戻る

『ぬかる道』


◇ ビギナーズ道場・ご応募のご案内◇

 東葛川柳会会員(『ぬかる道』購読者)で初心者の添削希望を受け付けます。往復ハガキまたはメール(ケータイ可)に、1〜2句を書いて下記の住所またはアドレスまで、ご投句下さい。締め切りは毎月月末です
    往復はがきは 6月から10円値上がりし 往復とも 各62円になりましたのでご注意。
    〒270−2201 千葉県松戸市六高台西10−18
         山 本  由 宇 保 (講師)
      アドレス     kzo.503869@nifty.com
 課題
      平成29年  9月 「発 声 」           平成29年 10月 「離す・離れる 」 
      平成29年 11月 「 開 く 」           平成29年 12月 「美(字結び可) 」

 

当会会誌 「ぬかる道」の参考ページをご紹介します。(2002年7月号)
 
 ◇◇◇ビギナーズ道場◇◇◇〈八十七〉
 
 6月になりましたが、もう台風がやって来そうです。気象の急変にご注意下さい。5月の題は「孤独」です。
 
 ▼ 夫婦でも孤独と思う人多く  KA・K
一般的にそうであろうと類推。句は最後の「多く」が不自然か。
=▽夫婦でもひとりぼっちが多すぎる

▼ 二人居の連れの入院夜の闇  T・KA
「夜の闇」が浮いている。
=▽二人居の連れ入院の夜の闇


▼ 定年後みんな持ってる孤独感  SI・UTI
原句では「そうですね」で終りそう。ここから始めたい。
=▽定年後ひときわ沁みる孤独感

▼ 家族には一人は欲しいしかり役  SI・UTI
一般的、教訓的に聞こえて感動が今一。家族を特定して焦点を絞る。
=▽叱り役一人は欲しいこの家族


▼ 職場では友達いなくなる社長  TU・TO
心の許せるという意味で「心友」または「親友」。社長という立場で「社長職」
=▽職場には親友(心友)出来ぬ社長職


▼ 原発の孤立死させる罪深さ  KA・ITO
ここでいう「罪」は「原発の罪」
=▽孤独死させる原発の罪深し


▼ 御局に声がかからぬビアホール SE・SA
お局さまは、職場の古株OL。実は見かけほど違わない
んですが。この場合は主観的発想で。
=▽お局に声掛けにくいビアホール
 


             今月の秀句

▼ 呟くと愚痴になりそう一人言  C・NI
 ○ 得てしてそう言うものです。


▼ うつ病と取られて困る孤独癖  O・N
 ○ 群れたくない人は結構います。


▼ 田植え前一本桜咲き誇り  KA・K
 ○ 田植え前という時期が限定されて、風景が浮かぶ。
孤独というより崇高という感じ。

▼ 同じように暮らしているが一人ずつ  A・A
 ○ 夫婦も、親子も、兄妹も。

▼ 電話口つい絆されて詐欺に合う  HI・Y
 ○ 作者は優しい人だろう。「つい絆されて」で分かる。

▼ 正義感内部告発して悩む  YO・AO
 ○ 「正義感」を下五に使っても良さそう。


▼ 群れながら一人ぼっちの大都会 KA・ITO
 ○ 「孤独」を言わずに表現できました。

▼ 独り身を笑い袋に相手させ  SE・SA
 ○ 〜〜に相手させるという表現が面白い。

▼ 二世帯が私の孤独倍にする  FU・SU
 ○ 逆転の発想良し。
 ▼ さみしいな婚期逃がさず赤い糸  S・T
晩婚がちになった世間の若者へのメッセージかとも思える。
=▽寂しいぞ婚期逃すな赤い糸

▼ 厳格も孤独もイヤと甘いパパ  SU・HUR
「甘い」は言わずに。
=▽厳格にも孤独にも背を向けるパパ


▼ 再婚は断られたと亡妻に告ぐ  HI・Y
回りに薦めれて、ついその気になったが。「亡妻に告ぐ」は固い。
=▽再婚に破れて亡妻へ手を合わせ

▼ 一本の藁もさがさず籠もる日々  T・KA
困ったとき縋るであろう「藁」を探す気力もない。
「日々」は言い過ぎ。
=▽一本の藁探す気も出て来ない


▼ お隣のネコも失恋来ない春  YO・AO
「来ない春」は失恋のダメ押し。モッタイナイ。ネコもの「も」は、作者もの意味か。
=▽お隣のネコの失恋お前もか


▼ 女子会へ話し相手がまた取られ  TA・O
一般的に話し相手とは奥様(妻)。何気なく使う「また」は、句をつまらなくする。
=▽女子会へ度々妻が拉致される

▼ 喧騒の中で味わう孤独感  TU・MI
観念的な表現で、そうですねで終りそう。この孤独感を貴方はどのように味わいますか? 例えば
=▽喧噪の中で楽しむ孤独感

 


▼ 食膳の彩り薄く孤食なり  C・NI
 ○ 出来れば、文語体で統一したい。
   食膳の彩り薄き孤食なり

▼ カタカタと風が教える孤独感  O・N
 ○ 少し言い替えると
   孤独感カタカタ風に知らされる

▼ 一人こそ本が導く別世界  A・A
 ○ 読書とは然り。


▼ 人嫌い回りの事を気にもせず  S・T
 ○ 本当は淋しい人なのかも知れません。

▼ 淋しいが老いの気ままも捨てがたい SU・HUR
 ○ 老いの気儘、誰に遠慮するでもなく。

▼ 一時の孤独を溶かすプロ野球  KYO・NA
 ○ スポーツに熱中すれば、テレビでもいっとき観衆と一体化出来る。

▼ 終列車飲み友達を連れて行き  TA・O
 ○ 良いじゃないですか。明日会えるンでしょう。

▼ おーいお茶木霊が返るワンルーム  FU・SU
 ○ お相手が居ない。

▼ 賑やかな都会知らない人ばかり  TU・MI
 ○ こんなに人が居るのに。知人は数える程しか。