戻る

 バックナンバー
東葛川柳会12月句会

 
(2010.12.23)
 
 
秀句
司会  佐竹明吟
記名  新井季代子  宮内みの里
会場  パリ総合美容専門学校6F
出席者  84名、欠席投句者 28名
 
<宿題>『 球 』 高鶴 礼子選
 風船を針一本で風にする 折原あつじ 
 モノクロの記憶ラムネの音を聞く 六斉堂茂雄 
 弾まないボールひとりのクリスマス 江畑 哲男 
<宿題> 『 タフ 』 成島 静枝選
 心臓は休暇も取らずタフな奴 内田 信次 
 元気すぎ介護支援に笑われる 中沢 広子 
 地デジ化にタフなテレビよありがとう 立花 雍一
<宿題> 『 自慢 』 永井しんじ選
 入賞の菊信金に貸してやり 笹島 一江
 細りゆく国の自慢の春と秋 飯野 文明
 母さんを真ん中におく故郷自慢 海東 昭江
<宿題> 『 今年のニュースから 』 江畑 哲男選
秀 句
ハヤブサのポッケ宇宙を持ち帰り 飯野 文明
空席に孔子が座る授賞式 大竹  洋
時効廃止妻に一生いびられる 坂牧 春妙
年金を即身仏で受けている 貝田 誠作
ハブ空港目指し眠りを断つ羽田 古川 聰美
慎太郎に言われたくない性描写 上田 正義
熱中症へ一億人が解説者 後藤 華泉
牛舎からアウシュビッツへ牛がゆき 宮内みの里
ウィキリークス内緒話の封を切る 海東 昭江
人それぞれに老僧の書く筆を見る 山口   幸
平成のミイラも耐えた暑い夏 北山  蕗子
百千のニュースを凌ぐ偲ぶ会 宮本  次雄