戻る

 バックナンバー
東葛川柳会4月句会

 
(2010.4.24)
 
 
秀句
司会  佐竹 明
記名  船本 庸子  志田 則保
会場  パリ総合美容専門学校 6F
出席者  88名、欠席投句者 38名
 
<宿題>『 適 応 』 阿部 勲選
方円の器でくらす雑魚の自負
増田 幸一
輪が丸いたぶん誰かが折れている 折原あつじ
いい夫婦にもきっとある水たまり 長谷川庄二郎
<宿題> 『 騙 す 』 堤 丁玄坊選
どちらともとれる言葉の騙し舟 増田 幸一
整形をしても遺伝子変わらない 角田真智子
騙したのはそっちと夫婦笑い合い 難波ひさし
<宿題> 『 グラフ 』 角田 創選
二次曲線交わり知らぬ君と僕 中川 洋子
支持率をグラフにしたら滑り台 月岡サチヨ
数グラム減っても太く下げる線 古川 聰美
<宿題> 『制 服』 江畑 哲男選
秀 句
エプロンは何故か私を母にする 二宮千恵子
宇宙服浮世離れの芸をする 上田 良一
個性ある人は制服でも目立ち 中島 久光
デザイナーの制服に乗る受験票 岡 さくら
ジャージなら喜怒哀楽も自然体 岩田 康子
制服を脱げば気持がはち切れる 栗林むつみ
ときどきはセーラー服を妻に着せ 松澤 龍一
おなかにはいつも手がいく妊婦服 佐竹 明
制服を脱げば見事なシルエット 堤 丁玄坊
制服が足りぬ中身をカバーする 加藤 羞策
制服がちょっぴりきついEカップ 窪田 和子
抱きしめる戦力外のユニフォーム 島田 陽子
外苑の雨に角帽吸いこまれ 佐藤喜久雄
子を思う母親でいる宇宙服 吉田 格
教科書は捨て制服は取っておく 角田真智子
ナース服天使になれぬ時もある 伏尾 圭子