戻る

 バックナンバー
東葛川柳会4月句会
(東日本大震災チャリティー句会)
 
(2011.4.23)
 
 
秀句
司会  佐竹明吟
記名  日下部敦世 川崎 信彰
会場  パリ総合美容専門学校6F
出席者  88名、欠席投句者 28名
 
<宿題> 『 サイド 』 片野 晃一選
肩叩く側も苦しい胸の内 水井 玲子
計画になかった人の傍にいる 川瀬 幸子
いいこともあるさ悲しみの横には 中川 洋子
<宿題> 『 仙台 』 船本 庸子選
広瀬川恋を捨てたり拾ったり 松本八重子
七夕の開催決める心意気 角田  創
杜に来て迷うな去年の渡り鳥 根岸  洋
<宿題> 『 八百長 』 長谷川庄二郎選
根回しの済んだ会議に腹の虫 布佐  和子 
妻と子等俺の病気にひと芝居
川崎  信彰 
アデランスとシリコン並ぶ金屏風 上田  正義 
<宿題> 『 主 婦 』 成島 静枝選
珍客へ主婦は半端な昼を食べ 佐藤喜久雄
雑用がなければ主婦もひまだろう 坂牧 春妙
大震災主婦節約の目を開き 飯野 文明
火も水も武器も揃っている厨 宮本 次雄
主婦業が天職という割烹着 田辺サヨ子
括らないでただ主婦という二文字で 中川 洋子
主婦ですと言えばその先聞かれない 川村 安宏
避難所の主婦主婦業がこなせない 江畑 哲男
目計りと手計り冴える主婦ヂカラ 森 智恵子
過去のこと記憶で勝る妻と揉め 関根庄五郎
主婦と母もういいでしょう好きにする 笹島 一江
震災の前から自粛してる妻 小川 定一