戻る

 バックナンバー
東葛川柳会7月句会

 
(2008.7.26)
 
 
秀句


司会  佐竹 明
記名 :船本庸子  植竹団扇
会場 :パリ総合美容専門学校
出席者  89名、欠席投句者 44名
 
<宿題> 『 マナー 』 堀井 勉選
ゴミ出しのマナーカラスに突つかれる 布佐 和子
少しだけ引いて下さい長い脚 宮本 次雄
伝統の重さ痺れた足が知る 廣島 英一
<宿題> 『  陸  』 大野 征子選
美化しても消えぬ大陸爪の跡 廣島 英一
陸四分地球は河童達の巣か 太田紀伊子
陸橋の夕日ドラマの匂いする 長尾 美和
<宿題> 『 歯がゆい 』 長尾 美和選
呑み込んだ意見を壁にぶっつける 村田 倫也
遮断機が名前の通りまだ開かず 堀井  勉
脳にある辞書が年々薄くなる 伏尾 圭子
<宿題> 『 自由吟 』 江畑 哲男選
医者よりも値上げが効いてきたメタボ 岩田 康子
ソーダ水夫が他人であった頃 松澤 龍一
転んだら全部こぼれた丸暗記 坂牧 春妙
テポドンへ水鉄砲が届かない 加藤友三郎
どの国のうなぎも同じ顔に見え 飯野 文明
似顔絵が似すぎて次は頼まない 中島 久光
バーゲンの初日は馴れた靴で行く 船本 庸子
太陽の恥じらいを待つ昼下がり 秋山 好子
郷愁のホタル枕の中をとび 窪田 和子
罪犯す普通ではない普通の子 中沢 広子
玉の緒も耐える熱帯夜が続く 北山 蕗子
怒ってる内は若いとしておこう 村田 倫也
指定席なのに早くに来てしまう 伊藤 春恵
あした咲きますと朝顔身をゆるめ 菅谷はなこ
譲られた席へ遠慮をしなくなり 永井しんじ
一隅を照らしヘソクリ探してる 近藤 秀方
してきたが子にはさせたくない介護 大西 豊子
孫叱る嫌われぬよう媚びぬよう 月岡サチヨ