ぬかる道 2019.4
  
題字・佐藤草雲   絵 鈴木 利尾 (柏市)
 
 No.382号 2019.8 表紙のことば  鈴木 利尾(柏市)
  「日本全国城のロマンを追う写生」


     名古屋城 (愛知県)

 尾張名古屋は城で持つ」 という戦国時代まで尾張の中心は清須であった。一方、今の地はかっての那古屋城が廃城で荒れ地であった所に巨大な城郭を築いたのは徳川家康、清須は水害に弱く、大坂豊臣氏を抑える防衛拠点を意図して名古屋に移転した。さすが雄大な天守閣と石垣、三時間をかかけてのスケッチした。次号は「二条城」


 
 No.381号 2019.7 表紙のことば  鈴木 利尾(柏市)
       松江城 (島根県)


 江戸初期に築かれた松江藩24万石の居城。前面板張り軒裏も黒塗りと黒ずくめ石打柵、石落等戦略的な外観。
一方で均整のとれた姿から「千鳥城」とも言われ、天守は2015年7月、5つ目の国宝に指定された。
 全景がすばらしく市役所の前からお濠を入れてスケッチしました。次号は「名古屋城」



 
 No.380号 2019.6 表紙のことば  鈴木 利尾(柏市)
       姫路城(兵庫県)


 徳川家康の孫娘千姫は七歳で大坂城の豊臣秀頼へ輿入れしましたが、大坂夏の陣で秀頼は自害し滅亡。千姫は燃え盛るなか、本多忠政の息子忠刻と出会い、千姫二十歳の時二人は結ばれました。
 化粧料(持参金10万石)で三の丸に武蔵野御殿と呼ばれる屋敷が建てられ、一番幸せに過ごしたところと言われている。
 
 No.379号 2019.5 表紙のことば  鈴木 利尾(柏市)
         松本城(長野県)


 この城は三重の水堀と土塁や石垣で城郭を囲み、出入り口に櫓や城門などを備えた平城である。中心部の5棟の建物は大天守と乾小天守を渡り櫓で連結、辰巳附櫓と月見櫓が複合式と呼ばれる天守群を形成している。ポイントは、赤い橋と城の移りを捉えました。 
 No.378号 2019.4 表紙のことば  鈴木 利尾(柏市)
           大阪城


 徳川幕府の 14代将軍家茂、 15代将軍慶喜が相次いで入城、幕 末激動の政治の舞台となりました。幕末 150年を迎えております。豊臣秀吉が1583年、数万人の人員を動員して築城を開始、2年後に完成。スケッチは桜の季節をイメージ致しました。

 
 自選日本百名城スケッチの旅
  
鈴木 利尾 (柏市)
 実施期間は2017・9・21から2018・1・25まで北海道から出発し沖縄まで 13回に分けて延べ 45日間を要しました。 多くの城は明治の廃城令により壊され、現存する天守閣は12城、 あとは櫓が残る城、石垣の残る城山城、海城、再建を望む城下町等様々の城跡を巡りました。
戦国武将の争いの跡、大河ドラマの舞台、匠の技による建築技術、圧巻は世界遺産姫路城、天空の城、竹田城、備中松山城、岡城(滝廉太郎の里⦆等……
アクセスは自家用車、新幹線、在来線、航空機、レンタカー、 城ツアー参加等で、宿泊はシエアハウス、ゲストハウス、初めての民泊体験では外国人にも多く廻り合いました。吹雪の中国高速道路を200km走行、霧の山並み街道、走ること約1万キロ、改めて スケッチの旅を通じて日本の歴史を再認識する旅となりました。




 表紙絵の掲載を終えるにあたって
  
中村 具見 (岡山)
 昨年4月から一年間、蝶の画像にお付き合いくださり、ありがとうございました。また、こうした機会を与えてくださった「東葛川柳会」の皆様にあらためて御礼申し上げます。
田舎の自然に囲まれて育ったせいか、身の回りにいた多くの生き物が姿を消していることに驚いています。周りが急速に市街化した我が家でも、雨上がりに南天の枝を這っていたカタツムリをはじめ、時折、出没して大騒ぎした青大将、地面に列をなしてい たアリたちなど、顔なじみの生物の多くが姿を消しました。一方で盛夏に一斉に羽化して早朝から喧騒を極めるクマゼミや、幼虫が畑のキャベツやブロッコリーを食い荒らすモンシロチョウ、ミカンに付くアゲハなどは今も健在です。
こうした身近な自然の移ろいにノスタルジックな想いが重なって、蝶の撮影を本格的に始めました。早春から晩秋まで季節の変化に巧みに適応して自然を彩る蝶の姿を求めて岡山県内を駆け巡り、大方の蝶を撮影することができました。表紙絵にはそうした中から普段目にすることの多い身近な蝶を選びましたが、ギフチョウのように早春の里山でしか見られない絶滅危惧種も取り上げました。
関東地方の平野部でも、少し歩けば様々な蝶を見ることができます。そっと近づいてじっくり観察すると、見事なまでに背景と調和したその美しさに思わず息をのむことすらあります。最近のデジカメや、スマホのカメラ機能は格段の進化を遂げているので、作句の合間に身近な自然の中から小さな虫たちの世界を覗いていただけければと思います。ありがとうございました 

 ぬかる道 2018.4
  
題字・佐藤草雲  写真・絵 中村 具見 (岡山)
 
 No.377号 2019.3 表紙のことば 中村 具見(岡山) 
  春の日射しを浴びるベニシジミ
     2017年4月9日   総社市

 ベニシジミはスイバやギシギシなどの野草が幼虫の食草なの で、河川の堤防や畑の脇の草地など全国各地でごく普通に見られる蝶です。春になると真っ先に姿を現しますが、羽化する季節によって羽の色彩が大きく変化します。写真のように春先や晩秋の低温期に出現するものは明るい朱色ですが、夏季に発生するものは全体が黒褐色を帯びて別種かと思うぐらい目立たない色彩になります。春に生まれたベニシジミが、緑の草むらを背景に羽を開くと色鮮やかな朱色が一際引き立ちます 
 No.376号 2019.2 表紙のことば 中村 具見(岡山) 
   ウツギで吸蜜するキアゲハ
    2017年6月27日  新見市

 キアゲハ(黄揚羽)は名前のとおり黄色味を帯びたアゲハという雰囲気の蝶で、ユーラシアから北米まで北半球に広く分布しています。幼虫は多くのセリ科植物を食べるのでパセリやハーブ類が栽培される菜園から野性のシシウドなどが生える山地まで、国内でも低地から高山まで広い範囲に生息しています。特に本種のオスは山頂に集まる習性が強く、市街地周辺でもヒルトップのような見晴らしの良い場所に行くと、低木の枝先で羽を広げて止まっている姿がよく見られます。
 No.375号 2019.1 表紙のことば 中村 具見(岡山) 
   冬越しをするウラギンシジミ
    2017年11月10日  高梁市

 晩秋の渓谷を歩いていると道べりに生えたイタヤカエデの葉裏にウラギンシジミがいました。羽を閉じて逆さ向きに止まり,触角を前の羽の中にピタッと入れ込んで,枝を揺らしても微動だにしません。どうやらこのまま越冬するようです。幼虫はクズやフジなどのマメ科植物を食べるので,河川の堤防や里山の林縁などに広く生息しています。初夏から秋にかけて2~3回世代を繰り返して最後の世代が成虫で越冬します。
 No.374号 2018.12 表紙のことば 中村 具見(岡山) 
   晩秋のキタキチョウ
    2017年11月10日 高梁市

 キタキチョウは日本全国でもっとも普通に見られる蝶です。幼虫はネムノキをはじめ各種マメ科植物を食べ平地から山地まで様々な環境に広く生息しています。以前はキチョウという名前でしたが南西諸島に酷似した別種がいることが分かってキタキチョウと改められました。春から秋まで数世代を繰り返して,写真のように晩秋に羽化した蝶がそのまま成虫で冬越しします。真冬でも暖かい日には活動するので,ほぼ周年見られることになります。本州でもよく似た別種がいますが,普通に見ることができる黄色い蝶といえばまずこの蝶で間違いないと思います。
   No.373号 2018.11  表紙のことば 中村 具見(岡山) 
   落葉色したクロコノマチョウ
      2017年11月7日 笠岡市

 南方系のクロコノマチョウは,かつては四国・九州などの暖地にしか生息していませんでしたが,温暖化の影響か次第に分布を広げて現在では関東地方あたりまで見られるようになりました。夏から秋にかけて二回世代を繰り返し,晩秋に羽化した成虫がそのまま冬を越します。越冬世代の蝶は写真のように,この季節の雑木林の色合いに見事にマッチした衣装をまとっています。枯葉や落ち葉と見紛うような色彩はカモフラージュ効果抜群で,静かな林内を歩いている時に突然足元からこの蝶が舞い上がり驚かされることがしばしばあります。  

 
   No.372号 2018.10  表紙のことば 中村 具見(岡山) 
   海を渡る蝶 アサギマダラ
      2017年10月24日 玉野市

 アサギマダラ(朝葱斑)は羽の中央部が半透明の朝葱色をした大型の蝶です。近年はマーキング調査により、日本本土から南西諸島や台湾などの温暖な地域との間を長距離移動する「渡りチョウ」として有名になりました。毎年、初夏になって南方から飛来したチョウは山地の高原で世代を繰り返し、秋季になると日本列島を北から南へ移動します。ゆっくりと滑空するように飛んでフジバカマやヒヨドリバナなどに集まる優雅な姿がマスコミ等で取り上げられることも多くなりました。アサギマダラの通り道にあたる丘陵などにフジバカマを植栽して観察する所も増えています。
  

 
   No.371号 2018.9  表紙のことば 中村 具見(岡山) 
  崖で吸水するミヤマカラスアゲハ
         新庄村
  
 ウミヤマカラスアゲハ(深山烏揚羽)は、羽の表面に青緑色の鱗粉を散りばめた大型の蝶です。日本に生息するアゲハチョウの仲間では美麗種の一つとされており,蝶の人気投票を行うといつも上位にランクされます。ほぼ日本全土に分布しており、主に山地の渓谷などに生息しています。春と夏の年2回発生し,羽化したばかりのオスはミネラル分等を摂取するため、水がしみ出た崖や水辺などの湿地に集まって吸水する姿を見ることができます。また、真夏の渓谷を車で走ると,道べりで吸水している黒いアゲハチョウが驚いて舞い上がるのにしばしば出くわします


   No.370号 2018.8  表紙のことば 中村 具見(岡山) 
  「夏の草原を舞うウラギンヒョウモン」
  撮影日・撮影地)2017年7月1日新見市

ウラギンヒョウモン(裏銀豹紋)は山地に広く分布するタテハチョウの仲間です。ヒョウモンという名前はオレンジの地色に黒紋を配した紋様に因んだもので、似たような斑紋を有する近縁種が国内には10種以上知られています。その多くは幼虫がスミレ類を食べ、初夏から梅雨明けにかけて成虫が羽化します。ウラギンヒョウモンはこれらの中でもっとも普通に見られる種で、高原のアザミやオカトラノオなどの花上をこのチョウが群れ飛ぶ様は夏の風物詩とも言えます。


 
   No.369号 2018.7  表紙のことば 中村 具見(岡山) 
  「紫色の輝きを放つコムラサキ」
 撮影日・撮影地)2017年6月13日井原市

ヤナギを寄主植物とするコムラサキは、全国各地の河原や水路沿いなどで普通に見ることができます。また、街中の公園や緑道のようなところでもヤナギさえ生えていれば飛んでいるので、分布拡大能力は旺盛なようです。オスは枝先などに静止すると羽を開いて前方を監視するような体勢をとりますが、この時に斜め前方から見ると写真のような紫の幻光を放ちます。これは光の回折現象によるもので別の角度から見るとその色は消えてしまいます。私たちにとっては鮮やかな紫色ですが、蝶を捕食する天敵である鳥たちには目眩ましの効果があるとも言われています。


 
   No.368号 2018.6  表紙のことば 中村 具見(岡山) 
  「森の宝石 ミドリシジミ」
 撮影日・撮影地)2017年6月8日 総社市

湿地のハンノキ林を住処とするミドリシジミは全国に広く分布していますが、平地では都市開発等により低湿地にあった生息 地の多くが失われてしまいました。梅雨の頃に羽化した蝶は黄昏時になると緑色の羽をきらめかせながらハンノキの梢上を活 発に飛び交います。高所なのでキラキラと輝く蝶を遠目に見るだけですが,早朝、同じ場所に行くとメタリックな緑色に輝く 羽を広げて日光浴する姿を落ち着いて観察することができます。埼玉県では、ハンノキ林などの希少な原風景を象徴する生 物として「県の蝶」に指定されています。

 
   No.367号 2018.5  表紙のことば 中村 具見(岡山) 
  「庭を訪れたサトキマダラヒカゲ」
 撮影日・撮影地)2017年5月3日 倉敷市

サトキマダラヒカゲ(里黄斑日陰)は日本全土に広く分布する普通種です。
 名前の通り黄色と褐色の斑模様の蝶で、普通はほとんど日の当たらない木立の中で生活しています。それは幼虫が食べるネザサが沢山生えていて、成虫の好む樹液が得られるところだからです。雑木林から離れることはあまりありませんが、時折近くの集落にも姿をみせることがあります。昨年5月、ワラビ狩りに誘われた倉敷市郊外にある知人宅で山から下りて庭で一服していると、裏山から飛んできたこの蝶が土塀の瓦に止まり迎えてくれました。


   No.366号 2018.4  表紙のことば 中村 具見(岡山) 
  「早春の雑木林を舞うギフチョウ」
(撮影日・撮影地)2017年4月22日 美作市

ギフチョウ(岐阜蝶)は明治 16年に岐阜県で初めて発見 されたことに因んで和名が付けられました。「だんだら ちょう」という別名があってこちらの方が体を表している ように思いますが,現在はギフチョウで定着しています。 世界中で本州にだけ生息する原始的なアゲハチョウの仲間 で,東北地方から中国地方にかけての山地に局地的に分布 しています。年に一度だけ早春に羽化して,木々が芽吹く 前の明るい雑木林の中を軽やかに飛ぶ姿は「春の舞姫」と も呼ばれています。主な生息地が里山のような人手の加わ りやすい場所なので全国的に衰退傾向が著しく,国のレッ ドリストでは絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。 
           「蝶で表紙を飾る」
                              中村 具見

 地球上の全生物(約160万種)の凡そ6割(約 93万種)を占める昆虫は、もっとも繁栄した生物群といわれています。このうち蝶は世界中で約2万種が知られており、南北に細長い日本列島には亜熱帯から亜寒帯まで多彩な自然環境に適応して約240種もの蝶が生息しています。
 日中活動する蝶は私たちの目に触れることも多く、童謡に歌われたり家紋に用いられるなど昆虫の中でも特になじみ深いものと 言えます。ただ、アゲハやモンシロチョウのように春から秋まで身近な場所で発生を繰り返して普通に見ることのできる種はごく 一部に過ぎず、多くは生息地や出現期が限られるうえに運良く出会えても活発に飛び回ることが多いので、その美しい姿を実際に 見ることは容易ではありません。

 現在、岡山県における蝶の生息状況調査の傍ら、観察記録を残すために撮影を続けていますが、畏友角田創氏のお勧めもあって 平成30年度の表紙に取り上げていただくことになりました。いずれも昨年一年間に撮影したものの中から、成虫がほとんど活動しない冬季を除き、その月に相応しい季節感を表す蝶を選んでいます。四季折々に衣装を変えて可憐な姿をみせる「二つ折りの恋文」 (ヘルマン・ヘッセ)から、自然界の造化の妙を感じていただければ幸いです。 


 
 ぬかる道 2017.42018.3
  
題字・佐藤草雲  写真・絵 中山由利子 (川柳会・江風)
 
 
              表紙絵担当を終えるにあたり
                                中山由利子


 過ぎたればあっという間の一年でした。『ぬかる道』の表紙を飾 らせて頂き、充実した日々を過ごすことが出来ました。
 ありがとうございました。
 句会では仲間の皆さんから表紙絵を毎月楽しみにしていますとか、心を癒されておりますなどとお声かけやら励ましなどをたくさん頂きまして感謝しております。『ぬかる道』の題字も素晴らしく私の絵とマッチして、是非表紙絵が欲しいと言って誌友になって下さった友人もあって、いっぱいの幸せを貰いました。この齢 まで続けてきたスケッチが川柳と出会ったお蔭で、思いがけず表紙という形でまた生かされて、花を咲かせてくれた様に思いまし た。
 句はまだまだの私ですが、皆さん親切でいろんな吟行会にも参加させてもらい、「小さな旅」を楽しみながら、時折選者役も体験 させてくださったりと学ぶことがたくさんあります。これからも今以上に健康に気をつけて長く続けてゆけることがこの上なく幸せなことだとしみじみ感じているこの頃です。この先も自分らし い川柳の句を無理せず続けてゆきたいと願っております。
 これからもどうぞよろしくお願い致します。
 
No.365号 2018.3 
 
 
 No.363号 2018.1   No.364号 2018.2 
 
 No.361号 2017.11  No.362号 2017.12
 No.359号 2017.9  No.360号 2017.10


 
 ぬかる道 2017.42018.2
  
題字・佐藤草雲  写真・絵 中山由利子 (川柳会・江風)
 
 
表紙絵担当を終えるにあたり
             中山由利子

過ぎたればあっという間の一年でした。『ぬかる道』の表紙を飾 らせて頂き、充実した日々を過ごすことが出来ました。 ありがとうございました。 句会では仲間の皆さんから表紙絵を毎月楽しみにしていますとか、心を癒されておりますなどとお声かけやら励ましなどをたくさん頂きまして感謝しております。『ぬかる道』の題字も素晴らしく私の絵とマッチして、是非表紙絵が欲しいと言って誌友になって下さった友人もあって、いっぱいの幸せを貰いました。この齢 まで続けてきたスケッチが川柳と出会ったお蔭で、思いがけず表紙という形でまた生かされて、花を咲かせてくれた様に思いまし た。 句はまだまだの私ですが、皆さん親切でいろんな吟行会にも参加させてもらい、「小さな旅」を楽しみながら、時折選者役も体験 させてくださったりと学ぶことがたくさんあります。これからも今以上に健康に気をつけて長く続けてゆけることがこの上なく幸せなことだとしみじみ感じているこの頃です。この先も自分らし い川柳の句を無理せず続けてゆきたいと願っております。 これからもどうぞよろしくお願い致します。 
No.365号 2018.3 
 
 
 No.363号 2018.1   No.364号 2018.2 
 
 No.361号 2017.11  No.362号 2017.12
 No.359号 2017.9  No.360号 2017.10
 
 No.357号 2017.7  No.358号 2017.8
   
 No.355号 2017.5  No.356号 2017.6
 表紙を飾る幸せを   
     中山由利子さん
    (川柳会・江風)


    
今月号から表紙の作者が
交替しました。
   

 No.354号 2017.4

                  ぬかる道」表紙によせて 
              本誌の表紙を飾るにあたり

                
 No.346ぬかる道 2015.42017.3
  
題字・佐藤草雲  写真・文 熊谷 勇(ほのぼの川柳会)
 
 
 画材が今ほど広く一般化した時代は過去にありません。これからは絵の世界も「趣味の人たちの時代」だと強く確信しております。
 そんななかでスケッチというのは本当に誰もが気軽に始められ、絵を描く楽しさを体験できるものだと思います。
 一方でスケッチは始めてみると川柳と同じく、その奥は広く続いていて「これでよし」という終わりが無いのにも気づかされます。だからこそ、生涯の趣味として大いに楽しめるのだと思います。旅のスケッチ、スケッチ散歩、日常のスケッチなど、さまざまな場面で四季にまとめました。その中に、この場所へは一度行ったことがあるよ…でしたら幸せです。
 なお、表紙を飾るにあたりたくさんの方々に推薦をいただき、この場をお借りして改めてお礼申し上げます。
 
  旅先や街角でスケッチしていると、ただ通り過ぎるだけでは気付かない発見があります。何処からともなく漂って来る微かな花の香りや鳥の声、遠い町の騒めき、風の音…。 
  しかして、自宅に戻って其のスケッチを開いた時、不思議な位に鮮やかにその時間が蘇ってきます。喩え其処に描かれているのが一本の線だけでも、それを描いた僅かな時間の経過は紛れもなくスケッチブックに刻まれました。それは描いた本人にとって掛替えのない思い出となり、巧拙の評価とは無関係に貴重なものとして手元に残りました。 
  私の尊敬する画家に中川一政氏(洋画家)がいます。随筆でも知られるが『花下忘帰』という本に、「下手上手を気にするな、上手でも死んでいる画がある。下手でも生きている画がある」と述べている。 
  今考え合わせると、氏の言葉があってこそ続けることが出来ました。三月号を以って、本誌『ぬかる道』の表紙絵の担当を終了致しました。 
 二年間にわたって、会員方々の温かい励ましの言葉や応援をいただき誠に有難うございました。この場をお借りいたしまして心からお礼申し上げます。      熊谷 勇(ほのぼの川柳会)   誰もが楽しめるスケッチ      表紙絵担当を終えるにあたって   
   
 No.352号 2017.2  No.353号 2017.3
 
 No.350号 2016.12  No.351号 2017.1
 
 No.348号 2016.10  No.349号 2016.11
   
 No.346号 2016.8  No.347号 2016.9
 
 No.344号 2016.6  No.345号 2016.7
   
 No.342号 2016.4  No.343号 2016.5
   
 No.340号 2016.2  No.341号 2016.3
 
 No.338号 2015.12  No.339号 2016.1
 
 No.336号 2015.10  No.337号 2015.11
 
 No.334号 2015.8  No.335号 2015.9
 
 No.332号 2015.6  No.333号 2015.7 
 No.330号 2015.4  No.331号 2015.5 
 





                  ぬかる道」表紙によせて 
              日立海浜公園のネモフィラ

                
 No.329ぬかる道 2015.3
  
題字・佐藤草雲  写真・文 浅井徳子
 

★ひたち海浜公園

 国営ひたち海浜公園は、茨城県ひたちなか市にあり190ヘクタールの広さがあります。交通は常磐線勝田駅から茨城交通バス約20分の所です。
 3月下旬から5月中旬に掛けて、水仙・チューリップ・ネモフィラが、それぞれの場所で花を咲かせます。
 4月中旬から5月中ごろにかけて、3.5ヘクタールもの広大な見晴らしの丘一面に、450万本ものネモフィラの青い花が広がります。幾つもの丘の斜面が青くなり、斜面を登りやすいように斜めや横に付けた道に、車椅子の方や子供たちが立ち止って眺めています。小さな花ですので青一色といっても微妙に違います。蒼・藍・紺・紫・白に芯だけ青いもの、沢山の種類の花がありました。
 丘の上まで登ってみました。網が張ってあり行き止まりでしたが、海が見えました。振り返って高い所から見るネモフィラも、幾つもの青い丘が見渡せて素晴らしいものでした。
 ふと この花たちは咲いた後どうなるのかと思いました。広い所なので自然に種が落ちるのかなとか…秋に赤くなるコキア(ほうき草)の場所?など管理をする方に聞いてみました。花の後二週間程かけて草を刈り整地をします。ネモフィラの後は、秋のためにコキアの苗を植えます。和名ほうき草は秋になると赤くなります。太陽の当たり方によって赤からピンクですが、今度は青から赤い丘になります。コキアの後は、ネモフィラの種を蒔くというように同じ場所を利用しているようです。綺麗な花たちに会えるのも手入れをして下さる方のおかげと思いました。
 今月で一年間の花の写真が終わります。私の写真を見て頂いた皆様方、毎月の花についてお調べいただいた山本由宇呆様にお礼を申し上げます。私にとって思いがけない貴重な一年でした。有難う御座いました。

★ネモフィラについて
  科・属 名: ムラサキ科ネモフィラ属【ハゼリソウ科ネモフィラ属】とも。
  和 名: 瑠璃唐草(ルリカラクサ)
  英 名:Baby blue eyes, Nemophila, Five spot
  原産 地: 北アメリカ
  色: 青、白
  開 花時期: 3月~5月
  出回り時期: 3月~4月
  誕 生 花: 1月28日、2月21日

★花の詳細:Wikipedia

 英名では「Baby blue eyes(赤ちゃんの青い瞳)」ともいいます。
 その名のとおり、青い花の中心が白くなるネモフィラ・メンジーシー(園芸品種はインシグニスブルー)や花びらの先に青紫色の斑点が入るネモフィラ・マクラーターが多く出回ります。また、濃紫で花びらの先には白い縁取りが入るネモフィラ・ペニーブラックもあります。
 北アメリカに10数種が分布する、花後に枯れる一年草です。秋にタネをまくと春に花を咲かせます。草丈はあまり高くなりませんが、細かく枝分かれして横方向によく茂ります。
 花色は青空のようなブルー、白、黒に近い濃紫などで、満開時は株を覆うくらいの花を付けます。1株でもボリュームが出ますが、複数株植えると満開時は見事で花壇に適しています。ひたち海浜公園の群植は有名です。
 葉っぱは細長くて細かく切れ込み、そこからルリカラクサの和名があります。
属名のネモフィラはギリシア語のネモス(森)とフィレオ(愛する)の2語からなり、森林の周辺に自生することにちなみます。

★花言葉 「可憐」「清々しい心」「荘厳」「どこでも成功」

★ギリシャ神話
 「あの美しい娘と結ばれるなら婚礼の夜に生命を捧げてもよい」恋する若者は、毎日のように神に祈っていました。
 願いが叶って、めでたく婚礼の夜を迎えたものの婚礼後、若者は神へ命を捧げることになります。
 そして、残された花嫁は、冥界まで一日だけの結婚相手を訪ねて行きます。
 けれども、生命あるものに冥界の門は開くことはありません。
 門の前に座ったままの花嫁を憐れんだ冥王は、彼女を可憐な青い花に変えたということ。
 この一輪の青い花が、ネモフィラです。
                             (文責……山本由宇呆)