い絵ができ上がってくるかのように思っ
てしまいます。しかし、これは落ち着いて考えてみ
るとどんどん「他人の絵」になってしまうことなの
です。               千住  博 ※ 千葉教育大学教育学部音楽科卒。『俳句四季』に就職して俳句と出会う。編集の傍ら俳句の勉強を始め、「現代俳句協会」に応募、新人賞受賞(平成5年)。音楽用語を句に取り込んだ斬新な作品で、注目を集めた。
       (菅原亜樹子著『だから、一流。』学習研究社より) 得意分野の「音楽」を取り入れられたから、
「私の俳句」が誕生したのです。
                    俳人・浦川聡子    
                   (将棋棋士 永世六冠)
※ 一九七〇年、埼玉県生まれ。将棋奨励会に入会後、驚異的なスピードで昇段。八九年には、史上最年少の十九歳で初
タイトル竜王位を獲得した。数々のタイトルを獲得し、「歴代名人の長所をすべて兼ね備えた男」と呼ばれている。
    (菅原亜樹子著『だから、一流。』学習研究社より) コツコツと続けていく力こそが、才能なのだ
と思う。
                    羽生 善治



No.124


No.125


No.126

(尾崎正明監修『画家別近代日本絵画の見方』より、
                        東京美術) ※ すぎやま・やすし。
 大和絵の伝統を新時代に生かそうとした。
 代表作に、「穹きゅう」(昭和三九年)ほか。 絵画は、決して実在するものの再表現ではな
い。                  杉山 寧 (早坂隆著『(日本の戦時下ジョーク集太平洋戦争編』、
                     中公ラクレ新書) 早坂 隆
「笑い」は時代と添い寝する。          
(『去来抄・三冊子要解』有精堂より)※ 一体、修行というのは自分の得意とする所をますます伸
ばし、不得意な所を学んでいったら、次第に進歩するであろ
う。  およそ修行は我が得るところを養ひ、得ざると
ころを学ばば、次第に進みなん。  (去来抄)




No.121


No.122


No.123

            ※ 女性日本画家。京都生まれ。
             代表作「序の舞」ほか。

(尾崎正明監修『画家別近代日本絵画の見方』より、
                        東京美術)  私の美人画は、単にきれいな女の人を写実的に描くのではなく、写実は写実で重んじながらも、女性の美に対する理想やあこがれを描き出したい。
                     上村松園 ※ 明治の日本画家。長野県生まれ。
  代表作に「落葉」「夕の森」ほか。  よし、来年はもっと程度を下げて、審査員に解る
絵を描いてやろう。
                        菱田春草 (尾崎正明監修『画家別近代日本絵画の見方』より、
                         東京美術) ※ 日本画家。横浜生まれ。
 代表作に「残照」「道」ほか。  風景は、いわば人間の心の祈りである。     
                    東山魁夷




No.118


No.119


No.120

 
 一句を書くことは
         一片の鱗の剥脱である。
                      三橋鷹女

      (千葉県成田市出身の俳人、明32~昭47)

      (永田耕衣「三橋鷹女論」、
         『俳句評論』(昭和37・1)所収) 
 作者を離れて自立した作品は、小説にしろ自由詩にしろ短歌にしろ、読者の創造的読みが可能であり、それが文学というものの大きな楽しみなのだが、俳句の場合、読者の読み方の自由が殊に大きい。
                   坪内稔典
                     (俳人)

      (坪内稔典著『俳句のユーモア』講談社) (藤原定家著『詠歌大概』より、
         日本古典文学全集50巻、小学館)
 ※ 歌の内容は、人がまだとらえたことのない着想を求めて読むべきであり、表現にあたって古歌の歌詞を用いるべきである。
 情こころは新しきを以て先となし、詞ことばは旧きを以て用ゆべし。
                藤原定家





No.115


No.116


No.117

(田口麦彦著『地球を読む』飯塚書店より)   同じ七五調文芸に、短歌、俳句もある。
 それらは歴史が長いだけに多くの学ぶべきものがあるが、これだけは「センリュウの品格」と言えるものがある。
 それはズバリ「批評性」「批評精神」である。
                  田口麦彦   (中央教育審議会パンフレット
  「幼稚園、小学校、高等学校及び特別支援学校の
      学習指導要領等の改善について」所収)   古典や近代以降の作品をはじめとした我が国の言語文化に触れて感性や情緒をはぐくみ、言語文化を享受し継承・発展させる態度を育てる。
    (各教科・科目等の内容「国語」の項より) (ルイス・フロイス著
   『ヨーロッパ文化と日本文化』岩波文庫より) ヨーロッパでは、言語は明瞭であることが求められ、曖昧な言い方は避けられる。
 日本では、曖昧な言葉が一番優れた言葉で、もっとも重んじられている。
               (L・フロイス)





No.112


No.113


No.114

(永田和宏著『NHK短歌作歌のヒント』
               NHK出版より)
  歌は、作り始めることは誰にでもできる手軽な詩型
ですが、いい仲間に恵まれないと、一人だけで作って
いくのがなかなかむずかしい詩型でもあります。長く
歌をやってきた先輩たちのちょっとした示唆やヒント
が、それまで気づかずに陥っていたスランプからぐい
と引き上げてくれるという力にもなるものです。
                永田和宏 (飯田朝子著『数え方でみがく日本語』
             ちくまプリマー新書)  本文の中で、私は繰り返し日本語の数え方を何でも「一つ」や「一個」にしてしまうことはとても"もったいないこと"だと言いました。これはたとえて言うなら、せっかくいろいろなグラスがあるのに、湯のみでジュースを飲んでいるようなものですよ、と説明しましたが、この意味がよくお分かり頂けたのではないかと思います。
                  飯田朝子    西研/森下育彦著
   『「考える」ための小論文』ちくま新書より)
  論文とは一人一人が考えていく作業そのものであり、また考えていくプロセスを他者に向けて提示することであって、どこかに模範があるのではない。そして、書くことの原動力となるのは、自分で発見したり納得したりすることの悦びと自由の感覚なのである。
                     森下育彦




No.109


No.110


No.111
(岩波書店『日本古典文学大系』
      「源氏物語玉の小櫛」より)  人の情こころの感ずること、恋にまさるはなし。さればもののあはれの深く、忍び難き筋は、ことに恋に多くして、神代より世々の歌にも、その筋を詠めるぞ、ことに多くして、心深く優れたるも、恋の歌にぞ多かりける。               本居宣長  江畑哲男編『ユニークとうかつ類題別秀句集』
      エッセイ「ぜいたくな日本語」①より) 多様な表記は多様な選択肢を生む。それだけ日本語は贅沢なのだ。人間を見つめ、日本語に精通する川柳作家としては、むしろこうした日本語表記の多様さ・複雑さを活かしてみてはどうだろうか。
                  江畑哲男
(日向一雅著『源氏物語の世界』岩波新書より) 源氏物語は恋物語、愛の物語に決まっているではないかと言われそうであるが、はたしてそうなのか。それで源氏物語を十全に理解したことになるのだろうか。……なぜそのように言うかというと、源氏物語の中世の大変すぐれた注釈書である『河海抄かかいしょう』(一三六二年成立)が次のように言っている。(源氏物語は)誠に君臣の交り、仁義の道、好色の媒なかだち、菩提の縁えにしにいたるまで、これをのせずといふことなし。そのおもむき、荘子そうじの寓言ぐうげんに同じきものか。詞ことばの妖艶さらに比類なし。
                 日向一雅





No.106


No.107


No.108

           (ロシアの小説家・劇作家)

※ プロレタリア文学の父と言われるゴーリキー。
 真の美は限られた人たちが独占するものではなく、大衆
 の手の中にあると主張している。


      (『成語林』別冊、「故事ことわざ慣用句」より) 真の美というものは、真の智恵と同じく、たいへん簡明で、誰にもわかりやすいものだ。
                ゴーリキー  (江畑哲男編『ユニークとうかつ類題別秀句集』
          「あとがき」より)   日本語によって、川柳は磨かれる。磨き抜かれた川柳は、日本語それ自体の魅力をも発信する。
                   江畑哲男 『文学とは何か』T・イーグルトン著、岩波書店) 読者は、かくされたつながりを見いだし、空白部を埋め、憶測を立て、予測を確認しながら進む。そしてこれは、読者が、広くは、世界に関する暗黙の知識に、狭くは、文学上の約束事に関する暗黙の知識に、拠することを意味する。テクストとは、読者に言語を意味づけるように命令する、一連の「合図キュー」以外のなにものでもない。受容理論の用語を使えば、読者は文学作品を「具体化する」。文学作品とは、そのままでは、白い頁の上に組織的にしるされた黒いマークのつながりにしかすぎない。
               テリー・イーグルトン
                    (英国の批評家)





No.103


No.104


No.105

(田辺聖子著『川柳でんでん太鼓』講談社より)  日本の社会には、往々、面白いものは低俗で、芸術はむつかしいものだという思いこみがあるが、大衆は半分はそう思いこまされつつ、半分は、すこやかな直観で、「それはどッか、おかしいのん、ちゃうか?」と思っている。大衆は(私もむろん、その一人である)「アホ」なようで、「カシコ」である。(「カシコ」なようで「アホ」な点もあるが……)そして川柳は、その大衆の、すこやかな直観の部分、「カシコ」の部分の精髄が、形をとって成れるものである。川柳は愛すべく、貴むべきかな。
                    田辺聖子 ※ 和歌の道は、浅いようで深く、やさしいようでいて
  むずかしい。(したがって和歌の道を)真に理解し
  ている人もまた何人もいない。

  (古典文学鑑賞講座第18巻『撰歌集』三友社
               「近代秀歌」の冒頭より)  やまと歌の道、浅きに似て深く、易きに似て難し。
弁へ知る人またいくばくならず。
                藤原定家 (北小路健著『一茶の日記』立風書房より)  私は一茶という大凡人の人間性にひかれた。くり返しくり返し日記を読みこむうちに、遺産相続にかけた彼のねばり、、、としたたかさ、、、、、が痛烈に胸に迫って来るようになった。……彼は行いすました俳聖でもなんでもない。六欲兼備の凡人だ。だからそんないやらしさ、、、、、もふくめて、"凡人、一茶"にひかれるのである。
                  北小路健





No.100


No.101


No.102

「乱魚の粋族館」より)   「川柳のネタは我にあり」。川柳のおかしみは、人間の本当の姿を詠むところにあります。裸の人間は、自分にも人にも弱くて愚かな面があります。それをさらけ出すとき、互いに分かり合い、笑い合えるのです。
                   今川乱魚
(浜田寿美男『「私」とは何か』より)  たとえば小説を読みふけるとき、読んでいる自分がその世界のなかに移り住んでいるかのように錯覚する。そうした錯覚のうえで人はことばの宇宙を楽しみ、またそこに巻き込まれて苦悩する。
 このことは別に文章のうまい下手にかかわらない。いかにたどたどしてくてもことばはことばである。ことばは身体に根ざし、それでいて身体を越えるもの。そうした両義を本性とする。
                 浜田寿美男 (時実新子著『有夫恋』朝日新聞社、あとがきより)  私は何とかしてよい嫁になろうとしました。人の三倍は働き、人の十倍の忍耐を自分に課しました。しかし、私の中の執拗な人恋いはどうしようもありませんでした。なぐられても蹴られても、私は人を愛したい、人に愛されてみたいとねがったのです。そんな私がある日偶然に出会ったのが五・七・五の世界でした。それは、何と素晴らしい自由な表現広場だったことでしょう。
                 時実新子





No.97


No.98


No.99

大岡信著『ことばの力』より、花神社)    言葉の皮肉なあり方の一つに、大げさな言葉はわれわれをあまり感動させず、つつましく発せられたささやかな言葉が、しばしば人を深く揺り動かすという事実がある。
                   大岡信 (山口仲美・佐藤有紀著
    『「擬音語・擬態語」使い分け帳』)   なぜ、擬音語・擬態語に限ったかと言いますと、言語感覚を磨くのには擬音語・擬態語が最適な言葉だからです。擬音語・擬態語は、普通の言葉と違って、発音が意味に直結しています。「どきどき」という発音そのものが、心臓の鼓動を写しています。「はらはら」も、どうなることかと気をもみ、冷や汗や汗を滴り落とす様子をいかにもそれらしく写しとっています。つまり、発音がそのまま意味になっている。こういう語群で意味の違いを考えるということは、日本語の音と意味に対する感性を磨くのに最適なのです。それは、言葉を的確に使っていくのに役立つ言語感覚を育てます。
                        山口仲美         (一八七三~一九三五、詩人・歌人)



(『明治文学全集』51、所収「東西南北」筑摩書房)
 小生の詩は、短歌にせよ、新体詩にせよ、誰を崇拝するにもあらず、誰の糟粕(=糟糠)を甞むるものにもあらず、言はば、小生の詩は、即ち小生の詩に御座候。
                 与謝野鉄幹