戻る

 バックナンバー
東葛川柳会7月句会
 
(2011.7.23)
 
 
秀句
司会  角田 創
記名  宮内みの里 志田 則保
会場  パリ総合美容専門学校6F
出席者  83名、欠席投句者 29名
 
<宿題> 『 ストレート 』 やまぐち珠美選
アスパラガス曲がりたくない一本気 川瀬 幸子 
水割りは嫌い火が付く酒が好き 大戸 和興 
再建の漁師一本道進む 宮内みの里 
<宿題>文化都市シリーズB
       『 金沢 』
増田 幸一選
忍者寺さすがは江戸のセキリュティ 宮内みの里
名にし負う兼六園の雪月花 宮内みの里
 格子戸の灯りが誘う主計町 吉田  格
<宿題> 『 木綿 』 古川 茂枝選
ご先祖の木綿着贅を戒める 近藤 秀方
僕の肌木綿以外はアレルギー 志田 則保 
フンドシ一丁究極のクールビズ 江畑 哲男
<宿題> 『 自由吟 』 「江畑 哲男選
原発の同心円にいる暑さ 佐竹 明吟
一人だとAKBと気づかない 中島 久光
真っ二つ家裁で割れたシャボン玉 加藤友三郎
うなづいているが補聴器はずれてる 坂牧 春妙
手をつないでも恋人には戻れない 日下部敦世
台風が暫しの涼を置いてゆき 宮内みの里
なでしこもサムライも名にし負わない 植竹 団扇
好きな海と和解出来ない日日送る 笹島 一江
食住の不安政府が募らせる 小林かりん
ケータイでないと本音が話せない 大竹 洋
憂国のかけらぐらいは持っている 石戸 秀人
有名になると出て来るスキャンダル 江崎 紫峰
常日頃国産牛は喰べてない 浅井 徳子