東葛川柳会

  東葛川柳会は昭和六十二年十月二十四日(土)、当時川柳不毛の地といわれた千葉・東葛飾地域で誕生した。
 現代表は江畑哲男。創立当初からのモットーは「楽しく学ぶ」。社会の一員として行動し、時代を見つめ、結社の垣根を越えて交流し、川柳を楽しみながら学ぶことを実践している。生涯学習活動を重視して川柳人口を拡大し、グローバルかつローカルな視野を忘れずに活動するオープンでユニークな川柳の会として高い評価を得ている。
 毎月第四土曜日に柏市内で句会を催し、関東の川柳結社では最大規模の句会参加人数を誇る。
 機関誌『ぬかる道』を毎月発行。誌名は、俗諺の下総名物「悪女・こんにゃく・ぬかる道」から採った。読者を飽きさせない多彩な企画による充実した誌面づくりを展開、また創立直後から全国に先駆けて川柳IT化の早期実現を果たし、現在も当会で発表された作品は全てデータベース化されている。
 書籍では五年ごとに記念出版を企画し、十周年に『川柳贈る言葉−二十一世紀へ向けて二四八人のメッセージ』、十五周年に『川柳ほほ笑み返し−二一八人のユーモアのぬくみ』、二十周年に『ユニークとうかつ類題別秀句集』、二十五周年に『ユーモア党宣言!』をそれぞれ刊行した。
 月例句会のほかに一月の新春句会、十月の記念大会における著名識者による講演が注目を浴びている。平成四年に設立した初代代表の名を冠した「今川乱魚ユーモア賞」は「とうかつユーモア賞」として引き継がれ、大会等で上位受賞者を表彰している。傘下に川柳会・新樹、川柳会・緑葉、川柳会・双葉、ほのぼの川柳会、野田川柳会、川柳会・江風などの勉強会が熱心に活動中。そのほか吟行会や全国大会、海外ツアーなども企画し、会員内外に好評を博している。