『台湾を築いた明治の日本人』
 
             

(渡辺利夫著、産経新聞出版)
 

 こういう時は、スケールの大きな本を読みたいものだ。
 元拓殖大学総長・渡辺利夫先生の最新刊『台湾を築いた明治の日本人』(産経新聞出版)をお勧めする。ともかく、ダイナミック!!
 『台湾を築いた明治の日本人』はノンフィクションである。ウソ・偽りではない。史実に基づいて、資料や図版を精査しながら描かれている。ところが、その史実がドラマチックなのだ。小説的な味わいを醸し出している。そこがまたイイ!! 筆者は言う、「ある種のノンフィクションノベル」だと。
 そう、これは実際にあったことなのだ。つい、100年ほど前に先人がなし遂げた歴史の足跡なのだ。台湾という未開のフロンティアで、苦闘した明治生まれの日本人。「フロンティア」とロマンチックに呼ぶには、あまりにも苛酷な、苛酷すぎた台湾の現実。「往時の台湾は、ペスト、マラリア、コレラなどの風土病」が蔓延していた。加えて、「人為ではどうにもならない」と思われた土壌、汚染された河川、掠奪・暴行集団たる「土匪」の跋扈、アヘン吸引の常習者の存在、等々。清王朝ならずとも、台湾は「蕃地」「化外の地」と遠ざけたくなる、そんな難治の島であったという。
 1894~95年日清戦争。その勝利によって、日本は台湾を領有することになった。よちよち歩きの近代日本が獲得した初めての海外領土が、台湾であった。
 筆者に言わせれば、本著は「理性と豪気をあわせもつ明治日本の指導者像」を探った本であり、「台湾に生きた明治日本人の精神史の発掘」であるらしい。
 粒々辛苦の末に「蓬莱米」の開発に成功した磯栄吉。「不抜の信念」をもって烏山頭ダムを築き、荒涼たる嘉南平原を緑の大地に変えた八田與一。第四代台湾総督児玉源太郎と民政長官後藤新平の類い稀な気概と行政手腕。さらにさらに、これらの傑物に連なる逸材の数々、……。「台湾通」を自負する小生も知っているつもりだったが、深く理解していたとは言いがたい。そんな気分にさせらた。
 それにしても見事なノンフィクションであることよ。詳しくは本著を手にとっていただくに限るが、例えば「優良品種の開発に成功」と書けばたった一言だが、その過程には気の遠くなるような根気と絶えざる使命感・情熱を要したことだろう。
筆者は言う。
 《品種改良と一口にいうが、成功は容易ではない。先のみえない試行錯誤を無限に重ね、ようやくにして手にできる、ほとんど僥倖というべきものであろう。それがゆえにこそ、開発者には高い声望が与えられるのである。》
 折しも、世界はいまコロナ禍のまっただ中である。
 こういう危急存亡の秋こそ、スケールの大きな良書を手にして欲しい。とりわけ若者に読んで欲しい、と筆者も願っているのではないか? ちまちました報道ばかり溢れる日本。コロナ禍を乗り越えて次代を担うべきエリートにこそ、新天地建設に精魂傾けた日本人群像を刻みつけて欲しい。渡辺元学長は、そう願っているに違いない。
 「小説的味わい」があると、冒頭紹介させていただいた。そう言えば、筆者・渡辺利夫先生は文学にも造詣が深い。「開発経済学」「アジア経済」がご専門の先生だが、『放哉と山頭火 死を生きる』 (ちくま文庫)などの省察もまとめられている。それ故であろうか。ややもすれば事実の列挙に陥りがちな開拓の物語に、文学的な香りを漂わせている。だから面白い。胸を躍らせるのだ。本著の魅力の一つとして、筆者の文人的気質が垣間見られる点も特筆して本書評を締めくくろう。
                                 (令和2年5月19日)

 (江畑哲男、えばた・てつお、東葛川柳会代表、(一社)全日本川柳協会副理事長)


  
『大学はもう死んでいる?』
 
                 

(苅谷剛彦・吉見俊哉、集英社新書)
 

  最近の書籍の傾向。
タイトルで読ませようとする。
このタイトル。衝撃的!、である。「大学はもう死んでいる?」と、一応「?」マークが付されているが、最高峰東京大学の憂うべき実態が冒頭から投げかけられている。
 その実態とは?
 東京大学はナント「滑り止め」の大学!、だというのだ。「東大受験はアメリカの大学では全落ちの可能性もあったため、浪人を避ける意味合いもあって東大を滑り止めで受けた」という某受験生の証言。
 「(9月入学の欧米のトップユニバーシティーにも合格。)東大へ半年でも行っていろいろコネクションをつくっておいた方がアメリカの大学を卒業して帰国した時、就職に有利だろうと判断した」という別な学生の証言。(「東大へ半年でも行って」という感想自体が衝撃的!デシタ)
 いずれも「東大新聞」が彼らにインタビューし、「蹴られる東大」というシリーズをオンラインで連載していた記事から採った。
そういう問題意識があってのこの本である。この本のタイトルなのだ。したがって、サブタイトルが「トップユニバーシティーからの問題提起」になっているのも頷ける。
 小生の心に、というより、現下の日本と日本人に響くであろう一言!
《(文系が瀕死の状態。そんな世界的傾向のなか)人類にとって中長期的に何が役に立つかということなら、どう考えても、文系ほど役に立つものはありません。吉見俊哉 》
 そう、時代を大きく掴む能力が乱世や濁世では求められるのだ!
 そもそも、東大を頂点とする最高峰の大学論と、ごく平均的な大学論は当然異なる。(←こうした事実や「格差」に単純に反発する人は、本著を読まない方がよい。)この事実を充分弁えた上で、日本のトップエリートは如何にあるべきか、本著はその方向を模索している。
                                 (令和2年5月20日)

 (江畑哲男、えばた・てつお、東葛川柳会代表、(一社)全日本川柳協会副理事長)