戻る

 バックナンバー
東葛川柳会9月句会

 
(2009.9.26)
 
 
秀句


司会  佐竹 明
記名  船本庸子  伏尾圭子
会場  パリ総合美容専門学校
出席者  84名、欠席投句者 44名
 
<宿題>『 不規則 』 相良 敬泉選
突然の夜勤も入る介護職 宮内みの里
老いらくの恋は季節を選ばない 犬塚こうすけ
学則を少しはずれて不良ぶり 成島 静枝
<宿題> 『 砂 』 川崎 信彰選
教師非力握るそばから砂が落ち 江畑 哲男
宇宙から見る一粒の砂地球 佐竹  明
オチンチンまで砂にまみれた孫の夏 上田 正義
<宿題> 『 ガム 』 関根庄五郎選
ガム噛んで蚤の心臓肥らせる 斉藤 克美
ガム一ついかがですかとアプローチ 角田真智子
ガムだけで長生きしそう効能書 月岡サチヨ
<宿題> 『 漢字に関すること一切 』 江畑 哲男選
書道展妻の名前は読めました 上田 良一
恋と変ワープロだから間違わず 中島 久光
旧漢字しっかり書ける認知症 保倉すみ江
筆順に苦労してないワープロ語 老沼 正一
読めぬ字はトーンを下げて通り過ぎ 佐伯 清美
我こそが象形文字と言う絵文字 野口  良
愛してる漢字でなけりゃ軽すぎる 岩田 康子
辞書引かず誤魔化して書く点ひとつ 中川 洋子
優先席読めても読めぬ振りをする 長谷川庄二郎
草書体見返り美人見てるよう 宮内みの里
草書体馬もいななくように書き 相良 博鳳
クイズかと勘違いする子供の名 東條  勉
パソコンは漢字忘れるためにある 野良くろう
妻ひとりでも持て余す姦しさ 上田 正義
ほろほろと脳がこぼしていく漢字 伏尾 圭子
女偏男社会の理想論 菅谷はなこ
背中合わせ北という字が肌寒い 増田 幸一
人名の劣化どうにも止まらない 宮本 次雄