戻る

 バックナンバー
東葛川柳会5月句会

 
(2010.5.22)
 
 
秀句
司会  佐竹 明
記名  成島 静枝  東條 勉
会場  パリ総合美容専門学校 6F
出席者  83名、欠席投句者 38名
 
<宿題>『 卵 』 太田ヒロ子選
内からはとても破れぬ党の殻 根岸  洋
たまご酒父はちょくちょく風邪を引き 石井太喜男
そして今金の卵が燻し銀 穴澤 良子
<宿題> 『 ダ ム 』 吉田  格選
パパと作る砂場のダムは果てしない 日下部敦世
母はダム貯めてやりくり子を育て 大戸 和興
落人の哀歌へダムの透明度 北山 蕗子
<宿題> 『 くすぐる 』 太田紀伊子選
手を繋ぐだけで悶える人だった 古川 茂枝
天使のくすぐり赤ちゃんが笑ってる 日下部敦世
くすぐれば億の金ほど寄付しそう 江畑 哲男
<宿題> 『自由吟』 中澤  巌選
秀 句
故郷へ方言の輪に置く地酒 櫛部 公徳
新キャベツと呼ぶのは何日までですか
坂牧 春妙
献血のバスにお互いさまが乗り 河合 成近
禁煙に渋る背中を押す値上げ 木田比呂朗
いつの世も信じたサルが馬鹿なのね 加藤友三郎
乱魚逝く癌さまさまと唱えつつ 江畑 哲男
百歳には百歳分の荷が残り 山本由宇呆
父の日を忘れていたと軽く言う 布佐 和子
ウエストのゴムに常識ずれてくる 太田ヒロ子
ブラウスの起伏眩しい十八歳 松澤 龍一
五本指の小指がいつも甘ったれ 窪田 和子
藤の花地球に向かい降り注ぐ 本間千代子
行く春へうつ病一人歩きする 安田 夏子
席どうぞ言われた事が無い誇り 長谷川庄二郎
乱取りは赤じゅうたんで稽古する 小川 定一
老いらくの恋で低温火傷する 堤 丁玄坊
亡き母におふくろの日を贈りたい 宮本 次雄
夫婦ではないな話が弾んでる 篠田 和子
叱られたどうやら期待されている 大竹 洋
忘れたり忘れたことにしてみたり 伏尾 圭子