(2007年10月以来、2016年3月まで、お便り767件、短信413件掲載です)
「ぬかる道」お便りコーナーへの投稿をお待ちしています。当コーナーに掲載する原稿は、基本的には、ほのぼのとするお話、あるいはちょっとした発見、将来を見据えた建設的なお叱りなどです。そのような話題は出来るだけ載せるようにしております。
代表や編集長宛てのメールや手紙でも、皆さんにお知らせしても良さそうなものについては、勝手ながら転載することがございます。どうぞご了承下さい。
なお、掲載不可のお気持ちが強い場合には、メールや私信にその旨お書き添えいただけると助かります。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。   
                (「ぬかる道」から)
 ↓(2017年4月更新) 
お便りコーナー(含む メール) 
 ☆ 拝啓 ……読みやすく、わかりやすく、なるほどそういうことだったのだな、と納得・感心することあまたたびでした。ご厚情にただただ感謝申し上げるばかりです。 中でも、韻文にとってモーラの問題は避けて通ることができず、 小生も少なからず関心を持っておりますことから、興味深く拝読いたしました。くり返し読ませていただき、さまざまな問題を小生なりに考えていきたいと思います。
    3/6     (大田区)佐藤 勝明 〔和洋女子大学副学長〕
 ☆ 早速お送りいただきまして、ありがとうございます。川柳文法力が、これ以上ついたらどうしよう!
    3/8     (盛岡市)中島 久光
 ☆ いつもご指導を頂き、本当に有難うございます。 ① 一九八七年(昭 62)に創立された東葛川柳会が、本年三〇周 年を迎えることになり、おめでとうございます。 ② 二〇一七年(平 29)三月七日読売新聞東葛版に、『よい句を つくるための川柳文法力』という手引書が、江畑哲男代表から刊行されたという記事と写真が掲載され、誠におめでとうございます。
     3/ 10    (松戸市)髙橋 富榮
 ☆ 江畑哲男さま ……『川柳文法力』発刊、おめでとうございます。力作ですね。 タメになる、なります。沢山の川柳人のバイブルに、って思います!
     3/ 17     (東京都)H・M子 
前略 ここ数年『ぬかる道』の読者でしたが、思いきって初めて投句致しました。 巻頭言毎号楽しみでしたが、特に今回(三月号)は同感と思える所が沢山あり。 十年近く前、亡夫と共に川柳の句会に初めて参加した時に感じ た「大人が大口開けて笑える=川柳」、あの時の衝撃を思い出し、 立ち返ってみよう、作句してみようと、意欲が湧いてきたような 気がしております。……
    3/ 17     (茨城県)N・N子
 ☆ 哲男先生へ 怖怖、初参加させて頂きました。御上梓の『川柳文法力』は、 バラの絵のカバーを掛けて側に置いて強い味方になって頂いています。川マガの連載を切り取っていましたので、うんとスマート になり嬉しい限りです。ありがとうございました。
    3/ 25     (水戸市)佐瀬 貴子
 ☆ 江畑先生 ……やはり句会のライブ感、いいですね。……
    3/ 27     (松戸市)酒井千恵子 ▽
江畑先生 ……『ぬかる道』三月号巻頭言、メッセ選者の基本姿勢を拝読し、納得しながらも上手く詠むことができず、四苦八苦しています。……
    3/ 27     (越谷市)上村ひろし
『川柳文法力』、八六ページ。 「それにしても、なぜ学生の詩は面白いのだろうか。どうして子 どもの発見は興味深いのか? ズバリ、それは生きているからである。活き活きと生活しているから、生きた韻文が生まれるのだ。生きていればこそ、生きた言葉を必要とする。」 ハッとしました。万年青年のつもり、、、で生きていましたが、それ は気持ちであって、この文章を読んでボコンと頭を殴られた思いでした。……
     3/ 31    (上尾市)前田 良祐
短信
三月五日付け「よみうり時事川柳」欄に、「籠池の水汲みだす も底見えず」が入選しました。作者は伏見静子(ほのぼの川柳 会)さんです。伏見さんは川柳歴約一年半の方。今回の入選は、 ご本人にとって大きな自信と励みになるものと思われます。 (以上、関根庄五郎報)
江畑哲男代表は去る三月二六日(月)の夜、練馬区のやまびこ川柳会(会長・永井天晴)に講師として招かれた。
『番傘』四月号巻頭言で、田中新一主幹は江畑哲男著『よい句をつくるための川柳文法力』を大きく取り上げている。「江畑哲 男関東東北総局長の提言」というタイトルで巻頭言全文を『文法 力』の紹介に当て、さらには水府の「川柳の第4運動」になぞらえて、「川柳の第5運動」とまで評価してくれている。『番傘』 誌をぜひご覧下さい。
四月放送分から、NHK千葉のラジオ番組「ひるどき情報ちば FM」が、第二木曜日の午前十一時の時間帯に引っ越しをした。 また、今年度から江畑哲男代表は第二木曜日は川柳の放送以外に もコメントを発するゲストとして出席し、レギュラー生出演をしている。ぜひお聴き下さい。
第 19回彩の国川柳大会の開催 三月十一日(土)各所先陣をきって華々しく開催された。 総勢百十名の参加、当会関係の参加は遠方の影響か五名であっ たロビー外交を展開三十周年のPRに務めた。 ☆第 46回千葉市民川柳大会の開催 三月二六日(日)小雨降るなか総勢二○○名に埀んとする参加 者のもと賑やかに開催された。 成島静枝幹事が選者を務められ、流麗な披講振りは好評を博した。当会関係の参加者は十名を越え、呼名が相次いだ。 中澤巌幹事長が千葉市川柳協会賞のタイトルを獲得した。 (この項 巌発)
訃報。十五世・脇屋川柳先生が三月三一日に逝去された。行年九〇歳。四月七日にはご家族による密葬が執り行われた。脇屋先 生には、平成元年一〇月の東葛大会、及び平成三年一月の新春句 会で、ご講演「歴代川柳とその時代」を頂戴している。講演要旨 は、今川乱魚編『川柳 贈る言葉』葉文館出版に収められている。 謹んでご冥福をお祈りいたします。
 ↓(2017年3月更新) 
お便りコーナー(含む メール) 
 ☆ 貴著『川柳文法力』、ありがとうございました。「やさしく楽しくタメになる文法入門」、楽しく拝読。ますますのご活躍、心 服の至りです。 一冊の本を出すというのは、たいへんなこと。日々研鑽を積まれての成果で、改めて感心を致しております。……
    2/ 10     (流山市)山本鉱太郎
 ☆ ……お世辞はいらないと思いますので正直に書きます。ただし、もちろん川柳素人の雑感です。 一読三嘆はおおげさにしても、目から鱗の叙述が随所にあり、感服しました。四〇年近い川柳作家人生で会得されたエッセンスが惜しげもなく披瀝されています。しかも、やさしくかみ砕いた表現とすっきりと整理された説明。長い高校教師のご経験も生きているとは思いますが、それだけではない非凡さを感じました。 …… これほど明解に(明快に)川柳の奥の奥を説いた本は、きっとないでしょう。しかも、日本語文法を武器にして正面から鮮やかに切り込んでいる。適切な作例が豊富に示されている。さすがだと思いました。お見事です。おそらく川柳界不朽の名著だと、その道の専門家から高い評価があるものと思います。 日本語についてはひととおりの知識を持っているつもりの私も、教えられることがたくさんありました。いちいち挙げませんが、一つだけ。一〇四~一〇六頁。「拍」で数えたい日本語。 「モーラ(拍)とシラブル(音節)の数え方が食い違うケースがある」なるほど。卓見だと思います。 その他、ご教示のいくつかは、来年度の「日本語表現法」の授業で使わせていただきたいと思います。
    2/ 17     (名古屋市)林 和利 〔名古屋女子大学教授〕
 ☆ 啓上 お元気でいらっしゃいますか。この度は、御高著『川柳文法力』、深謝申し上げます。雅兄にして、はじめて可能な御著書と 存じます。精読させていただきます。私は、今年子規の生誕百五十年ということで、何となく落ち着かない日々を過しております。御身、御自愛、御専一に。 敬具
    2/ 18     (横浜市)復本 一郎 〔神奈川大学名誉教授〕
 ☆ 『川柳文法力』の出版と贈呈に、心よりお礼を申し上げます。 僕は文法についてはさっぱり分かりませんので、大いに勉強をさ せていただきますので、教室での教材として活用したいと考えております。 札幌大会に向けて、準備を進めております。力を合わせて皆様をお迎えしようと取り組んでいます。大会・懇親会への出席の振 り込みを、できるだけ早めにしていただくように、皆様にお話し 願いたいと思っております。……
    2/ 23     (札幌市)岡崎 守
……人生いろいろですが、川柳と出会えて本当に良かった!、 と実感しています。ありがとうございます。
    2/ 25     (松戸市)S・C子
  短信
過日の東京新聞に続いて、江畑哲男代表の近著『よい句をつく るための川柳文法力』が相次いでマスコミに取り上げられている。 二月十八日付け毎日新聞千葉西北版では、写真入り四段抜きで紹 介された。続いて、三月七日付け読売新聞東葛版にも、写真入り三段抜きで紹介された。
台湾川柳会の杜青春代表が来日した東葛川柳会二月句会を、東 京新聞が取材に訪れた。三月三日付け同紙千葉中央版「ひとキラリ」欄に、五段抜きカラー写真で大きく紹介された。 ☆四月句会のゲスト選者としてご来会いただく駒木香苑(川柳能 因会会長)さんが、勉強会を作ったり、川柳講座を開催している。 『川柳能因』二月号「あとがき」にも、白河市教育委員会とタイ アップして川柳を学ぶ様子が生き生きと報告されている。
広島平和番傘川柳会(会長・淡路獏眠)が、会長の辞任に伴い 本年三月をもって解散となった。残念。獏眠氏には、昨年の『ぬ かる道』誌に音楽との関連で注目すべき論文を数回お書きいただ いた。
千葉県川柳作家連盟 平成 29年度役員会の開催 去る二月二六日(日)県川連定例役員会が開催された。 各議題については全て承認され、四月以降新体制にての活動となる。 (この項 巌発)
 ↓(2017年2月更新) 
お便りコーナー(含む メール) 
 ☆ 明けましておめでとうございます(アケオメ)。 今年もよろしくお願いいたします(コトヨロ)。 今年は東葛30周年、どうしようか迷っています。夏過ぎてから、 体調・ふところ具合を見て考えます。
    1/ 12     (盛岡市)中島 久光 〔返:ぜひおいで下さい。お待ちしております。〕
 ☆ 一月二二日にNHKホールで第 18回全国俳句大会があり、三年 連続で入選しました。平成 26年度から順に「雁鳴くや遅延のバスの遥かより」、「卒業に達筆色紙もて恩師」、そして「滴りの音に癒され歩の新た」です。 「川柳と俳句の関係と展望」は、長年の研究課題であり、昨年 の松山市での全日本川柳大会の懇親会の折にも大木俊秀先生に助 言を仰いだ点でもあります。なお、以前は現代俳句系の方々との 接触もありましたが、思うところあって、現在は伝統俳句系の先生の研究会で研鑽を積んでおります。
    1/ 28     (福井市)山下 博
 ☆ 哲男先生 今月のメッセをお送りします。よろしくお願いします。 『よい句をつくるための川柳文法力』のご上梓、おめでとうございます。川マガ連載時より、さらに読みやすくなりました。 エッセイや読み物を読むうちに、文法が理解できるという感じです。適切な例句が示され、わかりやすくなっています。 私が好きなページを挙げると、 ① 「煙草酒塩と医者から削られる」(今川乱魚) ② 宿題「美しきこと」に関するページ。 何回読んでも感動します。 ただ一つ欲を言えば、例句の索引があったらいいなと思いまし た。
    1/ 29     (松戸市)日下部敦世
 ☆ 江畑哲男先生 昨日は誠にお目出度とうございました。 和気あいあいの雰囲気の中で、共に学び合う同士とのふれ合いが、健康増進に大いに役立つことも発見。昨夜は収穫が沢山あり ました。楽しゅうございました。……
    1/ 29     (柏 市)羽生 洋子
江畑先生 『川柳文法力』只今猛読中です。 助詞ひとつとっても文法的な説明により、今後の作句にとても参考になります。 よい句が作れそうな気がしました(笑)。
    1/ 30     (吉川市)北島 澪 
 ☆ 拝啓 『川柳文法力』上梓、お目出度うございます。東葛川柳会新春句会での御講義、楽しく拝聴しました。ありがとうございました。 ……『川柳文法力』、じっくり拝読しております。むずかしく、 敬遠しがちな文法が身近に感じられます。「言うは易く、行うは難し」ですが、これからの作句に生かしていかなければと、思いを新たにしました。勉強会でも勉強の材料として生かしていきたく思います。……
    1/ 30     (松戸市)宮内みの里
 ☆ 新著『よい句を作るための川柳文法力』を、目下勉強させて頂いています。流石に先生執筆のご本、判り易く、且つなかなか読み応えのある力作かと存じました。 また、このご本に拙句を載せて頂き、川柳を学ぶ者として感激しています。……
     2/3     (流山市)山本 万作
江畑哲男様 ご無沙汰しております。 このたびは『ぬかる道』2月号を恵贈いただき有難うございました。 巻頭言を拝読。台湾川柳会が日本台湾交流協会台北事務所から感謝状を贈呈されたことは、日本の大使館が台湾川柳会の活動を評価したわけですから、まさしく慶事です。日本のメディアはもっと報道してもいいはずですのに、どうしてこのようなことに 着目しないのか不思議です。巻頭言では「交流協会」の名称変更 にも、ズバリ、ポイントに切り込んで触れていただき、有難うございました。 なお、新著『よい句をつくるための川柳文法力』を出版されたそうでおめでとうございます。ブログを拝見しますと、東葛川柳会新春句会に間に合ったようですね。 インフルエンザが流行っているようで、知り合いが次々とかかっています。お気をつけください。
    2/3     (板橋区)柚原 正敬 〔日本李登輝友の会専務理事〕
 ☆ いつも御指導、ありがたく感謝しております。この度は『川柳 文法力』出版、おめでとうございます。お祝い申し上げます。 正直、こういう本が欲しかったのです。私、嬉しくなって思わ ずペンを執ってしまいました。 この頃、自信がなくなっていました。助詞・形容詞等は、学校時代国語の時間で学びました。脳が覚えております。比喩や韻文などについては、口頭で皆さん教えてくれますが、私の脳みそが 把握しません。いつも迷っています。お陰様で、『川柳文法力』 の本で、今しっかり脳に刻み込みました。気持ちが明るくなりました。……
    2/3     (野田市)松本八重子
 ☆ 恭呈 実にいい本を上梓なさいました。文法など構わずに駄文を弄す私如きにはまことに有難い手引書です。座右の書としていつも繙くことにします。 ことに有難かったのは比喩についてのすべてです。実はこの四月から立命館大梅田キャンパスで「言葉の身づくろいと遊び」のテーマで、全六回担当するのです。その折、川柳を題材にしたこ の章は、有難い教材になりました。もちろん出典を明らかにして 紹介させていただきます。 そして「あとがき」でのご指摘(二〇六頁)は全くその通りです。まことに川柳界は「文化発信が下手」なのです。大きく発信する人物が極めて少数で、しかも影響力が小さいのです。このご高著が広く読まれ、先生のお働きがいっそう大きくなられることを願うものです。ありがとうございました。
    2/4     (大阪市)木津川 計
この度は『川柳文法力』ご恵贈賜り、ありがとうございまし た。『川柳マガジン』誌で拝読はいたしておりましたが、書籍化されますと一段と読み易く、川柳人でなくても手に取りたくなるご本です。 乱魚もきっと喜んでいることでしょう。誠にありがとうございました。 かしこ
    2/7     (柏 市)今川 幸子
  短信
二月六日(月)付け東京新聞千葉中央版に、江畑哲男代表の近 著『よい句をつくるための川柳文法力』が大きく紹介された。カ ラー写真入りの五段抜きコラム「ひとキラリ」欄にて。
『川柳宮城野』二月号には、昨年九月「第六五回東北川柳大会」時に江畑哲男代表がお話しした柳話「面白い川柳の面白い理由」が掲載された。四ページにわたって、柳話のエッセンスがまとめられている。
一月十七日、同人・安川正子さんがお亡くなりになりました。謹んでご冥福をお祈りします。
 ↓(2017年1月更新) 
お便りコーナー(含む メール) 
(大戸和興顧問宛て) 『ぬかる道』拝受、御手紙拝見。拙著のご紹介ありがたく存じました(ただし、この本は柳人には不向きです)。俳句なみに扱われるには、死にものぐるいの努力が必要ですと、今川さんに 言ったことがあります。
    12/9   (文京区)外山滋比古 〔英文学者、言語学者、お茶の水大学名誉教授〕
本年秋の獨協の講座では、御指導ありがとうございました。
      12/ 23       (越谷市)今井 隆夫
江畑先生 メッセ、送らせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。 初選者、貴重な体験をさせていただきまして、本当にありがとうございました。先生をはじめ、幹事の皆様方、句会部の方々のあたたかい御支援に心より御礼申し上げます。……
      12/ 25       (松戸市)酒井千恵子
(年間で)一二〇句に目を通して下さって、有難うございました。
      12/ 26       (松戸市)I・Y子
江畑先生 今年も大変お世話になりました。勉強会では毎回熱い講義をありがとうございます。寒さも本番、お身体大切になさって下さい。佳いお年を。
      12/ 28       (吉川市)北島 澪
今年もお世話をおかけしまして、申し訳ありませんでした。… … 劣等生ですが、来年もどうぞよろしくお願いいたします。 かしこ
      12/ 28       (柏市)H・Y子
江畑先生 新年あけましておめでとうございます。 今年は、川柳のおかげで、昨年とは違ってワクワクするような年になりそうです。……
      1/1       (埼玉県)梅崎 栄作
『ぬかる道』は毎号愛読しています。
      1/1       (横浜市)池井 優 
美味しい酒が飲めるよう、頑張ります。
      1/1       (柏 市)宮本 次雄 ▽
三〇周年の行事、期待しております。
三〇周年とは、早いですねぇ。
三〇周年大会には、参加できるようにスケジュールを調整します。……
※ 同趣旨の年賀状・メール等、たくさん頂戴しました。どうも有難うございます。
短信
十二月十三日(火)夕、台北市内の国賓大飯店にて平成二八年 度天皇誕生日祝賀会が催された。主催は、日本台湾交流協会台北 事務所(沼田幹夫代表)。日本台湾交流協会(本年一月一日から 改称)台北事務所とは、正式な国交がない台湾における日本大使館にも相当する事務所である。同所主催の祝賀会には、李大維外 交部長、邱義仁亜東協会会長ほか、台湾各界の貴賓や名士八六〇名が参加されたという(この項、交流協会HPほか参照)。 そのレセプションの中では文化団体の表彰があり、台湾川柳会 (杜青春代表)が感謝状を贈呈された。杜青春さんのブログには、 寥運藩さんや高薫さんの受賞時の写真が、感謝状とともにアップ されている。本年における川柳界最大の慶事である。おめでとう。
一月九日(月、祝)大阪市内のホテルで、「番傘川柳本社新年おめでとうの会」が開催された。出席者二三九名の盛会であった。 吉例となった新同人の紹介や永年同人表彰、第三回礒野いさむ賞、 第二回水府賞・番傘賞が当日発表・顕彰された。 同夕からは懇親宴が催され、『上方芸能』の主宰者であった木津川計先生のショートスピーチがあった。江畑哲男代表(番傘川柳 本社関東東北総局長)も指名をされ、川柳の外部発信・文化発信に関して川柳人を元気づける内容の発言をして会場を沸かせた。
 ↓(2016年12月更新) 
お便りコーナー(含む メール) 
トランプ、朴、TPP、豊洲等、いろいろと問題があります が、当地盛岡では、小春日和の状態です。 私も肺ガンの疑いも、前立腺ガンの疑いも、自然消滅の様子で ホッとしています。
      11/ 16       (盛岡市)中島 久光 ▽
  江畑先生 いつもお世話になり、有難うございます。 名古屋って、案外いいですよね。現役時代にはよく出張してい ましたので、あちこち見て回り、美味しい名物も味わっていまし た。……
      11/ 23 (越谷市)      上村ひろし  
厳しい冬の到来となりました。先日の国民文化祭・あいち20 16、お疲れになられた事と拝察いたします。 哲男先生に「ドーム」二句抜いていただきました。本当にうれしゅうございました。文部科学大臣賞も「ドーム」が栄冠に輝きました。おめでとうございます! ……
      11/ 25       (長崎市)平井 翔子
今年のカレンダーも、一枚残すだけになりました。メッセで活 字になった句は、誇らしく思います。 ドクターズプラザに載りました。嬉しいです。
      11/ 25 (越谷市)      鎌田ちどり
『ぬかる道』十二月号のメッセ巻頭作家に、金田庄作さんが選 ばれた。「おぬし、ヤッタナ」と嬉しく読みました。(早稲田川 柳教室の仲間) 十一月二六日の句会、お世話になりました。十月、十一月と続 けての参加。続けての参加は初めてのことで、良い刺激になりま した。…… 11/ 27 (上尾市)前田 良祐 ▽江畑先生 メッセ送らせて頂きます。いつも有難うございます。 先日( 11/ 26)の東葛句会で、先生が「疲れています」とおっ しゃったのを聞き、心配しています。 ……
      11/ 28 (柏 市)      K・M子
……(十二月号メッセ巻頭)今年の奇跡! 11/ 29 (東金市)金田 庄作 ▽前略 お寒うございます。永らく御無沙汰致しておりますが、手術後 の経過は大体良いようです。定期的に通院しております。……
      11/ 30 (柏 市)      小川 定一
前略 ……宿題「少子化」を読むと、暗澹たる気分になる句が多いですね。かたやジジもババも、さわやかな挨拶のできる人は稀、自己開示をおそれ縮んでいるのでしょう。若者も老年も平和のせいで考えすぎて縮む。空襲、人権もプライバシーもない時代を経験した私は、笑ってしまいます。 世相を笑いとばす。貴誌の隆盛を願っています。 草々
      12/2 (守谷市)      海老原信考
拝啓 とうとう師走に入り、毎日あわただしい日を過ごしておりま す。『ぬかる道』を毎月お送り下さり、有難うございます。代表 の考え方からか、『ぬかる道』は他の柳誌と違って、総合雑誌の 感覚で編集されているので着くのが楽しみです。例えば、「大生 郷天満宮の事」など、絶対に近々出掛けようと思っています。… …
      12/2 (新宿区)      前田 安彦 〔「尾藤三柳師を偲ぶ川柳筵」実行委員長
  短信
いわき番傘川柳会(真弓明子会長)が、六〇周年の節目を迎えた。昨平成二八年一〇月二七日(木)には、記念の吟行句会が風 光明媚な鵜の岬の国民宿舎(日立市)で和やかに開催された。『家』(創立六〇周年記念号、平成二八年十二月号、第五五二 号)には、楽しそうな様子の写真がたくさん掲載されている。おめでとうございます。
福井市の山下博さんが頑張っている。「福井地区ろうきん友の 会」の定例教室の一つとして、「川柳の会」を開講、自ら講師を 務めている。過日、その資料をお送りいただいた。有難うござい ます。
平成二八年度新宿区生涯学習フェスティバル「短歌」「俳句」 「川柳」の『作品集』を、同人の小山一湖さんからお送りいただ いた。同資料によれば、「夢を持ち確かな未来築く意気」(小山 一湖)が区長賞に輝いている。おめでとうございます。
▽  第 31回国民文化祭・あいち2016「川柳の祭典」の開催 去る十一月二十日(日)愛知県犬山市民文化会館にて当日出席 者七五五名、事前投句者約二三○○名の参加を以て犬山城下に川 柳の輪を広げた。当会からは十数名が参加した。 観光も楽しみ、味噌煮込みうどんは絶品であった。
        《タイトル賞》
   〇 文部科学大臣賞 課題(ドーム)
  話しかけないで原爆ドームです (東京) おかの蓉子
   おめでとうございます
            (この項 巌発)
第65回市川市文化祭川柳大会
11月 20日(日)、市川市文学ミュージアム(生涯学習センター) で開催され、津田暹選「粉飾」から当会の北山蕗子さんが
〇 市川市教育委員会教育長賞
      化けながら女は先を読んでいる
  おめでとうございます
三年前、『ぬかる道』へ一年間広告掲載協力いただいた株式会社 ニチリョクの創立 50周年記念「終活川柳」コンテストにおいて、 当会幹事の窪田達さん他2名が
〇 ペアでハワイ旅行プレゼントを受賞
      俺と妻先祖はきっと犬と猿
  おめでとうございます
 ↓(2016年11月更新) 
お便りコーナー(含む メール) 
山本由宇呆様 御礼。今必要なもの、すべて送っていただきました。小生の 「川柳お楽しみ教室」本年後半( 10/ 18~、半年間)に間に合いました。大助かりです。… 『ぬかる道』と「乱魚ユーモア大賞」について。注目したのは、暗合句」の事後処理についての詳細な記事でした。この問題の 対応を、コレほど明快・具体的に報告されたのは、いまだかつて 例がないと思います。……
      10/ 10 (鹿沼市)      白石 洋
御無沙汰続きで申し訳ありません。やっぱり今夏の暑さは心身 ともに応えました。…… 『ユニークとうかつ類題別秀句集Ⅱ』出版のニュース、最高で すね! 私の入門当初の唯一のバイブルで、数少ない自分の句を 毎日眺めて喜んだ新人時代を思い出しました!
      10/ 12 (柏 市)      上田 正義
江畑先生 毎月お世話になりますが、よろしくお願い致します。毎月の一 〇句投句は息切れしそうですが、多作も勉強になるかと頑張って 詠みたいと思います。
      10/ 23 (柏 市)      U・H生
( 10/ 22の野田市民川柳大会への支援に対して)代表、ありが とうございました。(野田の)新市長と顔合わせが出来て良かっ たです。……
      10/ 23 (野田市)      成島 静枝
哲男様 空が美しいこの頃です。一年があっという間です。 ……『ぬかる道』九月号の表紙は、銚子電鉄の外川駅でした。熊谷さんは川柳人ですか? 画伯ですか? やさしいタッチで外川駅が温もりいっぱいに感じられます。ありがとう駅にぴったりで、 うれしく思っていました。 表紙は表札です。どんな本だろうとわくわくしますから大切です。毎号すばらしく、楽しみのひとつです。
      10/ 25 (銚子市)      名雪 凛々
江畑先生 NHKの放送、江畑節絶好調ですね。いつも楽しみに聞いてお ります。 (メッセに関して)小生、十句まとめるのに毎月苦労しており ます。
      10/ 26 (東金市)      金田 庄作
哲男先生 いつも添削していただき、ありがとうございます。病気や病院 の句が多くて、あきれていらっしゃると思います。……実は最近、 入院をしまして、元気に退院しました。もう仕事にも行っていま す。本当に良いお医者様との巡り会いに感謝しています。
      10/ 28 (川崎市)      梅津みゆき
哲男先生 東葛 29周年大会、お疲れ様でした。 30周年の記念大会のような 勢いと華やぎを感じました。 米川千嘉子先生の講演がすばらしく、短歌の魅力が充分に伝わってきました。紹介された現代短歌に負けない作品を、私も作 りたくなりました。……
      10/ 30 (松戸市)      日下部敦世
気温の差が体に堪える毎日です。先日の大会、大成功でした。 米川先生の講演は分かりやすくて良かったです。昨日は、代表 様の巻頭言と講演の資料を友人に配りました。鼻高々です。……
      10/ 30 (常総市)      北山 蕗子 
江畑先生 いつも遅くてすみません。お忙しいのに、こんなへたな句を出 すのは……とおもうのですが、へたなのだからどうしようもありません。よろしくお願いします。
      10/ 31 (柏 市)      はなこ 
大会盛況で良かったです。大会&懇親会では、色々お世話にな りました。
      10/ 31 (江戸川区)      いしがみ鉄
江畑哲男様 大会に同級生三人で参加した。その同級生からメールが来 た! 「講演会、コーラス、健康体操、句会、ビックリ」。喜 んでくれたようです。誘った甲斐があります♪ 来年も三人の クラス会は、柏駅改札口待ち合わせに決まっちゃいました。 「東葛へ三人でやるクラス会」 (誤字脱字添削希望◎) 御自愛の上、ますますの御活躍を祈念申し上げます。「健康 第一、銀行も第一」(昔のコマーシャル)。
      10/ 31 (松戸市)      老沼 正一
拝啓 心までほっこりする穏やかな日和り、人生に重ねてしまって います。 先日は東葛川柳会二十九周年記念川柳大会の御盛会、心より 御祝い申し上げます。代表の思いそのままに若々しくて明るい 雰囲気の大会に心酔させられ通しでした。 それにさすが、知名度の高さ、九州の、いや全国の超売れっ 子・真島久美子さんまで呼んでしまわれるとは、凄いの一言に 圧倒されました。御自分の結社にかける熱意の濃さを、お二人 の代表に学びました。伸びる柳社のモデルを確と拝見致しまし た。……
      10/ 31 (水戸市)      佐瀬 貴子
江畑哲男様 このたびは大変お世話になり、ありがとうございました。拙い 話でしたが、皆様に熱心に聞いていただき、嬉しいことでした。 川柳の句会のライブ感もとても興味深いものでした。……(後略)
      11/1 (つくばみらい市      )米川千嘉 
短信
『広報かしわ』(一五一五号、 10/ 15付け)に、NHK千葉放 送局の「ひるどき情報ちばスペシャル」が紹介された。「ヨネス ケさんが柏の魅力をラジオで発信」というタイトルで、川柳コー ナーのことも少しだけだが記事にされた。
訃報。 「よみうり時事川柳」元選者で、川柳ペンクラブ理事長ほかの 要職を幾つもお務めになった尾藤三柳先生が、一〇月十九日肺水腫のためお亡くなりになった。八七歳。
東葛川柳会には、昭和六三年秋の発足一周年記念大会にて記念 講演「川柳の原点を探って」を、翌・平成元年の新春句会では、 特別講演「現代川柳の原点を探る」を続けて頂戴した(いずれも、 『川柳贈る言葉』葉文館出版所収)。その後も、当会の節目節目 にてご指導を頂戴していた(『川柳ほほ笑み返し』新葉館出版に は「『選者考』を語る」を採録)。 尾藤三柳先生は川柳界最高 の巨匠で、著書は多数存在する。なかでも『川柳総合事典』(雄 山閣、昭和五九年刊)は、川柳界の金字塔とも言うべき大著であ る。なお、来る十二月四日(日)には、「尾藤三柳師を偲ぶ川柳 筵」が上野の精養軒にて開催される。
謹んでご冥福をお祈りしたい。
川柳マガジン文学賞が、『川柳マガジン』十一月号にて発表さ れた。当会からも何人かが果敢にチャレンジし、成島静枝、日下 部敦世、遊人ら各氏が健闘をみせた。 ☆平成二八年度の文化祭川柳大会並びに川柳文化賞授賞式は、十 一月三日(木、祝)文京区民センターにて開催された。出席者約 一五〇名の盛会だった。大会に先だって川柳文化賞の表彰式が行 われ、今年度の晴れの受賞者は松戸川柳会の米島暁子会長が選ば れた。おめでとうございます。
大会では、江畑哲男代表が選者を務め、江 畑哲男、加藤ゆみ子、宮内みの里らが上位入 賞を果たした。
第3回野田市市民川柳大会の開催
去る十月二二日(土)六十名を越える参加 者を集め楽しい大会となった。津田暹県川連 会長の講演、地元ハワイアンバンドの演奏等 盛りだくさんのおもてなし。
当日のタイトル賞
   ○野田市長賞
昭和史に耐えて支えた割烹着     藤 あかね
   ○野田市議会議長賞
脈がありそう尻尾ばかりがよく動く  田辺サヨ子
   ○野田市教育長賞
説法へ最前列の大あくび       本間千代子
   ○千葉県川柳作家連盟賞
どちらかが引っ張り過ぎる赤い糸   川崎 信彰
     皆さんおめでとうございます
(この項 巌発)
10月 23日、土浦市市民文化祭に唯一つの千葉県句会として、東葛に選者のお呼びがかかり出かけました。会場は亀ヶ城プラザ、 土浦城の横、市の中心地でした。第8回の川柳大会の参加者は 95名、新記録だそうで大盛会でした。市の文化祭でしたが、茨城県の川柳協会主催の誌上課題吟の表彰式がありました。この辺は県 の協会の事情だと思いました。大会には沢山の東葛の会員、誌友が顔を見せていました。大会は合点制で当会の北山蕗子さんが、 堂々3位に入賞されました。(信彰)
 ↓(2016年10月更新) 
お便りコーナー(含む メール) 
(〆切直前の作句、意欲減退の近況、……) 十月末のユーモア賞には、意欲を持って作句しようと思います。
      9/ 12 (盛岡市)      中島 久光
 江畑哲男さま お世話になっております。NHK千葉放送局の山口芙美恵です。(9/ 12の)キャラバンどうもありがとうございました! お 客さんも大勢いらっしゃて賑わっていましたね。また、江畑さん とヨネスケさんのトークもとても軽快で会場は大ウケでした。
      9/ 15 (NHK千葉支局)      山口芙美恵
江畑先生 先日は思いもかけず「ひるどき川柳」で大賞を頂き、有難うご ざいました。しかもイオンモール柏での生放送で緊張もしました が、応援のサクラも居て心強かったです。初体験で楽しい思いを させていただきました。改めて御礼申し上げます。
      9/ 15 (柏市)      さくら餅 
哲男先生 東北大会、お疲れさまでした。充実した大会の様子をブログで 拝見しました。これから大会シーズンになりますが、十月の東葛 の大会も楽しみにしております。米川先生のお話を聴くと、短歌 が作りたくなるから不思議です。…
      9/ 25 (松戸市)      日下部敦世
江畑哲男先生 雨・雨・雨の九月でしたから、脳みそもカビてしまったみたい です。目玉はリフォームして世の中が鮮明になったのですが、句 はそうはいきません。
      9/ 26 (埼玉県)      中村 久代
前略 今月のメッセ、送らせて頂きます。『ぬかる道』九月号巻頭言 のごとく、籠もってばかりいた「読書の夏」も終り、涼しくなっ てきたので、「行楽の秋」とばかりに外へ出ようと思っております。……
      9/ 26 (龍ヶ崎市)      山田とまと 
江畑先生、いつもお世話になります。 本日 28日、午前中にメッセ 10句を投函しました。またまたそそっかしい私です。封書なのに 50円と2円の切手で、ポストイン してしまいました! 多分、明日あたり?「料金不足」で、舞い 戻ってくるはずです。 そんなことでモタモタしていたら、 10月になってしまいます。 申し訳ありませんが、ファックスにて送らせて頂いて宜しいで しょうか? お伺いいたします。宜しくご配慮のほどお願いいたします。
      9/ 28 (A市)      K・S子 
東北の旅から、お帰りなさいませ。 ……「防ぐ」の選をさせて頂きました。ありがとうございます。
      9/ 29 (松戸市)      伊師由紀子
十月の大会には、出席したいと思ってます。記念講演も楽しみ にしております。獨協(大学オープンカレッジ)も始まり、お忙 しいことと思います。 ご自愛下さいませ。
      9/ 30 (越谷市)      鎌田ちどり 
短信 
老舗の川柳誌の記念号が続いている。『川柳研究』八〇〇号、 『犬吠』五〇〇号(既報)に続いて、『ふんえん』誌も九月号で 通算八〇〇号を迎えた。去る四月の熊本地震直後であるだけに、 その達成感も一入であろう。おめでとうございます。  
『ふんえん』のその記念号には、川柳噴煙吟社(発行人・編集 人平田朝子)内外の人々が祝辞を寄せている。その中でも、台湾 の杜青春代表の祝辞が新鮮だった。台湾川柳会のベテラン会員・ 李錦上氏の読売歌壇入選作品(「熊本の師母つつがなく居たまふやつながらぬ電話今日もかけたり」)を紹介し、熊本との縁を言 及していた。
銚子市を拠点として発行している日刊大衆日報では、七月三一日(日)に開催された「全日本川柳2015千葉大会 in銚子・一 周年記念銚子川柳大会」の様子を大きく取り上げた。八月二七日 付け同紙にて。写真をふんだんに使い(十五葉)、一ページ全面 にわたって特集記事を載せている。
第66回足立川柳大会の開催
九月十一日(日)薄日がこぼれる空模様のなか、百名に少し 欠ける程の参加者で開催された。
例年に比し若干少ない感はあったが中身は充実、楽しい句会で あった。 タイトル賞は~~ ∘
 足立区議会議長賞 《課題》リズム
    天界のリズムが狂う温暖化 北山 蕗子
   おめでとうございます。
第23回松戸川柳大会の開催
九月十六日(金)小雨のぱらつくなか、県下のトップを きっ て開催された。参加者は一六○名の多きを数え当会関係者は 三十数名が参加し存在感をアピールした。
江畑哲男代表がキラリと光る選者を務められた。 タイトル賞は~~ ∘
 ∘松戸川柳会賞 《課題》歩く
    しがらみを流せば軽くなる歩み  駒木 香苑
 ∘全日本川柳協会賞 《課題》叶う
    欲捨ててから幸運が付き始め   山本由宇呆
∘松戸市観光協会賞 《ころころ》
    ゆるい坂選って気儘な石ころね  本間千代子
   皆さんおめでとうございます。
第14回八千代川柳大会の開催
九月二五日(日)海外旅行者で満員の電車を下りると、後は一 本道ここの会場は解りやすくて良い。一五○名を越す参加者で相変わらずの賑やかさ。当会関係者も十名を越え呼名が相次いだ。 大戸和興顧問が選者を務められた。
地元中学生の吹奏楽とコーラス同好会のアトラクションには絶賛の嵐があった。 (この項 巌発)
葛飾区民文化祭川柳大会(10月10日開催)
合点4位 葛飾文化協会会長賞 宮内みの里
合点5位 葛飾川柳協会連盟賞 岩田 康子
  おめでとうございます。(編集部)  
↓(2016年9月更新) 
前略 『ぬかる道』ご送付、ありがとうございました。郵送料 78円で 来たのにはビックリしました。何か日本郵便と裏取引でもあるの でしょうか?……
8/ 20 (甲府市)小林信二郎
残暑お見舞い申し上げます。 猛暑に台風、リオ五輪に甲子園、賑やかな夏でした。相変わら ず精力的に御活躍のこととお察しします。どうか暑さ疲れの出ま せん様、くれぐれも御自愛下さいませ。
8/ 21 (柏 市)H・K子
哲男様 いつも応援ありがとうございます。 上げた旗に恥じない句会(7/ 31の銚子吟行句会のこと)がで き、ホッとしています。銚電はとても感謝していました。……
8/ 22 (銚子市)名雪 凛々
残暑御見舞い申し上げます。 何時も御世話になって居ります。この暑さで、体は元より、頭 の中までもがギブアップ状態で、考えがまとまりません。もっと も駄作は暑さの所為ばかりではありませんが、……。 8/ 23 (柏 市)H・Y子 ▽哲男先生、こんにちは。 本当に暑かったですね、今年の夏は。しかも台風の当たり年! 地球は一体どうなっているのでしょう? 取りあえず、これか ら来るという最強の台風に備えたいと思います。……
8/ 28 (川崎市)梅津みゆき
江畑先生 東葛川柳会八月句会では、大変御世話になりまして、ありがと うございました。先生の御挨拶や選者紹介のお言葉の中から何か 掴み取ろうと、必死に耳を傾けております。 加藤ゆみ子先生には、二〇一五年二月句会で初めてお目に掛か りました。ご自宅から長時間かかってもお邪魔したい(東葛川 柳)会とおっしゃられ、一会員としても、とても嬉しく思いまし た !!
8/ 28 (松戸市)酒井千恵子 ▽ ▽
「川柳文法力」、一冊の本になる由、楽しみにしております。 お願いがひとつあります。文法の基本の基本、初心者にも理解不 足を解消する本がありましたらお教え願います。超繁忙のことと 思いますが宜しくお頼み申し上げます。
8/ 29 (松戸市)老沼 正一
今日、『ぬかる道』9月号とご丁寧な案内状が届きました。大 変なご盛況で、その運営には頭が下がる思いです。一生懸命務め ますので、よろしくお願いいたします。
9/1 (練馬区)永井 天晴
  ※ 天晴さんは、「川柳やまびこ」代表。来る十一月句会のゲス ト選者としてお招きします。
前略 山本由宇呆様 9月号の『ぬかる道』には 今までにない 最高に感動した文 章が載っていました。 「後期高齢者宣言」です。最初の4行で結果は想像出来ました が、しっかりと最後まで読ませて頂きました。 私も、経験者、 思い込みで動いてしまい、「あっ、失敗」 そんな時私は思います。 「まだ、人さまに迷惑はかけず、一人で処理し、笑いの種をまい たのだから、良しとしよう……」…… 『ぬかる道』(今月号も) 保存します。 また ステキな文章を 期待しております。 草々 (T・F)
山本由宇呆様 ご無沙汰しております。 (「後期高齢者宣言」に対して) 小生の体験…例会日は間違いないが、会場変更記事を見逃し てあたふたし…受付に問い合わせても今月は予約無し……最近 は早口言葉に挑戦しております。脳も身体も動かすようにして いるこの頃です。 (老沼正一) (※他にも口頭にて沢山の同調、激励、など頂きました。感謝 します。 由宇呆)
短信
訃報。千葉県川柳作家連盟前会長の平井吾風先生(本名:中村昇)が、八月二八日心不全のため逝去された。平成十九年の当会 創立二〇周年の大会選者を務めていただくなど、多くのご指導・ ご鞭撻をいただいた先生に、会として弔意を表した。
青森市の野沢省悟さんから雑誌を二点送っていただいた。その うちの一冊が『あおもり文芸さろん』(No.3/2016)であった。 その川柳特集が「青森県若手川柳作家特集」であり、四〇代・五 〇代の作家十二人が作品とエッセイを寄せている。解説には、やはり若手の濱山哲也さんの「若手事情を考える」があった。興味 深い特集記事となっている。
『川柳マガジン』九月号に、当会宮内みの里幹事へのインタ ビュー記事が五ページにわたって掲載されている。みの里さんは、 二〇〇〇年に柏陵高校開放講座(江畑哲男講師)で川柳と出会っ て以来、「川柳は生き甲斐」と考えて実践してこられた。インタ ビュー記事では、自らの足跡やチャレンジ精神、本音などを率直 に語っている。ぜひご覧下さい。
↓(2016年8月更新)  
前略
『ぬかる道』七月号、誠にありがとうございました。
「親の手を払う小さな第一歩」(吉田恵子さん)には、ハッとしました。私の手をはなした息子も、四十半ばです。……
      7/6 (守谷市)      海老原信考
江畑先生
『公募ガイド』七月号特集「楽しく学ぼう! 誌上川柳教室」の記事を拝見しました。ちなみに、緑葉の勉強会では(私が皆さんにそのコピーを配り)参加者全員で記事を読みました。
      7/9 (八千代市)      塔ヶ崎咲智子
江畑先生
早稲田の川柳教室、いつも楽しみにしております。あと1回で講座修了、残念です。
今回は心躍る内容で、学生時代?を思い出しました。なんか、楽しかったです。
次回の講座を楽しみにしております。
      7/24(東金市)      金田庄作
……七月句会、私にとって初めての会場でしたので、『ぬかる道』にあった地図を持参し、心細げに(?)歩いておりましたら、C子さんの姿を見つけました。思わず、「C子さ~ん!!」……。
「地獄で仏!?」はオーバーですが、「道端でC子さん!!」、ホッとできました。どうもありがとうございました。
      7/25(龍ヶ崎市)      山田とまと
江畑先生
私のような未熟者が諸先輩を押しのけ、巻頭作家に選ばれるとは全くびっくりポンで信じられません。
これを機に一層精進する所存です。ありがとうございました。
      7/28(柏 市)      城内繁
暑中お見舞い申し上げます。
『ぬかる道』、有難うございました。皆様方の「嘱目吟」はとても楽しく、また私自身の反省にもなりました。我孫子の良さを織り込んだ句をガイドの時に活用させていただきたいとも思いました。どうぞまた我孫子吟行においで下さい。東葛川柳会の益々の御活躍をお祈り申し上げます。
      7/28(我孫子市)      越岡 禮子
松山市で開催された全日本川柳愛媛大会に、福井県から番傘ばんば川柳会の久崎田圃会長と参加しました。前夜祭のテーブルでは鳥取県の方々と一緒になり、二〇一〇年鳥取大会に出席していた我々のことを覚えておられました。その夜は今川乱魚前日川協会長の思い出やサイテク川柳などに話を咲かせ、楽しく交流出来ました。……
      7/31(福井市)      山下博
前略 『ぬかる道』八月号、拝受いたしました。……
「英国のプライドEUを抜ける」(江畑哲男)。昔、読売ホール(有楽町そごう)で、サッチャー元首相の講演を聴きました。サッチャー氏はヨーロッパ統合に反対でした。独や仏は不倶戴天の敵の思いがうかがえました。……
      8/2 (守谷市)      海老原信考
短信
当会誌友の本荘静光さんが、『川柳マガジン』八月号「柳豪のひとしずく」欄にて写真入りで大きく紹介されている。川柳論「ユーモアからみた新時代の川柳の考察」もぜひご一読下さい。
『川柳東京』八月号巻頭言の「動詞を鍛える」(佐藤孔亮)が面白かった。句会の課題を考える立場から、「より新鮮な言葉、作句する気持ちを高める題を作りたい」という考えから、「あまり見たことがないような」動詞を拾い出している。一見の価値あり。
『犬吠』誌が通巻五〇〇号を迎えた。誠にめでたい。その記念すべき八月号は表紙がカラー印刷で、「五〇〇号記念全国誌上ペア川柳発表号」を兼ねている。皆さんのますますの応援(つまりは投句したり、行事に参加すること)をお願いしたい。
                                         (この項哲男発)
平成二八年朝顔川柳大会の開催
去る七月七日(木)外は炎天なるも一五〇名を越える参加者のもと、賑やかに開催された。
当会関係者も三十名になんなんとする参加があり、主催者側もびっくり仰天。
普段、馴染みのない「都々逸」について吉住義之助氏の講演と実技があり楽しい時間をすごした。
江畑哲男代表が、課題「伝統」の選者を務められた。
外は未だ強い陽ざしのなか、恒例のアサガオの鉢をお土産に三々五々浅草の街へとむかった。
一周年記念銚子川柳大会(吟行句会)の開催
七月三一日(日)はっきりしない空模様のなか、《全日本川柳2015年千葉大会in銚子》から無事、愛媛県松山市ヘバトンが渡されたのを記念して、標題のごとく川柳大会が開催された。総勢六十名の参加があり、江畑哲男代表が嘱目吟の選者を務められた。
 ○千葉県川柳作家連盟賞
   お祭りの上手な方が勝つ選挙   江畑哲男
おめでとうございます
銚子の街は目下〈街おこし〉へ懸命の諸施策を展開している。お時間のある方は、美味しいお魚を召し上がりにどうぞ。
                                         (この項巌発)
平成二八年七月二四日(日)、第41回「日立の海観光川柳大会」(日立市・日立文化協会・川柳ひたち野社)が、日立シビックセンターにて開催された。参加者約百五十名。当会からは山本由宇呆顧問ほか若干名が参加。海東昭江さんが選者を務めた。当会関係者の上位表彰者は次の通り。
 ○茨城県教育委員会教育長賞     岡さくら
 ○奨励賞・松本晴美・堤丁玄坊    海東昭江
                                       (この項由宇呆発) 
  ↓(2016年7月更新) 
お便りコーナー(含むメール)  
昨日(6/11)北上市で岩手県川柳大会がありました。成績はふるわなかったのですが、選者で選んだ句が三賞に入りました。
川柳作家よりも川柳選者のほうに力があるのかなーとがっかりと自慢と。
      6/13(盛岡市)      中島 久光
江畑先生
東葛川柳会我孫子吟行会では、大変お世話になりまして、ありがとうございました。
二〇一〇年に、ほぼ同じルートで、越岡先生のガイドツアーに参加いたしましたが、先生のバイタリティには脱帽です。(句会場でのミニ講演、とてもよかったと思います。)
印象的だったのは、楚人冠記念館(内部)と白樺文学館のピアノ生演奏です。
やっぱり、我孫子って、すごい街ですね!!
      6/16(松戸市)      酒井千恵子
先日はさっそくに御著書や資料を送って頂きまして、ありがとうございました。改めて色々な御仕事をなさっているのだなぁ、と感服致しました。伊香保では思いがけずお話しすることが出来て、嬉しかったです(いつもはご挨拶ぐらいでしたから)。なかなか関東方面の川柳家の方とは交流出来ないですが、『ぬかる道』楽しく拝見しました。
今後共、よろしくお願い申し上げます。
      6/21(大阪市)      大西 泰世
梅雨の最中です。
二年越しの根の曲がった親不知、麻酔が効かずの抜歯でした。
痛いところが増えるばかりです。「ストレスと我慢がまんの認知症」です。
『ぬかる道』から元気を貰っています。
      6/25(柏 市)      穴澤良子
大車輪のご活躍、慶賀の至りです。
私こと、年と共に足腰の衰えが進み、各パーツが独立離脱を訴え、困惑しています。
とりあえず生存の証にメッセを送らせていただきますので、よろしくお願いいたします。
      6/27(柏 市)      近藤秀方
江畑先生へ
メッセ送らせていただきます。
それから、五月句会のとき『春のブーケ』と『ひまわり』という河野姉妹の句集を頂きました。帰宅後、ゆっくり読んでみると、幼さや若さと共にある、素直さやさわやかさに感動しました。
大人の方々の句しか読んでこなかった自分に、忘れていた大切な何かを教えてくれたような気がしました。
河野桃葉様、百花さん、清花さん、ありがとうございました。
      6/27(竜ヶ崎市)      山田とまと
拝啓
川柳会ではいつもお世話になっております。又、松山行きではお手数をおかけしました。ありがとうございました。全日本川柳大会での旅は、普通の旅と違い、皆共通の思いを持っての旅なので楽しいです。……
      6/28(流山市)      水井 玲子
毎号、表紙絵を楽しみにしています。細部まで見入ってしまいます。……
      6/28(草加市)      堀野 政則
前略
『ぬかる道』六月号の「川柳の披講の音符化」、興味深く読みました。……
      6/28(新宿区)      小山一湖
短信
熊本の川柳誌『川柳ふんえん』(川柳噴煙吟社、平田朝子会長)七月号が届いた。表紙には、朱字で「頑張るけん! 熊本」と印刷されている。中面は「熊本地震体験記」という特集記事が二ページにわたって掲載されていた。そのエッセイがすばらしかった。皆さん大変な状況であるにもかかわらず、前向きな気持ちを失わず、献身的な活動をする方々をかえって気づかったりしているのである。そのお気持ちにいたく感激した。締めくくりは、平田朝子会長の一句であった。
   ありがとう何度言っても言いたりぬ   朝 子
『公募ガイド』という雑誌があるのを、ご存知だろうか? 七月号は川柳の特集を組んでいた。そのなかで、よみうりカルチャー柏の「おもしろ川柳教室」(講師:江畑哲男)が取り上げられた。「楽しく学ぼう! 誌上川柳教室」として、写真入り二ページにわたって記事が掲載されている。ぜひ手にとって、ご覧下さい。
第40回全日本川柳2016愛媛大会の開催
~柳人が来て子規が来て道後の湯~
平成28年6月26日(日)前夜祭の余韻さめやらぬ中、梅雨の晴れ間からお日様がのぞく絶好の大会日和。
全国から愛媛県松山市道後温泉へ六八六名の参加者を以て開催された。
当会関係からは江畑代表はじめ二十名近い参加者を得た。
木津川計(上方芸能発行人)氏による講演、「野球拳」「伊予万歳」のアトラクションも珍しさも加わり大層な評判であった。
今大会の表彰者~
 ・大会25年連続参加 米島暁子さん
 ・大会15年連続参加 笹島一江さん
   同 上      中沢広子さん
   同 上      中澤 巌さん
皆さんおめでとうございます。
20年、30年を目指し元気が一番を実践しましょう。
  ↓(2016年6月更新) 
お便りコーナー(含むメール)  
ますます充実の御誌拝受。
      5/16      (新居浜市)井原みつ子
前略
NHK名古屋放送局制作のテレビ番組(毎週土曜日朝七時半~八時)の「ウイークエンド中部」に「ういちゅー川柳」コーナーがあります。選者は(一社)全日本川柳協会理事・愛知県川柳協会会長の松代天鬼先生です。五月十四日放送分のお題「交流」で、拙句「思惑が巡る同業交流会」が、二番目扱い(二席?)となりました。……
この六月十五日からは、某金融機関の公的年金振込者の会で、講師を務めます。
      (福井市)      山下博
川柳会・緑葉の勉強会で、私の句を取り上げていただき、添削のご苦労を知ることが出来ました。
      5/28      Y・M子
「川柳ここだけの話」、とても参考になります。
      5/29      S・C子
江畑哲男様
今日、『ぬかる道』6月号が届きました。
恐る恐るページを捲ると載っていて、ホッとしました。拙稿に日の目を当てて下さった江畑さんに、感謝感謝です。残り2回分の原稿は、今週中にはお手元に届けられると思います。ありがとうございました。
      5/30      (広島市)淡路獏眠
『ぬかる道』で皆さまの頑張りを楽しみながら、我が身の焦れったさを感じております。川柳メッセ、よろしくお願いいたします。
      5/31      (柏 市)穴澤 良子
江畑先生
六月号の巻頭言「趣味の会の人事」、大変興味深く読ませていただきました。……
「趣味の会」というと、どちらかと言えば個人のキャラクターやパーソナリティーで運営されがち。それらと運営は別の事であり、会員が多くなった今、個人企業から脱皮する事が組織運営には欠かせない事で、それを推進する江畑先生のご苦労をお察し申し上げます。……
      5/31      (上尾市)前田良祐
『川柳マガジン』の「川柳文法力」を拝見しています。書くことに厳しさも伝わってきます。……
      5/31      (松戸市)日下部敦世
江畑先生へ
先日はビギナーズ紹介を、ありがとうございました! いよいよ腰をすえてやってみようと思い、便りを出しました。……うまくなりたいっスねー。
      5/31      (成田市)青山歩み
いつもお世話になります。
五月の東葛句会の時のお話で、長音に触れていました。「バイタリティ」「ケネディ」など「ー(音引き)」がなくても伸ばして発音する、と。帰り道、会場を出たすぐの電信柱の広告に「理容室ダンディ」とあり、一同顔を見合わせて笑ってしまいました。
      6/6      (墨田区)丸山芳夫
  短信 
平成二七年度の「川柳研究社年度賞」が発表になった。当会幹事の宮内みの里さんが「愛された過去が独りを強くする」ほかの作品で、みごとに同作家賞を射止めた。おめでとうございます。
昨年柏市で介護予防事業の一環として実施した川柳教室が、川柳の勉強会に発展している。講座に協力したのは川柳会・新樹(川崎信彰会長)で、「川柳カトレア」の名称で、毎月第三金曜日午後活動している。 
五月三一日(火)大阪市内で行われた番傘本社同人総会に、江畑哲男代表は番傘本社関東東北総局長として出席した。
NHK学園伊香保川柳大会の開催
去る六月三日(金)緑まばゆい石段の街、群馬県伊香保温泉ホテル天坊にて二〇〇名近い参加者が全国から参集された。
当会の江畑代表が選者を務められ、十名を越す応援団も呼名が相次いだ。
プログラム中、目玉はTVでお馴染みの夏井いつき氏(俳句集団「いつき組・組長」)とNHK学園川柳講座専任講師島田駱舟氏との対談であった。
当会参加者は会場の最前列に陣取り、アイドル歌手のライブを見るかの様な熱の入れ様。
「俳句VS川柳」お二人の掛け合いの妙は、会場を大いに湧せ全体有意義な一日であった。
(この項巌発)  
  ↓(2016年5月更新) 
お便りコーナー(含むメール) 
前略 ご免下さい。
東葛川柳会が来年9月に創立30周年大会をお迎えになる由、まことにおめでとうございます。ご依頼の選者の件、承知しました。
      4/5       (大阪市)田中新一
江畑先生
『ぬかる道』342号、正に拝受いたしました。ありがとうございました。
      4/18      (台湾・高雄市)花城可裕
哲男先生
本日の句会勉強させていただきました。ありがとうございます。
ところで、帰宅したら浅利猪一郎様から次のようなお葉書が届いておりました。一部ご紹介申し上げます。
〈先日江畑哲男さんより柳誌『ぬかる道』をお贈り頂き、老沼様のエッセイ「江戸のしぐさ」を楽しく読ませて頂きました。あらゆる出会いを大切にして生きていきたいと思っております。〉
秋田まで江戸しぐさ……、びっくりぽん。嬉しくなりました!
これからも『ぬかる道』大切にして生きていきたいと肝に命じました!
今後も御指導宜しくお願い申し上げます。
      4/23      (松戸市)老沼正一
早大での江畑先生のパワフルな講座から遠ざかり、力抜けをしています。
別添、よろしくお願い申し上げます。
      4/28      (上尾市)前田良祐
江畑先生
メッセ送らせて頂きます。
心の部屋のナチュラルな言葉をつぶやけたらと思い、投句して居ります。江畑先生の講座に出会い、東葛へも楽しく参加させて頂いています。その度に、諸先輩からのアドバイスや情報等、有難く耳を傾けて居ります。東葛のアットホームさが大好きです。
先生はじめ、皆様に感謝感謝です。
      4/28      (吉川市)北島澪
前略
歳月人を待たず、とか。あっという間に四ヶ月ぶりとなってしまいました。
またよろしくお願い致します。
      4/28      H・M男
お忙しい日々をお過ごしのことと思います。
相変わらず説明的な句になってしまいます。気持ちが表せません。難しいです。
また句会に参加できればと思っています。
      4/28      K・C子
哲男先生
美しい新緑の季節になりました。
今月のメッセをお送りします。よろしくお願いします。
今年のメッセ賞は、田辺サヨ子さんとはなこさん、お二人の受賞、良かったですね。お二人の作品は魅力的で、いつも注目しています。
      4/29      (松戸市)日下部敦世
生きています。
      5/3       (熊本市)田口麦彦
  短信 
4月24日(日)午前、千葉県川柳作家連盟の執行役員会が開かれ、江畑哲男代表も出席した。議題は、秋の県大会の事前協議が主であった。今年の県大会は10月18日(日)浦安市に於いて開催されることが決定している。皆さんも、今から予定しておいてください。 
5月4日(祝)呉陵軒可有追善供養「可有忌」が龍宝寺にて開催された。江崎紫峰幹事は宿題「堅実」の選を依頼され、元気よく披講した。出席者五六名。哲男・幸一・信彰・みの里・大竹洋各幹事ほか、多くの会員が出席した。 
窪田和子顧問は、この度『番傘』誌の自選作家に推薦された。
大変名誉なこと。おめでとうございます。 
 ★ 第20回つくば牡丹祭り川柳大会の開催 平成28年4月29日(金)
牛久沼に春の強風が吹き荒れるなか130名近い参加者のもと賑やかに開催された。
当会からは20名近い参加があり、以下の方々がタイトル賞に輝いた。
楊貴妃賞
 生涯の伴侶妻ではなくて酒      江畑哲男
麟風賞
 人生の指針を決めた師の言葉     北山蕗子
島輝賞
 来世でもこの児この母この故郷    松本晴美
七福神賞
 旅の灯がしばし悪女になれという   笹島一江
芳香な牡丹の花、おめでとう存じます。
(この項巌発) 
  ↓(2016年4月更新) 
お便りコーナー(含むメール) 
☆  前略 『ぬかる道』三月号、いただきました。誠に有難うございまし た。…… 佐藤先生の講演録で利口になりました。伏尾圭子さんのエッ セーはすてきでした。クオリティのある会誌に感心しています。 台湾行、楽しんでください。 草々
     3/4      (守谷市)海老原信考
☆  江畑哲男様 いつもお世話になります。 今年( 28 年)も筑波(大学)に通うことになりました。勉強と いう空間から離れていた時が長すぎて、どこから切り込んだら良 いのか、焦点が絞れずにウロウロしています。筑波の図書館に詰 めていると、教科書等の資料もそろい、快適な居心地です。川柳 と並ぶこれぞ!を探し出せたらよいと、思っています。 駐車場からも歩数稼ぎ三〇〇〇歩。冬枯れの里山を歩く感覚で 癒やし効果も得られそうです。 季節の変わり目、ご自愛専一に。
      3/ 10      K子
☆  ブログ見ました、おめでとうございます。 「番組の認知度を高め」るのに、先生の顔の広さが多分に貢献 しているのを、当局はご存知でしょうかね。そうですね。だから、 感謝状なんですね。 兎も角もおめでとうございます。
     3/ 18      (松戸市)山本由宇呆
〔同趣旨の手紙・メールをたくさん頂戴しました。 有難うございます。哲男〕
☆  江畑先生 メッセ賞を戴けること、本当に夢のようです。はなこさんとご 一緒で嬉しい……。これも江畑先生のご指導のお陰と感謝の気持 ちでいっぱいです。誠にありがとうございます。 四月句会を楽しみに致します。今年もメジロが来ますように。 さくらの開花の時に、(この嬉しい)お知らせをありがとうござ いました。庭はトキワマンサクが真っ盛りです。
      3/ 20      (柏 市)田辺サヨ子
☆  今年も早や桜の季節を迎える頃となりました。いつもお世話に なり、有り難うございます。 先生の御講義、毎回楽しみにして居ります。お忙しい中ですの に、駄作を見ていただくのが心苦しく感じています。せっかくの 講義を聞いても、頭の悪いものですから句に生かされなくて申し 訳ありません。よろしく御指導下さいませ。 かしこ
      3/ 21      H・Y子
☆  八面六臂のご活躍にただただ驚嘆しています。 今日句会に出席しようとしましたら、左右の脚の老骨が不協和 音を奏で、出席を断念させられてしまいました。折角作った句を 破棄するのも残念ですので、送らせていただきます。……
      3/ 26      (柏 市)近藤 秀方
☆  前略 『川柳マガジン』誌上でご指摘下さった「老眼に押し間違える 券売機」を、『ぬかる道』にて「老眼が 、」と添削して下さり、あ りがとうございました。助詞一つ変えるだけで句が生きる「目か ら鱗」のご教示でした。……
     3/ 27      (柏 市)城内 繁
☆  哲男先生 昨日の東葛句会、お疲れ様でした。 乱魚先生の追善供養句会で、選者の皆様からよいお話が聴けま した。反面、乱魚先生を知らない人が多くて驚きました。今月の メッセをお送りします。よろしくお願いします。 桜が咲き始めました。また、新しい一年が巡って来ます。 3/ 27 (松戸市)日下部敦世 
☆  江畑哲男様 まさしく花冷え。PCを打つ手も悴んでいます。 『ぬかる道』誌、有難うございました。読み応えがあります ねー。内容が実にすばらしい! 数ある柳誌を手にしますが、一 冊まるごと熟読したのは何年振りのことでしょう。なんだかとっ ても賢くなったような錯覚に陥っております。……
      3/ 27      (八王子市)播本 充子 
☆  早速の連絡をありがとうございます。六月を楽しみにしており ます。…… 私も野谷竹路先生の北千住の川柳教室から、もう二〇年近くの 川柳との付き合いになりました。何とか、竹路先生の教えを大切にしていきたく思っております。よろしくお願い致します。
      3/ 27      (四街道市)潮田 春雄 〔六月句会にお招きするゲスト選者です。〕 
☆  江畑哲男先生 何もしなくても春は巡って来て、庭のアーモンドの花に小鳥が 蜜を吸いに来ています。……
      3/ 28      (草加市)堀野 政則 
☆  江畑先生 東葛川柳会三月句会、今川乱魚追善供養句会では、大変御世話 になりまして、ありがとうございました。全てが印象に残る句会 となりました。 江畑先生のご挨拶はもちろん、選者の皆様のお話(とりわけ水 井玲子さんの披講前のお話)には、胸にこみあげるものがありま した。 四月からもまた、フレッシュな気分で句会にお邪魔させていた だきたいと存じます。
      3/ 28      (松戸市)酒井千恵子 
☆  前略 江畑代表には、台湾訪問ご苦労様でした。色々と成果があった ようですね。 私はジパング倶楽部会報三月号の林家たい平の川柳「雪どけ」 に初入選して嬉しく思っております。
      3/ 28      (新宿区)小山 一湖
☆  嬉しかったよ、有難う♪ ……それとそれと、『川柳ぬかる道』4月号の表紙2に、なん とまあ『川柳句集 目覚まし時計』、このブログの右側に映って いるのを、そっくりそのままカラーで掲載していただきました。 「頑張ってる順子さんに、気持ちばかりの応援です」って、哲 男さんからも嬉しいメールが届きました。有り難うございます。 川柳愛好家の皆さま。『川柳句集 目覚まし時計』を、どうぞ 宜しくお願いします、なんちゃって♪
      3/ 30      (豊橋市)鈴木 順子 
☆  ……貴兄の活躍に喝采を送っています。五度目の台湾行、「楽 しかったなぁ」にはこちらも楽しくなり、笑ってしまいました。 4月号3頁の宴会、参加している気分になり楽しめました。……
      3/ 31      (守谷市)海老原信考 
☆  桜が満開を迎えています。…… 巻頭言「五度目の台湾」、興味深く拝読しました。あの日の句 会、懇親会の様子、杜青春氏の心配りが目に浮かびます。ご一緒 できて本当に嬉しかったです。忘れられぬ記念になりました。… …
     4/2      (枚方市)三村 一子
☆  乱魚七回忌追善句会を開いて頂き、誠にありがとうございまし た。 本当に月日の経つのは早いものです。我が家でも乱魚の生まれ変わりの六番目の孫娘が六才になり、小学校に参ります。……
      4/2      (柏 市)今川 幸子 
  短信 
☆  第 45 回千葉市民川柳大会の開催 平成二八年三月二七日 ( 日 ) 千葉公園の桜の開花は如何なりやと 気になりつつも会場へ急ぐ。 投句者六三名を含む二二二名の総参加数にて開催。 当会からは二十名近い参加があり、会場を湧せた。 大竹洋幹事が格調高く選者を務めた。 タイトル賞 千葉日報社賓 とびきりの笑顔 結婚前のキミ 江畑哲男 おめでとうございます (この項 巌発) 
☆  3月 19 日(土)、番傘川柳本社関東東北総局の総会が上野の中 華料理店で開催された。出席者 23 名。犬塚こうすけ総局長は勇退 し、江畑哲男代表が新たに総局長に選任された。 
☆  3月 17日(木)、NHK千葉放送局長吉開真一郎氏より江畑哲 男代表に感謝状が贈呈された。昨年5月から始 まったNHK千葉FMラジオの「ひるどき川 柳」のコーナーが、番組の認知度を高め、放送 文化に貢献したというものである。 
☆  台北俳句会・黄霊芝会長、3/ 12 土曜日仙逝。享年 88 歳(1928~2016年)、合掌。「死んでからタバコ供える妻の愛」 (黄霊芝)。(以上、杜青春さんのブログより)
☆  日本現代詩歌文学館の館報「詩歌の森」(第 76 号)に、田口麦 彦氏の連載が始まった。「『風は吹いている』― が、現況と反 省」というタイトルにふさわしい内容で、昨今の川柳ブームの背 景と川柳界を目配りよく記されている。
  ↓(2016年3月更新) 
お便りコーナー(含むメール) 
哲男先生 今日(二月十八日)の「ひるどき川柳」、楽しく拝聴いたしま した。三浦芳子さんの大賞句、ほんとにいい句でした。……
      2/ 19      (柏 市)宮本 次雄
江畑哲男先生 ひるどき川柳二月の宿題「恋」に、三二〇句を越える作品の中 より、栄えある大賞に選んでいただきまして、ありがとうござい ます。 寄る年波には勝てません。(しかし)歩ける限り句会・勉強会 に出席いたします。来年は九十路に入りますが、今後ともよろし くご指導下さいますようお願いいたします。
      2/ 20      (流山市)三浦 芳子
〔注:ちなみに、大賞句は「遠距離の恋に切ない発車ベル」でし た。おめでとうございます。〕
哲男先生、超繁忙のところお邪魔します。 直木賞作品「つまをめとらば」、お読みになりましたでしょう か? (注:以下、読書家の正一さんらしく、「花久星運堂二代花久菅 裏」が登場していることや、その感想も書かれておりました。残 念ながら割愛させていただきます。単行本、もしくは『オール読 み物』三月号をご参照下さい。) ちょっと眩暈がしたのでメールいたしました。雑音でスミマセ ンでした。
     2/ 23      (松戸市)老沼 正一
哲男先生 昨日はありがとうございました。 「(大丈夫)二月だって三十一日までありますよ」という笑顔 で思いやりのお言葉、嬉しゅうございました。
(注: 27 日の句会 で、とし子さんが「メッセを持参するのを忘れた」と仰るので、 哲男が右のような軽妙な返答をした次第です、笑)。
東葛川柳 会、緑葉と、自分の足で歩けるうちは頑張って出かけたいです。 忘れました自由吟、同封します。今後ともどうぞよろしくお願 い申し上げます。
      2/ 28      (柏 市)山田とし子
昨日はお疲れさま。 二次会で隣に座った敦世さんに、選をあれこれ言われ、楽し かったです。 皆勤賞のプリント(←これが欲しかった)を見たら、1~ 11月で 31句、ひと月で3句にもならず、がっくり。
      2/ 28      (墨田区)丸山 芳夫
漸く春めいて参りました。 昨日の句会場の件ではいろいろ大変でしたが、巻頭言を拝見致 しますと難題もあり、心中お察し申し上げます。……
     2/ 28      K・H子
江畑哲男先生 いつも有難うございます。本日の郵便で『ぬかる道』3月号が 着きました。昨日の午後、福井県の生涯学習講座で、佐藤勝明教 授の「奥の細道」と旅文芸の講座を受けておりました。……(以 下略)
      2/ 29      (福井市)山下 博
哲男先生&スタッフの皆様へ 二月句会も一日楽しく過ごさせて頂きました。皆様のおかげ と、心から感謝しています。 そして手にした『ぬかる道』三月号! 昨秋の佐藤勝明先生の 講演が活字になって、目に飛び込んできました。脳みその中で薄 まりかけていた(?)内容がまたしっかり蘇りました。読むって イイですね。 編集のスタッフの皆様へも、みんなみんな本当にありがとうご ざいました !!
      2/ 29      (竜ヶ崎市)山田とまと
江畑先生 東葛川柳会二月句会では大変御世話になりまして、ありがとう ございました。 和室で開催……といいますのも雰囲気がいつもと異なり、また 情趣が感じられました。(すみません。膝を崩し、足を投げ出し てしまいました。丸山芳夫さんは正座していらして、びっくりポ ン!です。) ゲスト選者の渡辺梢氏の披講前のお話は、ステキなお話だった と思います。(特にユーモアについてのお話)私もごく自然に ユーモア句が吐けたらいいな、と思います。……
     3/1      (松戸市)酒井千恵子
江畑哲男様 和洋の佐藤勝明です。 「ぬかる道」341号を二部、たしかに拝受いたしました。何 かとご配慮をいただき、恐悦至極に存じます。 本当にありがとうございました。
      3/2      (記念大会講演者)佐藤 勝明
  ↓(2016年2月更新) 
お便りコーナー(含むメール) 
 ☆ 冠省、今年1回目の投句になります。 今年は、故郷の愛媛で全国大会がありますが、投句参加に終わりそうです。ぜひ前泊で道後温泉をお楽しみください
      1/11     (鹿児島市)松本 清展
 ☆ 哲男さま
昨日の(番傘本社)「おめでとうの会」はお疲れさまでした。 久々に逢えた方々から温かい励ましを頂きました。 「とうかつメッセ」を新鮮な気分でお送りします。
     1/ 12      (文京区)五十嵐 修
 ☆ 一昨年入選した「お~いお茶」。 「草取りの無我に方程式が無い」がやっと掲載され、缶茶になり、発売されました。三四〇グラムの缶なので、あまりスーパー やコンビニにありませんが、見つけた時は買ってみて下さい。
     1/ 16      (盛岡市)中島 久光
 ☆ 哲男先生
先日の江風・緑葉合同の新年会に御出席をいただき、有難うございました。お陰様で日本の美酒を楽しむ至福の時間を共有することが出来ました。 今年も美酒と会心の一句を求めて参ります。御指導のほど、よ ろしくお願いいたします。
     1/ 19      (柏 市)宮本 次雄
 ☆ 前略、先日の松原川柳会新年会では、楽しいひとときをありが とうございました。初めて投句してみました。添削して頂けるの でしたら、是非よろしくお願い致します。寒い毎日です。どうぞ ご自愛下さい。かしこ
     1/ 24      (埼玉県)中村 久代
 ☆ 哲男先生 昨日の新春句会、お疲れさまでした。…… 別件で、『川柳マガジン』の文法講座、拝見しました。丁寧な 解説で、よくわかります。例句が適切で、楽しく読めました。 やっぱり、例句が入るといいですね。形容詞の使い方は、もう バッチリのような気がします。 1/ 24 (松戸市)日下部敦世
 ☆ 江畑哲男先生 いつもお世話になっております。本年もよろしくお願いいたし ます。 新春句会、大変お疲れ様でございました。藤井厳喜先生の講演も大変興味深く、面白く、拝聴いたしました。改めて、日本の文化・伝統の素晴らしさを教わり、日本語の魅力に触れさせていただきました。もう少しお聴きしたかったです。充実の時間を有難うございました。……
     1/ 24      (柏市)伏尾圭子
 ☆ 江畑先生 ……藤井先生のご講演、本題はもちろん、猫の余談も大変楽しく拝聴させていただきました。(俳句を作ることが)「全くの現実逃避である」と断言されていらしたのが印象的でした。……
     1/ 25      (松戸市)酒井千恵子
 ☆ 極寒の候 大車輪のご活躍、陰ながら慶んでおります。私も老人ホームに 移って八ヶ月程になりますが、早くも周囲に同化し、ヨボヨボの足取りになって来ました。まだ息をしている証拠に、拙句を送らせていただきます。 益々のご発展をお祈りしています。
     1/ 25      (柏 市)近藤 秀方
 ☆ 江畑哲男様 お元気に御活躍、なによりです。毎月楽しみにしている巻頭言 です。 難読地名。松戸市に転居当時の体験談です。地元の方に叱られながら教わりました。「幸田」(こうで)と読む。「こうだ」と呼んで叱られた。「三ヶ月」(みこぜ)と読む。「みかづき」では無い、と叱られた。 五十年前の出来事を思い出しました。感謝します。
     1/ 25      (松戸市)老沼 正一
 ☆ ……成島静枝さんの句集は、「なるほど、なるほど」「そうだ よな」「うまいな」と、一人呟きながら読んでます。まとめ方も参考になります。
     1/ 27      (上尾市)前田 良祐
 ☆ 哲男先生、こんにちは。 遅ればせながら、今年も宜しくお願い致します。年明け早々に 走って転び、骨折し、全治一ヶ月半との診断でした。やはり、も う若くはない(?)と自覚しながら、今はリハビリに励んでいます。……
     1/ 27      U・M子
 ☆ 前略 立春ももう少しの頃となりました。 過日東葛川柳会の会員さんが会話の中で、「先生へ投句する時は、やわらかい鉛筆で書かないと見てもらえませんよ」みたいなことを言っていましたので、今回は5Bで書きました。よろしくお願いいたします。
     1/ 30      (新人)H・M男
〔M男さん、こんにちは。投句、有難うございます。筆記用具ですが、メッセは鉛筆でなくともOKです。読める字なら何でも結構ですよ。哲男より〕
  ↓(2016年1月更新) 
お便りコーナー(含むメール) 
 ☆ 中央区区民カレッジの生徒の吉田です。 先生のお人柄と、川柳の素晴らしさの一端を理解したように思います。ありがとうございました。 あと1回で(川柳の講座が)終わるのが残念です。これを機会 に小生がパーソナリティをしている中央FMで、川柳を取り上げてみたいと思いました。フェースブックかPCで「夢ぽけっと」と検索していただくと……、障害者問題専門番組というテーマで喋り、書いております。 お時間あればお聞きください。
      12/5  (中央区)吉田 尚
 ☆ いつもお世話になります。 明日 17日のBS日テレ「愛之助の歴史捜査」にちょっと出ていますので、良かったら見てください。8時~です。
      12/16  (豊島区)佐藤 孔亮
〔哲男:メール転送という形で、東葛の役員と有志に連絡をさせていただきました。ますますのご活躍をお祈りしております。〕
 ☆ 由宇呆先生初めまして。 東葛川柳会には投句、時々出席のSと申します。川柳を始めて、今年で10年経ちました。 『ぬかる道』 12月号の(編集風便り)で募集しておられました 川柳ボランティアに、応募したいと思います。初挑戦で、私は 月、水、木、日が、都合着けられます。よろしくお願いします。
      12/14   S子
 ☆ 本年最後のメッセをお届けいたします。一年間のご指導有難う ございました。 一月の句会には出席する予定です。良い年をお迎え下さい。
     12/22  (新宿区)小山 一湖
 ☆ 東葛川柳会では大変お世話になりまして、ありがとうございま した。楽しく廻りの方々と親しくなり、和が広がりました。お体 に気をつけてよい年をお迎え下さい。 川柳の和が広がった歳の暮
     12/24  (宮代町)梅村 仁
 ☆ 拝啓 年の瀬も押し詰まりましたが、江畑先生にはご多忙のことと存 じます。 さて、先日は大変お世話になりました。私にとって学ぶことの 多い、誠に有意義な句会でした。その上、楽しい忘年会にもお招 きいただき、本当にありがとうございました。 まもなく新年を迎えるに当たり、貴会の益々のご発展をお祈り 致しますとともに、先生のご健勝を心よりお祈り申し上げます。 まずは御礼まで。
    12/26  (さいたま市) 白子しげる
 ☆ 江畑先生 添削いつもありがとうございます。どうぞお体をお大事に。
     12/28  同趣旨数通
  短信
平成27年度のNHK学園誌上川柳大会において、小泉正夫(柏 市)さんの作品が特選の栄に輝いた。「伸び代は社会奉仕と決め ている」(三宅保州選、課題「決める」)。おめでとうございま す。
秋田市川柳協会会長に長谷川酔月氏(川柳銀の笛吟社主宰)が 就任された。市内五吟社の纏め役になられる。
昨年末、江崎紫峰幹事が『海外の川柳事情』(新葉館出版)と いう小冊子を刊行した。B5判、32ページ、頒価500円。な かなかの労作。
つくば牡丹柳社(片野晃一会長)が第四集となる合同句集『白 牡丹』(牛久印刷)を刊行した。参加者108名、A4判、210ページ余。平成27年12月刊。
『川柳マガジン』一月号「センマガニュース」に、川崎信彰句 文集『蝉時雨』が写真入りで大きく取り上げられた。
1月10日、やしの実川柳社の鈴木如仙さんが亡くなった。享年72。当会には、平成13年秋の記念大会に「川柳は愉し」のご講演をいただいた。哀悼。
  ↓(2015年12月更新) 
お便りコーナー(含むメール) 
 ☆ 前略
親愛なるエバテツさま。……
「喝」、そうか。国語の先生でも間違えるか、面白い。……
     11/9 (弘前市) 髙瀨霜石
〔注:いいえ、小生いつも間違ってばかりです。いつぞやも、本欄に貴兄の住所を「青森市」と記してしまいました。正しくは「弘前市」でしたね。〕
 ☆ 鹿児島での国文祭、お疲れさまでした。
車椅子のため小回りがきかずお会いできませんでしたが、特選での呼名、最前列の私にもしっかり届きましたよ。宮崎の柳友ですが、哲男ファンになった女性が現れたみたいですよ。会長の間瀬田紋章さんも早速ブログで『ぬかる道』を紹介してくださいました。じゃまた。
     11/10(鹿児島市) 松本清展
 ☆ 前略
ブログも拝読しましたが、柏から鹿児島、さらに熊本と文字通り東奔西走、「いたって元気」なことで、うらやましい限りです。……
     11/10(守谷市) 海老原信考
 ☆ 江畑先生
新樹十五周年記念句会では、大変御世話になりまして、ありがとうございました。
有意義なパネルディスカッションを拝聴することができました。特に「作句の環境」や「『課題』への取り組み方……つかず離れず。不即不離」のお話は大変参考になりました。……
     11/22(松戸市) 酒井千恵子
 ☆ 前略
今回も誌友の資格ですが、二ヶ月ぶりに投句させていただきます。
覚えていらっしゃるか判りませんが、昨年初めて獨協大のオープンカレッジで先生の講義を受けて以来、ちょっとした趣味として細々続けています。よろしくお願い致します。
     11/24(草加市) 平澤 政男
 ☆ 前略 御免下さいませ。
江風では何時も御世話になり、ありがとうございます。『ぬかる道』をいただき、ただただ皆様の句に感嘆するのみで、投句などもってのほかと躊躇しておりましたが、今回思い切って応募してみる事に致しました。駄作ばかりで恥ずかしいのですが、……。
今後とも無い知恵をしぼって、頑張って皆様について行きたいと思います。御指導よろしくお願いいたします。
季節の変り目、先生にはお体お大切にお過し下さいますように。かしこ
     11/27(柏 市) 渕野嘉子
 ☆ 哲男先生
……先日の野田市市民大会での高鶴礼子さんの講演は、大変聴きごたえのあるものでした。中でも会場からの質問、「林ふじをが、時実新子ほど知られていないのはどうしてですか?」に対してのお答えが鮮やかでした。中国の故事「千里の馬は常に有れども伯楽は常には有らず」を引いてのお答えが見事で、強く印象に残りました。よい講演者を見出せる人(伯楽)がいて、とてもいい大会でした。……
     11/30(松戸市) 日下部敦世
 ☆ 江畑哲男先生
朝晩寒くなっていよいよ明日からは師走か、と思いました途端、ハッと気付きました。ナント今日は「とうかつメッセ」の締め切り日でございました。
誠に迂闊でお恥しい限りでございますが、月を越しましても、何とか二月号掲載のお仲間に入れていただけましたらと、よろしくお願い申し上げる次第でございます。とり急ぎ……
     11/30   H・Yさん
 ☆ ご多忙中いつもお世話になり誠にありがとうございます。
現職の頃、当直明けの朝、毎早朝赤坂御用地内を歩かれる両陛下の護衛をした際、美しい野鳥をご覧になり、「何という鳥かしら…」と両陛下がお話になっていたとき、つい、その野鳥の名を申し上げたことがありました。
それから野鳥をご覧になるたびに私にお尋ねになるようになり、中にははっきりせず申し上げられないものも少しありましたが、ほとんどの野鳥の名は判りました。
子供の頃、よく川で泥鰌を獲り、田畑を駆け回っていました。
今ではとてもできませんが、その頃は数羽の野鳥を飼い、啼かせて楽しんでいました。野鳥は子供の頃から好きで、多くの名を覚 え、最近は松戸市の野鳥調査のボランティアも13年ばかり、主として「21世紀の森と広場」の公園の調査担当を続けました。
あまり活動はしていませんが早くから「日本野鳥の会」に入会し、同会による「バードウオッチング検定」にも挑戦して1級を取得し、いろいろな指導等も行ってきました。
川柳は「人間を詠む文芸」といわれますが、人間に関わる身近な野鳥の川柳も作ってみましたので、どうかよろしくお願いいたします。
     11/10(松戸市) 髙橋 富榮
  短信
第64回市川市文化祭川柳大会の開催
去る11月15日(日)夜来の雨もあがり好天のもと、当日参加者数150名、総勢176名参加のもと楽しい大会となった。
当会からは十名を越す参加者があり、残念乍らタイトル賞には届かなかったが、呼名の数は多く、その存在感を大いにアピールできた。
     (この項巌発)
  ↓(2015年11月更新) 
お便りコーナー(含むメール) 
秋本番、酒の美味しい季節となって参りました。メッセ自選となって四回目。句力の無いのを嘆いております。……
     10/15(柏 市) 宮本次雄
 ☆ 江畑先生
川柳会・江風で、いつも楽しく意味深い講義を受けさせていただき、有難うございます。女性四人で同時入会。今月で丁度二年になりました。
メッセ投句も七回目で、まだまだお恥ずかしい限りですが、時に何やらピカッと感じることがあり(?)、前向きに続けさせていただこうと存じます。
どうぞよろしくご指導の程、お願いいたします。
     10/24(柏 市) 羽生 洋子
 ☆ 哲男先生
九州から帰って来られた頃でしょうか。
東葛大会から続いてお疲れさまでした。東葛大会は、165名もの参加で熱気に満ちていました。佐藤先生のご講演も興味深く、学生に戻ったような気分で拝聴しました。
今月のメッセ、よろしくお願いします。
     11/1 (松戸市) 日下部敦世
 ☆ 佐藤先生の講演「韻文史の中の俳諧」、よかったですね。今迄正直言って今ひとつピンとこなかった俳句や川柳の成り立ちが、あのように上代から表にして説明して下さったことで、何故五七五のリズムなのかも含め、大袈裟にいえば目から鱗の感じで理解できたような、、、気がしました。最初は難しい話かなと身構えてましたが、そうではなく、楽しい時間でした。先生に直接「よかった!よかった!」とは言えませんので、哲男さんに……。
鹿児島はいかがでしたか?
     11/1 (中野区) 齊藤由紀子
 ☆ 哲男様
鹿児島はいかがでしたか。
11十一月に入り主婦としては、お正月が気になります。集まってくれる、子供や孫をどうもてなし、、、、、手抜きをしよう(勿論お金をかけずに)、と思案しています。女性が元気なのは、こういう雑事に頭を使うからですネ。……
     11/3 (松戸市) 船本庸子
 ☆ 哲男さん、八面六臂のご活躍ご苦労さんでした。
薩摩川内市入来の国民文化祭、披講のピリオドを飾っての特選句、難民と将棋の用語とのコラボ!の句、お見事でした。僕は囲碁・将棋・麻雀、何でも好きなので即、わかりました。格調高い作品でした。
おめでとうございました。
     11/5 (深谷市) てじま晩秋
 ☆ こんにちは。
佐藤先生の講演、本当によかったです。とにかくテンポ良く分かり易くて、最後まで眠くなるコトも無く、興味深く!、聴くコトができました。
江畑先生、佐藤先生、ありがとうございました。
     11/8 (竜ヶ崎市) 山田とまと
  短信
第二十五回伊藤園新俳句大賞の佳作特別賞に、山下博(福井市)さんの作品「西瓜割る甘き香りに笑み零る」が選ばれた。お~いお茶のペットボトルにはこの句が印刷されており、ただいま販売中だとか。博さんは過去にも二度入選を果たしており、「皆様も応募してください」というお便りをいただいた。おめでとう!
訃報埼玉川柳社の加藤孤太郎副代表が、一〇月二三日にお亡くなりになった。急性心不全のため。謹んでご冥福をお祈りいたします。
平成27年度千葉・県民芸術祭参加
――柳多留二五〇年記念――
第50回千葉県川柳大会の開催
去る、十月十八日(日)千葉市内にて総勢214名参加のもと意義深い開催となった。
濱田逸郎先生(江戸川大学特任教授)による記念講演は、現代のCM事情についてを、面白く聞かせていただいた。
全体の受付業務を、うらやす川柳会さんが初陣を飾り、好評を得て来年の開催に繋げた。
タイトル賞は以下の通り
○千葉県知事賞
 お祭りでいいよ私のエンディング 江畑 哲男
○全日本川柳協会会長賞
 本当の夫婦黙って許し合う  大戸 和興
○千葉日報社賞
 トンボの眼昭和の指を恋しがる 中島 宏孝
○読売新聞社賞
 優しさの値段が高いケアホーム 小倉 利江
皆さんおめでとうこざいました
八街市民文化祭川柳大会の開催
10月20日(火)長閑にボッチ(掘り起こした落花生を束にして積み上げ、天日干しするもの)が迎えてくれ、こじんまりとした総勢70余名の参加であった。
中身は大変に濃く、主催者の意気込みが感じられた。心の籠った、おもてなしの心は大事にしたいものである。
(この項巌発) 
  ↓(2015年10月更新) 
お便りコーナー(含むメール) 
前略いつもご活躍、まぶしく拝見しております。東天紅の写真お届けします。
このたびは、新年おめでとうの会の選者を引き受けていただき、ありがとうございます。
これからも番傘をよろしくお願い申し上げます。
     9/6(奈良県) 菱木誠
前略
いつもお世話様になり、誠にありがとうございます。
遠い昔、仕事で馬車列での大使護衛の隊長として二重橋を何度も渡りました。今回で馬の川柳は終了させていただきます。私の若い頃の古い写真を参考までにお送りします。……
     9/10(松戸市) 髙橋富榮
〔編集部注:珍しい題材の作品を楽しませていただきました。有難うございました。同封の写真、凜々しくてカッコ良いですね。
転載させていただこうと思いましたら、「転載はしないで下さい」という添え書きがありました。ザンネンですが、……。〕
九月号の「とうかつメッセ」、哲男代表の句に「喝、を入れる」とありますが、「喝、」は出すもので、「活、を入れる」が正しいと思います。別添、コピーを同封しました。また、代表が選んだ句にも二句ありました。……
     9/15 (盛岡市)中島久光
〔哲男の返信:久光様。おっしゃるとおりです。江畑哲男、降参です、ハイ。別添コピーも拝見。哲男への「喝!」、有難うございました。〕
拝啓 哲男様
すっかり秋らしくなりました。暑さでお籠りしていましたが、「行楽の秋!」とばかりに、ちょっこっと、、、、、、外出しては人混みでくたびれているとまとです。今日もメッセ送らせて頂きます。どうぞよろしくお願いします。かしこ
     9/23(龍ヶ崎市)山田とまと
哲男さん
……さて、『ぬかる道』10月号の巻頭言では、過日の「柳多留二五〇年」のことを詳細に語っていただきありがとうございました。13ページには、東京新聞の記事も、あひるの記念碑の写真入りでしっかり載せていただき、本当にありがとうございました。
実行委員が語るのではなく、外部から応援していただいていた、哲男さんにほめていただけたことは本当にうれしくありがたいことです。台東区の皆さんのことまでほめていただきありがとうございます。「柳多留二五〇年」の意義を、東葛川柳会と言う大所帯の柳誌で、2ページも割いて、また国語の教師の観点から蘊蓄も加えて広報していただきありがとうございます。
……句会日を動かしてくださってまでの皆さんとご一緒のご参加に、実行委員に成り代わりまして、心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました。(以下略)
     10/1 (さいたま市)斉藤弘美
『ぬかる道』十月号拝受いたしました。誠にありがとうございました。
「東京駅・開業百年」は愉快でした。開業式のめでたい電車が立ち往生、大国にふさわしい駅舎、フランス文学の巨頭・辰野隆は相撲部屋に入門など、楽しめる読みものでした。
会誌は成長発展し、ふところが深くなり、右のような記事まで載せる。文化団体の会誌です。 草々
     10/2 (守谷市)海老原信考
江畑先生。
本日、(NHKの)ラジオ川柳を拝聴いたしました。所用があり、車の中で(運転しながらでしたので……)、です。
(大賞に輝いた)山田とし子さん、お見事!でした。「ご馳走が並ぶ平和の有り難さ」、平凡の中の非凡、ちょっと私にはハイレベル?ですが、心掛けたいと思いました。
ご指導、よろしくお願い申し上げます。
     10/8 (松戸市)酒井千恵子
前略
このたびの「なりた川柳大会2015」に、新井季代子さんより東葛川柳会のご芳志を有難く頂戴しました。厚く御礼申し上げます。
季代子さんの披講もしっかりと個性があって、魅力的でした。
東葛の皆さん、大勢の参加感謝。皆さんによろしくお伝え下さい。……
     10/8 (成田市)阿部卷彌
  短 信
☆9月26日(土)、第六五回足立区文化祭川柳大会が梅田学習センターにて開催された。幸一・由宇呆・蕗子・布佐和子・大竹洋・紫峰・暁星の各幹事ほか、多くの会友が参加した。哲男代表は宿題「足音」の選者を務めた。なお、大竹洋幹事は「引き際の美学自答を繰り返す」で、足立区文化団体連合会長賞を受賞した。
おめでとうございます。
川柳白帆吟社の代表が交替する。成田孤舟先生は昭和40年代後半から40年以上代表を務められたが、今回勇退を決意。白帆同人の上村脩氏に後任を託すことになった。孤舟先生には、当会創立間もない時期に大変お世話になりました。改めて御礼申し上げます。有難うございました。
第22回松戸川柳大会の開催
九月六日(日)千葉県各地のトップをきって、賑やかに楽しく174名の多きを以て開催された。
毎年、当会からは三十名近い参加者があり、今年も存在感を如何なく発揮した。
川柳研究社創立85周年記念川柳大会の開催
9月21日(月・祝)217名の参加をもって開催された。近藤勝重(日川協顧問・毎日新聞客員編集委員)氏の講演は胸に迫るものがあり会場から感動の拍手が湧いた。
江畑哲男代表が格調高く選者を務められ、三才賞を含む多くの呼名が場内を圧倒した。
第13回八千代川柳大会の開催
9月27日(日)多少の雨は残るものの、当会から約20名、全体161名の参加者にて開催。
宮内みの里幹事が堂々たるコマーシャル入りの選者振りは圧巻。
マンドリン演奏と合唱、楽しい一日でした。
なりた川柳大会2015の開催
10月4日(日)夏を思わせる日差しと新装成った市文化芸術センターにて64名の参加者を得て開催された。
当会からは10名近い参加があり、新井季代子幹事が明快且つ説得力のある披講をなされた。
開会に先立ち新勝寺へ大会の成功を祈願、皆さん笑顔をこぼしつつ帰路についた。
(この項巌発)
 成田市文化団体連絡協議会会長賞
   初対面敵か味方か目で決める 中澤 巌
            編集部追記
 ↓(2015年9月更新)
お便りコーナー(含むメール) 
一息つける、涼しい二、三日です。
子供達に迷惑をかけないように、と願う毎日です。川柳とうかつメッセ、よろしくお願いいたします。
     8/27(柏 市)  穴澤 良子
残暑御見舞申し上げます。……といっても急に涼しくなりましたが。
『ぬかる道』拝読しておりますと、皆様の着眼点、表現に感心することしきりです。まずは、マネブからでしょうか。
     8/27(越谷市)  堀野 政則
前略 哲男さま。
……銚子ご苦労さまでした。あれ以来、ウチの醤油はヒゲタにしろヤマサにしろ、とにかく銚子産になりました。
     9/1 (青森市)  髙瀨霜石
「ポエムの貌」№201掲載御礼
いつも貴重で有益な『ぬかる道』、ご恵贈いただきありがとうございます。巻頭から巻末まで読ませて頂いています。……
本当にうれしいうれしいご紹介でした。感謝の念でいっぱいです。
なお、さらにお願いがあります。もし余部がございましたら、この号を飯塚書店と三省堂編集部にもおとどけいただくとありがたいのですが、よろしくお願いいたします。
まだ残暑きびしき折、くれぐれもご自愛ください。
まずは取り急ぎお礼まで。
     9/2 (熊本市)  田口麦彦
拝啓
時下ますますのご健吟お喜び申し上げます。
この度は『川柳ぬかる道』をお送りいただき、誠にありがとうございます。巻頭の「ポエムの貌」拝読しました。田口先生もいちばん伝えたかったことを紹介していただいたと、喜ばれていました。改めて御礼申し上げます。東葛川柳会の増々のご発展を祈念申し上げます。
     9/4 (文京区)  飯塚書店・飯塚行男
短信
柳多留250年記念式典句会の開催
去る8月22日(土)上野・東天紅において、川柳の原点・柳多留250年の式典と句会が150名を越える参加者のもと、盛大に実施された。
当会からも十名程が参加、植竹団扇、松田重信、江崎紫峰の各幹事が実行委員として汗をかいておられた。
尾藤三柳氏の「呉陵軒可有と花屋久治郎に関わる柳話」や「4ケ国語で名句」等、賑やかなプログラム。句会は成島静枝幹事が課題「スポンサー」で天位。《プレゼンにピピッときたとスポンサー》
冷房の効き過ぎた会場ではあったが当会のテーブルは熱気満々。
句会終了後の懇親会は二〇〇名を越す参加者で、台湾の杜青春会長、韓国の「コリアニュース」の高仁琴東京支社長と国際色豊か。帰路、上野の京成電鉄入口前の「柳多留250年記念碑」( 可愛いアヒルの像)を一撫でして帰路についた。
              (この項巌発)
  ↓(2015年8月更新) 
お便りコーナー(含むメール) 
冠省
過日の千葉大会では、県川柳協会の石神紅雀と馬場ナオミがお世話になりました。
11月の当地での国文祭、何とぞよろしくお願い申し上げます。
     7/9  (鹿児島市)松本清展
この度は『川柳ぬかる道』をお送り頂きまして、その上、直筆のお言葉まで頂き、有難うございました。『ぬかる道』の中の千葉の全国大会の様子、その時を思い出し、なつかしく読ませて頂きました。
二泊目のぎょうせい館とその海の美しさ、早朝の散歩でなめらかな石を拾って句を書き、記念にしたこと。地球の丸く見える展望館は曇ってよく見えませんでしたが、銚子の海・犬吠埼、よい思い出が出来ました。お世話になりました。……
     7/18  (熊本県)松村華菜
〔注:松村華菜さんは、この度『川柳句集炎 』を出されました。この本の解説をされた田口麦彦氏の言葉を、1ページ「ポエムの貌」に掲載しております。併せてご覧下さい。〕
江畑哲男さま
いつもお忙しいようで何よりです。さて、7月号の巻頭言に一言です。
3ページの後半「ありがとう!日川協千葉大会in銚子」の3行目に「日川協大会が県庁所在地以外の地で開催されるのは初めて」とありますが、2006年岩手大会は花巻で開催されています。
その他は分かりませんが、その時の一担当者としてご指摘申し上げます。
     7/19  (盛岡市)中島久光
〔そうでしたね。そうですよ、小生も参加していましたから。ご指摘、有難うございました。〕
 ☆ 暑中お見舞い申し上げます。この夏も何卒お元気で。
肩ごしの風を扇で招きいれ十五世
     7/19(豊島区)  脇屋川柳
暑中御見舞い申し上げます。
句作りは浮気もせずに三年目 Masashi
     7/22  (埼玉県)梅村仁
607人参加はスゴ~い!!
流石ですね。「チーム東葛」、最強!!
     7/28  (那珂市)田尻美代子
 ☆ 江畑先生
メッセ投句三度目です。書き終わると本当にヤレヤレです。……
     7/28  (柏 市)H・Y子
  短信
番傘川柳本社(主幹・田中新一氏)では、役員の一部交替があった。幹事長には、新たに菱木誠氏が就任した。去る六月一日、幹事会・同人総会が開かれ、十六日の常任幹事会で右記の役割分担を決めていった。
こちらは、千葉番傘川柳会。千葉番傘会長が交替。去る六月二〇日の同川柳会会員総会にて、前会長・江口信子氏は退任し、新たに宗吉みちお氏の会長就任が決まった。
第40回日立の海観光川柳大会の開催八月二六日(日)朝から照り付ける陽ざしは厳しいが、心なしか風は爽やかさを感じさせてくれる。県内外から127名が参加、賑やかに開催された。中澤巌幹事長が選者を務めた。
  ↓(2015年7月更新) 
お便りコーナー(含むメール) 
東北ではまだ梅雨に入っていません。晴天なのに肌寒い日があります。先日やっと炬燵をはずしました。といっても、炬燵から布団を取っただけです。
全日本千葉大会は欠席です。当地岩手県の県大会がありますので、そちらへ出掛けます。悪しからず。
     6/11(盛岡市)  中島久光
哲男様。
三年がかりの大会も無事終り、ホッとしています。銚子の方々からは、「あんなにスゴイこと、みんな分かっていなかったよね。
もっともっと協力してあげればよかったのに」なんていう声をたくさん頂きました。それをずっと言い続けていたのにね。……
私は元気です。今日から後始末にかかります。これが一番大事ですから。銚子をいっぱい応援して下さって、感謝しています。
     6/15(銚子市)  名雪 凛々
〔哲男注:大会の翌日の発信なんです。資料送付をお願いしたところ、宅配便とともに一筆箋での添え書きがありました。凛々さんの行動力と気配りに心から感謝申し上げます。有難うございました。〕
各位
二日間大変お疲れさまでした。皆様のお蔭で無事、成功裡に大会を終えることが出来ました。
日川協からの大会結果を添付致します。出席者は事前受付532名に、当日参加者75名をプラスして合計607名としました。
皆様のご協力に心から感謝申し上げます。なお、前夜祭の出席者は304名でした。
     6/16(千葉市)  中島 宏孝〔全日本川柳千葉大会事務局長〕
江畑先生
まずは全日本川柳千葉大会、ご盛会おめでとうございました。
そしてこの度は、その件で大変お世話になりました。(ホテルが取れなかった状況説明の後)もう参加を諦めるようかと思っておりましたところ、またご多忙な先生にお助けいただき、どうもありがとうございました。(石川)雅子さん、(青木)薫さんともども感謝いたしております。……
ところで翌十五日は、水郷佐原のあやめを見て帰りました。お天気が良すぎて干からびそうでしたが、あやめ・しょうぶなどその種類の多さと株の多彩さに驚かされました。
いろいろありがとうございました。全没ながら、楽しい旅でした。
     6/17(立川市)  柏野遊花
江畑哲男常任幹事
千葉大会ではお世話になりました。
本日(6月23日)正木敬梧君のメダルと賞状を、学校へ発送しました。賞状は宅急便で送れないため(信書扱い)普通郵便でお送りしています。宜しくお願いします。
     6/23  全日本川柳協会事務局
哲男様
銚子での大会、大成功のご様子、参加した方やスタッフの方などのブログ拝見しながら、スゴいなぁ~と、思うばかり……。哲男先生、もうお疲れは、癒えたでしょうか。
     6/24(龍ヶ崎市)  山田とまと
先日はお世話になりました。私にとっても良い大会になりました。本当にありがとうございました。……この度は『ぬかる道』を送っていただき恐縮しております。これからもよろしくお願い致します。
     6/24(深谷市)  酒井青二
        〔11月のゲスト選者〕
江畑先生
(6月句会の感想のあと……)、齊藤由紀子氏の「前口上」、素晴らしく、感動しました!……
     6/28(松戸市)  酒井千恵子
江畑哲男先生
情報に感謝! 「JK」、初めて知りました。
「百ロン」……、すれ違いの親娘(JK)の会話から流れた言葉だが、意味不明だった。丁度ローソン百円ショップ(元ショップ99)の店前なので、「そうか、若者略語か」とわかった次第。
毎日、JKと親しく会話出来ることが羨ましい。
     6/29(松戸市)  老沼正一
〔いつも、メール有難うございます。「JK」に関連して、ある方からは「(昔ながらの)BSも元気です」というお葉書も頂戴しました。「BS」(ばあさん)です。〕
哲男先生、こんにちは。むし暑くなりましたね。……
今月も「メッセ」頑張りました。本当に勉強になります。これからも、楽しみながら、苦しみながら(?)、投句をしたいと思います。宜しくお願い致します。
     6/29  (川崎市)M子
哲男様
句会日(6/27)は少々お疲れのご様子、心配をしております。まずは睡眠とか。いい眠りと目覚めを祈っております。
     6/29(松戸市)  Y子 
  短信
江畑哲男代表は、『川柳塔』7月号に「リアリズムの復権」を書いた。
十四字詩を世にアピールするユニークな川柳雑誌『風』(佐藤美文編集・発行)が、97号(7月1日発行)を迎えた。来年4月発行分で、100号を迎えるという。ただいま、読み応えのある記念号にするためのアイデアを募集している。なお、同誌の創刊は平成九年一月一日、発行者・佐藤美文氏の定年の年であった。
一方、『川柳・明日香』(発行者:てじま晩秋)誌が終刊を迎える。こちらの創刊は平成8年1月。本年で20周年を迎える。これまで同誌は、編集・会計・印刷・配送等の雑務を、すべてお一人で執り仕切っていた。晩秋氏によれば、「体力的にもまだまだの自信はある」が、「創刊二十周年記念」の節目・区切りをもっての「ジ・エンドがよろしい」と結論づけたという。 
  ↓(2015年6月更新) 
お便りコーナー(含むメール) 
江畑先生
五月の東葛川柳会では、大変御世話になりましてありがとうございました。句会参加以来、「初」の二重丸(!)をいただけて、とてもうれしい気持ちになりました。……これからもマイペースで頑張ります。……
四月号からの熊谷勇氏の『ぬかる道』表紙絵、とてもステキです。ふんわりしていて、なごみます。
     5/24(松戸市)  酒井千恵子 
前略
先日(5/17)の「元気塾」のご講演、ありがとうございました。開設以来の満員抽選で、入場者が決まったそうです。
内容もやさしく、先生の声がよく通ってわかりやすいと評判でした。ありがとうございました。……
     5/26(柏 市)  小川 定一 
蛇足)
我が川柳会には、会長(髙橋昌也氏)をはじめ、筑波山「ガマの口上」保存会講習皆勤が三名おります。公の場で次々デビュー!!
男性二人は居合い術有段者ですので(口跡もきれい)、保存会の中でも出色の様です。デビュー会場には柳友達と応援に駆け付け、盛り上げて楽しんでいます。
     5/27(那珂市)  田尻美代子 
前略
『ぬかる道』六月号拝受いたしました。誠にありがとうございました。
中尾隆之氏の講演録、新春句会参加者の気分で楽しみました。これだけ長い文章を読みやすく仕立てる人材が、東葛川柳会にいるのですね(誤字なし、段落適切)。驚きました。
新刊書紹介も、情報豊かで読ませます。すごい会報です。草々
     6/1 (守谷市)  海老原信考 
冠省
鹿児島国文祭まで5ヶ月を切りました。事前投句数は5月29日現在で、高校・一般365名、小中学生59名らしいです。引き続きご協力のほどよろしくお願いします。
     6/6 (鹿児島市)  松本清展
哲男様
お世話様です。
私は会場の準備チェックが済んでから、ホテルに行きます。梅雨入りしましたが、週間天気予報では銚子の13・14日は曇りです。
12日午前中が雨で午後から曇り、15日が曇りのち晴れなので、まず雨は心配しなくてもよさそうです。
     6/8   (市原市)津田暹
哲男様
お世話さまです。
今、観光の参加者名簿拝見致しました。大勢参加して頂きうれしく思います。
13日(土)は、私も駅で出迎えを致します。……
いよいよ今週になり、連日打ち合わせ・つめをしっかりやっているところです。ポスター・のぼりなど大いに歓迎ムードを高め、心よりおもてなしができるよう、銚子の方々にもお願いしています。どうかよろしくお願い致します。晴れ女の面目が保てますように。
     6/8   (銚子市)名雪凛々
〔編集部注:いよいよ大会間近になって、毎日のように連絡を取りあう場面が出てきています。電話・ケータイ・FAX・メール等、通信機器を駆使する日々です。ちなみに、津田暹会長とはメール、名雪凛々さんとはFAXのやりとりでした。〕
大戸和興様
お手紙ありがたく存じました。『ぬかる道』もうれしく存じました。
昔から作りはしませんが川柳のファンです。俳句に代わって日本文芸を代表する日を待望しています。
     5/27(文京区)   外山滋比古 
外山先生の『知的生活習慣』を紹介した『ぬかる道』6月号をお送りしたところ、先生からお礼のハガキが届きました。
                (大戸和興)
今日初めて「ラジオ川柳」を聴きました。
10分ちょっとの江畑節でしたが、さすがな出来! 聴き入りました。260句も応募があったそうで、すごいですね。大賞作品「赤ちゃんが笑うみんなで又笑う」、いい句ですね。ワンポイントアドバイスも、いい締めでした。じつは、拝聴するためステレオラジオ買い求めたのですが、良かったです。次回応募しようと思います。
     6/11(千葉市)   末吉 哲郎
短信
盛岡在住の中島久光幹事は筆まめである。メッセ投句の際などに、一筆箋で近況を添えてくれる。その久光幹事は、今年1月から地元紙に「詩歌の窓」欄という川柳の鑑賞欄を担当している。ペンの走りはなかなか快調のようだ。
東葛川柳会の常連である山口幸さんが6月1日に亡くなられた。享年九十二。亥年。つくばね番傘川柳会会員として、また竜ヶ崎雪柳川柳会会長としてご活躍された。当会との繋がりは、平成9年発行の当会10周年記念誌『川柳・贈る言葉』今川乱魚編256頁に投句されている。それ以前から東葛例会には必ず参加されていた。同郷の誼で(幸さんは宇都宮、由宇呆は鹿沼)小生が東葛入会の平成11年以来、北関東の噛みつき方言(語調が荒いので傍で聞くと喧嘩と勘違いされる)でのお付き合いだった。彼女は端切れを使った袋物の創作を得意としていて、時には句会の参加賞としてペットボトルの袋を大量にご提供頂いたこともある。思い出は尽きないがお別れは世の定め。ご冥福を祈りたい。
                 合掌 (山本由宇呆)
999川柳会の代表であり、当会の誌友でもあった今村幸守氏が、5月16日に亡くなった。幸守さん自身、晩年は病状や入院先等を堅く伏せておられたと言う。謹んでご冥福をお祈りしたい。
第51回さいたま川柳大会の開催去る5月17日(日)夏日にはえる白いシャツが眩しいなか130名の参加者にて実施された。
成島静枝幹事が堂々と選者を務められ好評をはくした。他に当会より5名の参加があり、呼名が相次いだ。
帰路、大宮にて反省会。こちらの方が面白かったは陰の声。
全日本川柳千葉大会最終合同会議の開催
5月21日(木)千葉市内において、第七回合同会議が実施された。大会当日まで一ヶ月を切り最終詰めの部分が議論された。
全国からのお客様をいかに、おもてなしするか最後まで活発な議論が続いた。一人でも多くの参加者を募り、賑やかで楽しい大会になるよう祈らずにはいられない。
  ↓(2015年5月更新) 
拝啓
突然一筆申し上げます。
初のお孫様ご誕生、誠にお目でとうございます(万歳)。
いつも大変お世話様になりありがとうございます。
昔の話で恐縮ですが、私は皇居・東宮御所へ約39年間勤務し、勧奨退職し23年になりますがお蔭様にて重病もせず、毎日元気で楽しく、健康寿命をどんどん延ばしており、本当にありがたいことです。
在職中、馬車に乗った外国の大公使を、大手町のパレスホテルから二重橋を渡り皇居参内時に、護衛のため乗馬して二〇数回(50回以上往復)皇居二重橋を渡ったことか懐かしく思い出され、未だに夢にまで見ることがあります。
信任状捧呈式(外国の大公使が日本国へ赴任の際、当該国の元首から信任状を天皇へ提出する儀式)のため、大公使が自動車か馬車かで二重橋を渡り皇居へ参内します。
自動車の場合は側車(サイドカー)で護衛に当たりましたが(40数回往復)、希望の多い馬車で参内、退出の場合は、任務として乗馬して大公使の護衛に当たりました。
そのため長期間、可成り厳しく苦しい乗馬訓練を行い、一定の検定試験に合格後、初めて乗馬して大公使の護衛に当たりました。
「馬」を主とした川柳を懐かしさのあまり思い出しつつ4~5回出させて頂く予定ですが、一般社会とは掛け離れており、川柳には相応しくないかも知れません。しかし、少々変わったものもよいのではないかと思い出させて頂きますので、ご多忙中誠に恐縮ですが、どうかよろしくお願い申し上げます(馬に関してはほ
とんど体験したことです)。
               敬具
     4/11  (松戸市)髙橋富榮

〔代表注:富榮さんは、『ぬかる道』4月号の巻頭作家です。句の背景について、詳しくは分かりませんでしたが、句から滲み出てくるリアルな表現に心打たれて、巻頭にさせていただきました。
改めて『ぬかる道』4月号をご鑑賞ください。〕
こんにちは。土日と石岡~筑波山麓に行ってきました。東京組と茨城組、計40人ほどで都々逸大会を楽しんで来ました。
そちらはいかがでしたか? 風土記の丘はあいにくの雨でしたが、桜並木は見事でした。土曜の朝、石岡に着いたとたん桂文生師匠が迷子になり、そこでなんとばったり(植竹)団扇さんと会ったおかげで、無事「発見」されました。これも同じ日に会があったおかげです。
     4/14  (豊島区)佐藤孔亮
江畑哲男先生
参加することに意義ありのつもりで、出してみます。よろしくお願いいたします。
     4/21  (越谷市)堀野 政則
江畑先生、よろしくご指導ください。
新会員の谷内拓庵です。只今かけ出し修業中です。「虫明の迫門の曙見る折ぞ都のことも忘られにけり」(平忠盛)の、虫明(むしあげ)在です。いいところです。
     4/22  (瀬戸内市)谷内拓庵
〔哲男:投句とお便り、有難うございます。
『平家物語』ゆかりの地から、有難うございます。「虫明地区の迫門(せと)の曙」はあまりにも有名ですね。一度ぜひお訪ねしたい場所です。〕
前略……
又、入院しない様にビクビクです。川柳メッセよろしくお願いいたします。
     4/25  (柏 市)穴澤 良子
江畑先生
メッセ、どうぞよろしくお願いいたします。一ヶ月の早いこと!です。
     4/27  (我孫子市)川瀬幸子
お世話さまになります。……
5月17日「元気塾」の申込み致しております。
     4/28(柏 市)小川 定一
坂牧様と難波様のたて続けの訃報に驚き、ただただ残念でなりません。ご冥福をお祈りします。
     4/28  (那珂市)田尻美代子
 ☆ 前略
第一回のメッセ自選四句を提出します。……
地道にコツコツやるつもりですので、よろしくご指導をお願いいたします。
     4/30  (新宿区)小山一湖
  短信
4月29日(祝)、かながわ県民センターで開催された第86回京浜川柳大会は、今年も盛会であった。江畑哲男代表は選者を務め、庄二郎・みの里・敦世・康子各幹事ほか多くの会員が大会に参加した。大会終了後哲男代表は横浜中華街に流れて、青森・山梨・静岡のメンバーらと懇親を深めた。
5月3日(祝)、呉陵軒可有追善供養「可有忌」が龍宝寺で開催された。参加者四六名。川崎信彰幹事が宿題「極意」の選者を務め、大竹洋・幸一・紫峰幹事ほか多くの会員が参加した。
☆第19回つくば牡丹祭り川柳大会の開催
去る四月二九日(水・祝)夏を思わせる好天の下、一二六名の仲間が集い賑やかに開催された。
当会からは約二十名が参加し、山本由宇呆幹事が格調高く選者を務められた。
タイトル賞として
 ○連鶴賞 課題「波紋」
  励ましの檄がパワハラだと言われ 松本晴美さん
 ○御所桜賞 課題「糸口」
  手作りの弁当誉めてから地獄  布佐和子さん
 ○紅輝獅子賞課題「当然」
  いざという時はやっぱり金である 水井玲子さん
お三方、おめでとうございます。来年もきっと素敵な花を付ける事でしょう。
                 (この項巌発)
  ↓(2015年4月更新) 
『ぬかる道』ご恵投、有難うございました。
冒頭に、夢厨會の連句付け合いの心を取り上げて下さり、光栄です。
「メモリアルイヤー」(巻頭言)のご文章、まことに達意。何か運動をやろうという者にとって、重要なことを整理して下さっています。単なる夢追い人ではない、実践家としての哲男さんのありのままが出ています。押しつけがましく感じさせないところ、さすが川柳人は人間通と思いました。……
     3/8 (町田市) 佛淵雀羅
南国土佐は暖くなっております。突然のハガキにて失礼の段、お許しの程。
本日新葉館より『我思う故に言あり江畑哲男の川柳美学』、届きました。「書きも書いたり」のお言葉通りのズシリと重たいご本に私は、タマルカコンナニイッパ書いちゅう(土佐弁)と驚されました。私は、あまり川柳の句ばかりが何百も並べられた句集は好きでは有りません。先生の本に出会えました事、老眼に拡大鏡をプラスしたりする今では、最後のページに辿り着くのにはずいぶんと日はかかりそうですが、まずは自分の興味の有るページから日に少しずつ始めます。
一冊のノートも用意しました。「江畑哲男全集」が作れそうです。まずは、このご本へのチャレンジのスタートに決意表明を先生にご報告し、最後のページを完読出来ましたら、又ご報告させて頂きます。……
     3/8  (南国市)土居志保子
冠省
御清祥と存じます。過日は『ぬかる道』、お送りいただき有難うございます。
いただいた日に御礼状を出しましたが、住所のまちがいで返送されて来ました。片目でのエラーと思います。おくれて申し訳ありません。右御礼申し上げます。不一
     3/9  (豊島区)脇屋川柳
拝啓
三月も彼岸を迎え、春の光になりました。庭にさんしゅゆの花が黄色く咲いています。……
いつも前向き、お忙しい先生が、毎月のメッセと更にお忙しく大変な事と思います。私は出句するだけですが、大変です。よろしくお願い申し上げます。
     3/21 (流山市)水井玲子
江畑先生へ
ブログの「孫の句」論争、おもしろいですネ。「ダメ元の問いかけ」も同じく。……
     3/24 (龍ヶ崎市)山田とまと
江畑先生
いつもお世話になっています。初めて『川柳マガジン』に投句しました。
4月号に、五句抜けました嬉しくて(すみません)メールしてしまいました。これからも宜しくお願いします。
     3/29 (吉川市)北島澪
▽哲男先生
今月のメッセをお送りします。
何とか間に合うでしょうか。よろしくお願いします。桜が咲き始めました。
また、新しい年度が始まります。
     3/29(松戸市) 日下部敦世
☆  江畑哲男先生
3月句会にお招きいただきありがとうございました。会員の皆様とは昨年1月以来でしたが、皆さんがお元気で和やかに川柳を楽しんでおられる姿を拝見して、川柳の原点を見た思いで感動しました。
また、哲男先生の下に、さまざまな任務をスピーディに処理しておられるスタッフの皆さんの姿にも、私達が学ぶ点が多々あったと、同道した当会会員ともども話し合いながら帰ってきた次第です。
とりわけ、文台はその発声の音量、発音の確かさ、間合の取り方、文台としての所作など全てにおいて他のお手本となるものでした。文台は選者と作者をつなぐ披講のリズムを安定させ、句会に適度な緊張感をかもしだす重要な立場にありますが、その役割をしっかり果たしていると思いました。
哲男先生と東葛川柳会の皆さんは、6月の全国規模の催しの準備でお忙しいと思いますが、今後も益々の御健勝・御発展を祈念しております。
     3/30 (横浜市)渡辺 貞勇
『ぬかる道』拝受、いろいろと大変ですね。暗合句はオレの句だと言ってなかなか認めてもらえず、大変
困ったとある大先生に聞いたことが御座います。(今回は)無事に収まった由、良かった良かった!
     3/31 (松戸市)老沼正一
 ☆ 前略
『ぬかる道』四月号、拝受いたしました。誠にありがとうございました。暗合句というものを発見、しかもコトを無事におさめたとは見事です。鬼平ではありませんが、冴えたリーダーには勘働きがあるのでしょう。名声高まるばかり、めでたい限りです。          草々
     4/2  (守谷市)海老原信考
3月30日(MI・Uさんからメール)
*突然すみません、どうしたら初心者の域を出る事が出来ますか?四月号の「ビギナーズ道場の主旨」を読ませていただきました。③と④が、私に足りない気がしますが。……
《編集註……③④は『ぬかる道』4月号32 頁参照。》

3月31日 (ビギナーズ道場主返信)
*ぬかる道を大変丁寧に読んで頂いて、有難う御座います。初心者と上級者の領域を区切るのは至難の業です。
……中略……
ある日の作品は突然初心者を飛び越えることもあり、また次の作品は初心者に戻ることもあります。
また、あるポイントでは、上級者でも、別のポイントでは初心者クラスという事もあり得ます。
また、講評者の体調や考え方で若干の講評基準が変わることもないとは言えません。
また、(これも書きましたが)答えは一つではありませんから講評を唯一の答えと思う必要はありません。
したがって、○が付いたかどうかで一喜一憂する必要はありません。むしろ、一つの考え方だと割り切って、次への踏み台として下さい。
多読・多作・多捨は、考える機会を自分で増やす絶好の機会です。ビギナーズ道場だけでなく、句会に出られなければ課題に投句をして、メッセにも投句をして、頑張ってください。
メッセは、ちょっとした手直しもして載せてくれます。焦らずに、続ければきっと上達します。

3月31日 (MI・Uさんからメール)
………前略………
私の質問に早々にご返事頂き、有り難うございます。言葉の一つ一つを、今噛みしめております。
お陰さまで、気持ちがだいぶ楽になりました。おっしゃる通り、講評に一喜一憂せず、自分らしく進んでいきます!多読・多作・多捨は、諸先輩に常常言われていました。
改めて気付かされました。……後略……
短信
神奈川県川柳協会の役員が改選された。金子美知子氏に代わって、新会長に渡辺貞勇氏が就任した。
3月27日付け日本経済新聞文化欄に、赤井花城ふぁうすと川柳社主幹のエッセイが掲載された。1029年創刊の『ふぁうすと』は、このほど通巻一〇〇〇号を迎えた。エッセイは、「川柳に精神読み継ぎ一〇〇〇号」という大見出し、「戦時中もはがき使い発行」などの小見出しがあって、読みやすく興味深い内容になっている。
第39回全日本川柳二〇一五年千葉大会が、いよいよ目前に迫ってきた。3月30日(月)には千葉市内で第5回実行委員会が開催された。休憩ナシ、三時間にわたって細部に至るまで協議し散会した。
4月4日(土)午後、川柳きやり吟社創立九十五周年記念大会がアルカディア市ヶ谷にて盛大に開かれた。記念大会は三部に分かれ、第一部は記念行事、第二部は記念句会、第三部は懇親パーティーで、出席者は一七二名の盛会であった。哲男・和興・幸一各幹事ほかが出席した。また、当日は『日常茶飯』(記念合同句集、新葉館出版、一三六ページ)と『喜怒哀楽』(小金沢綏子著)が参加者全員に配布された。
訃報。難波ひさしさん(流山市)が四月一日に亡くなった。享年八八。ひさしさんは江戸川柳に造詣が深く、『ぬかる道』誌でも古川柳紹介の健筆を振るっていただいた。私家版ながら『江戸川柳に見る家族の風景』を平成十七年に刊行し、さらにその復刻版を同二四年に改めて出版している。ご冥福をお祈りいたします。
第17回彩の国川柳大会の開催去る三月十四日(日)曇り空乍ら桜も咲こうかという暖かさの中一三四名の参加者を得て開催された。当会からは十名の参加があり呼名が相次いだ。
なお、来る五月十七日(日)埼玉川柳社の第51回大会が開催される。当会幹事成島静枝さんが選者を務められる予定につき奮ってご参加のほどを。
第44回千葉市民川柳大会の開催3月22日(日)開花を明日に控えた桜に迎えられ198名の参加を以て賑やかに、かつ格調高く開催された。
当会の川崎信彰幹事が選者を務め他に20名近い参加をみた。
タイトル賞として~~
 【千葉市長賞】課題 「ラッキー」米島 暁子選
    春風とベースアップが対で来る本間千代子
他にも三才賞が続出したが残念ながらタイトル賞には結びつかなかったが、皆さん大いに頑張りました。おめでとう御座います(この項巌発)
  ↓(2015年3月更新) 
  お便りコーナー(含むメール)
前略
一月の退院から暫く経ってしまいました。
暮れにはメッセでお気遣いいただいて、申し訳ありませんでした。……(病状の説明ほか便箋2枚、略)
少しでも元気を貰えたらと『ぬかる道』を開くと、昔のことばかり蘇ります。
川柳メッセ、毎月になったのも知らず、(窪田)和子さんからのお手紙で知りました。句を作るのにも身体がシャンとしないと、暗い気持ちが先走り、引いてしまいます。
いろいろまとまらないことばかり書きましたが、お心遣いありがとうございました。心も身体も春を待ちたいと思っております。乱筆乱文お許し下さい。
     2/14 (柏 市)穴澤 良子
二月十七日、朝のトイレ中の地震にびっくりしました。ウオッシュレットのボタンを押す瞬間だったので、どうしようか躊躇しました。そのまま逃げるに逃げられません。そのうち収まりました。「メッセ」毎月となり、よいことです。今月もよろしく。
     2/18 (盛岡市)中島久光
〔編集部:いつもお便り有難うございます。東北の地震、心配しました。被害がなく、何よりです。
しかしながら、災害というのは「時」を選んではくれないのですね。トイレの最中とは!〕
▽哲男さま
冷え込みがゆるむと何かホッとします。間もなく、と言うよりは、到頭という思いが実感で、遂に傘寿になります。
     2/22 (文京区)五十嵐 修
哲男さま
『ぬかる道』、繋げることができました。ご配慮ありがとうございました。メッセ送らせていただきます。よろしくおねがいいたします。
     2/25 (柏 市)良子拝
江畑先生。
二月の句会では、大変御世話になり、有難うございました。「暗合句」の問題、先生のお話からご苦労のご様子が読み取れました。
『川柳マガジン』二月号(211ページ)竹田麻衣子さんの編集後記、最終行も重い、です。……
     3/1 (松戸市)酒井千恵子
〔編集部注:ちなみに、『川柳マガジン』二月号編集後記にはこうあります。「川柳総本山の宿命か、暗合句に悩まされている。何か手を打たねば。」〕
  短信
すでにご存知の方も多いが、第4回尾藤三笠賞を太田紀伊子幹事(つくばね番傘川柳会会長)が受賞した。おめでとうございます。
かねて病気療養中だった当会維持会員・坂牧春妙さん(港区)が、1月31日に逝去された。告別式は2月5日に親族のみにて執り行われ、同月28日には四谷の教会で追悼ミサが行われた。当会からは、成島静枝幹事や石川雅子さんらが参列した。謹んでご冥福をお祈りします。 
  ↓(2015年2月更新)  
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
「メッセ」が毎月になるとのこと、よろこばしい限りです。これで毎月のリズムが、順調に推移します。
忙しくなると思いますが、それが川柳界の隆盛につながると思います
     1/11 (盛岡市)中島久光
(追伸)
「すずむし」吟社の誌上大会で6位に入りました。「いい人と言われ約束ばかり増え」(中島久光)。題「約束」3080句から。
啓上
御元気で御活躍の御様子、なによりと存じます。この度は、「週刊読書人」紙上にて、私監修の『川柳みだれ髪』を御書評賜わり深謝申し上げます。林ふじをという川柳作家の存在が広く認識されればと存じます。時代を先取りしてのすごい女性ですね。
              敬具
     1/17 (横浜市)復本一郎
江畑哲男先生
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
朝日新聞千葉笑い(川柳)で、昨年末年間賞を頂戴することになりました。……
     1/24 (千葉市)大村英正
〔編集部注〕おめでとうございます
昨日はお世話さまでした。
中尾氏のお話はとても楽しく、久し振りに笑いどおしでした。
(以下略)
     1/25 (松戸市)笹島一江
〔編集部注〕中尾先生の講演は大好評でした。同趣旨のお便り、この後も多数いただきました。
……
東葛新春句会、いつも東葛さんのエネルギーに圧倒されます。
思いがけず特選で、林ふじを句集をいただきました。本当に嬉しかったです。改めてお礼申し上げます。「いつの世も女は女みだれ髪」。ありがとうございました!!
     1/26 (中野区)齊藤由紀子
……
中尾隆之氏の特別講演、本当に良かったです! 心から楽しめました。(お菓子の話題、私は興味深く拝聴。十種のうち、九州の「ヒヨコ」だけ、まだ……)
     1/26 (松戸市)酒井千恵子 
江畑先生、こんにちは。
『ぬかる道』2月号、先生の巻頭言拝読。その中の台湾川柳のお話の中で、「川柳そのものを楽しむ」とありました。そして、日本は「競吟」の傾向が強い、とも。同感です。……
     1/26 (龍ヶ崎市)山田とまと
前略です。
「とうかつメッセ」がとうとう毎月となってしまいました。老いてモタモタの我が身、ついてゆけるかな!?
ため息ついています。……
     1/27 (流山市)窪田和子
哲男先生超繁忙のところお邪魔いたします。
『川柳マガジン』2月号「川柳文法力」拝読◎
形容詞・形容動詞のお話、やすみりえさんの『召しませ川柳』から、実践指導有り難う御座います。
何しろ「文法力」など頭に無いですが、引き続き勉強します。
また寒さが厳しくなる。御自愛願います。
     1/28 (松戸市)老沼正一
前略
先日は意を尽くした話もできず、心苦しく思っております。にも拘わらず、ご丁重なお手紙を頂き、ありがとうございました。
活気あふれる会の様子、感銘を受けました。組織を運営する身として、刺激を頂きました。
今日は新幹線開業間近の金沢に取材に来ております。雪がちらつき、格別の風情で、街も元気づいていました。旅路から改めてお礼を添えて、ご活躍を祈念します。
                草々
     1/31 (金沢にて)中尾隆之 拝
  ↓(2015年1月更新)  
お疲れさまでございます。
早いものでこれが今年最後の投句になるのですね。
今年は、無事入院ゼロで過ごすことができました。
この調子で新しい年を迎えたいと思います。佳い年をお迎えくださいませ。
     12/9 (鹿児島市)松本清展
哲男様
『ぬかる道』11月号で前立腺ガンの精密検査について書きましたが、11月20日に検査をした結果、数値が3・4となり、年一回の健康診断でOKとなりました。不起訴とはいえないものの、執行猶予といった感じです。
     12/12 (盛岡市)中島久光
昭和55年に客席でこっそり録音した立川談志の「代書屋」。そのマクラで談志曰く、
 「古池や蛙飛び込む水の音=俳句
  一つずつ蛙をしまう水の音=川柳
池が、蛙を懐にしまう発想がいいいねえ。」
(私流の解釈では)洗濯物を取り込むような、カンガルーがお腹に子をしまうような感覚か。
ついでに、落語家の川柳も紹介していた。
 (文楽)都電から神田祭りを横に見る
 (小勝)新婚も天城を越えてらしくなり
 (馬生)湯豆腐は二人の愚痴を聞いている
 (志ん生)味の素あまり不思議で舐めてみる
 (志ん生)目薬の看板の目はどっちの目
 (小さん)くしゃみすりゃ洟ありったけぶら下がり
以上、秘蔵の違法テープから起こしたものです。
     12/17 (墨田区)丸山 芳夫
〔編集部注〕
右は、江畑哲男代表のブログ「落語と川柳」に刺激されて、落語通の芳夫さんが手紙をくれたものです。
江畑先生、こんにちは。
メッセに投句させて頂きます。よろしくお願いします。
『ぬかる道』12 月号の巻頭言「滝のおトイレ」もおもしろかったです(笑)。
私もけっこう大人になるまで勘違いしていた言葉があり、先生の一文を読んで思い出しました。それは「うちゅうかん」です。子供の頃、大人達はテレビのナイター中継が終ると、ラジオをつけて、その後の試合を聞いていました。すると実況アナが「う
ちゅうかんに打ち上げました……」等と言います。子供の私は、「宇宙間まで打つなんて、スゴイナー……」と心の中で思うものの、野球のことは分らず、口に出して言うことはありませんでした。それが「右中間」であることを知ったのは、かなり大人になってからで、もちろん「エッ!!そういうことだったの!?」とビックリでした。(後略)
     12/19 (龍ヶ崎市)山田とまと
前略
一年間大変お世話になりました。特にメッセ特別賞という過分な賞をいただき、老いの身の励みになっております。(中略)
11月28日「朝日新聞」に吉川英治に関する記事が載りましたが、記述に疑問があり、川柳愛好者としては見過ごせないことなので、問合せのハガキを執筆者宛に出しましたが、本日現在何の連絡も来ておりません。ご参考までにコピーを同封致しますので、ご覧ください。(後略)
     12/21 (柏 市)飯野 文明
〔編集部注〕朝日新聞編集部宛に出した文明さんのハガキ(コピー)を、下に掲げます。
〈前略 ご免下さい。
11月28日付け「各駅停話」244「二俣尾」の中で、吉川英治が住民に「俳句」を教えていたとの記述がありますが、「川柳」ではなかったかと思います。英治が小説家になる前は雉子郎の名で、井上剣花坊主宰の柳樽寺川柳会の同人で、達吟家として活躍していたからです。
もしそれが「俳句」だとしたら新発見で、川柳を離れてからの英治の心情の仮説が変わることになり、とても興味があります。教えてください。
向寒の折からご自愛の上、ご活躍ください。
          草々 〉
江畑先生
本年も大変世話になりました。有り難うございました。
お忙しい先生ですが、どうか身体には十分お気を付け下さいますように。
よい年をお迎え下さいませ。(後略)
     12/28 (柏 市)S子
〔注〕同趣旨の手紙が多数ありました。感謝。
江畑先生
一年間お世話になりました。
「組織の継続は陣容による」と、改めて思うこの頃です。(後略)
     12/28 (松戸市)Y子
哲男先生へ
今年最後のメッセを投句させて頂きます。
一月から毎月募集になりますね。楽しみな反面、産みの苦しみ、……でしょうか。でもお忙しい哲男先生に見て頂けるなら、頑張って毎月投句したいと考えております。
     12/31 (川崎市)M子
〔編集部注〕これまた、同趣旨の手紙が多数ありました。メッセ毎月募集になります。どうぞよろしくお願いいたします。
  ↓(2014年12月更新) 
  お便りコーナー 
江畑哲男さま
ようやく(『たかね』が)500号に届きました。
誌上大会の選句、ありがとうございました。来年の千葉(銚子)大会、必ず行きますからね。
     10/?  (静岡市)加藤鰹
哲男先生、こんにちは。
『ぬかる道』、毎月楽しく拝読しています。川柳は勿論、沢山の情報にうきうきしています。私もこの『ぬかる道』のように、いつまでも若々しくありたいと思います。
今回もメッセを投句させて頂きます。宜しくお願い申し上げます。
     10/19 (川崎市)梅津みゆき
冠省
十月七日付産経新聞「談話室」拝見させて頂きました。教育の世界の詳細は解りませんが、全く仰せの通りで、尤もな事と存じ上げます。
     10/19 (西東京市)神山勢陵 
日下部敦世様
『ぬかる道』十月号の「グーチョキパー、夏休みキャンプ編」。
リアルにその場面が想像でき、とても面白かったです。「大人も子供も一緒になって本気、、で遊んでる」、まさしくそのワクワクが伝わりました。
ありがとうございました。
また楽しみにしています。
     10/22 (龍ヶ崎市)山田とまと
哲男様
寒くなって来ました。
句会、大会、吟行会とお忙しいですね。(私は)仲間と句会後の食事が楽しみで参加しています。
メッセ、よろしくお願いします。
     10/23 (松戸市)船本庸子
昨日の野田市市民川柳大会ではお世話になりましてありがとう
ございました。句会は学ぶことが多く、勉強になります。これからもご指導をよろしくお願いいたします。まずは御礼まで。
     10/26 (埼玉県)梅村仁
〔編集部より:梅村仁さま。野田市民川柳大会では市教育長賞に選ばれましたね。誠に、おめでとうございます。〕 
哲男さま
いまNHK学園川柳講座の受講生の作品に目を通しています。
高齢者の句はとかく独り善がりの傾向があり、チェックしながら激励の一言も忘れずに添えています。
     10/27 (文京区)五十嵐修
哲男様
秋も深まる季節なのに、気温の乱高下です。(……ご自身の病状の説明あり)、老人力ばかり膨らみます。
(一方哲男さんは)スーパースターのようにお忙しいご様子。『ぬかる道』からうかがえます。せめて、川柳メッセで繋がっていたい心境です。メッセ、よろしくお願いいたします。
    10/27 (柏 市)穴澤 良子
〔哲男より:メッセ投句、有難うございます。「せめて、メッセで繋がっていたい」とは嬉しい言葉ですね。投句の際に、一筆箋をいつも何か書き添えていただいています。嬉しく存じます。〕
お世話様になります。お礼申し上げます。
本日『ぬかる道』No.325を受け取りました。「とうかつメッセ」に私の句を四句掲載下さいまして有りがとうございます。
努力賞と言うことでしょうか。気を良くして十句送らせていただきます。
少々厳しくしていただいて結構です。
次回の早大・川柳教室を楽しみにしております。
    10/28 (上尾市)前田良祐
江畑哲男先生お早うございます。
難波ひさし先生の「古川柳観賞」楽しみです!
「日本を越すとありんす国へ出る」、浅草で与太っていた昔を想い出しております。
ところで、ひさし先生もありんす国へお出かけのようで、お留守なのでしょうか? 「連載古川柳観賞」にその名前が見えません。
    10/29 (松戸市)老沼正一
〔編集部より:右は要するに、24ページに掲載されるべき筆者の名前が脱落している、という指摘のようです。粋な言い回しのご注意、有難うございました。〕
  ↓(2014年11月更新) 
  お便りコーナー 
御礼
このたびの『三省堂新現代川柳必携』出版にあたりましては、数々のご厚情を賜り厚く御礼申し上げます。
昨年四月から読者の皆様のエールに押されて取組んでまいりましたが、なんとか完成にこぎつけました。
辞書としては短期間で充分な内容とは言い切れませんが、来年の柳多留二五〇年に間に合わせることはできました。このすばらしい川柳文芸を、ひとりでも多くの方に知っていただきたいという思いのみです。
どうか今後とも皆様のご指導のほどをお願い申し上げます。
まずは取り急ぎ御礼まで。
           2014年9月吉日
            編者 田口麦彦
江畑哲男様
東葛川柳会社中ご一同様

〔編集部注〕
右はパソコン入力ではなく、自筆での御礼状でした。
麦彦先生編著の『三省堂新現代川柳必携』は、大変な労作です。
2001年に刊行された『三省堂現代川柳必携』の方もロングセラーですが、今回は焦点を〈現代〉にさらに絞り込んでいます。
朝日新聞・毎日新聞(いずれも西部本社版)、『週刊読書人』等にも取り上げられて、好評を博しております。
江畑先生
先日は岡山県浅口市金光町まで遠路お越しいただき、お疲れ様でした。当日のスピーチは親しみがあり、大変良かったです。
私は本年4月から川柳を始めたばかりです。先生が選者になっておられ、投稿させていただきました。
現職の頃とは違って、川柳を楽しんでおられる事でしょう。いつまでもお元気でご活躍をお祈り致しております。
         9/? (倉敷市)佐藤陸雄
はじめて句会に出ました。三句読まれてビックリしました。ご指導のお陰です。
後の反省会(?)にも参加し、楽しい一時を過ごしました。……
今後ともよろしくご指導をお願いいたします。
   9/28 (埼玉県)梅村仁
江畑哲男様
いつもお世話になります。
過日、江畑さんや高鶴さんの大学院のお話を伺い、さっそく、家から一番近い筑波大に科目履修の申し込みをしました。
何十年も前の成績表をとり、戸籍抄本をとり、面接を受け……何で今更学ぶことが必要なのかと、問われながら……。
今日から授業が始まりました。後期なので、選択科目が少なくない中から、日本文学論と国語学特講を履修することができました。いつも、年上の方々とのお付き合いなので、若い学生さんと真近に接することができるのは、元気をもらいます。
先生方も、若く大きな声で話します。教育研究科の授業なので、子どもたちに教えるときは……、ということばがたくさん出てきます。
和歌や俳句の作品と触れ合っていると、心穏やかに満たされていきます。
川柳をやっています、と言っても、柳誌の編集に追われ、行事に追われていたことを反省し、心にゆとりを持ちたいと思います。
首都圏に近いということは、もっと文化の享受をしたいと思います。展覧会、音楽会等含め、赤い靴を履いて飛び跳ねる気分でしょうか。
また、何かとお世話になりますが、よろしくお願いいたします。
         10/3 (坂東市)駒木 一枝
「お~いお茶新俳句」の佳作特別賞に入賞しました。
    草取りの無我に方程式が無い
平成27年春から28年秋にかけて商品になるそうです。待ち遠しいところです。
    10/5 (盛岡市)中島久光
〔編集部より〕
おめでとうございます!
来春から、お~いお茶を飲む度に、ラベルを見るようにしましょうか。
  短信
第21回松戸川柳大会の開催
9月21日(日)上天気のなか182名の参加者のもと賑やかに開催された。当会からも30名近い大応援団が組成され大会を盛り上げ、江畑哲男代表が選者を務め東葛パワーが炸裂した一日であった。
 松戸市観光協会会長賞
  課題「食べる」
   たっぷりの醤油と笑う妻の留守 布佐和子
 三才賞
  課題「甘い」
   さび抜きの寿司しか知らぬ御曹司 大竹 洋
  課題「全力」
   ウソ三分まぜて王道ひた走る  中澤 巌
皆さんおめでとうございます。
第12回八千代川柳大会の開催
9月28日(日)暑いくらいの陽気と皆さんの笑顔のなかで楽しく開催された。地元有志による「かっぼれ踊り」と「歌謡ショーが催され楽しいひとときをすごした。
当日参加者は162名の多きを数え、当会からも10名を越す参加があり幹事の大竹洋さんが選者を務めた。
 八千代川柳連盟賞
  課題「ファミリー」
   卓献台が家族の話聞く昭和  小林 洋子
おめでとうございます。
なりた川柳大会2014の開催
10月5日(日)大型台風の影響で成田山参道は、雨が川となって流れています。それでも、60名を越える(当会関係4名)参加があり主催者も安堵。以下、誌友の方のタイトル賞~~
 成田市長賞
  課題「手土産」
   生き延びて被災地何よりの土産 及川竜太郎
 成田川柳協会会長賞
  課題「芝居」
   患者から告知の仕方習う医師  中沢 広子
 成田市文化団体連絡協議会会長賞
  課題「落し穴」
   錦繍を着て寝たふりの活火山  高塚 英雄
 成田市観光協会会長賞
  課題「芝居」
   毎日が喜劇台詞は用意せず  薬師神とし子
 三才賞
  課題「落し穴」
   公園のたかが蚊だったデング熱 成島 静枝 
第35回葛飾川柳大会の開催
10月13日(祝)、台風19号が九州に上陸、大気が不安定ななか、88
名の参加者で賑やかに開催される。
当会からは9名が参加、幹事の宮内みの里さんが合点4位、めでたく文化協会会長賞を受賞した。おめでとうございます。 
  ↓(2014年10月更新) 
  お便りコーナー 
残暑お見舞い申しあげます。
八月六日、水府忌をありがとうござました。
川柳を大いにたのしまれたことでしょう。
台風11号大丈夫でしたか。重ねてのお見舞いもすでに立秋。
毎月の『ぬかる道』、ありがたいことです。
御大切に。
水府忌に暑さを連れてくる友よ
  8/15 (摂津市)森中惠美子
(編集部注)
森中惠美子先生からの残暑見舞いです。
先月、江畑哲男代表が水府忌の法要と句会に参加したこと(前月号『ぬかる道』巻頭言参照)への御礼も兼ねての葉書です。流れるようなペン字に、川柳一句が添えられています。いつもの惠美子先生のスタイルです。
そう言えば、岸本水府の葉書主義も有名でした。
残暑御見舞い申し上げます。
いつもブログ、拝見しております。アクティヴ、アグレッシヴ、パワフルな哲男先生の日常に圧倒されております(笑)。
毎日ポヨョ~ンと(特に夏は)過ごしてしまう私には、とてもよい行動のヒント、脳みそに刺激、ありがとうございます。……
   8/18 新米会員Y・T子
哲男先生
『ぬかる道』拝読。いつも沢山の情報、ありがとうございます。
スポーツジムご入門、やりましたね。若くて元気な佐藤先生に見惚れて、ペースを崩さないように注意しましょう(小生の体験より)。
大学院生、羨ましい。
麗澤の学生・生徒は挨拶ができる。少年野球のコーチ連中とお花見に行ったときの、元気なあいさつを思い出した。当時は、小金原の自宅から徒歩10分で行けた。……
       8/18 (松戸市)老沼正一
娘一家二組が夏休みで来盛。温泉で私の古稀のお祝いと、孫達の「アナと雪の女王」ショーがありました。今は秋風が吹いています。……
8/19(盛岡市)中島久光
暑さを理由にするのは本意ではないのですが、今回は何故か自分の思うような句が出来ません。……来月は少し涼しくなって体調も戻ると思いますので、チャレンジするつもりです。
船本 庸子様
   8/19 (柏 市)石井太喜男
前略
今日は(句会に)是非出席したいと思っておりました。五十嵐修先生が選者になられており、久し振りにお会いできたら嬉しいと、又句集などもと思っておりましたが、残念です。
ひとり暮らしでも何かといろいろあります。
8/23(柏 市)穴澤 良子
哲男さま
久々に参加した東葛川柳会の8月句会で、活力を頂きました。
人数が多いだけに披講をして正直、張り合いがありました。句会
の後の懇親会も結構、盛り上がりました。いろいろとご配慮いた
だき、有難うございました。
   8/26 (文京区)五十嵐 修 
冠省
昨日、王子では失礼しました。
『ぬかる道』ご恵送、有難うございます。
「ポエム(の貌)」、えらい人がいるもんだなと思いました。
「思い通りに、楽々と」作れなければ、……。
私なぞは足元以下です。思い通りにならず、苦しくて、苦しくても句が出来ません。耐えて耐えて、五十余年。ただ頭に川柳がへばり付いているだけです。
右御礼申し上げます。
   8/26(豊島区)脇屋川柳
……私もそうでしたが、連れ合いを亡くすと本当に淋しいものです。どうぞ奥様を御大切に。
8/27M・M子 
残暑お見舞い申し上げます。
毎月の句会は欠席投句が多く、申し訳ありません。地元では元気に活動しています。……
   8/29 (新宿区)小山一湖 
  短信
第50回雀郎まつり川柳大会の開催
八月三十一日(日)宇都宮雀郎会主催にて一二六名の参加を以て賑やかに実施された。大野風柳(日川協・理事長)氏の前田雀郎師との出会いにまつわる有意義な講演があり、在りし日の雀郎師の面影を偲んだ。帰路は薄日も差し始め、秋の諸大会の成功を暗示させるかの様であった。 
川柳向島第41回川柳大会の開催
八月三十一日(日)下町の粋が匂う《曳舟》の地に114名が集い楽しい大会となった。当会関係からは二十名を越える参加があり全課題とも、呼名が相次ぎ存在感を強烈にアピールした。
三才賞受賞者(当会関係)
「移す」天位
 方舟が正夢になる温暖化   加藤品子さん
「順風」天位
 生涯の順風戦争を知らず     酒井トミオさん
「順風」地位
 コンベアーさてそれからを思案する 布佐和子さん
「葛飾北斎」(足跡吟)天位
 絵の鬼の夢北斎が行く枯野   布佐和子さん
他に合点賞として栗林むつみさん(第三位)、眞田幸村さん(一四位)、北山蕗子さん(二十位)が受賞されました。
皆さんおめでとうございました。 
  ↓(2014年9月更新) 
  お便りコーナー 
江畑哲男様
『近くて近い台湾と日本』および『ぬかる道』No.320をお送り下さり、有り難うございます。
私にとって台湾は大変身近な存在です。……(お身内のこと、教え子のことなどに触れて)……そのような体験を通じて、台湾の人びとが日本に親近感をもっており、年配者が日本語を話すことは良く存じております。しかし、川柳を嗜む人びとが居られるとは全く知りませんでした。
お贈り下さった編著により、その歴史と現在を知り驚きました。単なる川柳句集ではなく、台湾川柳会の軌跡、我が国川柳会との交流などが理解できる素晴らしい内容に感心しました。とくに、「長い長いあとがき」は、「あとがき」とは言えないような異色な「あとがき」ですが、本書の成立までの経緯とそのコンセプトが見事に表現されていると思いました。やはり後世に残すべき「あとがき」です。
……相変わらずの生活をしておりますが、お忙しい毎日とは思いますが、おついでの折にお立ち寄り下さい。簡単ながら御礼のご挨拶まで。
   7/13(流山市) 林尚孝 
江畑先生
先日は柏市中央公民館でお会いでき、光栄でした。
NHKで、気象予報士で活躍されている南利幸氏はよく簡単な「川柳」を発表されます。(その時、いつも東葛高校で、川柳を教えて頂いた江畑先生の事を思い出しています。)
「そういう情報は有り難い」と、その時おっしゃっていましたので、こうしてメールをさせていただきました。
   7/26(柏 市) 山田 殖保 
暑中お見舞い申し上げます。
百葉箱夏の特等席に居る
千代田線より常磐線の方が速いのを、今年になって知りました。東京の田舎っぺより
   7/28(墨田区) 丸山芳夫 
暑さきびしき折、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。
前回の講座の課題を同封させていただきました。川柳を始めて三カ月、まだまだ苦戦しておりますが、以前に比べると社会の事柄や言葉に対する関心が深まってきたように思えます。今後ともご指導のほど、よろしくお願いいたします。十月からの後期の講座がとても楽しみで待ち遠しく思っております。……      かしこ
   7/29(春日部市) I・S子
         〔獨協大学OC講座生〕
暑中お見舞い申しあげます。
いかがお過ごしですか。先日は会誌『ぬかる道』、ありがとうございました。活気ある
会の息づかいが伝わってきます。……
   7/29(板橋区) 中尾隆之
     〔旅行作家、来年の新春句会特別講演者〕 
8月号届きました。ありがとうございます。活字になるとまた感慨深いです。
先日、自治省同期会があり、津守家の話をする機会があり、宮内庁の次長のY氏が感心して聞いてくれました。実は、宮内庁次長や長官は伝統的に内務官僚の仕事なのです。天皇陛下のお世話をする辛抱強さが大切な仕事ですが、書陵部に津守本家一五〇〇年間の和紙の家系図があることなど、宮内庁次長のY氏は知りませんし、歴代の天皇(例えば私が見せられたのは霊元天皇の御物)が津守国冬の和歌の筆跡を国冬五〇首、国冬一〇〇首と習字した現物が残っていることなど、もちろん彼は知りませんでした。……
   8/4 (銚子市) 野平匡邦
     〔弁護士、今年の新春句会特別講演者〕
  ↓(2014年8月更新)
  短信
ビッグニュース。
第23回(平成25年度)犬吠賞は、当会幹事の田辺サヨ子(柏市)さんが大賞を射止めた。その作品、「さくら咲きましたあなたのいない春」。お見事! 『犬吠』七月号には、サヨ子さんの喜びの声が写真入りで紹介されている。
同じく『犬吠』七月号「房総柳人この人」欄には、大竹洋幹事の人と作品が紹介されている。洋幹事の履歴と作品を改めて知ることが出来る。ご一読を。
『川柳マガジン』七月号の「近代川柳作家作品合評」は一見の価値あり。台湾初の川柳句集を出版した故李琢玉氏の特集となっている。
朝顔川柳句会の開催
平成二六年七月四日(金)小糠雨降る浅草の地に於て、柳多留二五〇年プレイベントとして入谷朝顔市協賛の朝顔川柳句会が一四六名の参加で賑やかに開催された。
当会からは約二十名の参加者があり主催側より評価を受けた。当会関係として三名の方が三才賞を受けられた。
《寛 ぐ》 布佐和子さん
〇百箇日私一人の茶を入れる
《若やぐ》松田重信さん
○朝顔に嫉妬している古希の恋
《若やぐ》笹島一江さん
○好奇心歳を引き算してくれる
おめでとうございます。
お開き後、朝顔鉢を全員が頂きそぼ降る雨の中家路へと急いだ。
第50回さいたま川柳大会の開催
平成二六年六月二二日(日)一三五名の参加を以て記念大会に相応しく重厚な雰囲気のもと開催された。当会からの参加は少なかったものの随所で呼名があり存在をアピールした。
(この項巌発)
  ↓(2014年7月更新) 
  お便りコーナー(含むメール) 
嬉しいニュース。5月8日付け「読売KoDoMo新聞」に、老沼正一さんのお孫さんお二人が大きく紹介されている。タブロイド判の紙面に美咲(みさき)ちゃん・咲桜(さら)ちゃんの笑顔いっぱいの写真、さらには「川柳は自由で楽しい五七五」という記事が掲載されている。おめでとうございます。
第一回龍ヶ崎市市民川柳大会の開催
5月18日(日)市制六十周年記念として流通経済大学龍ケ崎キャンパスに於て、115名の全体参加を以て開催された。句会に先立ち、テーマ「これからの短詩型文芸」と題するシンポジュウムが実施された。江畑哲男代表がパネラーとして持論を展開され会場を湧かせた。
句会は地元の著名な先生方が選者を務められ、当会関係参加者の呼名が相次いだ。中澤巌幹事長が市文化協会会長賞を受く。
東京みなと番傘川柳会創立50周年記念大会の開催
5月23日(金)全国番傘関係吟社は言うに及ばず、みなと番傘にご縁のある方々が、総勢237名参加され当会関係からは十余名の参加をみた。和気藹々のなかにも五十年の歴史の重厚さを感じさせた。記念出版として五十風修氏の川柳句集《お陰さまで……》が披露された。
千葉ふあうすと川柳会創立十周年記念大会の開催
5月31日(土)盛夏を思わせる陽差しのもと神戸から赤井花城ふあうすと川柳社主幹をお招きし、参加者総勢87名を以て開催された。江畑哲男代表が選者を務められた。なお、次のお二方がタイトル賞に輝いた。
 ○千葉県川柳作家連盟賞   中沢広子さん
    《頂点》 子育てをしている時が華でした
 ○吾風賞      大竹洋さん
    《集う》ハチ公に集う夜中の迷子札
      おめでとうございます。益々のご活躍を……。 
県大会、日川協銚子大会に関する打合会の開催5月25日(日)
平成26年第49回千葉県川柳大会(以下県大会)が26年10月19日(日)千葉市にて。27年6月13日(土)前夜祭、14日(日)川柳大会が千葉県銚子市にてのスケジュールとして確定している。
その第一回目の打合わせが実施された。県大会、銚子大会とも規模は大きく用意周到な事前準備が必要。月下旬に現地調査予定されており、各吟社に割り当てられた役割分担を全うしたい。
本件については、皆様のご協力が絶対です。逐次、ニュースをお届けしますので重ねてご協力お願いいたします。
              (この項巌発)
↓(2014年6月更新)
お便りコーナー(含むメール)
江畑先生へ
先日皆さんの会にお邪魔をさせて頂き、誠に有り難うございました。ご協力のお陰で、4月20日川柳のストリーが無事に放送され、ご報告します。
   4/22   ルーシーより
哲男さま
4/25(金)日光東照宮四百年式年祭奉祝の「のぞみ川柳会10周年記念川柳大会」で各地の川柳家と交歓、その中に成島静枝さんが居て同席しました。
   4/27   (文京区)五十嵐 修
……自宅には『科学技術ジャーナル』誌を創刊から保管しております。同誌での「サイテク川柳欄」選者で、当会初代代表の故今川乱魚先生とは幾つかの思い出があります。特に平成十七年に国文祭ふくいでご来福の折り、終了日に宿泊先のホテルで夜遅くまで共通体験でもある「職業としての調査マン」「繊維産業論・商品知識」、何より「サイテク川柳」について語り合ったことは忘れ得ません。
   4/28   (福井市)山下博
哲男先生
メッセ、今回もぎりぎりでしたが、頑張りました。お手数ですが、宜しくお願い致します。
   4/29   U・M子
哲男先生
旭日双光章受章者・蔡琨燦さんの件。
新聞によると帰台後も、短歌、俳句、剣道など日本文化に親しみ台湾歌壇の代表もつとめている。旭日双光章受章の蔡さんも台湾川柳との付き合いは? 『近くて近い台湾と日本』を読んで感じました。そういうわけでメモをメールします。
   4/30   (松戸市)老沼正一
哲男先生
旭日双光章受章者・蔡琨燦さんの件。
新聞によると帰台後も、短歌、俳句、剣道など日本文化に親しみ台湾歌壇の代表もつとめている。旭日双光章受章の蔡さんも台湾川柳との付き合いは? 『近くて近い台湾と日本』を読んで感じました。そういうわけでメモをメールします。
   4/30   (松戸市)老沼正一
  ↓(2014年5月更新) 
台湾川柳20周年記念句会に思いがけず参加出来ましたことを、ありがたく幸せに思っています。両国の川柳仲間との友好の句会すべてが初めての体験で、人生にこんな楽しい世界があったことを知り、久々に感動を味わいました。現地の方々はじめ、お世話になった皆様に心からお礼申し上げます。
   3/9   (柏 市)中山由利子
 ☆ 御活躍、何よりと存じます。
『近くて近い台湾と日本日台交流川柳句集』、拝受しました。懐かしいの一言であります。
台北川柳会(仮称)初句会が1994年7月3日5時30分から、主宰頼天河により開かれたと言う句会報が、台北川柳会ー三村昌弘ー仲川たけしー草映あて送られてきました。
黄霊芝、李珵璋、寥運藩、陳錫樞、頼天河、三村昌弘六名の名前が載っています。
以降、第二十三回台北川柳会報(1996年6月2日)まで手元にあって、懐かしさいっぱいです。
仲川たけし氏から台湾の事情について色々話して頂き、勉強させてもらった時期を改めて想い出しています。
『近くて近い台湾と日本』をゆっくり読ませて頂きます。貴方の御活躍を頼もしく思い、御健勝をお祈りいたします。
江畑哲男様
   3月13日  塩見 草映
哲男さん
『近くて近い台湾と日本』、ご上梓おめでとうございます。送って下さってありがとうございます。
すごいですね。とにかくすごいです。
お祝いの気持ちを同封します。
   3/13  (茨木市)天根夢草
 ☆ 本日、待ちに待った分厚い茶封筒が届きました。川端六点氏の作(幸せがこぼれないように封を切る)そのような気持で開けましたら何とズシリと重い素敵な装丁の美しい本です。感激致しました。
ネーミングも最高です。食事作りも忘れて本に没頭。日台川柳句集が世に出た。しかも句集のみならず台湾川柳の歴史、文化そして何よりこの本は『近くて近い台湾と日本』を世に知らしめるメッセージだと思いました。本当に嬉しいことです。
御苦労は江畑哲男代表はじめ如何許りかと。後のあとがきで教えて頂きました。只々平伏するばかりでございます。心からの感謝と誠に誠に有難うございました。
私の宝がまた一つ増えました。
   弥生十四日 (相模原市)渡邉すみ子
拝啓
三月も中旬となりようやく春がやってきました。
さてこの度はご高編著『近くて近い台湾と日本―日台交流川柳句集』を頂戴しました。早速拝読、「日本語の縁で実現した句会」、「川柳を仲立ちとして海を越え」……まさに心温まる日台交流が川柳を通して実現しましたね。
以前にお伝えしたかと思いますが、一昨年二月から四月にかけて二ヶ月国際交流基金の要請により、台湾国立政治学大学院生を相手に「戦後日本政治外交史」の講義を行い、論文も指導してきました。その折、日本語世代の方々とのお付き合いもあり、親日の深さを知りました。昨今の中国、韓国の対日態度は「世界一イジメ甲斐あるクニ日本」です。
台湾での経験のエッセイお目に掛けます。句集の刊行を改めてお祝いします。敬具
   3/18  (横浜市)池井優
 ☆ 春の大雪の中です。この度『近くて近い台湾と日本』を拝受しました。何と二時間で読了しました。ありがとうございます。台湾の日本近しは小生の方は遠くて遠い国ですが、日清戦争で日本が勝ち日本に割譲されたのは明治28年5月の下関条約です。が台湾人の反乱もありました。
わが郷土(奥州市)の先人後藤新平は明治31年に「台湾総督府民政局長」等を行い、ゲリラ阿片対策と交通網の整備を行った。(道路、鉄道、港湾)又産業育成特にサトウキビの近代化を押し進めた。が最も力を入れたのは「台湾の文明化」とされている。
「趣味アル発達ヲ図ルヘキ事」と書いている。ここに台湾の文明の一端を見ることができます。
この本のおもしろさは頼柏絃氏が岩手県に疎開していることです。「この一生誤算だらけの幕を引く・柏絃」がみごとな川柳となっています。日台交流川柳一二二集に小生の知っている川柳人がぞくぞく現われギョッとしました。大田かつら、兼行幸枝、北川拓治、蔀帆子、新家完司、長谷川酔月、牧野ねえね、そして大兄氏等と突然誌上でお会いでき嬉しいことです。それにしてもナガーイあとがきがあってホッとしました。先の『我思う……』がこちらに飛んで来たのだと一人笑いを雪の野に放ちました。
少しの感想です。後藤新平はのちの東京市長、大震災から東京を今にしました。敬具
   3/24  (奥州市)佐藤岳俊
いつもなら偶数月の中旬のメッセ投句ですが、消費増税前の駆け込み投句で、二円の節約です。四月三日で満七十歳になります。
医療費が一割負担になると思っていたところ、四月二日以降に七十歳になる人は二割負担とのことで、少しがっかりです。
   3/28  (盛岡市)中島久光
 ☆ すばらしい『日台交流川柳句集』ができましたね。この本は大変よくできていると思います。
   3/29  (堺 市)上野 楽生
拝啓
消費税8%の四月に入りました。貴地は桜も開き春色になっている頃と思います。小生の飯山はまだ白一色の雪の中で春はまだです。
この度は『台湾と日本』日台交流川柳句集をご恵贈たまわり恐縮に存じます。
知らなかった台湾の川柳、江畑さんが交流のためにご努力をしていたことを知りました。高校の教師として多忙の中、素晴しい仕事をしていただいたこと、敬意を表します。一つの参考書としてこれから役立てたいと思っています。
取り急ぎお礼までに、ありがとうございました。敬具
   4/2  (飯山市)石田一郎
 ☆ 江畑 哲男様
先日の浅草吟行会には、北新川柳会から池上智子、吉田小尋、管野あきら、小山一湖の4人が参加させていただきました。
晴天に恵まれ、満開の桜越しにスカイツリー眺めたり、現地ガイドさんの案内で東京に居ても見たことが無い名所を見せていただきました。
嘱目吟を念頭に質問するなどして有意義な散策となりました。
素晴らしい会場での句会は、和やかな雰囲気で楽しく過ごせました。
江畑代表はじめ準備をされた幹事の皆さんに参加者一同から御礼申し上げます。
ありがとうございました。
   4月4日   小山一湖
短信
つかだ川柳会の会長が四月から代わった。これまでの長島礼子さんから、当会維持会員の志田則保さんにバトンタッチされ就任した。
第43回千葉市川柳大会が3月23日(日)桜の開花もあと数日のこの日一八二名の参加を以て賑やかに開催された。
当会からは江畑代表の他に二十名を越す参加者であった。
宮内みの里幹事が選者を務めメリハリのきいた披講はさすがであった。
特筆は二人のタイトル受賞者が出た事。
岩田康子さん 千葉市議会議長賞
(課題 三角)  ○同意書に三角はない手術台
加藤周策さん 千葉市文化連盟賞
(課題 寄り添う) ○両腕に貧乏神と山の神
他にも呼名が相次ぎ、当会の存在感を知らしめた。
今年は全国大会での受賞者も大いに期待出来そう。
  ↓(2014年4月更新) 
   お便りコーナー(含むメール)
雪掻きと五輪で作句がままなりません。真央ちゃんの六位で小休止。雪も止んでいますので、メッセに着手です。
   2/21  (盛岡市)中島久光
二月を昔の呼び方で「春待月」と言いました。厳しい寒さに耐えて、じっと春の訪れを待つ……。確かに二月を感じさせるいい言葉ですね。
「メッセ」、今回も無事投句が出来ました。ではまた……。
   2/26  (文京区)五十嵐修
江畑先生
メッセ、よろしくお願いいたします。台湾、どうか気をつけて!
   2/26  K・S子   (ほか同趣旨多数)
哲男先生、こんにちは。
その節は、お電話で色々とありがとうございました。三月号の『ぬかる道』で、初めて自分の句が載り、うきうきしました。句会には中々参加できませんが、投句はなるべく頑張りたいと思います。上達したい一心で、ひたすら勉強します。何卒御指導の程、宜しくお願い申し上げます。
   2/26  (神奈川県)U・M子
哲男先生
(メッセの投句に関して)容赦なく朱筆でメスを入れて頂き度い。
   2/26  K・S男
ご無沙汰致しております。久々の投句です。
「我孫子市」って封筒書いていて、今回凄い名前だなあと感心! 我が家がまさに今、娘と孫に乗っとられていて、夜8時には消灯、私もクタクタで9時には寝てます。……(以下略)
   2/26  T・M子
江畑哲男様
外出しており、お目にかかれず、残念です。
私は、時々頂戴した『ぬかる道』の巻頭言を拝見し、内容に感心するとともに、毎月連載することは大変だろうと密かに思っていました。足かけ13年にわたり一度も欠かさず書かれた巻頭言をまとめられた『我思う故に言あり』を拝見し、そのご苦労を改めて感じました。同時に、最初の数頁を拝見しただけですが、テーマが多岐にわたるうえ、そのレベルの高さに感心いたしました。
巻末の索引を拝見し、楽しかった吟行会や東葛高校での講義を思い出し、私と江畑先生との不思議なご縁を改めて感じました。
それに、千葉県高等学校教育研究会国語部会での講演を実現して頂き、『国語教育50』―創刊五十号記念特集号―に講演記録を載せて下さったことも光栄な思い出です。
これからゆっくり拝見したいと思いますが、おそらく時代の流れも汲み取れるのではないかと考えています。取り急ぎ、『我思う故に言あり』拝受の御礼申し上げます。
お暇の折に、お立ち寄り下さいますように。
   2/26  (流山市)林尚孝
江畑先生
如何お過ごしでしょうか。
先日先生にいただいた『我思う故に言あり』、楽しく読ませていただきました。一言「すごい!」ですね。長年、先生はすごいことをやっていたのだと今更ながら敬服いたします。「哲男の読書ノート」だけでも参考になります。……
また、東葛飾高校のこと、教育現場のこともしばしば書いてあり、教育現場サイドからの発信になっていますね。精力的な知的活動も含め、先生のますますのご発展を祈念しています。
本当にお忙しい様子ですが、知的活動も体が資本です。ご自愛ください。
メールで申し訳ありませんが、御礼申し上げます。
   2/2  6須田 秀伸  〔県立東葛飾高校校長〕
日に日に春めいて参りました。先生にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。
本日『川柳マガジン』が手元に届き、先生の「川柳文法力」を読ませて頂いていました所、私達の(淡路)獏眠会長のことを取り上げて下さっており、嬉しく思いました。まだ若いので色々な取り組みをして指導してもらっています。……
六月の富山では又お目に掛かれますことを楽しみに致しております。取り急ぎ、御礼まで。
   2/28  (廿日市市)飛田陽子
  江畑哲男様
昨日、出版社から『近くて近い台湾と日本』が届きました。有難うございます。早速、阿川弘之さんに寄贈させていただきました。
ざっと目を通すつもりで、江畑さんの「あとがき」から読み始めたのですが、口絵をたどり(なんと頼柏絃会長と江畑さんや村田さんと写した中に僕も発見!)、顔見知りの方が少なくありませんので、つらつら本文も読み始めてしまいました。
中身の濃い本です。編集にも力が入っていることはレイアウトなどを見てすぐ分かりました。それは、江畑さんの意気込みが編集者にきちんと伝わったからだと思います。それが多彩な執筆者にも伝わっているようで、ついつい惹き込まれて読んでしまいます。恐らくこれは類書がない、画期的な、日台が川柳でコラボしたすごい本です。
台湾川柳会20周年という節目の年に出版できたことにも、出るべくして出た「絆の本」かと思います。有難うございました。訪台前に、取り敢えず本会の小田村会長はじめ副会長、常務理事十五名に寄贈します。
   3/1  (板橋区)柚原正敬
江畑哲男様
この度の台湾ツアーでは大変お世話になり、有難うございました。成田空港からの帰路は、京成スカイライナーで日暮里まで五月女さんに同行していただきました(心強かったです)。私は日暮里から山手線に乗り換え、高田馬場で下車。荷物が多かったのでタクシーで無事帰宅しました。とりあえず御礼とご報告まで。
   3/4  (新宿区)小山一湖
皆さん
台北、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。非常に有意義で、勉強になり、充実して、楽しい句会旅行でした。今夜はぐっすりでしょうね。お休みなさい。
   3/4  (足立区)五月女曉星
代表へ
今日は雨でしたが、下見に行って来ました(幹事長、信彰、広子、千代子、春恵)。
(浅草の)観光案内所にて、ガイドさんの説明を聞きました。1時間半では全部案内しきれないそうですので、(代表から要望のあった)1か所追加は無理でした。その代り、芭蕉の句碑を入れて下さいました。(当日は)ボランティアさんが六名付いて下さるそうです。したがって六班に分けます。……
伝統工芸館から句会場までは分かりやすいです(10分くらい)。
句会場は広くてきれいでしたし、昼食もセンター内にレストランが2か所あり、飲食コーナーもあり、コンビニも近くにありで、大丈夫そうです。二次会(会場)の華春楼もきれいで良かったです。……(以下略)
皆様へ。
雨のなか、下見にご一緒してくださいましてありがとうございました。
   3/5  (柏 市)伊藤春恵
札幌勢3名、無事帰札しました。この度は、会の段取り、句集の編集、観光オプションと全般にわたり、格別のお世話になりました。
心に残るいい思い出になりました。また、何かの機会にお会いする事もあろうかと存じますが、今後共よろしくお願いし、一筆御礼まで。
   3/5  (札幌市)小沢淳
  短信
 
当会誌友の平田耕一(横浜市)さんが、快挙を成し遂げた。平成25年度に開催されたNHK学園生涯学習フェスティバル(全国大会、地方大会)の各大会大賞作品の中から、最も優れた作品に贈られる「平成二五年度文部科学大臣賞」に選ばれたのだ。
その作品「喫煙所哲学的な顔に会う」。なお、表彰式は3月23日(日)に行われるという。おめでとうございます。 
  ↓(2014年3月更新) 
   お便りコーナー(含むメール)
寒中お見舞い申し上げます。
『我思う故に言あり―江畑哲男の川柳美学―』、ありがとうございました。まさしく、書きも書いたりの卒業論文。ずっしりと重い、中身のある大冊です。索引をつけたことで、さらにこの本がよく読まれるでしょう。
『番傘』三月号と番傘のホームページで紹介をします。今後もご活躍を期待します。
   1/ 23  菱木 誠   (『番傘』編集長)
寒中御見舞申し上げます。
この度ドダンと重量の『我思う故に言あり江畑哲男の川柳美学』四二七ページを拝受いたしました。良く書きましたね。さすが国語教師です。よく創りましたね。ご苦労様と申し上げます。デカルトならず江畑大兄の百科事典と眼を開いて読んでいます。
……
   2/1  (奥州市) 佐藤岳俊
▽江畑哲男様
御著拝受いたしました。素晴らしいご本ですね。
超多忙な毎日と想像しておりますが、それを乗り越えての「書きも書いたり」で驚きました。
平易な言葉遣いで、どこから読んでも、直ちに川柳の面白さに引き込まれます。
しかも、『ぬかる道』のことばかりでなく、広い視野で書いておられますので、素晴らしい「現代川柳史」にもなっていると思いました。
毎日楽しみながら、読ませていただきます。
これからもご健康第一に、ますますご活躍されますよう、川柳作家の一人として、はるか盛岡よりエールを送らせていただきます。
本当にありがとうございました。
  2/3  (盛岡市) 高橋竜平
「東葛川柳会の皆様
『ぬかる道』をありがとうございます
その『ぬかる道』の36ページ上段と下段まるまる小社のことをのせていただいています
ありがとうございます
おどろきました
ほんとうにささやかですがお礼の気持ちを同封させていただきました
  川柳展望社  天根夢草 」
↓(2014年2月更新)  
 お便りコーナー(含むメール)
毎号『ぬかる道』を楽しく読ませて戴いております。成程と感心するばかりでございます。
此ノ度は、御多忙の最中に日台合同句集の中間報告を頂き、誠に有難く心より御礼を申し上げます。その上、台湾川柳会創立二十周年記念大会へのツアーを企画してくださり感激致しました。
『ぬかる道』の一読者にまでお誘いくださりましたこと、この上ないよろこびでございました。
台湾川柳会の一会員として出席するのが当然なことですが、今は動きが取れません。……(後略)
  師走二十四日(相模原市) 渡邊すみ子
前略
1月6日が私の誕生日で77歳になります。感謝の気持ちで喜寿の句を作りました。誰もが通る「点」とは思いますが、本人にはやはり感慨無量です。
一年間大変お世話になり、有り難うございました。
(追伸)
本日都庁の旅券課へ行き、パスポートの申請を済ませ、1月10日に受領予定です。台湾ツアー楽しみにしておりますので、よろしくお願いいたします。
  12/27(新宿区) 小山一湖
江畑先生
今年も大変お世話になりました。いつも滑り込みセーフの投句ですみません。よろしくお願いいたします。
  12/27 K・A男
いつもお世話になっております。遅くなりましたが、「メッセ」作品を送らせて頂きます。
このたびは『ぬかる道』一月号メッセ欄で、江畑代表の句に「祝ほのぼの十周年」が載り、大変有難く拝見しました。このように、代表の当会への思い入れに対して改めて感謝申し上げます。……
因みに、写真のアコーディオン奏者岩城里江子さんのお母上(当会メンバー)が、大変喜んで居られました。
  12/28(印西市) 関根庄五郎
四月句会(の宿題)。
「話芸全般」(固有名詞OK)では如何でしょうか。固有名詞とは、虎造、夢声、金馬などの個人名から、石松三十石船、宮本武蔵、居酒屋などの演目、「日曜名作座」「小沢昭一の小沢昭一的こころ」などの番組名……。
  12/30(墨田区) 丸山 芳夫
〔編集部注:四月句会ゲスト選者を丸山芳夫さんに依頼したところ、右の宿題案を返信に書いて来られました。コレで行きます。どうぞお楽しみに。〕
新春句会のゲスト「役人一首の創作秘話」とっても楽しみです。巻頭言の「出版適齢期」面白かったです。今度の御本『我思う故に言あり』も「あっ、いいなあ」と思いました。色々よく閃かれますネ!
  1/1 (江東区) 石川雅子
『ぬかる道』の読み物に熱意が感じられます。
  1/1 (品川区) 成田孤舟
「我孫子文士村ガイド」を立ち上げました。ご利用下さいませ。
  1/1 (我孫子市) 越岡禮子
昨年は川柳に出会い、三友が増えました。
  1/1  K・K子

〔編集部注:上記、年賀状の四通よりの抜粋です。〕
   
短信
創刊35年を迎えるタウン誌『とも』は、一月号ということもあって、例月以上に賑やかな誌面となった。タウン誌『とも』は俳句や短歌欄のほかに、川柳にもご理解があって東葛川柳会発足時(昭和62年)からページを割いていただいている。
その『とも』一月号は「選者うたい初め」として、俳句・短歌・川柳・五行歌の選者の写真と年頭吟が見開きカラーページに豪華に紹介されていた。中澤巌幹事長の作品「衣食住足りて一合ほどの酒」ほか四句も掲載されている。なお、『とも』の購読及び問い合わせ等は、左記へどうぞ。
  〒278-0043野田市清水二五一ー一〇
   電話 〇四(七一二五)〇二九〇
  ↓(2014年1月更新) 
いつも大変お世話になっております。
一月五日のみなと句会の題など決りましたので、お知らせ致します。
哲男さんの題は、「流行語」にしようかなと思いましたが、「おもてなし」ばかりになりそうな気もして、「流行」にしました。よろしくお願い申し上げます。
   11/10 (横浜市) 平田 耕一
このたび、(山本)由宇呆先生からのご紹介もあり、下記にて納本制度があることを知りました。つまり、刊行物はどれでも受け入れるとのことでした。ついては、折角ですので『ほのぼの川柳句文集』も下記へ納本(寄贈)致しました。……
送付物『ほのぼの川柳合同句文集』
送付先・国立国会図書館収集書誌部民間出版物
収集第一係1冊
・日本現代詩歌文学館(岩手県北上市) 1冊 以上
   11/27(印西市) 関根庄五郎
江畑先生
過日は、えむぞうくん各賞授賞式にて大変お世話になりました。先生とご一緒させていただくことで、毎回学ぶことが多く、今回も、スピーチのメリハリ、声の抑揚、ユーモア、間のとり方などなど、先生のステージをうっとりと拝聴させていただきました。
また、最新の『ぬかる道』をお送りいただき、嬉しく、楽しく拝読しております。まさにタイムリーなご縁で、皆様の感想に鼓舞されました。重ね重ね有り難うございました。……
   11/28東京家政大学 内野美恵
前略
哲男さま。お手紙、ありがとうございます。
大変申し訳ありませんが、小生、パソコンできないのです。ごめんなさい。(編集部注:哲男の手紙には、写真をお送りするからメールアドレスを教えて欲しい旨の添え書きがあった。)……
『ぬかる道』は、日本一大きい活字の柳誌ですかな。
   12/1 (弘前市) 髙瀨霜石
『ぬかる道』ご恵贈、有難うございました。拙文「連句のしくみ」掲載頂き、恐縮です。連句と川柳は実は血を分けた兄弟、ということをどこかで感じて頂けると嬉しいです。
御句に脇を付けてみました。ご無礼ご寛恕。
栄養が髪には来ない秋の暮 哲男
 ホルモン焼の路地の蟋蟀  雀羅
    不一
   12/2 (町田市) 佛淵雀羅
↓(2013年12月更新)
哲男先生
一日中雨になりました。
秋を通り越して冬が近づいたような寒さです。
メッセの原稿をお送りします。よろしくお願いいたします。
次回の講演には短歌の米川千嘉子先生のお話など、どうでしょう?
   10/20(松戸市) 日下部敦世
東葛川柳26周年記念大会が成功裏に終わり、おめでとうございます。
家政大学の内野先生の食の講演は、私たちの食生活と健康に結び付いた内容で、大変勉強になりました。また、パラリンピックにおける世界の食の状況は、興味深く聞かせて頂きました。内野先生はお話も上手なので、飽きる事なく全員の方を引き付けていました。代表の幅広い交流とご努力が伺えました。
宮内みの里さんの句集も戴き、早速、読ませていただきました。
『ぬかる道』の巻頭言で、代表の博識ある文章に接していますが、その調子そのままに「直向きさの勝利」が書かれ、この句集を輝かせていました。勿論、みの里さんの佳句が並んで、それが主人公なんですが。このような句集をものに出来たのも、東葛川柳会で乱魚先生を引き継いだ代表のもとでの習練の賜物であることが察しられました。……
   10/21(春日部市) 松田重信
江畑哲男代表
東葛二六周年が盛大に済みました。お疲れ様でした。各選者様の披講は流石に見事でした。それに引き換え、投句者の呼名が足を引っ張り、東葛の名を汚したように思えました。……
   10/21  I・Y
哲男様
連日の大会(東葛・千葉県)、早朝から準備などさぞお疲れのことと拝察致します。両日とも盛会で、楽しく、改めて東葛パワーの団結力と力量を名実共に感じさせてくれました。……
   10/21(流山市) 岩田 康子
江畑様
先日は、当会の川柳大会(ひたちなか)にご多忙の中、お越しいただき、選者まで快く引き受けていただきまして、厚く御礼を申し上げます。
今後ともご指導・ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。
   10/21(ひたちなか市) 小原正路
江畑先生
大会では大変お世話になりました。私にとって初出場でしたし、大盛況満員御礼……という感じで、ワクワク感がありました。あと二〇年続けたら、みの里さんのようになれるでしょうか??……
   10/24(松戸市) 酒井千恵子
哲男様
先日、映画「風立ちぬ」を見た後、『永遠の0』を読み、二作品共に作者の熱い思いが伝わって来ました。大会、無事に終わって良かったです。……
   10/25(松戸市) 船本庸子
江畑哲男先生
お忙しい所、(緑葉の互選を)ありがとうございました。先日(東葛の大会)の内野美恵先生の講演、わかりやすくとても良かったです。和食が世界遺産に申請されるということで、グッドタイミングでしたね。
   10/29(柏 市) 森智恵子
江畑先生
いつもお世話になっております。……今月の『川柳マガジン』は、新樹の由宇呆さんとみの里さんが出ており、本当にうれしく思いました。誇りに思います。早いことで、川柳と出会い13年ですもの、夢みたい。元気に川柳と向き合えることは幸せと思います。……
   10/29(柏 市) 田辺サヨ子 
哲男先生
やまなしの大会も素敵なご成績で、さすがだなあと息を飲みました。秋の(東葛)大会の内野先生、いいお勉強が出来、嬉しかったです。特にパラリンピックのボランティアに関しての感銘深いお話を初めて知り、身にしみました。泣きそうでした。
みの里さんの『柿簾』、今までの義務を終えられ、目覚められた血がたぎる感じがどの頁からもあふれて、表紙の友人関係も偲ばれ、一気に興味深く読みました。それにも増して哲男さんの序文「直向きさの勝利」に参りました。以前から哲男先生は、「育成のスペシャリスト」だと感じていましたが、小さな才能も見逃さないのだなあと感心したこともありました。
新年早々6冊目のご本、川柳評論集を出版される由、とても興味津津です。ほんとうにおめでとうございます。……
   10/29(江東区) 石川雅子
メッセの送付、いつもギリギリで申し訳ありません。
先日は「柏市長賞」、本当にありがとうございました。びっくりしたと同時に飛び跳ねたい気持でした。……
   10/30(柏 市) 島田 陽子 
……10月の東葛川柳会記念大会を欠席して、申し訳ありませんでした。地元の榎地域センターの「えのき祭り」の役員として、19日(土)準備、20日(日)本番に参加、「えのき文芸」の展示を担当し、大いに川柳のPRをしてまいりました。……
   10/30(新宿区) 小山 一湖 
  短 信 
 ▽ 第48回千葉県川柳大会の開催
去る十月二十日八千代市に於て開催された。
生憎の天候にも関わらず総勢二百名を越す参加者が会した。
当会関係も二十名を越える参加者があり元気な呼名が相次いだ。
江畑哲男代表がジュニア投句部門の選者、加えて大会の閉会宣言を為された。特に平成27年度に開催される第50回大会の成功を祈念して参加者全員と共に意を新たにした事は有意義であった。
当会関係の表彰者は以下の通り。
 県知事賞
  雑踏の中で真心だけ拾う   長谷川庄二郎
 県議会議員賞
  宝石箱に入れよう介護保険証 竹下圭子
 毎日新聞社賞
  美しい素足に届く土の唄   椎野 茂
 千葉県川柳作家連盟賞
  陽が昇る争いの闇消すように 宮内みの里
各地大会における当会会員の活躍は目覚ましいものが有ります。
皆さんおめでとうございます。
平成25年度四街道市民文化祭川柳大会の開催
去る十月二十七日(日)台風一過好天に恵まれたなか、77名の参加を以て賑やかに開催された。
当会の大戸和興顧問が四街道市市長賞を見事獲得され存在感をアピールされた。
  代役のいない地球があえぎ出す 大戸和興
こちらも名誉な成績、おめでとうございます。(この項巌発) 
   ↓(2013年11月更新)
『犬吠』10月号「房総柳人この人」欄に、山本由宇呆編集長が取り上げられた。
10月13日(日)に開かれたひたちなか川柳会創立十五周年記念大会は、92名の盛会であった。選者の江畑哲男代表をはじめ、多くの幹事・会員が参加した。市長賞には「この村の風に輝くベビーカー」(岡さくら)が選ばれ、「美しい妻見るだけでチャージされ」(小島一風)が全日本川柳協会会長賞に、「ライバルの出来大袈裟に誉めておく」(海東昭江)が観光協会会長賞に選ばれるなど、当会関係者の活躍が目立った。
第63回足立川柳大会の開催
去る九月一六日(日)、台風の影響で悪天候、それに伴う寸断された鉄道にも関わらず五七名の参加を以て開催された。関係者各位のご努力に対し敬意を表します。当会から参加の宮内みの里幹事が足立川柳大会会長賞を受賞されました。おめでとうございます。そして大変お疲れさまでした。
第11回八千代川柳大会の開催
去る9月22日(日)151名の参加を以て賑やかに開催された。当会関係の参加者は約20名に及び当会の存在感が大いに示された。併せて川崎信彰副幹事長が選者を明快かつ重厚に務めた。
当日の受賞者は以下の通り。
 八千代市長賞 大竹 洋
  世界語に生まれ変わったおもてなし
八千代市議会議長賞 中島宏孝
  エンディングノートに妻の認め印
千葉県川柳作家連盟賞山本由宇呆
  ニコニコと話の外に老いた母
皆さんおめでとうございます。
番傘川柳本社創立105年記念全国川柳大会の開催
去る10月6日(日)に開催された。全国各地の番傘柳界の皆さんが614名も参加され賑やかな事この上なし。当日は森中惠美子句集「水たまり春秋」発刊記念も併せて催された。
江畑哲男代表が格調高く選者を務められた。更に礒野いさむ主幹が今般ご勇退なされ、新主幹として田中新一氏がご披露された。
当会からは七名が参加し交流を図った。(この項巌発)
平成25年10月6日、成田市市民ホールにて「成田市民文化祭参加・なりた川柳大会2013」が開催され、86名(投句17含む)の参加者で盛会であった。当会からも大戸和興顧問、山本由宇呆副幹事長他、多数のメンバーが参加した。大戸和興顧問は「雑音も大事にされる民主主義」で、千葉県川柳作家連盟賞を受けられた。お目出度う御座います。
東葛川柳会傘下の勉強会「ほのぼの川柳会」は、十月十一日(金)北総花の丘公園にて「創立十周年記念吟行会」を開催した。(詳細報・次号)
東葛川柳会傘下の勉強会「川柳会・江風」は、10月12日(土)柏市中央公民館にて、会員募集も兼ねて「公開講座」を開催した。(詳細報・次号) (由宇呆 発)
  ↓(2013年10月更新) 
冠省
いつもながらご厚誼を賜り、心より厚く御礼申し上げます。
此の度は中澤巌氏のお取り計らいで、東葛川柳会に入門させていただきました。これを機会に斯界の『ぬかる道』に敢えて挑戦させて頂きます。
キャリアのない新人をご指導・ご鞭撻の程、お願い申し上げます。有り難うございました。……
   8/6 (銚子市) 大塚雅昭
お礼!!
『ぬかる道』会長(原文のまま)の鼻の脂を塗って頂くだけで、「とうかつメッセ」の原句がまるで蘇ったように生き返り、素敵な句に生まれ変わって、見劣りせぬ佳句に生長するのは不思議で、厚く厚くお礼申し上げる次第です。
   8/23(西東京市)神山 勢陵
九月号、紫峰さんの「河童の話」拝読。河童の名所の一番に岩手の遠野市が挙げられ、喜んでいます。遠野市駅前の観光案内所で、「河童捕獲許可証」をたしか三〇〇円で交付しているはずです。誰も捕獲していないようですが。
   8/27(盛岡市) 中島久光
哲男さま
まだ病院の検査が続いていて、暫くは自重も已むを得ません。焦らずに体調を取り戻せるように精進しています。
   8/27(文京区) 五十嵐 修
暑中お見舞い申し上げます。
この暑さが過ぎないと体調ままならずで、満年齢で八八を越えたのだから、我乍ら立派なものと思っています。
『ぬかる道』毎月読ませて貰っていますが、知らない名前がズラリと並んでいるのに、時の流れを感ずる次第です。……
   8/28(福岡市) 伊豆丸竹仙
残暑お見舞い申し上げます。
今年の夏休みはまた違った味わいがあったことでしょう。
台湾の人と秋田へ、アメリカ少女と句作とは、はなやかで、すてきな人生ですね。
草々
   8/30(守谷市) 海老原信考
メール情報
  上手になった日本人のプレゼン
   倉島 麻帆

江畑様、こんにちは。お元気ですか?
声・表現力だけでなく、心理学メソッドを使って一万人以上を好かれる話し方に変えてきた、スマイルボイスコンサルタントの倉島麻帆です。
二〇二〇年東京オリンピック、決まりましたね。国際オリンピック委員会(IOC)委員の多くが、東京の最終プレゼンを、勝因の一つにあげました。
トップバッターは、「スポーツの力と震災」を語った、佐藤真海さん。彼女の笑顔と想いは、本当に素晴らしかったです。用意されたプロンプターも見ませんでした。
そして、滝川クリステルさんのフランス語による、「日本のおもてなしの精神」のスピーチ。
個人的には、フェンシング・メダリストの太田雄貴選手があんなにプレゼン上手とは思わず、びっくりしました(笑)。身振り手振りを交えての情熱! 号泣し、「最高です。今まで生きてきた中で一番幸せかもしれません」と言った姿も印象的でした。
……実は、日本人は世界で一番プレゼンテーションが下手な民族と言われています。
それはなぜか?
「ハイコンテクスト文化(High context culture)」だからです。
アメリカの文化人類学者である、エドワード・T・ホールが言った「ハイコンテクスト文化とローコンテクスト文化」という概念があります。
コンテクストとは、コミュニケーションの基盤である「言語・関係性・体験・価値観・背景」のこと。
日本は、島国で言葉も一つで、関係性が濃厚な民族です。「阿吽(あうん)の呼吸」、「同じ釜の飯を食った仲間」という言葉もある通り、あまり話さなくても、通じ合えます。
「話さなくても、分かってくれるよね?」という、”聴き手の能力“が求められる民族なんです。
一方、欧米などの「ローコンテクスト文化」では、関係性が低いため、身振り手振りを使ってのプレゼン力や、論理力、交渉力が求められます。
もちろん小さい頃からプレゼンの授業があることもありますが、私が司会をしても、外資系企業の社長の方が、日本企業の社長に比べて、プレゼン上手です。
東京オリンピックのプレゼンには五輪コンサルタントのニック・バレー氏による細かい指導や練習があったそうですが、やはり「練習に勝るものなし」と、あらためて感じました。
日本人の素晴らしい表現力や想いが、世界に発信でき、本当に嬉しかったです!!
   (江畑哲男宛てメールよりの転載)
   短信
 九月一日(日)に開催された創立三十周年記念第二十回松戸川柳大会は、一九五名の大盛会だった。江畑哲男代表が宿題「人間」の選者を、六斉堂茂雄幹事は特別課題「全力」の選者を務めた。入賞は、川﨑信彰幹事が「深呼吸一番したいのは地球」で松戸市議会議長賞を、折原あつじ幹事は「若いっていいなあ白い地図がある」で松戸川柳会賞をそれぞれ受賞した。おめでとう!
第49回雀郎まつり川柳大会の開催八月三一日(土)一五六名の参加者を得て賑やかに開催された。関東近県からおなじみの方々が集い話に花を咲かせた様子。
当会誌友、江崎紫峰さんが見事「雀郎大賞」を獲得し万雷の拍手を受けた。おめでとうございます。 
999川柳会創立一五年記念大会の開催
九月一日(日)六三名の参加者を以て賑やかに開催された。当会関係からは十名を超す参加があり、呼名が相次いだ。
記念講演として山形県天童市の出羽桜酒造㈱の仲野恭一先生の「吟醸酒の不思議」という大変珍しいご講演があった。句会終了後、参加者全員にお酒のお土産が配られニコニコ顔。なお中澤巌幹事長が課題「待望」の選者を務めた。
東葛川柳会が大活躍の『犬吠』九月号になった。まずは巻頭言、江畑哲男代表による「ぜひ成功させたい『連続セミナー』」。
「房総柳人この人」には、川崎信彰幹事が取り上げられ、課題吟「花火」の選は宮内みの里幹事が受け持った。
  ↓(2013年9月更新) 
  お便りコーナー(含むメール) 
この夏も御健勝にて。
暑中御見舞い申上げます。
涼風の床にまどろむ子猫たち 十五世
    7/7 (豊島区)  脇屋川柳 
暑中お見舞い申し上げます。
暑い日が続いています。ご多用な毎日と存じますが、無理のないようにご活躍下さい。いつも『ぬかる道』、ありがとうございます。七月号の表紙の田圃をうれしく見させてもらいました。私の家の田圃も生育中で水面が見えなくなりました。
先日新潟市での柳都全国大会に大戸和興さんが見えておりました。
     7/13(飯山市) 石田一郎 
哲男さん。
『ぬかる道』ありがとうございました。青森大会、すごく楽しかったですね。……
哲男さんの選はいつ見てもすごいな~っと、感心してしまいます。あの口調で授業をされているのですね。居眠りも出来なさそう……。
    7/? (佐賀県)  真島久美子 
冠省
殊の外暑い日が続いております。さらに一病を加え、医師の観察も厳しいものになっており、食事の制限も半端ではございません。
   藪医者がアイス食わせぬこの猛暑
   同病の友と糖質ゼロを酌む
時々ですがネ。
先般白寿の父を亡くしました。葬儀に出れなかったのが一番辛かったですね。
    7/31(鹿児島市)松本清展
暑中御見舞い申し上げます。
四〇年近いお勤め、本当にご苦労さまでした。新生活のスタートは如何でしょうか。何と申しましても、六〇才からの二〇年間が人生の収穫期であり、まさにゴールデンエイジであります。これからも先生の魅力を存分に発揮して下さるよう、心から期待しております。
ただ定年退職後、二〇年位経過した頃に大病を患う人を多く見ておりますので、老婆心ながら、健康にはくれぐれもご留意下さいますように。
私は唯今半失明の状態で、足腰も弱く、主治医からも独りでの外出はなるべく控えるようにと言われております。柏駅構内での雑踏では、突き飛ばされそうな目に遭い、身の危険を感ずる事もあり、このところ不本意ながら欠席投句を続けております。しかし、この「欠席投句」というもの、ただ結果を知らされるだけというもの、まことに味気ないものですね。句会での臨場感もなく、あのドキドキする瞬間も味わえず、残念です。
ただ十月の記念大会には何としても出席したいと思っております。……
乱文辞?、よろしく御判読下さい。     敬具
    8/3 (流山市)  難波ひさし拝 
お暑うございます。『ぬかる道』を拝誦させて頂いている者です。
この度は310号、ありがとうございました。内容が多岐にわたっていて、川柳は素よりいろいろ勉強させていただいております。楽しくてついつい家事を疎かにして読みふけってしまいます。
皆様の投句なされたのを、ただ「そう、そうだわ」と感心するばかりで作れませんが、喜怒哀楽をサラッと詠まれていて立派ですね。
この暑さの中、編集や発送にご尽力下さっていらっしゃる方々や役員の皆さんに敬意を表します。どうぞ、呉々もお体、ご自愛下さいますように。心よりお礼申し上げます。
……中略…… 次号を心待ちにしております。 敬具
  福本 藤 (平成二五年八月四日)
    (お住いが由宇呆宅の近くということで、由宇呆宛に)
  短信
第38回日立の海観光川柳大会の開催
去る七月二八日(日)川柳ひたち野社主催で賑やかに実施された。参加者数一四四名、当会関係者は十名なるも活発な呼名が相次いだ。
海を渡る風を心地よく肌に受けつつ、茨城県特産の品々を大勢の参加者がお土産とされていた。
↓(2013年8月更新) 
お便りコーナー(含むメール) 
ご退官、おめでとう存じます。
38年間、教壇に立たれ、多くの人材を育てられ、すばらしいと羨むばかりです。今後は川柳に若手をお育てくださいまし。乱魚さんの跡目としてのご活躍を心から祈念しております。……
かしこ
   5/30(江東区) 林えり子
青森大会では、本当にお世話になりました。心より御礼申し上げます。次の日もご一緒させて頂きまして、楽しい思い出に残る大会となりました。
選の時にも、いろいろ教えて頂きまして感謝しております。貴重な勉強の機会に恵まれましたことを励みに、これからも川柳を楽しみたいと思っております。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。またお目にかかれます日を楽しみにしております。
ありがとうございました。
   6/12(神戸市) 長島敏子
江畑哲男様
日頃はご指導頂き有難う御座います。また過日は貴重な本を頂きまして、恐縮しております。……
他事ながら、今月九日に東京砂町で開催された読売新聞協賛の時事川柳研究会の大会に参加し、地位賞を頂き、翌々日の新聞で報じられたりしております。歩みの遅い川柳好きですが、楽しく日々五七五と指を折り続けたいと考えております。今後ともご指導の程宜しくお願い致します。
   6/13(柏 市 )篠塚健
……日ごろのとうかつメッセの御指導、有難う存じます。
去る五月五日(日)千葉番傘(川柳会創立二十五周年)の大会(にて)、宿題「広い」(江畑哲男選、を抜いて下さいまして)有り難うございました。(入選句は)「千葉県は広い安房から我
孫子まで」。始めは「柏」でしたが、「我孫子」に(変更することを)思い付きました。右感謝致します。
   6/18(西東京市) 神山 勢陵
前略
東葛川柳会が始まった頃の江畑哲男さんは、娘の七つ違いのお兄さんのように見えていた。その人が定年退職をされる年代になられ、しみじみ「光陰矢の如し」を感じます。何足もの草鞋、お疲れさまでした。……
メッセ送らせて頂きます。どうぞよろしく。
   6/22(柏 市) 穴澤 良子
毎月、東葛の楽しい句会に参加出来ますこと、感謝感謝です。
これからは、ぽつんと独り参加のようなことをせず、いろんな方と席を同じくして話してみたいと思っています。きっと勉強になります。
6月はMさんと一緒でした。……選者の方も、毎月いろんな方がお見えになり勉強になります。
今月の歌は、川崎信彰さん指導の「花は咲く」、震災応援歌として、毎日のように流れている感動の歌です。信彰さんは、歌手別に何本かのCDを用意され、カセットデッキまで新購入で聴かせて頂きました。そして、一緒に歌いました。私は目頭を熱くしていました。……
   6/23(春日部市) 松田重信
先日の青森大会、楽しい旅でした。先生にはいつも印象深い旅をプロデュースして頂き、感謝しています。……
メッセよろしくお願い致します。お身体にはご自愛下さいませ。
かしこ
   6/25(松戸市) 船本庸子
謹啓 向夏の候
この度は、W大オープンカレッジ川柳入門教室を受講させて頂きまして、誠にありがとう御座居ました。厚く御礼申し上げます。……
おかげ様で川柳の楽しさ・奥深さを楽しく勉強させて頂きました。感謝して居ります。
さて、この度の句会のことで一つお詫びを申し上げたいと存じます。実は、私は大きなミステークをしてしまいました。……(以下略) 謹白
(なお、返信はご無用にてお願い申し上げます。)
   6/30 Y・H生
拝啓 川崎信彰様
………『ぬかる道』誌4月号、6月号の「信彰の色眼鏡」で小生の句を取り上げて頂き、有難う御座いました。素晴らしいコメントをいただき感謝すると共に嬉しく思っています。メッセの句は毎回苦労して作っていますが、江畑哲男代表のお情けで採用して頂いてます。……(中略)・・…句会は欠席が多く申しわけありませんが、東葛川柳会の一員として東京で頑張って居りますので、今後ともよろしくお願い致します。先ずはお礼まで。
   平成二五年五月二九日 小山 一湖拝
  短信
盛岡の中島久光幹事がまたまた快挙。第四二回盛岡芸術祭川柳部門で、盛岡市長賞(第一位)を獲得した。その作品「真剣に生きているからまた迷い」。おめでとう!
六月二二日(土)月例句会を早退して、江畑哲男代表は早稲田
大学国語教育学会五〇周年記念行事に出席した。シンポジウム、記念講演、総会、懇親会と記念行事が続き、その懇親宴では乾杯の音頭を取った。今年の新春句会特別講演の講師をお務めいただいた大津雄一先生や、ご出席の他の先生方とも交流を深めた。
『犬吠』七月号巻頭言に、山本由宇呆副幹事長が「個人句集の編集と川柳の普及について」を書いている。
第49回さいたま川柳大会の開催
六月二九日(土)一五九名の参加者を得て賑やかに開催された。
宮内みの里幹事が誌上大会「明るい」の選者を務め好評を博した。本大会へは同人・誌友が多数参加、会場あちこちから呼名が相次いだ。
柳多留二五〇年プレイベント朝顔川柳句会の開催
七月八日(月)朝から猛暑日のなか入谷朝顔市協賛にて下町の初夏の風物詩の一環として一五二名の参加をもって開催。
選者七名が全部女性という華やかさで、宮内みの里幹事が格調高く選者を務めた。当会関係者は同人・誌友が二十数名に及び活発な呼名が相次いだ。参加者全員に朝顔が一鉢お土産として配布され、皆さんニコニコ顔で浅草の街へ三々五々と。
投稿
小学生と川柳を楽しむ
        白石 昌夫
わたしの家の隣の小学校(柏市立酒井根東小学校)の校長先生のご依頼で、生徒に初歩の川柳のお話をしています。
七月九日(火)には四年生の三クラスに、川柳の基礎知識を話して、実地の指導をしました。担任の先生と一緒になって、合計で九二名の子供たちに一枚の短冊に川柳を書くところまで、句づくりの楽しさを伝える勉強会で、三つのクラスそれぞれに楽しく学んでもらえるように心がけています。
なれないことでいささか苦労もありますが元気に進めています。
       (当会運営幹事)
↓(2013年7月更新) 
  お便りコーナー(含むメール) 
謹啓
……去る五月五日の千葉番傘川柳会創立二十五周年のイベントで久し振りにお会い出来た慶びで、大変なご無礼を申し上げましたのに、それをお許し頂いた上、昨日は新潮社の例会で貴重な『ユーモア党宣言!』を頂戴し、この上の感激はございません。まさしく「楽しく学ぶ」をモットーに精進の糧にさせて頂きます。本当に有り難うございました。
   5/20 (君津市)中居杏二
※ 文中にある「ご無礼」は、別に無礼があった訳ではありません。千葉番傘の懇親会席上、杏二氏から熱い川柳への思いが語られました。小生は、それを伺っていたというだけです。
冠省
ご健勝と存じ上げます。
本日は『ぬかる道』ご恵送をいただき、有り難うございます。読売のオーナー渡辺恒雄氏はたしか寅年で、私と同い年ですが、すべてが比べものになりません。……
   5/27 (豊島区) 脇屋川柳
『ぬかる道』五月号、改めて読み直しました。退職に際して、三〇年も前の教え子からの便り、大学へ入りましたという便り、嬉しいことですね。私にも五〇年前の教え子から、二~三人ときどき便りをくれます。どんな人よりもありがたい便りです。退職後の環境への順応、上手に
おやり下さい。
   5/28 (松戸市) 松岡満三
  ▽江畑先生
このたびは、大変お忙しいなか早々に(六月末の目安のお願いにも拘わらず)「巻頭言」をお寄せいただき、誠にありがとうございます。厚く御礼申し上げます。文中では、代表の当会に対する強い思い入れを改めて感じました。また、私自身へも身に余るお誉めを賜り、大変こそばゆく思います。
ありがとうございました。
   6/4  (印西市) 関根庄五郎
※ 、「ほのぼの川柳会」(会長・関根庄五郎)一〇周年を記念して発行される記念誌に寄せた「巻頭言」への、御礼のメールです。
  短信
ビッグニュース。宮内みの里当会幹事が、平成24年度の川柳研究社年度賞(正賞)を獲得した。作品は「燃えるものあって独りのユートピア」で、『川柳研究』誌五月号には受賞の喜びが大変素直に語られている。おめでとう!
 去る五月十六日(木)夕、仙台市内で行われた「第五回旅の日川柳」表彰式に江畑哲男代表は出席して講評を述べた。今回の大賞作品は、「名物を聞けばゆるキャラ教えられ」(堺市、夏田素直)であった。
哲男代表はその前日15日(水)から石巻市に宿泊し、翌日被災地や文学遺跡を訪ねた。
(編集部より)
去る5月31日に開かれた番傘本社の同人総会で、新主幹に田中新一氏が選出された。前主幹の礒野いさむ氏は名誉主幹となった。(編集部より)
野鳥との会話を楽しもう
去る5月31日古くからの誌友高橋富榮さん(松戸市在)が千葉県より《鳥獣保護功労者》として森田健作千葉県知事より感謝状が授与された。
かねてより、身近な野鳥の生態、調査、保護活動に専心され「自然」に親しむことによるその恩恵は計り知れないとの弁。引き続き川柳共々、ご活躍されますよう祈念致します。
おめでとうございました。
(この項巌発) 
平成25年5月12日福島県伊達市保原にて、「川柳三日坊主吟社創立45周年記念川柳祭」が開催され、県内外から百名を超える参加者で賑わった。当会からは大戸和興顧問、川崎信彰副幹事長、山本由宇呆副幹事長、田辺サヨ子幹事が参加。東葛チームからは呼名が相次ぎ、山本由宇呆さんは大会準賞を獲得した。(編集部)
↓(2013年6月更新)
  お便りコーナー(含むメール)  
哲男さま
いつも『ぬかる道』をありがとうございます。
大学のサテライトセンターでの御講座、たくさん開講されるのですね。スゴイなあ~!
早稲田での開講、楽しみです。よいひとときとなりますよう!
ますますのご活躍をお祈りいたしております。
    4/18 (和光市)高鶴 礼子
船本庸子様
今日は三寒四温の寒の日に当るのでしょう。セーターを引っ張り出して着ています。
暗いニュースの続くなか、草や木は確実に春から初夏への営みを続けていて、温かい気持にさせられています。
遅くなりましたが、四月句会投句同封しますので、よろしくお願い致します。健康にご留意の上ご活躍ください。
    4/20 (柏 市)飯野 文明
船本庸子様
……4月も下旬となるのに、2・3月頃の寒い日が続き、困惑しています。呉々も風邪を引かないように気をつけて下さい。私はなんとか無事です。年会費は振り込んでおきました。……
    4/22(柏 市)石井太喜男
此の度は大変お世話になりました。整った美しい街恵比寿での東葛! 素晴らしき吟行会へのお招きに感謝です。昼飯時、内緒(笑)でやったサッポロ黒ビール、最高でした!
ご盛会佳かったです。取急ぎお禮迄。
    4/22 (深谷市)てじま晩秋
哲男さま
「とうかつメッセ」を送ります。明後日の4/29は、京浜川柳大会へ辻直子さんと横浜へ参ります。そして、5/5は、千葉番傘の記念大会へお邪魔します。合間を縫って孫のサービス、私のGWはこんなところです。
    4/27 (文京区)五十嵐修
江畑先生
定年退職のお祝いに酔いしれることは少し、先生のパワーに驚くばかりです。でも少しは休養を取りながらお務めくださいませ。これからもよろしくお願い致します。拙い句ですが、お送り申
します。……
    4/29 (柏 市)田辺サヨ子
江畑哲男様
このたびは、小生が『川柳さっぽろ』に掲載の小論にご賛同賜り、真にありがとうございました。『川柳さっぽろ』誌の論壇に外部の方から反応があるということは、きわめて珍しいことであり、しかもそれが江畑哲男先生でありましたこと、大変感激いたしました。しかも『ぬかる道』の巻頭言においても、これに触れて頂けるとのこと、光栄の至りでございます。さらに加えて『ユーモア宣言!』をお送りいただき、重ね重ねのご厚情、厚くお礼申し上げます。……
最近は地元民間放送(北海道放送)にて、毎週土曜日二五分程度の短い時間ですが、一般の視聴者を対象として「お昼の川柳」という時間を持つことが出来ました。まだ始まったばかりで、手探りの状態ですが、川柳の普及・発展の一助にと取り組んでおります。とにかく、理屈だけではなくて、具体的にいろいろな形での外部発信に取り組んでいく所存です。……
    4/30 (札幌市)太秦三猿
『ぬかる道』五月号届きました。わざわざ、ありがとうございました。
四月二十九日の京浜大会では、敦世さんが活躍され、東葛さんの軸として心強いですね。
取急ぎ、御礼まで。
   5/1  (横浜市)杉山太郎
江畑哲男様
拙作のCD(『言葉あそび入門』)をお届け申しあげます。ご笑覧ください。『ユーモア党宣言!』『アイらぶ日本語』、そして毎号の『ぬかる道』、有難く拝読致して居ります。
貴会ますますのご発展をお祈り申しあげます。
   5/3  (さいたま市)多比羅孝
↓(2013年5月更新)
  お便りコーナー(含むメール)  
御手紙入りの郵便物、誠にありがとうございました。感激でありました。……
重ねて申しますが、この『ぬかる道』はショックでした。川柳の会誌がこのように重く、広範囲に、すべてにかかわりを持ち、人間とは、生き方とは、又世の中のこと等、真剣に考えていらっしゃる読み物はないのではないでしょうか。心から衝撃を受け、衿をただす思いでありました。……
      弥生七日 (相模原市) 渡邉すみ子
前略
二十三日の東葛句会では大変お世話になりました。桜満開の中、皆さんの笑顔に接して、楽しい一日を過ごすことが出来ました。右取り急ぎ御礼まで。草々
      3/24(横浜市)杉山太郎
冠省
春がまだよく判りません。
本日は『ぬかる道』ご恵送をいただき、有り難うございます。
柏の文化センター川柳教室をされる事、以前は団扇さんの師匠さんがされておったと思います。私が船橋のセンターを頼まれた時の支配人さんが今柏のトップと聞いていますが、右御礼申し上
げます。
      3/26(豊島区)脇屋川柳
江畑哲男様
利根川沿いの道端は、桜が満開でした。往復の道中、たっぷりと桜を楽しみました。
退職記念アンコール講演会に参加させて頂き、ありがとうございました。「第三の誕生」、自分の心と話をする楽しみ、頭と心を鍛える大切さ、発見と表現力(の大切さ)を、たくさんの例をあげて、わかりやすく、笑いを入れてお話しされ、勉強になりました。特に導入部分に教師力を生かしていること、天性のほめ上手と、改めて発見いたしました。
川柳会・江風の皆様が主催された行動力に拍手です。懇親会では、皆様の温かなお人柄に囲まれて、心和む一時でした。……
私もいつか「生きることがうたうことだから、うたうことが生きることだから」(俵万智)なんて言えるといいなぁと思いました。取り急ぎ御礼まで。
      3/31(銚子市)名雪凛々
   〔銚子川柳会会長〕
前略
『ぬかる道』四月号拝受しました。誠にありがとうございました。
八面六臂の大活躍の実例に初めて出会いました。これは春からめでたい限りです。
川柳会トップ、再任用、カルチャースクール講師、二大学のオープンカレッジ講師、このほか講演、交流、宴会もあるでしょう。素晴らしいです。お元気で、お元気で。   草々
3/31(守谷市)海老原信考
江畑先生へ
定年退職のお祝いを申し上げます。
高校を卒業し三〇年以上も経ちますが、先生の『舞姫』の授業、今でも心に残っており、その風景がセピア色に輝いております。今後のご健康とご活躍をお祈り致します。
      3/31 卒業生・小泉雅美
江畑先生
ご無沙汰しております。このたび春からようやく私も大学生となることが決まりました。在学中から先生には大変お世話になりました。都々逸、英単語、川柳、歌、落語……、授業中、授業外、いつでも有意義な笑いをご教授いただきました。
昨日学校に行ってはじめて先生のご退職を知りました。よもや考えもつかず、……。先生とのお話を春からの気合いにさせていただこうと思っていたのですが……!!
思わず一句。
 会いたいと思う恩師はご退職

(先生のご住所は川柳雑誌を拝見しました。)
      4/2 卒業生F・H
やっと春が来ましたが、桜はまだまだで、20日頃の開花予定。
庭にはクロッカスが咲いています。
先ほど「盛岡の短歌(うた)」冬の部で、入選しました。……
メッセ送ります。よろしく。
4/8 (盛岡市)中島久光
※ 「盛岡の短歌(うた)」(盛岡商工会議所主催)の久光氏の入選短歌は下記。
  「凍りつく空気を裂いて割るごとく裸参りの行列が行く」
      (編集部より)
↓(2013年4月更新)
江畑哲男様
東京でいただいた『ユーモア党宣言』、やっと読み終わりました。日頃から、「ユーモアとは自分を泣きながら笑う川柳の底流である」と思い、小講演でも触れていますが、ご著書を読みなが
ら意を強くしました。
篠先生の短歌と川柳も同様で、和歌と川柳とは切っても切れない関係だと思っていましたので、嬉しく嬉しく拝読いたしました。……
いよいよ定年だとお伺いして理論の少ない川柳界のために嬉しく思います。ありがとうございました。
      2/17(新居浜市)井原みつ子
船本庸子様
年のせいか、月日のたつのがとても早く、梅の季節を楽しむ気分になれません。
中国艦の尖閣侵犯、「レーダー照射は日本のデッチ上げ」、北朝鮮の核実験、海外でのテロや事件に巻き込まれた日本人、アベノミクスとか、株高円安どんどん流れていく激変に、とてもつい
ていけません。……
      2/17(柏 市)飯野 文明
寒い日が続きます。
雪掻き以外に外へ出ない日もあります。義理チョコは家内からだけ。娘二人には見放されました。
      2/20(盛岡市)中島久光
前略
寒い日が続いております。風邪などひいてはおりませんでしょうか。
今年こそ皆勤と心に決めていたのに、二月で挫折して句会に欠席してしまい残念です。……
      2/26(柏 市)小川 定一
※ 残念でしたが、まだまだ精勤賞がありますよ。健康に気をつけて頑張って下さい。
……川柳がなかったら、無趣味になってました。上達は見込めませんが、友に会いに句会に行こうかなと想ってます。
      3/1 H子
↓(2013年3月更新) 
  お便りコーナー(含むメール) 
前略
『ぬかる道』二月号、拝受しました。誠にありがとうございました。
腹下りが一週間とは、私なら瀕死の状態です。台湾に悪気はなく、水の違いが原因でしょう。セイロガンは必携です。正月早々大変でした。三月までお元気で。飲み会が山のようにありますよ。草々
     1/29 (守谷市)海老原信考
江畑哲男先生
超繁忙の中、素晴らしい読書力、羨ましくもあり妬ましくもあります。
桑田とは身長が同じなので、注目しています。勿論、少年野球を指導していますが、Gフアンです! 本題に入ります。『試練が人を磨く』(桑田真澄)早速本屋にオーダーした!
     1/30 (松戸市)老沼正一
哲男さん、お元気ですか。先日の新春句会ではお世話様でした。
いつもステキな講演を聞かせていただいております。前回は南極の美しい映像と南極での実体験をお聞きし、太陽が横に動く話には目からうろこでした。
そして今回の「平家物語」の語りの絆では、久々に「朗読」の世界に感銘を受けました。私も国語出身なので、目で見る川柳、耳で聞く川柳ということにこだわっている者としては、大津先生の朗読は本当にステキでした。物語の美しさ・心のあやが伝わってきました。質問の時間に冒頭の部分の朗読も先生にお願いして聞きたいと思うほどでしたが、皆さんの熱心な質問に圧倒されてしまいました。
また千葉の会で、「平家物語」の中からわざわざ埼玉の偉人、熊谷次郎直実と川越小太郎重房のくだりをテキストにしていただき、朗読していただき、本当にありがとうございました。埼玉県
人としてもうれしい一日でした。
哲男さんはこの春に定年とのこと、本当にお疲れさまです。残りの日々をどうぞ慈しみながら楽しみながらお送りくださいますよう心から願っております。寒い日が続きます。どうぞ風邪など召しませんよう、お身体を御自愛ください。
     1/30 (さいたま市)齋藤 弘美
短信
(社)全日本川柳協会の常任幹事会兼新年会が、1月22日(火)に都内で開かれた。出席者は40名弱。大野風柳会長が「川柳を大いに語ろう」と冒頭の挨拶。江畑哲男代表が出席して、中締めの音頭を取った。
『番傘』二月号は必見である。「リレー放論」欄に掲載された濱田逸郎氏のエッセイ「古川柳研究会と亡父濱田義一郎」が特に興味深かった。濱田逸郎氏と言えば、江戸川大学エクステンションセンターの所長。当会二五周年第Ⅱ部の記念パーティーの「トーク&トーク」にも登壇していただいた。あの第Ⅱ部の折り、番傘本社からご来会いただいた菱木誠編集長が濱田教授と面識が出来、その後『番傘』誌にご寄稿いただいたようである。その意味でも、当会の二五周年記念大会は、意義深い行事であったと自信を持って申し上げたい。
(後日談:その菱木誠氏からメールが届いた。)
「リレー放論」に関わって、過分なお褒めのお言葉頂戴して嬉しく思っています。川柳界以外で、新しい書き手を探すのが編集の使命と思っています。
それも偏りなく、皆を鼓舞するような。
    2/6   (奈良市)菱木誠
『川柳さくらぎ』(23号)も興味深かった。主宰の尾藤一泉氏の「川柳総合文化論」では、「白井花戦氏史料」を取り上げていた。花戦氏と言えば、当会創立時にお世話になった番傘の重鎮である。その花戦氏は平成22年に101歳で他界された。
誌友の長尾美和さん(船橋市)が、川柳銀の笛吟社平成24年度彩雲賞に輝いた。おめでとう!

昨年10月当会は創立25周年の節目を迎えた。
記念句会の席上、永年に亘り当会発展の為に様々なご支援を賜った法人3社、個人2名の方々にささやかなる感謝の気持ちをお受け取り戴いた。
法人3社のうち毎年の新春句会に句会場を拝借している第一生命保険㈱様へは去る11月13日(火)に幹事長中澤巌が貴重な歴史的建物である同社ビルを訪問。
森泉康亨様始め「サラリーマン川柳」ご担当者の皆様と感謝状と記念品併せて「ユーモア党宣言!」を真ん中に川柳談義に花を咲かせた時のスナップです。
↓(2013年2月更新) 
  お便りコーナー(含むメール) 
二十五周年記念大会、すばらしい大会でした。『ユーモア党宣言!』、よい本だと思います。大会の翌日は、手賀沼マラソン。孫がレイソルダンサーズの一員として踊りました。
よい年をお迎え下さい。
      12/13 (盛岡市)中島久光
(来年の番傘大会における)江畑哲男選、森中惠美子句集、楽しみにしております。
      12/13 (松戸市)老沼正一
……先生は忙しく、スーパーマンのような生活をしているのでしょうか。お身体、お大事に。
      12/20 S・H子
『ぬかる道』誌昨十二月号に投稿した『北米川柳道しるべ』の紹介記事、その反響がすごい。「北米川柳百年の中でも、特に戦時中のみじめな環境の中で消えることなく、川柳が息づいていたことに感銘」(京都番傘K氏)ほか二〇名近い人からメールやお手紙を頂いた。
縁あって昨年から私は海外の川柳事情を調査しているが、海外でも会員の高齢化と後継者不足で、会の存続が危機に瀕している。日川協において、国際部の創設や我らの草の根運動による海外の川柳活動への支援やいまや喫緊の課題ではないかと思う昨今である。
       12/22 (つくば市)江崎紫峰 
哲男さま
昨日、NHK学園で年締めの川柳講座を終えて、添削用リポートはまだ手付かずの中、「メッセ」を何とか間に合わせました。これから銀行へ孫のお年玉で行きます。
正月気分なんて全くないですね。お互い来年も頑張りましょう。
       12/28 (文京区 )五十嵐修
冠省
全くご無沙汰の限りで、申し訳ございません。今年も今日で終りです。例年のとほりで沢山の遣り残し侭一年を越しそうです。
今更乍ら、東葛の二五周年記念大会が盛会だったことと、送って頂いた『ユーモア党宣言!』も読まして頂きました。内容も多岐にわたっていて、此れから何か書くには貴重な資料になることと改めて感謝しております。……
       大晦日  (品川区)成田孤舟
謹んで新年のおよろこびを申し上げます。……田辺聖子さんの『道頓堀の雨に別れて以来なり―川柳作家・岸本水府とその時代』(上下巻、中央公論社)を読んで近代川柳文学史を知りました。
       1/1  OK生(早大の先輩)
※ 代表宛て年賀状に、川柳界内外の皆さまから当会二十五周年記念出版『ユーモア党宣言!』の御礼やら賛辞やらが、書き添えられていました。
『ぬかる道』を楽しみにしております。
ことに《信彰の色眼鏡》は句意が読み取れない私にはとても勉強になります。
ただ、そのご尽力如何ばかりかと思います。
どうぞ、ご自愛なさって頑張って下さるように。
 12/25 (鎌ヶ谷市、梨ノ木川柳会・山田和子)(ビギナーズの常連)
川崎 信彰 様
この度は「ぬかる道」1月号の「信彰の色眼鏡」(12月号より)欄にて拙句:
  「民主主義原爆抜きで欲しかった」
をお取り上げ下さり、私の思いを代弁して下さり(しかも当人より遥かに雄弁に)本当に有難うございます。
東葛へは柏市大会しか伺っておりませんが、新潮社の句会ではご尊顔を拝しております。
今後とも宜しくお願い致します。良い新年をお迎え下さい。先ずは御礼まで
 2012.12/28 (千葉市、からたち川柳会他・高塚英雄)
  ↓(2013年1月更新) 
  お便りコーナー(含むメール) 
川瀬幸子様
この度は私の大好きな東葛川柳大会の表彰状を誠に有難く、嬉しく、ここに頂戴いたしました。深謝
    (千葉市)伊藤不取留
船本庸子様
気が付けば今年もカレンダーがあと2枚。それも1枚目はあと10数日で終了。こんな生活を83回もくり返して来たのかと思えば、ちょっと不思議な気にさせられます。
織田信長が謡った、「人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢まぼろしのごとくなり」。私の年の半分と少しの寿命であった男が、あれ程の偉業をなし遂げたのに比べれば、なんと徒に馬齢を
重ねて来たか、恥ずかしくなります。
唯、今年3月に手術で大腸を全摘したにもかゝわらず、なんとか少しづゝですが回復しつゝあるのが、生きていく些細な喜びとも言えます。早く会に出席出来るようリハビリに努めております。
  11/19(柏 市)石井太喜男
(編集部:お便り、有り難うございました。太喜男さんの句会復帰を、心からお待ち申し上げます。)
哲男先生
きょう、『川柳マガジン』12月号が届きました。「文法講座」いいですね。比喩になって、ぐっと親しみが持てます。最後の10行(注:「学びを軽視してはいけない」に至るまでの一節)が光っています。
先生の厳しいところも好きです。
 11/27 Aさん
拝復
先日はご高著『ユーモア党宣言!』その他をお送りいただき、まことにありがとうございました。……川柳のユーモアは狂言に通じると思います。狂言もかつてはマイナーな存在でした。能よりも価値が低いと見られていました。それが、今や能よりも観客が多いという時代を迎えています。「笑い」に対する理解や評価が高まっているようです。「川柳の時代来る!」、そのとおりだろうと思います。期待したいと思います。
 11/28 (名古屋市)林和利
     〔名古屋女子大学教授、狂言研究者〕
短信
会友の三輪田良子(野田市)さんは、野田の広報誌『グラフ野田』(45号)「私のふるさと再発見」欄で、二ページ写真入りで大きく紹介された。三輪田さんは、野田や関宿の民話を市内の小学校や福祉施設などで、一〇年ほど前から読み聞かせを続けておられる。
11月18日(日)に、平成24年度新宿区生涯学習フェスティバル「川柳展」において、表彰式が行われ、北新川柳会会員が下記の通り入選しました。新宿区長中山弘子氏からお祝いのお言葉をいただき、賞状及び賞品を手ずからいただきました。 
   記
特 選 小山 一湖
   「努力した今日は明日への糧となる」
秀 逸 島田 裕吉(ぬかる道誌友)
   「つまずきを生かして生きる老いの知恵」
同  丹澤 鶴子
   「夢を追い夢を夢では終わらせず」
選者は、安藤紀楽氏、西来みわ氏、及び南川桂子氏でした。
なお、小生は連続7年の入選となりましたが、東葛川柳会で楽しく学ばせて頂いているお陰と感謝いたしております。とりあえずご報告まで。   (当会同人・小山一湖)
一葉まつり句会の開催
去る11月13日、樋口一葉生誕140年を祝う記念川柳大会が一葉記念館(台東区)にて60名の参加を以て実施さる。
誌友の内田博柳、長尾美和さんが選者を務められた。
第61回市川市文化祭川柳大会の開催
去る11月18日、川柳新潮社主催にて180近い参加者を以て賑やかに開催さる。
当会関係者は二十名を数え活発な呼名が相次いだ。
八幡神社の銀杏並木は紅葉真っ盛り、七五三詣と重なり境内は家族連れで大賑わいだった。
        〔この項巌発〕
  ↓(2012年12月更新) 
  お便りコーナー(含むメール) 
10月28日が岡崎川柳研究大会で、水川さんが選者です。二日続けては無理ということで、私一人出席になりました……。ごめんなさい。
    10/10(豊橋市)鈴木順子
江畑哲男先生
この度は、東葛川柳会創立二五周年を迎えられる由、誠におめでとうございます。この記念大会の準備にお忙しいことと存じます。記念大会のご成功をご祈念申し上げます。
    10/12(成田市)笠井精一
いよいよ二五周年ですね。二七日には出かけますのでよろしく。何も手助けは出来ませんが、当日仰せつけ下さい。簡単なことなら手伝います。
    10/16(盛岡市)中島久光
(二五周年)なんとか出席するようがんばります。
    10/13(松戸市)松岡満三
御手紙と原稿、拝見いたしました。過分のお言葉で恐縮しています。
川柳の発展を祈ります。
    10/25(文京区)外山滋比古
哲男先生
メールありがとうございます。
(第Ⅱ部、パーティー)125名、14卓ですか。大盛況、びっくりです。アトラクション担当としては、手強いものを感じます。実力以上のことはできないので、できることをやるだけです。楽しく遊んじゃおうというスタンスで、よろしくお願いします。
これから、125名分の小物作りに取り掛かります。ベストコンディションで当日が迎えられますように。楽しみにしています!!
    10/ 25 朝(松戸市)日下部敦世
哲男先生
パーティ座席表、ありがとうございました。超お忙しい中で、ご配慮いただきありがとうございます。当日まで変更はあると思いますので、臨機応変に対応したいと思います。
小道具もだいぶ出来ました。
きょう、くじをこどもたちが作ってくれました。60枚×4=240枚、力強い元気な字です。
あすは、予約してある賞品を取りにいきます。
25周年、元気にお祝いしたいと思います。ハプニングも楽しんで!
どうぞよろしくお願いします。
    10/25夜(松戸市)日下部敦世
〔編集部注:
同じ日の朝と夜にメールが入って、大会の準備状況を報告していただいている。準備はそれぞれの担当でいろいろなされ、大会の成功があった。このことをお知らせしたくて、特記させていただいた。〕
先ずは東葛川柳会創立25周年記念大会の大盛会、誠におめでとうございました。記念すべき日に出席出来、素晴らしい一日を過ごさせて頂きましたことを心より感謝申し上げます。記念大会へ向けての御苦労の数々をお察しするにつけ、何のお手伝いも出来なかったことを心苦しく思っております。申し訳ございません。
ワクワクしながら、画面とお話しで連れて行って頂いた南極への旅、立派な先生方のお話と披講、句会後のトークとパーティ、中味たっぷりのプログラムのスムースな進行に感謝し乍ら、存分に楽しませて頂きました。ゲームの大盛り上り、食事も美味しく素敵なひとと時でした。改めて、江畑先生はじめスタッフの皆様に感謝感謝です。
又『ユーモア党宣言!』盛り沢山の内容にびっくりです。第二章、第四章も有難かったです。量、内容共に充実の持ち重り、心して拝読いたします。そして「簡単なように見えて一番難しいユーモア句」に挑戦致します。ユーモア党の党員になれます様に……。
お疲れが出ていらっしゃるのではないでしょうか。達成感、満足感が疲労感を上回っていることを願っています。どうぞお身お大切になさって下さい。乱筆乱文にてお礼まで。
本当に有難うございました。そしてお疲れ様でございました。
     10/28(柏市) 伏尾 圭子
哲男さんへ
東葛川柳会25周年大会、本当にお疲れ様でした。久々に柏へ伺って、会場で遠方から見えた懐かしい皆さまにお逢いできてなによりでした。
やっぱり惠美子さんの披講がよかったですね。一句一句にご自身の思いが込められていましたね。そうそう「トーク」と言えば武田康男先生の「南極の魅力」、まるで異次元の世界へ連れて行かれたみたいであっという間の一時間、もう少し聞きたかったです。まったくハード極まる体験談、有り難うございました。
     10/ 29(文京区)五十嵐修
先日の25周年記念大会参加させていただき有難うございました。式典、句会、パーティー全てが素晴らしく、大成功だったと思います。
代表はじめ準備に携わった方々に感謝いたします。
     10/30(新宿区)小山一湖
哲男様
昨日の東葛25周年大会盛会裡に終えることが出来なによりでした。これも哲男代表の永年に亘るリーダーシップのおかげと感謝申し上げます。
小生の句、句会冒頭に津田先生から「ぬかる道四半世紀だ光る道」を拾って頂き感激しましたが、句会の最後の最後に哲男先生から「老後ナウやりたいことは山とある」を特選にご推挙、市長から市長賞として授賞扱いを賜り、考えもしなかった栄誉に打ちふるえました。
第Ⅱ部のパーティー冒頭の挨拶トークでも、このことで取り乱してしまい、哲男代表の力強い「川柳の時代来る!」の激や『ユーモア党宣言!』に共感の辞を詳しく述べるのを忘れてしまいました。申し訳なく存じます。
しかしながら、各地からの参加者も含めて終始大変な盛り上がりで、まさに川柳ユーモア党発足に相応しい大会で、どこかの知事さんや市長さんの新党立上げを凌駕する立党宣言の会に発展したように存じました。
これも哲男代表、巌幹事長、由宇呆編集長をはじめとする東葛ネットワークの賜物です。
小生も傘寿を迎えましたが、このたびの受賞とユーモア党立党宣言に力を頂き、東葛幹事後の末席として歩いて行きたいと存じます。どうぞこれからも相変わらずのご指導を賜りたく存じます。 御礼迄 早々
      10/28(千葉市)末吉哲郎
江畑先生
10/27、一番長い日も成功裡に終りおめでとうございました。ほっとされたことでしょう。お疲れさまでした。文化連・鈴木会長の突然の参加に特段のご配慮頂きありがとうございました。会長も東葛川柳会の底力に目を見張っておりました。……
大イベントの後、どうぞ健康に留意されますよう祈念しております。
      10/29(柏市) 増田幸一
本日はすばらしい『ユーモア党宣言!』ご恵送賜り、ありがたく厚く御礼申し上げます。
高松で開かれた私立大学協会の総会並びに当大学の大学祭と重なり、せっかくお招きいただいたのに25周年記念大会に出席できず、誠に申し訳ありませんでした。先生の「川柳の時代来る!」の意気込みにも強い感動を覚えました。益々のご活躍を祈念し、御礼とお詫びにさせていただきます。
      11/1 (練馬区)清水厚実
東葛川柳会25周年おめでとうございます!
会員の皆様のパワーの感じられる大会でした。
武田康男先生の記念講演も、映像で楽しく拝見しました。早速、近著『気象ハンドブック』を購入しました。ホームページでも楽しんでいます。
来年は、江畑哲男選、森中惠美子の句集も出る番傘川柳本社一〇五年大会です。一族郎党を引き連れ、多数ご参加ください。
      11/5  (奈良県)菱木誠
いろいろのご活躍、つぶさに拝見いたしました。ますますご発展を祈ります。
俳句にとって代る川柳をと、外野から応援します。
      11/5  (文京区)外山滋比古
拝啓 江畑代表
先ずは十月二七日の東葛25周年大会の盛会を、お慶び申し上げます。及ばずながらその一端を担う事が出来た事に感謝し、共に喜びたいと思います。加えて、功労者表彰という大きな賞を頂き、誠にありがとう御座いました。裏方の仕事に目を向けて頂き、ともに勤めている皆さんにも励みになることと、嬉しく思います。それにつけても惜しまれるのは、机を並べた齊藤克美さんが三年前に亡くなったことです。亡くなるまでの十年の彼の努力を思うと、今回の私への表彰は、克美さんと肩を組んで頂いたものと思えてなりません。せめて、ぬかる道の片隅にこの想いを掲載させて頂きたく、お願いします。
     東葛川柳会副幹事長 山本 由宇呆
第47回千葉県川柳大会開催さる
去る10月21日千葉市において県内各地から投句者も含め200名を越える参加者のもと賑やかに開催された。当会からは大会運営委員諸氏を始め、30余名が参加、当会のパワーが炸裂した.また、東條勉さんが見事千葉日報社賞を獲得された。おめでとうございます。
★川柳人協会24年度文化祭川柳大会開催さる
去る11月3日東京スカイツリー直近の「すみだ生涯学習センター」にて151名の参加を得て開催された.同時に川柳文化賞授賞式があり、今年度は近江あきら氏が受賞された。
(この項巌発)
10月21日、栃木県鹿沼市市民文化センターにて、鹿沼市文化祭かぬま川柳大会が開催され、山本由宇呆副幹事長が参加した。尚、かぬま川柳会の白石洋会長は、10月27日の当会25周年大会へご参加頂いた。
11月1日~4日、野田市文化祭へ野田川柳会メンバー全員(20名)が初出展した。展示された短冊へ用意されたシールを貼って貰うという人気投票を行い、来合わせた観客同士の下馬評が弾んで、大盛り上がりだった。『ぬかる道』を十数冊置いたが、あっという間に捌けて、川柳予備軍へ期待が持てた。 (野田川柳会会長・成島静枝)
10月27日~28日、柏市藤心近隣センターで地域文化祭が開催され、川柳会・新樹は毎年の例の如く、メンバーの作品展示を行った。ここでも例年の如く、観客参加型の人気投票を行った。   (川柳会・新樹、会長・川崎信彰)
川柳会・新樹は、11月3日~4日の間、増尾近隣センターでの文化祭にも出展、地域文化との交流を深めた。    (川柳会・新樹、会長・川崎信彰)
  ↓(2012年11月更新) 
   お便りコーナー(含むメール)
東葛川柳会二十五周年、おめでとうございます。
江畑先生はじめ、皆々様のご努力のたまものとお喜び申し上げます。私も二十年前から大変お世話になりまして、ありがとうございます。
思えば、乱魚先生の温かいお心をいただきながら、共に歩んでこられたことと思います。
昔の『ぬかる道』を開く度に、長い長い道程を一歩一歩すすんでこられたことを思う時、頭の下がる思いでございます。乱魚先生もおよろこびになられていることと思います。ますますのご発展を心からお祈り申し上げます。……
祝吟「ひたすらに歩むみごとな花の数」
      9/6  (越谷市)藤あかね
前略
先日(9/22)の東葛川柳会では、勉強の機会を与えて頂き、ありがとうございました。
また懇親会でも国内はもとより国外の方とも交流することが出来、さらに思い出の写真まで送付して頂き、恐縮しております。
今後ともよろしくお願い申し上げます。 草々
      9/27  (世田谷区)米本 卓夫
前略
『ぬかる道』十月号拝受しました。誠にありがとうございました。
表紙の数字、「No.300」は迫力があります。
25年間休まず刊行とは見事です。……
益々のご活躍を祈ります。
      9/30  (守谷市)海老原信考
  短 信
 ▽ 平成24年9月23日(日)八千代市勝田台文化センターにて、八千代市民文化祭・第10回八千代川柳記念大会が開催され、136名の出席者で盛会であった。当会からも多数参加し、川瀬幸子さんが千葉県川柳作家連盟賞を受賞された。お目出度う御座います。
平成24年9月30日(日)松戸市松戸市民劇場にて、松戸市民文化祭・第19回松戸川柳大会が開催され、192名の参加者で盛会であった。当会からも多数参加し、上田正義さんが松戸川柳会賞を、宮内みの里さんが合点一位を受賞された。お目出度う御座います。
平成24年10月4日(木)銚子市銚子よみうりホールにて、第10回(最終回)・銚子発いわし川柳誌上大会発表記念句会が開催され、当会からも多数参加者があった。誌上大会の準特選5句に成島静枝さんが選ばれた。お目出度う御座います。
平成24年10月7日(日)成田市市民ホールにて、成田市民文化祭・なりた川柳大会が開催され、参加者61名+投句26名で盛会であった。当会からも大戸和興顧問ほか、数名の参加者があった。
平成24年10月8日(月・祝)金町地区センターにて、葛飾区民文化祭・第33回川柳大会が開催され、参加者多数で盛会であった。当会からも多数の参加があり、北山蕗子さんが合点14位、宮内みの里さんが合点16位に入賞した。お目出度う御座います。(以上 由宇呆発)
10月7日(日)には、来年秋の国民文化祭を控えた「やまなし2013文芸祭」プレ大会が甲府市で開かれた。江畑哲男選者、幸一顧問、一江・静枝・庸子・桃葉の各幹事ほか多くの会員が参加して、大会を盛り上げた。
↓(2012年10月更新) 
   お便りコーナー(含むメール)
先日はお電話ありがとうございました。……
オリンピックで不眠中。
   8/8 (盛岡市)  中島久光
『ぬかる道』ご恵送いただき、まことにありがとうございました。圧倒的な質量で他の川柳誌をよせつけません。また句会に90人も参加されるなど、空おそろしいほどのパワーでただただおどろくばかりです。哲男さんの「徳島大会参加紀行」非常におもしろく、興味深く読ませていただきました。この一文を読んで、私も徳島大会へご一緒した気分になりました。『紫波』の一文、お目にとめていただき光栄でございます。「川柳儀」としておりますが、森羅万象にチャレンジして参ります。
   8/13(盛岡市)  高橋竜平 
25周年おめでとうございます。せっかくのお祝いの会に出席できません。私のところの大会とカチ合いました。遠くからお祝い、よろこんでいます。
   8/20(新潟市)  大野風柳
江畑哲男様
いつもすばらしい句会に参加をさせて戴きまして、誠に有り難うございます。又、この度は「句会の表情」へ拙い文章を載せて戴くことになりまして御礼を申し上げます。今後共、ますますのご発展をお祈り致します。
   8/21(龍ヶ崎市) 鈴木広路
鶏頭の真っ赤な花が猛暑をものがたるようです。二十五周年に向けての準備、皆さまのご苦労が伝わってきます。
いろいろ思うことばかりです。(この後、ご本人の病状の説明あり。)二十五周年出席できたらと願っております。……
   8/29(柏 市)  穴澤 良子拝
江畑先生、「最後の夏休み」お忙しいこととおもいます。大会ももうすぐですね。忙しい×2ぐらい忙しいんでしょうね。お体お大事にして下さい。
   8/29(柏 市)  菅谷はなこ
哲男さまへ
相変わらずの猛暑でいささかゲンナリしています。
彼岸まで猛暑は続くでしょう。「とうかつメッセ」、間に合いそうです。
   8/30(文京区)  五十嵐 修 
九月になり、雨がいいです。
先生も元気でお変りなく。……
今日は土浦の大会に参加します。堤丁玄坊先生にお会いできたら嬉しいです。
どこまでものんびりつづく草むしり
   9/2 (柏 市)  白石昌夫
江畑哲男先生
東葛川柳会25周年記念おめでとうございます!
小生の関係している松戸市小金原スポーツ少年団は近近50周年を迎えます。御会も25年たつと50周年記念になります。小生の歳に25をプラスすると一〇〇歳になります。一〇〇歳で東葛川柳会50周年記念大会にも参加する予定です!
東葛川柳会の今後とも益々の御発展をお祈りします。
   9/3victory相談役(松戸市) 老沼正一 
江畑哲男さま
涼しいお便り何よりです。ご無沙汰お許しください。上州いたるところ旱魃、『ぬかる道』大歓迎!おしゃれでジューシーな表紙♪♪♪、舞の海のこころ。抜群の巻頭言。通いたくなる江戸川「川柳古今東西」。暑さが吹っ飛びました!!、……
東葛川柳会25周年おめでとうございます! ひんやりを通り越した「記念講演」。ご盛会をお祈りしています。
   9/3 (伊勢崎市) 秋山春海拝 
残暑厳しく九月に入っても続いていますが、いかがお過ごしですか。いつも素晴らしい柳誌、江畑さんの熱意が込められています『ぬかる道』を、ご恵贈いただき申し訳ございません。九月「テーブルの上に」の秋の果物を盛った絵は美しく、一ケ年を通しての表紙でも良いほどのものでした。……
   9/3 (長野県)  石田一郎
  短信
『犬吠』8月号「房総柳人この人」欄に、中澤巌幹事長が紹介されている。軽妙な自己紹介と自薦十句が掲載されている。
8月18日、当会大戸和興顧問が、「三笠賞」を受賞された。
「三笠賞」は、尾藤家の開祖である尾藤三笠さん(三柳さんの御尊父)を顕彰して、尾藤三笠顕彰会の主宰によるもの。
受賞理由。「あなたは、生涯にわたって川柳を愛し、川柳の普及活動に多大な協力をされてきました。特に、東京都職員や東葛地域の川柳文化の貢献では、目覚ましい活躍をされました。ユーモア川柳の普及に努め、句集「わかさ」の刊行では、郷里小浜市民に歓迎され、全国誌での選者など無償の献身をされてこられました。ここに三笠賞を贈り、これからも健康に励みつつ、川柳文芸に寄与されることを期待します。」
東葛の先輩である、和興顧問の栄誉を喜びたいと思います。
  (由宇呆発)  
  ↓(2012年9月更新) 
   お便りコーナー(含むメール)
記念出版、ご苦労様です。文章を訂正し、改めて送付いたしますので、よろしく。
7/27  (練馬区) 清水厚実
暑中お見舞い申し上げます。
厳しい暑さが続いていますが、夏バテもなくご活躍の事と思っています。
本日は『ぬかる道』八月号、ありがとうございました。巻頭言によりますと、徳島大会ご参加、ご苦労さまでした。十月二七日の記念大会、都合して出てみたいとスケジュール表に記入しました。十月検査入院がありますので、無事であればと思っています。
暑さ、続きます。無理のないようご活躍下さい。
7/30  (飯山市 )石田一郎
江畑哲男様
このところ猛暑が続いていますが、お変わりなくお過ごしのことと存じます。お蔭様で、私も猛暑をものともせず、後輩のビアパーティに招かれ、恵比寿まで足を伸ばしたりしています。
さて、この度は『ぬかる道』(No.298)をお送り下さり有難うございます。
No.298を見て、あと2号で300号だと思い、中を拝見して10月27日に25周年記念大会が開かれることを知りました。おめでとございます。
巻頭言「徳島から東葛の大会へ」を楽しく、懐かしく拝見しました。大塚国際美術館に伺ったことはありませんが、大塚製薬から発行されている『大塚薬報』の素晴らしさからも推測できます。
『大塚薬報』の寄贈をお願いしたのは、山崎光夫氏の「森鷗外と医学留学生たち日本近代医学の源流」と題する連載がきっかけでした。『独逸日記』に出てくる方々がどのような経歴の方か、これにより知ることが出来ました。
山崎光夫氏は先月これをまとめて講談社から『明治21年6月3日─鷗外「ベルリン写真」の謎を解く』を刊行されました。
『大塚薬報』は、単なる大塚製薬のPR誌ではなく、文化的な薫りの高い文芸誌?だと思います。最新の677号には、伝統的工芸品「播州そろばん」、歴史上の人物たちの足跡をたどる第16回「河井継之助」、山崎光夫「武田信玄の説く理想の勝ち方」などを始め、巻末には大塚国際美術館「名画の扉を開く」〈キーワードは家族―⑥〉が3頁にわたり掲載されるなど盛り沢山です。
祖谷のかずら橋の記事を見て、家内と大歩危小歩危を訪ね、かずら橋を渡ったことを思い出しました。ところが何時のことであったのかさっぱり思い出せません。妻が生きていれば、立ち所に年月とその折訪ねたところを上げてくれるだろうにと思いました。
お便りにありましたように、「川柳会、生徒、教員」とご縁ができたことは、すべて江畑先生のお蔭だと感謝しています。このような機会は得がたいものであり、11 月6日の講演(注:千葉県高等学校教育委員会国語部会にて)は、紹介者である先生の名誉を傷つけないように心がけるつもりです。
来年三月の定年を前に、東葛川柳会創立25周年記念大会があり、その準備に汗を流されていることと存じます。猛暑が続いておりますが、10月下旬はよい季節になっていることと思います。
記念大会の成功をお祈りしています。
先ずは、『ぬかる道』拝受の御礼まで。
 8/3 (流山市) 林尚孝
  (「レストヴィラ流山おおたかの森」にて)
短信
 いわき番傘川柳会(会長・真弓明子)の会報『家』が、去る八月号で五〇〇号を数えた。誌名の『家』は、岸本水府の名句「ぬぎすててうちが一番よいといふ」から採られている。いわば、正統の番傘川柳会。一口で五〇〇号とはいうが、直近では東日本大震災という試練があった。それらを乗り越えての達成である。心からおめでとう!、と申し上げたい。
江畑哲男代表の代表句の一つ「教え子の乳房がふたつずつ笑う」が、『川柳マガジン』八月号「名句を味わう理論と鑑賞」(新家完司)欄に掲載された。 
江畑哲男代表は、八月五日(日)東京みなと番傘川柳会の水府忌句会で選者を務めた。翌六日(月)は大阪に出かけ、番傘川柳本社の同じく水府忌句会に出席。席題「身内」の選者を依頼されてその責を果たした。句会後は、礒野いさむ主幹や田中新一幹事長・菱木誠編集長、さらにはこの秋の東葛大会の選者・森中惠美子の各氏らと親交を深めた。大阪には一泊し、七日(火)の川柳塔社(主幹・小島蘭幸氏)八月句会にも出席。新家完司副主幹を始め、西出楓楽・木本朱夏・奥田みつ子の各氏らの歓迎を受けた。
 第37回日立の海観光川柳大会の開催
去る、七月二九日(日)日立市において一四二名の参加をもって開催された。当会関係からは約十名の参加を数え、米島暁子さん海東昭江さんが入賞された。
台風10号の影響か白い波頭が沖合いにまで見られ、被害のない事、祈らずにはいられなかった。
 東京スカイツリー開業記念川柳大会の開催さる、
七月二九日(日)川柳向島、すみだ川柳会の主催により一三三名の参加をもって開催された。
新たに東京名所となったスカイツリーを眺めながらの講演と句会は活況を呈し、当会関係からは松田重信さん、内田博柳さん、北山蕗子さん、小倉利江さんが夫々入賞を果たした。
↓(2012年8月更新) 
   お便りコーナー(含むメール)
哲男様
『ぬかる道』を送っていただきありがとうございました。内容の豊富さに驚いています。『川柳まつやま』も頑張ります。
   6/14(松山市) 田辺進水
「大人の休日クラブ」の機関誌『ジパング倶楽部』の「心のうちそと川柳」に、三年ほど前から投句していますが、この度六月号で巻頭を飾りました。(コピー同封。「いい言葉だから心に貯金する」)増田幸一さんは、短歌、俳句にもよく入選しています。
   6/17(盛岡市) 中島久光
前略
徳島の夜は楽しく過ごしました。連続15回(出席)の快挙、おめでとうございます。晴れ姿、お届けします。
   6/19(奈良県) 菱木誠〔番傘本社編集長〕
江畑哲男様
徳島大会どうもご苦労様でした。また、受賞(連続15回出席)おめでとうございます。
川柳の素晴らしさもさることながら、いつもムードメーカーになって、楽しく、場を和ませてくれる姿も感謝状に値します。写真遅くなりました。どうもすいません。来年、青森大会の選者を楽しみにお待ちしております。
   6/19(つがる市) 濱山哲也
江畑哲男様
ご心配、ご迷惑をおかけしました。一応退院してきました。
(注:おめでとうございます。)……
まだまだリハビリを続けなくてはなりません。月日が解決してくれるものと、忍の日々です。
取り急ぎ。
   6/23(松戸市) 松岡満三
哲男さま
昨23日は、野卑な川柳グループの埼玉勢を快く迎えて頂き、恐縮でした。東葛の皆様の心温まる眼差しの中、ただ嬉しく感激していたものでした。……
間違いなく「東葛力」を体感出来ました。これからのなお一層のご繁栄を祈念します。哲男代表の個人的なご発展を含めて(奥方の了解の下に)。
先ずは御礼まで。
   6/24(所沢市) 願法みつる
江畑哲男様
この度はとうかつメッセ巻頭句の栄誉を賜り、誠に有難うございました。本当に高いハードルでした。諸先輩方等から沢山祝福を戴きました。
投句当初から2カ月に一度の10個のハードルを跳ぶ全力疾走は厳しいもので、時には軽く流したり、棄権しようかなと思ったことがありました。
折々の気持ちを託す自由吟は、フィクションでなく、日常生活の中から紡ぎ出す、正直な実感句であると気付いてから、格段に難しくなりました。
しかも日常雑感を、五七五に体裁を整えれば川柳になると思ったのは大間違いで、十七文字に凝縮する前に、十編の小説を書くのと同程度の作業の必要に気付いてからの苦闘の連続です。
今後は、テクニックや作り物ではない、五七五で詠む小説が描ければ最高だなと考えています。嬉しくて、阿呆なことを申し上げました。
今後とも宜しくご指導賜りますようお願い申し上げます。
    6/24(柏 市) 上田 正義
先生の巻頭言を読んで、遠い昔を懐かしく思い出しました。
『ぬかる道』初期のお名前、本当にもう二十五年にもなるんですね。早いものです。
皆さんの優しいお人柄を思い浮かべ、先生には色々御指導頂き、誠に感謝致して居ります。……
    6/27(柏 市) 宮川ハルヱ
  短信
6月9日(土)第36回全日本川柳二〇一二徳島大会前夜祭において、長尾美和(10回)、小林かりん(15回)、江畑哲男(15回)三氏は、大会連続出席者として表彰を受けた。
松澤龍一幹事は、『現代俳句千葉』(千葉県現代俳句協会会報)一〇五号の巻頭エッセイに「川柳のこと」を書いた。近江砂人の川柳を引き、時実新子・森中惠美子・今川乱魚・さらには、日下部敦世の作品まで紹介する健筆をふるっている。
江畑哲男代表による連載が、『川柳マガジン』七月号から始まった。その名も「川柳文法力」、どうぞご期待ください。
『犬吠』七月号巻頭の「せんりゅうNOW」欄に、江畑哲男代表は「千葉県川柳界のさらなる発展を願う」を書いた。
速報!第21回犬吠賞(平成23年度大賞)に、当会会友の老沼正一(松戸市)さんが輝いた。その作品「コンパスでふるさとを消す放射能」、おめでとう!!
流山市ゆうゆう大学川柳教室の開催
六月十五日(金)南流山センターにて「川柳の基礎」と題して教室が実施され中澤巌幹事長が講師を務めた。参加人員七十名で川柳に興味を持つ受講生である。講座の最後に「笑う」という課題
で実習コーナーを設けた。次回は七月十一日(水)市東部公民館にて実施する予定。
第48回さいたま川柳大会開催さる
六月三十日(日)桶川市にて一六六名の参加者を以て盛大に開催された。当会関係では同人・会友合わせ十余名の参加があり、活発な呼名が相次いだ。
静かな雰囲気の会場ではあるが、川柳会場だけは熱気にあふれ関係者のご努力に多謝する次第。
朝顔川柳句会の開催
七月六日(土)下町の初夏の風物詩、入谷朝顔市の協賛により一六二名の参加をもって開催された。
会友の長尾美和さんが選者を格調高く務められ、当会関係者も三十名を越えまさに東葛パワーが大炸裂をした。
東京スカイツリーもこのパワーに圧倒され六三四米が少々縮まったとか江戸すずめ達のウワサ聞く
  ↓(2012年7月更新) 
   お便りコーナー(含むメール)
「ロサンゼルス川柳事情」を掲載頂いた『ぬかる道』5月号を、取材先の木村謝楽斎氏にお送りしたところ、「ロサンゼルスの川柳会の様子を紹介頂き有難うございます。日本人は海外に出た同胞についての関心はほとんどなかったように思いますが、これを機会に見直していただければいいなと思っています。」という返事が返って来ましたのでご報告します。
(海外の川柳事情をご存じの方は、編集部経由でご一報頂ければ幸いです。)
 5/15 (つくば市)江崎紫峰
江畑哲男さま……
(追伸)
由宇呆さんの句集へ寄せられた「意義ある句集の意義」を意義深く拝読させて頂きました。
私のページを繰るスピードを速めてくれました。ありがとうございました。
 5/31 (伊達市) 佐藤良子
江畑代表殿
此の度は又大変御世話になり、申し訳ございません。厚く御礼申し上げます。
本日6/5(火)は旅行確認書はじめ各種資料と、「東葛の天声人語」ともいうべき巻頭言の予告などお送り頂き有り難うございます。
元気に出発出来ます様体調を整えます。
よろしく御願い致します。
 6/5  (松戸市) 笹島一江拝
〔編集部注:旅行確認書とは、全日本川柳徳島大会の観光ツアーに関わる文書のこと。〕
   短信
第四回「旅の日」川柳の表彰式が、5月16日(水)17時30分から椿山荘で行われた。今年の大賞作品は「少しだけ行方不明になれる旅」(吉川弘子)が選ばれた。選者を務めた江畑哲男代表は、当日馳せ参じて講評を述べた。なお、主催の「旅のペンクラブ」(代表・山本鉱太郎)は、今年創立50周年を迎えた。
2012年のふあうすと川柳大会が、去る4月8日(日)に神戸市内で行われた。当会会員で999川柳会会長の堤丁玄坊氏が、「日本語のリズム」と題する記念講演を行った。好評の由が編集部にも伝わってきていたが、改めて『ふあうすと』六月号に講演要旨が掲載された。
  ↓(2012年6月更新) 
   お便りコーナー(含むメール)
哲男さま
今朝、作句中に古川ときをさんの訃報が入りました。寂しい限りです。浅草をこよなく愛し、お酒を楽しく酌み交わした日が忘れられません。
 4/29 (文京区) 五十嵐修
前略、一昨日はわざわざエレベーターまで追いかけて、お見送り頂き、有り難うございました。いつもインスタントな句ばかりで恐縮です。……これからは少しは気を入れ替えるようにします。
 4/30 (柏 市)  石戸 秀人
江畑哲男様
ご迷惑をおかけしています。弱り目にたたり目で、右足の手術十八日に行いました。切開をして鉄板を二枚入れ、ボルトで締めるという手術です。マスイをかけてのことですが、手術後二~三時間、うなされていたようです。
メッセ、よろしくお願いします。みな様によろしくお伝えください。乱筆乱文にて(病院のベッドにて)
 5/1  (松戸市)  松岡 満三
楽しく、有意義な句会に参加させて頂き、本当に充実した一日でした。また、アフター句会でのご歓待に感謝申し上げます。
江戸っ子は「蕎麦」で一杯が粋な遊び方です。「語らい」の中に皆様の温かい人間味を感じました。さて、『DRP』へのご連載、結構な事です。私もシルバー人材センター(台東区)の機関誌に連載で同じ事をやっています。川柳界の中だけでなく、別世界への川柳の社会浸透が本当に必要だと思います。では……。
5/1 (台東区)内田博柳〔四月句会ゲスト選者〕
冠省
その後いかがお過ごしですか。本日は『ぬかる道』ご恵送をいただき、有り難うございます。
「ポエムの貌」の(上村)松園の言葉、一芸を完成した人の言の重みと裏打ちされた幅と深みを感じました。右御礼申し上げます。       不一
 5/2  (豊島区) 脇屋 川柳
※ 脇屋川柳先生からは、『ぬかる道』をお送りする度に、毎回御礼状をいただきます。しかもその御礼状は毎回必ずで、しかも速達のようにすぐに届くのです。なかなか出来ないことです。有り難う存じます。(哲男)
江畑哲男様
先日は「第八回川柳とうかつメッセ賞」をいただきまして、ありがとうございました。同人でもない私がお受けしてもいいのかと気になりましたが、本当は心からうれしく思っております。
哲男代表のお考えの通り、トロフィーに句が彫られているのが、殊にうれしうございます。アナログ派の私、多くの句を「時代おくれといわれるものはみんないい」という考えをもとに作ってきましたので、この句を選んでくださった哲男さんは、さすがに鋭いと思いました。……
秋の二十五周年記念大会をたのしみに、ご成功をお祈りいたします。お礼まで。ごきげんよう。
 5/3  (港 区) 坂牧 春妙
哲男さん、こんにちは。
いつも種々有難うございます。この度は、大会選者の役をこなしていただき、有難うございま
した。堂々たる立派な選句をなさいました。心からの敬意を表します。
お陰様で、私共も春のイベントを無事終わることが出来ました。お礼申し上げます。今後もどうぞ、よろしくお願い致します。     敬具 朗々 拝
5/6  (練馬区) 佐藤 朗々 
   短 信
☆4月28日(土)午前、定例の幹事会を開催した。会計報告・監査報告等をはじめ、半年後に迫った
25周年記念大会に向けた準備状況を報告し、協議をした。
翌4月29日(日)午後には、流山博物館友の会主催の「『東葛流山研究』30号発刊記念パーティー」が柏市内で開かれた。江畑哲男代表が出席して、山本鉱太郎氏をはじめとする、東葛地域の文化団体リーダーらと交流を深めた。パーティーの参加者は70名ほどであった。平成23年の「川柳研究社年度賞」が発表になった。正賞は、「大落暉地球に飢餓が無き如く」(齋藤由紀子)が選ばれた。
齋藤由紀子さんは、川柳研究社幹事で当会会友。また、佳作には、宮内みの里(当会幹事)さんの「太陽が昇る哀しみ剥ぐように」、小倉利江(当会会友)さんの「記憶力遊びに行って帰らない」ほかが入賞した。おめでとう! (以上哲男発)
第16回つくば牡丹祭川柳大会の開催
去る4月29日(日)117名の参加を以て開催された。外は汗ばむ程の陽気で、会場内も熱気に溢れていた。当会からは同人、会友の皆さん併せ20余名が参加した。川崎信彰副幹事長が選者を務め朗々と披講された。
大戸和興さん船本庸子さんが牡丹の花鉢を、宮内みの里さんもトロフィーを夫々ゲットされた。
他にも当会のパワーが炸裂し会場のどよめきを誘った。 (以上巌発)
4月30日(月・祝)、第51回春の練馬区民文化祭・川柳大会が、石神井公園区民交流センターで行われた。主催は区の文化団体協議会および練馬区川柳協会で、会長は佐藤朗々さん(昨年東葛句会で選者)で、傘下に十指に余る結社があり、参加者109名+投句24名であった。江畑哲男代表が選者を務め、会友の安部離楽数さんが入賞を果たした。尚、選の合間を縫って行われた神田織音(かんだ・おりね、講談協会真打ち)先生の口演『泉鏡花原作、婦系図』は、久しぶりにホントの講談を聞いた思いであった。
4月22日(日)第16回川柳展望全国大会が、ホテルアウィーナ大阪で開催され、船本庸子さんが課題「罠」で特選に輝いた。「すぐ罠にかかる男はすぐ逃がす」
当会からの参加者は長尾美和、成島静枝、坂牧春妙、植竹団扇、木村幸子、船本庸子。
      (以上 由宇呆発)
  ↓(2012年5月更新) 
来る6月3日(日)に予定されていた「川俣喜猿百歳祝賀及び下野川柳会6月例会」は、残念ながら中止となった。理由は、2月29日に川俣喜猿氏が脳梗塞で倒れ、緊急入院したため。なお、喜猿氏は一命を取り留め、下野6月例会は通常通り開催されるという。(『下野』3月号より)
第41回千葉市民芸術祭参加市民川柳大会開催さる。去る3月25日(日)千葉市内において総勢223名の参加を以て開催。当会からも同人、誌友が多数して会場の一角を占め呼名が相次ぎ、当会の存在感が如何なく発揮された。 
お便りコーナー(含むメール) 
前略 お許し下さいませ。
お願いいたしました『アイらぶ日本語』昨日届きました。ご多忙の中、早速のお手配ありがとうございました。又、『ぬかる道』3月号を頂戴してうれしゅうございました。
生きた日本語の魅力、日本語を愛してやまぬお気持ちが伝わり、楽しく学ばせてもらいました。千葉番傘柳誌での「面白日本語エッセイ」、毎回とても楽しみにしてました。終わるのが残念です。又何時の日か、千葉番傘句会での歯切れのよい披講をお聴かせ下さいませ。
取り急ぎお礼まで。かしこ       3/14 (千葉市) 笠原 淑子
祝 東葛川柳会創立25周年……
さて、代表さんはベースボールがお好きと拝察致し、『プロ野球選手名鑑』が二冊手に入ったのでどうぞ。お楽しみの程を!……
話が変わりますが、勢陵が毎年春と秋に参加している練馬の4月30日の大会に、席題でご選をなさるそうで、小生当事者ではないけど全く有り難いこと。感謝で一杯です。……今から楽しみにして居ります。
       3/21(西東京市) 神山 勢陵
春の待ちどおしい毎日ですね。
先日、やまとでお会いしました際に『ぬかる道』頂戴しまして、早速拝読しました。一般的には句会報告が多いですのに、興味ある文章・エッセイ等、楽しく読ませていただきました。毎月の発行にこれだけの内容はすごいですね。巻頭言に「あれから一年」、特に何度も読みました。
3/28 (芦屋市) 上野多惠子 〔番傘川柳本社句会部長〕
吟行会お世話になりました。
お陰様で無事家に着きました。いろいろとありがとうございました。御礼申し上げます。
どうぞゆっくりなさって下さいませ。
我孫子駅、千代田線の中で暫く発車待ちをしていましたが、東葛の仲間と一緒だったため何の心配もなく過ごしました。みんなやさしい仲間だと思いました。途中で東武線が動いていると由宇呆さんから連絡もありほっとしました。家には3歳の犬が待ち焦がれていました。9時ちょっと前でした。今日は仲間の温かさを知りました嬉しかったです。
地球の丸く見える丘展望台、よかった。私の一番見たいところでした。地球は丸かったです。感激しました。ありがとうございました。
       4/3  (柏市 )田辺サヨ子 
※ この日は銚子吟行句会の日でした。台風並みの低気圧に帰りは難儀しました。
江畑哲男様・伊藤春恵様
今日の吟行会、お世話様でした。大変な荒れ模様となりましたが、それもまた良い思い出?になることでしょう。楽しい一日でした。
さて、山口幸さんの件ですが、はな膳で夕食を済ませ、取手まで送って行こうかと、水戸行きに乗車しましたが、ご本人が席にも座れたし、大丈夫だからと強く申されましたので、9時半頃に別れました。
その後、幸さんから、今帰宅したとの電話が時にありました。
ホッとしました。やれやれです。
       4/3 (流山市) 中澤巌・広子
▽東葛川柳会の銚子吟行会には、荒天の中大勢おいでいただき、ありがとうございました。
二十五周年の記念行事として銚子吟行会が行われ、ゲスト選者としてお招き頂きましたことを、とってもうれしく光栄に思います。皆様がおいで下さるのを心待ちにしておりました。
犬吠周辺の探索は突風で大変だったようですが、嘱目吟の披講ではステキな句にたくさん出会えて良かったです。「銚子が好きになりました」「又来ます」などお声をかけて頂き、ほっとしております。
嵐の中の吟行会はスリルがあり、皆様も忘れないと思います。お疲れ様でした。
    犬吠の天を仰いでこいのぼり  凛々
        4/4 (銚子市) 名雪凛々
▽ご無沙汰致して居りました。『ぬかる道』4月号(№294)を読ませて頂きました。どんなに忙しくても、届いたその日に巻頭言だけは先ず読む様にして居ます。其れから時間の空いて居る時に徐々に他のページに移ります。
今回、頂きまして勿論巻頭言。……余りにもの感動で、ついマウスを手に致した次第です。「よくぞ書いて下さいました」という気持ちです。「いささか書きすぎたかも……」というのは当たって居ませ~ん。ページに余裕があったなら、未だ書いて頂きたかったくらいです。何時も巻頭言は、とても良い事をかかれ……楽しみですが、今回は特別、私も感じ入ってたことも有ったせいか、其れを伝えて下さり、嬉しくて、ついメールをと勝手ながら取らせて頂きました。超お忙しい先生ですから、ご返信には及びません! 私の感動が一言でもお伝え出来ましたなら、其れだけで嬉しい限りです。此れから直ぐ外出をするところです。ご多忙の中、お邪魔致しました。
4/5 (茂原市) 永藤我柳
  ↓(2012年4月更新) 
……(略)猛威をふるっているインフルエンザ、お気をつけ下さい。
       2/11 (船橋市) 木村ゆきこ
拝啓 春近しを思わせる二月もすでに十日、その後ご清栄にお仕事を続けておられることと思います。いつも『ぬかる道』お送り下さり、有り難うございます。とくに巻頭言を楽しみにしています。「リーダー育成」なしの戦後教育の間違いは全く同感です。何人か集まると、「日本はどうなる」の話ばかりです。
私の方は相変わらずですが、一月十五日は念願の全国漬物の品評会が出来、かなりのテレビもニュースで流してくれましたので、低調な漬物業界もよいPRになりました。……(後略) 敬具
       2/11 (新宿区) 前田安彦
今日の朝日新聞の天声人語は、乱魚先生が載っていました。
▽  哲男さんへ
広い2階1番へ入ってみて、これが高校生の教室かとビックリ、のびのびした気分でした。これが去る2/19(日)川研の句会初出席の印象でした。雨になった土曜日。「メッセ」をお送ります。
       2/25 (文京区) 五十嵐 修
※ 川研の句会場=視聴覚室は、本当に良い教室ですね。しかしながら、アレは私立高校だからです。公立高校はどこも老朽化でヒドイものです。お金をかけないで作った上に、おまけに予算の削減が続いています。果たしてこんなんで、日本の教育はよろしいのでしょうか?(哲男)
毎日お寒い日が続いて居ります。
『ぬかる道』を拝見して巻頭言のお言葉を何回も読み、すばらしい師とお逢い出来た身に感謝して居ります。ありがとうございました。
私も卒寿過ぎになり、考えることより忘れる方が早くなり、せめてメッセだけはと思いまして下手な句を書いてみました。今後もよろしくお願い致します。
        2/ 25 (柏 市) 宮川ハルヱ
(二月の)句会から帰宅しましたら、Aさんからの投句が来ておりました。同封しますのでよろしくお願い致します。……(中略)
まだまだ寒い日が続きます。御身体には御自愛下さいませ。
        2/25 (松戸市) 船本庸子
※ 時々ですが、投句が句会日に間に合わない人がおられるようです。〆切三日前に着くよう投函して下さい。お気を付け下さいませ。(哲男)
前略 今冬は雪が多く外出も億劫な状態です。また地震多発。落ち着かぬ日々です。春を待ちながら駄句をつみ重ねています。よろしく。(以下略)   2/27 (秋田市) 上田良一
銚子吟行会よろしくお願いいたします。
(また)練馬川柳大会の選者よろしくお願いいたします。(以下略)
        2/27 (新宿区) 小山一湖
体調を崩し、句会を休ませて頂き、自選の提出が遅れ、申し訳ありません。よろしくお願い申し上げます。        2/27 (松戸市) 佐藤喜久雄 
  ↓(2012年3月更新)
 ▽ 1月21日(土)午後、早稲田大学教育学部のサークル「国語国文学会再建四〇周年記念会」において、江畑哲男代表は「アイらぶ川柳」と題する記念講演を行った。参加者は、同学部教授・同サークルOB(他大学や高校で教壇に立っている人など)・現役学生ほか60名ほど。内容は、川柳の魅力と国語教育への提言で、六〇分ほどの講演であった。また、夜の懇親会では100名を超える参加者と旧交を深めた。
 ▽ 上記前日の20日(金)には、(株)学事出版の平成24年新年パーティーが都内で開かれた。学事出版は昨年上梓した『アイらぶ日本語』の出版元。江畑哲男代表が出席して、出席者と親交を深めた。
 ▽ 1月22日(日)午前、千葉市内で千葉県川柳作家連盟の三役会議があり、江畑哲男代表は県川連副会長として出席した。
 ▽ 1月27日(金)柏市文化連盟主催の第二回文化講演会がアミュゼ柏で開催された。講師は、当会にも縁の深い武田康男先生(第50次日本南極地域観測越冬隊員、元東葛高校教諭)、演題は「日本と南極の空の不思議」であった。この企画は増田幸一文化連盟企画委員長が務めた関係もあって、東葛川柳会関係者も多く参加した。夕刻からは新年会が持たれ、市長・市議会議長・教育委員会ら来賓のお顔も見えて盛会であった。また、江畑哲男代表も参加した。
 ▽ ☆1月28日付け朝日新聞の土曜特集「beランキング」には、「大人が楽しめる企業博物館」の記事が掲載されていた。第一位印刷博物館、第二位資生堂企業資料館、第三位トヨタテクノミュージアム……、というように。じつはこのランキングは、この道の専門家四名に投票によって決められた。専門家4名のうちのお一人が、当会末吉哲郎顧問である。
 ▽ 江戸川サテライトセンター川柳入門教室終わる
平成23年10月に開講された「見て聴いて、創って楽しい川柳入門教室」が全5回のカリキュラムを終え、2月4日無事修了式を迎え講座生に夫々修了証が授与された。
勉強会、川柳会・江風の有永呑希会長より共に川柳を学ぼうという力強いお話で最後を締め括った。 
  お便りコーナー(含むメール)
拝啓
本日は末吉様(末吉哲郎顧問のこと)より色々なご本を頂戴いたしありがとう存じます。会報も充実したものにて、楽しませて頂きます。川柳のますますのご発展をお祈り申し上げます。
お礼まで。      1/18   福原義春拝 〔資生堂名誉会長〕
三寒四温ならぬ、寒・寒・寒・寒の新年ですが、お久しぶりにお目文字し(注:一月二十七日の柏市文化連盟新年会での再会を指す)、嬉しく存じます。ご恵贈下さいました『ぬかる道』拝読しました。先年の「ウララ」での熱気(注:999土浦での記念句会時の講演のこと)が甦ってまいりました。……ともあれ、本年もご活躍をお祈り致します。
PS
この年賀はがきは切手が当たっています。ささやかなプレゼントまで。かしこ
     1/28  (柏市)小室圭子 
早くも2月号。拝受しました。
ますますの内容充実の誌面を、楽しく読ませて頂いております。そんな中、さいたま大会記事の掲載を頂き、有り難う御座います。
28日の句会は、大盛会であった由、素晴らしいですね。……
今後とも宜しくご厚誼の程を、お願い致します。
   1/30  埼玉川柳社・願法みつる
1/28新春句会盛会、お目出度うございました。あたたかいお持てなしに心がなごみました。会長さんはどんなにか気を遣われたことでしょう。……
七浜は跡かたなく津波に浚われましたが、以前にお見えになられた「ら・ら・ミュウ魚市場」、アクアマリン水族館がやっと復興いたしました。スパリゾート、ハワイアンズ、フラガール、みな元気によみがえりつつあります。今回、黄色いバラ、赤い百合を女性の方から頂き、嬉しかったです。優しい会員がそろってい
ますね。お世話になり、沈んだ心が癒やされた思いです。有り難うございました。御礼まで。
   1/30   (いわき市) 真弓明子
↓(2012年2月更新)
『犬吠』昨十二月号で、宮内みの里幹事は課題吟「都合」の選者を務めた。
『番傘』昨十二月号と一月号「前月号近詠鑑賞」欄を、江崎紫峰幹事が書いている。また、紫峰幹事の句集『一里塚』が同誌に紹介された。
▽  水戸川柳会会長・金澤たかしさんからのお手紙。昨年に引き続いて、関東観梅川柳大会は中止せざるを得ない、というお知らせでした。理由は、水戸市市庁舎の被害、そのため市の機能が分散していること、さらには会場の市民会館が仮設稼働している状況のため。震災の影響はまだまだ続いている。
1月9日(月、祝)、当会幹事会と新年懇親会が我孫子市内で開かれた。今年は、当会創立二十五周年記念行事を控えており、幹事会では認識を共有し、新年会では懇親を深めた。
お便りコーナー(含むメール)
12/3の柏レイソルと浦和レッズの試合へ娘達夫婦(子連れ)二組が応援に行き、レイソル優勝の瞬間のテレビに下の娘が映っていました。ビデオを写メールに撮って送りました。
今年の岩手県民文芸作品集は優秀賞でした。(編集部注:おめでとうございます。)
来年もよろしくお願いします。
     12/11 (盛岡市)中島久光
江畑哲男様
拝啓 師走の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
日頃は大変お世話になっております。
さて、この度は亡夫克美の遺作である『草魂』の編集、巻頭言など、山本由宇呆さんを始め、川柳仲間の方々とともに大変お世話になりました。おかげさまで皆様のご協力のもとに無事に発刊することが出来ました。誠にありがとうございます。
思えば夫が亡くなり、早や2年の月日が流れました。無事に、一周忌・三回忌と家族及び親族にて執り行い、その度に夫の生前の思い出を語り、あるいは遺作集の発刊のことが話題になりました。我が家にとっては出版するなどということは初めての経験でしたので、一体どうなることやらというのが正直な気持ちでした。
この出来上がった遺作集を見て、そして読んでホッとしました。
また寄稿していただいた文章を読み、夫が本当に川柳を好きであったことを改めて実感致しました。
話は変わりますが、今も東葛川柳会は活発に活動されていると聞いております。夫もさぞかし喜んでいるかと思います。貴会に参加されている方々に少しでも『草魂』がお役に立てばと祈念して、お礼の言葉とさせていただきます。ありがとうございました。寒さ厳しき折り、くれぐれもご自愛いただきますように。…… 敬具
     12/19 (松戸市)斉藤美重子・建己
お礼 東葛川柳会様。川柳会・新樹、緑葉、双葉様。ほのぼの川柳会様。野田川柳会様。
この度、亡夫、齊藤克美の遺句集『草魂』を謹呈させて頂きましたことへ、表記の各会様より、多大なお志を戴きました。お世話になった上にこのようなものを戴くことは如何かとも思いましたが、「天国の夫から孫達へのお年玉」というお言葉で、有難く拝受させて頂きます。皆々様のますますのご発展、ご健吟をお祈り致します。早々
     12/26 斉藤 美重子
此処のところ数年、東葛川柳会へ師走句会だけは出席して居りましたが、今年だけは柏の駅から会場への距離を歩くのに、歩行困難のため、残念ですが「投句」に致します。右お詫び申します。
     12/19 (西東京市)神山勢陵
拝復
『ぬかる道』新年号、拝受致しました。また拙著を取り上げて頂きまして、まことにありがとうございます。感謝々々です。
おかげさまでボチボチ売れているようで、少しでも川柳界のお役に立てたかな……、と思っているところです。良いお正月をお迎え下さい。
     12/26  (鳥取県)新家完司
先日はお招きいただきまして、ありがとうございました。お喋りは得意ですが、人前に立つのは苦手で、挨拶も要領を得ず、大した披講もできず、失礼いたしました。東葛パワーに圧倒されましたが、自由で明るい雰囲気に、これぞ川柳の句会だと楽しかったです。もともとお祭り大好き人間でして、山笠やどんたくは何度も行って楽しんでいました。でも「博多」の題をいただいてからは、まだ知らない博多の街を探索したり、再度博多の良さを発見する機会に恵まれ、感謝しております。……
今後ともよろしくご指導下さいますようお願い致します。かしこ
     12/28  (北九州市)岩田 康子 
川柳のお仲間の皆さん、明けましておめでとうございます。昨年はお世話になりました。今年もよろしくお願いします。
今年も韻文に励むつもりです。……川柳、短歌、俳句、連句、どどいつのことです。今年は究極の韻文、演歌に挑戦です。私の童貞作です。まだ習作の域は出ていませんが。
女の途中下車
      一 甲斐性無しだと分かっていても
       離れられないあなたの傍を
       このまま居ると駄目になる
       きのうをきっぱり捨てるため
       女、女、女ひとりの途中下車
      二 山の出湯の離れの座敷
       窓辺に咲いた雪割り草に
       小さな夢をかけていた
       きょうと言う日を消さぬため
       女、女、女ひとりの途中下車
      三 ふたり暮らしたマンションの
       赤い西日に わたしの未練
       捨ててきましたなにもかも
       あしたを強く生きるため
       女、女、女ひとりの途中下車
     1/1   (野田市)松澤龍一
↓(2012年1月更新)
「第五回えむぞぅくん健康川柳」の表彰式が、十一月十一日(金)夜、都内で行われた。この選者を数年前から江畑哲男代表が務めている。なおこの健康川柳は、特定非営利活動法人・日本医学交流協会医療団が主催するもので、同団体は川柳のみならず、音楽やマンガなど多彩な分野で、健康に関する啓蒙活動を展開している。
その「第五回えむぞぅくん健康川柳」の入賞者。長谷川庄二郎幹事は、「家庭にも煩い医者が一人居る」で優秀賞に輝いた。ほかに、誌友の椎野茂さんは「健康を損ねるものが旨すぎる」で、同人の宮本次雄さんも「免許返上二本の足が若返る」で、それぞれ佳作に入選した。
▽  十一月二〇日(日)第六〇回市川市文化祭川柳大会が開催された。出席者一三三名、欠席投句三十二名の盛会であった。会友の中島宏孝(千葉市)さんが「断捨離も出来ずアルバムにも貼れず」で見事市長賞を獲得した。また合点一位には、これまた会友の佐藤孔亮さんが輝き、千葉県川柳作家連盟賞をゲットした。当会からは江畑哲男代表が選者を務め、他にも同人、詩友の錚々たる顔ぶれが参加し当会の面目鷺如たる処であった。なお、津田暹県川連会長の体調不良により、江畑哲男県川連副会長が急遽代役と代選を務めた。
十一月二十六日(土)に開催された「銚子発第九回いわし川柳記念句会」でも、江畑哲男当会代表は津田暹県川連会長の代役・代選を務めた。昨年の『ぬかる道』誌で紹介した銚子の名物市長・野平匡邦氏も出席され、ユニークな挨拶をいただいた。このいわし川柳句会も、来年は第一〇回を迎えることになる。今から楽しみである。
文化祭川柳大会を例年は実施してきた松戸市だが、今夏の電力事のため、本年は誌上大会にやむなく変更した。その第十八回松戸川柳大会(誌上大会)は、参加者三一四名に上った。その中で、同人・吉田恵子さんが松戸市長賞に輝いた。その作品「恋すれば日本語すぐに上手くなり」。おめでとう!
小山一湖氏より、以下のようなメールでの報告があった。平成二十三年度新宿区生涯学習フェスティバル「川柳展」において、当会誌友が左記の通り入選した。秀逸一位、島田裕吉さん(作品「復興へ早く聞きたい槌の音」)。同二位、小山一湖さん(作品「悲しみを乗り越え明日へ持つ希望」)。同四位、早川若丸さん(作品「ちょっぴりの幸せ抱いて弾む胸」)。
当会維持会員の坂牧春妙さんは、このほど『春妙のユーモア句集』(新葉館出版、一〇〇〇円+税)を出版された。「修理屋が来て電源を入れてゆき」「睡眠薬ですと看護師来て起こし」など、春妙調ユーモア句満載の句集である。
▽  『番傘』十二月号「リレー放論」欄に、台湾川柳会会長の凃世俊(筆名・凃青春)さんが「台湾川柳会の今昔」を書いている。文字どおり、台湾川柳会の歴史と現状が分かるエッセイになっている。
曳舟のユートリアで11月3日開催された、川柳人協会の川柳文化祭において、当会幹事、宮内みの里さんの句「反骨の蟻正論を譲れない」(課題「抵抗」)が地位に輝いた。また、同大会でみの里さんは合点で3位(2位と同点、着到順3位)に入った。お目出度う御座います。当日の参加者は百五十余名。東葛からの参加は、幸一、和興、庄二郎、信彰、蕗子、長尾みわ、みの里だった。
11月23日に開催された柳都文化祭川柳大会(出席者199名)で、大戸和興顧問は大野風柳主幹から「川柳大賞」を受賞した。お目出度う御座います。(編集部発)
お便りコーナー(含むメール)
江畑哲男様
国文祭京都へは、遠いところをようこそ。その節は『ぬかる道』を頂戴し、ありがとうございました。大きな文字で読み易く、柳論、エッセー、お便りコーナー等、楽しく拝見しました。……
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。時節柄、ご自愛下さいますように。かしこ
  11/11(橿原市)植野美津江   〔奈良番傘川柳会会長〕
25周年の企画、ナイスですね!!
森中惠美子さんを始め、豪華な選者の方々。武田先生の講演。『ユーモア事典』。クレストホテル。
乱魚先生の「偲ぶ会」を思い出します。あの時の高揚感、ドキドキ感、充実感は最高でした。
いい川柳を創りたい!という気持ちが湧きあがってきます!
     11/23   (松戸市)日下部敦世
前略 成島静枝先生。
御無沙汰致しました。富士山は下山(血圧のこと)出来ましたが、八月の初めにギックリ腰となり、猛暑と痛みで不眠が続き、入院だけはと言う思いと、被災地の高齢者のご苦労はこんなものではという思いで頑張りましたが、四ヶ月たった現在も痛みが残り、家事も出来ずに困っている所に、十一月から血圧が200と急に高くなりました。
右白目の出血で降圧剤が出たのですが、薬の副作用の多い体質なので漢方のみですが……心臓病等で以前から外出は博物館辺がせいぜいでしたが、八月以降は家に閉じこもりで運動不足も一因と思いますが。
自分の病の事ばかりで何時も申し訳ありませんが、〆切間近に年賀状(広告)をお願い申し上げます。年賀状一口と残金は会の方へお願い致します。
同封の切手は何時もお世話になりますので先生にどうぞ。誤字乱筆で済みません。代表、幹事の皆様方によろしく。二十五周年が待ち遠しいですね。別所 和虹 拝
《追伸 毎年賀状書く度に、今年は生きられるかなと思うようになりました。》尚お電話をしたところ、気が滅入っているときに代表の「アイらぶ日本語」の落語の所で声を出して笑い、気が晴れたとのことでした。     成島 静枝
年賀広告のコメント
▽国吉かなしゃ(司図子)さん2010年10月台風14号で転倒、腰をしたたか打ち動けない状態、更に今月9日息子が入院、思わぬ逆境の中で苦しんでいます。どうぞ東葛川柳会の皆様いいお年をお迎え下さい。
↓(2011年12月更新) 
番傘川柳本社関東・東北総局事務局(河野なかば氏)からのお知らせ。999番傘川柳会が、番傘の傘下を離れ、退会する旨の連絡が入ったと言う。今後は「999川柳会」として活動するとのこと。なお、新代表には堤丁玄坊氏が就任した。
九月三〇日(金)夕、NPO法人・柏市インフォメーション協会が、創立一〇周年の記念式典および祝賀会を市内のホテルで開催した。記念式典では、柏の未来をクリエイトする一環としてのお店デザイン公開プレゼンテーションがあり、また祝宴では「恋の常磐線」のデュエットなどが披露された。江畑哲男代表が出席。
▽  『犬吠』十一月号巻頭言「せんりゅうNOW」に、中澤巌幹事長が「継続は元気の源」を書いている。勢いのある文章。ご覧下さい。
第32回葛飾川柳大会の開催。
去る十月十日(月、祝)九八名の参加を以て開催された。当会関係は江畑哲男代表が選者を格調高く務められ、他にも十数名の同人・会友が参加、中でも会友の安部離楽数さんが見事葛飾区長賞を獲得された。おめでとうございます。
足立川柳会創立30周年記念大会の開催。
去る十月十五日(土)一○六名の参加を以て開催された。当会関係は江畑哲男代表がユーモアあふれる披講で会場の笑いをさそった。他に約十名の参加、翌日に千葉県大会を控え更に他吟社との開催日がバッティングした影響からか意外と少人数。アトラクションで八五才の男性が唄った、エノケンの「モボの歌」の替歌は絶品でした。
▽  からたち川柳会創立30周年記念大会の開催。
去る十月二三日(日)一二五名の参加を以て開催された。熱気に溢れた句会で及川竜太郎会長も感激一入。四街道の街は千葉駅から成田線で約十分の所、初めて訪れたが、喧騒もなく静かな街なみが印象的であった。
  お便りコーナー(含むメール)
江畑哲男様
医学系の刊行物(注:『DRP(ドクタープラザ)』のこと)を読むのは初のことで、視野が広がりました。ありがとうございました。この種の分野にも寄稿するご活躍、めでたい限りです。……(中略)……川柳は自己観照、世情の観察、批評精神を駆使して生まれるのでしょう。『ぬかる道』を読むたびに、皆さん言語中枢をフル回転させていると思います。
クリエイティブな精神活動は、身体の健康につながります。東葛川柳会は社会貢献活動でもあります。代表のお役目は価値あることながら、忙しさは常人の数倍、ご健勝にてご活躍ください。
    10/18(守谷市)   海老原信考
ご無沙汰いたしております。
此の度は『DRP(ドクタープラザ)』十月号を御恵贈頂き、ありがとうございました。
川柳漫語、ユーモア、乱魚の四つの主張は、乱魚が現れ語っているようで、大変嬉しく存じました。
全国的に発信する美しい紙面は、多くの方に読んで頂けることでしょう。本当にありがとうございました。かしこ
      10/22  (柏 市)今川 幸子
前略
哲男さま。『ぬかる道』拝受しました。読みごたえありますねぇ。さすがでかい柳社は違うわいと感じつつ、「句会の題を考える」は、ウチの担当の人に参考書として渡します。……新春句会の講演、面白そうですね。日本回文協会ってのもあるのですね。いろいろビックリです。
      10/22  (弘前市)高瀬霜石
冠省
少し寒くなりました。いかがお過ごしですか。本日は『ぬかる道』ご恵送いただき、有り難うございます。いつも思う事は、出席の皆さんのスナップ。何かふしぎと楽しそうです。人々の笑顔、シャッターの腕。右御礼申し上げます。   不一
    10/22     (豊島区)脇屋川柳
大きなイベントが終わり、肩の荷を下ろしていらっしゃると思います。私も千葉県大会で初めて賞を戴き、感激しております。それと申しますのも、前日(10/15)の双葉吟行会に参加して皆様の上達振りに感心しました(先生のご指導)。(双葉の)最初にお世話係をしたという事で、毎回呼んでいただいていますが、入選は二、三句にとどまり、すっかり自信をなくして帰宅したところでした。しかし、これ(今回の受賞)で又先輩顔出来ます。…… 京都の旅は楽しみです。……
    10/24     (松戸市)船本庸子
〔編集部注〕『源氏物語』「空蝉」の優雅な挿し絵入りの一筆箋で書かれておりました。
先日の大会はなかなかの盛会でおめでとうございました。また、早速にご挨拶状を頂戴して、哲男さんのバイタリティーに感服しました。毎年のこととはいえ、幹部の皆さんはさぞお疲れだったことと思います。呼ばれた方は楽しんで飲んで食べて帰って来ればいいんだから楽だけど。好評だったという講演が聴けなかったのがいささか心残りだったものの、テープ起こしをして誌上に掲載することはしないのでしょうね。……
10/26(横浜市)犬塚こうすけ
〔編集部注〕ご好評いただきました講演の採録はいたしております。会友の皆さんはご存知のように、講演録は毎回機関誌「ぬかる道」に掲載しております。掲載は二月号の予定。
前略 お世話になります。
いつも『ぬかる道』をお送り頂き、楽しく読ませて頂いております。大会等でお会いした方々の句に出合うと、なつかしく当時を思い出しながら、時間を忘れてしまいます。貴会の活動の素晴らしさに、少しでも近づきたいと思っています。貴会のますますのご発展を祈念いたします。時節柄ご自愛ください。草々
     10/31   (坂東市)駒木一枝 
『ぬかる道』(二八九号)をお送り下さり、ありがとうございました。バラエティーに富んだ立派な雑誌であることを再認識いたしました。
巻頭言の「句会の題を考える」を興味深く拝読いたしました。
句会の題を決めるまでにこれほどの配慮をなさっておられるのですね。大変勉強させていただきました。
創立二十五周年記念大会の成功を心からお祈りしております。
     11/9    (町田市)山本洵一
↓(2011年11月更新)
『地域新聞』というミニコミ紙の9月16日号に、千葉県川柳大会が取りあげられている。詳しくは、「ぬかる道」11月号の巻頭言をご参照下さい。
「ぬかる道」10月号でご紹介した『DRP(ドクターズプラザ)』の九月号からは、江畑哲男代表による連載エッセイ「川柳漫語」が始まった。乞うご期待。
いささか旧聞に属するが、『日本語学』(明治書院)の八月号「新刊クローズアップ」欄に、『アイらぶ日本語』(江畑哲男著、学事出版)が取り上げられた。クローズアップのペンを執って下さったのは、西辻正副(にしつじ・まさすけ)先生。知る人ぞ知る、文部科学省初等中等教育局の教科調査官。いわば、教育行政の第一人者によるご推薦状である。大変有り難い。
速報。今年の千葉県民芸術祭川柳部門の入選作が発表になった。第一位に選ばれた作品は、「蜃気楼かも対岸のユートピア」(菅井京子さん、元幹事・当会誌友)。おめでとうございます。
〔この項哲男発〕
 999番傘川柳会十三周年記念大会の開催去る九月十八(日)土浦市にて六七名の参加者にて開催された。中澤巌幹事長が選者を務め、今川乱魚会長亡き後の大会であったが準備万端怠りなく済々とした会運営で終了した。
第9回八千代川柳大会の開催去る九月二五日(日)一二五名の参加を以て賑やかに開催さる。
江畑哲男代表が選者を務められ、大会全体を大いに盛り上げられた。
全くの余談だが、昼食を会場近くのラーメン屋に入店、当会関係者二十数名が全座席を占拠。マスター夫妻がテンテコ舞いしている間に、情報交換、川柳談議に華をさかせた。
 なりた川柳大会2011の開催去る十月二日(日)成田山新勝寺隣の公民館にて一〇一名の参
加を以て開催さる。
当会関係者六名新勝寺にて必勝祈願をする。祈りが通じ成島静枝副幹事長が成田市川柳協会会長賞に輝く。おめでとう。 
外国人観光客が多く名物のうなぎを店先で裂く光景を興味深く見る姿は微笑まし。
お便りコーナー(含むメール) 
山陽社 様
次の点、宜しくお願い致します。
1ページ3行目 若き“六大家”。六大家を正しく囲む。
3ページ下段後ろから5行目。呼べるものかどうか。
27ページ下段 下から2行目(2011スペース不要年3月)。
27ページ下段 最終行(スペース不要山本由宇呆)。
29ページ下段 後ろから10~9行目2ケ所 60.4度66.6度。ドットではないでしょうか。
37ページ下段 編集 風だより。編集風だより、詰める。
以上です。お願いします。
  8/16 吉田 格
(注)ご覧いただいたように、上のような送受信を毎回経て、校正作業が行われております。何人ものスタッフが、眼を皿のようにして何度も見ます。編集部員の吉田格さんのメールを参考に、今回はご紹介させていただきました。なお、実際の送信文は横書きです。
『ぬかる道』、毎号楽しみに読んでいます。川柳作家として、現職でのご苦労に敬服します。……貴兄の発信力に期待しております。北海道は間もなく白い景色になると思
います。ご自愛下さい。    9/27(北見市)辻晩穂
▽いつもお世話になっております。十月一日、よろしくお願い申し上げます。
九月十月は、常勤のように大学の講義があり、川柳に気がまわりません。痛しかゆしです。一泉拝
   9/27(北区)尾藤一泉
江畑哲男様
先日は有り難うございました。滑り出しからポカ続きで恐縮の至りです。東葛というプレッシャーに呑まれてしまったのですね。ご迷惑をおかけしました。
八方破れのスピーチで時間を度外視したりと、噴飯物でした。……それにも関わりませず、ご丁寧にお心遣い迄頂戴しまして、有り難うございました。ご一緒させて頂いた懇親会も和やかな雰囲気、楽しゅうございました。……
中澤幹事長さんはじめ、会員の皆様にもお礼申し上げます。
   9/28(千葉市)千葉 絹子
文化都市シリーズに期待する
私は二〇〇二年から「旅の川柳」を詠んでいるが、ある時期から全国踏破を意識するようになった。四十二都道府県までは比較的順調だったが、残り五県(岩手・秋田・福井・徳島・高知)に三年を要してしまった。思い出深い地は、札幌、仙台、金沢、京都、南紀、博多、沖縄である。京都には何度も出掛けた。日本ではないが、台湾には十五、六回行っている。
こんな理由で宿題の「文化都市シリーズ」には、大いに期待している一人である。
   9/28(つくば市)江崎紫峰
江畑哲男先生
巻頭言拝読。県大会大成功を祈ります! 期待しております。見せましょう、東葛川柳会の底力を!!……
なお、八千代鶏鳴川柳会の句誌『鶏鳴』誌上で、我孫子で会おう(県大会我孫子の散歩道)の題で宣伝しておきました。遅くなりましたが御連絡申し上げます。
   9/30(松戸市)老沼正一
江畑哲男さま
お元気でご活躍のことと思います。(しばらく留守にしておりましたため、お礼が遅くなってしまいましてごめんなさい。)
このたびは『ぬかる道』二八八号をお送りくださいまして、ありがとうございました。乱魚先生記念の「とうかつユーモア賞」のチラシも拝受しました。
何本も同時進行で、ご公募や句会の企画を取り仕切っておられることに驚嘆しております。すごくエネルギッシュでいらっしゃるなあと、改めて感じ入りました。
二二日(土)は、ご昼食のご手配までお気遣いいただきますようで、ありがとうございます。お目にかかりますのを楽しみにしております。どうぞよろしくお願いいたします。
   10/2 (和光市)高鶴礼子
※ いろいろお褒めいただいた後で、礼子さんの引用句のミスを指摘していただきました。ご指摘とそのお気遣いに感謝します。
  ↓(2011年10月更新)  
「第二十二回伊藤園お~いお茶新俳句大賞」において、中島久光(六十六歳、応募当時)さんが都道府県賞をゲットした。入賞作品は「大根を引いたら地球まで笑う」。おめでとう。
『DRP(ドクターズプラザ)』八月号の「健康インタビュー」欄に、江畑哲男代表が取り上げられている。インタビューのタイトルは、「よく食べ、よく寝て、よく働き、そして川柳」となっていて、面白く紹介されている。
『番傘』九月号の「リレー放論」欄に、江畑哲男代表は「同人として『番傘』誌に望むこと」を書いた。また、同号「五七五」欄には、江崎紫峰同人が「『江戸の町』探訪と川柳」を書いている。
第47回雀郎祭り川柳大会開催さる。
去る八月二八日(日)各地から一八五名の参加を以て賑やかに開催された。当会関係からは十三名が参加し元気な呼名が相次いだ。
帰路、二荒山神社にて前田雀郎句碑を見学お賽銭をはずむ。
お便りコーナー(含むメール) 
山陽社 様
次の点、宜しくお願い致します。
1ページ3行目 若き“六大家”。六大家を正しく囲む。
3ページ下段後ろから5行目。呼べるものかどうか。
27ページ下段 下から2行目(2011スペース不要年3月)。
27ページ下段 最終行(スペース不要山本由宇呆)。
29ページ下段 後ろから10~9行目2ケ所 60.4度66.6度。ドットではないでしょうか。
37ページ下段 編集 風だより。編集風だより、詰める。
以上です。お願いします。
  8/16 吉田 格
(注)ご覧いただいたように、上のような送受信を毎回経て、校正作業が行われております。何人ものスタッフが、眼を皿のようにして何度も見ます。編集部員の吉田格さんのメールを参考に、今回はご紹介させていただきました。なお、実際の送信文は横書きです。
船本庸子様
暑中見舞を頂きながら、ご無沙汰いたして申し訳ございません。小生二ヶ月余り入院生活に明け暮れていましたところ、三・四日前やっと解放された次第です。
今も川柳になかなか手がつかず、いらいらがつのるばかり。何れ下手な句を投句するかも。お盆も終りましたが、今年の暑さは格別で、まだ余熱が続きそうです。どうぞ御身体を大切におすごし下さい。ご健吟を祈ります。敬具
       8/16 (秋田市)上田良一
束の間の涼しさの中で聞く蝉時雨は、か細くなりました。この度は吉報を頂き(注:自選作家への推薦のこと)、ありがとうございました。(お盆の疲れも吹っ飛びました。)初めての自選なのでうまく作れたかどうか?
(江畑)先生の巻頭言は高度ですが、勉強になります。同封して頂いた草稿(注:「日本語の略語について」)も、なかなか面白く博学と並外れた感性に驚くばかりです。
今後共御指導をよろしくお願い申し上げます。
      8/20  (常総市)北山蕗子
哲男さまへ
今月十一日、同姓のNHK同期アナが夫妻で変死をしたニュースや記事があり、各地の川柳人からの問い合わせ・対応に追われました(注:モチロン誤報でした)。思えば本当に有り難いことであったと、改めて感じた次第です。
   8/28 (文京区)五十嵐 修
※ 小生宅へも「修さん自殺!」の速報が届きました。しかしながら、多忙で確かめる時間もなく、結果的には取り合いませんでした。一日経って「間違い」という連絡が来て、ホッといたしました。
哲男先生
先日はお世話になりました。楽しく過ごさせていただきましたが、思うような講話ができず失礼しました。今後ともどうぞよろしくお願い致します。
      8/31 (横浜市)渡辺 貞勇
※ こちらこそご指導、有り難うございました。とても良いお話でした。時事川柳の魅力と難しさとがよく分かる内容でした。改めて御礼申し上げます。
残暑お見舞い申し上げます。
ご無沙汰ばかりで申し訳ございません。
『番傘』リレー放論の予告で、貴兄のお名前を拝見して、楽しみにしておりました。
久し振りに胸がすかっとする読み物で、感心しました。私のこと引用されて、有り難く、恐縮いたしました。
○○川柳の流行も結構でしょうが、文学としての質的向上なくして、川柳の未来はありません。
若い貴兄らのご活躍をお祈りいたします。
       9/2  (佐賀市)菖蒲正明
お忙しいところ、執筆ありがとうございました。……台湾川柳会の方、リレー放論への橋渡しをお願い申し上げます。
       9/5  菱木 誠 (『番傘』編集長)
  ↓(2011年9月更新)  
『犬吠』七月号「房総柳人この人」に、大戸和興顧問が取り上げられている。ぜひご覧下さい。
江畑哲男代表は、過日『DRP(ドクタープラザ)』紙からインタビューを受けた。『DRP』紙とは、「医療界のナビゲーター」を自負する専門紙。その八月号「健康インタビュー」欄に登場して、自身の健康の秘訣を語った
つかだ川柳会発足一〇周年を記念した吟行会は去る5月29日(月)に開かれたが、その記録集がこの度まとめられた。A5判・二〇ページの中に、多くの写真を採り入れた、明るく見やすい記録集になっている。また、当日の吟行の様子を辿った尾藤一泉氏の「上野を歩く」は、一見の価値がある。 
大戸和興顧問川柳マガジンの選者に就任。川柳マガジン「笑いのある川柳」の選者として九月号より向こう一年間担当されることに決定。皆さん奮って乞うご投句を。
第36回「日立の海観光川柳大会」開催さる。
去る7月24日(日)130名の参加をもって開催された。当会関係者約十名も参加、随所から呼名が相次いだ。新装なった「日立」駅の眼下に、台風の影響か太平洋の荒波が打ち寄せていたが、街中は平穏で震災の影響は全く感じられなかった
去る7月30日に、墨田区立曳舟文化センターで開催された「第三十八回川柳向島大会」で、当会幹事・北山蕗子さんが「向島大賞」を獲得された。おめでとう御座います。東葛川柳会からの参加者は、信彰、和興、かりん、倫也、幸一、桃葉、みの里ほか多数。
第二十八回読売書法展において、当会会員、川柳会・新樹会員の後藤華泉さんが、「篆刻部門」で「特選」に輝いた。おめでとうございます。
  お便りコーナー(含むメール) 
江姫の生きた時代を問うて見ん
このたびの拙著(『アート川柳への誘い』飯塚書店)刊行に際しては、たいへんお世話になりました。
日下部敦世さんから熱烈なお便りをいただきました。東葛のみなさまにどうぞよろしく申し上げてください。おかげさまで、初版売り切れ寸前です。
      7/15(熊本市)田口 麦彦
        〔川柳作家、コラムニスト〕
シーベルトも女ごころも目に見えぬ
暑中お見舞い申し上げます。広告と切手を有り難うございました(切手、キレイ)。ますますのご健勝を(『ぬかる道』の表紙絵、ステキでした)。
      7/20 (いわき市)真弓明子 
▽思いがけず川柳誌(『千葉番傘』)をいただき、恐縮しております、『千葉番傘』に(私の)句を取り上げていただき、その上、白洲正子展記念のしおりまでも同封され、先生のお心遣いに感謝です。
メッセ、がんばりたいと思います。
      7/22(船橋市)木村ゆきこ
立派な貴柳誌に感心すること、しきりです。……(以下略)
      7/28(神戸市)村上氷筆
       〔川柳ふぁうすと社副主幹〕 
江畑哲男様
東京常幹会(7/26)では学ばせていただきました。ご活躍ぶりつとに存じ上げておりましたが、お会い出来まして幸運でした。その折『ぬかる道』をいただき、只今読ませていただいております。こんな世界もあったのか、と感銘しておるところ。恥ずかしながら小誌送りました。ご笑覧下さい。
今後ともどうぞ宜しくお願いします。
       (甲府市)中沢久仁夫
  〔川柳「轍」主宰〕
拝啓過日は東葛川柳会句会にて大変お世話になりました。皆様とご一緒できたお時間は何にも変え難く、楽しく充実したものでした。丸山あずささんの原稿もよろしくお願いいたします。
       (東京都)やまぐち珠美
  〔七月句会ゲスト選者〕 
▽拝復12/23(祝)(宿題「博多」の選)承知致しました。二人の息子たちにも会えそうで、楽しみです。選者の方はドキドキですが、よき勉強の場を与えて下さり、ありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願い致します。暑さ厳しき折、くれぐれもご自愛下さいませ。かしこ
        8/4 (北九州市)岩田康子
 〔注:「文化都市シリーズ」選者の話です。「ぬかる道」今月号の巻頭言をご参照下さい。〕
  ↓(2011年8月更新) 
訃報。去る6月15日、台湾川柳会三代目会長であった頼柏絃氏が亡くなった。柏絃氏は1930年生まれ。1999年に、故李琢玉氏に勧められて川柳を始められたという。2005年台湾川柳会の第三代目会長に就任。東葛川柳会20周年や全日本川柳福岡大会にも参加して下さった。最後にお会いしたのが、昨年9月の「今川乱魚さんを偲ぶ会」であった。告別式は7月14日に行われ、東葛川柳会としても弔意を示した。
江畑哲男代表は、5月17日には文藝家協会総会に初めて出席した。また、6月25日には早稲田大学国語教育学会の総会に出席。こちらは毎年の出席ではあるが、川柳界内外との交流を深めている。
来る10月16日(日)我孫子市で開催される千葉県川柳大会に向けて、千葉県川柳作家連盟の津田暹会長・中島宏孝同理事長・江畑哲男同副会長が、我孫子市役所に星野順一郎市長を訪ね、協力要請活動を行った。去る7月1日の夕刻のこと。県大会成功のため我孫子市のバックアップは欠かせないが、星野市長との懇談は終始なごやかな雰囲気の中で行われた。ジュニア川柳の募集に始まって、DVD「手賀沼を愛した文人たち」の上映、我孫子ならではの大会賞品提供の検討など、市長との懇談に花が咲いた。
  お便りコーナー(含むメール) 
仙台大会ご苦労様でした。……
新刊(『アート川柳への誘い』)おかげさまで好評です。あと少しで重版になります。貴句会でご紹介いただけませんか。よろしく。 6/12(熊本市)田口 麦彦
   〔川柳作家、コラムニスト〕
江畑哲男先生
『千葉番傘』誌6月号の「あやしい日本語1」を拝読致しました。「危険性」を「可能性」と表現した(=言い換えた)のは、政治家の逃げの姿勢の表れではないでしょうか?
「危険性」と言うと国民(彼らが言う人民?)を不安に陥れることになるので、「可能性」と表現した、という答えが聞こえてきそうに思います。余りに飛躍し過ぎかなあ? 日本語の勉強になりました。
来月号が楽しみです。  6/14(松戸市)老沼正一
▽先日(仙台大会当日のこと)は魯迅のガイド、ありがとうございました。大会終了後、おかの蓉子・小林かりん両女史と仙台駅の牛タン屋で残念会をして別れました。……
 6/15(盛岡市)中島久光
前略  第三五回全日本川柳仙台大会には、江畑代表をはじめ、千葉県のみな様のご参加をいただきありがとうございました。お陰様で、六〇〇名を越える盛会で大会を終えることが出来、スタッフ一同感謝いたしております。
まだ終了後の整理に追われておりますが、取り急ぎみな様によろしくお伝えいただきますよう、ペンを取りました。本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。  草々
 6/20(塩竃市)木田比呂朗
哲男さん
仙台大会後、飲み会ではおせわになりました(注:いえいえお世話になったのは、哲男の方でした。お世話下さったのが鰹さんでした)。すごく楽しかったです。あれだけのメンバーは、なかなか揃わないですよ 6/20(静岡市)加藤鰹
前略
緑葉からお二方の句集の発行、またメッセ賞の受賞など、江畑哲男先生や山本由宇呆先生の笑顔が浮かびます。斉藤克美先生も天国で喜んでいますね。  6/25(印西市)秋山精治
江畑哲男様
86才になりましたが、何処の句会に行っても長老です。のんびりとやっています。
 6/26(福岡市)伊豆丸竹仙
〔編集部注:封筒内には、投句に近況、そして写真がいつも封入されている。右の一文は写真の裏側にメモされていたもの。10年程前と変わらぬ赤ら顔のお写真。お元気そうで何よりである。〕
拝復
梅雨の候節電節電の大合唱、それだけで暑さ倍増という感じがします。
学会(注:国語教育学会)の折は、お世話になりました。楽しいお酒を戴きました。
この度は御著書(『アイらぶ日本語』のこと)を御恵贈下さり、誠に有り難う存じます。日本語の魅力が満載で一気に読みました。帯にもある「いつもトイレを……」ですが、非常勤先の女子大のトイレには「いつもトイレを美しく、、、使って下さり……」とありました。美しく使った記憶はさすがにありません。日本語のマジックでしょうか。これからも先生の並外れた感性で言葉の魅力を発掘してお教え戴けたら嬉しく思います。
『ぬかる道』二八五号!!すごいの一言です。益々の発展をお祈りします。御礼まで。
 7/1 (品川区)松本直樹
   〔早稲田大学教育学部教授〕
  ↓(2011年7月更新) 
『千葉番傘』誌今年度四月号から、江畑哲男代表は日本語エッセイを連載し始めた。四・五月号では旧稿の焼き直し原稿であったが、六月号からは書き下ろしの原稿に代えている。どうぞご覧下さい。
去る2月25日に逝去された安藤亮介さんを偲ぶ会が、5五月22日(日)午後千葉市内で開かれた。ご遺族も出席されての第Ⅰ部セレモニー、第Ⅱ部の句会(選者は江口信子・塩田加門両氏)、第Ⅲ部の惜別の宴へと続いた。故人の遺徳を偲ぶとともに、平服で哀しみのうちにも楽しめる会にしたいという主催者の意向もあってか、千葉県内外の川柳家70名ほどが集まった。江畑哲男代表が出席した。
『月刊日本語』(アルク出版)五月号に、『アイらぶ日本語』が紹介され絶賛されているとか。この情報は、七月号のゲスト選者・やまぐち珠美さんからいただいた。
『月刊日本語』(アルク)五月号「今月の注目本」に、『アイらぶ日本語』が紹介されている。同じく『早稲田学報』六月号にも、『アイらぶ日本語』が紹介された。
 第47回さいたま川柳大会の開催
去る五月二九日(日)台風二号の影響か風雨激しい中を147名の参加を以て賑やかに開催された。当会関係者も20名近い参加があり、その存在感を如何なく発揮した。広い会場、文学の散歩道、美味しいお弁当、素敵なお土産と楽しい一日を過ごした。
第35回全日本川柳2011仙台大会が、6月12日(日)に開催された。「復興と祈り」をテーマとして、参加者606名を数えた。じつに見事な大会運営であった。
その大会前夜の十一日(土)には、表彰式と前夜祭がこれまた賑々しく開かれた。大会出席連続10回参加者として、当会の笹島一江・中澤巌・中沢広子・同20回として米島暁子、マスコミ川柳10年以上の指導者として、舟橋豊の各氏が表彰された。
さらには、大会当日の12日(日)午前中には日川協総会が開かれ、江畑哲男代表が議長を務めた。
  お便りコーナー(含むメール)
  (吟行会のスタッフの)皆様へ
吟行会も懇親会も無事に済みました。哲男先生からも、褒めてもらいました。ご協力ありがとうございました。ついては、ささやかな反省会をいたしますのでご参加くださるようお願いいたします。お店は後日連絡いたします。      5/17 (柏 市)伊藤春恵
  先に5月14日(土、吟行会)の帰り、お声を掛けて頂きながら失礼いたしました。私、初対面の方と話をするのがとても苦手ですので、お許し下さい。
あの日は、九段下という駅が初めてで、歩いていくうちにこの木々の青々とした様に、ここは東京か?と、……教室の外のあまりの晴天に、震災被災者の方々に対して申し訳ない気持ちと、大変だろうなと思うものが胸にきて、目頭が熱くなったのです。そこで一句。「大自然泣いて笑って知らぬ顔」。
  (練馬区)早川若丸
  いつもお世話になります。
昨日の双葉勉強会で、根岸洋編集委員長から、川柳句文集「双葉」―5周年記年・作成工程表の素案を参考に、4班に分かれて検討会をいたしました。詳細については26日に、説明します。よろしくお願いいたします。   5/22 (我孫子市)折原あつじ
〔編集部注:「川柳会・双葉」(会長・折原あつじさん)も、早いもので発足五周年を迎えます。〕
  江畑先生
5月の(双葉)例会では講義が聴けず、残念でした。『アイらぶ日本語』の本をありがとうございます。代金は私が預かっていますので、6月にお渡しします。お知らせが遅くなり、申し訳ありません。
双葉5周年記念誌のこと、編集長などから連絡が入っていることと思います。いろいろな意見が出て、皆さんのやる気を、すごく感じました。自分の1ページ(これもまだ未定かも)だけ書いて本ができるより、積極的に参加して作ったほうが楽しいですよね。みなさん仕事が早いので、置いて行かれないようにしたいと思っています。      5/25 (柏 市)武田浩子 〔「川柳会・双葉」会員〕   
  啓上
只今は、「鬼」十五周年に際して、お心遣い賜わり、恐縮いたしております。心より御礼申し上げます。担当者よりも改めてご挨拶させていただきます。
私は相変わらず子規をぼつぼつと。江畑さんは、大活躍でいらっしゃいますね。御身、御自愛下さいませ。    敬具
   6/1  (横浜市)復本一郎
  『ぬかる道』6月号のご講演、勉強になりました。特に「なぜ川柳は面白いのか?」でした。
  6/3 (岩手県) 熊谷岳朗 〔いわて紫波川柳社会長〕
  (『ぬかる道』)正確な月刊を続けられるだけの機動力には敬服しています。
  6/4 (世田谷区)速川美竹 〔川柳レモンの会会長〕
  …………前略…………
ぬかる道5月号拝読しております。みなさまの震災体験が掲載されて、改めて今回地震の被害を凄さを実感しました。当たり前の生活ができる、こんな幸せなことなはないと思う今日この頃です。
台湾では今週入梅です。この間日照り続きで、恵みの雨といえるでしょう。
またよろしくお願いいたします
    凃世俊拝 (台湾川柳会・会長)
  ↓(2011年6月更新) 
  お便りコーナー(含むメール)
  ……先日、哲男さんにチャリティー句会の話を聞いて、負けていられないからみなと会でも、先日の句会でみなさんから寄付を募りました。
さらに誌上でも呼びかける手筈ですが、こういうアイディア盗用は只でしてもいいんだよね。
十三万余り集まったそうで、大したもの。熱の入れ方の違いかな?
こちらは、句会で集まったのはその何分の一程度でした。
『港』誌上の呼びかけでどれくらい集まるやら?
今回のメッセ賞の本間千代子さんはなかなかいい感性をしていますね。どのくらいのキャリアの人だろう?、と思いました。
 4/8 (横浜市)犬塚こうすけ
  〔東京みなと番傘川柳会会長〕
ご著書拝読いたしました。
時にニヤニヤ、時に思わず吹き出しながら、読ませていただきました。「何気ない日常の、何気ない発見こそが心を豊かにしてくれる。」…本当にその通りだと思います。
自粛自粛の時節柄、「戦争の時代にも生きていたユーモア」も印象的でした。少し前に、第二次大戦中のロンドンを舞台にした小説を読んでいたのですが、空襲の爆風でガラスが吹き飛んだ商店の窓に、「Even more open than usual 」と貼紙がしてあったり、めちゃめちゃになった警察署の入口に、「Be good, we are still open」との貼紙があったりで、ロンドン子のユーモア精神にニヤリとさせられました。震災で大変なときではありますが、こういうときこそ洒落の精神を忘れたくないものだと思います。
……経済状況が厳しい中、ともすれば、勝ち組となることを追い求める教育ばかりが評価されがちですが、ぜひこれからも、心豊かな人生を送るための教育に力を注いでいただきたいと、僭越ながら応援いたしております。
本当にありがとうございました。
       4/10   東葛高校一保護者
大変な地震でした。三月十一日は、直後近所でガス漏れ、水道漏れで、一日断水断ガス。停電が二日あり、ロウソク暮らし。…
…盛岡は津波は来ませんが、一時物不足でした。今は生活上は支障がありませんが、余震で安心出来ません。……
       4/17 (盛岡市)中島久光
先日は川研(川柳研究社の句会)お疲れ様でした。
哲男さんにお会いして気が付いたことは、まだ『アイらぶ日本語』を読んでいないことでした。申し訳ありません。
その強迫観念に押されてという訳ではありませんが、さっそく今日読破いたしました。面白かったです。ことに「気になる日本語」には共感することしきりでした。さすが国語の先生であり、川柳家であるとおもいました。おそらくどちらか一つでは面白くなかったと思います。二足のわらじが変なところで役にたったと思っております。国語的視点と川柳的傾斜した視線が功を奏したのではないでしょうか。
私たちは日本語を何の不思議もなく操っていますが、これは凄いことなんだなぁと思ったりしています。「川柳を教科書に」という運動を手伝ったことがありましたが、それで気が付いたことは教科書に載せるための著作がないことです。田辺聖子さんのものがあるくらいで、まだまだ川柳界の努力が足りないように思います。
これからも期待しています。……生意気を言いました。お元気で。
4/20  (さいたま市)佐藤美文
     〔埼玉川柳社主宰
 ▽ 冠省
ご健勝と存じます。本日は『ぬかる道』ご恵送いただき、有り難うございます。代表をはじめ皆様お元気で何よりです。
小生、足・腰・目を患っていて、思うように行動ができません。
右御礼申し上げます。 不一
   4/24  (豊島区)脇屋川柳
〔編集部注〕十五世であり、そして川柳学会会長の要職にあられる脇屋川柳先生は、右のような御礼状を送って下さっている。その御礼状も、毎回・毎号いただく。今回はご病気のため書いてはおられないが、小誌を読んでのご感想やアドバイスを添えて下さっているのだ。有り難いことである。先生のご病気の、一日も早いご回復をお祈りしたい。
ご無沙汰で失礼を重ねております。
東葛のチャリティー3月句会や4月句会も、仲間の数人からお聞きしております。
江畑代表、中澤幹事長のご苦労を、遠くから感謝しております。ありがとうございます。
又近く東葛高校にて川柳教室を開講していただけるとか、ぜひよろしくお願い致します。
お手伝いしたい所ですが、未だリハビリ中でまゝなりません。
……(以下略)
   4/27 (柏 市)櫛部 公徳
 ▽ 江畑哲男先生
(前月号の)『ぬかる道』でご推薦の『川柳の理論と実践』(新家完司著)、新葉館から届きました。早速「自粛すべき言葉」の項目を読みました。「自由には責任が伴う。特定の言葉を使用するかの判断は、自らの責任で下さなければなりません。放送自粛用語だから避ける、みんなで駄目だと言うから使わない、ということでは自由な表現になりません。なぜ駄目なのかを考え、自らの意志で結論を出すのです。それが自由ということです。そして当然のことながらいかなる自由にも責任があります。しっかりした倫理観と良識に基づき、『他者』を『傷つける作品』は作らないという『責任』です。」……以上の記述を拝読して、差別語についてのエッセイを大いに反省しております。
ご推薦の本と先生に感謝申し上げます。
   5/5  (松戸市)老沼正一
  ↓(2011年5月更新) 
  ☆今年の千葉県川柳大会は、10月16日(日)に我孫子市のけやきプラザホールにて開催される。その第一回目の打ち合わせ兼会場の下見が、去る3月31日(木)に行われた。当日は、震災後の落ちつかぬなか、中島宏孝理事長、高塚英雄事務局長と、当会の江畑哲男・中澤巌の計四名が集まった。打ち合わせは多岐に及び、懇親会会場の予約と下見まで行う充実ぶり。いずれにしろ、10月16日(日)は今からご予定に入れておいていただきたい。
  去る3月19日(土)、震災後の困難な中ではあったが、第22回番傘川柳本社関東東北総局の総会が上野蓬莱閣にて開催された。本社から本田智彦番傘本社渉外部長を迎えて、出席者12名で行われた。江畑哲男代表も出席して、近況や報告、いくつかの提言などをした。
  6月12日(日)予定の全日本川柳仙台大会は、この度の東日本大震災のため実施の是非が検討されていたが予定通り実行されることとなった。参加申込は1カ月延ばして5月15日まで、ただし投句期限の延長はないとのこと。
  6月5日(日)に予定されていた「いわき番傘55周年記念川柳大会」は延期になった。
  『川柳マガジン』四月号の「句会へ行こう!」欄(雑誌の巻頭、カラーによる1ページ)に、東葛川柳会が紹介されている。また、同月号の「現代川柳巻頭競詠」欄には、大戸和興顧問の作品10句が掲載されている。 
  当会誌友である鈴木柏南さんが、4月5日ご逝去された。4月1日に盆栽の菊のお手入れ中に倒れられたとのこと。ご冥福をお祈り申し上げます。
  お便りコーナー(含むメール)
  船本庸子様
先の地震の被害はありませんでしたか?
本当に信じられない被害です。当地は直後から夜の八時半すぎまで停電があり、その後のテレビの映像が信じられない光景でした。復旧に向け一歩ずつ進んでいますが、当会もチャリティー句会ということですが、被害者の皆様に一助になることを祈念し、わずかですが五千円を同封致しました。役員の皆様、本当にご苦労様です。どうぞよろしくお願い申し上げます。
 3/20頃        (横浜市)佐伯清美
庸子様
地震以後の鉄道の間引き、停電騒ぎで大会や句会が軒並み流れる中、東葛は「こんな時だから開催するんだ!」とのこと。敬意を表したく思います。
 3/20頃(千葉市)高塚 英雄
 ▽ ▽前略 ご免下さいませ。……
三月十一日以来、日常が断たれた様な、ややナイーブに陥っていた私に喝を頂いたようでペンを走らせています。「川柳チャリティー句会東葛は句会をやります!」に、これぞ川柳人の支援だと深く感銘を覚えた次第です。……
HPの資料も大いに勇気付けられ参考にします。有り難うございました。
 3/22       (八千代市)中川記代子 
江畑先生
お手紙を有り難うございました。
昨日からやっと水道が出はじめ、ホッとしております。いわき市の被害は想像外に大きく、小名浜沿岸の地区は壊滅、全員はあらかた避難いたしました。6月5日の創立55周年大会は、諸般の事態から中止・延期を決断するしかありません。残念なことですが、いたしかた有りません。又の再起を願いつつ、お知らせ申し上げます。
『家』誌四月号の校正をなんとか済ませました。(二人で)柳誌だけでも発刊せねばと思っております。皆々様によろしくお伝え下さいますように。とりあえずの御礼まで。
 3/28(いわき市)真弓明子
 ▽ いつもお世話さまになっております。
この度のチャリティー句会開催、ほんとうに有り難うございました。……
(白浜)真砂子先輩の「災害強者」の力強いお話に感動してしまい、思わずペンをとってしまいました。
……他の皆様の地震の日の苦労話、他人事とは思えず聞いておりました。有意義な一日だったと感謝し、帰路に着きました。……
 3/31        (野田市)松本八重子
 ▽ ……『アイらぶ日本語』、川柳教室でお話ししましたら読んでみたいと言う人がおり、学事出版の方から届けていただき、好評でした。
そんな中で90才ほどの女性の方が別の会で読みたいと10部ほど求めてくれました。その人達が本の中の第一章で「気になる日本語」に感化され、日本語の中に重なる言葉が多くあり、面白いと言うことになって、拾い出したらこんなにあったと、私にメモを送ってくれました。
一冊の本から日本語について興味を持っていただき、90才の頭のすごさを示していただき驚いているところです。……
 4/1         (飯山市)石田一郎

〔編集部注:重ね言葉「ツンツン、ヌクヌク、ゼイゼイ」など、120語のメモが同封されていた。すばらしい!〕  
  ↓(2011年4月更新) 
  千葉県川柳作家連盟元副会長安藤亮介氏が、去る2月25日に亡くなられた。享年82。なお、葬儀は故人の希望で家族葬として行われた。故人は生前、東葛川柳会の句会にも何度かゲスト選者としておいでいただいた。謹んでご冥福をお祈りいたします。
  2月27日(日)千葉県川柳作家連盟の役員会が開かれた。前年度の事業報告・会計報告、今年度の活動計画・予算、役員改選等を審議した。役員改選では、津田暹会長、米島暁子副会長が留任。新任の副会長には千葉絹子と江畑哲男が選出された。また、理事長には中島宏孝前事務局長、事務局長には高塚英雄前理事長がそれぞれ就任した。(この項哲男発)
  二月句会選者・上村脩先生より礼状あり。
「細やかなお心遣いをいただき、選も話しも披講も楽しくやらせていただくことが出来ました。
会を支える皆様の素敵なチームワークが毎回の句会を盛り上げているのだろうと感じました。
これからも会が盛んになることをお祈りします。
(この項巌発) 
  お便りコーナー(含むメール)
 ▽ 有益なご本、ご出版おめでとうございます。早速頂戴し、感謝です。すぐ拝読。
だれにでも書ける本ではありません。面白い。行動派の眼で、行動派のペンです。個性的で、すばらしい。自信いっぱいが、よい。こんなに教師の誇りをもった人は、少ないでしょう。真剣に生きている毎日が、分かります。また、ファンが増えるでしょう。これからも頑張ってください。
 「呼びとめて指さす先に梅一輪」 (晃)
      2/5 流山市・舘野晃 〔作家「伊藤晃」、元千葉県議会副議長〕
 ▽ 春の訪れの待ち遠しい昨今でございます。江畑さんにはエネルギッシュにご活躍のご様子、何よりと存じます。この度は『アイらぶ日本語』をご恵送いただき、ありがとうございました。
さすが現役の高校の国語教師、老いも若きも文章の軽快なリズムに乗せられて、楽しく読み進むうちに重層なる日本語の豊かさに気付かされていくのですね。江畑さんの生徒さん達はとても幸運だと思います。
お忙しい時期かと思いますが、ご健康にご留意なさり、ますますのご活躍を祈念致しております。
 かしこ
     2/8 杉並区・西田 淑子 〔イラストレーター、乱魚氏著書の漫画家〕 
 ▽ 立春を過ぎても大変な寒さが残ります。関東の雪はいかがですか。大阪も珍しく雪にあいました。
たのしい『アイらぶ日本語』が八十歳をよろこばせています。ありがとうございました。……
    2/13  摂津市・森中惠美子
 ▽ 江畑先生へ
お礼がおそくなってしまいごめんなさい。「じいちゃんが迷わずにくるなすの馬」で賞を頂いた宮内嘉一です。
川柳の賞状や立派なたてなど送って下さり、ありがとうございました。僕の書いた川柳がのっていてすごく嬉しかったです。これからもみんなの心に響くような川柳をつくっていきたいと思います。よろしくお願いします。
   2/15 名古屋市・宮内嘉一  〔乱魚ユーモア賞ジュニア特別賞受賞者〕
 ▽ いつまでも寒い日が続いています。
この度はご出版、誠におめでとうございます。ただ作品を並べるだけでは、人様に読んでもらえませんが、この本は本当に読み甲斐のある川柳の本で感心しています。高校の教師という一致点もあり、何かと教えられました。拙句まで取り上げて頂き、恐縮です。……
 
 2/15  佐賀市・菖蒲 正明 〔佐賀番傘川柳会会長〕 
 ∇ ▽先日は句会へお招き、ありがとうございました。多くの皆様が集い、楽しい句会を盛り上げておられる様子が素晴らしいと思いました。会を支える多くの方々のご苦労が見えるようです。……
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。益々の盛会をお祈りしております。
3/1  中野区・上村脩  〔二月句会ゲスト選者〕 
 ∇ 拙著『アイらぶ日本語』へのご感想・激励等々、有り難うございました。たくさん頂戴いたしました。大変勇気づけられております。
本来ならば、お一人お一人の文面を掲載すべきところと存じますが、スミマセン、割愛させていただきました。今後は、特に違った角度からの文面のみを掲載させていただきます。心から感謝を申し上げます。        (哲男)
  ☆大地震私に決意させました
.ありがとうございました。命さえあれば大丈夫。築10年の土蔵〔三日坊主吟社事務所〕、東側の窓の上の壁がくずれ落ちました。私の書斎でもありましたので、投句作品散逸、4月総会を1ヵ月遅らせることで帳尻合わせる事にします。落ち着いたら、会員、誌友の皆さんにご了解を求める通知を出す予定です。お待ちくださいね。
戦中派はこんなときエキサイトします。幸い電気は大丈夫、水も1ヵ所がチョロチョロ出てくれますので嫁さんと、一緒にそのこと自体を楽しみながら、先のことを考えて動いています。
書斎の再生を決意。無駄の排除を思い切ってやるチャンスを地震が教えてくれたのです。
パソコンに助けられています。NHKや、新聞社の仕事、ゴミに埋もれながらこなしています。その途上、あなた(編集部注:山本由宇呆)のメールを発見、嬉しくなりました。
ありがとう! 三日坊主全員大丈夫です。みなさまにもよろしくお伝えくださいますよう。
 ★まだ続く余震戦中派の鋭気
 3/13   伊達市・佐藤良子 〔川柳三日坊主吟社主宰〕 
  ↓(2011年1月更新) 
  野田川柳会の会長が交替した。新会長に成島静枝さんが就任した。ご家庭の事情により退任された野良くろう前会長からは、大変丁寧なお手紙をいただいている。
  今川乱魚ユーモア大賞関連

《受賞者からの声》

柴田花連さん(ジュニア優秀賞)担任の加藤先生より
「高校生をジュニアの範疇とする事に対し敬意を表します。貴会のご発展を祈ります」お葉書到着。

徐田六朗さん
(ユーモア大賞)
「発表会へ欠席いたしました事お詫び致します、と共に御社のますますのご発展を祈念致しまして御礼に代えます。お葉書到着。
  寺田北城さん佳作入賞者
「入選のご褒美を頂き舞い上がっております。ユーモア句こそ本当の川柳だと思っていますが簡単ではないです。面白い句ができれば応募させて頂きます。
    〔この項巌発〕
  平成23年2月13日(日)、川柳つくばね二十一周年記念誌
上大会授賞式で、上田正義さん(東葛川柳会同人・新樹、緑葉会員)が、「つくばね番傘会長賞」を受賞。賞状と盾が贈られた。篠田東星、吉崎柳歩、二宮茂男、播本充子、河合成近さんなど、ベテランに互しての受賞。お目出度うございます。
    〔この項由宇呆発〕
   お便りコーナー(含むメール)
……
年末に『ぬかる道』頂きました。これだけ書いて下さると名誉賞ものです。
   1/12  銚子市・野平 匡邦  〔銚子市長〕
寒中お見舞い申し上げます。……
さて、『アイらぶ日本語』ご出版おめでとうございます。多忙極まる中でのご出版にただただ頭の下がる思いです。魅力あふれる内容とのことで楽しみにしております。
新春句会に残念ながら出席できず、ご本をいただくことができません。又特別講演も拝聴できず残念です。そこでお手数をおかけし申し訳ございませんが、ご本をお送りいただければ幸いです。
……金額が不足の時は、なんなりとお申し付け下さい。……
では、寒さ厳しき中、お体大切にご活躍下さい。
  1/20 横浜市・佐伯清美
今川乱魚ユーモア賞選考委員会江畑哲男様
今川乱魚ユーモア賞入賞、嬉しいお知らせありがとうございます。
本人(お孫さん)の上京かないませず、大変残念です。
少しばかりです。川柳がず~っと、愛され続きますように。
  1/22 松戸市・伊師由紀子
江畑先生
『アイらぶ日本語』上梓、おめでとうございます。
表紙の何とも言えぬ雰囲気に、一瞬「ほわっ」とした温もりを感じました。言葉の魔力を、川柳の魅力を説かれる、先生の筆の力は冴えていました。ぐいぐいと引き込まれて、あっという間に最終のページになっていました。
クレストホテルでのパーティーも、素晴らしい雰囲気のなか盛り上がりましたね。手作りのビンゴゲーム、手作りのマーチの合唱……、ほのぼの賞ものでした!
窪田和子さん、宮川ハルヱさんの登壇にも、こころ動かされました。先生が、危なっかしい足許を心配して、花束に近づいて行く様子が……、可笑しくて。
私も、隣席の前田安彦先生と、親しく漬物のお話などをさせて頂きました。(ビンゴゲームでは)前田先生の書かれた9人の名前は、「江畑哲男さんの他はさっぱり開かないで」と、ボヤキながらも楽しまれていたようでした!
会の最後に中澤幹事長とひしと抱き合った姿が、とても印象的でした。
重ねておめでとうございます。
嬉しい一日を有り難うございました。
  1/23 我孫子市・川瀬幸子
江畑先生
(第Ⅱ部の)パーティーでは、主役はお殿様のはずですが、一番気配りでお疲れになられたのは先生だったと思います。(今回は司会という)良い経験をさせていただいて有難うございました。
  1/23 柏 市・角田創
……昨日は有難うございました。立派なタイル焼きの楯、孫のよい宝になる事でしょう。
(編集部注:みの里さんのお孫さんが、「乱魚ユーモ賞」に入賞された。)
息子が月末に出張で来ますので、そのときに持たせます。有難うございました。
(また、)出版記念パーティーも盛会で良かったですね。皆さん垣根をとって、和気藹々と楽しんでおられました。……
今後もご活躍され、ご指導の程お願いします。
  1/23松戸市・宮内みの里
 ▽ 「江畑先生出版記念パーティー」、先生輝いていました。本当におめでとうございます。
うれしかったです。出席の皆さんも楽しそうでしたね。お酒もお料理もおいしかったです。
『アイらぶ日本語』に吸い込まれてしまいました。楽しいご本ですね~。……
江畑先生にはいろいろなこと教わりました。これからも勉強させて頂きます。よろしくお願い致します。
  1/23 柏 市・田辺サヨ子
啓上
この度は、御高著『アイらぶ日本語』、深謝申し上げます。拝読しつつ、実践主義の迫力を感じております。空理空論でないところが素晴らしい。……
2/1 横浜市・復本一郎 〔俳文学者、実験的俳句集団「鬼」主宰〕
 ▽ ▽江畑哲男先生
御著書『アイらぶ日本語』御贈呈、有難うございました。……
以前から題名は伺っておりましたが、この題名の表記がいいですね。カタカナ、ひらがな、漢字という日本語表記の三種の文字を配し、日本語が表記においても世界にも稀な、複雑にして豊かな文字文化を所有していることを見事に示しています。
また、そこには「アイらぶ」という英語がカタカナ、ひらがなという表音文字で、「にほんご」という和語が「日本語」という表意文字の漢字でまとまった意味を発信し、日本語の構造の柔軟さが示されています。この絶妙な表題にまず感服いたしました。
読み始めましたら、先生の軽妙なる語り口で、身近なところに転がっている題材を用いて日本語の面白さを次々に紹介していかれる。日本人の造語能力の高さ、広告コピーなどに見られる遊び心、普段目にはしていても、このように纏めて紹介して頂くと、改めて日本語の面白さ、表現力の豊かさが実感でき、まさに「アイらぶ日本語」という気持ちにさせられます。(最初の部分を読み始めたところでこの文章を書いています)。
私も国語教師として38年、この3月で退職しますが、国語の教師であることの幸せを感じつつ辞めることができることを喜んでいます。国語教師にとって、その教材は無尽蔵、何年教えていても解らないことだらけ。だから、おもしろいんだよな、と生徒には言っています。
先生の益々の御健筆をお祈り申し上げます。
  2/2 横浜市・佐藤健二  〔某有名私立高校教諭〕
▽  根岸さん。
写真ありがとうございます。
返信遅れましてごめんなさい。……
江畑さんが二〇〇九年十二月に台湾に来た際、東葛川柳会のホームページは業者に頼んでいるのですか?、と聞いたことがあります。江畑さん曰く、「一人のおじさんがコツコツやっています」。「ひえ~っ、あれだけのボリューム。しかも更新の素早さ。
日本の川柳会のホームページを見回して、東葛のが一番完璧ですばらしいと断言できます」。
実は台湾川柳会のホームページ(HP)を立ち上げたいと思ってまして、日本の川柳会のHPを片っ端から検索して調べたんですが、東葛のHPは一番見応えあって、見本にしたいとしているのです。
今はブログを立ち上げるさえも、右往左往しているIT音痴です。今後ともいろいろと教えてください。
今日は旧正月元旦で、台湾は来週月曜日まで連休です。根岸さんに「新年恭喜」(新年明けましておめでとうございます)。本年もよろしくお願いいたします。
       2/3 凃 世俊 拝 〔台湾川柳会会長〕 
  ↓(2011年1月更新) 
  誌友の松田重信さん(春日部市)が、第二回彩栄賞の正賞に輝いた。彩栄賞は、埼玉川柳社(佐藤美文主宰)の栄誉ある賞。その作品、「あの夢は何であったか草むしる」。おめでとう。
  川柳塔社(主幹・小島蘭幸)は、昨年秋柳誌の通巻1000号を記念して『麻生路郎読本』を発刊した。その『麻生路郎読本』はA4版500ページ以上の大部で、麻生路郎の生涯とその仕事がこの一冊で概観できる。ともかく労作。編集人代表の桒原道夫氏には、心からの敬意を表したい。
  誌友の坂牧春妙さん(港区)と柏野遊花さん(立川市)が、このほど番傘本社の新同人になられた。ますますのご活躍を期待したい。
  平成22年度の『家』年度賞の選者を江畑哲男代表が務め、『家』一月号に選と選評を寄せた。柳誌『家』は、いわき番傘川柳会(会長・真弓明子)の機関誌。今年は創立55周年を迎え、来る6月5日(日)に記念大会を予定している。 
  1月10日(祝)に拡大企画編集会議を開いた。企画編集会議は、久々の開催となった。昨秋「乱魚さんを偲ぶ会」があり、当会の主要メンバーはその準備に忙殺された。このため、思うようにこの会議を招集することが出来なかった。
今回、メンバーを拡大して開催したのには少々理由がある。議題が広範囲にわたること。且つ、通常の新春句会以外の、主として出版記念パーティーにかかわる準備のためであった。したがって、勉強会の幹部を含むメンバーを、拡大企画編集会議として招集させていただいた。参加25名。
席上、一名欠員になっていた会計監査に長谷川庄二郎さんが推挙され、承認された。
   その拡大企画編集会議後の昼食会に、台湾から凃世俊さん(台湾川柳会会長)が飛び入り参加をしてくれた。何でも、数日前から日本各地の川柳会を精力的に歩いておられるのだと言う。大阪、岡山、秋田と句会に顔を出し、最後に東葛川柳会の会合に駆けつけてくれた。ご立派!!
その台湾川柳会は、来る三月にめでたく創刊200号を迎える。
   お便りコーナー(含むメール)
前略
押し迫って参りました。ご多忙のことと存じます。過日お話がありました1月22日の件、(平井)吾風先生とご一緒する約束で出席のハガキを返送しておきました。懇親会は都合で欠席致しますが、お許し下さい。とにかく息子(=哲男のこと)の講演を楽しみにしています。……(後略)
      12/8 千葉市・江口 信子
    〔千葉番傘川柳会会長〕
師走の候
江畑代表におかれましては、益々御清祥のことと存じあげます。
私は去る8/28(土)、東葛川柳会に出席させて頂きました島田裕吉と申します。その節は大変お世話になりました。
『ぬかる道』十二月号、「川柳会・新樹」十周年記念講演録「川柳最高、原点再考」を、読ませて頂きました。文面を通して多くの事柄を教えられ、又感動しました。自分の心の内面を見透かされたようで、ハッとし、又ほっとしました。
「……ベテランになればなるほど、一見上手な作品を作る腕があるように見えるけど、趣向だけを変えてしまうので上手く見えるのですが、実は中身が何もない。……」
この文章、決して私はベテランではありませんが、肝に銘じました。(中略)
次回又『ぬかる道』の江畑代表の巻頭言を楽しみにしております。今後ともよろしくお願い申し上げます。
       敬具
  12/14 中野区・島田 裕吉
▽江畑哲男先生
初めまして。三省堂出版部の阿部と申します。
このたびは、『ぬかる道』をお送り頂きましてありがとうございました。……
『五七語辞典』と『てにをは辞典』を、一緒に紹介してくださって感激です。とてもいいセンスをお持ちですね(笑)。また過分なご紹介も頂きまして、本当にありがとうございました。どちらの著者も、とても喜んでおります。
両辞典とも編集担当は私一人で、『五七語辞典』は丸1年半かかりました。『てにをは辞典』は語の収集に著者は20年、原稿にまとめるだけで1万時間費やしました。どちらも「辞書フェチ」というべきでしょうか。「面白い」という評価は最大の賛辞です。うれしく思っております。(以下略)
 12/1三省堂出版部阿部正子拝
年賀状を書く時期が来ましたが、明日から考えるところです。今年は乱魚さんの件等、ご苦労様でした。良い年をお迎え下さい。
 12/15 盛岡市・中島久光
  哲男先生
公園のさざんかの花が、「一緒に遊ぼう」と呼びかけるように咲いています。
冬の日のほっとするあたたかな風景です。
巻頭言をさっそくに有り難うございました。(編集部注:銚子関連記事の確認のため、草稿の段階で凛々氏には送付済みであった)
カッコ良く書いて下さって嬉しいです。さすがです。次回の募集に拍車がかかります。改めて「いわし川柳」の位置づけを考えなければならないと思い知らされました。……(以下略)
 12/15 銚子市・名雪凛々 
  ▽前略
ご無沙汰で失礼しております。『アイらぶ日本語』ご出版、おめでとうございます。拝読を楽しみにしております。お祝いの席に出られません。誠に残念です。……(以下略)
 12/15 柏 市・櫛部公徳 
  東葛川柳会・江畑哲男代表殿
柏市文化連盟第三回理事会の件(本年最終)
別紙資料のとおり開催されましたが、最終の理事会でもあり、特筆することはありませんでした。敢えて報告するならば、(以下略)
〔理事会資料ほか同封資料数点。いつもながらの丁寧な報告であった:編集部注〕
 12/15 柏 市・増田幸一
  ▽江畑哲男様
この度、『アイらぶ日本語』(学事出版)の御出版、誠におめでとうございます。
御著書は、発行元が学事出版ということもあり、川柳愛好家だけでなく、多くの学校関係者の目に触れることになるでしょう。
表紙のタイトルは『アイらぶ 日本語』ですが、その背後に『ウガチかるみ滑稽』という裏のタイトルが見え隠れしているようにも思えます。日本語と川柳の合わせ技で、全国の読者が捩じ伏せられることを祈ります。
    成田市・安部離楽数
  前略
一年間超ご多忙の日が続きましたのに、その時間をやりくりして著書を完成させたご努力に敬意を表し、お喜び申しあげます。一月の出版記念日を心待ちしております。……
  12/25 柏 市・小川定一
  昨日、『ぬかる道』が届きました。有難う御座いました。巻頭を3ページにもわたり、いきなり「いわし川柳」の事を書いて下さり、大変嬉しく思いました。本当に感謝感謝で御座います。
今日は銚子も例会でしたので、凛々さんとも共に喜び合って来ました。哲男先生に銚子の事をこれだけ記事に取り上げて頂きました事は何よりの宣伝効果でもあります。……(中略)
お忙しい中をお邪魔申し上げました。記事のお礼を一言、申し上げたくて……。
12/25 (深夜) 茂原市・永藤 我柳
  哲男先生へ
本日は大変良い日で、例によって家内に使われています。メッセ10句を送りますので宜しくお願い致します。本年も大変お世話になりました。新しい良い年をお迎え下さい。
        12/ 27 柏 市・長谷川庄二郎
  江畑先生
本当に楽しい一年間でした。有り難うございます。来年は益々川柳が好きになりそうです。……
12/27柏 市・上田正義
   謹賀新年
乱魚さんの分もがんばって、川柳界を盛り上げて下さい。
1/1 高萩市・上遠野長政
  謹賀新年(中略)
NHK朝のドラマ「てっぱん」のオープニングダンスの公募があり、仲間と応募しました。3月の終了までに採用され、テレビで観られれば嬉しいのですが……。
1/1 柏 市・永見忠士
  うさぎ年カメから学ぶマイペース
御活躍、今年も目をみはらせていただきます。よろしくおつき合い下さいませ。
1/1 伊達市・佐藤良子
  恭賀新年(中略)
『アイらぶ日本語』楽しみにしています。
1/1 草加市・渡辺梢 
  謹賀新年(中略)
乱魚さんが亡くなり、さびしい限りです。『ぬかる道』はよく読んでいます。
1/4 横浜市・池井優
 〔慶應大学名誉教授〕
  ↓(2010年12月更新) 
  良いニュースと残念なニュース。
まずは良いニュースから。東葛まいにち紙の「2010年東葛文芸年間賞(川柳部門)」は、永井しんじさん(我孫子市)が獲得した。受賞作は「iPad紙魚を滅ぼすかもしれぬ」。同句には、選者の江畑哲男当会代表による、切れ味鋭い推薦評を寄せている(「東葛まいにち紙」昨12月8日号)。しんじさん、おめでとうございます
残念なニュースの方は、その「東葛まいにち紙」の文芸欄(含む川柳欄)が今号をもって休止してしまうこと。文化の火が消えてしまうのは、いかにもザンネンだ。
  江戸川大学サテライトセンターでは、引き続き「川柳教室」を開催中。どうぞ、おいでください。。第四回目は一月八日(土)、五回目は二月十二日(土)です。また、単発の受講も受け付けています。講座の詳細は、『ぬかる道』昨10月号表紙2参照。
  第十七回松戸市民文化祭松戸川柳大会の開催
十一月十六日(火)一九二名の参加をもって華やかに開催された。当会からも同人・誌友が多数参加。当会の存在を強くアピールした。
  江畑哲男様 前略 この度平成22年度新宿区生涯学習フェスティバル「川柳展」において、北新川柳会会員(ぬかる道誌・誌友)が下記の通り好成績を納めましたので、ご報告いたします。
 記
 区長賞  島田 裕吉氏 (「しがらみの中で息づく人の縁」)
 特 選  小山 一湖   (「耕して明日へ希望の種子を蒔く」)
 秀 逸  早川 たけ子さん(「踏まれても俺の人生俺のもの」)
選者は、伊藤三十六氏、佐藤朗々氏、及び西来みわ氏の3氏で、素晴らしい選評をいただきました。
11月20日(土)に表彰式が行われ、新宿区長中山弘子氏からお祝いのお言葉をいただき、賞状及び賞品を手ずからいただきました。
とりあえずご報告まで。後日、作品集を郵送いたします。
今後ともご指導の程よろしくお願いいたします。       小山 一湖
  11月30日付の読売新聞29頁に第六十回全国作文コンクール中学校の部で、『ぬかる道』ジュニア川柳常連の三船恭太郎さん(岩手大教育学部付属中学校二年)が「文科大臣賞」を受賞された記事が載った。因みに、恭太郎さんは、今年の「第三回とうかつジュニア川柳賞」で「秀句」に入賞されている。お目出度うございます。
  お便りコーナー(含むメール)
▽何時もお世話になります。
過日は猛暑の最中「偲ぶ会」のご盛況、ご苦労様で御座いました。乱魚先生も喜んでいらっしゃった事と存じます。また八月号に私の一文を早速にのせていただき、他の諸先生とご一緒にさせていただき、光栄に思ってをります。さて、来年の年賀広告、例年の通り一口お願いします。残金は『ぬかる道』でお役立て下さい。由宇呆先生には八月号の御礼をお伝え下さいませ。哲男先生、編集部の皆様によろしくお伝えを。
私事で恐縮ですが、悪性血液減少で常時富士山の頂上に居るのと同様の状態で、療養してをりますので失礼をお許し願い申し上げます。 東京・別所和虹
パソコンを初めて未だヨチヨチですからメールもやっと打てるかな?ぐらいで、届くかどうかもおぼつかない状態ですから自信の程は有りません……。届きます様にと祈る気持ちで打って居ます。
哲男先生、FAXを頂きましたのにご返事が遅れて申し訳御座いません!。先日は銚子までお出かけ下さり本当に有難う御座いました。お陰様で会を盛り上げて頂く事が出来ました。早速、先生のお訊ねの件ですが、(中略、以下哲男がお願いした件について、詳細にご教示いただいている。感謝感謝。)
長くなりましたが、色々ご配慮有難う御座います。『ぬかる道』の巻頭言にお書き頂くなどと……全く、光栄で御座います! 有難うございます。明日は……否、もう今日ですが、鴨川の潮風句会が一泊忘年句会として勝浦かんぽの宿で行われます。今、其の準備をしているところで、この後2時間位は眠って
おこうと思いま~す。お休みなさいませ……。
   12/1 茂原市・永藤我柳
哲男先生
小生、全没の時は選者のせいにしていました。柳誌『ぬかる道』を見て、同じ事言ってるナぐらいで、「はるかに上手い・この点がいまひとつなど」とは考えませんでした。柳誌の活用法を教えられた今月号(十二月号)でした。有り難う御座います。
   12/2 松戸市・老沼正一
江畑哲男先生
ご著書をいただき(注:『ユニーク東葛類題別秀句集』をお送りした)、読ませていただきました。辞典の類の編纂は大仕事だと思います。敬意を表しますし、素人でも拾い読みできるので重宝させていただきます。私の作った本を同封します。
   12/3 銚子市・野平匡邦   〔銚子市長〕
↓(2010年12月更新) 
  ☆江戸川大学サテライトセンターでは、今年も川柳教室が開かれている。今年は川柳の創作にポイントを当てての講座。その第一回目は一〇月九日(土)、江畑哲男代表の「川柳の魅力」で幕を開けた。
11月以降も、第二土曜日の午前中に開催する。なお、単発の受講も可。詳細は、『ぬかる道』10月号表紙2参照。
  10月25日付け朝日新聞に、宮本次雄さんの一句が入選した。その句、「街中が金木犀にうなされる」は、川柳ぽくっておもしろいと、情報提供者がコメント付きで送ってきた。ナルホド、面白い。
   第四五回千葉県川柳大会の開催
去る10月17日(日)約200名の参加をもって開催された。
当会からは同人・誌友が十名が参加した。宮本次雄さんが千葉県教育委員会委員長賞に輝いた。おめでとうございます。来年は当会がメインとなって我孫子市で開催されます。多数の参加をお
願い致します。
 
  第12回ひたちなか川柳大会の開催
去る10月17日(日)94名の参加をもって開催された。当会からの参加は少なかったものの、笹島一江副幹事長が選者を務め他にも北山蕗子、松本晴美のご両名も他吟社代表として選者を務められた。千葉・茨城・福島と常磐沿線の句会は、これからも大事にしていきたいと思う。
  10月25日付け朝日新聞に、宮本次雄さんの一句が入選した。その句、「街中が金木犀にうなされる」は、川柳ぽくっておもしろいと、情報提供者がコメント付きで送ってきた。ナルホド、面白い。
  足立川柳大会の開催。
足立区文化団体連合会創立六十周年記念・足立区文化祭参加足立川柳大会が去る9月18日実施されました。参加者は若干少なかったものの(102名)会場は熱気に溢れ、同人・誌友の多くが元気良く呼名した。成島静枝幹事が見事最高賞を獲得、中澤巌幹事が選者を務めた。
 
 お便りコーナー(メールも含む)
 
コスモスが美しく風に揺れています。お元気でご活躍のご様子、いつも嬉しく思っています。
この度はご丁寧な祝電に続き、『川柳ぬかる道』『今川乱魚の歩み』をご恵送下さいまして、誠にありがとうございました。乱魚先生を偲ぶ会には出席出来ませんでしたが、一〇〇〇号記念大会の主幹あいさつの中で偲ばせていただきました。……
      10/13 竹原市・小島蘭幸
    〔このたび川柳塔社の新主幹に就任された〕
記念講演大変良かったです! 海老原先生に惚れました。私の部下指導法はアメリカならセクハラ裁判になる所であります! 当時はフランス風だったのでしょうか!?
その当時の乙女らも今は大変立派な主婦また母親として積極的に人生を楽しんでおります。
アメリカンスタンダードは見直す時期に来ていると思います。
日本文化に自信と誇りを持ちましょう。
 10/24 松戸市・老沼 正一
 
昨日の23周年大会、お疲れさまでした。充実した講演、多彩な選者の方々に楽しませていただきました。……(中略)
「偲ぶ会」の余韻はまだまだ続いていて、ファンレターの返事が来たなど嬉しいニュースが聞かれます。森中惠美子さんと写真を撮ったり、お酒を飲んだりなんてことは、今後あるとは思えません。本当にすごいことだし、すばらしい会でした。……
 10/24 松戸市・日下部敦世
  
 ▽投句者……十句作るのは大変だ。同居人のツッコミ……選者はもっと大変だ。よろしくお願いいたします。
 10/25 印西市・秋山精治
  「乱魚さんを偲ぶ会」、ご苦労様でした。港近詠自選句「今さらに川柳人の非常識」(哲男)に、頷くものがあります。岩手県の芸術祭「県民文芸作品集」で芸術祭賞を受賞しました(別紙コピー)。お報らせまで。
 10/25 盛岡市・中島久光
  前略
昨日は講演という最良の自己発祥の機会を与えていただき、誠にありがとうございました。
その上、過分な謝礼、お菓子、賞賛、宴会とは、至福の一日となりました。記念に三省堂の『大辞林』第三版を購入します。寒くなりましたが、お元気に颯爽とご活躍くださいますよう。 草々
 10/25 守谷市・海老原信考
  〔今大会の記念講演者〕
東葛二十三周年大会の盛会、ご同慶に存じます。
海老原先生の講演、難聴の耳にもよく聞きとれて良かったと思いますが、全没で空しく帰宅……。(近詠)よろしく。
  龍ヶ崎市・白浜真砂子
  ……例年にも増して超多忙な日々が続き、お疲れのことと存じます。猛暑の話題が一挙に冬将軍の到来になりました。呉々もご自愛の程お祈りいたします。
  10/27 柏 市・小川定一

(夏から一気に冬の到来、という同趣旨の手紙をたくさんいただきました。)
  とにかく元気にしています。昭和史と同じく八十五歳です。
先日(10/17)北九州市戸畑区文化祭川柳大会にて、七題で10句入選し、総合第三位として賞状とカップをいただきました。
ジョッキ一杯毎晩飲んでいるので真っ赤です。(編集部注:賞状とカップの前での近影を同封してあった)
10/ 29  福岡市・伊豆丸竹仙

前略、先日の貴会23周年記念川柳大会では、大変お世話になりまして有難う御座いました。十年来の念願が叶い、大会に参加出来ましたこと、その上賞までいただき感激致しております。大会では皆様よりいろいろご助言を賜り、来年の仙台全国大会へのステップとさせて頂きたく存じますので、どうぞ、皆様のご来仙をお待ち申し上げます。取り急ぎ右御礼申し上げます。早々
 川柳宮城野社・木田比呂朗

東葛川柳大会へ初めて出席させて頂きました。皆さまのご厚情心よりお礼を申し上げます。柏市にも初めての訪問でしたが、東京のベッドタウンだけに活気もあり、地の利もあって川柳の輪も益々拡がることと存じます。帰仙後風邪をひいてしまい、お礼状が遅れてしまいました。皆さまのご健勝、哲男様のご活躍を祈念致します。

追伸………哲男さんのユーモア作品に驚きました!!乱魚先生の精神が東葛川柳会に息づいているのでしょう。!!
 川柳宮城野社・主幹雫石 隆子

前略、過日は東葛川柳会の大会にお邪魔させていただき、誠にありがとう御座います。
大盛会御目出度うございます。姿勢、声、人となり、すべてに「さぁ、前へ」の気持ちが体現されていて、その前向きな明るさに、皆さん惹きつけられるんだな…と感じました。
実に楽しいひとときでした。お会いできて嬉しかったです。時節柄、ご自愛下さいませ。草々
新潟、喜怒哀楽書房 木戸 敦子
  ↓(2010年11月更新) 
  足立川柳大会の開催。
足立区文化団体連合会創立六十周年記念・足立区文化祭参加足立川柳大会が去る九月一八日実施されました。
参加者は若干少なかったものの(102名)会場は熱気に溢れ、同人・誌友の多くが元気良く呼名した。
成島静枝幹事が見事最高賞を獲得、中澤巌幹事が選者を務めた。
  川柳会・新樹十周年記念大会の開催。
10月2日総勢八九名の参加をもって、十周年記念大会が賑やかな中にも格調の高い記念句会となった。
東葛川柳会傘下、五勉強会の長男格として川柳界発展の為、尽力されんこと祈るや切。
  第五七回柏市文化祭の開催。
10月9日(土)アミュゼ柏にて開会式があり、「参加して見て聞いて感動文化祭」のキャッチフレーズのもと、華やかに開催された。当会から、増田幸一顧問他7名が参加し、当会の存在をアピールした。
  10月2日(土)柏市パリ総合美容専門学校(東葛川柳会例会場に同じ)六階において、川柳会・新樹(勉強会、会長山本由宇呆)の十周年記念会が開かれた。(前身の柏陵川柳会から通算14一四周年)参加者は、新樹会員は基より、東葛傘下の勉強会、緑葉、双葉、ほのぼの、野田の会員(約70名)を中心に89名(投句3名含む)。ゲストは千葉県川柳作家連盟会長津田暹さん、東葛川柳会幹事長中澤巌さん、柏陵川柳会初代会長石戸秀人さん以下OB4名。会のコンセプトは「これからの勉強会を考える」。会の内容は、①由宇呆会長の「新樹一〇年の歩み」概報、②ゲストのご祝辞、③講師江畑哲男氏(東葛川柳会代表)の講演「川柳最高、原点再考」、④ゲスト及び各勉強会代表選による句会などで、12時から16時30分までの盛会であった。とりわけ、松尾芭蕉の文献を引きながら、この会のコンセプトに合わせた具体論を展開した江畑講師の講演が好評であった。なお、参加者全員に川柳合同句文集『新樹Ⅵ』(川柳会・新樹十周年記念誌)が配布された。
(次号に詳報) (以上由宇呆発)
※川柳会・新樹会長山本由宇呆からのご挨拶
「この度の新樹十周年記念会に際し、ご参加を頂いた皆様、ご後援を頂いた皆様、ご声援、ご協力を頂いた皆様、本当に有難う御座いました。短信欄の片隅をお借りしてお礼を申し上げます。」
 
  9月19日(日)、川柳研究社創立八十周年記念川柳大会が駒込学園を会場として開かれた。出席者250名を越える大盛会となった。大会の詳報は、本号巻頭言に書かせていただいた。ご参照を。
  9月26日(日)には、第八回八千代市民文化祭川柳大会が開かれた。こちらも投句者50名を含む183名の参加で賑わった。
当会からは、多くの幹事・会友が出席した。江畑哲男代表は、課題「照れる」の選者を務めた。また、関根庄五郎幹事は課題「ばらばら」で特選(天位)を射止めた。その作品「忌憚なく意見は出たが纏らず」。おめでとうございます。
 
  江戸川大学サテライトセンターでは、今年も川柳教室が開かれている。今年は川柳の創作にポイントを当てての講座。その第一回目は10月9日(土)、江畑哲男代表の「川柳の魅力」で幕を開けた。
11月以降も、第二土曜日の午前中に開催する。なお、単発の受講も可。詳細は、『ぬかる道』10月号表紙2参照。
 
  10月11日(月、祝)金町地区センターで開催された「第五十五回葛飾区民文化祭川柳大会」は、出席者一三〇名の盛会であった。東葛川柳会からは江畑哲男代表以下、和興・幸一・倫也・紀伊子・美和・信彰・蕗子・布佐和子・はなこ・みの里・羞策ら、多くの幹事・会友が参加した。この大会で、宮内みの里さんは合点制で堂々三位に入賞。七つの課題のうち、二つの課題で特選(天位)を獲得したのが大きかった。おめでとう。
 
 お便りコーナー(メールも含む)
  拝復
此の度は『ぬかる道』10月号と共に追悼『今川乱魚の歩み』をご恵送賜り、有難度うございました。乱魚さんとの懐しい思い出が彷彿(S63年の東葛句会の押掛け選者。「太平記の里」での永年の指定選者等)。取急ぎ御禮迄。
  10/2 深谷市・てじま晩秋  〔明日香川柳社主宰〕
  この度は小冊子『今川乱魚の歩み』をお送り下さいまして、ありがとうございました。私は「偲ぶ会」に出席できなかったので、冊子を見ながらありし日の乱魚さんを静かに偲んでおりました。
平成2年以来、私は介護のため、どこの句会にも出席できませんので、在宅でできる視聴障害川柳人に川柳句集の点訳書を提供することを思い立って、乱魚さんの句集と編著は四冊を点訳、全国の視聴障害川柳人に頒布しました。その過程で、人名や地名の読み方について何度も往復葉書で尋ねますと、直ぐ漢字にルビを振って返送して下さり、余白に作業への励ましを添えてくれました。
みなと番傘45周年の時、李玉川柳句集『酔牛』の点訳のお許しを得てそれが最後となりましたが、名著『癌と闘うユーモア川柳句集』は未来の視聴覚障害者にも提供できるように、ネットワークに点字データを登録しました。
「乱魚さん、ほんとうにお世話になりました」と感謝の気持ちでいっぱいです。
10/3 袖ヶ浦市・吉岡れん子 
  ↓(2010年10月更新) 
   第四六回雀郎まつり川柳大会の開催
八月二九日(日)「前田雀郎五十年祭及下野誌創刊1700号記念」の副題のもと盛大に実施された。参加者は二百名をはるかに越え、当会からも多数の誌友が参加した。
又、選者を務めた川俣喜猿氏(98才)が大きな声で歯切れよく披講され、矍鑠たる姿に会場が沸いた。
  向島川柳大会の開催
8月31日(火)月末平日にも関わらず一三〇名の参加をみた。
当会からも同人・誌友十二名が参加し呼名に大忙し、当会の存在をいやが上にも印象づけた。
 
 お便りコーナー(メールも含む)
  江畑哲男様
いつも投句を見ていただき、ありがとうございます。
ニュースで子どもの虐待や高齢者のことが報じられますが、どうにかならないものかと思うばかりです。今の私に出来ることは、週にほんの短い時間、地域の子ども達と過ごすことだけです。常
に気持ちを向けていきたいと思います。
  松戸市・青山あおり
  拝啓
ご無沙汰しております。小生このところ体調もよく、元気にしておりますので、他事ながらご安心下さい。さて、先日山本由宇呆先生からビギナーズ道場の免許皆伝状をいただきました。誠にありがたく、元気の出るお知らせでありました。
斉藤克美先生にも手とり足とりのご指導を賜り、お世話になったことを思い出して、合掌させていただきました。
由宇呆先生からは引き続き川柳道に精進するようとのお言葉がありました。己の長生きのため、今後はメッセに投句することにしました。代表のご指導を受けるため充分努力する所存です。よ
ろしくお願い申し上げます。……
追伸。相方も元気にしております。毎日口喧嘩の連続です。投句については、背中を押されました。
8/ 25印西市・秋山精治
  夏休みもあと一日となりました。過ぎ行くものが惜しまれます。
メッセの原稿をお送りします。遅くなりましたが、よろしくお願いします。
俳句甲子園の記事を見ました。川柳甲子園なんていうのもできるといいですね。まだまだ暑さ厳しい折、どうぞご自愛下さい。
8/30 松戸市・日下部敦世
今月は〆切日にやっとの状態となりました。投句しようか、どうしよう?と迷った末に、出来不出来は別として継続することに意味があると思い、「消印有効」に力を得て投句しました。よろしくお願い申し上げます。
8/30 三郷市・黒木英子
  江畑先生
いつもお世話になっています。御多忙の日々とお察し申し上げます。八月も終りですが、猛暑には驚きます。学校のこと、東葛川柳会のことと、大変ですが、どうぞお体だけは十分に気をつけて下さる様お願い致します。先生が笑顔でおられることが一番です。
8/31 柏市・田辺サヨ子
江畑哲男様
東葛川柳会御一同様
今日で八月もおわりますが、暑さがつづいています。柏が近くなりました。にぎやかに、そしてさわやかに、偲ぶ一日としたいものです。よろしく。
平服、手ぶらの出席となりますが、よろしいでしょうか。お大切に。
 「佛さんの前に他人が輪をつくる」 惠美子(落款)
8/31摂津市・森中惠美子
 乱魚さんを偲ぶ会に出席できず、残念です。夫人宛にお供えといさむ句集を贈っておきました。
腰痛と三七度の枚方市に熱中症防ぎに養生しています。
  9/2 枚方市・礒野いさむ
 「偲ぶ会」、私の「平服」がバッチリ決まりました。なにしろ、お役目が「記帳台案内」なんて。まるで入り口に洋服着て立つような役なので。
  9/2 柏 市・伊藤春恵
東葛のチームプレーの温かさ。本日はお疲れ様でした。素晴らしいお集まりに参加させていただき、有難う御座いました。帰宅してからも「偲ぶ会」の余韻に包まれて、両足とも『ぬかる道』から抜けなくなってしまいました。今後とも益々の御発展・御活躍をお祈り申し上げます。
追伸
引き出物、孫が喜んでいました。
  9/5 松戸市・老沼 正一 
江畑哲男様
「乱魚さんを偲ぶ会」ご盛会裡に終えられ、総括責任者兼司会者としての大役、本当にお疲れ様です。
“大物“の偲ぶ会への出席など初めての経験ですが、ご当人のご人徳によるところが大きいのでしょうが、本当に素晴らしい会だったと思います。
乱魚先生の幅広いご活動に対応しての、地域の文化人やお仲間、柳壇の方々、職場の関係者、小学校から大学に至るご学友等々に、万遍無く気配りをされた偲ぶ会の企画・準備・進行のご苦労は如何ばかりかと驚き、担当された哲男代表を中心とする東葛の皆様のご奮闘に心より敬意を表したく思います。
   9/5 千葉市・高塚英雄 
前略
このたびの今川乱魚さんの偲ぶ会開催につきましては、本当にご苦労さまでございました。
受付からはじまり、会の進行など、きわめて組織的・系統的に進められました。これはひとえに江畑さんのご指導によるとともに、東葛川柳会を中心とした千葉の皆様のあたたかいご協力によるものと、心から敬意を表するところであります。
まさに偲ぶ会は、乱魚さんの川柳界に対する長年のご功績を讃えるとともに、感謝をする会となり、大成功だったと思っております。……
   9/6 練馬区・清水厚実
拝復。記事(送信)ありがとうございました。
乱魚さんを「偲ぶ会」、大変ご苦労様でした。哲男さんが居て始めて出来た大舞台、さすがの采配でした。そして長期間にわたる立案・計画・実行と、さぞかしお疲れの事と思います。喧騒と涙、参会者は乱魚さんとの拘わりから来る様々な思いで時間を過ごしたことでしょう。また川柳・風柳・三柳・恵美子さんなどの大川柳家や多くの知識人のご尊顔を拝しただけでも、私にとって「あの日」は忘れない日になりました。
   9/7 柏市・長谷川庄二郎
 江畑哲男様
乱魚さんの偲ぶ会、お疲れさまでした。あの多彩な人脈の大集団をよくあれだけ見事に仕切られたと感服しました。番傘の今後に大変参考になりました。
また私自身の申し込みが遅くなり、ご迷惑をお掛けしましたことをおわびいたします。(礒野いさむ)主幹が参加されるはずでしたが、腰を痛められて参加できず失礼いたしました。
台湾川柳会のお二人にもお会いできてとても良かったと思っています。
今後ともよろしくお願いいたします。
        9/7 番傘川柳本社事務局長・藤原一志
▽哲男様
「偲ぶ会」へのご尽力、感謝の念と共に心より御礼申し上げます。出席した数名の方から、素敵な会であった、乱魚さんも喜ばれたに違いないという賞賛の声を一様に聞いております。お疲れが出ることを心配しておりますが、まだまだお若いので安心もしております。
本日、当日配られた品が中澤厳さんから送られてきました。何もしていないのに恐縮です。ご配慮に感謝いたします。……
先ずは御礼まで。
  9/8 市原市・津田暹
 江畑哲男様
先般の「今川乱魚さんを偲ぶ会」開催に大きな援助をいただき、ありがとうございました。限りない大きな人脈を持った乱魚さんを、改めて知らされました。
人間が生きていく中で、この人脈こそ一生をかけた宝ものだとしみじみ感じました。
何のお手伝いも出来ず、申し訳ありません。自分が育てたお弟子さんたちが、懸命になって偲ぶ会を開いている姿を、乱魚さんもしっかりと見つめていられたことでしょう。
『川柳マガジン』一〇月号の川柳時評にも書かせて貰います。私もあの一日で、日川協会長としての責任を身にしみて感じ取りました。
お礼が遅れてすみません。これからも川柳のために力をつくして下さい。……
実行委員の皆さん方にも、くれぐれもよろしくお伝え下さい。
 9/12新潟市・大野 風柳
↓(2010年9月更新) 
   台湾川柳会で人事の異動があった。現会長の頼柏絃さんはこのたび会長職を退き、名誉会長に就かれた。代わって、1962年生まれの若い凃世俊さんが新しい会長に就任した。その台湾川柳会のお二人が揃って、9月5日(日)の「今川乱魚さんを偲ぶ会」に参加されるという。しかも、台湾川柳会の九月句会日を、わざわざ8月29日(日)に繰り上げてのご参加である。有り難い。
   ☆もう一つ、台湾川柳会の話題。台湾川柳会では、昨年度の句会実績を70ページあまりの冊子にまとめた。その名も『2009年句集』。附録には、台湾川柳会の「二周年記念号」(1996年発行)が採録されており、貴重な資料となっている。
   誌友・河合成近(足立区)さんが、読売新聞USO放送七月の放送月間賞を獲得した。作品は下記。おめでとうございます。
     遅配への苦情
  ぜひお手紙で
―郵便事業株式会社
 (東京・ゴカ坊) 
 
 お便りコーナー(メールも含む)
   前略 ご免下さい。
故今川乱魚先生を偲ぶ会の御知らせ、有り難うございました。乱魚先生にはお目にかかる度にあたたかいお言葉をかけていただき、講話の折には艶のあるお声でユーモアを混ぜてのお話が今も耳に残っている様な気が致します。
偲ぶ会には私も加齢のため歩行が思うに任せず出席致し兼ねますので、心ばかりの香料をお届けさせていただきます。……
 7/3  (水戸市)立原早苗
  一筆申し上げます。
去る日、乱魚先生の突然のご逝去を承りまして驚きと無念に言葉もございませんでした。長年ご指導賜り乍らお礼の一言も申さず遠くへ旅立たれましたことお許し願うばかりでございます。地の果てに居ます私でさえ動転致しました。まして江畑先生始め東葛川柳会の皆様のお悲しみは如何ばかりかとひたすらお察し申します。
折しもこの度先生の「偲ぶ会」へ私如きまでにご丁重なご案内状を頂戴致しまして恐縮の極みに存じます。……止むなく欠席させて頂きますが、頂戴しましたお葉書は自宅で折にふれ手を合わせたいと思います故、頂戴させて頂き永久保存にと思いますので、別の葉書にてのお返事お許し下さいませ。
〔編集部注:実際に欠席の返信は、別の官製葉書で同封されておりました。いただいた手紙も達筆で、便箋も鳩居堂のものでした。〕
又同封のもの、気持ちばかりでございますが、この度のご出費の一部のお茶代にでも使って頂けましたらと存じます。
7/12 (山口県)松前貞子

〔注〕「偲ぶ会」関係のお便りの一部です。一部の掲載で済みませんが、雰囲気を推測して下さい。
        (「偲ぶ会」事務局長・江畑哲男)
   みなと水府忌、お疲れさまでした。……
話は変わりますが、
『ぬかる道』八月号の表紙・倫也様の写真「恐山」、何気なく見ていましたが、中の「表紙に寄せて」を読み、写真の和服の女性は倫也様の母上様とわかり、何かぐっと胸に迫ってくるもの有り。新井季代子さんもそのようなお便り下さり、私と同じこと思っておられるなと、この写真が「ハイチーズ」でニッコリでなく自然の姿だから余計に胸にくるものがあるのでしょう。
『ぬかる道』の表紙はいつも良いですね。次回がたのしみです。
8/3   (柏 市)窪田和子
 江畑哲男様
のっけから恐縮ですけど、私の故郷は島根県の松江です。宍道湖の水で産湯を使いました。八月号の『ぬかる道』の巻頭言を読んで、驚き感動しました。
哲男先生は、六月に開催された鳥取大会の翌日、メンバーの皆さんと行動を別にして松江まで足を伸ばされ、市内のあちこちを見て下さった由、私が御礼を申し上げるのも変ですけど、お忙しい中ようこそありがとうございました。
宍道湖の夕陽を幻想的と言って下さり、これまた喜びです。宍道湖とあの夕陽が、私にはノスタルジアのすべてですから。
余談ですが、七九歳で他界した私の父は神話の里出雲、そして刀剣発掘等々から、彼の卑弥呼説は出雲と言って譲りませんでした。我田引水もまぁいいかと聞いていました。
8/3  (船橋市)竹下圭子
   暑中お見舞い申し上げます。
『ぬかる道』八月号拝受しました。川柳塔にも全国からたくさんの柳誌が届きます。それらの大方(川柳塔・番傘も含めて)句会報のような体裁で、読み物が少ないですね。
『ぬかる道』は、代表はもちろん大勢の方が書かれているのですね。句作りは巧くても文章は書けない人を多く見ておりますから羨ましいと思っています。
十年編集のはしくれにかかわり、最近はよんどころない事情で編集長代行をつとめております。江畑さまのようにリアルタイムで原稿を書き、川柳界に発信できる方はほとんど居ませんでしょうね。「段取り力」「発想力」「実行力」等々、教えられることが多々ありました。どうぞ今後ともよろしくご指導ご教示下さいますようお願いします。……
8/3         (和歌山市)木本朱夏
  〔川柳塔社編集長代行〕
↓(2010年8月更新) 
 ★  平成22年度「朝顔川柳大会」開催さる。
去る7月8日(木)川柳発祥の地、浅草にて153名の参加を以て盛大に開催。当会関係者も20名を越え元気な呼名が相次ぎ会場を大いに沸かせた。
参加者全員に朝顔の鉢がお土産となり、皆さんニコニコ顔で帰路に着いた。〔以上 巌報〕
 
 お便りコーナー(メールも含む)
  哲男先生
御指導を感謝します。……
体調がすぐれず句を詠む気力が萎えがちですが、自分自身にハッパをかけています。駄句の投句になりますがお赦し下さい。
6/27    干田尾信義
江畑哲男様、山本 由宇呆様
一昨日「ぬかる道」誌をいただきながら、お礼が遅れて申し訳ありません。
乱魚先生痛恨のご逝去による追悼特集、また吟行句会の記事等が重なって編集が大変な中にもかかわらず、私の駄文を4回に渡りきっちりと連載をしていただき、ありがとうございました。
また、私の文科大臣賞受賞の記事ももう載せていただいていて、恐縮するとともに、記事の早さに驚きました。重ねて御礼申し上げます。
これからもいろいろお世話になるかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。
6/30    河合 成近
哲男先生、いつも「川柳会・新樹」へのご指導ありがとうございます。6月例会での先生のご講演について、会報「新樹」に載せる準備をしています。
ところで、『ぬかる道』5月号の巻頭言の中にある、「哲男流創作のポイント十箇条」は、勉強会として非常に参考になる事柄であると思います。つきましては、その部分を、会報「新樹」に転載したいと思いますので、哲男先生のご許可をお願い申し上げます。
ご回答は、返信メールでいただけたら幸いです。
7/1       「新樹」編集担当 藤沢今日民
   ▽江畑哲男様
先日お預かりした「偲ぶ会」の葉書ですが、今日の午前中、静
枝さんにお渡しいたしました。
午後からは、クレストホテルに行き、「偲ぶ会」の引き出物袋
詰めについての相談をしてきました。
……
以上、ご報告まで。
7/3        中澤 巌・広子
   〔注〕「偲ぶ会」関係では、毎日必ず何らかの準備作業をこなしています。また、各担当でもそれぞれ分担があり、丁寧なご報告もいただいています。本メールはその代表として掲載しておきました。
感謝。 (「偲ぶ会」事務局・哲男)
  ↓(2010年7月更新) 
 ☆   (社)全日本川柳協会会長・今川乱魚(東葛川柳会最高顧問)氏の逝去に伴って、追悼文が次々と発表されている。当会幹事だけに限っても、かなりの掲載数になる。以下、記録しておく。
まずは『川柳マガジン』六月号。「正岡子規と今川乱魚師」
(江畑哲男)、「追悼 今川乱魚先生」(中澤 巌 )、「999番傘川柳会創設の頃」(太田紀伊子)。
『番傘』六月号には、「女と貧乏と乱魚川柳」(江畑哲男)、
「温厚なるアイデアマン乱魚師」(太田紀伊子)。
『犬吠』六月号は、今川乱魚顧問追悼号と銘打って、「乱魚さん 永遠に!」(大戸和興)、「正岡子規と今川乱魚師」(マガジン原稿の一部補筆、江畑哲男)を掲載している。
 ☆  5月29日(土)に行われた豊橋番傘川柳会創立三五周年記念川柳大会は、一五〇名を超える盛会であった。大会は看板作家・川辺昭子さんの句集『しずく』発刊記念を兼ねていたが、真っ赤なハードカバーのこの句集の中身がスゴかった。「一糸まとわぬわたくしを知る人が居る」「どの男ともおんなじことをして別れ」ほかの情念句には圧倒された。
江畑哲男代表は大会の選者を務め、窪田和子・大戸和興・太田紀伊子・河野桃葉各幹事らをはじめ、一〇数名の会友が大会に参加した。大会後の観光は、会友・今村幸守さんが同行者の世話を焼いてくれた。 
 ☆  「今川乱魚さんを偲ぶ会」の案内文書の発送がいよいよ始まった。全国の川柳会のお仲間や乱魚人脈の文化人等々には、返信用葉書をお付けして案内文書を発信している。
その返信。事務局として感動的な内容の返信を何人かからいただいている。有り難いことだ。その中のお二人についてだけ別途掲載させていただいた。九月五日(日)は、おかげさまで良い会になりそうだ。
なお、東葛の会友の皆さんには、『ぬかる道』今月号の
47ページのご案内をご覧いただきたい。残念ながら、会友お一人お一人に返信用葉書は付けられなかった。もちろん、出席大歓迎である。
ご出席いただける方は、中澤巌幹事長までハガキ等でお知らせいただきたい。どうぞよろしくお願いいたします。
 
 お便りコーナー(今回はいずれもFAX)
 ▽ 江畑哲男様
FAX
かんしゃ、かんしゃです。
うれしかった。
9/5、出席させて下さい。
9/4、先約あり。
9/6、先約あり。
9/5だけ空いていてとってもうれしいです。
乱魚さんがよんでいる~、という気がします。
5/3 (大阪府)天根 夢草
 ▽ 江畑哲男殿
連休最後の日、今川乱魚氏を偲ぶ会のFAX本日届きました。
第一信で長いながいFAXをお送りした後、9月5日の偲ぶ会には息子がついていくとの事で安心し、参加致します。御連絡ありがとうございました。
5/5 (宜野湾市)国吉司図子 
↓(2010年6月更新)
4月24日(土)、規約に定められた定例の幹事会を午前中に招集。句会後には、こちらもすっかり定着した感のある同人総会を開催した。両会議では、会計報告・事業報告・人事・さらには規約改正等々が報告・提案・審議され、すべて原案通り承認された。
人事については、左記のみ異動あり。
  会計部長 根岸 洋
  同主補佐 中川洋子
  同 部員  新井季代子
どうぞよろしくお願いしたい。
4月25日(日)夜、今川乱魚(社)全日本川柳協会会長(当会最高顧問)逝去に伴う、「今川乱魚さんを偲ぶ会」(仮称)の持ち方について、関係者で打ち合わせをした。打ち合わせは、奥様・津田 暹 日川協理事・山本義明999番傘柏副会長・江畑哲男の四者で持たれ、次のような骨子を決めた。
「偲ぶ会」は、九月五日(日)昼、ザ・クレストホテル柏にて開催する。主催は日川協とし、事務局(長)は、東葛川柳会・江畑哲男が務める。詳細は未定、今後詰める。詳細決まり次第、『ぬかる道』誌上でも皆さんにお知らせしたい。
『ぬかる道』表紙4のご縁で、ニチリョク生活文化塾(東京・高田馬場)に川柳講座が誕生した。講師は、佐竹明・川崎信彰の両氏とか。
『犬吠』誌四月号「房総柳人この人」のコーナーに、当会同人・長尾美和さん(船橋市)が紹介されている。どうぞご覧下さい。
第十四回つくば牡丹祭川柳大会開催さる。
去る4月25日(日)約100名の参加者。当会からは佐竹明副幹事長が選者を務めた。今年は例年にない天候不順の影響で「牡丹」が咲いてなく一抹のさびしさがあったが同人、誌友が大勢参加し活気にあふれた大会運営に大きく寄与した。。
『ぬかる道』五月号30頁の記事「広告について(佐竹明)」の中で触れた、「初心者向け川柳講座」(ニチリョク・ワンコイン勉強会・於新宿区高田馬場、ニチリョク生活文化塾)が四月からスタートした。講師は東葛川柳会・佐竹明・川崎信彰両副幹事長。
第二回は5月7日(金)、10時~11時30分。参加費五百円。申込み・問い合わせ0120―86―0030。または、佐竹明・川崎信彰(『ぬかる道』奧付き参照)
5月3日(月・祝)可有忌句会前に開かれた川柳人協会(会長・竹本瓢太郎)の総会にも江畑哲男代表が出席し、「偲ぶ会」に関わる経過報告をし、かつ協力を呼びかけた。
 
お便り(メールも含む)コーナー
 
住み慣れた横浜から、此のほど東京・文京区へ引っ越しました。
古希を過ぎての異動で結構シンドイです。忘れないうちに「とうかつメッセ」を送ります。
あと、5月8日(土)のワセダ吟行会は高校のクラス会出席のため、残念ですが欠席いたします。 電話・FAXは未だセットしていません。念のため、ケータイは(080)……です。
  4/23
  (文京区)五十嵐 修
『ぬかる道』五月号の巻頭言「哲男流創作のポイント10箇条」は身にしみました。……
  4/25
  (柏 市)干田尾信義
(『ぬかる道』号外)乱魚先生急逝の報、ただただ驚いております。心からお悔やみ申し上げます。
  4/27
  (豊島区)脇屋 川柳
『ぬかる道』五月号の巻頭言「哲男流創作のポイント10箇条」は身にしみました。……
  4/25
  (柏 市)干田尾信義
新聞の訃報で知りました。
今川乱魚先生の御冥福を心よりお祈り申し上げます。乱魚先生には一度もお目にかかったことはありませんが、『癌と闘う ユーモア川柳』などで、度々の大病から不死鳥のように戻られる作品の数々を拝見して深く感銘を受けておりました。……何月号か、『ぬかる道』の追悼号を拝見したいと存じております。
  4/27
   (流山市)染谷ゆきえ
ご健吟・大活躍の程、大慶に存じます。……
「巻頭言」、心待ちにして拝読させて頂いております。勉強になります。
又今回271号では、台東川柳主催の「朝顔川柳大会」のお知らせをご掲載賜り、心より御礼申し上げます。……
  4/28
   (台東区)内田 博柳
五月号巻頭言「哲男流創作のポイント10箇条」をしみじみ読ませて頂きました。ごもっともと頷くことばかりでした。
  4/ 29
   (我孫子市)川瀬 幸子
前略
『ぬかる道』、五月号頂きました。
……ビギナーズ道場(彷徨とホームレス、雑踏と歩くはダブる)は勉強になります。
  4/30
   (守谷市)海老原信考
〔今秋の大会記念講演をお願いしている先生〕
啓上
貴誌『ぬかる道』、毎号深謝申し上げます。
今川乱魚先生の御逝去、残念でございます。川柳会にとっても、大きな存在でいらっしゃいましたからね。雅兄、ますます御活躍下さい。岩波書店の『図書』七月号より子規の連載をはじめます。
       敬具
  5/1 (横浜市)
   復本 一郎〔俳文学者〕
↓(2010年5月更新)
埼玉川柳社の代表が交替した。去る3月7日(日)の通常総会に於いて、選出・決定された由。新しい代表に就任したのは、当会でもお馴染みの佐藤美文氏(十四字詩川柳「風」主宰)。美文氏は、埼玉川柳社第七代の代表になる。
番傘関東東北総局(総局長・犬塚こうすけ氏)の総会が3月28日(日)午後、上野の中華料理店にて開催された。本社からは菱木誠番傘編集長が馳せ参じ、懸案を審議、交流も深めた。哲男・(窪田)和子・紀伊子各幹事が出席した。
3月28日(日)に第39回千葉市民芸術祭参加・市民川柳大会が、千葉市生涯学習センターにて開催された。当会からも、江畑代表、中澤幹事長はじめ、多くの同人、誌友が参加した。参加者152名、投句者35名であった。
↓(2010年4月更新)
第57回関東観梅川柳大会開かる。
3月6日(土)120名の参加者数。
巌幹事長が選者を務め、当会関係の同人・誌友が大勢参加した。
水戸偕楽園の梅も満開で、水戸藩開藩四百年の記念行事もあり周辺は賑いをみせていた。
第一回柏市介護予防川柳に同人の佐竹 明さん入賞。
  毎朝の笑顔が介護予防する  明
おめでとうございます。
『犬吠』二月号「房総柳人この人」欄で、江畑哲男代表が取り上げられた。作者のプロフィールと自薦10句が、一ページにわたって掲載されている。
江戸川大学公開講座「川柳入門講座」は、2月13日(土)の「短詩型文芸に於ける川柳の位置」(江畑哲男)をもって、好評のうちに全五回の日程を終了した。平成21年度秋季講座の講師陣は、脇屋川柳・大木俊秀・杉山昌善・津田暹の各先生と江畑哲男であった。また、山本由宇呆副幹事長が、司会その他当日の運営に当たった。
住所がかわりました。当会顧問・穴澤良子さん都合により左記へ転居されました。
〒277―0088柏市ひばりが丘19―35 ソレイユひばりが丘311号室
かねて病気療養中であった東葛川柳会同人、川柳会・双葉会員の二ノ宮啓市さんが、1月20日薬石効なくご逝去された。啓市さんは平成19年1月川柳会・双葉発足と同時に、東葛川柳会に入会。2年ほど前から酸素ボンベ携帯で句会などに参加されていた。
御主人の意志を継がれ、奥様が双葉に参加される由、お申し出があったという。合掌。
↓(2010年2月更新)
東葛毎日新聞社の主催による「東葛文芸年間最優秀賞」が決まった。2009年度の川柳部門の最優秀賞は、増田幸一(柏市)さんが射止めた。その作品「名刺入れ一期一会が生臭い」。
1月6日付け「東葛まいにち」紙で、幸一さんは川柳の魅力を次のように語る。「川柳は心をさらけ出して絞り出す心の滴のようなもの。明るく楽しい世の中にするには川柳が役に立つ」と絶賛している。今回の受賞、誠におめでとうございます。
岩手県盛岡市在住の中島久光幹事から、手紙と資料が送られてきた。一つは、短歌・俳句・川柳の地元紙に入選というおめでたい報告。もう一つは、川柳『宮城野』昨11月号にエッセイ「誤字とパソコン」を執筆されたことであった。いずれも資料が同封されていた。前者は単なる自慢話に過ぎないが(失礼!)、後者は読み応えがあった。石川啄木の「啄」について、正しくは点のある「啄」のはずなのだが、パソコンの印字では残念ながら出てこないという話。前月号の本誌巻頭言とも共通する問題提起とであった。
第十六回松戸川柳大会開催さる。
平成21年11月17日 193名の参加をもって盛大に開催された。平日にも拘らず当会からも同人・誌友が多数詰めかけ呼名が相次いだ

お便り(メールも含む)コーナー
江畑哲男様
12月26日の御来訪を楽しみにしております。御宿泊のホテル(新竹)より、台北到着の時刻をお知らせ下さい。再会の日を楽しみにしております。皆さんといっしょにテーブルを囲みたいと思います。
     12/11(台北市)頼 柏絃 〔台湾川柳会会長〕
※ クリスマスカードに同封されていた手紙より。
拝啓
このたびは、句集『風車』の序文を頂きまして、ありがとうご座いました。温かい序文に包まれまして、本日句集が完成いたしました。厚く御礼申し上げます。……まるで初孫でも抱くように句集を手に喜んで居ります。
    12/17(松戸市) 佐藤喜久雄
哲男さま
年末で何かと大変でしょう。とうかつメッセを早めに送らせていただきます。冷え込みが厳しくなっています。くれぐれも風邪には気をつけて良いお正月を迎えて下さい。
    12/19 (横浜市)五十嵐 修
「台湾・南西諸島ニューイヤークルーズ」に参加しています。船上で新年を迎えました。
     1/1  (松戸市)名城 純子
謹んで新年のお慶びを申し上げます。本年もよろしくお願い致します。
この度は、私のつたない句集『風車』発刊にあたり大変お世話になりました。その上句集発刊祝いのお花まで戴きまして、有り難うございました。厚く御礼申し上げます。
 床の間は花と句集で恵比寿顔  喜久雄
………中略………
東葛川柳会の益々のご繁栄をご祈念申し上げます。御礼まで。
   ( 当会維持会員 佐藤 喜久雄 様 )
↓(2010年1月更新)
「第三回えむぞぅくん健康川柳」の表彰式が、11月26日(木)夕刻より、四谷市民会館で開かれた。その選者を、今回から江畑哲男代表が務めている。なおこのイベントは、特定非営利活動法人・日本医学交流協会医療団が主催するもの。同団体は、川柳のみならず、音楽やマンガなど多彩な分野で、健康に関する啓蒙活動を展開している。
12月5日(土)「川柳会・緑葉」発足五周年の記念講演会は充実した内容であった。江戸川大学の佐藤毅教授をお招きして、「江戸の笑い」をテーマとする講演をたっぷり九〇分間堪能。大好評であった。
つくばね番傘二十周年記念川柳大会の開催。
11月29日(日)投句者も含め約180名の参加をもって開催さる。
誌友の山口幸さんが川柳マガジン賞の栄誉に輝いた他多数の同人・誌友の呼名が相次ぎ二十周年の盛り上がりに寄与した。

お便り(メールも含む)コーナー
いつも柳誌をいただき恐縮しています。気持ちばかりの年賀広告ですが、よろしくお取り計らい下さい。
11月25日長野県    石田一郎
『川柳ぬかる道』毎月送って下さいまして、ありがとうございます。楽しく、そして羨ましく読んでいます。年賀広告、僅かですが同封します。……11月27日   沖縄県 国吉司図子
江畑哲男様
今日はお世話になりました。
久し振りに楽しい時間を過ごさせていただきました。すっかりご馳走になり、ありがとうございました。またご参加させていただけるよう、日程の調整をしたいと思います。本当に今日はありがとうございました。
  11月28日 松橋 帆波  〔11月句会ゲスト選者〕
その節は、大変お世話になりました。この度は、『ぬかる道』12月号、御恵贈いただきありがとうございます。さっそく、巻頭言楽しく読ませていただきました。いきいきとした御活躍の様子がよくわかり、うらやましい限りです。それにしても、すばらしい人脈をお持ちです。感心しております。
もう、師走。早いものです。おっしゃるとおり、新型インフルが不気味です。
 12月1日 河合笑久慕拝 〔上州川柳クラブ事務局長〕
冠省
早いもので今年も師走になりました。ご健勝と存じます。本日は『ぬかる道』を御恵送いただきありがとうございます。漢字の話は面白いと思います。日本の漢字、日本字、国字他にカタカナ、ひらがな、日本人も仲仲です。
副幹事長斉藤さんの訃報、心からお悔やみ申し上げます。……
 12月1日 豊島区  脇屋 川柳
(2009年12月更新)
『犬吠』10月号の課題吟「磨く」の選者を河野桃葉幹事が務めた。
10月25日(日)、高崎駅ビル内ホテルにおいて行われた「上州時事川柳クラブ」(黛猛会長)の秋季川柳大会において、江畑哲男代表は講演と選者を務めた。演題は「教育と川柳の接点を求めて」で、教育現場の変化とその実状を具体的に紹介して、時事川柳との接点にも言及した。その後、披講・表彰・懇親宴と続き、秋山春海・河合笑久慕両世話人ほか参加者と親交を温めた。
川柳雑誌『さいたま』が今年の11月号で、半世紀・50年、通算600号を迎えた。慶事。
東京みなと番傘川柳会創立45周年併せて犬塚こうすけ川柳句集「ヒヨコのつぶやき」出版記念川柳大会10月16日(金)約二百名の参加にて開催さる。当会からは岩手県盛岡市から同人・中島久光氏を含め多数の参加があり会全体を盛り上げた。
第44回千葉県川柳大会が開催さる。10月18日(日)約200名の参加にて開催さる。当会からは山本由宇呆副幹事長が選者を務め併せて大会運営役員として川柳会・緑葉の参画あり、スムースな進行に尽力した。なお、当日は11年に1度の松戸神社神幸祭がありお神輿も出て華やかな大会であつた。
維持会員・車田巴氏秋の叙勲受賞さる。 瑞宝小綬章(公共の仕事に従事した人=元陸上自衛隊第七師団司令部幕僚長として)の受賞。おめでとうございます。
齊藤克美さん急逝
平成21年11月12日午前7時3分に当会副幹事長・齊藤克美さんが急逝された。2~3ヶ月前からちょっと疲れると言いながらご活躍だったが、10月12日ご連絡を受けたときは既に入院中で、足のむくみが酷く、腹水が溜まり、黄疸症状もあったことから、腎臓肝臓の異常が原因と思われる。通夜、葬儀は11月14日、15日に地元の「ファミーユ六実」(松戸市六実)で行われ,柳友多数(約70名)がお見送りした。合掌。
   (尚『ぬかる道』2月号は、齊藤克美追悼号。)

お便り(メールも含む)コーナー
去る、10月4日(いわしの日)第七回銚子発「いわし川柳大会」誌上大会発表会に、ご高配を賜り、厚く御礼を申し上げます。……
ご講演有り難うございました。CATV(銚子テレビ)にてニュースですぐ放送され、後日講演会を特集で放送されるそうです。充実した大会になりましたのもご講演のお陰と、感謝しております。
  (銚子市)名雪凛々
   〔銚子川柳会会長〕
……(ご自身の句集への)長文の序文、もう一度有り難うございました。大会当日に句集鑑賞をしてくれた五十嵐修さんがその冒頭で、「私が言いたいことを、江畑哲男さんがみんな書いてしまったから苦労した」と言っていました。……
おかげさまで大会は大過なく。東葛さんからも大勢参加して頂きました。有り難うございました。
 10/19(横浜市)犬塚こうすけ
 〔東京みなと番傘川柳会会長〕
街路樹の黄葉に、少しずつ深まる秋を感じております。
……10月号の巻頭言「こだわりの美学」、とても楽しく考えさせられ、読ませて頂きました。特に文房具へのこだわりは、並みのこだわりではないと……。
私もペン類はボールペン、ダメ。どこかに毛筆と似た味の出るものを。かといって、今の私はデパートにも行けず、せいぜい江戸川台の限られた中でのこだわりですが、句箋用の鉛筆は三菱の(視力が落ちて)3B、今使っているこのペンはパイロットDKの0・3、そして封筒の表書きは、ぺんてるのサインペン筆文字など、お恥ずかしいほどのこだわりでしかありません。そして、助詞へのこだわりも興味深く拝見致しました。「居酒屋でテーブルを拭く」、私なら「の」としたいところです。「で」の音があまり好きでないのと「の」の方が男の孤独な背中や仕草まで連想できるように思いました。おこがましい事を申し上げましたが、お読み捨て下さいませ。
  10/20(流山市)染谷ゆきえ
※ いただいたお手紙の封筒は、それこそ「こだわりの鳩居堂製」でした。〔注:編集部〕
港45周年大会へ行ってきました。平日なので、哲男さんは祝電の参加でしたね。……
  10/23(盛岡市)中島久光
拝啓秋冷の候……
伊藤不取留氏の推奨で貴会にお世話になって既に十数年になりますが、川柳の難しさを痛感し、数え八十八歳の頭脳では消化が出来ぬ泥沼に居ります。小生が推奨して入会した上谷周一君は一昨年急逝し、残念でしたが、「とうかつメッセ」に名を残して喜んでいました。
川柳は趣味ですから、もっと楽しくと思い乍ら『ぬかる道』十月号の巻頭言「こだわりの美学」で、作句の難しさに頭を痛めている次第です。……
今後共宜しくご指導の程を。
 10/23(流山市)片田展央
日ごろは何かとご指導を賜り、深く感謝しております。今般「メッセ」の入力作業をお手伝いする機会を得まして、小生もという気にようやくなりました。これから参加させていただく覚悟ができましたので、提出いたします。……
 10/27(松戸市)六斉堂茂雄
いつもお世話になっております。
おかげさまで、メッセ欄に当誌215号以降25回連続でご掲載頂きました。誠にありがとうございます。今後ともよろしくお願い申し上げます。
 10/28(印旛村)関根庄五郎
文化祭シーズン、公私共にご繁忙の事と存じます。
過日の東葛大会のご盛会ご同慶に存じます。私の耳のせいもあって、講演が殆んど聞き取れず残念でした。  10/29M子
29日付けの朝日新聞に、南極の武田先生との交信ぶりが載りました。感動ものですね。
   10/30(我孫子市)川瀬幸子
拝啓私共「時事川柳と講演のつどい」では大変お世話さまになりました。楽しい時を過ごすことが出来ました。また有為なご講演、心に伝わっています。
 10/30(富岡市)黛猛
  〔上州時事川柳クラブ会長〕
いいお天気が続きます。……
十月大会、お疲れ様でした。お世話になり、ありがとうございました。楽しく嬉しく句会を堪能することが出来ました。やはり、句会は出なくっちゃ~、です。
  10/31(柏市)櫛部公徳
※ 病後、久々の句会出席に感激してのお便りでした。
秋色が次第に深まります。
ご無沙汰をしておりますが、先般の四五周年記念大会はお陰様で盛会でした。また犬塚こうすけ会長の句集の序文「パラドックスの真骨頂」は、大変勉強になりました。
  11/5 (小平市)今泉浩紀
  〔東京みなと番傘句会部長〕
ご無沙汰しております。
・・・・・・以前『ぬかる道』に載せて頂きました「雪みち」という私のエッセイ、嬉しいことに、今なお覚えていてお声を掛けて下さる柳友もいらっしゃいます。このエッセイに、今年(二〇〇九年)の新日本文芸協会の「大好きドイツ!エッセイコンテスト」で優秀賞という通知が、昨日届きました。嬉しくて早速お手紙を書いた次第です。橋本紀久子(宇都宮)
※平成17年8月号16頁「東葛・珠玉エッセイ・雪みち・橋本紀子・当時会員」…編集部
↓(2009年11月更新)
第59回足立川柳大会の開催
9月十九日(日)150名の参加者あり。
江畑哲男代表が選者をつとめ約40名の同人・誌友の呼名が相次ぎ併せて、アトラクション(誌友長尾美和さんの妹御)が評判で会場全体を大いに沸かせた。
第7回八千代川柳大会の開催
9月27日(日)約160名の参加者あり。
江畑哲男代表が選者をつとめ、当会も10名を越す同人・誌友の呼名が相次いだ。他にアトラクションもありお祝いムードにあふれた賑やかな大会であった。
第7回銚子発・いわし川柳大会の開催
10四日(日)約80名の参加者あり。江畑哲男代表のナイス講演あり。句会形式の開催は今回が最後ということで、それを惜しむ声が会場にあふれた。当会からは同人・誌友が約20名が参加し、皆さん大活躍をされた。
10月10日(土)午後2時より、アミュゼ柏クリスタルホールにて第56回柏市文化祭(テーマ:「伸ばそう若い芽文化の波」)のオープニングセレモニーがあった。出し物は、①茂秀会による津軽三味線②藤田沙弥子さんのハープ独奏③片岡玲子バレエスクールの皆さんによるモダンバレー。当会からも、穴澤良子、伊藤春恵、中沢広子、河野桃葉、伏尾圭子、長尾美和、川崎信彰、山本由宇呆の8名が参加した。
10月10日(土)午前10時30分~12時、流山おおたかの森、江戸川大学サテライトセンターにて、昨年に引き続き、市民向け公開講座「川柳入門教室」(第一回)が開催された。今回の講師は「古川柳から見る江戸の姿と暮らし」と題して、脇屋川柳先生(十五世川柳)。受講生は28名。今後毎月一回の予定で来年2月まで開催されるが、席に若干の余裕あり。単発受講(一回1500円)も可能なので、是非お出かけ下さい。詳細は『ぬかる道』誌9月号及び10月号の表紙裏を参照して。
10月12 日(月・祝)金町地区センターにて「第54回葛飾区民文化祭・第30 回記念川柳大会」が催され、当会からも宮内みの里、川崎信彰、他多数参加した。参加者111名、合点制の集計の結果20位以内に、増田幸一、北山蕗子、村田倫也、江畑哲男4名が入賞し気を吐いた。

お便り(メールも含む)コーナー
チョ・ヒチョル先生から『ぬかる道』への応援歌
乱魚先生「ぬかる道」10月号を送っていただき、ありがとうございました。
編集後記には、由宇呆さんから、自分のつまらない講演のご感想をよく書いていただき恐縮です。最近、改めて「川柳」の楽しい世界がわかるような気がします。また、(乱魚)先生のブログも楽しく拝見しております。これからもますますのご活躍をお祈りします。取り急ぎ、お礼までに。
  曺喜澈(チョ・ヒチョル)光
↓(2009年10月更新)
奥様からのご連絡によれば、7月14日に誌友の原田木念さんが亡くなったと言う。そういえば、「見直せばいいとこもある僕の妻」(1994年12月句会)という入選句があった。哀悼。
第37回相模原川柳大会の開催8月9日(日)185名の参加者あり。遠方にも関らず当会参加者は歓迎を受け存在感を強烈にアピールした。
第42回水戸市芸術祭「水戸文学大会川柳大会」(水戸黄門まつり)の開催
8月9日(日)69名の参加者あり。山口幸氏、巌氏が選者を務めた。
第45回雀郎まつり川柳大会の開催。8月29日(土)約180名の参加者あり。当会より哲男代表が選者をつとめ他に同人、誌友が呼名をもって会場を賑わした。
第36回川柳向島大会の開催8月30日(日)141名の参加者あり。当会も同人、誌友が多数参加し健闘された。
999番傘川柳会創立11周年記念大会の開催9月6日(日)68名の参加者あり。当会より哲男代表が選者をつとめ他に同人、誌友が呼名をもって会場を賑わした。
訃報
誌友原田木念氏7月14日肺ガンの為逝去さる。ご冥福をお祈り致します。

お便り(メールも含む)コーナー
東北は梅雨明け宣言なしで夏となり、そろそろ秋風となりました。お元気のことと存じます。先日、当地の「さっぽろ」会員の方から『さっぽろ』四月号の(哲男)主幹の「川柳界の非常識」の論文コピーをもらい、読ませていただきました。私も少なからず感じていたことで痛快でした。 21・8・17(盛岡市)中島久光
哲男さま10月号へお約束どおり投句いたしました。編集の方々へのご苦労もあると思い、今回少し早目に送りました。残暑きびしい折、ご自愛ください。 8・26(横浜市)五十嵐修
江畑哲男先生,、柳を始めて六年経ちましたが、今もって雑詠は苦手です。……
    (柏市)干田尾信義
いつも大変お世話になっております。先日は『ぬかる道』を多数賜り、ありがとうございました。新人の方他へ活用させていただきます。(柏市)関根庄五郎〔ほのぼの川柳会会長〕
江畑哲男先生、爽やかな一日でした。散歩の途中アカトンボを見かけました。もうそんな時期なんですね。……先日は、突然の電話で失礼いたしました。約3カ月ぶりにお声に接し、元気を頂きました。有り難うございました。ご承知のごとく、入院手術前後の体力低下の回復は、加齢でなかなか困難で、たまたま先週ドクターの診察を受けましたが、「退院してもう1カ月以上経過ですが……」という質問に、「まだ1カ月です。焦らない!焦らない!」とお叱りを受けました。しかし、緑葉や東葛川柳会のお仲間の励ましを頂き、「気長に前向きに」リハビリに励むことが出来ております。感謝感謝の毎日です。……
    8・26(柏市)櫛部公徳〔川柳会・緑葉会長〕
江畑先生、いつもありがとうございます。朝夕は涼しくなりました。いよいよ新学期、インフル騒ぎも加わって何かと大変でしょうね。メッセよろしくお願いいたします。 (我孫子市)川瀬幸子
残暑お見舞い申し上げます。……寒々しい思いで帰途につく句会もある中、八月の「夏の思い出」の披講、とてもゆったりした気持ちで楽しめました。大まかな題の方が雑詠に近くて、こせこせしなくていいですね。   9月5日(墨田区)丸山芳夫
前略ぬかる道誌9月号28ページの「UFOのハウリング[18]」について、ビックリと感激・・・・・・・・・・・・
「活版がコンピューターに追い出され」(小山一湖)を目にした時は、大変ビックリいたしました。川柳を始めて間もない、12年前の私の句に会報で会えるとは、大変懐かしく感激して筆を執りました。
この句は、科学技術ジャーナル紙(現在廃刊)平成10年1月号「サイテク川柳」(選者今川乱魚)欄の入選句で、川柳を作り始めて6カ月目で3句目の入選句なのです。課題は「印刷」で、当時の職場で校正等の仕事に従事した体験から発想した句でした。当時のメモに「昔の印刷工場は、鉛の活字を拾って版を組んでいたが、今はどんどんパソコンで入力している。高級な出版物は違うと思いますが。」と書かれています。
ちなみに、生まれて初めて作って投句し初入選した句は、課題が「金属」で「洋食の左右に握るステンレス」平成9年8月号です。
課題「金属」について、金属~鉄~ステンレス~フォーク・ナイフ~洋食と素直に連想して作ったのでした。(対角線ではありませんが。)
初入選を機に書店で今は亡き野谷竹路先生著の川柳入門の本を購入しました。東葛川柳会の大会で同先生にお会いした際にサインを頂き、その本は今も大切にしています。・・・・・・・・・・・・
懐かしい句に出会い、川柳を始めたころのことを思い出させていただき、有難うございました。
追伸
柏の句会に出席出来ず申し訳ありませんが、地域の句会、広報「えのき」の川柳欄のお世話などをしています。今後もよろしくお願いいたします。  平成21年8月29日小山一湖
↓(2009年9月更新)
7月26日(日)第34回日立の海観光川柳大会開催さる。今川乱魚最高顧問が選者として、同人幹事の皆さんが出席し当会PRにつとめた。
☆第8回かしわ川柳大賞が中止と決まった。この連絡は柏インフォメーションセンター理事長・市村日出夫氏より、6月19日付けの書面でいただいた。理由は、「昨今の経済状況の下、当協会も予算縮小となり、事業の見直しをせざるをえない状況」ということらしい。残念。ただただ「残念」の一言。
第45回さいたま川柳大会去る6月13日(土)開催さる。当会より多くの同人が参加、活発な呼名が飛び交い雰囲気を盛り上げ、存在をアピールした。
去る7月8日(水)に、台東川柳人連盟主催の朝顔川柳大会が開催されました。参加者170名と盛会で、当会からも30余名ほどが参加をし、本間千代子さんが合点賞1位となりました。おめでとうございま
す。句会終了後、参加者全員に朝顔のお土産がありました。
第33回全日本川柳2009年札幌大会の開催。去る6月27日(土)の前夜祭に続き、翌28日(日)川柳大会が実施された。事前投句者1929名、当日参加者569名。当会からも江畑代表他20余名の同人・誌友が参加し大会運営に貢献した。
↓(2009年6月更新)
いささか旧聞ながら、4月末に開かれた第13回つくば牡丹祭り川柳大会のニュース。笹島一江副幹事長が、第一位・紅輝獅子賞を獲得した。その作品は、「開演の前に済ませる咳クシャミ」。ユーモア句がなかなか第一位(特選)に推挙されない川柳界の現状にあって、このニュースは作者・選者双方の快挙と申し上げておく。
江畑哲男代表は、5月24日(日)午後、我孫子の文化を守る会主催の文化講演会で講演をした。演題は「川柳から見た日本語の魅力」で、聴衆約100名を前に、90分間講演をした。
川柳白帆吟社の成田孤舟主宰は、『白帆』355号(5月末発行)に、巻頭言「五七五の不思議」を書いている。内容は、『ぬかる道』新春号の哲男巻頭言に触れた考察である。毎日新聞社と哲男とのやりとりを端的に紹介していただいた。
☆東京番傘川柳社の佐藤孔亮編集長は、『川柳東京』六月号編集後記で、先日の東葛吟行句会を、好意的に紹介してくれた。「東葛は面白い会で、こういう時にも講演があり、今回は鷗外に関する林尚孝先生の講演でしたが、これが実に面白かったのです。……今度(林)先生とお会いする約束までして貰いました。こういう出会いがあるから、この世界はやめられません。」などと。
『番傘』誌の同人近詠欄は、六月号よりすべて自選となった。従って、礒野いさむ番傘本社主幹の選がなくなった。
大戸和興顧問の作品が、平成20年度の川柳研究社年度賞の準賞に輝いた。その作品「聞き役になって見えないモノが見え」。おめでとうございます。
川柳研究社の代表が交替した。西来みわ氏に代わって、新しい代表には津田暹氏(前幹事長)が就任した。
↓(2009年6月更新)
茨城県の「ひたちなか川柳会」の会長が交替した。東葛川柳会のゲストとしておいでいただいたこともある渡辺妥夫会長は、この度一身上の都合で退任し、新たに現副会長の照沼智氏が新会長に昇格した。
八千代川柳連盟の会長も交替。遠藤砂都市氏から田中まこと氏にバトンタッチされた。
5月3日(日、祝)龍宝寺にて可有忌句会が開かれ、哲男・幸一・倫也各幹事ほか何人かの同人が出席した。出席者は53名であった。なお、当日午前中には恒例の川柳人協会総会が開催され、哲男・幸一の両名は午前中の会議から加わった。
第13回つくば牡丹祭り川柳大会去る4月26日(日)「レイクサイドつくば」にて。当会関係者参加者二十余名笹島一江白浜真砂子のご両名が見事特選賞を獲得、他の方々も当会の存在をアピールされた。
↓(2009年5月更新)
1月号『ぬかる道』巻頭言に対する反響が続く。そのさらなる続報。『川柳研究』3月号の巻頭言で、津田暹氏が「暗合句の扱い」を書いている。以下、その概要をコメント抜きで引用する。
(経過説明の後に)「(新聞社の対応について)問題は発表そのものの取り消しであって、受賞してしまったかどうかは問題の本質ではなく」「むしろ、月間賞というタイトル賞が付いた作品だからこそ、その取り消しが強く要求されることになる。今後、この句が引用などをされて一人歩きする可能性が高いからだ。暗合句と分かった時点で、主催者は選者と作者に通知の上、直ちに取り消すのが著作物の大原則であり、この事が、著作権を大切に扱い、問題があればニュースとして取り上げる新聞社に理解されないというのは大きな驚きだ。」(以下略)と、続けていた。
『銀の笛』4月号(長谷川酔月会長)でも「暗合句」の問題を取り上げられた。『ぬかる道』巻頭言に触れ論評している。
2月に行われた千葉県川柳作家連盟役員会で、津田暹氏が新たに会長に選ばれた。前任の平井吾風会長の勇退を受けてのことである。なお、副会長には江口信子(再任)、岡本公夫・米島暁子(新任)、理事長に高塚英雄(新任)、事務局に中島宏孝(新任)の各氏が就任した。
3月21日(土)には恒例の関東観梅川柳大会が水戸市内で開かれた。大戸和興顧問ほか多くの会友が出席した。翌22日(日)には、第38回千葉市民芸術祭参加市民川柳大会が開かれた。大会には、哲男・和興・幸一・克美・みの里・桃葉・倫也・(川瀬)幸子・本間千代子・六斉堂茂雄ら、各幹事及び同人ほか多くの会友が参加した。誌友の加藤富清(東京都)さんが市議会議長賞を獲得した。その作品「わが家には母という名の独楽ねずみ」。おめでとうございます。
4月4日付け産経新聞「Peace and Art Saloon 日本の芸術力」欄に、当会維持会員の坂牧春妙(東京都)さんの川柳六句とコメントが掲載された。おめでとうございます。なお、この記事は当会HP欄でもご覧になれます。
江畑哲男代表は、教師向け雑誌『月刊ホームルーム』(学事出版)に、「アイらぶ日本語」を連載している。4月号からのこと。同誌は、中・高担任向けのサポートマガジン。教職にある方は、一度手にとってご覧になってみて下さい。
また哲男代表は、地域の情報紙「東葛まいにち」(月2回発行)の東葛文芸「川柳」欄の選者を、今年から務めることになった。こちらは、2月発行の同紙より掲載。
第56回関東観梅川柳大会・水戸川柳会主催3月21日(土)開催さる。日本三名園の一つ偕楽園千波湖周辺は、観光客と川柳愛好家で終日賑った。
↓(2009年4月更新)
1月号『ぬかる道』巻頭言に対する反響の続々報。『家』3月号の巻頭言には、真弓明子いわき番傘川柳会副会長が「(盗作か暗合か)に思うこと」を書いている。ご自身も「好きな句は覚えているものだ」とおっしゃり、「川柳にだって著作権はあるだろうに……」と新聞社の対応に疑問を呈す。そして、「私も長年毎日新聞を読んでいる身なので、遅ればせながら毎日新聞読者室に、ささやかに抗議の一文を出した」と、きっぱりまとめられた。
右のような応援メッセージは、同人・誌友のみならず誌友以外の方々からも数多く届いている。川柳の文化向上にとって大変有り難いこと。匿名の形で誌上発表することも考えているが、現在のところは見合わせている。
日川協の会議録によれば、TOTOが募集したトイレット川柳が問題になっていると言う。大阪の常任幹事会では、トイレットペーパーに川柳が印字されていることを問題視する意見が出された。優秀句が印字されたペーパーによってお尻を拭くことに、不快感と抗議の声が上がったらしい。昨年末の常務理事会でも取り上げられ、以下の報告があった。「礒野常務理事より、TOTOが第4回トイレ川柳大賞の発表をトイレットペーパーのロールに印字して書店で販売(350円)している旨の報告があった。選者・コピーライターは仲畑貴志氏、せっかく選ばれた川柳がそのような形になっているのを応募者は知っているのだろうか?」(2月27日付け、常務理事会議事録より)。
川柳雑誌『風』73号に、江畑哲男代表は「『川柳を教科書に』の運動の前進のために」を寄稿した。原稿用紙26枚にも及ぶ力作。内容は、当会HP(アドレスは表紙3にあります)をご覧下さい。
花久忌(星雲堂花屋久次郎)川柳大会開催先の2月11日(水祝)先人、花屋久次郎の遺徳を偲ぶ川柳大会が開催され当会より克美・倫也・みの里・幸一の幹事が出席した。
↓(2009年3月更新)
一月号『ぬかる道』巻頭言に対する反響の続々報。『家』三月号の巻頭言には、真弓明子いわき番傘川柳会副会長が「(盗作か暗合か)に思うこと」を書いている。ご自身も「好きな句は覚えているものだ」とおっしゃり、「川柳にだって著作権はあるだろうに……」と新聞社の対応に疑問を呈す。そして、「私も長年毎日新聞を読んでいる身なので、遅ればせながら毎日新聞読者室に、ささやかに抗議の一文を出した」と、きっぱりまとめられた。
右のような応援メッセージは、同人・誌友のみならず誌友以外の方々からも数多く届いている。川柳の文化向上にとって大変有り難いこと。匿名の形で誌上発表することも考えているが、現在のところは見合わせている。
日川協の会議録によれば、TOTOが募集したトイレット川柳が問題になっていると言う。大阪の常任幹事会では、トイレットペーパーに川柳が印字されていることを問題視する意見が出された。優秀句が印字されたペーパーによってお尻を拭くことに、不快感と抗議の声が上がったらしい。昨年末の常務理事会でも取り上げられ、以下の報告があった。「礒野常務理事より、TOTOが第4回トイレ川柳大賞の発表をトイレットペーパーのロールに印字して書店で販売(350円)している旨の報告があった。選者・コピーライターは仲畑貴志氏、せっかく選ばれた川柳がそのような形になっているのを応募者は知っているのだろうか?」(2月27日付け、常務理事会議事録より)。
川柳雑誌『風』73号に、江畑哲男代表は「『川柳を教科書に』の運動の前進のために」を寄稿した。原稿用紙26枚にも及ぶ力作。内容は、当会HP「代表の部屋」をご覧下さい。
花久忌(星雲堂花屋久次郎)川柳大会開催先の2月11日(水祝)先人、花屋久次郎の遺徳を偲ぶ川柳大会が開催され当会より克美・倫也・みの里・幸一の幹事が出席した。
↓(2009年2月更新)
東葛川柳会の新年懇親会が、1月12日(祝)夕方柏市内のホテルにて開かれた。大会後の懇親会や幹事の新年会、あるいは20周年のご苦労さん会を開いたことはあったが、幅広く一般会員を対象に新年会を開催したのはこれが初めてである。楽しい時間を、何よりゆったりとした気分で過ごすことが出来と、女性参加者を中心になかなか好評であった。次年度以降はもう少し呼びかけを徹底してはどうか、という声も上がっている。
その新年懇親会に先立って、会議二つを消化した。企画編集会議と幹事会の二つである。主な議題としては、①新春句会の役割分担、②編集の新企画の件、③吟行句会の内容検討、④その他であった。会の円滑な運営には、こうした陰の努力が必須である。変わった話題としては、振り込め詐欺ならぬ「売り込め詐欺」にご注意を、という報告があった。電話をかけて皆さんの川柳作品を褒めちぎり、金銭を掠め取ろうという意図のようだ。ぜひぜひご用心下さい。
右のような話題が出るのも、当会幹事会の特徴である。新しく幹事に成られた方からは、東葛の幹事に就任すると情報がよく伝わってくるという感想も聞こえてきている。
かしわ川柳大賞の続報。1月21日付け毎日新聞京葉版には、「『かしわ川柳大賞』に野口さん」と大きく写真入りで紹介された。1月25日付け千葉日報県西版には、全体写真と4段にわたる記事での紹介があった。
「巻頭言の反響」の続報。『せんりゅう紫波』(いわて紫波川柳社、熊谷岳朗主宰)2月号には、高橋竜平氏による「川柳儀」六十二が掲載されている。きわめて正確・精密に『ぬかる道』誌を引用し、応援メッセージを二ページにわたって書いて、さらには「(川柳人は)抗議の手紙を出していただきたい」という熱い訴えで締めくくられていた。
『川柳東京』(東京番傘川柳社、中島和子会長)2月号編集後記にも言及があった。佐藤孔亮編集長は問題の経緯に触れたのち、次のように述べている。「現在の毎日の選者はコピーライターの仲畑貴志氏で、サラリーマン川柳風の作品が多いのが特徴で、作者名も著作権に注意を払っているとは思えない名前が並んでいます」と。詳しくは両誌をご参照下さい。
葉書や封書の中のメモ等には、「……(巻頭言に対して)先生の正当な抗議に対して、新聞社の対応には強い義憤を感じます。(A子)」といったご意見やご激励も数多くいただいている。有り難うございます。
(2009年1月更新)
別件。歴史と伝統ある川柳噴煙社の新しい主幹に、平田朝子氏が就任した。平田氏は第五代目の主幹になる。
春はおめでたいニュースから。2008年度「東葛文芸年間賞」(東葛毎日新聞社主催)の川柳部門で、笹島一江さんの作品「同じ事で笑える人といて平和」が大賞に選ばれた。選者の山本義明氏(当会幹事)によれば、「正直言って、これほど当たり前のことはなく、別にどうということのない句である。ところが昨今、この当たり前がなかなか難しい」というのがその評である。おめでとうございます。
第7回を迎えたかしわ川柳大賞(かしわインフォメーションセンター主催)。今回のテーマは「泣く」であった。こちらの大賞には、野口良さんの作品「メラミンが涙に混じる赤ん坊」が選ばれた。選者(江畑哲男)評によれば、「訴えの強さが群を抜いていたこと」を推薦理由に挙げている。良さんのほかにも、多くの同人・会友の作品が入選を果たしている。なお、かしわインフォメンションセンターは、柏駅南口丸井3階にあり、同センター内でかしわ川柳大賞のパネル展示を1月末日まで行っている。どうぞお立ち寄りの上、ご覧下さい。
『番傘』一月号巻頭言で、礒野いさむ主幹が「101年を詠う」を書いている。昨秋の番傘百年記念行事のその後を書いた巻頭言で、東葛川柳会の大会ツアーのことにも触れて、御礼を兼ねた一文となっている。『番傘』一月号を購入希望の方は、江畑哲男代表までどうぞ。
植竹団扇幹事は、『川柳学』11号に、「教科書に載せたい川柳」を書いた。ぜひご一読を。
つくばね番傘プレ20周年記念大会。さる12月14日開催。今川乱魚当会COAの記念講演。
当会からも大勢の同人、会友が参加し総勢130名を数えた。
叙勲の栄誉。
同人の高橋富榮さん(松戸市在住)が、平成二十年秋の叙勲に際し『瑞宝双光章』(危険業務功労)を受けられました。おめでとうございます
↓(2008年12月更新)
『番傘』12月号は、昨10月に行われた番傘創立100周年大会特集号となっている。同誌特集の「番傘100年にあたって」のなかで、佐賀番傘川柳会会長の菖蒲正明氏が、「川柳の発展を願って」を書いておられる。中に、次の一節があった。
「『番傘』誌も、以前はいろいろと読み物があり、楽しみであった。東葛川柳会の『ぬかる道』に昔の『番傘』誌を見る思いがする。編集部の方々のご苦労は大変だと思うが、魅力のあるものに努力をお願いをしたいと思う」。実に嬉しい、『ぬかる道』誌への褒め言葉である。
東京みなと番傘川柳会(会長・犬塚こうすけ)の機関誌『港』が、平成20年12月号で通巻500号を達成した。500号というのは、41年と8ヶ月かかる計算になるらしい。おめでとう。500号記念号には、江畑哲男・窪田和子両幹事他がエッセイを寄せている。
『犬吠』11月号の「千紫万紅」欄で、成島静枝副幹事長が巻頭を飾っている。「ウイルスの駆除に国保は使えない」ほか4句。また、「房総柳人この人」欄には、今川乱魚最高顧問が取り上げられた。
「流山博物館友の会」(会長・伊藤隆美)が創立30周年を迎え、去る11月16日(日)柏市内で祝賀パーティーを開いた。江畑哲男代表がパーティーに出席して、山本鉱太郎当会顧問をはじめとする皆さんと親交を深めた。当日発行された友の会機関誌『におどり』記念特集号には、哲男代表が短文エッセイ「友の会から学んだこと」を寄せている。
秋の大会も盛況の中に終息を迎え12月14日「つくばね番傘川柳会」が「プレ二十周年記念大会」を実施する。
 ・10月26日四街道川柳大会(哲男代表の選あり)
 ・11月16日市川川柳大会
 ・11月20日松戸川柳大会(今川乱魚最高顧問の選あり)
全体を通して同人・会友の皆さんが積極的に参加され東葛川柳会の存在感を強烈にアピールされた。これからも自分の作品を発表する場所として大いに活用しましょう。
↓(2008年11月更新)
岩手県遠野市では、「落鮎賞味川柳大会」という乙な名前の大会が開かれている。猿ヶ石川で取れた鮎を味わいながら、句を詠み、交流を深めるという趣向らしい。彼の地の遠野川柳会(鈴木南水会長)が主催して、今年も9月23日(祝)に開催された。中島久光幹事は「母からの文清流の音がする」の作品で、遠野市長賞をゲットした。
以上は久光氏からの報告だが、同氏からの手紙には鮎の味わいについては全く触れられていなかった。おめでとう。
江戸川大学の公開講座「川柳入門教室」が、十一月八日(土)スタートした。第一回目は、今川乱魚講師による「川柳250年の歴史と課題」であった。大好評のうちにその第1回目を終了。江戸川大学の担当者によれば、以下の講座では単発の受講生も受け付けてくれるとのこと。受け入れの余裕は、若干名になるので、希望者はお早めにお申し込み下さい。
  第2回目=12月13日(土)
    「古川柳の魅力と江戸文化」(竹田光柳講師)
  第3回目= 1月10日(土)
    「サラリーマン川柳、今昔」(第一生命担当部課長)
  第4回目= 2月14日(土)
    「川柳の魅力・日本語の魅力」(江畑哲男講師)
  第5回目= 3月14日(土)
    「体験学習・句会の魅力」(東葛川柳会オールスタッフ)
会場は、東武線・つくばTX線、いずれも流山おおたかの森駅より、0分の江戸川大学サテライトセンターにて。
時間は、各回とも10時30分~12時まで。
申込は、ー電話04(7156)7715ーへどうぞ。
↓(2008年10月更新)
秋もたけなわ、各地で川柳大会もたけなわです。
 9月20日(日)第58回足立川柳大会
 9月23日(祝)川柳忌
 9月28日(日)第6回八千代川柳大会
~~が開催され、多くの同人・会友の皆さんの参加があり当会の存在を強くアピールした。
10月から11月にかけ、当会の記念大会も含め各地で大会ラッシュ。勉強の場、交流の場とすべくお出掛けになられてはいかが。
10月13日(祝)に行われた葛飾区民文化祭川柳大会にて、宮内みの里幹事が合点四位・葛飾区文化協会賞を獲得した。おめでとう。
10月12日(日)番傘川柳本社創立100年記念全国川柳大会が、なら100年会館にて賑々しく開催された。出席者は1000名を超え、おそらく川柳史上最多の歴史的な大会となった。当日、田中新一幹事長の「本日は晴天なり」との元気溌剌とした宣言で会が始まった。礒野いさむ主幹は、番傘100年の歴史の一部をしみじみ振り返る内容の挨拶を述べた。今川乱魚(社)全日本川柳協会会長は、昨年の川柳二五〇年から説き起こし、川柳史と番傘の接点を解説する祝辞を述べた。その他、多彩な来賓の出席があり、番傘という結社の大きな影響力を見せつけた。当会からは、哲男・巌・窪田和子・和興・一江・広子・春恵・庸子・静枝・紀伊子・桃葉・倫也・長尾美和・山口幸らの各幹事・同人らが多数参加した。(この項、詳報は来月号にて。)
10月7日(火)付け毎日新聞第三千葉版に、東葛川柳会と江畑哲男代表の紹介記事が掲載された。「『言い得て妙』の共感目指し」との大見出しに写真、かなり大きな扱いになっている。(参照
『川柳さっぽろ』10月号「論壇」に、誌友でもある撫尾清明(佐賀市、九州龍谷大学名誉教授)氏が、「川柳は人生詩」を書いている。皇太子様(現天皇)と家庭教師であったR・H・ブライス氏のエピソードから始まる、格調高い一文である。ご一読を。
『番傘』10月号の特集記事「番傘川柳本社100年にあたって」に、江畑哲男代表がエッセイを寄せている。「次なる100年へ」と題するその一文は、高齢化を憂い、さらに『番傘』の活性化を課題として提起している。
10月4日(土)、もうすっかりおなじみとなった「いわし川柳」誌上大会発表会が銚子市内にて開かれた。銚子市長・市教育長・読売新聞社千葉支局長等の来賓も出席され、講演・落語・黒潮よさこい踊り等々、盛りだくさんの催しを楽しんだ。当会からは、江畑哲男代表が兼題「和解」の選を務め、和興・桃葉・菅井京子ほかの同人が参加した。各種後援団体からの景品が豪華な大会であった。
↓(2008年9月更新)
9月7日(日)
999番傘川柳会十周年記念大会開催さる。
復本一郎神奈川大学教授の「現代川柳と諺」と題する講演、森中恵美子(番傘川柳本社副幹事長)の選を始め十周年記念に相応しい披講があり、当会同人・会友も多数参加し呼名が相次いだ。
去る、9月1日(月)
NHKテレビ「こんにちはいっと6けん・川柳自分流」コーナーで同人の松本八重子さんが《旅の川柳》に応募、見事入選をはたされた。ご覧になった方も多いと思います。
8月31日(日)川柳向島35周年記念大会が、区立曳舟文化センターで開かれた。選者の哲男以下、多くの幹事・同人が参加して大盛会となった。和興・幸一・紀伊子・克美・倫也・みの里・かりん・桃葉・布佐和子・真砂子・庄二郎・次雄ほか
8月25日(月)午後に、「川柳の日を記念する会」が尾藤一泉氏の呼びかけで開かれた。昨年の川柳二五〇年を一過性のものとすべきでないという趣旨で呼びかけられ、30数名の賛同者が集まった。脇屋川柳川柳学会会長の挨拶、前田安彦川柳二五〇年実行委員長他の挨拶があり、前田先生による本格的ワインの解説と試飲を楽しんだ。当会からは、哲男・団扇両幹事が参加した。
↓(2008年8月更新)
江畑哲男代表は、『国語教育』45号(平成20年3月31日発行)に、「報告川柳二五〇年」を書いた。かなりの力作。詳しくは、HPにてご覧下さい。
東京都新宿区在住の小山一湖幹事は、地元の早稲田町榎地区で地域だより編集のお手伝いをしている。「ENOKI(えのき)」26号からは、「えのき文芸」に川柳欄を創設し、川柳の普及に一役買っている。
川柳かつしか吟社創立60周年記念句会が、8月3日(日)に開かれた。会場も会費も通常句会と変わらず、来賓挨拶その他一切のセレモニーなしという記念句会であった。出席者93名。哲男・幸一・克美・みの里・桃葉・蕗子・団扇各幹事ほか、多くの同人・会友諸氏が参加して記念句会を盛り上げた。
↓(2008年7月更新)
訃報。(社)全日本川協協会常務理事、札幌川柳社会長の斉藤大雄氏が胃癌のため急逝された。6月29日。享年75。大雄氏と東葛川柳会は、遠距離ながら関わりは深かった。以下、列挙する。平成4年の当会発足五周年大会での記念講演「現代川柳の展開」をしていただいた。翌年の六周年大会では、宿題「くやしい」の選者。最近では、『ぬかる道』(平成19年9月号)へ、当会20周年のお祝いメッセージ(「乱魚氏から哲男氏へ」)をいただいた。謹んでご冥福をお祈りしたい。
一転しておめでたい話。第17回犬吠賞が決まった。受賞者は、当会・増田幸一顧問。受賞作は、「うまそうに酒飲む苦労した人だ」である。抽象句ではなく、久々に奥行きと哀感のある作品の受賞となった。おめでとうございます
幸一顧問受賞の発表号『犬吠』7月号には、山本由宇呆副幹事長が、巻頭言を書いている。巻頭言「回り回って我のため」は、自身の川柳歴とともに味わい深い文章である。ぜひご覧あれ。
その『犬吠』7月号課題吟「素顔」は、大戸和興顧問が選者を務めている。いずれにしろ『犬吠』誌には目が離せない。
江畑哲男代表は、『川柳春秋』90号(平成20年7月1日発行)に、巻頭随想「平日の私、土日の私」を寄稿した。また同号には、山本由宇呆副幹事長も「わたしの柳号由来」を書いている。
タウン誌『とも』7月号の「編集長より」欄には、中澤巌幹事長の記事が書かれていた。巌幹事長は同誌に「川柳江戸川塾」を連載して、今回で141回を数える。前任の執筆者は江畑哲男現代表で、その連載「にんげん万事五七五」は108回(「百八煩悩」に引っかけて)で終了、巌氏にバトンタッチした。
比べて巌氏の連載は141回。どうぞ『とも』をご覧下さい。
特定非営利活動法人・柏市インフォメーション協会の人事に異動があった。理事長の石戸新一郎氏が任期満了で退任、市村日出夫副理事長が理事長に昇格した。なお、石戸氏は相談役として協会運営に引き続き携わる。 〔以上、哲男報〕
6月29日(日)第44回さいたま川柳大会開催さる。同人、会友の皆さん大勢参加され会友の佐藤権兵衛さんが入賞を果たされた。
7月8日(火)朝顔川柳大会開催。
参加者170名は新記録とのこと。当会からも同人・会友合わせ
て30名が参加し元気な呼名が相継いだ。洞爺湖サミットの影響で恒例の朝顔市が延期になったが参加者全員にお土産として朝顔が一鉢ずつ配られた。 〔以上、巌報〕
↓(2008年6月更新)
六月八日(日)、第三二回全日本川柳大会が福岡市内にて賑々しく開催された。出席者は五六六名。詳細は来月号の巻頭言等で紹介する予定だが、表紙二には例年通り表彰作品の速報を掲載している。
大会前日に催された前夜祭時の表彰式では、川村英夫元幹事・松波酔保誌友・植木利衛・紀子夫妻らが連続参加の表彰を受け、ツアーを組んで参加した当会メンバーから盛んな拍手を受けた。
七日(土)前夜祭には、台湾川柳会の頼柏絃会長が参加し、大きな歓迎を受けた。頼会長は来賓挨拶に登壇して、台湾川柳会の歴史を語り、さらに高齢化の現状についても率直に触れられた。その挨拶の中で、わざわざ東葛川柳会の名前を挙げて、台湾川柳会支援への御礼を述べられた。また、大場可公大会実行委員長と今川乱魚日川協会長の両氏挨拶でも、今次大会の意義の筆頭に台湾からの出席を挙げ、東葛川柳会と台湾川柳会の交流にも触れた挨拶をされた。(以上、日川協関係)
『犬吠』六月号巻頭言に、大戸和興顧問が「川柳とふるさと」を書いている。
柏市文化連盟創立五十周年、文部科学大臣功労表彰受賞記念展が平成二十年五月二十八日(水)~同六月三日(火)まで「さわやかちば県民プラザ」で開催された。
柏市文化連盟会員による川柳・俳句・短歌・絵画・手芸等の幅広い分野から参加があり、当会としても同人・誌友の方々から合わせて七十四句が、色紙・短冊にして展示された。
来場のお客様のなかには、くすくす笑ったり納得顔でうなずかれたりと、お楽しみの様子であった。以上(巌発)
↓(2008年5月更新)
☆5月11日福島県伊達市セレビア・スカイパレスにて、川柳三日坊主吟社(佐藤良子主宰)創立40周年記念祭が開かれた。当会からは、今川乱魚COA、太田紀伊子(選者)、古川茂枝幹事、長尾美和さん、池谷聰美さん、山本由宇呆さんが参加した。乱魚COAは、飯坂温泉での前夜祭でミニ講話「川柳のユーモア」を行った。関東からは川柳研究社を中心に約20名。福島県はもとより、宮城県などからの全参加者は約170名。大盛会であった。
☆4月29日(祝)第79回京浜川柳大会開催される。
総勢215名の参加。当会からも倫也、克美の同人が参加。
存在感を強烈にアピールした。
☆5月5日(祝)千葉番傘創立二十周年記念川柳大会開催される。総勢一九七名の参加。当会からも江畑代表他多数の同人、会友が参加元気な呼名が相次いだ。
『月刊・HR』(学事出版)に連載中の「川柳で、こんにちは」(江畑哲男代表の文と選)が好評の由。投句も受け付けており、葉書で左記へ(月末〆切、五句まで)。優秀作品には図書券が進呈される。
〒101ー0021 千代田区外神田二-二-三京須ビル
 学事出版(株)『月刊ホームルーム』川柳係
☆札幌川柳社の主幹がこの五月をもって交替した。新主幹は岡崎守(前副主幹)氏が昇格し、前主幹・斉藤大雄氏は会長に退いてバックアップすることになった。
番傘関東東北総会が3月15日(土)に開かれ、故加茂如水総局長の後任に、犬塚こうすけ(東京みなと番傘川柳会会長)氏を同総局長に選出した。
『月刊・HR』(学事出版)という教師向け雑誌に、江畑哲男代表による連載「川柳で、こんにちは」が始まった。文と選を担当している。投句も受け付けており、葉書で左記へ(月末〆切、五句まで)。
優秀作品には図書券が進呈される。
 〒101―0021 千代田区外神田2―2―3京須ビル
 学事出版(株)『月刊ホームルーム』川柳係
埼玉川柳社第六代の代表に、相良博鳳氏が就任した。第5代代表であった深町金鳥氏の逝去に伴うもの。
『犬吠』四月号巻頭言「川柳NOW」は、斉藤克美副幹事長が「人
に歴史あり」を書いた。内容は、『ぬかる道』誌に連載中の「達吟家
の一言集」の実践報告である。ご一読を。  (哲男報)
東京新聞主催「ゆうもあ川柳」
同人・濱川ひでこさんが右記に応募、見事入賞をはたされた。益々のご活躍祈念致します。おめでとうございました。
3月23日(日)第37回千葉市民川柳大会開催。
同人の哲男、公徳、由宇呆、茂雄、倫也、桃葉、みの里、幸一、克美、(布)和子の皆さんが参加した。茂雄、公徳、倫也さんが表彰を受けた。
3月30日(日)東京番傘川柳社創立70周年記念句会開催。
30余名の同人、会友が参加。当会の存在感を強くアピールすることができた。 (巌報)
当会の同人であった藤波正寿さん(本年三月でご病気のため退会)が、4月10日、薬石効なくご他界されました。享年83歳。謹んで哀悼の意を表します。
↓(2008年2月更新)
第6回かしわ川柳大賞に輝いた車田巴(柏市)さんに、ニッポン放送から電話取材があった。その取材を元に、大賞作品「労働の汗は笑顔とともにふく」にまつわる、車田さんの人生・生活、そして川柳とのエピソードが全国放送された。1月30 日(水)朝8時15 分から10 分ほど、ラジオ番組「おはようグッドデイ」(ニッポン放送)でのこと。おめでとうございます。春から縁起の良いお話です。
『川柳マガジン』2月号、今月の巻頭言大賞に、江畑哲男代表のそれが選ばれた。大賞の対象は、1月号巻頭言「21 年目の春」であった。
2月8日(金)、東京番傘川柳会の例会は、加茂如水追悼句会として開催され、多くの柳友が集まった。
さいたま川柳会・会長 深町金鳥さんが亡くなられた。2月12 日のこと。東葛川柳会には年に1回選者としてお越し頂いた。2002 年(平成14 年)には1 年間「メッセ鑑賞」を御担当頂いた。享年66 歳 合掌
↓(2008年1月更新)
『犬吠』一月号近詠「千紫万紅」欄の巻頭作家に、河野桃葉幹事(柏市)が選ばれた。作品は、「嘘一つ千の善意が消えていく」ほか。おめでとう。また同月号「この人三〇句」欄(安藤亮介執筆)では、江畑哲男代表が取り上げられている
今年度の吟行句会は、4月12日(土)に決定。場所は、佐原方面(伊能忠敬記念館ほか見学、小野川散策)。詳細は次号でご案内いたします。ぜひ、今からご予定下さい
東葛川柳会新年恒例の幹事会を、1月12日(土)に開催した。二〇周年記念行事を総括し、今後を展望した内容の濃い会議となった。
江畑哲男代表は、『銀の笛』(主宰・長谷川酔月氏)誌の「笛広場」(前月号秀句の選者)を、一月号から務めている。
朗報の三つ目。つくば牡丹柳社(片野晃一会長)による平成19年くきざき賞が、北山蕗子さん(当会幹事)に決まった。おめでとう!
「東葛まいにち」紙の東葛文芸川柳部門の2007年度年間賞には、斉藤克美幹事(松戸市)が輝いた。作品は「定年後穴のあく程読む紙面」は、いまの時代を詠んだ秀作。年間賞の受賞は価値ある栄誉。おめでとうございます。
かしわインフォメーションセンター(石戸新一郎理事長)が募集した「第六回かしわ川柳大賞」の入選作品が、過日発表になった。大賞には、車田巴さん(柏市)の作品「労働の汗は笑顔と共にふく」が選ばれた。表彰式は、各特別賞と併せて、去る1月13日(日)インフォメーションセンター内にて行われた。新聞各紙(読売新聞、千葉日報ほか)にも記事が掲載された。おめでとうございます。
↓(2007年12月更新)
新幹事紹介。川瀬幸子(我孫子市)さん、六斉堂茂雄(松戸市)さん。20周年大会時からすでに仕事はしていただいています。皆さん、どうぞよろしく。
11月10日(土)川柳白帆吟社創立60周年記念大会が、アルカディア市ヶ谷にて開か
れた。江畑哲男代表は宿題「保護色」の選を務めたほか、克美・幸一・みの里・蕗子・倫
也・布佐和子各幹事ほか、多くの会友が参加した。
11月に亡くなった加茂如水氏(東京番傘川柳社会長)に代わって、中島和子副会長が東京番傘川柳社の会長に昇格・就任した。和子新会長は、東葛川柳会発足時からお世話になっている方でもある。どうぞよろしく。
毎年秋は大会花盛りです。
10月28日(日)江戸川川柳大会。11月3日(祝)川柳文化祭(川柳人協会主催)。11月8日(木)第14回松戸川柳大会。11月10日(土)白帆吟社創立六十周年記念大会。11月11日(日)プレ国民文化祭川柳大会。11月18日(日)太平記の里川柳大会。同市川市市民川柳大会。同都内新宿区学習フェスティバル川柳の部。12月2日(日)つくばね番傘十八周年記念大会。
~が賑やかに開催され、当会からも幹事、同人、会友の諸氏が大勢参加され吟社間の交流の
一助となった。誌面の都合で開催日と大会名のみ紹介しました。(一部既報あり)
↓(2007年1月更新)
11月3日(土、祝)に開かれた文化祭川柳大会(川柳人協会主催)は、170余名の参加で賑わった。当会からは、和興・幸一・蕗子・倫也・布佐和子各幹事ほか多くの同人・会友が参加した。なお、恒例の川柳文化賞には、今年は該当者ナシという結果だった。
10月21日(日)第42回千葉県川柳大会が開催された。全参加者199名の多きを数え、当会関係からも30余名の皆さんが参加され、就中、実行委員として川柳会・緑葉の皆さんが役割分担を完遂した。
第3回「小林一茶まつり」が、10月21日(日)流山市内の一茶双樹記念館にて開かれた。当日午前中には、第一部「子ども川柳大会」が企画され、江畑哲男代表が子供向け川柳講義を担当した。17人の小学生にその親御さん数名も加わり、哲男代表は小林一茶もどきの宗匠風着物姿で登場するという趣向。参加者には、講義+川柳作句に果敢に挑戦して貰った。なお、この様子は流山市のHPでも写真付きで見られるのでご参照を。
10月14日(日)第9回ひたちなか川柳大会が開催された。来年度は第10回の節目の年につき百名を越える大会にしたい旨、渡辺妥夫会長よりの談話あり。当会関係者は巌(選者)、春恵、布佐和子、紀伊子、英夫、幸、広子の同人と豊、酔保の誌友が参加した。
訃報
10月13日加茂如水氏が亡くなった。享年七八。かねてより入院加療中であった。東京番傘川柳社会長、番傘関東東北総局長。東葛川柳会にもご指導をいただいた。哀悼
10月13日(土)第54回柏市文化祭が開催されオープニング式典に春恵、明、良子、サヨ子、美和、布和子、幸子の同人が出席し、当会の存在感をアピールした。
おめでたいこと。今川乱魚当会最高顧問は、「県の芸術文化の振興に貢献」され、このたび千葉県教育功労賞を授与された。表彰は、11月1日(木)ホテルポートプラザちばで行われた。川柳界ではお一人であったとか。
↓(2007年11月更新)
県民芸術祭参加作品川柳部門が、『犬吠』10月号で発表にった。第一位は、「だんだんと収容所めく喫煙所」(曽我悦子)であった。なお、山本義明幹事も五位入賞を果たした。
10月8日(月、祝)には、第52回葛飾区文化祭川柳大会が開かれた。哲男・克美・幸一・みの里・布佐和子・蕗子各幹事ほか、多くの会友が顔を見せた。北山蕗子幹事が、合点五位の葛飾川柳連盟賞に輝いた。おめでとう。
9月30日(日)向島川柳大会開催される。幸一、みの里、かりん、倫也、蕗子、(布)和子、克美、紀伊子の幹事諸氏が出席。
第10回日本橋川柳誌上大会開催される。大戸和興顧問日本橋賞に入賞。
    江戸の地図まっ先探す日本橋おめでとうございます。

9月29日(土)第57回「足立川柳大会」開催される。雨の中、一四五名の参加者(既往最高)があり、当会からは選者の江畑哲男代表を筆頭に和興、由宇呆、克美他の幹事と多くの同人、誌友が参加した。同人の長尾美和さんが足立区文化団体連合会々長賞に輝いた。
  百歳の続編を書く紙吹雪 美和 おめでとうございます。

9月30日(日)向島川柳大会開催される。幸一、みの里、かりん、倫也、蕗子、(布)和子、克美、紀伊子の幹事諸氏が出席。
9月23日(日)初代川柳立机250年記念・川柳額奉納作品特選十五句選考結果発表される。(十月号既報)当日、約五十名の参加をもって句会が開催され、一江、倫也、広子幹事と誌友の山口幸さんが夫々入選をした。おめでとうございます。
9月23日(日)に行われた第五回八千代川柳大会は、投句20名を含む135名の盛会であった。
選者の江畑哲男代表をはじめ、克美・明・みの里・サヨ子・公徳各幹事ほか同人・会友が参加した。斉藤克美副幹事長が、八千代市民川柳連盟賞を受賞した。
松戸川柳会(米島暁子会長)では創立二十五周年を記念してこのほど合同句集を発行した。増田幸一当会顧問ほか多くの同人会友の労作が掲載されている。なお本書は十一月八日(木)開催の松戸川柳大会で参加者全員に配布されるという。
9月22日(土)国立市に於いて、第21回NHK全国川柳大会が開かれた。宿題「温」森中恵美子選で当会会友伊藤三十六さんが「温かい人だ嘘まで温かい」で入選した。また宿題「雑詠」大木俊秀選では「妻がいる子がいるそんな日曜日」片野晃一さん、「郵便受け夕刊だけの日もあって」川村安宏さん入選。おめでとう。
↓(2007年10月更新)
「目で識る川柳250年展」が、東京・浅草のテプコ浅草館にて8月14日(火)~26日(日)まで開催された。川柳展には要員も必要ということで、東葛川柳会として20名近くが要員の要請に応じて、係として会場に詰めた。
江畑哲男代表は、この度『番傘』自選作家に推挙された。
『川柳マガジン』8月号に、山本由宇呆副幹事長が「現代川柳巻頭競詠」に10句寄稿した。作品は、「狂人の一歩手前でお茶にする」ほか。
川柳人協会(会長・竹本瓢太郎氏)が募集した「初代川柳立机250年記念、川柳額奉納作品募集」に、中沢広子幹事と会友の山口幸さんの作品が特選に選ばれた。二人の句は、9月23日(祝)の川柳忌句会にて、扁額にして龍宝寺に奉納されると言う。
その作品、「我儘に生きると決めた八合目」(広子)、「万国旗それぞれにある血の歴史」(幸)。快挙!
9月2日(日)には、999番傘川柳会九周年大会が土浦で開かれた。今川乱魚当会最高顧問は999番傘会長として大会を仕切り、江畑哲男代表は宿題「世界」の選者を務めた。ほかに、主な出席幹事は、巌・良子・一江・庸子・玲子・広子・義明・しんじ・蕗子・布佐和子・倫也・桃葉・今日民。また、少なからぬ会友が大会に出席した。
8月25日(土)台東区で開かれた「川柳250年記念式典・講演・句会」で、幹事や誌友の高位入選が相次いだ。宿題「堀」では植竹団扇幹事の「消えた年金置いてけ堀に似てないか」で特選。会友の菅井京子・坂牧春妙両氏も特選に輝いた。おめでとう。
第43回雀郎まつり川柳大会は、8月19日(日)に宇都宮市内コンセーレで開かれた。栃木では去る6月に全日本川柳大会があったばかりだが、それでも177名の参加者があって成功を収めた。会次第のなかに、50分程度に編集された日川協大会のビデオ上映などがあり、参加者への配慮と工夫が見られた。哲男・幸一・紀伊子・嘉一の各幹事ほか多くの同人が参加した。
第32回「日立の海観光川柳大会」が、7月29日(日)に日立シビックセンターで開かれた。来年の茨城国民文化祭を控えて、スタッフの動きは良好で、出席者134名の盛会であった。当会からは選者の乱魚最高顧問を筆頭に、哲男・幸一・紀伊子各幹事ほか多くの同人・誌友が出席した。誌友の松本晴美(取手市)さんが第六位、岡さくらさん(つくば市)が第11位にそれぞれ入賞し、晴美さんは日立市市議会議長賞に輝いた。おめでとう。
同人・会友の活躍が続いている。やや旧聞に属するニュースから、最新のニュースまでアンテナの及ぶ限りお伝えてしておきたい。
↓(2007年10月更新)
☆やしの実川柳社会長・鈴木如仙氏の句碑が、豊橋市内天台宗薬師寺に建立された。愛知県豊橋市では初の川柳句碑とか。面白いのは句碑の形。同社のシンボルである椰子の実が図案化され、椰子の実を縦に二つに割った面に句が刻まれている。「いつまでも咲いてる花をもてあます」(如仙)。去る五月四日(祝)に、除幕式が盛大に行われた。おめでとう。
本誌『ぬかる道』の記事が、『川柳マガジン』コラム大賞に選ばれた。晴れてコラム大賞に選ばれたのは、斉藤克美幹事の「川柳達吟家のひと言集」。『川柳マガジン』誌七月号をご覧下さい。
『犬吠』七月号に、中澤巌幹事長が巻頭言「句文集『流山川柳』の発刊」を書いている。川柳立机二五〇年記念東葛川柳会八月句会に合わせて、、同句集は発刊の予定である。
『番傘』七月号の課題吟「投げる」の選者を山本義明幹事が務めた。
訃報。櫟敬介(本名・赤垣昭)氏。かねて病気療養中のところ、さる月17日永眠されました。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
訃報。千葉県川柳作家連盟前理事長の山西酸吸氏が亡くなった。7月13日夕、肺腺維症のため。心からご冥福をお祈りいたします。
やしの実川柳社会長・鈴木如仙氏の句碑が、豊橋市内天台宗薬師寺に建立された。愛知県豊橋市では初の川柳句碑とか。面白いのは句碑の形。同社のシンボルである椰子の実が図案化され、椰子の実を縦に二つに割った面に句が刻まれている。「いつまでも咲いてる花をもてあます」(如仙)。去る五月四日(祝)に、除幕式が盛大に行われた。おめでとう。
本誌『ぬかる道』の記事が、『川柳マガジン』コラム大賞に選ばれた。晴れてコラム大賞に選ばれたのは、斉藤克美幹事の「川柳達吟家のひと言集」。『川柳マガジン』誌七月号をご覧下さい。
『犬吠』七月号に、中澤巌幹事長が巻頭言「句文集『流山川柳』の発刊」を書いている。川柳立机二五〇年記念東葛川柳会八月句会に合わせて、同句集は発刊の予定である。☆『番傘』七月号の課題吟「投げる」の選者を山本義明幹事が務めた。
訃報。櫟 敬介(本名・赤垣 昭)氏。かねて病気療養中のところ、さる六月十七日永眠されました。謹んでご冥福をお祈り申し上げます
訃報。千葉県川柳作家連盟前理事長の山西酸吸氏が亡くなった。7月13日夕、肺腺維症のため。心からご冥福をお祈りいたします。
「川柳会・双葉」の会長が交替した。秋田一三(柏市)さんが体調不良のため辞任、新しく長谷川庄二郎(柏市)さんが新会長に就任した。なお、秋田さんは今後顧問として、同会をバックアップすることになった。
『犬吠』六月号に江畑哲男代表は、巻頭言「そうだ、京都へ行こう」を書いている。内容は古都の魅力の再発見。ご一読下さい。
「そのまんま川柳会」の発足。六月一日柏市ほのぼのプラザにて第一回勉強会が開催された。近隣より二十名の参加。会長は吉田格氏。(勿論当会誌友)
五月二十九日(火)柏市立中原中学校にて国語の選択授業で「川柳」についての特別講義があった。講師は佐竹 明ジュニア担当幹事。川柳の歴史、課題吟の実作等ジュニア川柳の裾野拡大に貢献大。
『番傘』五月号誌友の巻頭作家に、当会誌友の今村幸守(船橋市)さんが輝いた。掲載六句の中では、「美しい嘘だみんなを楽にする」の見付けが面白い。同月号には、誌友の平田耕一(横浜市)さんが、友の会のページ「発表」の選と講評を担当している。
誌友の片野晃一氏(つくば牡丹吟社会長)が、このほど川柳句集『ぽっくり寺』を発刊した。詳しい紹介は来月号にて。お楽しみに。
訃報。河村露村女先生(世田谷区)が、四月二一日に亡くなった。享年九五。露村女先生は、番傘川柳会にとって、と言うより女性川柳人の草分け的・大御所的存在であった。大阪から関東へ転居したときの名吟に、「永住と決めて東京空っ風」がある。また、句文集『船還る』は名著として知られる。当会は発足当初から、さまざまな形でご支援・ご支持を賜った。ご冥福を心からお祈り申し上げたい。
同人・長谷川庄二郎さん(柏市)の作品が、テレビ番組で特選に選ばれ、放映・紹介された。四月十四日のNHKテレビ「いっと6けん」でのこと。題は「春」、作品は「父らしく母らしくなる子の門出」。庄二郎さんは、川柳会・双葉の有力メンバーで、新人ながら今後のさらなる活躍が期待される。おめでとう!
五月三日(祝)『可有忌』開催された。当会より斉藤克美、村田倫也、増田幸一、菅谷はなこの諸氏が参加。
四月三十日(祝)流山市立博物館友の会川柳講座が第十五回北野道彦賞を授賞した。平成三年一月発足以来、川柳を通じて地域の文化向上に寄与した事が評価されたもの。講師の今川乱魚当会最高顧問が、挨拶をされた。同講座では目下、三冊目の句集『流山川柳』を刊行すべく作業中である。
四月二十九日(祝)第七十八回京浜川柳大会が開催された。二百十七名の参加者。当会より斉藤克美、村田倫也、増田幸一の諸氏が参加。
四月二十八日(土)つくば牡丹柳社・第十一回つくば牡丹祭り川柳大会が開催された。百十一名の参加者。当会から山本由宇呆副幹事長が代表して出席、選者を務めた。また、増田幸一顧問も選者として出席した。
訃報。河村露村女先生(世田谷区)が、四月二一日に亡くなった。享年九五。露村女先生は、番傘川柳会にとって、と言うより女性川柳人の草分け的・大御所的存在であった。大阪から関東へ転居したときの名吟に、「永住と決めて東京空っ風」がある。また、句文集『船還る』は名著として知られる。当会は発足当初から、さまざまな形でご支援・ご支持を賜った。ご冥福を心からお祈り申し上げたい。
今川乱魚最高顧問は、四月十四日(土)午後、松戸市の島村クリニックで川柳の講座を行った。
訃報。宇梶きく(流山市)さん、三月九日ご逝去。享年九五。ご冥福をお祈りします。
番傘関東東北総局の総会が、三月十八日(日)に上野蓬莱閣にて開かれた。同総会には、乱魚最高顧問をはじめ、哲男・和子・紀伊子各幹事らが出席した。哲男代表は宿題「頑固」の選を務め、本年の当会行事のPRに努めた。具体的には、川柳立机二五〇年東葛川柳会八月記念句会や一〇月に開催される東葛川柳会発足二〇周年記念大会等々。
第三六回千葉市民芸術祭参加市民川柳大会が三月二五日(日)に、市内生涯学習センターにて開かれた。出席者は一六三名(投句二二名)で、当会からは、哲男・和興・幸一・克美・明・みの里・桃葉・公徳・倫也・布佐和子の各幹事ほか、多くの同人・会友が出席した。哲男代表は「千葉市長賞」を、和興幹事は「千葉市文化連盟賞」を獲得。さらに、同人の藤原光子さんの活躍が目立ち、「梵鐘の余韻わたしを放さない」で教育長賞に選ばれた。
「川柳二五〇年川柳公論表彰句会」が三月二一日(祝)に北とぴあを会場としてにて開かれた。哲男・幸一両幹事が出席した。
福岡市在住の伊豆丸竹仙氏が、静養のため福岡番傘川柳会の会長を三月末で退任された。竹仙氏は、当会発足時から多大なご支援をいただいている方。どうぞお大切にされて、一〇月の二〇周年記念大会までにはご回復されるますように。
企画展「一茶とかえる」小林一茶が「蛙(かえる)」を詠んだ俳句十六句を物語にして手作りの人形で表現する展示。会場流山一茶双樹記念館三月三十一日まで今年は一茶没後一八〇年。併せて流山市市政四十周年記念として流山生涯学習センターにて『川柳立机二五〇年記念東葛川柳会八月句会が決定しています。
訃報岸本吟一氏享年86才番傘川柳本社顧問。主な著書「定本・吟一句集川柳的履歴書」。当会より弔電。ご冥福をお祈り致します。
訃報。三月一〇日時実新子さんが亡くなった。享年七八。昭和二九年に二五歳で川柳を始め、同五〇年個人季刊誌『川柳展望』創刊主宰、平成七年新子主宰の『川柳展望』は終焉。その後、月刊『川柳大学』を創刊主宰した。昭和六二年に『有夫恋』がベストセラーになったのは、あまりにも有名。川柳にとって一つの時代を画した。哀悼。
川柳新聞社発行の「川柳新聞」(山本克夫編集)が、二月号を以て休刊となった。組織は解散しないものの、復刊の望みはないという。残念。この種のニュースは珍しくなく、七〇〇号を越えた『案山子』(香川県坂出市)も三月号で終刊したとか。また、経費の関係で交換誌などを一切止めざるを得なくなった柳誌の話などなど。全国的に、吟社の維持に厳しい状況が続いている。☆日本現代詩歌文学館(岩手県北上市、館長・篠弘)発行の「館報」四九号(三月八日発行)に、江畑哲男代表はエッセイを寄せた。エッセイは「現代のこどもの川柳」というタイトルでしばらく連載され、今回は「雪の日の授業」について書いている。