戻る

 バックナンバー
東葛川柳会3月句会

 
(2008.3.22)
 
 
秀句


司会 佐竹 明
記名 :櫛部 公徳  新井季代子
会場 :パリ総合美容専門学校
出席者  92名、欠席投句者 37名
 
<宿題> 『 アドバイス 』 江口 信子選
見ぬ振りが出来ずに助け舟をする 北山 蕗子
この道を歩くと決めた師の助言 宮内みの里
六法が女の味方ばかりする 江畑 哲男
<宿題> 『 包丁 』 植竹 団扇選
ひと言が癪に障ってねぎ叩く 川瀬 幸子
包丁研ぐ役者の所作に鬼をみる 野澤  修
棒手振の包丁だけは錆びぬ意地 山本由宇呆
<宿題> 『  濃い  』 北山 蕗子選
牛乳のうまさを知った搾りたて 田澤 一彦
改良の成果苺の濃い甘さ 小山 一湖
命名へ力が入る墨の濃さ 穴澤 良子
<宿題> 『 自由吟 』 江畑 哲男選
饒舌の自己紹介が蛇行する 三宅 葉子
春の陽に催促されるガラス拭き 水井 玲子
否決ばかりしているような参議院 染谷ゆきえ
文明の進歩未来が暗くなる 加藤 富清
春に読むおひとりさまの老後など 大西 豊子
朝寝坊ばかりしている春の魔女 伏尾 圭子
花の下老若男女顔がない 窪田 和子
救急車運否天賦で突っ走る 野澤  修
衆参のぬかもぬかだがくぎもくぎ 折原あつじ
まず土が饒舌となる春二月 上西 義郎
社内化粧こちらは後期高齢者 今川 乱魚