戻る

 バックナンバー
東葛川柳会10月句会
(21周年記念大会)
 
(2008.10.25)
 
 
秀句


司会  佐竹 明
記名 :宮内 みの里  川崎 信彰
会場 :柏市中央公民館
出席者  150名、欠席投句者 40名
 
<宿題> 『 テキスト 』 津田 暹選
ユーモア賞
教科書は早弁かくす時開く 川崎 信彰
ジャックとベティ英語嫌いにさせた人 松澤 龍一
特 選
あんちょこを食べたメタボの脳である 相良 博鳳
テキストの一ページ目にあるお世辞 大戸 和興
育児書の外で我が子が跳ねている 伏尾 圭子
<宿題> 『 のろのろ 』 佐藤 孔亮選
ユーモア賞
急ぐのを知ってて妻の厚化粧 安藤 紀楽
のろのろが一番先に飯に来る 上田 正義
特 選
富士を撮る雲の動きがじれったい 中島 和子
リビングを這う定年の深海魚 渡辺  梢
ふるさとに牛歩が似合う川がある 松田 重信
<宿題> 『 弁 当 』 米島 暁子選
ユーモア賞
弁当屋妻の弁当食べ始め 老沼 正一
弁当付きならば出席してみるか 船本 庸子

特 選

天気予報とても詳しい弁当屋 大戸 和興
弁当の軽さで愛が捨てられる 斉藤 克美
弁当の中で童話を膨らます 相良 博鳳
<宿題> 『 優等生 』 江畑 哲男選
 
秀 句
納税も口座振替しています 木田比呂朗
巻き添えで落馬する日もある駿馬 加藤友三郎
溢れ出る汗を勝者は口にせず 佐藤喜久雄
優等生ばかりでクラス会がない 中島 久光
良い子から外れてみたい教師の子 佐伯 清美
エリートの高い鼻梁は折れ易い 松本 晴美
優等生と言われる程の野暮でなし 植竹 団扇
きゅうりには曲った訳は判らない 中川 洋子
優秀な眉で駄じゃれに残される 渡辺   梢
真っ直ぐな道をまっすぐ歩く亀 片野 晃一
団栗の一つ隠れて塾へ行く 伊藤三十六
刃傷沙汰優等生に闇がある 三宅 葉子
偏差値をオデコに貼ると優等生 小川 定一
心では造反している優等生 安田 夏子
答案の完璧ぶりが癪のタネ 川瀬 幸子
国連の優等生で非常任 河野 海童
帰農して勝ち組となる有機米 梶原源太郎
完璧な人だ周りを疲れさせ 海東 昭江
ユーモア賞 中沢 広子
寝たきりで優等生と誉められる 野口   良
出勤は八時二分の風呂は九時 松岡 満三

特 選
利酒の優等生は下戸らしい 石井太喜男
教養が邪魔して膝を崩せない 伏尾 圭子
エリートが食えぬ時代になりました 佐藤 俊亮