戻る

東葛川柳会4月句会(2007.04.28)
 
 
秀 句
 

司会 佐竹 明
記名 船本庸子 大戸和興
会場 パリ総合美容専門学校
出席者88名、欠席投句者41名

 
 宿題「ブルー」
 
竹内祝子選 
 
青雲の尻尾を妻に捨てられる
過疎の母青いお空と生きている
五十年あなたが青い鳥と知る
 
 
   
 
 
宿題「じゃんじゃん」
 
すりばんもせぬ間半鐘拉致される
じゃんじゃんと我が齢思う通夜の鉦
連打するドラム青春走り出す
 
   
 
 布佐和子
 川瀬幸子
  宮内みの里
 
 
 
 
 
太田紀伊子選
 
川崎信彰
宮川ハルヱ
斉藤克美
 
   
 
宿題「見習う」
 
              
俺のようになるなと背中見せる父
晩学の勇気草の根に貰う
一豊の妻の効果がまだ出ない
 
 
  
  長尾美和選
 
 
 野良くろう
河野桃葉
水井玲子
  
     
 
宿題「自由吟」
 
 
親の首長くさせてるUターン
遅刻者のため取ってある前の席
ビザなしで飛んだ黄砂の一人旅
温暖化寒さは彼岸からになる
一芸で入り一芸持て余す
鼻声の素敵な人に逢いに行く
プロ野球巨人が勝てばそれでいい
割り勘の暗算だけはすぐできる
やくざより断りにくいやくざ風
酒の句に封印をする休肝日
春の音三歩進んで二歩戻る
テキストの四月号だけたまってる
春宵一刻慕情は今年限りにて
善人にされて鏡にアカンベェー
柔らかい雨に打たれていたい春
桜散ると孫が帰ったような春
長生きの途中でゆるい坂になる
      
 
   
江畑哲男選
  
 
加藤富清
中島久光
貝田誠作
島津信夫
岩田康子
山本由宇呆
伊藤三十
伊藤春恵
植竹団扇
宮本次雄
中川洋子
角田真智子
大西豊子
熊谷冨貴子
日下部敦世
六斉堂茂雄
長尾美和