戻る

東葛川柳会6月句会(2007.06.23)
 
 
秀 句
 

司会 佐竹 明
記名 櫛部公徳 成島静枝
会場 パリ総合美容専門学校
出席者91名、欠席投句者35名

 
宿題「タイプ」
 
近江あきら選 
 
お互いに掘り出し物とみる夫婦
半世紀妻の好みに飼育され
いい人と思われ仮面脱げません      
 
 
   
 
 
宿題「噛む」
 
鯨肉を噛んだ世代のエラの張り
回収の箱へ入れ歯もボランティア
爺ちゃんのお口に仕舞う噛む機械
 
   
 
 中島和子
 斉藤克美
  山口 幸
 
 
 
 
 
中澤 巌選 
 
本間千代子
成島静枝
上田正義
 
   
 
宿題「汗」
 
        
汗掻きで働き者に見られてる
汗した子の初給与から贈物
農を継ぐ四季には四季の汗がある   
 
 
  
山本由宇呆選
 
 
 成島静枝
上西義郎
中島和子
  
     
 
宿題「歩」
 
 
目的地亀に聞きたい病み上がり
電話してないと歩いた気がしない
寝たきりはいや点滴と散歩する
歩を止めてじっと聞き入る千の風
人がどう見ようとわたくしの歩み
愛はもう問わず夫婦の歩む道
環境保護ここから先は歩かされ
この人と歩くと決めた丸い月
下向いて歩く大金抱いている
ふり返る時昭和から歩き出す
山頭火の影と歩いてゆく枯野
傘ひとつ女房の方に差してやり
夫より三歩先行く快さ
泣き言を捨てる散歩の道すがら
貧乏ゆすりもカウントしてる万歩計
自転車を杖にしている千鳥足
改革の死角を歩むやせ蛙
帰るには惜しい夕陽に見送られ
義務感がヒステリックに歩いてる      
      
 
   
江畑哲男選 
  
 
秋田一三
坂牧春妙
太田昭雄
 片田展央
太下和子
宮川ハルヱ
笹島一江
船本庸子
窪田和子
田辺サヨ子
近江あきら
長谷川庄二郎
小林かりん
伏尾圭子
川崎信彰
佐藤喜久雄
佐藤権兵衛
濱川ひでこ
山本由宇呆