戻る

東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成23年12月号)

寸評 傍目八目  山本 由宇呆
    2011.10月。東葛大会の秀句より。

千枚へ千枚通し息切らす        本間千代子

 俗に「帳綴じ」とも言う丸い錐の一種。束ねた紙に穴を開ける。普段の生活で千枚に穴を開けることはないが、あったらさぞ大変だろう事は想像出来る。「千枚」のリフレインを楽しむ。

かんばんになって悩みを聞いてあげ   窪田 和子

 苦労人の女将が、常連客の悩みを聞いてあげる演歌の世界。暖簾を入れてからが本番です。余り遅くならないように。

横にいる君がいとしくなる傘寿     宮内みの里

 傘寿と言うから八十歳。今風にいえば「アラハチ」である。男女とも平均寿命に近く、人生の先が見えて、諦めが付いた頃。落ち着くところへ落ち着いたんです。

陽炎の先に主役が見え隠れ       松田 重信

 ここで言う主役は、一握りの「ナンバーワン」のこと。我々その他大勢は、せめて「オンリーワン」を目指す他あるまい。そのうち、目が霞んで、自分の回りもぼやけて来ますよ。しっかりしましょう。

                東葛川柳会副幹事長
イラストは「日本の伝統模様 花鳥風月」中村茂樹(コブル・コラブレーション)CD-ROMから拝借しました