振り返って数カ月。
我ながらよく頑張った。頑張って、走り続けた。有森裕子ではないが、「自分で自分を褒めたい」。そう思う。
ここ数カ月、自粛・巣ごもり・籠城が続いた。大変だった。
何しろ未曾有の経験。長かった。しかも、不安はまだ払拭されていない。TVを見るたびにむしろ心配が増し、ストレスも溜まった。自身の気持ちをどうコントロールすべきか、みんな悩んでいた。かく言う小生も、例外ではなかった(ホントですよ!、笑)。
 会に目を転じれば、句会が開けない。必要な会議が出来ない。メールの送受信は出来ても、顔を合わせての打合せが出来ない。皆さん、どう過ごされているのか?元気でいるのか?川柳を忘れずに過ごしているか?いろいろ気を揉んだ数カ月間であった。

   書いたなぁ~、発信したなぁ~

 ともかく頑張った、その中身。

①  通信という手段の有難味を、これほど感じた期間はなかった。皆さんも同じ思いであろう。
 小生が利用したのは、第一に郵便局。発送した郵便物はたぶん数百通に達する。多くが、最新刊『今川乱魚のユーモア川柳とまじめ語録』の贈呈や注文への対応だった。
 種類も多岐に及んだ。ふだん利用するのは『ぬかる道』発送のための第三種郵便。『ぬかる道』の発送には七九円分の切手を貼る。大封筒左上の「柏局/料金別納郵便」と印刷されてある大きな〇印上部分に、切手を貼る。第三種は開封が条件だ。封筒の右肩をハサミで切り取る必要がある。発送部の皆さんが日ごろ努力されて作業が、コレ(郵便局持ち込みだと切手貼付が不要になる)である。
 ゆうメール・レターパックライト(370円)・スマートターが重宝だった。三冊まで封入可。申込のほとんどは1冊の注文だったので、余裕のある分「オマケ」を封入した。拙著を取り上げた新聞のコピーだったり、小生の原稿類、「書籍セールの案内」チラシ、あるいは新葉館出版の宣伝チラシ、などなど。それらも喜ばれた。モチロン郵送費は個人負担。会に迷惑はかけていない。念のため。

②  メール発信もよくした。コロナ以前は、原稿の送受信と会務の連絡や指示が中心だった。自粛期間には、コロナ禍見舞いと称して近況を伺うメールも数多く送った。

③  意外に利用したのがFAX。「無料通信講座」ナンテ始めたものだから、FAXのやりとりも増えた。

④  手紙という昔ながらの通信手段には情緒がある。そう感じたものだった。差出人の個性が滲み出る。手書きかワープロか、用件のみの方といろいろ書いて来られる方と。添削希望者のほぼ全員が返信用封筒を忘れずに封入してくれたのは、余計な手間を省くという意味で助かった。

⑤  日本の宅配システムの見事さ。受取人の立場から言えば、日時の正確さと取り扱いの丁寧さに改めて感動した。どこぞの国などは、放り投げるようにモノを扱うらしい。そんな業者は日本にはいない。

⑥  右のほか、巻頭言とメッセの選など例月通りの会務を果たすことが出来た。これも自画自賛したい!(笑)。誌上句会への移行、『ぬかる道』編集、同発送がスムーズだったのは、スタッフの皆さんのおかげ。前月号に記したとおり。改めて感謝申し上げる。有難うございました。
 ……こう書くと、すべて順調のように聞こえるが、実際はいろいろあった。スタッフもそれぞれ事情を抱えながらの会務。それゆえ、こうして謝辞を述べている。
 時々、勘違いをされる方がおられる。曰く、「若い人に仕事をバトンタッチしたい」(←若い人はいないよ!
 「(アイデアを披露して)川柳界はコレをやるべき。担当者を探せ。誰かいないか?」。(←いないよ!アイデアを出したアンタ自身がやらなきゃダメなんだよ!それがボランティアの組織ですよ!)。川柳界にはまだ分からない御仁がいるらしい。残念な観念論である。

   「面白そうな方向を選ぶ」

 本もよく読んだ。そう思って調べ直したら、さほどでもない。一カ月で10冊ほどか?100%現役の時代とたいして変わらないが、まぁ読んだ本を一部紹介しよう。
 『不意撃ち』(辻原登)、『元号読本』(所功)、『句集ふりみだす』(秋尾敏)、『阿蘭陀西鶴』(朝井まかて)、『入門万葉集』(上野誠)、『台湾を築いた明治の日本人』(渡辺利夫、産経新聞社)、『大学はもう死んでいる?』(苅谷剛彦、吉見俊哉)、『近代建築で読み解く日本』(祝田秀全)、『国連の正体』(藤井厳喜)、『反日種族主義と日本人』(久保田るり子)、『親中派の嘘』(櫻井よしこ)、『小説伊勢物語 業平』(髙樹のぶ子、日本経済新聞社)、『愛国者のための東京案内』(深川保典)、『日本の美しい言葉辞典』(梅内美華子)、『還暦からの底力』(出口治明、講談社現代新書)、……

 ベスト3は?と訊かれたら、太字の三冊。いずれもここ数カ月のベストセラーで、良い意味でカルチャーショックを受けた。中でも、『還暦からの底力』(出口治明、講談社現代新書)がイチ押し。まさに旬の本と言えよう。
 筆者は還暦にベンチャー企業を起業し(ネットを販売チャンネルとするライフネット生命)、古稀には学長に就任(大分県APU大学)した、いま話題の人物である。かつてのモーレツ型日本人かと思いきや、全く違っていた。
 《教養は「おいしい人生」を楽しむためにある。》
 《「若者、ばか者、よそ者」が面白い。三者を混ぜて、……。》
 《人間は毎日がイエスノーゲームの連続。 僕はイエスノーゲームでは基本的に面白そうな方向を選びます。》
 筆者の言葉である。読めば刺激を受ける。一読をオススメする。東葛はともかく、近ごろの川柳人が「読むこと」「学ぶこと」から遠ざかりつつあるのが気になっている。だから、川柳界の退行現象が止まらないのだろう。
 締めは御礼&お願い。東葛臨時基金の呼びかけに早速応じ
ていただいている。感謝。と同時に絆も実感した。句会はいよいよ再開へ。当面はそろ~り再開を心がける。表紙3上の注意事項、ご確認を。まずは、健康第一で行く。

















 どだい、文芸なんてシロモノは「不要不急」の代表に位置づけられるのだろう。なくても困らない。あっても腹の 足しにはならない。今川乱魚師風に言えば、カネが儲かる訳では決してない。

 同じ文芸仲間でも、俳句ならば「風流ですね」という反応も期待できようが、川柳の場合そうした肯定的反応には程遠い。むしろ、「この非常時に何をやっとるか!」と叱 られそうな雰囲気(笑)さえある。それが川柳という文芸 の社会的評価なのかも知れぬ。

    「不要不急」というモノの価値

 珍しく自虐的な書き出しになったが、その「不要不急」 の代表格たる文芸川柳。それがこんなにも愛されていると 実感したのが、自粛・籠城のこの数カ月であった。

 「川柳ロス(正確には句会ロス)のせいで、日常生活に張り合いがなくなりました」。以前は宿題が多いだの、句 が出来ないだのとぼやいていたくせに、句会がなくなった とたん今度は宿題が恋しくなったらしい(笑)。

 「役員の皆さんには心から感謝申し上げます」、「『ぬ かる道』を食い入るように読んでいます」等々、会員各位 からの嬉しい反応が後を絶たない。

 句会が開けなくなった。勉強会が中止になった。講座がなくなり、人が集まること(密閉・密集・密接の三密)が 忌避されるようになってしまった。川柳人は寂しがり屋さ んが多い。人恋しさの極致のなかで、自粛・巣ごもり・籠 城期間をナントカやり過ごしてきたようだ。

 句会以上に楽しみにしていたのが二次会である。川柳をサカナに選者を血祭りに上げる。こんな楽しい飲み会はな い。左党諸氏も、自粛巣ごもりの家飲みではさぞ物足りな かったに違いない。以上、現役世代には申し訳ない話。

    「こんな時こそ、川柳だぁ~」

 かく言う小生。この期間、逆に大忙しだった!

 よせばいいのに、「こんな時こそ川柳を、こういう時こそ ユーモアだ」と張りきり始めたからたまらない(笑)。東葛 内外に、川柳界内外に、川柳の魅力を次々アピールして いった。思いついたアイデアはすぐ実行したくなる。ゴメ ン、そういう性格なのだ。それでいて、作業するのは小生 ただ一人。ステイホーム期間は、そのままテレワーク& ホームワークの期間に移行した。

 具体的な作業と川柳発信の実績を掲げる。
① 主として『ぬかる道』誌会員を対象に、「無料添削講 座」を開講。その数、二〇数件(個人や勉強会)五〇〇句 ほど(除く、メッセや『川柳マガジン』他)。疲れた。
② 新刊『今川乱魚のユーモア川柳とまじめ語録』の贈 呈・販売・発送の作業。こちらは当初の予想以上の反響が あった。一人ひとりに御礼状を添えて(たまにオマケの資料も封入して)の発送。充実の作業を繰り返した。
③ 右の成功体験を踏まえて、『ぬかる道』誌では「緊急事態宣言下の書籍特別セール」を展開。セールはぼちぼち だったが、比較的新しい読者に喜ばれた。
④ その『ぬかる道』誌に、いつも以上にお便りが寄せら れた。機関誌『ぬかる道』は、読者との意思疎通機能を十 二分に果たしている。この点を改めて確信した。それゆえ 出来るだけ多くの声を幅広く掲載しようと心がけて、今号 でも「声」の入力に励んだ(本号 37 ページ以降)。
⑤ マスコミにも攻勢をかけた。ニュース価値のある素材 はたんまりと抱えている。折しも『今川乱魚のユーモア川 柳とまじめ語録』を編著し、上梓したばかり。当初はコロ ナ禍以外のニュースを受け付けなかった各紙も、東京新聞 を皮切りにしだいに軟化の傾向が見られた。毎日・読売・ 朝日と掲載が続いている(本号 41 ページ)。
⑥ その新聞各紙。切り口が違う。これもまたよし。とり わけ、六月四日付け読売「川柳に新入生の本音見る」は、 タイムリーでユニークな教育実践だ(本号 40 ページ)。

    デジタルとアナログの好バランス

 IT機器の進化は言うまでもない。東葛川柳会が発足当初からパソコンを導入し、会務の合理化と「見える化」、 さらにはメーリスの充実と活用に努めてきた点は、ご存知 の通り。コレが非常事態のなかで役立った。

 他方、アナログ的な感覚も大事にしてきたという自負も ある。ふだんの挨拶や声かけ、チームワークの醸成をはじ め、「東葛句会=ライブ感覚」という評価が定着してきたのは嬉しい。所詮人は、面白くないモノには近寄らない。

 そしていま、コロナ禍という未曾有の状況下。「読んで タメになる柳誌」づくりに邁進してきて、本当によかった。
芯からそう思う。皆さんの反応が嬉しい。『ぬかる道』誌 が待たれていると思うと元気がまた出てくる。

 読みもののない( or 貧しい)柳誌ではこうはいかない。 まだまだの部分はあるが、エッセイや鑑賞文ほかも一定の レベルに達してきている。編集部の努力を多とすると同時 に、その充実ぶりは皆さんが誇ってよいことでもある。

 川柳界の悪弊として、(ア)本を読まない、(イ)勉強 しない、(ウ)改革・改良への意欲やビジョンがない、等 等を小生は挙げてきた。そんな柳誌や吟社であってはなら ぬ。自戒も含めてそう申し上げたい。

 ある企業人からは、こんな情報を頂戴した。
《コロナ禍の影響について。私どもで申しますと、お客様 のステイホームのためか、小誌への読者アンケートの返信数 が過去高となりました。旅に出ることができない分、いつ も以上に誌上旅行を楽しんでいただけたのかな、と考える 次第です。》

なるほど。示唆に富むエピソードである。

    「東葛臨時基金」ご協力のお願い、ほか

 後はお願い!
 『ぬかる道』表紙3上をご覧いただこ う。会計が危機に瀕している。困った。事情ご賢察の上、 臨時基金(俗称「コロナ基金」)にご協力をお願いしたい。 むろん任意だが、振込用紙も挿入させていただいた。

 もう一点。『ぬかる道』 42 ページ。いよいよ七月から句会を再開する。参加者向けの注意事項を示しておいた。あ くまで状況次第だが、フルコースの句会ではなく、「時短 句会」(ゲストの披講と連絡事項のみ)も考慮に入れてい る。いずれも無理のない範囲でのご参加、ヨロシク !!



 皆さん、お元気ですか?

  冒頭から巻頭言らしからぬ挨拶になりました。背景は、よ~くお分かりのことと存じます。緊急事態宣言が続いています(5/現在)。やや光明が見えつつある昨今とは申せ、ウイルスという見えない敵との戦いが続きます。
  東葛川柳会の皆さんにおかれましては、それぞれが存分に創意工夫を発揮して、元気を出して頑張っていきましょう。巻頭言もそんな中身にして参ります。

      『ぬかる道』は皆さんとの絆

  (普通の文体に戻って)さて、会報『ぬかる道』は会員の皆さんとの大切な絆。我慢を強いられる日常のなかで、改めてそう実感したという方が多数おられた。
  お二人だけ、紹介する。
 まずは、野田市の松本八重子さん。『ぬかる道』誌が到着したナントその日に、折り返し激励の手紙を投函してくれた。内容は本号ページの短信欄のとおり。スタッフへの慰労と感謝の気持ちに満ち溢れている。嬉しかった。 もう一方は、茨城県の塚本康子さん。今年三月突然休止になった「ひるどき川柳」。NHK千葉放送局宛てに、川柳ファンとしての声をFAXで届けてくれた。FAXには、ラジオ放送を楽しみにしていたことや、自粛生活のなかで川柳再開が待ち望まれることなど、ご自身の言葉で率直な思いが綴られている。NHKが川柳という文芸の底力を再認識する機会になってくれれば有り難い。これにも感謝。

      「第三の居場所」の必要性

 話は変わる。
 「サードプレイス」と呼ぶらしい。日本語だと「第三の居場所」か。ファーストプレイス(自宅)、セカンドプレイス(職場や学校)に続く場所。一個人としてくつろぐことができる居場所のことだ。米国の社会学者レイ・オルデンバーグという人が、自著『The Great Good Place』で一九八九年に提唱したという。
 オルデンバーグは、サードプレイスを都市生活者に出会い良好な人間関係を提供する重要な場であると位置づけた。その特長として下記を挙げている。
 「無料または安価で利用できる」「飲食が可能」「アクセスしやすい」「常連が集まる」「快適で居心地がよい」「古い友人と新しい友人の両方に出会える」……。具体的には、フランスのカフェやイギリスのパブなどを挙げる。日本で言えば、さしづめ居酒屋の類いだろうか(以上参照『知恵蔵mini』)。
  川柳の句会もまさしく「第三の居場所」に違いない。自宅でもない、職場でもない、さまざまな立場の人が集まって一緒に作句を楽しむ。そんな場所が川柳という趣味の場なのだ。川柳は右記の長所を立派に兼ね備えている。のみならず、「新しいことが学べる」。入選すれば、「自身の励みになる」。各種の表彰や全国大会などもあって、新たな高みにも挑戦出来る仕組みが整えられている。
 生涯学習の意義をずっと訴え続けてきた小生だが、オルデンバーグに言わせれば、それは「第三の居場所」の存在価値ということになるのかも知れない。

    「こういう時こそ川柳を」

  折しも世はコロナ禍の最中である。自粛自粛で鬱になりそう。そんな声も聞こえてくる。こういう時は川柳! こんな時こそユーモアである。そんな呪文を唱え(笑)ながら、川柳の魅力を川柳界内外に発信し続けている。「元気、出そうぜ」と言わんばかりに。
  まぁ、お聞き下さい。
 まずは、『ぬかる道』誌。小生から毎月、当会顧問や各界有識者の皆さんにお送りしている。その数は二〇名弱。この自粛・巣ごもり期間は川柳PRのチャンスと考えて、さらに二〇名ほどを臨時に付け加えた。いずれも、「陣中見舞い・ご機嫌伺い」と称し、メモを付して、お送りした。その反応もぽつぽつ届き始めている。
  さらには、最新刊の『今川乱魚のユーモア川柳とまじめ語録』。こちらも十二分に活用。贈呈者は八〇名。売上は、五月一〇日現在一一五冊。郵送費(モチロン自腹)も含めると赤字には違いないのだが、川柳の発信には相当役立っている。そう思って自己満足をしている。
  右のほか、懸案の若者勧誘策(「Uー会員」募集)の具体化や、「無料通信添削講座」を開設等々でけっこう忙しい。それもこれも、川柳のため、東葛のため、と自己暗示をかけながらの手作業&テレワークである。

      こういう時こそ句を創ろう!

  こういう時こそ川柳を。今度は、会員の皆さんへ。
 作句は順調ですか? えっ? 「コロナコロナで句が出来ない」?? そんなことではいけませんゾ。
 この間、新たな発想を促す新語がドンドン誕生している。句語だけ拾ってみよう。自粛、コロナ鬱、三密、テレワーク、ソーシャルディスタンス、二メートル、万円、ステイホーム、GWのGは我慢のG、新しい生活様式、……。
  コレで、川柳が出来ない訳がない! 言い訳は禁物 さあ、アナタもメッセにご投句下さい。とびきりの選者を揃えた誌上投句句会を盛り上げて下さい。『川柳マガジン』の一〇万円にもチャレンジを(本号に資料同封)。
  締めは、何点かのご報告とご了解願いたいこと。
  同人総会が中止になった。会計報告と監査は無事終了しているが、同人各位に書面での情報提供が出来ない。諸事情ご賢察の上、どうぞご理解を賜りますように。

 人事。基本は留任。下記については補強を図った。
① 会計部長は藤田光宏さんから棚田貞治さんへバトンタッチ。これは昨年からの予定の方針である。
② 句会部長は五月女曉星幹事長の兼任とした。
③ 新たに渉外部長というポストを設け、こちらは川崎信彰さんに横滑りをお願いした。
④ 藤田光宏さんには新たに顧問に就任していただき、大所高所からのバックアップをお願いした。

 いずれも現下の状況ゆえ変則的な辞令となったが、皆さんのご協力を切に乞う。通例と違うのは右の他にも。『ぬかる道』の暑中広告、今回は見合わせることにした。募集は中止(?ページ参照)。もう少し、頑張ろう!




  このところ現役時代の夢をよく見る。何故だかよく分からない。新型コロナ禍のなか、ナント高校生相手に国語の授業をしている自分がいるのだ。
例えば、左記一文を解説している江畑哲男。
 《疫学的な問題が解決されないかぎり、経済危機をもたらす不確実性が払拭されることはない。》(田中秀臣・上武大学教授、『正論』5月号)
難解な言い回し。学者さんの評論にはこのテの言い回しが多い。しかし、どうってことはない。授業では以下、小生は魔法?のように解き明かしていく。
 「みんな分かるかな? 入試に出る評論っていうのは、だいたいこんな感じ。一見難しそうだけど、大したことはない! 大丈夫、ダイジョブ、……」。

     「具象 ⇆ 抽象」というやりとりの図式

 おっと、その前に右評論の解説をしておこう。
 要するに、筆者の主張はこうなのだ。
《「疫学的な問題が解決されない」=「新型コロナの蔓延に歯止めがかからない」かぎり、「経済危機をもたらす不確実性が払拭されることはない」=「経済が正常化する見通しが立たない」、ということ。》
 なぁ~んだ、という教室の反応が聞こえてきそう(笑)。そう、ナンテことはない。「感染拡大防止と経済活動は両立しない」という、分かりきったことを主張しているだけなのだ。引用文はオピニオン誌に掲載されたものだが、具象と抽象の関係を端的に物語っている。
翻って、川柳。川柳創作の際に具体性と抽象化のやりとりは欠かせない。知らず知らずのうちに皆さんも行っている作業であり、創作過程で必ず通る過程でもある。

 分かりやすい拙句で説明しよう。
  「緊急避難命令 孫が来る書斎」 (本誌2月号メッセ)
 「緊急避難命令」は抽象的な単語だ。一方、書斎に孫がやって来るのは現実。「孫が来る」というすぐに起こりそうな近未来に対して、危機感(!)を感じた。その危機感を「緊急避難命令」と抽象化したのだった。
 以上を、ウンと分かりやすく具体的な言葉で書くとどうなるか? 「孫来そうだから書斎を片づける」。コレだと全くの説明。こんな句はボツに決まっている(笑)。

     いよいよ、乱魚ブックス刊行

 お待たせ。新葉館出版の先人シリーズ。その一つとして、『今川乱魚のユーモア川柳とまじめ語録』(江畑哲男編、新葉館出版、一二〇〇円+税)が刊行された。表紙2広告をご覧いただいて、皆さんのご支援を賜りたい。
 乱魚師のことなら、その編著なら簡単だろう。そんな見方もあったが、どうしてどうして。編著という作業の魅力と難しさを改めて痛感。新葉館出版の竹田麻衣子さんには格別のご苦労をおかけした。何度も何度も再考を促した。その甲斐あって良いものが出来たと自負している。
 編著というのは意外と難しい。自分の本なら勝手に作れる。しかし、編著はそうはいかぬ。ましてや、川柳界の巨人の人生と業績にかかわる出版物だ。写真一つとっても、どれを採録するかに相当神経を使った。
 そう、その写真を例に取れば、当初は乱魚師の笑顔ばかりを載せていた。しかし、どこか違うゾ、そう思い直す。乱魚師には厳しい一面があった。本号『ぬかる道』誌の本田智彦日川協事務局長が書いているとおりである。では、その厳しさを写真でどう表すか、結構難しかった。本著の他の特徴については、表紙2広告をご参照願う。
 ところで、川柳を愛する皆さまにお願い!
 拙著『今川乱魚のユーモア川柳とまじめ語録』を普及していただきたい。まとめ買いや書籍を預かって普及してしていただけたらさらに有り難い。有志募集中!
お願いもう一つ。傘下の各勉強会で本著を教科書として使用して貰えないだろうか。たぶん二~三回くらいの講座内容にはなろう。安価で持ちやすい本著をテキストにすれば、作句力の向上マチガイないかも!?
 お声をかけていただければ講義に出かける。コロナ禍終息後の課題として、ご検討いただけたら幸いだ。

     発揮される、『ぬかる道』誌の真価

 さて、三月に引き続いて四月・五月句会をいずれも投句方式に切り替えた。東葛句会はライブ感があって楽しいのだが、そのライブには「三密」(密閉・密集・密接)が付きもの。おまけに、ユーモア句が披講されるたび会場いっぱい笑いの渦となる。飛沫が飛ぶこと、飛ぶこと(笑)。これだもん、ライブ感のある句会は中止せざるを得ませんよね(←ココだけ文体が妙な語り口になった)。仕方なかんべさ(←今度は千葉訛)。
 この投句方式を可能にしたのが、東葛川柳会を支えるスタッフたちだ。編集、発送、投句受付、会計、総務(メーリス発信)など、「見えない仕事」を見事にこなして支えてくれた幹事の皆さん。有難うございます。記して、御礼申し上げます(詳細「誌上句会の表情」?ページ参照)。紙数の関係で巻頭言では以下の仕事だけをお伝えする。

     東葛を支えたスタッフ達

 まずは、投句受付の船本庸子さん。今回最大の立役者だ。一〇〇名を超える投句の受付・整理・選者への郵送等、大活躍をして貰った。大相撲で言えば殊勲賞ものである。
 次は、志田則保さん。発送業務で人を集められなかった。山陽社に依頼した作業の後、柏郵便局に四〇〇弱の封筒を持ち込んで無事発送に漕ぎつけた。こちらは敢闘賞か?
 技能賞は『ぬかる道』編集部だろう。読みものの多い柳誌にして置いてよかった。これがもし、句会報だけの雑誌だったら目も当てられない。他誌(紙)と比較すればその充実ぶりが光る。コロナ鬱の中にあって、『ぬかる道』誌を隅から隅まで読んだという激励を何通か頂戴した。

     プラス志向を具体化する

 こんな時は、いかにプラスに転化して考えるかが肝心。頭の使いどころだ。五月投句句会の案内をご覧あれ。句会を開けないというハンデを逆手にとって、青森県&佐賀県の有名人に選者を依頼した。快諾、快諾。感謝、感謝。
 「U49会員」の初登録もあった。緊急事態宣言下だが、スタッフは頑張っている。皆さんの声援をお願いしたい。



江畑哲男代表が令和2年ぬかる道2月号の巻頭言に表明した
東葛川柳界の現況と課題多き将来への展望です

笑っちゃいました。『ぬかる道』十一月号のメッセ欄。
 「熱血教師暑苦しかったろう生徒」(岡本昌代)。

この句に素早く反応した読者がいた。十一月句会のゲスト選者佐瀬貴子さんである。貴子さんからのお便りを再録する。

▽『ぬかる道』十一月号拝読。思わず、笑っちゃいました。岡本昌代さんの「熱血教師暑苦しかったろう生徒」。舌鋒鋭いユーモア句。よくも詠めたもんですね! 脱帽! 勇気と着眼点に。  10/30   (水戸市)佐瀬 貴子

 右は、本誌十一月号「お便りコーナー」に掲載してある。それにしても、いったいどこのどいつだ? 「熱血教師暑苦しかったろう生徒」、なんていう句を作ったのは? 
 そう思いながら、選者は採っている。心の広い(!)選者なのだろう(笑)。それだから日の目を見た。活字になったのだ。心の狭い、ユーモアを解さない選者だったら、当然ボツ!!、になる。貴子さんではないが、全く「よくも詠めたもんですね!」という話になるところだ。

  「句会」というシステム

 冗談めかして書いているが、右エピソードは川柳の選と句会の選というもののシステムを雄弁に物語っている。つまるところ、どんなにすぐれた作品も、句会or近詠欄の選者のおメガネに叶わなければ、結果はボツ。日の目を見ないということだ。このようなシステムの上に川柳句会は成り立っている。考えれば、オソロシイこと。だから、句会を大事にしたい。それゆえに、選者に拘りたい。
 東葛川柳会が既成の川柳界の天窓を開け放ったのには、いくつかの理由があった。
① ゲスト選者方式を採用し、柳話を伺うようにした。
② ゲスト選者は、伝統や革新、結社の肩書きなど、川柳界の悪弊にとらわれることなく招聘してきた。
③ 出題には現代性や話題性を重視し、カタカナ語の題は毎月必ず出題した。
④ 何よりも、参加者ファースト。歌や体操を導入し、明るく楽しく、生き生きとした句会運営を心がけている。
 ゲスト選者も、小生が代表になってから(それももう十八年も経つが)は、東葛の「学び」との兼ね合いを考慮しつつお招きしている。意識的に、若い世代(世間的には若くないが)に声をかけるようにもしている。

   「さすがは東葛!」

 さて、東葛川柳会十一月の句会は、正覚山妙典寺(松戸市きよしヶ丘)をお借りして開催した。東葛の歴史のなかで、寺院を句会場とするのは初めてのことである。
 心配があった。『犬吠』誌関連で、津田暹千葉県川柳作家連盟会長に連絡を入れたら、「会場確保、大変なんですね」とすぐにメールが返ってきた。別な筋からは、「足腰が悪い人への配慮は?」、「駅から何分?」「会場案内は大丈夫か?」等々、心配の声も挙がっていた。
 代表としては、雨のなか、足下の悪いなかをお出でいただいた皆さんに、ただただ感謝の気持ちでいっぱいだった。会場をご提供いただいた妙典寺の住職ご夫妻には、誌上ながら改めて御礼申し上げたい。おかげさまで、忘れられない句会となった。そう、前向きに受け止めておこう。
 ご住職の法話がよかった! お寺離れの昨今、寺院の果たすべき役割は何なのか? ユーモアを交えながら言及されていた。全国にコンビニは五万軒。寺院は七万余。コンビニは儲からないと見れば撤退できるが、お寺さんはそういう訳にはいかない……、などなど。
 十一月句会に関しては「句会レポート」や本号の他の記事をはじめ、ナマの声をお聴きいただこう。それにしても、前記の心配をスタッフは見事に払拭してくれた。感謝。
 句会後にはこんなメールを頂戴している。「改めて、東葛の家庭的な雰囲気を感じました。席を譲り合ったり、声を掛け合ったりして温かでした」。また、「(困難にもめげずに)さすがは東葛川柳会」とのお褒めも頂戴している。心優しいお言葉、有難うございます。

   「死」に対する意識の変化

 お寺さんを句会場としてお借りした、そのご縁もあっていろいろ勉強が出来た。その幾つかを書いておく。
 「葬儀を行わず、墓をつくらない人が増えているのは、死に対する意識の変化だ」。こう断定するのは、作家で元外務省主任分析官の佐藤優氏である。佐藤優氏はさらに続けて、「生のみを追求して、死は無意味であるという発想は間違いだと思う」とも述べている。
 近ごろ小生は、次なる疑問を抱くに至った。俗世間の思考は「二項対立」のパターンが多い。生か死か、善か悪か、右か左か、儲かるか儲からないか、……。一方、仏教を含む東洋哲学はそうではない。二項対立とは違う思索の深みを見せている。このあたりはどう考えたらよいのか?
 妙典寺のご住職も、法話の中で「人」と「人間」の違いに触れておられた。「一即多、多即一」という仏教理念を、もしかしたら説かれようとなさったのではないか。「自他合一」(仏教用語)や「知と愛」(西田幾多郎)にも通じる概念だと、法話を拝聴しながら小生は感じとった。
コレは面白い! 『お寺さん崩壊』
 そんな折りも折り、『お寺さん崩壊』 (新潮新書)を読み終えた。メッチャ面白かった! 現代のお寺さんが抱える過酷な現実を「面白い」と言っては不謹慎なのだが、それだけこの本はリアルだったのだ。
 筆者は水月昭道氏。かつて「高学歴ワーキングプア」という語を流行らせた方らしい。昭和四二年生まれの、地方寺院の住職(浄土真宗本願寺派)。大学の先生を専任で務めておられた時期もあったという。
 江畑哲男川柳ブログでもご紹介した内容だが、多少アレンジしながら本巻頭言でも情報提供しておく。
 要は、この本。俗に言う「坊主丸もうけ」なんて、大ウソだというのがその骨子。筆者はぼやく「坐禅すれども、念仏すれども、我が暮らし楽にならず……」と。おっと、笑ってはイケナイ!
現実は、ナルホドそうなのかも知れぬ。お寺さんと言えど、仏門に帰依する僧侶と言えども、俗世に生きており、金銭を始めとする資本主義社会の堕落した(!)価値観から逃れることなど出来ないのだから。
 世俗には世俗の法がある。一方、お寺さんにもお寺さんの法と論理があろう。世俗のソレよりはるかに尊い仏法という法が。仏法には数千年の歴史と伝統がある。当然両者の間には、乖離も軋轢も生じているに違いない。
 以下、同著の書評を江畑哲男風にまとめておく。

① 大昔(!?)と違って、僧侶が教員や役人を兼業出来る時代ではなくなった。(仰る通り! 小生が教員になった昭和五〇年代には、僧侶兼高校教諭がたしかに存在した。盆暮れや彼岸などの学校の休業日を利用して、稼ぎまくっていた(笑)。そう言えば、その先生。夏休みはほとんど出校しなかった。部活の顧問もやっていたかどうか? そんな長閑な時代もあったなぁ、と思い返している。)
② 葬儀社の介在がお布施のダンピングを呼んでいる、とか。お寺と檀家の結びつきが希薄になった。確かに!
③ 例えば、本堂の建て替えが必要で檀家さんに願い出たとしても(見積もりは二億円)、一軒あたり一〇〇万円の負担はとても求められない。
④ 東日本大震災後、寺社の再建が進んでいない。檀家の事情に加えて、「政教分離の原則」がかえって壁になっている(=行政から援助して貰えない)。
⑤ ガソリンスタンドの非正規雇用(兼業)に甘んじる独身の住職。それどころか、住職の息子が「跡取りを拒否」する実態すらある。理由は、食えない+自由がないから。
⑥ 住職の悩みもいろいろだ。その最大の悩みが「お金」だというのは、恐ろしくもリアルな現
実。……まさに「四苦八苦」の実態の告白だった。(その他は、割愛)

   東葛川柳会のいま・これから

 さて、ゴメンナサイ。本号は新年号デシタ。気分を、昨年(令和元年)から今年(令和二年)に切り替えよう。
 まずは昨年。

(ア)わが東葛にも、高齢化の波が押し寄せてきた。幹部に病人が続出。小生も例外ではなかった。
(イ)幹事長の再交替。二年続けての交替となった。
(ウ)春(1月)・夏(8月)・秋(10月)と、大会を三回開催した。とりわけ、夏の大会は記録的な大盛会となり、マスコミ各紙も大きく取り上げた。大会では、五月女曉星幹事長をはじめとする新スタッフの奮闘が光った。
(エ)高齢化の実状を踏まえ「協力可能な方は力を貸して欲しい」との代表のお願いも、何度か発信されている。
(オ)『熱血教師』の熱波と勢いも手伝ってか、一時減少傾向にあった会員数がこのところ持ち直してきている。勉強会の充実も嬉しい。(しかし、まだまだの声も!)

 今年(二〇二〇)の抱負の第一は健康管理。次は当会の組織整備になる。「ワンチーム」ならぬ「チームワーク」の言い出しっぺは東葛だ! 皆さん、今後とも宜しく。

 課題を一点だけ申し上げる。幹事諸氏の勉強が足りぬ。作品には個性と息吹を、会務には幅広い視野が欲しい。