戻る

20周年特集
 
新ホームページのスタートに寄せて
(『ぬかる道』誌に見る東葛川柳会のIT化史)
  
山 本 由 宇 呆


 
Ⅰ、IT化指向への発端
 
 「東葛川柳会の新しいホームページのスタートを宣言します。」
当会の初代代表・今川乱魚最高顧問の力強い宣言で、2007年8月25日の当会記念句会に於いて、当会ホームページは、リニューアル・オープンした。乱魚最高顧問は当会発足当時から、会運営の情報化を指向し、積極的に推進を指導されて来た。機関誌『ぬかる道』誌の表紙の下段に「本誌に載った川柳はすべてコンピュータ・データベースに登録されます」と書いてある。このデータベースについての記述が最初に見えるのは、1992年5月号(通算55号)の巻頭言(乱魚筆)である。この巻頭言を読んでいて、ちょっと待てよ、と思う言葉に出会った。それは「短文芸バンク」という言葉である。この言葉が何時から誌上に出てきたか。ドンドン遡っていくと、驚く無かれ、『ぬかる道』第一号の更に前号(準備号)にこの言葉を見つけた。「句会の進め方ABC」という記事の最後に、「撰者が選んだ句は、会報『ぬかる道』に印刷して…(中略)……参加者にお配りします。またいい句はコンピュータによる「短文芸バンク」に登録し、電子媒体を通じても一般の目に触れやすくします。」とあり、次頁にこのバンクから打ち出された「秋」の川柳が、2頁に亘って載っている。実に会の発足前から、IT化活動が始まっていたのである。
(註……「短文芸バンク」とは、乱魚代表(当時)が個人的にご自分のコンピュ―タに登録されたファイルで、川柳に限らず、俳句、短歌などが含まれ、作者、テーマ(題、または言葉)、句をキーとして検索可能。…『ぬかる道』1998年8月号、9頁)

 
Ⅱ、ワープロ、パソコンの普及
 
 ご存知のようにコンピュータは電子計算機ともいうくらいで、計算能力がべらぼうに速い。また大量のデータをおなじ計算式で繰り返し計算する時(例えば給与計算など)、大量データを蓄積出来るという機能を持っている。当然蓄積されたデータは、目に触れるように印刷や画面に表示出来る。加えて、インターネット機能の充実で、これ等のデータを高速で伝送する機能も併せ持つようになった。幸いにも、これ等機能の集合体が、パソコンという形で一般化され、ウィンドウズというソフトの普及と相まって、安価で、専門知識を持たない人が活用できるようになった。また、パソコン以前に、ワープロという、文書作成、表計算、およびその記憶(容量小)だけを目的とした装置の普及も、パソコンへの移行を容易ならしめた。丁度そういう時代に巡り合うことが出来たのが、当会にとっては幸いであった。
 
Ⅲ、東葛川柳会のIT化の歩み
 
 当会に於いてコンピュータを活用するニーズ(目的)は、事務処理の簡素化、合理化がまず上げられる。具体的には、会報(月報、年報など)の作成、会員管理(名簿、会費納入実績など)、会報の発送など。そして次のステージには、会のPRを含め、会員、機関誌の読者、その他大勢との双方向通信等であろう。したがって、当会のIT化活動は、大きく五期に分けて考えられる。
 
第一期、1987年(昭和62年・会発足) ~1992年・4月
 
第二期、1992年(平成4年・データベース創生)
                     ~1995年・3月
 
第三期、1995年(平成7年・会員名簿のワープロF創生)
                     ~2002年・3月
 
第四期、2002年(平成14年・会員名簿のパソコンへの移行)
                     ~2007年・8月

第五期、2007年(平成19年・新ホームページへの移行)
 
 以下、前述のニーズに絡めて、ワープロ、パソコンの活用への実績を、『ぬかる道』を見ながら、辿ってみたい。

 
 
ア、第一期、1987年(昭和62年・会発足)
                     ~1992年・4月

 
 前述の『ぬかる道』準備号の「短文芸バンクより抜粋」一覧の最後に、皆さんの良い句十句をこのバンクに無料で登録するから、乱魚宅まで送付のこと、とあり、『ぬかる道』第2号巻頭言に、早くもこのバンクへの句の蓄積が始まったこと、『ぬかる道』誌がパソコン、ワープロで作られたことが報告されている。事実、第1号で見られた手書きの記事は、第2号では、全て活字に置き換わっているのがその証拠である。
 また、短文芸バンクとは別に、1998年10月号(一周年記念)の巻頭言に、「句会のすべての句はワープロファイル(フロッピーディスク)に収めてあり、これはそのままデータベースとして検索、利用できるようにする」と明記されている。これ等が第二期・データベースへと繋がってゆく。
 1991年4月号『ぬかる道』巻頭言は「2台目のパソコン」。これまで『ぬかる道』の版下作成(編集)は、江畑哲男事務局長(当時)が一手に引き受けていた。これからの読者の需要に応え、記事の増強を図るために、幹事の渡部康子さんを協力者にお願いしている。そしてパソコンを使う大きなメリットは、印刷物が機動的に、安価に作れること。データとしての句を、保存、検索、編集出来る事。会誌の作成経費を廉くして、財政負担を軽減していることを述べている。
 1992年1月号に、初めて「とうかつメッセ欄」が登場した。この号の巻頭言にその理由が明記してある。理由①句会投句者の増加による入選率低下へのストレス解消。理由②題詠への偏重による作品の幅がせまくなることへの危惧。理由③文芸結社の代表として雑詠欄の選を維持することで、その会の作品傾向を主張する義務がある。もう一つの入力作業上の問題は、前述の渡部康子さんを充てることで解消した。かくて「とうかつメッセ欄」は開設されたのである。
この期間は、これ以外の目的、会員管理、会報の発送などは、すべて手作業であった。会員数が現在(2007年10月現在340名)よりは少ないことも理由の一つであろうが、それにしても発送先の宛名書きが大変な作業であったろう事は否めない。前述の『ぬかる道』活字化への入力作業、編集などと共に、少数精鋭とは言え、会の存続に力を注がれた当時の幹事さん方のご苦労に、我々後輩は大いに感謝しなければなるまい。これらのご努力の延長線上に我々の現在があるのだから。

 
 
イ、第二期、1992年(平成4年・データベース創生)
                    ~1995年・3月
 
 1992年5号『ぬかる道』巻頭言は、ずばり「データベース」。創立以来の句報用の蓄積ファイル(フロッピーディスク)を26全てデータベースに移行してファイルした。この仕組みは、創価大学の伊本俊明氏に作っていただいた。現在でもこの仕組みは運用されていて、新春句会で皆勤者、及び精勤者への前年度個人別入選実績一覧がそれである。年末近くなると、成島静枝幹事からその年の入選句一覧ファイル、山本由宇呆幹事からメッセ一覧ファイルが伊本氏あてに伝送され、皆勤者、精勤者リストにより指定印刷されたものが、新春句会で、該当者に配布されている。この間、句会報の作成は、始めのうちは入力、印刷は会員が行い、製本のみ外注であったが、ある時期で、入力、版下作成までを会員が実施、印刷、製本を外注という形になった。会員名簿管理、発送用宛名書きは、相変わらず手作業であった。
 
 
ウ、第三期、1995年(平成7年・会員名簿のワープロF創生)
                    ~2002年・3月

 
 1995年4月から、山本義明さん、上鈴木春枝さんが事務局に加わった。(『ぬかる道』5月号・12頁「お知らせ」欄)義明さんはフットワークの良さと緻密さで会務をきりもりし、編集の校正までこなした。春枝さんは珠算の先生(珠算一級)という能力を生かした会計事務と、ワープロによる会員名簿管理ファイルの維持を担当した。このファイルから打ち出される発送用宛名ラベルを、会員が手分けして封筒に貼ることで、宛名書きの作業は軽減且つ分散されて、発送業務が大幅に改善された。これは大きな事務合理化であった。受付用氏名一覧もワープロ化され、変更への更新が容易になった。
同年10月号・巻頭言は(乱魚代表(当時)ご自身の)「処女句集の発刊」。時間が無い、無い、と言いながら、結構楽しまれているその文中に、句集に収録する句を拾い出す際のご苦労が書かれている。先ず、『ぬかる道』掲載の句については、データベースから7年分を、一時間足らずで印刷できたことはIT化の勝利である。
 それ以外の約30年分の句は、古い雑誌、他吟社会報から三人がかりで拾い、ワープロ出力出来たこと。文章の選択は江畑哲男副代表(当時)が引き受け(当然パソコン出力)、校正は山本義明事務局長(当時)、中澤巌幹事(当時)が担当したこと。その他会員が多数協力してくれたこと、など感謝を持って書かれている。
 1998年12月号・13頁、「誌代改定について、お願い」欄に、来月号から、印刷、製本を、葉文館出版(当時日本唯一の川柳専門雑誌、月刊『オール川柳』の出版社)に依頼する事が、記事になっている。その通り、1999年1月号は、紙質、装丁も格段の違いである。「あとがき」欄に、『ぬかる道』誌の速報性の良さに触れ、これを支えるのは何人かのスタッフの献身的な努力による、手作り編集の妙味であるとも書かれている。
 ここで注目したいのは、葉文館出版は大阪にあることである。東葛地区周辺に住んでいる『ぬかる道』のスタッフとの連絡は、一部を除いてほとんどパソコン同士の電子メールによるファイル伝送で、原稿が瞬時に行き来していることが画期的なのだ。従来の手紙による原稿の往復とは、格段の時間短縮になっている事はお分かりであろうし、ファイルそのものを伝送するので、転記ミスの機会が殆ど無くなるという利点もある。逆に入力時の照合が重要性を増してくるのだが。これ以降、編集、印刷、製本の業者は、㈲インプット(新宿区)、次いで現在の山陽社(松戸市)へと変るが、ファイル添付メールという連絡手段はそのまま継続されている。
 そして1999年11月号から、松尾仙影幹事が編集に参加した。この号の最終頁「あとがき」欄は、メール便の百花繚乱、このとき既に毎月の句会実績入力は成島静枝さんが担当して久しい。仙影さんはこの後、数々の編集上のアイデアを連発し、『ぬかる道』誌作りに貢献してゆくことになる。

 
 
エ、第四期、2002年
   (平成14年・会員名簿のパソコンへの移行)
                    ~2007年・8月

 
 2002年3月、山本義明さんと上鈴木春枝さんが事務局を退かれ、これを機に会員名簿管理と発送用宛名印刷をパソコンで出来るようにした。具体的には、山本由宇呆幹事のパソコンに会員名簿ファイルを構え、中澤事務局の指示で月1回更新し打ち出した名簿を事務局に返す。一方、その最新ファイルから配送用封筒に宛名を直接印字する。(ラベルを貼る手間が省けた)また同じファイルから句会受付用会員名簿一覧を印刷する。という仕組みである。因みに、この時引き継いだ有料会員数は292名(現在340名)、交換誌、贈呈誌は87名(現在94名)であった。
 他方、山本パソコンは、それまで江畑パソコンと松尾パソコンが行ってきた種種な記事の入力を少しずつ引き受けていった。特に「メッセ、メッセ鑑賞」の入力は、入力者個人の実力向上に大いに役に立ったし、現在も役立っていると思う。
 江畑代表(現)が十数年前から地道に続けてこられた、開放講座・川柳教室のOBから成る勉強会、川柳会・新樹、緑葉、双葉などから東葛に入会されたメンバーを対象にして、パソコン人口の確保が少しずつ出来つつある。お蔭さまで現在5~6名のスタッフが常時入力を担当している。でもまだまだ足りない。ボランティアの作業は、川柳と同じで無理があってはならない。それには多くの人が手分けして責任を果たす仕組みを作り上げなければならない。その仕組みを各人が良く理解した上で、自分のやるべきことを、無理なく実行するのがボランティアというものだと思う。(業務別作業分担マップの活用)人間、年と共に何が起きるか分からない。何時でも自分のダミーを考えるようにしていないと、いざという時に仕事が停滞するようでは困るのだ。

 
 
オ、第五期、2007年(平成19年・新ホームページへの移行)
 
 今年、会の創立20周年を期して、ホームページのリニューアルを思いたった。ホームページというのは、立ち上げるのはある程度の技術さえあれば出来るものだ。しかし問題は立ち上げた後である。定期的に責任を持って新データを更新していくのは当然のこと。新しいイベント毎に画面を創設し、開放する。開放した画面への反響、意見などの回収、対応策の検討。クレームへの対応。悪質な書き込みがないかどうか、毎日監視する。更にはハッカー対策等など。これらをこなすためには、少なくとも2人は専任できる人が必要である。実は東葛川柳会は、現在、乱魚最高顧問のコンピュータにホームページを持っているが、公私共にお忙しい方に、このような手のかかる事をお任せするわけにはいかない。今回、これに踏み切ったのは、川柳会・双葉に適任者がいて、この役割を引き受けていただけることになったからである。
 画面を覗いていただければお分かりになるが、決して完成されたものではないが、近い将来、段々と体裁を整え、充実させてゆくつもりである。

 
 
Ⅳ、現在のIT化状況の総括
 
 『ぬかる道』誌編集工程は、月1回の企画編集会議で方針の決定、進捗状況把握。入力記事は句会の2週間前に山陽社へ伝送。1校正~3校正ぐらいで印刷検収する事が多い。製本の納入は次週の木曜日である。因みに、電送の送り側が送信を起動してから受け側が画面で見られるまでの所要時間は、光電送等によって平均5分ないし10分である。
 一方、会員名簿管理は、毎月10日締めで会員の移動状況(入退会、会費納入実績、役員登録など)が、中澤事務局から通達される。このデータを山本パソコンに更新して今月の名簿ファイルが確定し、台帳を返送。この名簿ファイルから発送宛名印刷を実施する。印刷時間は、プリンターの進歩で、約450部(会員350名、交換誌、贈呈誌100名)を2時間半である。(5年前に購入したプリンターでは、6時間掛っていた。)宛名印刷した封筒は会誌の発送作業へと繋がってゆく。
 ホームページについては、原則的に『ぬかる道』誌の記事が材料になるので、読者に渡った号を、当月末までに画面へ更新するというサイクルになる。加筆、新記事はその限りでない。
 この他にもパソコンは、チラシ作成など色々な面で活用されている。例えば、8月の記念句会で舞台後ろに掲げた書き垂れもパソコン出力であるし、何年か前の「会場変更のご通知ハガキ」を覚えておられる方も多かろう。これも会員名簿ファイルから宛名印刷を行った結果、1日余りで準備可能だったことも、IT化の大きなメリットであろう。
 
 
Ⅴ、将来への展望
 
 ア、音声入力への期待
 
 年と共に耳が遠くなる事は避けられない。よく聞こえないので、句会への参加を諦めた人は結構多いのではないか。披講の声を入力源として、披講と同時に壇上のスクリーンに句が映し出される。という将来を期待したい。同時に現在最も労力を必要とする入力作業を、一掃出来ることにもなる。入力者の確保?なんですか、それは。という未来は如何?
 
 
 イ、ホームページへの期待

 これからのホームページは、読者、利用者との双方向通信が必須である。パソコン通信並みの機能を持ったケータイが、大手を振ってまかり通る時代には、視聴者も参加出来て初めて存在価値がある。ユーモア川柳の投句、例会欠席投句などの窓口としてなど、直ぐにでも実用価値が認められるであろう。この場合、有料にした時の法律(商法)対策や、この際のセキュリティー技術のマスターはこれもまた必須である。これを疎かにすると、管理上取り返しのつかぬ事になり、ページを閉鎖止むなしの状態に追い込まれる。直近の研究課題であろう。
 これだけ、パソコンが普及すれば、ホームページのPR、宣伝効果は、絶大であろう。画面の作り方によっては、損も得も紙一重、大いに研究すべき課題であろう。
 
 
 ウ、パソコンを使いこなす度量への期待
 パソコンもケータイも道具である。たくさんある機能に振り回されること無く、自分の使いたい機能を、一つずつマスターしてゆく根気と度量を持ち続けて欲しい。そして獲得した技術を楽しんで活用して欲しい。例えば、お孫さんとメールのやりとりに花を咲かせるとか、ご自分の小冊子作りに活用するとか、ビデオ、写真などの整理保存に使うとか、考えれば沢山用途は広がってゆくはずである。そしてマスターした技術の何分の一でも、川柳に還元していただければ、こんなに嬉しいことはない。

 20年間を振り返って見て、東葛川柳会は伝統的に、ダイナミックな変化を恐れない会であることを明記して本稿を終わりたい。

 
東葛川柳会副幹事長(IT化・編集主補佐)