戻る

 バックナンバー
東葛川柳会12月句会

 
(2007.12.22)
 
 
秀句


司会 佐竹 明
記名 古川 茂枝  櫛部 公徳
会場 パリ総合美容専門学校
出席者 83名、欠席投句者 35名
 

<宿題> 『 履物一切 』 太田紀伊子選
戦国の世なら私は草履取り 村田 倫也
お昼寝も靴履いてます防災日 伊師由紀子
赤い靴おんなの老いを寄せつけず 窪田 和子
<宿題> 『 交わる 』 大戸 和興選
ミシュランに日本料理も仲間入り 角田  創
ゴルフでは名前を変えるお付合い 本間千代子
ホームステイ妻も身振りで会話する 野良くろう
<宿題> 『  スロー  』 船本 庸子選
ゆっくりと敬語で責める妻の乱 河野 桃葉
鈍行の旅を苦にせぬ本の虫 江畑 哲男
目標は皇后様の話し方 安川 正子
<宿題> 『 自由吟 』 江畑 哲男選
参加賞だからかえって恥ずかしい 中島 久光
みの虫に季の移ろいを教えられ 木田比呂朗
古を学ぶ歌留多の恋心 金森美代子
力まずに転がるだけにする余生 加藤 富清
でもでもと読点続くフリーター 岩田 康子
ケータイの小説にみる会話体 菅井 京子
頑丈な入れ歯で顔がくたびれる 山本由宇呆
ビルが建つ空を四角に切り裂いて 川瀬 幸子
人生の主役は自分譲れない 中沢 広子
日本語の美を童謡に正される 太田紀伊子
三つ星を妻の背中に貼ってやり 長谷川庄二郎
ごまかしが効かぬ孫へのプレゼント 小林かりん
飲んでない酒がまだある日本地図 宮本 次雄
人肌の笑い薬で今日を締め 中澤  巌
手帳にはもう来年が走り出す 笹島 一江