江畑哲男代表、日川協副理事長に就任
    
         
おめでとうございます。
           一層のご活躍をお祈りしております


                                    東葛川柳会会員一同   

 

 
  平成31年「ぬかる道2月号」巻頭言 
意義ある日川協に
 江畑哲男  

まずは、ご報告しなくてはならないことがある。

 昨年12月10日(月)、一般社団法人・全日本川柳協会(略称:日川協)の定例理事会が大阪で開催された。小生も理事の一人として出席。その会議で、ナント江畑哲男が推されて副理事長に就任することになった。小生自身、ビックリした展開となった。

 日川協の理事は全国で20人。小生はそのなかで最年少の理事であった。その小生が副理事長。つまりは理事長の次なるポストで、理事長を補佐する役目を与えられた。平理事の小生の上には、常務理事が五人ほどおられる。それら常務理事を差し置いての就任となった。いやはや、恐縮。ビックリしたこと、ビックリしたこと。

 あとになって思い返した。まぁ、それだけある意味での危機感が理事各位にあったのかも知れぬ。勝手にそう推測をしている。

 東葛川柳会12月句会では、出席者の皆さんにとりあえず簡単な経過報告をさせていただいた。今回改めて、会員各位に『ぬかる道』誌上をお借りして報告させていただく次第である。


  日川協(ニッセンキョウ)とは?

 「日川協」と言っても、あまりご存知ないと思う。名前は知っていても、身近には感じていないのではないか? おまけに、川柳人は「組織」というと斜に構える傾向がある。高齢化のせいもあって、自分(の作品)以外のことには興味を示さない悪弊(!)も見られる。

 ニッセンキョウ? そうそう、こういうときはHPが便利だ。せっかくだから、日川協のHPを活用しよう。

 《日川協 定款》

第1章

 (名称)

第1条 この法人は、一般社団法人全日本川柳協会と称する。

 (事務所)

第2条 この法人は、主たる事務所を大阪府大阪市北区に置く。

第2章 目的及び事業

 (目的)

第3条 この法人は、大衆文芸としての川柳の普及向上を図り、もって我が国の文化の発展に寄与することを目的とする。

 (事業)

第4条 この法人は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。

(1)全国川柳大会等の開催
(2)川柳に関する講演会等の開催
(3)川柳に関する調査研究
(4)川柳に関する刊行物等の発行
(5)その他この法人の目的を達成するために必要な事業

2 前項の事業は、日本全国において行うものとする。

 ……、おっと、規約の類いはやはりつまらないか(笑)。こんな風に書き出しても、興味を示して貰えないなぁ~。そう思いながら、書き続けるのはシンドイものだ。

 日川協、その設立趣旨

しからば、一計を案ずる。

 一般社団法人・全日本川柳協会。その設立趣旨をご覧いただきたい。

 《川柳は、俳句と共に日本に於いて最も短い詩であり、その性格から十七音の人間詩と呼ばれ、また民衆詩、風俗詩、風刺詩、社会詩、人情詩等ともいわれております。短歌、俳句等の文芸から見れば歴史の浅いものですが、多くの作家、研究者、愛好者がおり、広く大衆に親しまれている文芸であります。

 その歴史は、江戸時代の中頃から始まり、連歌の「俳諧」から派生し、当時盛んであった「前句付」「万句合」がその元となりました。前句付集である『誹風柳多留』が出版され、その選句の公平さ等から江戸随一との評判であった、点者柄井八右衛門の号「川柳」にその名を由来し、付句のみでも充分意味のわかるものから「川柳風」が生まれ、後年に「川柳」と称せられるようになったものであります。

 一時期、詩的境地から逸脱して、卑俗な「狂句」に走ったため、文学的評価の得られない時代が長く続いておりましたが、明治三十年代後半に至って、阪井久良伎、井上剣花坊、岡田三面子らが川柳復興の旗を掲げ、狂句への決別を宣言致しました。それ以後、各地で活発な運動が展開され、数多くの吟社が生まれ、個々に活動するようになりました。新聞等でも川柳欄が設けられるようになり、多数の愛好者が育って来ると共に、再び庶民の文学として、全国的に普及して参りました。

 昭和49年、各吟社間の連携協力の関係を深め、川柳の質の向上、社会的地位の確立等を図ることを目的として、日本川柳協会が結成されました。川柳では唯一の全国団体として、広く加入を呼び掛け、全国川柳大会を開催し、各種大会の共催、後援等の活動をしているところであります。特に全国川柳大会は本年で37回(平成25年)を数え、開催地も東京、大阪は勿論、北海道から沖縄までの全国各地にわたり、文字通り全国から川柳人が集い、近年はブラジル、アメリカ、台湾等遠く海外からの参加もあって、年々盛大になっております。

 最近では、若年層から老齢者に至るまでの幅広い階層の川柳愛好者も増え、文化庁主催による国民文化祭文芸大会でも、短歌、俳句と並んで川柳が一部門として共催させて頂き、国民的な文芸として、その地位が確立されつつあります。

 ここにおいて、新時代に相応しい活動を展開し、大衆文芸としての川柳の一層の普及を図り、組織を強化すると共に連携協力の体制を充実させることによって、川柳の質の向上と地位の確立に務め、もって我が国文化の発展に寄与することを目的として、一般社団法人全日本川柳協会を設立するものであります。       平成四年五月 》

 読んでタメになる設立趣旨

 一転して、こちらは読ませる。勉強になる。

 川柳の定義から始まり、その歴史と現状が分かりやすい言葉で語られている。読んでタメになる、読んで腑に落ちる設立趣意書になっている。

 じつはこの一文。小生も二五年ぶりに読み返したのだが、起草したのは今川乱魚師ではないか。そう睨んでいる。

 全体の主張、文の構成、やさしく深い言葉づかい。標記や仮名づかい、言い回し等に、乱魚師らしさが感じられるのだ。この推測は、たぶん当たっている。懐かしい息づかい・筆づかいであった。おっと、閑話休題。

 右の趣意書。皆さんはどうお読みになったであろうか。

 改めて、川柳とは?、日川協とは?、を考える機会になったとしたら幸いである。こうした原点を、ときに再確認することは大変重要である。

その日川協に深く関わることになった小生に、早くも東葛内外から激励を頂戴している。

 一番多かったのが、「おめでとうございます」「何かお手伝いできることがあれば仰って下さい」であった。

 中には、風変わりな反応もあった。

 「一生懸命やり過ぎないように」、「コキ使われないように」がソレ。日川協の実態をよく知る幹部からは、「ご愁傷さま(笑)」なるお祝いメッセージ(?)も届いた。このような変化球のレスポンスも、小生の身を案じての激励と受けとめている。お気遣い、有難うございます。


 
東葛=ファミリー

翻って、東葛川柳会。何だかファミリーのように思えてきた。小生の活動を支える故郷のような、実家のような役割を果たしてくれているからだろうか。

 皆さんにとっても、東葛は一種のファミリーになっているのではないか。実例を挙げる余裕はなくなったが、年賀状を眺めているとそんな感じもしてきた。ファミリー並みの親しみをお互いが感じているとすれば、この柔らかな連帯感は今後とも大事にして参りたい。

 さて、「学びすと」の多い当会。幹事の勉強会も軌道に乗ってきた。基本は大事だ。勉強会は継続していく。

 さらには、新春句会。特別講演が楽しみだ。講師の柚原正敬先生は、日台双方の超一流知識人と深い親交を日常的にされている先生である。マスコミが書かない・書けない話を、分かりやすく解説してくれることであろう。その人脈の幅広さと深さは敬服に値する。こうした学びと交流が日台の絆を強く深くする。まさしく、拙著の題=『近くて近い台湾と日本』につながることは間違いなかろう。