戻る

 バックナンバー
東葛川柳会3月句会
(東日本大震災チャリティー句会)
 
(2011.3.26)
 
 
秀句
司会  佐竹 明吟
記名  船本庸子  伊師由紀子
会場  パリ総合美容専門学校6F
出席者  64名、欠席投句者 30名
 
<宿題>
 『 ホーム 』
中澤 巌選
本籍地移したくない郷土愛 六斉堂茂雄 
急げ急げ仮設住宅仮設風呂 川瀬 幸子 
黙祷のホームルームにさえ余震 中沢 広子 
<宿題> 『 張る 』 山本由宇呆選
卒園の小さな背中張りを見せ 森 智恵子 
 張り具合で時間が判るふくらはぎ 古川 聰美 
 ネクタイがはにかんでいる一張羅 大竹  洋 
<宿題> 『 損 』 植竹 団扇選
 大損害与えた海は知らん顔 浅井 徳子 
 損害は純朴な民消えたこと 古川 茂枝 
 言葉なくガレキの山をポチ見上げ 松田 重信 
<宿題> 『 自由吟 』 江畑 哲男選
生きているだけでも減ってゆく預金 中島 久光
マジシャンも真っ青になるカンニング 宍戸 一吉
スカイツリーどこから見てもいい男 江崎 紫峰
東電の指示で暮しのスケジュール 水井 玲子
手を重ね孫と筆順確かめる 佐藤 月歩
一人暮しなのに息子の自慢する 伊藤 春恵
俺の部屋ばかり節電する女房 加藤 羞策
国民の最前列で放水し 佐伯 清美
どんな貌で咲こう桜も思案中 中川 洋子
原子炉を宥める術は町火消し 折原あつじ
高台の墓を残して村が消え 近藤 秀方
いっさいを呑んで素知らぬ顔の海 安川 正子
平成の原発に降る黒い雨 小川 定一
原子力に想定外は許されぬ 古川 茂枝
何よりの御馳走太陽が昇る 田辺サヨ子