戻る
 
 
東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成25年3月号)
UFOのハウリング【60】
大空をレーダー網に囲われる
梶川 達也 
 つい最近、鹿児島の種子島宇宙センターから、情報収集衛星が打ち上げられた。宇宙から地上の写真を撮って、外国の軍事関係施設などを見張る。晴れた日に写真を撮る光学衛星と夜間や悪天候でも写真が撮れるレーダー衛星がある。地上から400〜600 qの高さで地球の周りを南北の方向に、一日10 数回回る。1998 年に北朝鮮がミサイルを発射したことがきっかけ。地球上の全ての場所を一日一回見張るには、2種類(光学、レーダー)の衛星がそれぞれ2個以上必要。2003 年から打ち上げ始めて、今回ようやく4個態勢になった。因みにその精度は、地上にある60 pの物が識別出来る。
句は、平成16年(2004)発行の句集にあるので、丁度このプロジェクトが始まった頃の作であろう。作者は既に鬼籍に入られたが、あの世で「オレの言うとおりになった」と思っておられるか、「ちょっと違うなぁ」と思っておられるのか、聞いてみたい。

      山本由宇呆(当会副幹事長)

  『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(技術編)196 頁より
 
東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成25年2月号)
UFOのハウリング【59】
日本全体が幼稚になった。国民も学ばなければ
 
曾野綾子: 指導者は、我々よりも何かしら賢い人であって頂きたい。非常に多くの政治家がどう見ても、票や権勢のために動いているように庶民は思っている。賢いというのも、「最低は見え透いた愚かなことをしない」それだけで良いと思います。
橋本五郎: 「国民目線」という言葉に私は大いなる違和感を覚えます。普通の国民が考えない事を考えるのが指導者でしょう。国民目線に従わなければ政治家じゃない というのはポピュリズム(大衆迎合政治)です。
曾野: 文化とか個性は個人の「能動」で作るでしょう。それが今は「受け身」そのお陰で日本全体がどうしようもないほど幼稚になりました。
曾野: 人間愛、平和主義を採り続けることは意外に難しい。今原発を止めて電気が足りなくなると真っ先に病人や子供が死んでいきますから、みんな悩むわけ。そういう悩みを分らないのは、大人の考え方とは言えません。
橋本: 文明はそれ自体極めて中立的です。使い方によって人間に牙を剥いてくる事を知る覚悟も必要。

2013 年1月1日読売新聞
     ・新春対談(橋本五郎・曾野綾子)より抜粋
                             


東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成25年1月号)
UFOのハウリング【58】
出ない杭は腐る
鵜飼 哲夫 
 「善は急げ」という。善いことはためらわず実行した方が良い。しかし、いくら善くても、人の話を聞かず、先例も無視して独断専行すれば反発される。「急いては事をし損じる」のだ。「小異を捨てて大同につく」(融和を大切にする)に対し、「大事の前の小事」(大事を行う際には些細な事にも慎重に)ともいう。大切なのは場の「空気を読み」、的確に行動すること。しかし、「空気に流される」と判断を誤り、とんでもない結果を招く。……中略……若い頃、五木寛之さんと話す機会があり、若者十人ぐらいの意見で「出る杭は打たれる」という若者らしい愚痴に口を揃えたら、五木さんからの一言は「君たちね、出る杭は打たれる、と言うけれど、出ない杭は腐るよ」であった。……中略……諺は生かすも殺すも、発展させるのも、その人次第。ホンダの創業者、本田壮一郎は「能ある鷹は爪を隠す」というところを、「能ある鷹はツメを磨け」と言った。爪を隠したままでは進歩はあり得ない。失敗するよりも、失敗を恐れて何もしないことを恥じ、常に挑戦した人らしい思いが「磨け」に込められている。
         「読売新聞」(朝刊)2012年12月1日(土)
                「『ウ』の目 鷹の目」より 山本由宇呆
 
東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成24年12月号)
UFOのハウリング【57】
ピアノは「いま」を作っていく   遠山慶子
 
 「音楽(川柳)っていうものは、いつも新鮮でなくっちゃいけない」。私の先生、アルフレッド・コルトーはそう言ってました。音って一瞬で消えるでしょ。当然よね。止まることのない時間の流れと共に音楽(川柳)はある。だから私は、ピアノを弾く(川柳を詠む)時も過去を振り返らず、未来に向かって「いま」を作っていく。……中略……コルトーと初めて会ったのは18 歳の時。「きみは天然(ナチュラル)の木だ。ぼうぼうに伸びている枝を少し刈り込んだら、とても美しくなる」と言われて。先生は細かい事は何も言わない。「芸術家は自分を偉いと思ってはいけない。でも、聴衆(選者)にこびるのもダメ」一番大切なことだけを学んだのね。……中略……今年でコルトーが亡くなって半世紀。その間にピアニストを取り巻く環境は大きく変わりました。他人との比較に一喜一憂し、演奏会(句会)に追われ、一寸したミスにビクビクし……いまは芸術を熟成させるのに必要なゆとりがない。時代がそうだからどうにもできないけれど、いつか、此の流れが変わらないかなぁって思っています。必要なのはじっくり考えること。音楽(川柳)って一生勉強なのよ。私は78 歳だけど、いまだ判らずじまい。でもね、音楽は頭で理解しちゃいけない。心で感じないと。……(少し強引でしたかねぇ……由宇呆)

「読売新聞」(夕刊)2012年10月29日(月)「生老病死の旅路」より
                             


東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成24年11月号)
UFOのハウリング【56】
暗号句
  川柳や俳句は十七文字(音)の短い文芸ですから、同一の句や類似の句が出来ることも時々あります。これを暗合句とか類句と呼んでいます。故意に真似すれば盗作ということにもなりますが、多くの場合は善意(類句の存在を知らない)の暗合とみられ、偶然の結果と言えます。全国で日々何万という十七文字作品が作られ、発表される中で類句や暗合句あっても、普通は互いに知られず問題になりません。江戸時代に11万4千句を集めた川柳句集「俳風柳多留」にも、今となれば何千句という類句があります。
 全国的な大会で大きな賞が出されるような場合には、過去に類句がないかどうかも吟味することになり、万一発見された時には作者の了承を得て、後の句は取り消されることになります。選者も既視感のある句はよく注意を要しますが、日本川柳協会ではこのため検討小委員会を設けています。
                               今川乱魚
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(技術編)146 頁 より
 
 
東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成24年10月号)
UFOのハウリング【55】
川柳に似て非なる五七五   今川 乱魚
 
 川柳の課題は、それをめぐって心に浮かぶことを句にするために出すものですから、題そのものを五七五で解説しても川柳にはなりません。恐らく読者としては「ああ、そうですか。それがどうしたのですか」と思うだけでしょう。
 そういう句を「報告句」といいますが、単なる事実の報告や解説であれば、新聞の見出しの方がましかも知れません。それに神様や仏様がありがたいというだけの句も、「道句」といって川柳とはいえません。よく寺院や神社に道句が貼ってありますが、これは教訓や宗教上の目的をもったものであり、文芸ではありません。
 五七五のコマーシャルや標語も川柳に似ていますが、これも川柳とは違います。川柳は作者のこころを詠みます。
 人間らしい思いを適切な言葉と韻律をもって表現するのが川柳です。
 
  『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(生活編)より
                             

 
東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成24年9月号)
UFOのハウリング【54】
建前の社会には比喩表現も武器  今川 乱魚
  川柳は雅号の世界であると言えます。雅号は文人、学者、画家などが本名以外に付ける風雅な別名、と広辞苑にありますが、最近、学者の雅号は稀になりました。川柳人も本名を用いる人が増えています。
 雅号は世俗に身を置く自分と別に、風流、風雅の世界を楽しむもう一人の私、という意味で付けるものでしょうが、職場や地域社会とのしがらみを絶って、自由にものを言いたい時の隠れ蓑という面もあります。
 言論の自由な社会では、本名が増えるのは当然でありますが、サラリーマン川柳(第一生命が募集)などで、本名とも雅号とも言えない名称が付けられているのは、まだ建前の社会に対する遠慮があるのかも知れません。風雅とは別の理由で号が使われることもあるようです。川柳はズバリと本音を詠めますが、比喩によって間接的に、ことの真偽や評価を述べる武器も持っています。

   『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(生活編)より
 
 
東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成24年8月号)
UFOのハウリング【53】
匿名は落書きと同じ   今川 乱魚

 川柳界では、五七五で書いた悪口のような文芸に相応しくないものを川柳とは呼ばないこと、優れた川柳作品は出来るだけ教科書にも載せて貰うこと、を運動の一つとしています。
 前者の問題は、ふざけた句や名前はやめてもらい、作品に必ず本名または、キチンとしたペンネーム(雅号)を付けて発表して貰うという主張があります。
 私も以前、ある大新聞の社説で、川柳が作者名を省いて引用され、しかも一行詩である川柳に、原作とは違う切れ目(一字空き)が設けられているのに、注意喚起の手紙を出したことがあります。川柳を作る人も「匿名」とか「詠み人知らず」という表記はやめるよう心掛け、また川柳を載せる側も、作者名や表記法は大切にすべきで、名前のないものは、落書きと同じで文芸にはなりません。
 
   『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(生活編)158頁より


東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成24年7月号)
UFOのハウリング【52】
時事川柳東と西  今川 乱魚
 
 言論が自由になった戦後、時事川柳が盛んになりました。読売新聞朝刊では今は中面になりましたが、以前は毎日一面に作品を掲載していました。作品の募集は東京、大阪、九州で行っています。
 今日、ニュースの速報性は全国どこでも変わりありませんが、それによって作られる川柳作品には東と西で違いが見られます。東京ではニュースの即時性と作品の風刺性(特に政治批判)を第一条件とし、作者の感情を交えないドライな客観描写を追求しています。
 これに対して大阪では、今の世相を描きながらも作品の伝達性と作者の想いを重視し、作品の主観性も否定しません。これは選者の時事川柳観にもよりますが、作家集団が時事に特化している東と、一般の川柳も作る西との違い、あいまい性を生かす関西弁の風土とも関係があるようです。 なお、九州の作品は大阪の作風に近いと見られます。
 
  『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(生活編)より
 
東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成24年6月号)
UFOのハウリング【51】
作句練習に三分間吟も   今川 乱魚

 999番傘川柳勉強会(現999川柳会)では、練習のために即吟を取り入れています。題を出してから三分とか五分の短い間に句を作るのですが、最初はためらっていた人も馴れると二,三句は作ります。自分の句帳に控える余裕はないので、出来たら直接句箋に書き付けます。
その間は私語も無く、聞こえるのは鉛筆を走らせる音だけです。締切り時刻が来て緊張から解放された瞬間、何とも言えぬ爽快感があるのが即吟の醍醐味と言えます。
 井原西鶴が大矢数句会で一昼夜に一万三千句を作ったというギネスブック的な記録は別としても、江戸時代誹諧の連歌でも一句は平均六,七分で作られていたと推定されています。奈良時代から行われた宮中行事、「曲水の宴」も即吟の会と言えましょう。
 川柳の即吟は選者が選びますから作品の質も問われます。中には素晴らしい発想の句もあり、人間の頭脳活動の奥行きの深さを実感します。
 
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(生活編)81 頁 より 転載。
                             
 

東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成24年5月号)
UFOのハウリング【50】
パロディー川柳とは  今川 乱魚
 
 以前、俳句雑誌がパロディー(替え歌)の特集をすると言うことで、パロディー川柳の創作を求められました。一般にもよく知られている本歌をあげて、そのもじりを川柳として作句するのです。
 日頃、川柳は心を詠む詩であり、表面的な言葉遊びではないと主張していますので抵抗を感じましたが、同じくパロディーの俳句、短歌も載せるということでしたので作ってみました。
 本歌を換骨奪胎してまったく違う意味のものにするわけですが、本歌が真面目で、深刻であればあるほど、もじりの切れ味は良くなります。酒席での替え歌には卑猥なものもありますが、それなりの楽しみもあります。
 パロディー川柳を作りながら、人は多様な価値を持っており、一人の喜びが万人の喜びとは限らず、その逆もあり得ること、それ故に古来沢山の替え歌が生まれ、愛唱されているのだ、と感じました。
 
  『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(生活編)70頁より
 
 
東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成24年4月号)
UFOのハウリング【49】
避けたい中八とし止め   今川 乱魚

 作品の善し悪しを決める分り易い物差しの一つに「中八」と「し止め」という言い方があります。
 「中八」というのは五七五の七の部分が八音になっていることで、ほとんどの川柳選者が嫌って、そのような句を採りません。漢字四文字の熟語を用いると、よく中八になります。例えば、「学校生活」「新薬発見」などもそうです。このような場合、字余りの言葉を上五にもって行く(中七、下五は守る)ことにより、違和感を取り除くようにします。
 「し止め」は下五が、「〜し」「〜見」「〜来」のように動詞の連用形一音で終ることを言います。例えば、「停電し」「学習し」「脳波を見」のような漢字二文字で三音、四音の熟語を使うと「し止め」になりがちです。これを防ぐためには、動詞以外の一音の語と替えたり、終止形に直して、頭でっかちな感じを取り除く方法が取られます。
 
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(生活編)34 頁 より 転載。
                             
  
     
東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成24年3月号)
UFO のハウリング【48】
謎句や地口はユーモアではない  今川 乱魚
 
 川柳に似て非なるものに謎句や地口(もじり)があります。言葉の表面だけの面白さを狙った機知には違いありませんが、人情を詠む川柳とは別のものです。
 「九十九はゑらみ(選び)一首はかんがへる」(柳多留)は小倉百人一首を撰した藤原定家のことです。答を聞いてなるほどと言わせるところが機知ですが、それ以上のことは言っていません。
 「四十七人義士ゝゝと橋を越し」(柳多留)は義士と擬音のギシギシとを掛け、同音異義の言葉の面白さを洒落ているものですが、下手な洒落で人をくすぐろうとするのは却ってしらけさせることもあります。川柳は、言葉の表面だけではなく内容の意味でユーモアを詠む文芸です。また川柳には風刺や穿ち(うがち)といった知的な要素がありますが、言葉だけの遊びではありません。
 
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(生活編)23 頁 より 転載。
                   
 
 
東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成24年2月号)
UFO のハウリング【47】
CMや標語は川柳ではない   今川 乱魚

 川柳に似て非なるものに謎句や地口(もじり)があります。言葉の表面だけの面白さを狙った機知には違いありませんが、人情を詠む川柳とは別のものです。
 「九十九はゑらみ(選び)一首はかんがへる」(柳多留)は小倉百人一首を撰した藤原定家のことです。答を聞いてなるほどと言わせるところが機知ですが、それ以上のことは言っていません。
 「四十七人義士ゝゝと橋を越し」(柳多留)は義士と擬音のギシギシとを掛け、同音異義の言葉の面白さを洒落ているものですが、下手な洒落で人をくすぐろうとするのは却ってしらけさせることもあります。川柳は、言葉の表面だけではなく内容の意味でユーモアを詠む文芸です。また川柳には風刺や穿ち(うがち)といった知的な要素がありますが、言葉だけの遊びではありません。
 
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(生活編)23 頁 より 転載。
                             

 
東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成24年1月号)
UFO のハウリング【46】
壁は充電の好機  今川 乱魚
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(生活編)44 頁 より 転載
 
 川柳を始めた当初は面白くて、雑誌や新聞に次から次へと投句したくなるものです。私自身の体験を顧みても、機会があれば、どこかの川柳句会に出てみたくなります。雑誌や句会で、句が入選しようものなら、天にも昇る気持ちになります。
 でも、必ずといってよいくらい、壁にぶつかって、句ができなくなったり、入選しなくなる時期が来るものです。技術開発も同じですが、その迷いの時期を如何にブレークするかが、次の発展に関わってきます。
 迷いの時期は充電に当てるのがよく、川柳の歴史や理論を勉強したり、優れた人の作品を読むのも効果があります。すると、再び作句する元気が出てきたり、発想の転換ができて面白い句ができるようになります。大事なことはここで諦めて作句をやめないことです。やめることは簡単ですが、復帰へのエネルギーが(再度)必要となります。
                   

 
東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成23年12月号)
UFO のハウリング【45】
視点を変える   今川 乱魚

 川柳の面白さに、日常誰でもが目にしたり体験することを、視点を変えて詠むということがあります。ある事柄を短い言葉で正確に表現するということであれば、新聞の見出しにかなわないかも知れません。でも人は見出しより川柳の方を面白いと想い、よく記憶するでしょう。
その理由の一つはリズムの良さですが、もう一つは変わった視点と表現で非日常的に描写するからです。例えば「回転」の題から「脳」「輪転機」を連想するのも楽しいですが、さらに「頭に注油」とか「輪転機瀧のよう」等の表現が読み手の意表を突きます。
 また、「受精」の題では、「手で混ぜる筋子の受精」とか「受精をせまる杉花粉」といった事実とも虚像ともつかない言い回しが、読み手に軽い緊張を与え、それが面白みにつながります。常識にどっぷり漬かり常套語句を使うとき、川柳は活力を失います。
 
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(生活編)45 頁 より 転載
                             


東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成23年11月号)
UFO のハウリング【44】
作句の時と場所  今川 乱魚
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(生活編)46 頁 より 転載
 
 川柳は何時作るか、ひとりでに句が出てくるのか、という質問をよく頂きます。私の場合は通勤途上が三分の一、書斎(居間、応接間、廊下の隅を日によって移動する)が三分の一、句会場が三分の一と言えます。
 文章を五七五音にまとめる癖が身につきますと、完成品とまではいかなくても、半製品ぐらいにはなって句が出て来ます。これを句帳に急いでメモします。これこそ名句なりと思っていても、時間が経つと忘れることが少なくないからです。夜中に目が覚めたときに思いついた句は、古雑誌に赤鉛筆で書き付けると良い、ということを聞いたことがあります。
 作句で一番楽しい時間は、句会で課題に取り組む時です。締切り(時刻)に迫られながら、頭の中のコンピュータで最適と思う句語を検索し、組み合わせ、それが最初のイメージにピタリと重なる時、荷を一気に下ろしたように開放感を味わうことが出来ます。
                    (山本 由宇呆)

 
東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成23年10月号)
UFO のハウリング【43】
良い川柳を選ぶ選者の目
(※ 選者の目=自句を推敲する自分の目……編集)

 川柳が「笑い」を大事な要素としている文芸であることは間違いない。大衆もそれを望んでいるからこそ、江戸時代中期から今日まで脈々と続き、身近な短詩として愛されてきた。「ユーモア」は「笑い」と似ているが、弱者をからかったり、人をあからさまに罵ったり、下ネタで笑わそうとするものはユーモアに値しない。
 現代川柳の特色は、他人のことを詠むよりも、自分自身の内面を詠み、笑いについても自分の愚かさや人間共通の弱味を、連帯して乗り越えて行こうとする意識が求められる。人の温みを感じられる、上品な笑いの川柳を、良い「ユーモア川柳」と呼びたい。川柳にはこのほか、涙や風刺の句があり、軽みや抒情の句もある。
 川柳は非常に幅の広い人間風詠の文芸なのである。これらを貫く最も基本的な視線は「穿ち」であり、私(今川乱魚)はこれを「実体的真実追究の眼」と呼び、時には親しみやすく「ほんとのほんと」と呼んでいる。「穿ち」は江戸の川柳書「誹風柳多留」の作品にも数多く見られ、いわば川柳の精神的風土を形作る要素とも言うべきものである。
《 中略 》
川柳は何でも自由で、一見何の約束事も無いように見られがちであるが、前述の作句の視点に加え、川柳としてのリズムや形式美がなければならない、と私(乱魚)は信じている。単に笑いがあるというだけで、投げやりな言葉を使った句、五七五のリズム、特に中七、下五を守らない句、或いは俳句のまね事のような句を選ぶことは、選者として慎まなければならない。
(今川乱魚)
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(生活編)あとがきより
                                                  (山本由宇呆)


東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成23年9月号)
UFO のハウリング【42】
核連鎖嘘の上塗りへと続き  今川 乱魚
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(技術編)より    
 核連鎖反応とは、原子炉内で核分裂反応が連続して起こること。その反応の速度を制御棒の操作や冷却水の循環により一定に保つことで、発生する熱量を制御し、発電機タービンへ送る蒸気量をコントロールしている。今回のフクシマ原発事故は、冷却水の循環設備が津浪の被害で壊れ、機能しなくなったのが直接の原因である。
 第一線の技術者達は、その時その時の最善の手段を模索しながら、放射能の危険の中で、活動したことだろうと信じたい。如何せん、国民やジャーナリストへのスポークスマンに、有能な人材がいなかったことは、我々にとって不幸なことだった。技術バカの受け売りを政府の素人が垂れ流したばっかりに、将に「嘘の上塗り」を続けたと言わざるを得ない体たらくだった。ましてその素人が、権力を嵩に着て、作業工程や作業方法にまで口出しをする常識外れだった。上記の句は2004年11月13日付け初版、181 頁に選者吟として掲載されている。今年(2011年3月)のフクシマ原発事故を予測したような句で、乱魚師のニヤリが目に見えるようだ。
                    (山本 由宇呆)

 
東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成23年8月号)
UFO のハウリング【41】
「進化」  もうちょっとだったと悔やむ類人猿 渋江 昭一
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(科学編)より    

 類人猿とは、サル目(霊長類)ショウジョウ科の猿の別称。ヒトに最も近縁。現生では、ゴリラ、チンパンジー、オラン・ウータンと数種のテナガザル。限りなくヒト科に近いことから、訓練で人間の2〜3才児の知能を持てることが実験されている。
 SF映画で「猿の惑星」というのがあった。宇宙船の事故である惑星に不時着すると、そこは猿が高度の知能、文明を持ち、人間始め他の生物を支配する星であった。というお話。
 今度の大震災や原発を初め、自然を支配する(した)つもりになっていると、自然からとんでもないしっぺ返しを食らうかも知れない。まして国会で権力争いなどしている閑はないのだが。
 類人猿から「だから言ったのに」などと言われないように、智恵を出し合わないと、とんでもないことになりそうである。
                                                  (山本由宇呆)


東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成23年7月号)
UFO のハウリング【40】
衛星が日本のずれをたしなめる   舩津 隆司
見たこともないのに核を口にする   宮内 可静
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(生活編・平成17年)より    
 今年3・11 の大地震で、太平洋プレートと大陸プレートの境界線が、24 メートル移動したことが衛星の観測で解った。通常1年に2〜3センチメートルずつ潜り込んでいくので、約1000 年分元に戻ったということらしい。常識では考えられない時間的スケールの話で、まだ別の場所で(伊豆沖、東南海沖、南海沖 などなど)裂け目が移動する可能性があるという。それは何年後かというと今から30 年〜50 年後という大らかさである。日本の政治家は自分の政治生命さえ無難に過ごせばいいと考えているので(ということはその政治家を選んだ我々国民も)、何十年後に起きるかも知れない災難へ予算を掛けることなどしない。このようにして創った原発が、海岸線沿いに50 基あまり津波を待っている。そして科学者・専門家は「安全」の自己暗示を掛けて、臭い物に蓋をしてきた結果が、今回の泥縄である。テレビ学習で、見たこともない核について詳しくなった。一億総原発学者が勝手にしゃべり出し、本能的に動き出すと、笑い事では済まなくなりそう。
                    (山本 由宇呆)

 
東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成23年6月号)
UFO のハウリング【39】
グラインダー火花の形で知る鋼種 竹内 紫錆
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(生活編)より    

 小学唱歌「村の鍛冶屋」はご存知だろう。「しばしも休まず、槌打つひびき、飛び散る火花よ 走る湯玉………」鉄と鉄を打ち付けると、火花が飛ぶ。この句で言う「鋼種」は将に「鋼(鉄、はがね)」の種類。製造工程(800 度C位に上げた温度から、常温に冷却する速さによって、焼き入れ、焼き鈍(なま)し、焼きならし(焼準)という処理工程がある)での「硬
度(硬さ)」の差、炭素やシリコン、モリブデンなど、微量含有物の違いなどで、グラインダー加工時の火花の形が違うのだ。昔の鍛冶屋さんなど、職人さんのベテランになると、この時に飛ぶ火花の形によって、硬さや鋼の種類が分かるという。
 話は変わるが、線香花火の火薬に含まれる微量の元素によって、色が変わるのは昔から知られている。化学の炎色反応を思い出す方もおられよう。リチウムは赤、ナトリウムは黄色、カリウムは紫、銅は緑、カルシウムは紅、バリウムは緑。同時に、含まれる鉄粉の質や量で、火花の形が違うのだ。その理由は、この句に由来する。この夏、線香花火を楽しむときは、この句を思いだして欲しい。
                                                  (山本由宇呆)
 

東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成23年5月号)
UFO のハウリング【38】
課題「振動」 免震が地震の揺れを受け流す 山下 博
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(科学編)より    
 「免震」とは、「免震構造」(建築物と基礎との間にゴムやバネなどを使って、地震の際に建物の振動を緩めるようにした構造。……広辞苑)筆者の従姉妹が液状化で悪名を馳せた浦安に、昨年耐震、免震のマンションを買って移り住んだ。先の3・11 の際には自宅の目の前のスーパーで買物中だったが、揺れが収って外に出ると道路が川になっていて、腰まで水に浸かりながら家に帰ると、何一つ異常が無かったとのこと。あとで、隣近所に聞くと、「そう言えば少し動いたかな」という感じだったという。気が付けば、電気は良かったが、上下水道とガスが完全遮断で、一月経った今も下水が復旧していないらしい。トイレは「猫の砂」で、洗い物は一切無し。(流せないから)物ぐさには丁度イイよ、などと笑っているが大変だろうことは想像が付く。風呂は一人住まいを誘って「スーパー銭湯」へ一日置きに。災害には、街全体をひっくるめた総合対策が必要なことを、三万人の尊い犠牲を払って、日本はこれから学ぼうとしている。さて、どこまで身に染みているか、国民ひとり一人が試されているのだろう。
                    (山本 由宇呆)


東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成23年4月号)
UFO のハウリング【37】
課題「暗合」 山と川命をかけた合言葉  矢守 長治朗
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(科学編)より    

 講談「赤穂義士銘々伝」の中に「時は元禄十五年極月十四日。軒の棟木に降り積もる雪に映るは味方の松明。山と言えば川と応える山河勝句の合言葉」という一節がある。夜襲を掛けるとき、暗闇の中で敵味方を知る方法として、自分たちだけが知る合言葉が、いわゆる暗合として用いられた。元禄時代は誹諧が盛んに行われ、赤穂浪士四十七人の中でも、俳号を持っていた人が九名もいた。中でも大高子葉(大高源吾)が有名で、数々の逸話を残している。
 この頃の出来事を年代順に追ってみると、元禄七年(1694)二月、高田馬場で中山安兵衛(のち堀部安兵衛)が伯父の果たし合いの仇討ちをした。四ヶ月後に大津でこの事件を聞いた芭蕉は「宿々で話のかわる喧嘩沙汰」という句を詠んだ。当時の時事吟である。芭蕉はこの年に死んだ。元禄13年(1700)に徳川光圀が死んでいる。元禄14年(1701)に浅野内匠頭の刃傷、元禄十五年(1702)赤穂浪士の討ち入り。そして元禄十六年(1703)室鳩巣の「赤穂義人録」発刊と続く。
                                                  (山本由宇呆)
 
 
東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成23年3月号)
UFO のハウリング【36】
放射状にこころを配る母の愛    穴澤 良子
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(科学編)より    
 
 この川柳のお題は「放射」である。広辞苑によると@中央の1点から四方八方へ放出すること。A「理」光・熱などを外に放出すること。輻射。とあり、六十歳代後半以上の方々には「輻射」と言った方がピンとくる。例えば、熱の伝わり方には3種類あって、この輻射のほかに「熱伝導」「対流」がある。「熱伝導」は物体を媒体とした伝わり方。「対流」は空気や水などを媒体とした伝わり方。例を挙げれば、夏の陽射しの中で、陽射しが暑く感じるのは「放射(輻射)」、日陰に入っても暑く感じるのは「対流」、置きっぱなしの車に触れば熱く感じるの
は「熱伝導」、ということ。
本書の解説には「熱や光が一方から他の物体に、直接達すること」とある。「直接達する」というのがミソで、空気など殆ど無い月の表面温度は、太陽が当っている面では最高120度Cである。因みに、日陰は最低マイナス170度Cだそうである。子供の頃、この3種類の熱伝導の差が理解できなくて、悩んだことを思いだした。
句は@の意味で、「まんべんなく。公平に」ということを、強く意識している。さしずめ、スキンシップは「熱伝導」で、ジッと見詰める眼差しは「放射(輻射)」で、母という雰囲気は「対流」でもあろうか。
                    (山本由宇呆)


東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成23年2月号)
UFO のハウリング【35】
天の川が邪魔だねベガとアルタイル  おかの容子
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(科学編)より    

 星座というのを体系的に知ったのは、小学校四年(昭和23 年)、初めて教科書らしい教科書を手にした時である。しかも理科だけがカラー版で、副題は「空には何がみえるか」。
おまけにこの年の5月9日に、礼文島で金環食(皆既日食に近い)が観測され、新聞に大々的に紹介された。それまでに父から聞いていた話は、太陽系、ハレー彗星、北極星と北斗七星、七夕の牽牛星と織女星。星座は大熊座、小熊座、カシオペア座、オリオン座、白鳥座、昴。面白くて一週間ほど読み続けて「銀河系宇宙の直径が20 万光年(当時の説)」まで来たとき、将来は絶対、天文学者になってやると思った。
 ベガは琴座の首星。俗に織女星、織り姫ぼし。白色で光度0.0 等(一等星より明るい)。アルタイルは鷲座の首星。俗に牽牛星、彦星。白色で光度0.8 等(一等星より明るい)天の川を挟んだ二つの星が年に一度しか会えないという七月七日には、天の川を暗くして逢瀬を楽しませたいという作者の優しさ。この風習は日本、中国、台湾、ベトナム、などに伝えられる。
                                                (山本由宇呆)


東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成23年1月号)
UFO のハウリング【34】
赤い血をみんな持ってる肌の色   井ノ口 牛歩
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(生活編)より    
 
 血液の赤い色は、赤血球に含まれる血色素(ヘモグロビン)による。容易に酸素と結合し、主に脊椎動物の呼吸に於ける酸素の運搬に重要な働きをする。構造式は中央の核になる元素は「鉄」(Fe)で、周りにタンパク質の成分、C,O、N,H、Sなどが2265 個、有る規則性
をもってがっちり固まっている。ところで、植物においてこの呼吸に相当する作用は、炭酸ガスを吸収して酸素を作り出す(排出する)炭酸同化作用で、これに重要な働きをするのが、葉緑素(クロロフィル)である。構造式は、核になる元素はマグネシュウム(Mg)で、その周りの元素の繋がり(構造)が、ヘモグロビンのそれと少なくとも90 数%はそっくり重なるのだ。今から40 年ほど前、平凡社の百科事典でこの事実を見付けたとき、動物と植物のはるか昔の祖先が同じだった事を、私は確信した。それが何だと言われたら、黙って引き下がる他はないが、私にとって大発見であったこと。
                          (山本由宇呆)


東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成22年12月号)
UFO のハウリング【33】
文明を生んだ大河の持つ威厳     長谷川 路水
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(生活編)より    

 我々が小学生の頃、世界の四大文明というのを教わった。そしてその文明は大河の流域に発展したという。ナイル川流域のエジプト文明、チグリス・ユーフラテス川流域のメソポタミア文明。インダス・ガンジス川流域のインダス文明、黄河流域の黄河文明である。上流の肥えた肥料を平野に運び農業を発展させ、定住化により都市を造り、民族を組織化し国家を成立させた。船を利用しての貿易も広がり、契約のための文字が発達し、痕跡を保存する手段を残した。
 この考え方はアジアでは広まったものの、ヨーロッパでは受け入れられなかった。現在では、南北のアメリカ大陸におけるメソアメリカ文明、アンデス文明を加えて、世界六大文明というらしい。中国でも黄河だけでなく、揚子江流域でも沢山の遺跡が発掘されているようだ。
 考古学の世界はまだまだ未知の分野が多そうで、地味な仕事だが面白そうだ。句は、川幅数キロという大河には、我々には計り知れない威厳が備わっているのだろう。何時か行ってみたいものだ。
                                 (由宇呆)


東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成22年11月号)
UFO のハウリング【30】
振り返る時坂道になっている   杉山 太郎
杉山太郎川柳句集 『青空をお付けしました水たまり』より
 
 ある時、歩いていて疲れたなぁとふと振り返ると、気付かないうちに緩やかな坂道を上って来たのに気付くことがある。また逆に、意外に道が捗ったなぁと振り返るとなだらかな坂道を降りてきたことに気付く。さて、アナタはどっちですか?
 車を運転していて、ほとんど気付かない上り坂に掛かったとき、気付かないままにアクセルを踏み込まないのでスピードが遅くなり、後続車も無意識にそれに吊られて、自然渋滞の原因になるのだと、何かで読んだことがある。人間の感覚などはいい加減なもので、ほんのちょっとした変化には反応しない。気付かないままに、お年寄り(筆者も含めて)の熱中症になる確率は異常に高いし、中には認識しても意地で我慢して、死んでしまうことも今年は多かったらしい。そのくせ、相変わらず「オレオレ詐欺」に引っかかる人も後を絶たない。「老いては子に従え」というものの、従う前に自分で考えられる脳を、川柳で鍛えておきましょうよ。
                          (山本由宇呆)


東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成22年10月号)
UFO のハウリング【31】
        『万葉集』より
君が行く道のながてを繰(く)り畳(たた)ね
焼き亡(ほろ)ぼさむ天(あめ)の火もがも郎
    君我由久 道乃奈我弓乎 久里多ゞ祢
    也伎保呂煩散牟 安米能火毛我母(茅上娘子(ちがみのおとめ))
    『声に出して読みたい日本語』齋藤 孝著(草思社)より
    (口語要約……貴方の行く道を折り畳んで焼き滅ぼす
     天の火があったら良いのに 齋藤 孝)

 この歌に初めて出会ったとき、「道(つまり空間)を折り畳む」という発想に驚いた。これは将にSFに良く使われる「ワープ航法」の原理そのものではないか。また、「天の火」とは、落雷の何百倍の火の矢の束。当時の感覚では「宇宙の果てから来るレーザービーム」。
 勿論作者はそんな発想は意識し得なかったと思うが、その壮大さに文句なく兜を脱ぐ。落雷による破壊の跡に漂う焼け焦げた匂い、怪獣が引き裂いたような大木の跡の恐ろしさに、当時の人々は「風神、雷神」を見た。万葉の恋歌に垣間見たSFの兆し。 (由宇呆)


東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成22年9月号)
UFO のハウリング【30】
課題「炉」
 出稼ぎの父戻る日の囲炉裏ばた   斎藤 青汀  
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(技術編)より
 ♪津軽〜平野に〜雪降〜る 頃はよ〜 ・・・♪ 「囲炉裏」は懐かしい言葉であり、情景である。父の実家も、母の実家も農家で、大黒柱を背にした囲炉裏の一角が家長の定席だった。特に母の実家は、私の母を長女に9人姉弟で、私が物心ついて遊びに行くようになった頃、家族は家長つまり私の祖父、祖母、跡取りの長男とその嫁、三男、四男、五男と曾祖母と、八人同居だった。囲炉裏の家長席と跡取りの長男席は決まっていて、私が遊びに行くと、一族の孫の筆頭として席が与えられた。五男つまり私にとって叔父上は私と一つ違い、人生の先輩が風下にいることが気に入らない。よく分からないまま席を取られていると、家長が叱る。そんなことをしながらも、良く面倒を見てくれた良い先輩であった。
 そんな彼も病を得て、五年前に亡くなった。酒が強い家系だったが、酒で早死にが多かったようだ。しかし、曾祖母は96 歳まで畑で働いて1 日寝て死んだ。慶応の生れで、赤ん坊を負ぶったまま寺子屋から小学校に編入されて、二年で卒業したのが自慢のモダン婆さんだった。そういえばひい婆ちゃんは囲炉裏のどこに座って居たのだろう。覚えていない。
                    (山本由宇呆)


東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成22年8月号)
UFO のハウリング【29】
落ち着いたかいと尋ねるカレンダー  杉山 太郎
『杉山太郎川柳句集「青空をお付けしました水たまり」』(新葉館出版)より
 喜怒哀楽のうち、普通、喜と楽は出来るだけ永く続いて欲しいものであるし、怒と哀は、直ぐにでも忘れたいものである。特に、哀は、場合によってなかなか忘れられない。親しい人が亡くなった時など、何年も忘れられないものだ。しかし、人間は、忘れる動物。時間とともに良い想い出だけが残り、悲しいことは記憶の彼方へ消える。巧くできているものだ。以前に、時間が悲しみを癒してくれることを「日薬(ひぐすり)」というのを知ったとき、思わず膝を打った。
 句は、一月ごとにはぎ取るカレンダーが「落ち着いたかい」と聞いてくるように感じる、という意味。作者もまた、この優しさを持った人であるようだ。

   三回忌過ぎて日ぐすり効き始め    由宇呆

                             山本由宇呆


東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成22年7月号)
UFO のハウリング【28】
戦っていないと墜ちる軍事力   杉山 太郎  
『杉山太郎川柳句集「青空をお付けしました水たまり」』(新葉館出版)より
 勝海舟が無役だったころ、幕府の海防体制を整えるにはどのくらいの時間が必要かと聞かれた時、五百年は掛かると答えて、座を白けさせたことがあるそうだ。その時の話に続編があって、「軍艦は金さえあれば直ぐにも揃うだろう。が、それを運用する人は、何年もかかり、交代要員を整え、新人の養成機関を作り、絶え間なく人員を補給すること、つまりソフトウエア
が大切だ」と言うことを分からせるのが,大変だったらしい。句の軍事力は勿論、ソフト、ハード 含めての話。技術は日進月歩、普段の訓練に加えて、実戦でないと分からない事がいっぱいあるのだ。今はコンピュータシミュレーションで、結果は計算できるが、あくまでも計算上の話。構造が複雑で実際に動かしてみないと分からないプルトニューム型原爆は、いやでも実験が必要。全くやっかいな武器に人間は手を付けてしまったので、後戻りが出来ない。
 話は戻るが、勝海舟の人員補給の心配は、大和が沈むまで解消されず、戦後の「モーレツ社員」に引き継がれた。今は知らない。
                    (山本由宇呆)


東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成22年6月号)
UFO のハウリング【27】
少年の記憶に紅色の夕日  杉山 太郎
『杉山太郎川柳句集「青空をお付けしました水たまり」』(新葉館出版)より
 私にとっては、昭和20年8月15日の夕日。8月1日深夜の空襲で、富山市が見渡す限りの焼け野原になった。焼け残ったガスタンクの巨大な骨組みの向うに、でっかい紅色の夕日が沈んで行く。お隣の同級生(国民学校一年生)の洋子ちゃんと並んで、その夕日を眺めていた。今思えば、実に久しぶりに家の外に出ても、母から止められなかった。昨日までは必要なとき以外は家の外に出ると叱られたのに。何故なら、何時グラマン(米軍艦上戦闘機)に撃たれるか知れないから。事実、夏休みに入る少し前、空襲警報が鳴って学校から急いで帰るとき、機銃掃射に遭った。怖かったが、向うも怖いと見えてまるであらぬ方を撃ってくれたので助かった。田んぼの中の二軒長屋だった借り上げ社宅の我家は、五発の焼夷弾を消し止めた伯母の活躍で焼け残り、住だけは確保できた。空襲で電気は来てないから、玉音放送など話題にも上がらなかった。終戦を知ったのは、4〜5日経ってから。大人たちがどんな気持ちであったか、考えも及ばなかった 総領の甚六であった。                                                                (山本由宇呆)



東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成22年5月号)
UFO のハウリング【26】
能力の判断いつも他人様   太郎  
『杉山太郎川柳句集「青空をお付けしました水たまり」』(新葉館出版)より
 人は常に、物事に対する判断基準を自覚していないと、他人との比較、つまり偏差値で判断し、しかもその結果に一喜一憂するというムダを繰り返す。並の人間は絶対的な判断基準を作り上げることが中々出来ないので、手っ取り早く他人と比較する。自分の能力発展には、他人との比較分析は大いに有効である。しかし、人間には感情があり、欲望があるので、他人より勝っていれば、得意然となり、他人より劣れば、妬みそねみする。
 勝海舟の『氷川清話』に「行蔵は吾に存す。毀誉は他人の主張。吾に与らずと存じ候……」という言葉がある。「行」は「行い」。「蔵」は「出処進退」。「毀誉」は「褒めたり、貶したりすること」。この言葉は、福沢諭吉が自書『痩せ我慢の説』の中で、勝海舟の明治政府への出仕(幕府側の人間だったにもかかわらず、明治政府の役人になったこと)を皮肉り、非難したことへの反論と言われている。言葉の裏には、意地を通すのもいいが、何か事を為すには相手の懐に入った方が良い場合もある。事実海舟はその後、旧幕臣を明治政府に推薦し、自分の主君であった徳川慶喜の賊軍という汚名を漱がせる陰の活躍をした。彼のような天才だから出来たことだろうか。                                                                      (山本由宇呆)


東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成22年4月号)
UFO のハウリング【25】
箸置きの仕事は理解されにくい  杉山 太郎
『杉山太郎川柳句集「青空をお付けしました水たまり」』(新葉館出版)より
 子供の時のなぞなぞ遊びに「使うときは使わず、使わない時使うもの、なあに?」というのがあったのを、この句に出逢って久しぶりに思いだした。答はたしか「風呂の蓋」。この伝でいくと「勝鬨橋」や「引き出し」「本棚」、女性ならば「針山」(針刺し、針坊主 とも)や布団袋など収納ケースの類、などなど。この類の物は、使用中でないときの価値は認識されにくいので、仕分けの対象になりやすい。無駄と思って処分してから、初めてその価値に気付いて慌てるのはよくあること。目の前にあって気付かない物ほど、心せねばなるまい。人間も然り、目立たない仕事を黙々とこなしている人があってこそ、世の中が成り立つ。仕事に貴賤はないなどと声高にい言う人ほど、ともすれば忘れがちになるので、気をつけたいものだ。                                           (山本由宇呆)



東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成22年3月号)
UFO のハウリング【24】
濃くなっていく失ったものの色  杉山 太郎
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(技術編)より
 「去る者は日々に疎し」と言う。亡くなった人は月日とともに次第に忘れる。親しかった人でも遠ざかると次第に情が薄れる。普通は、過ぎ去る時間とともに記憶は薄れて行くものだ。その常識を打ち破っている逆転の発想が秀逸。作者の積極的な前向き人生が充実している証か。
                          
笑い合うだけでも会った意味がある  杉山 太郎
 IT時代のケータイ、パソコン人間には特に注目して欲しい。情報化の時代でキーを押せば手軽に見たい,聞きたい情報が手に入る。その分だけ人との接点が,機会が少なくなった。言い替えれば、人付き合いの練習が減り、人付き合いが下手になった。加えて、人間は五感(見る,聞く、触る、嗅ぐ、舐める)をフルに活用して、女性などは第6感まで使いこなして情報交換をする。画面から得られる情報など多寡が知れていることを、この際認識して欲しい。特に、人は老齢化に伴い出不精になる。努めて週に1〜2回は出掛ける処を確保して欲しい。
                    (山本 由宇呆)
(いずれも、杉山太郎川柳句集
      『青空をお付けしました水たまり』 新葉館出版より)


東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成22年2月号)
UFO のハウリング【23】
課題『接着』
絡み合い面ファスナーがはがれない  山下 博恵
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(技術編)より
 面ファスナーってご存知?マジックテープと言えば、あぁ、あれかと頷かれるだろう。「マジックテープ」をインターネットで検索するとホームページのトップに「マジックテープは(株)クラレの面ファスナーの登録商標です」と書いてある。原理は、ループ状の微細な輪を植え付けた布(A面)と、先端を曲げたカギ状のフックを植え付けた布(B面)をしっかり押し付けると、フックがループに引っかかって少々の力では剥がれない。かなり強く引っ張ると剥がれる。1948 年スイスで散歩に出た人が、服にくっついてなかなか取れない野生ゴボウの実を顕微鏡で調べて発明した。日本では1960年新幹線の客席のヘッドレストカバーの留め具に採用されて急速に普及した。今では衣服のボタン代わりに大いに使われているなど、生活面
での利用度は高い。因みに、ドライクリーニングは特殊な場合を除き原則的にOK.アイロン掛けは、布を掛けた上から、または裏側から当てて欲しいそうである。                                          (山本由宇呆)



東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成22年1月号)
UFO のハウリング【22】
   課題「静止」
イチローの目に静止する一〇〇マイル
             田辺 進水
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(技術編)より
 物体の移動は経過する時間との関係式で表わす事が出来る。別の言い方をすると「移動する物体は或る瞬間を捉えると静止している」。句は、イチローの目で見ると、バットが球を捉える瞬間が見えるのだ。動体視力(動いている物体をハッキリ見定める力)が良いのである。ところで年配の方は「打つ球が止まって見える」という言葉を覚えておられるだろう。「打撃の神様」「弾丸ライナー」「赤バット(対して青バットは急映フライヤーズ・大下弘)」などともて囃された巨人軍の背番号16 川上哲治(かわかみてつはる)の言葉である。銭湯の下足フダの「16」が腕白どもの先陣争いの種になった時代だ。弾丸ライナーの思い出は、『野球少年』という雑誌の誌上実況中継(NHKアナウンサー・志村正順)で、「のっしのっしと左打席に入った川上が、赤バットを一閃するとボールはぐーんと伸びて左翼席上段に飛び込みました。ネット裏中段にあるアナウンサー席から見て、ボールの軌道が左翼席後ろにある看板より上には出ませんでした。・・・
・・・」ラジオならではの描写ではないか。左打者がレフト側へライナーのホームランを打つ。少年の憧れだった。今回は野球のことだけで紙数が尽きてしまった。本論は別の機会に。。
                                                   (由宇呆)


東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成21年12月号)
UFO のハウリング【21】
課題「アナログ」
 アナログであと何分かすぐ分かり    中村 知恵
課題「デジタル」
 デジタルをアナログ化して生きている   柏木 明博
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(技術編)より
 デジタル時計という言葉でも分かるように、或る数量を数字で表わす(考える)ことを、デジタルと言う。対して目盛板を針で指し示した時刻のように、その数の変化を眼で確認できる表示方法をアナログと言う。上記のアナログの句は、見慣れたアナログ表示の時計だと,目的の時刻まであと何分かが、目分量という経験からすぐ分かることを言っている。同じ事をデジ
タル表示で考えると、ややこしい60 進法の引き算をしなければならず、すっと分からない。
 下記のデジタルの句は、数字表示の何時何分を一旦長針短針の時計のイメージに頭の中で置き直してから、目的に近づくという作業をしているのにハッと気付いた。
 こんなことが時計だけの世界に限らず、気付かないままに文明の進歩に随って起きているのではないか。総じて、科学技術の進歩について行けないと自分で思っただけで、アナログ世界に逃げ込んではいませんか。それは危険なことですよ。果敢な挑戦は自分なりの成果が得られます。独り善がりであってはならないが、良い先生に出会えさえすれば大丈夫。頑張りましょう。                                 (山本由宇呆)



東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成21年11月号)
UFO のハウリング【20】
   課題「船」
島巡り舵は一等航海士   勝賀瀬季彦湖
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(技術編)より
 船は男のロマンである。自分で動かせる手漕ぎボートから、ヨット、大型帆船、豪華客船、軍艦(戦艦、航空母艦、潜水艦などなど)まで、人生の何処かで、夢中になった事だろう。元の会社のメンテナンス部門に在籍したとき、商船大学の機関科出身者が3人いて、いろんな話を聞く機会があった。大型船にはチーフオフィサーが7人(船長、航海士、機関長、事務長、通信士、ドクター、甲板長(ボースン))いて、1日1回食事を共にする。一つの顔合わせがチームワークの源である。この辺の消息については、北杜夫の『どくとるマンボウ航海記』(文庫版)に詳しい。船が小型になるにつれて、兼務が増えていって、小さな漁船では、船長が一人で作業員までも兼務する。句の、島巡りの渡し船的な小さな汽船は(正式には外航ではなくて、内航、沿岸を航海するだけの)、船長の資格がなくても一等航海士の資格があれば、運行できることを詠んだものか?想像では、資格免状が標示されていたのかもしれない。因みに、20 トン未満の船舶の船長資格は「1 級小型船舶操縦免許証」という。芸能人でも森田一義氏(俗称タモリ)がこれを持っているようだ。
                                                   (由宇呆)


東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成21年10月号)
UFO のハウリング【19】
まばたきの通信今も強い武器  木村 一路
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(技術編)より
 「瞬き」は眼を瞬間的につぶる(瞑る)こと。英語では、@自然にするまばたきをblink、A意志的にするまばたきをwink、B星(光)のまたたきをtwinkle、と区分する。@は、眩しくて、目が乾いて、など無意識的にするもの。Bは、キラキラ星の歌詞「twinkle, twinklelittle star -----」でおなじみ。この句でいう「まばたき」はA。目配せ、目交ぜ、目弾(めはじき) など、古典にも多数見られる。「ウインクをすれば両目をつぶっちゃい」という句も思い浮かぶ。
 一方、ジッと見詰める、凝視は、もう殆ど退化してしまった超能力の一種、察知能力(自分以外から放射される視線や感情線を察知する能力)を、時々思い起させる。何かに見られているような気がする、誰かに話しかけられたような気がする、という経験はないだろうか。どんなに文明が進歩しても、人が動物である以上、超能力は潜在的に持っている。その証拠に、「相手に関係なく」悪感情を持ち続けると、平和は損なわれるし、「相手に関係なく」好意を持ち続けると、いずれは平和になる。人の「我」を「お互い様」に進化させて、更に「お陰様」にまで高められれば、いいですねぇ。
                                                   (山本由宇呆)


東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成21年9月号)
UFO のハウリング【18】
活版がコンピューターに追い出され  小山 一湖
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(技術編)より
 ここで言う活版は、いわゆる活版印刷。活字を選んで(文選)文章の通りに並べ(植字)、ゲラ刷をして間違いを直し(校正)、印刷用母版を作り(組み付け)印刷するという工程である。一番手間のかかる、文選から校正までが、現在はキーボードからコンピュータに入力することで、新聞などではこれらの工程以前の記事をどう並べるかという枠組みまで、画面上で出来てしまうようになった。ご存知のように今『ぬかる道』でもコンピュータの工程を使っている。さて、活版印刷を振り返ってみると、日本では1593年、天草地方で(天草四郎の乱があった場所)印刷された『伊曽保物語』(イソップ物語の翻訳・ローマ字版)、慶長・元和の漢字平仮名交じり文語体活字本、などがある。幕末から明治に掛けてさらに新しい技術の導入に成功。1970年代まで全盛を極めた。その後写植の時代を経て、現在に至る。現在は新聞社が編集を全てコンピュータ化し、新聞の締切り時間が大幅に変わった。句は、将に 追い出され である。今後、近い将来、電子本、新聞のダウンロード、など技術が進むと、印刷物はどうなるのだろう。誰か教えて。
                                                   (由宇呆)



東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成21年8月号)
UFO のハウリング【17】
端末に面と向かって口利かず  長谷川 路水
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(技術編)より
 ここで言う「端末」は、画面とキーボードから成るコンピュータ端末であろう。お金の計算はもとより、生産、販売、物流、仕入れ、人事などにおける情報管理がIT化されるにつれて、仕事とは端末に向き合うことから始まる様になった。自分以外の人と口を利かなくても仕事が出来るようになった。ここへ小学校から大学まで、遊びと言えばテレビゲームしか知らない年代が職に就いた。結果は推して知るべし。同僚とも上司とも口が利けない職業人がワンサと身の回りに殖えて、それ以前の人は戸惑うばかりである。遡ってみれば、ラジオの時代は、耳を働かせながら喋った。テレビになって耳も目も受け身になった。テレビが安くなり、経済的に余裕が出て一人一台になると、口はテレビに向かって相づちを打つだけになる。(人間との会話が消えた)そこへCG化された高品質のゲームの普及。オマケに、リセットボタンを押せば、死んだ人間が直ぐ生き返るという感覚まで植え付けられた化け物の「オタク」は、このようにして発生していった。この句にある状況は今の世間のハシリを象徴している。閑話休題、現在はパソコンの格安化で、いわゆる「端末」は姿を消していると思う。
                                                   (山本由宇呆)


東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成21年7月号)
UFO のハウリング【16】
カーナビの代わりにもなる筑波山 大島 脩平
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(技術編)より
 筑波山は関東平野の中央やや東北部に位置し、標高877mでほぼ独立峰であるため、かなり遠くからでも眺められる。将に恰好のカーナビ代わりになろうというもの。因みに関東平野は、平野部のほぼ北端(つまり東京湾から約100Kmの内陸部)に位置する栃木県鹿沼市の私の出身校の校庭の標高は、海抜116mであった。そのくらいだだっ広いのだ。
 ラジオ放送が愛宕山で始まって以来終戦直後まで(東京第1 放送(現在960KHz)の出力が50Kwから100Kwに増えるまで)ラジオ電波の中継基地が置かれていた。日本100 名山の中では標高は最低であるにもかかわらず、関東平野の出臍的存在は、古くから歌に詠まれ、万葉集にもその名が残る。連歌を「筑波の道」と称する元となった、日本武尊(やまとたけるのみこと)と火焼の老人(ひたきのおきな)との片歌問答「新治 筑波を過ぎて 幾夜か寝つる」「かがなべて 夜には九夜(ここのよ) 日には十日を」が『古事記』に見える。東京電波塔(東京タワー)が出来てからラジオ電波中継基地の役割は済んだが、現在も山頂付近には、大小いろいろのアンテナが設置されていて重要な役割を果たしているのだ。
                                                   (山本由宇呆)


東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成21年6月号)
UFO のハウリング【15】
体験車だから笑える震度7  岡村 政治
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(技術編)より
 「震度」とは、地震による揺れの程度を示す指数。震源地から遠ざかると当然、指数は小さくなる。日本では気象庁震度階級を使用している。震度 0,1,2,3,4,5弱、5強、6弱、6強、7の10 段階。1990 年代半ばまでは、地震計、加速度計などを参考として人が判断していたが、現在は自動的に計測震度が出力される。一方、マグニチュード(M)とは、地震そのものの強さ(地震が発したエネルギーの大きさ)をいう。
 句の震度7は最高値で、当然立っていられないし、這ってでも動けない状態。将に、分っているから笑えるのだ。直後に何が起きるか分らない本番では笑ってなどいられない。
 小学5 年の2学期終了式の日(1949年12月26日)登校の途中朝8時頃、地鳴りと共に揺れが始まった。歩けないのでその場にうずくまって回りを見ると、道の両側の用水路の水が跳ね出して身体に掛かってきた。倒れかけた電柱が電線に引っ張られてぶらぶらしている。随分長いように思えたが、せいぜい数分間だったろう。今、宇都宮気象台の記録を見ると、死者行方不明10、負傷者163、住宅全半壊3300、山崩れ等60。震源地今市(M6.4。震度6)私のいた鹿沼は震源から南へ12 キロだった。ここ数年で予報、速報などの精度は格段の進歩を見せているが、実感的に余裕があるとは言えず、一層の技術進歩が待たれる。
                                                   (由宇呆)

東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成21年5月号)
UFO のハウリング【14】
故郷を懐かしくするポンプ井戸  竹村 昌子
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(技術編)より
 この句のポンプは手押しポンプであろう。鋳物製の取っ手が曲がったいわゆるガッチャンポンプである。私は生まれた富山から、関東の栃木県へ引っ越して初めてこのポンプを見た。富山の井戸は立山連峰の地下水脈を頼りとした自噴であるから、水は自然に湧いてくるものと思っていた。母の実家は農家でいわゆる釣瓶井戸、大きな滑車の両側に木の桶がぶら下がっていて、交互に井戸の中へ下ろして汲み上げる仕組み。かなりの力仕事であったろう。父の実家は更に山奥で、沢の水を節を抜いた竹の樋を何本も繋いで台所の桶に溜めて使う仕組み。これは木の葉掃除が大変だったろうし、凍ったら溶けるのを待つだけである。山の多い日本では、水脈は豊富だから、手押しポンプの発明は凄い生活革命だった。今、アフリカや、東南アジアなどで、このポンプが活躍しているそうだ。動力は人力だから開発途上国には打って付けである。
 水道がこれだけ普及した日本の現代から見ると、手押しポンプは懐かしく、故郷に直結していくのも頷ける。上下水道の普及は、物質衛生面から文明に貢献したが、今、自然との接点をどの辺に置けば、精神衛生面で文明に寄与出来るかが問われているようだ。
                                                   (由宇呆)
 
 
東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成21年4月号)
UFO のハウリング【13】
停電が電化御殿の泣き所   木村 一路
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(技術編)より

 台所のガス台を電化(IH化)した時、業者はすかさずセントラルヒーティングを勧めてきた。台所は勿論、家中の冷暖房から風呂、洗面までの電化である。台所の煮炊きは別にしても、冷暖房、風呂洗面の給湯は、安価な夜間電力で沸かした湯を溜めておき、生活に使うというシステムである。 この時頭を過(よ)ぎるのは、停電時の対応はどうなるのかである。曰く、冷暖房も含めて一日分ぐらいの蓄積を使いながら復旧を待つのだそうだ。日本は各電力会社間の電力融通システムが自動的に行うので、あまり混乱は起らない。(事実最近の原発停止でも、実生活に影響は感じられない)さて、煮炊き(炊事)用には、ポータブルのプロパンガスコンロぐらいは、ガスボンベの予備とともに用意せねばなるまい。(これは地震などの非常時対策の一環としても使える)このように、前掲句の心配は、一応実生活では払拭されているのかもしれない。
 ただし、大地震や核攻撃で日本全体が同時に壊滅的打撃を受けたときは、どうなるのだろうか。なにしろ、米ソなど、大国の有する核兵器保有量は、一説に何回も(何十回も?)地球を(地球ですよ)破壊出来るというし、それに使われた国家予算(税金)で、ビッグスリーや正社員、派遣社員を、何万回助けられるだろうか。誰か計算してみて!!
                       (由宇呆)
 

東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成21年3月号)
UFO のハウリング【12】
全部直列だわたしの脳回路  おかの蓉子
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(技術編)より
 直列に対して並列という言葉がある。元々は電気製品などの接続の仕方を言う。しかし日常の電気製品の使い方は例外なく並列である。もし、電気釜と扇風機を直列に繋いだとしたら、使うときは両方をONにしないと使えない。言替えれば扇風機をOFFにすると電気釜も切れる。これでは不便だから並列になっている。別の例として、音楽を聴くカセットテープは直列、ディスク類(CD,DVD,ブルーレイ)は並列とも言える。カセットは1曲目の次に3曲目を聴きたいとき、通常は2曲目を早送りで通らないと3曲目へ行けない。しかしディスク類は、3曲目と指定すれば2曲目を通らずに3曲目へ行ける仕組みになっている。句は、物覚えが歳と共に鈍り、Aをしながら、Bを考える事が難しくなってきたのを、見事に穿ったものである。地球の余命は25億年などと言われているが、その頃の人間は脳が発達して並列でものを考え、並列で物事をやり果せているのだろうか。それとも、相変わらず直列の脳回路を嘆いているのだろうか。
                                                   (由宇呆)

東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成21年2月号)
UFO のハウリング【11】
豆球の点くがうれしい乾電池  勝賀瀬季彦
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(技術編)より
 小学校四年生の時(昭和23年)、理科の教科書がカラー版になった。前年まで、教科書といえば、新聞の見開き版に印刷された紙が学校から配布されて、自分で切ってご飯粒で貼り合わせたものと思っていたから、ところどころにあるカラー版の写真や図はこれが教科書かと目を見張るものだった。その中に「乾電池で豆球を点ける」装置を作るコーナーがあった。父が鉄工所に勤めていた関係で小さな銅板の切れ端をもらって、銅線をはさむネジ式のターミナルと豆球とソケットを買って、その装置を作った。木の板にL字型に曲げた銅板を乾電池の長さに合わせて向かい合わせに釘で打ち付け、ターミナルを取り付けただけのちゃちな代物である。明るいところではハッキリしないが、暗くなればかなり明るく灯る。そう言えば、自転車の前照灯はこの頃、3ヴォルトのこの明るさだった。上の句を見たとき、自分が工学部へ向き始めた原点はこの辺にあったのかなぁと懐かしく思い出した。
                       (由宇呆)

東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成21年1月号)
UFO のハウリング【10】
東北は五〇ヘルツでのんびりと  東井 淳
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(技術編)より
 日本の商用電力は家庭用が電圧100 ボルト、工業用が電圧200 ボルトで、周波数が50、又は60 ヘルツの3相交流である。ここで言うヘルツが50,60の違いは明治初年頃、輸入した発電機が、関東はドイツからの50ヘルツ、関西がアメリカからの60ヘルツであったから。後徐々に整備化されて現在は、電力会社によって北海道、東北、東京が50ヘルツ、中部、北陸、関西、中国、四国、九州、沖縄が60ヘルツに統一された、境界線は一般に富士川と糸魚川を結んだ線で、静岡、山梨、長野、新潟県に混在地域がある。
 家庭用電化製品の殆どは、ヘルツの違いにかかわらず利用できるが、電子レンジ、電気時計、テープレコーダーの一種など、機能が明らかに変わるものや、過熱損傷に至る物もあり、注意を要する。実際の数字(50、60)は現実的には、1 秒間におけるプラス、マイナスの電位の変化数なので、その違いを体感することはない。60 に対する50 という字面からの感覚的可笑し味であろう。
                       (由宇呆)

東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成20年12月号)
UFO のハウリング【9】
修理屋が来て乾電池変えただけ 田辺 進水
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(技術編)より
 「電気屋が来て電源を入れて行き」という句を見たことがある。パソコンの入門コースの冒頭で、よく枕に使われる。ケータイやパソコンがこんなに普及する前、コンピュータが万能の神器であった時代。神聖なるが故に、選ばれたごく一部のエリートは雲の上の存在であった。
 そしてパソコンの登場。届いたパソコンを動かそうとしても、どうしても動かない。分厚い、専門語で書かれたマニュアルを穴のあくほど繰り返し読む。でもダメだ。「困ったときのコーナー」へ電話する。「どうしても動かないんだ。返品の手続きを教えてくれ」いらいらが募って喧嘩腰である。「分かりました。メンテナンス契約があるから、取り敢えず係員をお宅へ訪わせましょう。」と言うわけで、パソコンの購入先の電気屋さんがやってくる。一目見て分かるのだが、一通り言い分を聞き、おもむろに電源を入れて「動きましたね」と帰って行く。女房、子供の手前、何とごまかしたらよいのか分からない。そのうち、様子が分かってきた妻が「良かったわね」と言って部屋から出て行く。子供はさも軽蔑したように、無言である。が、早くゲームをやりたいので、恥をかかせるようなことは言わない。かくて惨めなパパは、子供にパソコンを乗っ取られるのだ。
                       (由宇呆)

東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成20年11月号)
UFO のハウリング【8】
立つ髪を持っていた日の静電気  田辺 進水
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(生活編)より
 小学校の静電気実験。先ず先生が、エボナイトの棒をよく乾いた毛皮で擦って細かい紙片を吸い付けてみせる。次に、セルロイドの下敷きを脇の下で擦って、小さくちぎった紙片を吸い付ける。不思議だ。何でだろう。そのうちいたずらっ子が必ずやることは、前の席の女の子の髪の毛を吸い付けること。男の子にはしない。何故なら男の子は全員が毬栗だから、出来ない。可愛い女の子ほど狙われる。好きだから、ちょっかいを出したくなる。 ところで、静電気というのは自然界の何処 にでも、何にでも存在していて、常に蓄電、放電を繰り返している。自然界で一番(容量の)大きな地球の電位をゼロとして、絶縁性の高い物ほど、プラス、またはマイナスの高い電位、つまり電気を溜め込んでいる。スキがあればゼロになりたいのだ。尤も良い例が雷である。雲にたまった電気を放電させる現象。この時の電気の通り道が稲光(稲妻)である。フランクリンの実験は、運良く感電死せずに済んだお陰で、歴史に名を残すことが出来た。
                      (山本 由宇呆)
東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成20年10月号)
UFO のハウリング【7】
順不同うしろめたいが察しあれ  木村 一路
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(生活編)より
 順不同、または順序不同とは、順序が一定の基準によっていないこと、と広辞苑にはある。
 特に肩書きがいろいろある人たちが集まると、職責の軽重(同じ肩書きでも、社によって逆転することもある)によるか、身分と職位のどちらにするか、はたまた年齢順にするか、などなど。それによって席順を決めなければならないことになると大事(おおごと)である。おまけに人間的好き嫌いまで情報収集して考慮するのが、気配りだと思っている人も居るので始末が悪い。こんな事は同一民族で長年鎖国の習慣から、日本人に特有かと思っていたら存外そうでもないらしい。まして外交の場では、並び順もいろいろで、サミットなどの集合写真がいい例だろう。ご本人方が恬淡とした方々ばかりだと問題は無いが、得てして犬型人間が集まると、きっちりしないと収まらないので、幹事さんが大いに頭を悩ますことになる。挙げ句の果てに、「順不同」を使わせて貰い、みんなホッとすることに。記念パーティーなどの席順でも、裏方の配慮が並大抵でなかったことも、記憶に新しい。
                      (山本 由宇呆)
東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成20年9月号)
UFO のハウリング【6】
ビル崩壊テロに強度を計られる  梶川 達也
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(生活編)より
 2001.9.11.アメリカが震撼した日。ビンラディンが指揮するテロ組織・アルカイダの自爆攻撃で、ニューヨークの世界貿易センタービル・北棟・南棟、そして攻防省(ペンタゴン)が 被害を受けた。特に貿易センタービルは突入後1 時間〜1.5 時間で、完全崩壊した。このビルの構造が高層化による軽量化のため、実に単純に出来ていることに感心した。常識では、柱と梁で骨組みを作りそこへ床や壁をくっつける構造だと思っていたが、先ずビルの中央部にエレベータコアというしっかりした核を建てて、そこに全てのライフライン(電気、通信、水道、エアコン、排水、ゴミ廃棄管など)を集中させる。このコアから横に張り出した梁で各階の床を支え、この梁から外壁(ガラス、仕切り)をぶら下げるという構造である。この構造が裏目に出た。ハイジャックされた航空機は離陸直後で、揮発性の高い航空燃料をほぼ満タンのまま突っ込んだので、予想以上の高温がエレベータコア全体を溶かし去ったのである。日本は地震国だから、これとは異なった構造になるであろうが、やたら高層化すると、何時、テロに強度を計られるか知れない。この点、何でも一番を目指しているドバイは、アラブ圏内だからテロには安全だろうか?
                      (山本 由宇呆)
戻る
東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成20年8月号)
UFO のハウリング【5】
釣り上げた鯛腕よりも新素材 北田 正弘
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(生活編)より
 小学校六年の時に読んだ『少年科学朝日』だったか『初歩のラジオ』だったか忘れたが、その雑誌に、アメリカで開発されたグラスファイバーのチューブに光を通すと、内面で反射しながら99.9%が向う側に通り抜けるという記事があった。この時から60 年近く経って、今やこの原理を応用した光ファイバー通信が、金属の電話線に取って代わろうとしている。しかしこの材料を有名にしたのはスポーツ界で、棒高飛びのポールなどに採用されたからである。棒高跳びのポールは弾力による反発力の応用。さて、釣りの世界では最近、船、竿、釣り糸、魚籠、手網など、針以外は殆ど、この類の素材の恩恵に浴している。むろん弊害は大きく、自然に還ることはないので、環境汚染の元凶みたいに言われている。捨てられた釣り糸に絡まって命を落とす鳥など、数え上げたらきりがない。ハングル語や中国語の書かれたポリタンクやら、ペットボトルやら、日本海の海岸線に漂着する浮遊物の処理費は税金である。石油が高い高いと言いながら、リサイクルはまだまだ未完成である。
                      (山本 由宇呆)
東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成20年7月号)
UFO のハウリング【4】
アンテナを立てねば老後長すぎる 鈴木 青古
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(生活編)より
 東京タワーの正式名称は「東京電波塔」という。多くの民放テレビが開局され、関東を中心にラジオ、テレビの送信用に建設された。受信用アンテナというと最近ではテレビのアンテナを思い浮かべる。2011 年いわゆる地デジ(地上デジタル放送)に全面移行して、現在のテレビ放送は終わりを告げる。電波障害などのトラブルを考えると、電話、インターネット兼用のケーブルテレビ受信などへ流れて、屋根の上に設置するアンテナはぐっと減りそうである。私が初めて張ったアンテナは、庭の栗の木のてっぺんから屋根へ、そして窓際まで垂らした、いわゆる逆L字アンテナ。勿論自作のラジオ用である。その後、電球の根本の金具に裸銅線を巻き付けた、いわゆる電灯線アンテナに切り替えて、雷対策とした。(栃木県鹿沼市・雷の名所)アンテナの用途は、他にも、レーダー用(航空機、船舶など。)、人工衛星用、ケイタイ中継基地などなど。
 句のアンテナは情報収集、発信への比喩。好奇心を失わないための決意表明。人によって、一点に集中するレーザービーム型、360 度注意を怠らないイージス艦型、ごくまれにしか来ない情報を待つカミオカンデ型(ニュートリノ受信用)、来るかどうか分らない情報を待つオズマ型(地球外知的生命体探査計画)などなど。さて貴方はどのタイプ?
                      (山本 由宇呆)
東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成20年6月号)
UFO のハウリング【3】
激情を抑えて保つ車間距離 土屋 みつ
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(生活編)より
 運転免許を取得するときの「交通の教則」によると、車間距離は、時速100 キロならば100メートル、80 キロならば80 メートルと書いてある。人間は競争心が旺盛だから、こんなに多くは取らない。交通ルールを守ろうとして車間距離を十分取ると、必ず割り込まれる。実際、割り込みに会うと、ついカッとなって追いかけて、文句の一つも言いたくなるから不思議なものだ。仮に自分だけでもこのルールを遵守しようとして、割り込まれる都度車間距離を取るために速度を緩めることを繰り返すと、計算上はだんだん後ずさりして、やがて出発点に戻ってしまうことになるらしい。常に前進しているのだから起こりえない事が、計算上おこるというのだが、はて真相はどうだろう?何方か検証してくれる人はおりませんか。
(山本 由宇呆)
東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成20年5月号)
UFO のハウリング【2】
自動車の起原大砲引いており  山下 博
『科学大好き・ユーモア川柳乱魚選集』(科学編)より
 文明の発達には、戦争が大いに寄与している。国同士が命運を掛けて、金に糸目を付けず、開発競争をする。何しろ勝たねばならぬのだから。そして両方が疲弊してから、その馬鹿さ加減に気づいて、平和利用へと方向転換するのである。例を挙げれば、飛行機は初め、敵情偵察から大砲の着弾観測だったが、やがて煉瓦などを積んで敵の陣地に落とす。煉瓦が爆弾になり、機関銃を載せてお互いに撃ち合うことに。コンピュータは高射砲の弾道計算用だったし、レーダーは飛行機や軍艦の索敵用だった。ジェットエンジン、ロケットエンジンも、爆弾にエンジンを付けて長距離を飛ばそうとした事による。今や、燃料補給なしで何年間も潜っていられる原子力潜水艦が、地球を何百回も廃墟に出来る核弾頭を積んで、野放し状態で世界中の海をうろうろしているし、お互いの国を観察している偵察衛星を、打ち落としてみせる国まで現れた。権力確保のためなら何でもありという、人類の本能は相変わらず健在であるらしい。
(山本 由宇呆)
東葛川柳会・会誌「ぬかる道」(平成20年4月号)
UFO のハウリング【1】
傾いた地球のおかげ四季があり  木村 一路
『科学大好きユーモア川柳乱魚選集(科学編)』より
 地球の自転軸は、太陽の周りを回るいわゆる公転軸に対して常に23.5 度傾いている。
 このおかげで、地球には四季、春夏秋冬がある。もし、自転軸が公転軸に対して0度、つまり傾いていなかったら、一年中どこでも、日の出、日の入りの時刻は同じ、逆に言うと、一年が何時始まって、何処で終わるかがはっきりしなくなる。逆に言うと、はっきりさせる必要がない。従って時計は考えられるが、暦などは意味がなくなるのだ。もっとも、生活には何らかの時間的区切りは、社会が複雑になればなるほど必要だから(約束事として)別に作るであろうが、1 年が365.2422日で、4年に一度閏年なんか作る必要はない。1年が100日とか1000日になれば、高校の入試問題もこの点では、もっと楽になった筈だ。しかし、区切りがどうあろうと、人間は相変わらず、それなりにあくせくしているだろうが。
(山本 由宇呆)