戻る

 バックナンバー
東葛川柳会11月句会

 
(2009.11.28)
 
 
秀句


司会  佐竹 明
記名  伊師由紀子 新井季代子
会場  パリ総合美容専門学校 6F
出席者  76名、欠席投句者 37名
 
<宿題>『 コメント 』 松波 帆波選
コメントの誤字なんとなくほっとする 中島 久光
コメントを考えながらするゴール 野口  良
四百字言いたいことは言わせない 今川 乱魚
<宿題> 『 ふらふら 』 近藤 秀方選
昼は上下夜は左右に小突かれる 上田 正義
あちこちにお辞儀してゆくマニフェスト 今村 幸守
ふらふらとしたことはない小銭入れ 今川 乱魚
<宿題> 『 越 す 』 大戸 和興選
限界を超える現場の介護職 関根庄五郎
貧困率だけが平均越えている 佐藤権兵衛
父の背を越した息子に職がない 篠田 和子
<宿題> 『 自由吟 』 山本由宇呆選
秀 句
途中まで暗記している目の検査 今川 乱魚
卒寿越え白寿越えてる設計図 小川 定一
雑居ビル居酒屋避ける慎重派 三浦 芳子
飛び飛びに聞いてもわかる妻の愚痴 六斉堂茂雄
戴いた臓器も酒とおんな好き 上田 正義
父さんも知ってるんだと馬鹿にされ 船本 庸子
聞く耳を持つと話が解けだし 水井 玲子
初孫に牙を抜かれた好好爺 浅井 徳子
夢のあるムリムラムダが消えていく 川崎 信彰
賀状より辛くて楽な喪のはがき 笹島 一江
脳トレをして振り込めを待ち受ける 伏尾 圭子
子に託す地球に残すものがない 藤沢今日民