戻る

 バックナンバー
東葛川柳会5月句会

 
(2008.5.24)
 
 
秀句


司会 佐竹 明
記名 :宮内みの里  伊師由紀子
会場 :パリ総合美容専門学校
出席者  94名、欠席投句者 37名
 
<宿題> 『 彫 刻 』 大川幸太郎選
一刀の重み呼吸を止めて彫る 田辺サヨ子
ノミ跡を残す版画にある温さ 干田尾信義
仏像を彫る魂をこめて彫る 川瀬 幸子
<宿題> 『 奇人変人 』 川崎 信彰選
変ですか私がですかそうですか

島田 陽子
変人の仮面を脱いで帰宅する 篠田 和子
変人の目に一筋の道が見え 岡田 雪男
<宿題> 『  ハッスル  』 斉藤 克美選
足腰が丈夫再婚すると決め 長尾 美和
生きがいを下さる職に生かされる
新井季代子
やりくりの腕が値上げに燃えてくる 伏尾 圭子
<宿題> 『 自由吟 』 江畑 哲男選
ゆっくりと生きると決めて朝寝する 高野 富子
あの人も癌だと聞いてほっとする 坂牧 春妙
始末書は要らぬ予報士占い師 神山 勢陵
デパ地下の活気格差をふと忘れ 三宅 葉子
切り抜きをまとめ読みする休刊日 太田 昭雄
風見鶏ノーコメントが好きらしい 加藤友三郎
温暖化地球の息が荒くなる 上田 良一
もう何もしなくていいと保険証 飯野 文明
品格が沢山落ちている本屋 仲  渥子
譲れないふたり些細なことなれど 田辺サヨ子
子の使い回しのような俺のめし 船本 庸子
地獄絵のいのち数字で葬られ 穴澤 良子
愚痴こぼしながら後期の船に乗り 長谷川庄二郎
名ばかりの亭主会社でオーイお茶 秋山 精治
耐えがたきを耐えた老後に来る差別 佐藤権兵衛
支持率を気にしていない夫婦仲 秋山 好子
ヒト科以外分相応に生きている 水井 玲子