ぬかる道 2017.42017.8
  
題字・佐藤草雲  写真・絵 中山由利子 (川柳会・江風)
 
 
 
 No.357号 2017.7  No.358号 2017.8
   
 No.355号 2017.5  No.356号 2017.6
 表紙を飾る幸せを   
     中山由利子さん
    (川柳会・江風)


    
今月号から表紙の作者が
交替しました。
   

 No.354号 2017.4

                  ぬかる道」表紙によせて 
              本誌の表紙を飾るにあたり

                
 No.346ぬかる道 2015.42017.3
  
題字・佐藤草雲  写真・文 熊谷 勇(ほのぼの川柳会)
 
 
 画材が今ほど広く一般化した時代は過去にありません。これからは絵の世界も「趣味の人たちの時代」だと強く確信しております。
 そんななかでスケッチというのは本当に誰もが気軽に始められ、絵を描く楽しさを体験できるものだと思います。
 一方でスケッチは始めてみると川柳と同じく、その奥は広く続いていて「これでよし」という終わりが無いのにも気づかされます。だからこそ、生涯の趣味として大いに楽しめるのだと思います。旅のスケッチ、スケッチ散歩、日常のスケッチなど、さまざまな場面で四季にまとめました。その中に、この場所へは一度行ったことがあるよ…でしたら幸せです。
 なお、表紙を飾るにあたりたくさんの方々に推薦をいただき、この場をお借りして改めてお礼申し上げます。
 
  旅先や街角でスケッチしていると、ただ通り過ぎるだけでは気付かない発見があります。何処からともなく漂って来る微かな花の香りや鳥の声、遠い町の騒めき、風の音…。 
  しかして、自宅に戻って其のスケッチを開いた時、不思議な位に鮮やかにその時間が蘇ってきます。喩え其処に描かれているのが一本の線だけでも、それを描いた僅かな時間の経過は紛れもなくスケッチブックに刻まれました。それは描いた本人にとって掛替えのない思い出となり、巧拙の評価とは無関係に貴重なものとして手元に残りました。 
  私の尊敬する画家に中川一政氏(洋画家)がいます。随筆でも知られるが『花下忘帰』という本に、「下手上手を気にするな、上手でも死んでいる画がある。下手でも生きている画がある」と述べている。 
  今考え合わせると、氏の言葉があってこそ続けることが出来ました。三月号を以って、本誌『ぬかる道』の表紙絵の担当を終了致しました。 
 二年間にわたって、会員方々の温かい励ましの言葉や応援をいただき誠に有難うございました。この場をお借りいたしまして心からお礼申し上げます。      熊谷 勇(ほのぼの川柳会)   誰もが楽しめるスケッチ      表紙絵担当を終えるにあたって   
   
 No.352号 2017.2  No.353号 2017.3
 
 No.350号 2016.12  No.351号 2017.1
 
 No.348号 2016.10  No.349号 2016.11
   
 No.346号 2016.8  No.347号 2016.9
 
 No.344号 2016.6  No.345号 2016.7
   
 No.342号 2016.4  No.343号 2016.5
   
 No.340号 2016.2  No.341号 2016.3
 
 No.338号 2015.12  No.339号 2016.1
 
 No.336号 2015.10  No.337号 2015.11
 
 No.334号 2015.8  No.335号 2015.9
 
 No.332号 2015.6  No.333号 2015.7 
 No.330号 2015.4  No.331号 2015.5 
 





                  ぬかる道」表紙によせて 
              日立海浜公園のネモフィラ

                
 No.329ぬかる道 2015.3
  
題字・佐藤草雲  写真・文 浅井徳子
 

★ひたち海浜公園

 国営ひたち海浜公園は、茨城県ひたちなか市にあり190ヘクタールの広さがあります。交通は常磐線勝田駅から茨城交通バス約20分の所です。
 3月下旬から5月中旬に掛けて、水仙・チューリップ・ネモフィラが、それぞれの場所で花を咲かせます。
 4月中旬から5月中ごろにかけて、3.5ヘクタールもの広大な見晴らしの丘一面に、450万本ものネモフィラの青い花が広がります。幾つもの丘の斜面が青くなり、斜面を登りやすいように斜めや横に付けた道に、車椅子の方や子供たちが立ち止って眺めています。小さな花ですので青一色といっても微妙に違います。蒼・藍・紺・紫・白に芯だけ青いもの、沢山の種類の花がありました。
 丘の上まで登ってみました。網が張ってあり行き止まりでしたが、海が見えました。振り返って高い所から見るネモフィラも、幾つもの青い丘が見渡せて素晴らしいものでした。
 ふと この花たちは咲いた後どうなるのかと思いました。広い所なので自然に種が落ちるのかなとか…秋に赤くなるコキア(ほうき草)の場所?など管理をする方に聞いてみました。花の後二週間程かけて草を刈り整地をします。ネモフィラの後は、秋のためにコキアの苗を植えます。和名ほうき草は秋になると赤くなります。太陽の当たり方によって赤からピンクですが、今度は青から赤い丘になります。コキアの後は、ネモフィラの種を蒔くというように同じ場所を利用しているようです。綺麗な花たちに会えるのも手入れをして下さる方のおかげと思いました。
 今月で一年間の花の写真が終わります。私の写真を見て頂いた皆様方、毎月の花についてお調べいただいた山本由宇呆様にお礼を申し上げます。私にとって思いがけない貴重な一年でした。有難う御座いました。

★ネモフィラについて
  科・属 名: ムラサキ科ネモフィラ属【ハゼリソウ科ネモフィラ属】とも。
  和 名: 瑠璃唐草(ルリカラクサ)
  英 名:Baby blue eyes, Nemophila, Five spot
  原産 地: 北アメリカ
  色: 青、白
  開 花時期: 3月~5月
  出回り時期: 3月~4月
  誕 生 花: 1月28日、2月21日

★花の詳細:Wikipedia

 英名では「Baby blue eyes(赤ちゃんの青い瞳)」ともいいます。
 その名のとおり、青い花の中心が白くなるネモフィラ・メンジーシー(園芸品種はインシグニスブルー)や花びらの先に青紫色の斑点が入るネモフィラ・マクラーターが多く出回ります。また、濃紫で花びらの先には白い縁取りが入るネモフィラ・ペニーブラックもあります。
 北アメリカに10数種が分布する、花後に枯れる一年草です。秋にタネをまくと春に花を咲かせます。草丈はあまり高くなりませんが、細かく枝分かれして横方向によく茂ります。
 花色は青空のようなブルー、白、黒に近い濃紫などで、満開時は株を覆うくらいの花を付けます。1株でもボリュームが出ますが、複数株植えると満開時は見事で花壇に適しています。ひたち海浜公園の群植は有名です。
 葉っぱは細長くて細かく切れ込み、そこからルリカラクサの和名があります。
属名のネモフィラはギリシア語のネモス(森)とフィレオ(愛する)の2語からなり、森林の周辺に自生することにちなみます。

★花言葉 「可憐」「清々しい心」「荘厳」「どこでも成功」

★ギリシャ神話
 「あの美しい娘と結ばれるなら婚礼の夜に生命を捧げてもよい」恋する若者は、毎日のように神に祈っていました。
 願いが叶って、めでたく婚礼の夜を迎えたものの婚礼後、若者は神へ命を捧げることになります。
 そして、残された花嫁は、冥界まで一日だけの結婚相手を訪ねて行きます。
 けれども、生命あるものに冥界の門は開くことはありません。
 門の前に座ったままの花嫁を憐れんだ冥王は、彼女を可憐な青い花に変えたということ。
 この一輪の青い花が、ネモフィラです。
                             (文責……山本由宇呆)