戻る

東葛川柳会佐原吟行句会
 
2008年4月12日
 
吟行案内
宿題「地図」   阿部 巻彌選 宿題「年下」   水井 玲子選
イージス艦地図はいらないマイウェー
地図買うかもう合併はないだろう
患って明日の地図を描きかえる
持ってますあの時の地図白いまま
虹色のクレパスで塗る未来地図
分譲へイラスト入りのでかい地図
国境の向こうの水は甘いとか
日本語のマップでパリをのし歩く
全国に銀座と冨士のある日本
風に吹かれて地図も磁石もない旅路
退院のその日に変えるぼくの地図
世界地図さげて行きます国技館
白地図をどう染めようと十二色
人生の地図の花咲く君がいる
地図のない村には有った広い空
助手席へ牽制球のナビの意地
僕の家大きく書いて地図出来る
桃色の地図ルンルンのハネムーン
定年の地図に矢印などはない
等高線喘ぎ登った夫婦旅
自分史の地図に埋め込む不発弾
ケータイで僕の居る場所知る時代
父母が越えた山河の雪月花
カーナビに口応えする工事中
白地図を俺流で塗る第二章
訳あって地図にない道走ります
平蔵が抜け出し駆ける江戸の春
四島を書き入れる日を地図が待ち
善人が地図を片手にやって来る
地図展げさくらさくらを追いかける
ウォークラリー地図はボクらの羅針盤
飛び地の図祖の対立を斯くと見る
クレヨン画秘密の基地を太く画く
丁寧に描いてくれたが行き着かぬ
白地図に未だ書きたりぬ足の跡
欲しいのはあなたのハートまでの地図
居酒屋の抜け道があるボクの地図
地図のない旅が始まる若夫婦
聖火より火花が目立つ世界地図
地図持って尋ねた老舗消えていた
湯めぐりの地図野仏も湯桶持ち
民族の境界線は地図に無い
地図読める人で夫にすると決め
わたくしの地図に無かった水たまり
飼い主を迷路へ誘うポチの地図
人生のナビは女房の筆次第
カーナビが潰れた店を教えてる
ナビにないふるさとの道帰れない
徘徊の地図に帰りの道がない
略図書いて随所に母の注意書き
頼るなと医療マップが言っている
定年後夫と別の地図を持ち
アップダウンこんなにあった母の地図
   軸
地球儀の色まで変える独裁者
佐竹  明
長根  尉
菅井 京子
笠松八千代
松本 晴美
山本由宇呆
中澤  巌
長根  尉
日下部敦世
折原 あつじ
阿部 正子
有馬 靖子
田辺サヨ子
上田 正義
川瀬 幸子
布佐 和子
新田 風子
船本 庸子
江畑 哲男
宮内みの里
上田 正義
水井 玲子
上田 正義
山本由宇呆
松本 晴美
伊藤 春恵
上西 義郎
笹島 一江
江畑 哲男
大西 豊子
日下部敦世
本間千代子
長尾 美和
安川 正子
中沖 明人
川崎 信彰
海東 昭江
阿部離らっくす
阿部離らっくす
関  玉枝
近藤 秀方
永井しんじ
永井しんじ
田辺サヨ子
布佐 和子
阿部 正子
阿部離らっくす
海東 昭江
近藤 秀方
山口  幸
伏尾 圭子
船本 庸子
笹島 一江

阿部 巻彌
お世辞でも姉妹と聞かれ母歓喜
息子さんですかと言われくさる妻
年下に負けて引退意識する
年下の上司ばかりで気が重い高
年若な上司にきつい叩き上げ
兄を見て要領よくて叱られぬ
後輩にした親切は受け継がれ
二次会の赤後輩に泣きつかれ
年下が多くてショック死亡欄
肩書きが取れ後輩の座に並び
年の差を埋める化粧が疲れはて
年下に見られた妻の有頂天
悪友を口惜しがらせるわか〜い嫁
この野郎十五も下の妻もらい
還暦を羨む後期高齢者
年下の妻の介護をする老後
年下の夫のお陰ぴんとしゃん
後輩に箱根の汗を継ぐタスキ
年下はいいな兄だけ叱られる
文学少女年下だけどませていた
半年の違い年下主張する
後輩のおだてに酒が高くつく
年下の上司が俺に気を遣う
後輩が飛び越してゆくサバイバル
年下の夫威張った後詫びる
歳の差へちょっと疲れるラブゲーム
新入りが職場の空気かき回す
年下の亭主意外とふけている
年下に社でも家でも仕えてる
年下の上司敬語で言いつける
分校がやっと迎えたランドセル
若い娘が隣りに座り気もそぞろ
金の草鞋履いた女房舵を取り
年下と見られ男は悔しがり
スキップで姉のあと追うランドセル
年下に教えを仰ぐ二度の職
年上の婿が父さんなんて呼び
年下の部下へ無口になっている
年下が名付けた後期高齢者
老人会若造ですと胸を張る
年下の先輩もいる趣味の会
ちゃっかりと借りてる姉の一張羅
採用は一名若い方に決め
登校の列ピカピカを中に入れ
   軸
聞いていた弟先に九九唱え
角田  創
安川 正子
中澤  巌
橋  半眼
笹島 一江
浅井 徳子
永峰 宣子
江畑 哲男
中沢 広子
笠松八千代
布佐 和子
関  玉枝
上田 正義
二宮 啓市
阿部離らっくす
川村 安宏
上西 義郎
中沖 明人
近藤 秀方
船本 庸子
船本 庸子
松本 晴美
松本 晴美
長谷川庄二郎
永井 しんじ
江畑 哲男
角田真智子
角田  創
川崎 信彰
菅井 京子
関  玉枝
角田真智子
山本 千美
藤沢今日民
河野 桃葉
伏尾 圭子
宮内みの里
海東 昭江
新井季代子
山本 千美
笹島 一江
松本 晴美
長根  尉
宮内みの里

水井 玲子
 
 
宿題「グルメ」   中沢 広子選 「嘱目吟」   江畑 哲男選
吟行の楽しみ今日はうなぎとか
グルメ党今日はデパ地下試食行き
財布痩せグルメ散策体肥え
三つ星に負けない路地の長い列
グルメ旅帰った夜はお茶漬に
グルメにはしない粗食の子に育て
一番は家の茶漬けとグルメ通
缶詰は匂いを嗅いで食べぬ犬
メタボにはグルメ番組目の毒だ
デパ地下の試食で舌を鍛えてる
パティシエのチーズケーキを取り寄せる
グルメ対決それよりまさる母の味
目の御馳走たんと食べてる芽吹き時
本当のグルメは箸で召し上がれ
コンテスト私の舌は世界一
グルメとは別れましたと血糖値
外食にチビッ子グルメ舌たしか
グルメだが時々食べるカップめん
東京で世界の味を食べ尽くす
美食家を成人病が離さない
グルメ旅終ればこわい血糖値
安全が美味い料理を駆逐する
飽食の街でグルメの舌が酔う
美食家にブレーキかけるメタボ腹
魯山人気取りで皿の絵柄ほめ
能書きは程々にして食べましょう
美食家も産地たしかめ命がけ
学食を採点してる評論家
自称グルメ味が色がと小煩い
食通を名乗る割には握り箸
パパごめん昼のホテルのフルコース
雀いわく同じ米ならコシヒカリ
教えたくないがとグルメ地図を見せ
お袋の味グルメの舌を唸らせる
星つきのお招れ借りをまた増やす
駅弁を目当てに旅の途中下車
毛筆のメニューだ味はいいらしい
グルメには隠していたい店がある
オバサンの舌はグルメの生き字引
能書きもつめこみグルメ顔を売り
車座の鍋がグルメと母の笑み
旨いもの講釈付けて食べ歩き
一滴へ妥協をしないシェフの舌
   軸
捕れたてを食す漁師に勝てぬ舌
藤沢今日民
笠松八千代
折原 あつじ
阿部 正子
橋本 一水
加藤 品子
新田 風子
永峰 宣子
佐藤権兵衛
角田真智子
関  玉枝
大戸 和興
川村 安宏
江畑 哲男
浅井 徳子
笹島 一江
笹島 一江
阿部離らっくす
宮内みの里
高橋 半眼
長尾 美和
長谷川庄二郎
松本 晴美
佐竹  明
永井しんじ
角田  創
折原 あつじ
長根  尉
有馬 靖子
松本 晴美
上田 正義
川村 安宏
近藤 秀方
山本 千美
大西 豊子
関  玉枝
櫛部 公徳
角田  創
大西 豊子
藤井 成子
櫛部 公徳
中沖 明人
阿部 巻彌

中沢 広子
遠足と吟行前夜眠れない
電車から会話がはずむ吟行会
新しいジーパン弾む吟行日
吟行会まず酒蔵に吸い込まれ
吟行の日にふさわしい佐原晴れ
忠敬のロマンの草鞋は日本地図
燃えよ胸忠敬の志も晩年だ
杉玉が挨拶してる酒の蔵
母と見た柳はもっと柳色
酒蔵で醪と言う字を先ず覚え
お囃子が何処か聞こえる蔵の町
川辺りに柳がそよと春告げる
小野川のほとり江戸へと酒送る
酒むろに入り糀で千鳥足
甘酒の旬飲兵衛が寄ってくる
叶飲み草餅食べて夢心地
忠敬はマスオさん等の鏡だね
親しみのちゅうけいさんが温かい
水嵩が増えて水郷風情増す
晩酌の分まで呑もう試飲会
説明もいいが試飲はまだかいな
酒造法聞いていません試飲待ち
仕込み樽百才迄の酒を貯め
佐原から佐原を奪う新市名
涼しげに人を迎える紺暖簾
人生に遅い事なし伊能地図
若みどり桜ふぶきとたわむれて
長算盤国家予算も弾くほど
撮影もある小野川のメロドラマ
利酒に迷句浮かべて春ほろり
晩学の鏡と知った地図作り
カーナビで来て忠敬に叱られる
船を待つ柳の下で女です
小野川と絵になるような家並び
暑い春南部杜氏の意気を飲む
旨い酒酵母も米をより好み
店名も古い名前がついている
酒好きの夢を叶えた吟醸酒
試飲して老若男女活気づく
学問のうねり感じる江戸中期
昼のうなぎ留守居亭主に詫びて食べ
蔵元で下戸は甘酒うまく飲み
舟めぐりこたつも用意できまして
醗酵が静かに進む仕込み蔵
繁栄の往時をしのぶ川柳
酒蔵に香りほんのり下戸の酔い
国税庁から表彰された醸造酒
東葛の貸切りとなる銚子行き
外国語の説明もある記念館
小野川に人待ち顔のもやい舟
成田から佐原へ美人専用車
前期後期線引きのないうなぎ重
一滴一滴勘定しながら呑む叶
忠敬の蔵書に一つ「ぬかる道」
利酒で杜氏は酔って寝てしまい
ワカメみたいゆらゆら揺れる柳達
木々の葉も幼さ醸す萌黄色
ゆく春を惜しむがごとく姥桜
晩学の夢忠敬に背を押され
万歩計忠敬さんにこそ似合う
若柳江戸の匂いのする佐原
忠敬は金があったんだと思う
六十人分の煙に迎えられ
どぶろくがまだあったのと戦中派
遠足に車窓華やぐ趣味の連れ
うなぎ屋でうなぎの出自問いただす
東京へ佐原九万八千歩
甘酒がホコホコ喉を通り過ぎ
歴史ある街もシャッター降ろしてる
忠敬に怠けた背中叱咤され
柳青める水辺の街の懐かしき
  これより秀句
桃割れの少女に戻る蔵の町
世が世なら忠敬様のおっかけに
彼とならかくれんぼする仕込み蔵
伊能家の養子は常に家をあけ
四百年昔日本は丸かった
春小江戸街は大人の佇まい
すぎ玉をくぐると酒の精に逢う
ちょんまげが顔を出しそな長暖簾
実直な歩幅が描いた日本地図
すべて良しとしよう鰻が旨いから
古時計にひかれ昭和へ迷い込む
   軸
情緒という童話そちこちから聞こえ
川村 安宏
折原 あつじ
船本 庸子
川崎 信彰
角田  創
橋本 一水
堀  輝子
田辺サヨ子
河野 桃葉
大戸 和興
加藤 品子
野澤  修
永峰 宣子
佐竹  明
長尾 美和
吉田 恵子
本間千代子
本間千代子
菅井 京子
中沢 広子
阿部 巻彌
高橋 半眼
櫛部 公徳
阿部離らっくす
山口  幸
藤井 成子
中村 圀夫
山本 千美
阿部 正子
三浦 芳子
新井季代子
松本 晴美
新田 風子
伊藤 春恵
上西 義郎
中沖 明人
二宮 啓市
長根  尉
角田真智子
安川 正子
有馬 靖子
関  玉枝
中澤  巌
藤沢今日民
佐藤権兵衛
笠松八千代
水井 玲子
浅井 徳子
浅井 徳子
上田 正義
上田 正義
大西 豊子
大西 豊子
長谷川庄二郎
長谷川庄二郎
池谷 聰美
池谷 聰美
宮内みの里
宮内みの里
村田 倫也
村田 倫也
山本由宇呆
山本由宇呆
笹島 一江
川瀬 幸子
近藤 秀方
河野 海童
伏尾 圭子
海東 昭江
中川 洋子
日下部敦世

布佐 和子
笹島 一江
川瀬 幸子
近藤 秀方
河野 海童
伏尾 圭子
海東 昭江
中川 洋子
永井 しんじ
古川 茂枝
日下部敦世

江畑 哲男
 
  
 
小江戸「佐原」への吟行会
有馬靖子

 四月十二日(土)は、前々日に日本列島を襲った春嵐が夢のように思えるくらい晴れ渡り、絶好の吟行会日和になった。
 「佐原は江戸時代に利根川水運の河港として栄え、小江戸と呼ばれたところで、今もその面影を伝える家並みが町中に残り、当時を偲ぶことが出来る。歴史の古い酒蔵、日本初の実測地図を作った伊能忠敬の旧宅や記念館も見られる。」との吟行会へのお誘いに、佐原を訪ねたことがない私は飛び付いて参加させてもらった。しかし、武蔵野市に住むので佐原までは柏集合の本隊とは別行動。吉祥寺駅からJR中央・総武・成田線を乗り継ぎ、家を出てから三時間ちょっと掛かって佐原駅着。でも無事に本隊とドッキングでき、ホッとしたのだった。
参加者六十五名で、先ずは街並の散策。旧街道を活かしたカーブの続く狭い通りを行くと、黒い横板羽目や連子格子のある民家、右書きの看板を掲げた老舗などが道路の両側に並び、昔の雰囲気が感じられた。
 十分ぐらい歩くと大きな酒林を掲げる「東薫酒造」があった。創業は江戸後期(文政八年・1825)、今から一八三年前。そう言えば佐原は古くから酒や醤油造りが盛んで、酒では「佐原は吟醸造りに手堅いものがある」との評を耳にしたことがあり、この蔵も全国新酒鑑評会で金賞を十回も受賞しているという。今は丁度酒が出来上がるころだそうで、作業は見られなかったが、タンクが林立する貯蔵庫の中を解説してもらいながら一回りした後、大吟醸「叶」を試飲。早速嘱目吟を手帳に書き留める人もあちこちに見られた。
蔵を後にして五分ほど歩くと、市の中心部を流れる小野川べりへ出た。この辺りは水運が盛んだった頃の面影がよく残る。川の両側には土蔵造り、黒瓦屋根の河岸問屋が並び、川岸には荷の積み降ろしに利用した石造りの台や石段がそこかしこに見える。
 「伊能忠敬旧宅」と「伊能忠敬記念館」は、この川に架かる忠敬橋の袂にあった。忠敬は十八歳から三十二年間佐原に住み、家業の酒造りと米取引に精出していたが、五十歳で隠居。江戸に出て天文学や暦学を学び、五十六歳から七十二歳まで日本各地を行脚、実測による初の日本地図を作ったことは良く知られる。旧宅は江戸時代の建物で、国指定の史跡になっていて、入室はできるが老朽化で中には何もない。
記念館は小野川を挟んだ向かい側に建つ倉庫のような建物。もとは旧宅の敷地内にあったが、施設の老朽化で展示品の保存が心配されたため、平成十年に開館したのだそうな。館内には、忠敬の実測地図、測量器具などが保管され、海岸線を主に描いた「大日本沿海興地全図」だけでも二百十四枚あるので、数枚ずつ取り替えながら展示しているという。
 街のムードに取り憑かれての二時間の散策があっという間に経ち、句会場の「うなぎ割烹山田」で昼食。投句を済ませると、披講が始まる十五時十五分まではフリータイム。今度は佐原土産を見てこようと駅前で買ったマップを手に独り歩き。句会場のすぐ近くに佐原名産「すずめ焼き」の看板を見つけ、雀の焼き鳥なんて今時珍しいので入ってみると、なんと小魚を串に刺してタレ焼きにしたものがズラリ。店の人に尋ねると「昔、小ブナの背開きを竹串に刺しタレを付けて焼いたものを、殿様が見て、これは雀を焼いたものかと訊かれたのが、スズメ焼きの始まり」と、ネーミングの由来を話してくれた。
 句会場に戻って待ちかねた披講の開始。先ずは宿題の「地図」を、ゲスト選者の「川柳道吟社」主幹の阿部巻彌先生。お仲間の、中沖明人(あきと)、高橋半眼(はんがん)、安部離らっくす(りらっくす)、新田風子(ふうこ)、阿部正子(まさこ)、山本千美(せんび)、笠松八千代(やちよ)の七人のサムライを引き連れてのご参加。「どうして私が選ばれたんでしょうか……」などと笑わせながら朗らかな披講。続いて宿題「年下」を当会幹事・水井玲子、宿題「グルメ」を同じく当会幹事・中沢広子。最後の嘱目吟は当会代表・江畑哲男。終始爆笑と拍手の渦で大いに盛り上がった。
 「お江戸見たけりゃ佐原へござれ」と言われ、今も江戸情緒たっぷりの佐原への吟行会に参加できて本当に良かったと、この文を書きながら思い出している。