戻る

大人の交差点



 102(「ぬかる道」2017年12月号)
 
大人の交差点(102)

言葉巡り(2)
中島 久光
 
 「スベリヒユ」
 典型的な雑草に「スベリヒユ」がある。昭和天皇によると植物には全て名前があるので、雑草と言う植物はないとの仰せではあるが、ここは雑草と言っておく。ご存じない方に説明をすると、家庭菜園を始めると、本来採りたい作物よりも、「蔓延 はびこる」と言う言葉が合致するような植物で、一見「金の生る木」を押し潰した感じがするものである。
 父の実家は農業を営んでいるので、跡取りにすべりひゆの話をしたところ、山形県では食べているらしいとの話があった。テレ ビに「秘密のケンミンショウ」と言うバラエティ番組があるが、 その中で、女優の渡邊えりさんが、山形県では「ひょう」という 名前で食べているという。岩手県では食べるどころか、徹底的にむしり取っているので、同じ東北とは言え、地域差を感じたことである。山形県では藩主上杉鷹山により、財政不足のため、何でも食べることが奨励されたためであろう。
  テレビ番組で「珍百景」と言うのがあるが、その中で、俳優の岡本信人さんがどんな雑草でも天麩羅にしてしまうコーナーがあるが、未だにスベリヒユの天麩羅はお目にかかっていない。
 数か月前のテレビで熊本県ではスベリヒユをハウスで栽培をしているとの報道があった。食べられるものならハウス栽培もありうるとは思うものの需要がそれほどあるのかは、疑問に思った。 念のため広辞苑第四版(第七版が出たようだが金欠病のため買 えない)によると
すべりひゆ【滑莧】スベリヒユ科の一年草。広く世界の暖地に見られる雑草。茎は地をはい、暗紅色を帯びる。葉は多肉性で対生し、楕円形でつやがある。夏、鮮黄色の五弁の小花を開く。果実は熟すと上半部が帽状にはずれ、種子を多数放出。茎・葉は食 用、また、利尿・解毒剤に用いる。イハイズル。漢名、馬葉莧。 〈季・夏〉とあった。

「うるがす」
 岩手県では、米や小豆を煮る前に、水に浸しておくことを「うるがす」と言う。「浸 ひたす」ではなんか物足りない表現である。これも渡邊えりさんが、前記バラエティ番組で山形県でも「うるがす」 と言っていたので共通していた。ちなみにネットで調べたところ、 宮城県では「もづごめ、うるがしておいでけさいん」(もち米を水に浸しておいてください)とあり、秋田、福島でも使用している。 東北地方全般で使っている言葉だと思われる。

「おらおらでひとりいぐも」
 第54回文芸賞に遠野市出身の若竹千佐子さんの「おらおらでひ とりいぐも」が受賞したとの報道があった。作品を読んでいないので作品については論評を出来ないが、この「おらおらでひとりいぐも」は宮沢賢治の詩「永訣の朝」の中の一節「おらおらでし とりえぐも(原文はローマ字)」から取ったものと思われる。「永訣の朝」の中で、死んでいく妹トシの言葉が括弧書きで表現され ている。
  (あめゆじゅとてちてけんじゃ)
  (おら おらで しとり えぐも)
  (うまれでくるたて
  こんどはこたにわりゃのごとばかりで
  くるしまなあよにうまれてくる)
  妹トシは、日本女子大学に入学したはずであるが、東京言葉を 覚えない内に郷里へ戻って来たのであろうか?大抵、上京すると、花巻弁をすっかり忘れて、標準語を話す友人を多く見てきているので、この表現には違和感があるが賢治の技巧であろうと思う。
  同級生で関西に行った者が、夏休みで帰って来た時、「そうやろ」 などと言うので、花巻弁で「んだべ」と言えと強制したことがある。
  大学の寮にいたとき、長野の松本から来た先輩と同室になったが、私が花巻出身と分かると「あめゆじゅとてちてけんじゃ」を 朗読してくれた。私は勉強不足でよくは分からなくて恥をかいた思い出がある。それから慌てて、「春と修羅」を詠んだがなかなか 馴染めない詩集である。


 101(「ぬかる道」2017年11月号)
 
大人の交差点(101)

国宝十一面観音を歩く
大竹 洋
 
 白洲正子に刺激され、定年後十一面観音を巡っている。
 一人旅。基本は徒歩。
仏像は撮影禁止だから日記に留め「こころのアルバム」 にピンナップしている。以下は国宝十一面観音との出会いを日記帖から抜粋したものである。

      平成一六年八月某日   聖林寺(奈良)
昨夜は久しぶりに関西在住のゼミテン三人とキタで痛飲。 お蔭で熟睡。朝、新大宮のホテル発。桜井駅に着いた頃は雨。 多武峰行バス一五分。聖林寺に着く。
人里を離れ、おまけに台風の余波。誰もいない。庫裏へ来意を告げる。拝観料五〇〇円。本尊は石造地蔵菩薩。本堂の 奥へ小さな階段を上ると観音堂。大きな厨子が置かれている。
毅然としたお姿である。 明治の廃仏毀釈の嵐の中、フェノロサや岡倉天心によって 開扉されたという。均整の取れた仏身、凛々しい顔立ち、微妙な変化を見せる指先。男性的な美しさを見せている。
本堂からは北方に箸墓や三輪山、西方には二上山が見える。 雄岳と雌岳の間から雲が流れている。台風の演出かもしれない。

      平成一七年五月某日 道明寺(大阪)
朝五時半自宅発、一一時前道明寺着。一年前拝観日を間違えむなしく引き返した。今回は仕切り直しである。
この寺は渡来系の土師氏の寄進で建立された。土師氏はその後菅原氏となる。菅原道真が大宰府へ配流されるとき、この寺の尼僧であった叔母の寿覚と別れを惜しんだ寺だという。
やっと拝観できた。 背丈約一米、ヒノキの一木造り。毅然さを感じさせる佇まいである。以前、会津の仏師新井田英人氏との雑談の中で彼は 「十一面観音で一番印象的なのは道明寺の像。特に一木造りの刻線の鮮やかさが素晴らしい。」
と言っていた。成程と思う。

      平成一八年一〇月某日 観音寺(京都)
近鉄京都線三山木駅から徒歩三〇分。庫裏に来意を告げる。 住職が大きな厨子を開けてくれる。
聖林寺の観音様に似ている。
どちらかといえば聖林寺よりは女性的に見える。それにしても美しい。住職の説明によれば、二体とも当時の東大寺造仏所 の仏師による木心乾漆仏という。説明が続く。 「この寺は東大寺を建立した良弁僧正の手により創建され、 その後藤原氏の外護を受けた。藤原氏滅亡後もこの地の古刹とされ今にある。この像は八世紀半ばに安置され、千三百年この場所を移動することはなかった。」
白洲正子は「…頽廃の気がいささかも無いのが却って甘美な ロマンチシズムを遠ざけている」(「十一面観音巡礼」)と評して いる。その位完全に「天平がそのままの姿を保持」しているのだ。

     平成一九年九月某日 室生寺(奈良)
通勤通学の時間を抜けて山間の室生口大野駅に着き、バスに 乗る。乗客はおばさんが一人。「三十年ぶりです。その時は冬で野猿を見かけた」というと、「今は鹿も熊も出ます」という。
室生川の太鼓橋を渡ると山門。山門を潜った処に三本杉。石 段を上ると直ぐ金堂。本尊釈迦如来像の左、文殊菩薩の隣に目指す十一面観音が配置されている。
彩色が鮮やかである。
ふっくらとした頬と柔らかな曲線。どう見ても女性像である。 湖北の石道寺や鶏足寺の像に似ている。
大野寺の磨崖仏に寄って帰路につく。八木行のホーム。
「あら、もう帰るのですか」
行きのバスで一緒だったおばさんだ。八木へ買い物だそうだ。

      平成二〇年一一月某日 六波羅蜜寺(京都)
花山天皇千年忌特別公開。六波羅蜜寺本堂。早朝のせいか思ったより人は少ない。暗い本堂に天井まで届きそうな厨子。 等身大の観音が立っている。
何しろ一二年に一度、辰年にしか開扉されない秘仏。黒ずんだ一木の随所に金箔が残る。照明が暗く近づいて見る事もできない。目を凝らして拝顔する。聖林寺の厳しさに見え、室生寺のやさしさにも見える。厨子の角度のせいで頭上の化仏が見ら れない。解説も無い。何か消化不良の感拭えない。宝物館の空 也上人像、平清盛像を見て寺を出る。

      平成二一年一一月某日 法華寺(奈良)
新大宮駅から通学の高校生が吐き出されてくる。近くの県立一条高校の生徒たち。その渦の中から抜け出て間もなく法華寺がある。平城京の東隣に位置する。
光明皇后発願の総国分尼寺。門跡は代々天皇家に所縁の方と聞く。光明子が病人を治癒したという湯屋も残っている。
年三回開かれる特別開扉の今日は最終日。本堂正面厨子の中。 楚々として立っている。
右足を少し前へ出し、今にもこちらへ歩き出しそうだ。口紅 をうっすら引いた肉感的な姿に惹き込まれる。
この十一面観音像はボクの遠い過去に繋がっている。即ち、高校時代、日本史の井上先生がこの像について熱く語り、仏像への興味の端緒を開いてくれたこと。
最初の大阪勤務の社宅が西大寺にあり、この法華寺も散歩コースで四季折々よく訪ねたこと。
当時、生後一年の長女が、この像を見て泣き止みポカンと見ていた、その娘の表情まで思い出す。
文殊菩薩と問答をしたという維摩居士像、滝口入道と交わした恋文で自作したという横笛の座像も昔の儘安置されている。
                ◇
国宝十一面観音像は七体。本稿では六体を記載している。残り一体は向源寺(滋賀)のそれである。この像については拙稿「湖北の仏さま」(『ぬかる道』№347平成二八年九月号)を参照してほしい。
国宝以外でも、十一面観音は「こころのアルバム」に沢山ピンナップされている。芳賀寺(福井)、藤井寺(大阪)、寿宝寺(京 都)、海竜王寺(奈良)長谷寺(奈良)、海住山寺(京都)、法起寺 (奈良)、石道寺(滋賀)、鶏足寺(滋賀)、医王寺(滋賀)等々。 …いずれ再会出来ると思っている。


 100(「ぬかる道」2017年10月号)
 
大人の交差点(100)

心に残る言葉 (四)
藤田 光宏 
 
    「粗にして野だが卑ではない」
  この言葉は石田礼助 第五代国鉄総裁が就任のあいさつに初め て国会へ出たときに語った言葉です。この時、石田は、背をまっすぐ伸ばし、代議士たちを見下ろすようにして、「諸君」と話しかけた。
  「嘘は尽きませんが、知らぬことは知らぬというから、どうかご勘弁を」と断り、さらに、「生来、粗にして野だが卑ではないつも り、ていねいな言葉を使おうと思っても、生まれつきで出来ない。 無理に使うと、マンキー(猿)が裃を着たような、おかしなこと になる。無礼なことがあればよろしくお許し願いたい」
  石田は極めて正確に自分というものを伝えたつもりであったが 国会での挨拶としては異色であった。同級生相手の自己紹介に似ている。顔を見合わせる代議士たちに向かってさらに痛烈な文句を口にした。
  「国鉄が今日のような状態になったのは、諸君たちにも責任がある」と。

  当時国鉄は労働運動が盛んで労働争議も列車事故も頻発していた。
〇国鉄総裁 初代=下山貞則
            「下山事件」…列車による轢死体で発見。
        第二代=加賀山之裕 桜木町事故の責任をとらされ退任。
        第三代 長崎惣之助
            洞爺丸他連絡船沈没引責辞任。
        第四代 十河信二
            三河島事故及び新幹線の予算問題で辞職。
末路はすべて不遇。国鉄総裁職は花道にもならないポストだった。
時の総理大臣池田勇人は国鉄総裁への財界人の起用に執念を燃やしていた。…経団連会長の石坂泰三に人選を依頼。→松下幸之助、中島慶次(王子製紙)、に声をかけたが断られた。窮した石坂は昔からの親友である石田礼助に頼むほかないと思った。
石田礼助はどうしたか?喜んで石坂泰三からの話に応じた。 数え七十八歳で総裁職を引き受けた後、記者会見で石田は「乃公 だいこう 出でずんば」の心境であると言った。石田は、人生の晩年 はパブリック・サービスに充てるべきだと考えている。アメリカ には功成り名を遂げた人が政府に頼まれたり、社会事業に手を貸 したり、公職として給与が出ても形式的に1ドルだけ。「ワンダ ラーマン」と呼ばれる男たちがいることが石田には強い印象になって残った。儲ける、出世するだけでなく、筋道の鮮やかな生 き方を、石田は求めていた。ワンダラーマンの姿が理想の老後として記憶されていた。人の嫌がる国鉄総裁の職を引き受けて「これで天国へのパスポート」を与えられた」思いだったのであろう。

〇石田の生い立ち、職歴、人柄
石田礼助は伊豆松崎町の代々続く網元の次男として生まれた。 大学は東京高商を経て三井物産へ入社。以来常務として帰国する までの三十年間、日本にいるのがわずかに二年弱という海外勤務であった。石田が頭角を現すのは三十一歳でシアトルの支店長に 起用されてからである。第一次世界大戦がはじまったため、太平 洋では船荷の動きが減り、シアトル港も閑散とし港湾労働者が仕 事にあぶれていた。そうした中で、石田は間もなく好景気が来る と読み、船のチャーターに乗り出した。石田の読みは的中し、大戦景気は太平洋岸にも広がった。三井物産・シアトル支店は一時、 二十四隻もの船を動かし、巨大商社三井物産の資本金二千万円の 半分の利益を上げた この頃から石田は蝶ネクタイ姿。背を伸ばし颯爽と、日曜ごとに夫人と教会に通い、上流アメリカ人と堂々と付き合って位負けするところがなかった。折から中国問題の処理などを巡って反日の空気が兆しており、一方、現地に住む多くの日本人があまり現地に溶け込もうとしない暮らしをしていた中で石田のそうした生活ぶりは光った。石田さんは会社の格だけでなく、日本人の格を 上げた。アメリカ人に尊敬され、日本人というものを理解させた。 昭和十一年、石田がニューヨーク支店長から本社常務として帰 国する。その石田を喜ばせたのが帰途シアトルでの一週間の滞在であった。かつて不況の底のシアトルに大きな商売をもたらした 石田に感謝したいと、市の有力者たちに招かれたからである。そ れはビクトリア港での歓迎行事に始まり、ヨットの群れに伴奏さ れてのシアトル入港。以後は朝食だけが自分の自由になるという歓迎ずくめの一週間であった。
  昭和十一年=常務、昭和十四年=代表取締役に就任、昭和十六 年十月三井本家により解任。その後国策会社の交易営団総裁就任。 昭和二十一年五月退団、公職追放(六十一歳)。昭和三十一年 十河信二国鉄総裁に頼まれ、初代国鉄監査委員長に就任。
  昭和三十八年五月 第五代国鉄総裁就任。四十四年五月退任八十四歳)

〇石田の国鉄についての理念
 「企業的精神で能率的に経営していく」そのため「できるだけ 合理化を」し、全職員が「もっと営利心を持って」、同時に「弾力 性のある独立採算ができるよう、政府・国会に強く働き掛ける」。 石田は国会についての予備知識や先入観を持っていない。というより、同志という受け取り方をした。「諸君にも責任があると」 との国会での発言は、同志として一緒になって改めるべきは改めようと、訴えたつもりであった。総裁就任直後発表した一文の中 で書いている「神よ 願わくば安全を守り給え」。だがその祈りが神に届く前に大事故が起こった。鶴見事故である。
  鶴見事故以後、総裁職は金をもらってやるべきではないとの思いを石田はますます強くし、給与全額を受け取らぬことにし、「これに代え、一年ブランデー一本頂戴できれば仕合せです」と文書で申し出た。それとともに安全の確保、安全のためには金も時間も一切惜しんではならないと総裁命令で月に一度は本社で事故防 止委員会を開く。
一方国会に対して「今の過密ダイヤは、世界の人の見ている前 で軽業をやっておるようなものであり、これでは事故が起これば 大きな事故になる要因はちゃんと潜在している。事故が起こるたびに国鉄だけがまるで「火つけ強盗」扱いされているがまたこれ からも起こりますよ」と。運輸委員会は騒然とした。そして五百億円の予算が復活された。
  昭和三十九年、(この年、東京オリンピック開催)かねてから推 進してきた青函連絡船八甲田丸が完成。以降、大雪丸、摩周丸、羊蹄丸、十和田丸の新造船が次々に就航。
 十月一日には東海道新幹線が開通。また国鉄の当面する問題を国鉄だけでなく政府全体で考えて欲しいという石田の願いが実って国鉄基本問題懇談会が発足した。  国鉄に対する批判や意見に対して、石田が特に耳を傾け、また 厳しく指示したのは、後から思えば「卑」に関する部分だった。 まず、「切符の持たせ切り」、「私鉄などへの顔パス」をやめさせた。 国鉄総裁用として渡されていた全日空、営団地下鉄、東武など八社の優待パスをすべて返納した。モラルあってのソロバンである。 「正々堂々と働き、正々堂々と生きよ」石田の言いたかったのは、 そういうことであった。
  鶴見事故以来、これという人身事故を起こしていない。政治家 の新線建設要求には反対し続けたし、赤字の八十三線区の廃止も 決めた。こうして企業らしい企業への歩みも二歩も三歩も進めた。 四十四年から十年計画がスタートする。
  同年五月二十七日、石田は丸六年間にわたる国鉄総裁職を辞した(八十四歳)。

  石田が国鉄を去る日、廊下から正面玄関にかけて職員や女子職 員の人垣で埋まり、さらに道路にも、その先、当時設けられてい た歩道橋にも人々が鈴なりになっていた。
  いつもと同じ蝶ネクタイ姿の石田は、その中でもみくちゃにされながら、手を挙げて歓送に応えた。それは、「匂いのいい仕事」 を終わった男にふさわしい花道の姿であった。
 「粗にして野だが卑ではない 石田礼助の生涯」   城山三郎 文芸春秋

  この言葉は私のサラリーマン時代を通じて現在に至るまで私の座右の銘です。そして石田礼助は私のあこがれ、鑑です。幕末、 明治の男たちは何故こうも魅力的なのだろうか?勝海舟、渋沢栄一、そしてこの石田礼助。いずれも心に一本太い芯が通っている。 私はこの言葉のうち特に「卑ではない」に心惹かれる。
  「粗にして野」は今更直しようもないが、せめて「卑」にはなりたくないと思う。
  そうは思っていても後から思うと結構「卑」に当たることをしている自分がいて我ながら情けなくなる。 目を転じて世間の事例を見ると額に汗して働きもせず特殊詐欺で、疑うことを知らぬ 老人から、虎の子の老後資金をだまし取る輩がはびこり、政界で も公平公正であるべき政を私して友情を大事にする風潮は「卑」 そのものではないか!ここは偉人とか傑物の出現を待つのではな く、庶民が力を結集して、ダメなものをだめだという必要があります。「卑」をのさばらせてはいけないと強く思います。
     忖度は個人を公の上に置く   光宏


 99(「ぬかる道」2017年9月号)
 
大人の交差点(99)

つれづれに想うこと
船本 庸子 
 
 「日本中が泣いた」、このテレビ欄のフレーズは今となってはハテナ?になっているのでは。人は忘れる、忘れるから生きられる。 海老蔵さんの妻麻央さんが34歳という若さで亡くなった。二人のお子さんを遺してである。先日、友達6人での会食で、それが 話題になった。その内の4人はアクティブな未亡人だ。一人がその悲しいニュースで思い出してしまったと語り始めた。彼女の御主人が亡くなった時、子供は麻央さんのお子さんと同じ5歳と4 歳だったとのこと。幸い双方の両親、兄弟のサポートがあって、 女手一つで育てたそうだ。海老蔵さんはどうされるのであろうか。 子育てするのは男親の方が難しい気がする、これが6人の感想だった。 テキパキと種々な仕事をこなすコンビニの店員さん、ハンバーガーショップやコーヒーショップの「こんにちは、いらっしゃい ませ」と明るい笑顔で応対してくれる店員さん、マニュアル通りだと偉そうに批判する人もいるが、しかし彼等、彼女等は誰彼と差別はしない。 有名な某ホテルで友とランチをした。老朽化の為に改装するということで、常連さんらしき客で賑わっていた。和服の年配の仲居さんが、その方達と名残を惜しんでいる。私達二人には愛想な し。番茶を何度も注ぎに来るが、常連さんの席には煎茶茶碗が見える。そこで「煎茶をお願いします」と私が所望した。和服のおばさんは私の前にだけ茶碗をポンと置いていった。老舗と言われる店は一般に横柄に感じられる。それは有名な寿司屋や鰻屋へ滅多に行かない私の僻みであろうか。 マニュアルはこれまでの長い経験のエッセンスだから、マニュ アル通りの仕事ぶりは決して悪いとは思わない。そこに臨機応変 な心配りがあれば、リピーターがその店を繁盛させると思うのだが。

    猛暑日にスターバックス席がない   庸子

  かって私は、電車の中で赤ちゃんにスマホを見せている光景に眉を顰めていた。ところが三歳の孫も楽しげにiPadで遊んでいるではないか。「目が悪くなるから寝転んで見ないのよ」、お嫁さんの手前その位しか言えなかった。ところがその孫が二回も入院した。幼児なのでお嫁さんが泊まり込みをしなければならず、 昼間は私が看ることに。絵本を読んだり、うろ覚えの昔話をした り、小声で歌ったりで四苦八苦。そのうち生意気な三歳児はフーンと横を向いてしまった。二度目の入院時はiPadを持ち込ん でいた。正直、助かりました!その後も看病疲れのお嫁さんの傍で、この魔法の箱が孫のお守りをしていました。 新聞による情報。スマホ等情報機器を利用しているのは、ゼロ 歳児で22%、三歳児で60%、六歳児で74%なのだそうだ。子育て中の両親には軽くて持ち運び出来るアイテムであることは間違いないのだが…。

    頭からノーとは言えぬ事情あり     庸子

 最近のCMの多さには辟易する。録画して早送りにするか、リアルタイムでは消音にする。でも中にはお気に入りのCMもある。 保険会社のCMは、イケメンの西島秀俊と太目のお笑いタレント 渡辺直美の夫婦の会話が絶妙。ハウスメーカーの竹野内豊の「天 井の高い家はいいなぁ」のセリフに妻が「彼は嘘をついている。 彼は狭い所が好きだ」。映像には押入れに小さくなっている彼、机 の下に丸くなっている彼が映し出される。これもハウスメーカー、 ランドセルを背負った一年生の淋しげな女の子、その足元にからむ淋しそうな子犬。結局家まで付いて行く。その何年後上野樹里 演ずる彼女、お嫁に行くらしい。「お婆ちゃんになったね」と寝そ べってる犬に声をかける。「そりゃ齢だもの」と犬。 「ちょくちょく帰って来るネ」と言うと、犬が「たまにでいいよ」 と。 わが家のお嫁さん、三歳の孫と帰る時「お母さんまた来ますネ」。 私は心でつぶやいていた。「タマにでいいよ」

 98(「ぬかる道」2017年8月号)
 
大人の交差点(98)

ポール・マッカートニーの東京ドーム公演
五月女曉星 
 
 行ってきました!東京ドームに。 ポール・マッカートニーの公演に。 今回、ポールのワンオンワン日本ツアー2017(One On One Japan Tour 2017)の公演は全部で4回。日本武道館で1回(4/25)、そ の他3回(4/28、4/29、4/30)はすべて東京ドームで。私たちが行ったのは最後の4月30日(日)の公演でした。

 当日はゴールデンウイークの二日目。結構日差しの強い、暑い日で、東京ドームシティには家 族連れ、友達同士、デート中のカップルやら、ポールの公演を見に来た人以外にもけっこうな人出でした。中にはビートルズ(Beatles)のレコードジャケットを手に持っている人もいました。 公演は16時半の開場でしたが、結構早めに東京ドームシティに到着したので、ラクーア(LaQua) 内にある紅虎餃子房で小腹を満たしました。この中華飯店チェーンは入ったことがなかったので、 小さな冒険でしたが、味も値段も手ごろで良かったですよ。 東京ドームを目指します。東京ドームシティの中は小さい子供でなくても迷ってしまうような複雑さがありますが、私たちのゲート番号の場所をネットで確認しておいて、その方角に歩いて行きました。東京ドームに近づくとそこら中に人、人、人でした。飲食店の中もいっぱいの人。 ドームの正面は21ゲートで、私たちは3塁側に回り込むように24ゲートに向かいました。ゲー トではセキュリティチェックがありましたが、空港のような厳しいものではありませんでした。 飲みかけの飲料とかはノーのようでしたが、私のリュックサックの横のポケットに入っていた飲みかけのペットボトルはなぜか発見されず、そのままスルーでした。嬉しいような、怖いような。 回転ドアを一人ずつ押して中へ、午後6時頃に突入でした。中に入ると、コンコースのスタッフに、私たちが入る41通路を聞き、スムーズに1階観客席にイン。ちょっと薄暗いが広いドー ムの中、いっぱいの人が目に飛び込んできました。ドームに入ったのは初めてだったので、 ちょっと興奮気味。キョロキョロ。キョロキョロ。一塁側や正面の二階にも人、人、人。通路の 階段を下りていって、フェンスの出入口にいたスタッフにチケットを見せながら、席の場所を聞 き、フェンスから二列目の席に到着。フェンスの先はフィールドで特別エリアの様です。後日ネットで調べたら、席によっては7万円台のようでした。10万円の席で3日間も通った人がい るというようなことも聞きました。プレミアムかなんか付いたらもっと高いかもしれません。 PMファンクラブ等に割り当てられているのか、熱心なファンでないと手を出さない席のようで した。ステージは外野席側に作られていて、真ん中には楽器類が配置され、正確な名称はわかり ませんが、クリアビジョンとでもいうのか、テレビのでかいのが複数両サイドにあって、映像が流されていました。一つの大きさは横5メートル、縦20メートルぐらいでしょうか、結構大きなものです。ステージ真ん中の上方にも横置きにしたクリアビジョンがありました。クリアビジョンは全部で5個のようです。そのクリアビジョンに時々映し出されるフィールドエリアには、 衣装を凝らしていたり、いろんな小道具を持っていたりして、熱心なファンということがすぐわかります。真ん中のクリアビジョンのそのまた上からは、客席に向かって光のビームが照射され ています。ホームベース辺りには、縦横20メートル以上はありそうなラックが組まれていて、 その所々から強いライトがステージに向けて照射できるように設置されています。 通常の野球の時は48,000人ぐらい入れるようですが、今日はフィールドにも人を入れているので、55,000人ぐらいになるのでしょうか。開場が公演開始の2時間前というのは納得の感がありました。

 ポール・マッカートニーは1942年生まれの74才ですし、ビートルズ時代は1960年前半から1978年ごろですから、聴衆の層はそうとう高いだろうと予想していましたが、あに諮らん、幅 広い年齢層でした。ポールはビートルズ時代だけでなく、その後の長い間にいろんな人たちに受け入れられてきたのですね。反省。 改めて日本公演を中心に調べてみました。ポールは、1966年にビートルズのメンバーとして 日本公演、1970年のビートルズ解散後、1971年から18年間ウイングス(Wings)のリーダーを し、1981年の日本入国時の逮捕の後、ソロ活動に転向し、熱心なファンのお蔭で再び1990年には日本公演を果たし、1983年、2002年、2013年、2015年、そして今回の2017年と日本公演を してきたそうです。ただ、これまでに2回(1981年と2014年)も日本公演をキャンセルしているので、音楽好きな私の息子に言わせると、ポールはあまり好きじゃないそうです。

 公演開始は20分程遅れ、18時50分過ぎにポールたちがステージに現れました。ポールが現れると割れんばかりの拍手でした。しかし、指笛や悲鳴はあまり聞こえなかったので、ここに来て いる人たちは結構大人感覚なんだなと感じさせられました。 ポールは世界で最も有名なマルチプレーヤーと言われるだけあって、いろんな楽器をプレイし ていましたので、それを自分なりに追ってみました。まず、エレキギターから始まりました。ピアノ、クラシックギター、シンセサイザー、クラシックギター、エレキギター、ウクレレ、クラシックギター、エレキギター、ピアノ、シンセザイザー(ここでHey Judeヘイ・ジュード)、こ こからアンコールステージに入り、クラシックギター(Yesterdayイエスタデイ)、シンセサイ ザー(Get Backゲット・バック、Hi Hi Hiハイ・ハイ・ハイ)、ピアノ、そして最後はエレキギ ターに戻りました。 Hey Judeヘイ・ジュードのところでは、全員がブルーのペンライトを左右に振って合わせ、さびの部分では観客への合唱をポールがリクエストして、一体感を出しました。後で知ったことですが、ポールの公演の定番になっているそうです。同じく定番なのが、アンコールに応えてステージに再登場する際、開催地と英国の国旗を振ることだそうで、そのとおりでした。ただ、残念だったのは、せっかく同時通訳でスクリーンに日本語を書いて出せる装置を設置してあるのに、 曲の合間のトークは手短かに、また、ステージ上でのファンとのせっかくの交流トークでさえも、 極端に短く簡単に済ましてしまっていました。そういうものなのでしょうか。そうして、2時間 のライブショーは終わりました。私たちは、電車が混まないうちにと、最終曲のThe Endジ・エ ンドを最後まで聞かずに、そこを後にしました。


 97(「ぬかる道」2017年7月号)
 
大人の交差点(97)

言葉巡り
中島 久光 
 
 「早起きは三文の……」

  「早起きは三文のとく」を書こうとして考えた。「とく」は「得」 か「徳」か?
  念のために広辞苑(第四版)を紐解いてみた。
  早起き【早起き】朝早くおきること。「―の励行」―は三文の徳 早起きをすると良いことがあるということ。
  次に岩波ことわざ辞典を引いた。
  早起きは三文の得
     =朝起きは三文の得
  早起きをすれば何かしら得があり、健康にもよいということ。
  電気のない時代では、社会全体が夜明けとともに労働を開始する朝型だった。早起きは自然のリズム、体のリズムにもかなっており、仕事の効率もよくなり勤勉にもつながるので、誠に重要な 規範であった。「朝起きの家に福来る」「朝起き七つの徳あり」
  (以下略)

どちらとも決め兼ねるが、考えてみれば、発行社はどちらも岩波書店である。本を発行する前に統一して欲しいが、世の学者先 生方もそれぞれの意見があるので、統一することは無理なことだと思った。
  内心では「三文の得」の方がいいとは思うものの、外面の良い私としては「三文の徳」を使おうと思っている。

  「蝶々の数え方」

 何かの本を読んでいた時、「蝶々の数え方」は「一頭二頭」と数えるのが正しい数え方であると書いてあった。 虫の数え方は「一匹二匹」だと思っていたので少なからず違和感を覚えた。国語辞典では何も載っていないし、手元には数え方 辞典の類がない。そこで、老人が苦手とするネットのお世話になることにした。「蝶々の数え方」で検索をしたところ結構出てきた。 その中で『「ジャパンナレッジ」のV知識の泉Vチョウの数え方』 を読み込んでみた。
チョḗウの数え方
  チョウは昆虫の一種ですが、クイズ番組などで出された際の正 しい数え方は「一頭、二頭、三頭…」とされています。なぜ昆虫 のチョウを大形の動物を数える「頭」で数えるのでしょうか。その謎を解くヒントは意外にも英語にあります。
  元来、英語では牛などの家畜を“Head “で数えます。日本語に も「頭数を数える」といって、人数を「頭」で把握することがありますが、”Head“もこれと同じ発想です。(中略)
  いずれにしても、慣用的・専門的にチョウを数える以外は、昆虫の一種として「匹」で数えるのが一般的です。
  とあったので安心した。
  安西冬衛のかの有名な一行詩
  「てふてふが一匹韃靼海峡を渡って行った」が「てふてふが一頭韃靼海峡を渡って行った」では、様にならない。

  「牡丹餅と御萩とその他」

  私の秘かな愉しみにBSプレミアムで時時放送する「京都人の密かな愉しみ」がある。
  ある時、同じ食べ物なのに春は「牡丹餅」秋は「御萩」というが、それでは夏と冬はどういうのかという問題があった。
  答えは夏は「夜船」冬は「北窓」であった。
  ぼんやりとしていたのでその理由がよくは分からなかったので、 これもネットで調べてみた。
  夏の「夜船」は
  ぼたもちは、もちと作り方が異なるため「ペッタン、ペッタン」 という音を出さずに作ることができ、隣に住む人には、いつ搗いたか分からない。
 そこで 「搗き知らず」→「着き知らず」 と言葉遊びをして、夜は暗くていつ着いたのか分からないことから。
  冬の「北窓」は
  夜船と同様に、
 「搗き知らず」→「月知らず」
  と言葉遊びをして、月を知らない、つまり月がみえないのは北側 の窓だ、ということから。

  とあった。多分夏や冬に牡丹餅を食べることはないと思うし、他人に夜船や北窓などと言っても通じないとは思うものの何か得をした気分なので、ここに記して皆様へのお裾分けとします。


 96(「ぬかる道」2017年6月号)
 
大人の交差点(96)

坂道の情景
大竹 洋 
 
 昨年秋「川柳文化祭」の席上で、松戸川柳会米島暁子会長が「川柳文化賞」に輝いた。お蔭で私も、川柳人協会を代表して花束を贈呈する栄に浴した。松戸のメンバーの皆さんも大勢駆け付けたのは言うまでもない。 会場は「文京区民センター」。地下鉄「春日駅」至近だが、折角の機会だから川柳人らしく、本郷三丁目から歩いた。川柳人らしくというのは訳がある。本郷三丁目の交差点の角に小さなビルがある。そのビルの外壁に古川柳のレリーフが張られているからである。
 
      本郷もかねやすまでは江戸のうち

 「かねやす」はその時代、歯磨きの販売で財を成したそうだ。 当時の江戸はまだ茅葺の家が多く火事が絶えない。幕府は瓦葺を 増やしたい。その代表格の立派な家だったそうだ。
少し先を折れて<菊坂>を歩く。ゆったりとしたカーブを描き 「春日」へ至るのである。途中で「伊勢屋質店」の前を通る。樋口一葉の生活を支えた「伊勢屋質店」。その蔵と店舗が今でも大切に保存されている。一本路地を入れば一葉の故宅、古井戸が保存されている。金田一京助や啄木が同宿した下宿もこのあたりである。昭和を飛び越え此処には明治・大正が保存されている。

東京は「山の手の坂、下町の橋」と言われる。モノの本に依れば東京の高台は三田、麻布、麹町、牛込、小石川、本郷、上野の 七岡陵になるという。そして名前のついている坂が五百近くあるのだそうだ。 定年までの十年、勤務先は四谷にあった。この辺りだけでも三十近くの坂がある。ランチタイム、よく周辺の坂を歩き気分転換をした。中でも気に入っていたのが若葉町一帯。迎賓館に向かっ て右側、学習院初等科の裏手から四谷三丁目に至る起伏に富んだ所である。古くからの住宅地で大きなマンションもない。人の行き交う繁華な街から、まるでタイムスリップしたような閑静な町である。

戸建てが並び狭い路地は人がすれ違う程。構わず歩いていくと お寺がある。「西念寺」。服部半蔵の寺である。

今、「半蔵門」に名前を残す服部半蔵は、言わずと知れた伊賀者の総帥。家康の長男信康切腹の際、介錯を命じられたが果たせず 仏門に入った。寺名は半蔵の佛名に由来する。その西念と信康の墓が並んで立てられている。
寺を過ぎて〈鉄砲坂〉を下る。幕府御用人の鉄砲訓練の場所だったようだ。坂下は商店が並ぶ。都心型のスーパーが総菜屋、肉屋 などと共存している。電器屋があり床屋がある。裏手の家には洗濯物が干され、赤ちゃんが泣く。そこには普通の暮らしがある。

鉄砲坂に向かい合って〈戒行寺坂〉がある。別名油揚坂。坂の中腹辺りに豆腐屋があり油揚げが評判だったそうだ。勿論今は無い。戒行寺は登り切った処にある。火付け盗賊改め方長谷川平蔵、かの「鬼平」の菩提寺である。
そういえば新宿通りを挟んだ反対側の坂町辺りに「火盗改め」の宿舎があったと池波正太郎は書いていた。同心・忠吾や密偵・おまさが行き交っていたのかもしれぬ。
それにしても、テレビで見る梶芽衣子のおまさはいいね。一度 おまさの笑顔のシーンが見たいものだ。

少し歩くと須賀神社がある。拝殿の天井には三十六歌仙の絵が飾られている。この境内からの眺めが好きだ。〈須賀坂〉を見下ろし、その先の〈東福院坂〉を直線的に見上げるのである。「山の手の坂」の代表的な風景だと思っている。普段は近所のお母さんが子供を遊ばせに来る程度。僕の秘密の場所であった。
ところが最近様子が違う。外国人の観光名所になっているとテレビで知った。そこで十年ぶりに須賀坂を再訪した。成程リュックを背負った外国人諸兄諸姉、青目も茶目もいる。谷中霊園や谷根千でよく見る光景がそのまま此処にある。秘密の場所に土足で入られたような、何やら複雑な思いに囚われる。今更乍ら、外国 人の旅行の在り方が変わったこと、そしてネットの威力を見せつ けられた気がする。

気になって近くの〈女夫坂(めおと)坂〉にある「お岩稲荷」へ行く。丁度寺のお内儀が植木に水を遣っていた。外国人の旅行客について尋ねると此処までは来ないという。
暫く立ち話をする。内儀曰く。お岩さんは周囲の人を和ませ幸せにする霊験の在る人として祀られている。「四谷怪談」は後世の 鶴屋南北の創作。それでも芝居でお岩を演ずる役者さんは、今でも祟りを恐れて必ず参詣に来るという。

十年ぶりの坂歩きはやはり疲れる。脚力が弱ってきている。 早々に切り上げ四谷へ戻ることにした。折角来たのだから〈坂町坂〉にある蕎麦屋に寄って行こう。前述の「火盗改め」同心の住 まいと聞けば尚更である。
残念。お目当ての「そば善」は再開発に組み込まれ跡形もない。 此処の女将さんは綺麗な人だった。高校生のお嬢さんがいたな。 それでも蕎麦が食いたい。近くの蕎麦屋へ入る。昼を過ぎたところで店も一服といった雰囲気。せいろと熱燗を注文する。

       鬼平の顔で二八を待つお酒

定年になって暫くの間坂道を歩いた。区役所の広報室で資料を漁ったこともあった。坂毎にある標識はカメラに収めた。三年ほど掛けておそらく三百程の坂は尋ねたのではないかと思う。友の死から、思うことあってすべて資料は断捨離。正直何故あんなに坂道を歩いたのか、蕎麦屋で酒を飲みながら考えて見た。良くわからない。ただ漠然と幼年期の光景を目に浮かべていた。
入学した小学校が坂の上にあり一帯はお屋敷の多い処だった。 中・高・大学もあり、皆立派なお兄さんお姉さんに見える。彼等 が子供心には眩しく憧憬の的であった。家は坂の下の町屋が寄り添う集落の中である。毎日その坂を上り下りしていた。そんな原風景を今になって無意識に背負いながら、坂歩きをしていたのでは無いかと思っている。


 95(「ぬかる道」2017年5月号)
 
大人の交差点(95)

心に残る言葉(3)
藤田光宏 
 
  5)「悉く書を信ずればすなわち、書無きに如かず」・・孟子
中国に二十四孝という本がある。儒教の教えを重んじた歴代中国王朝は、孝行を特に重要な徳目とした。後世の模範として孝行が特に優れた人物 24人を取り上げた書物で元代に編纂された。日本にも伝来し、御伽草子や寺子屋の教材にも使われた。私も子供の頃 親から聞かされたのか、あるいは子ども向けの本で読んだのか定かではないが二、三の話には覚えがある。例えば
  ①「孟宗 冬にタケノコを掘る」話
「孟宗は、幼い時に父を亡くし年老いた母を養っていた。病気になった母は、ある冬に筍が食べたいといった。孟宗は竹林に行ったが、冬に筍があるはずもない。孟宗は涙ながらに天に祈りながら雪を掘っていた。するとあっという間に雪が解け、土の中から筍がたくさん出て来た。孟宗は大変喜び、筍を取って帰り、熱い 汁ものを作って母に与えるとたちまち病も癒えて天寿を全うした。 これも深い孝行の思いが天に通じたのであろう。」
②「王祥 厳寒の河に魚を獲る」話
「王祥は母を亡くした。父は後妻をもらい、王祥は継母からひどい扱いを受けたが恨みに思わず、継母にも大変孝行した。実母が健在の折、冬の極寒の際に魚が食べたいと言い、王祥は河に行った。しかし河は氷に覆われ魚はどこにも見えなかった。悲しみのあまり、衣服を脱ぎ氷の上に伏していると、氷が少し溶けて 魚が2匹出てきた。早速獲って帰って母に与えた。この孝行のためか王祥が伏したところには毎年、人が伏せた形の氷が出るという。」
③貧しくて蚊帳を買えない息子が自分の体に酒をかけ、蚊を自分のほうにおびき寄せ親のほうには行かないようにしたという男の話(以下略)

  こんな話を読んだり聞いたりして、当時はさすが孔子さまの国 だけあるなあ、「孝心天に通ず」などという話が本当にあるのだと 感心したことを覚えている。
  ところが後年孟子の次の言葉に出逢って物の見方、考え方が一 変した。
「悉く書(経)を信ずればすなわち、書(経)無きに如かず」…
「どんな立派な書物でもすべてが真理や、真実ばかりとは限らな いから書物に書いてあることを全部そのまま信じてしまうならば かえって書物など読まないほうが良い。」というわけだ。この二十四孝の話に限らず国や政府が国民の意識をある特定方向に誘導したい時には大々的に扇動を行うことはどこの国においても珍しいことではないと大人になった後ではわかる。しかし、二十歳前後はひたすら学びの時である。そしてその学びとは読書から得るものが大部分である。それまでは書物には真実のみが書かれていると思っていた。それをガツンと否定されたのにはショックだった。この孟子の言葉に出逢って以来私の考え方、行動様式が変わったなと自分でも思う。いわゆる「複眼的思考」を心掛けるようになった。つまり人の話を聞き、本を読んでもすぐには同調しなくなった。というより同調できなくなったというほうが正しい。一方で人の話を聞きながら片方でそれとは違う状況設定を想像すると全く違う展開が見えることがままあるものです。そうするとバラ色のものが灰色に見えることがある。言い方を変えると感動することに鈍くなったと思う。若さの喪失のようで少し寂しい気もするが…
  
澄んだ目と直ぐな思いの頃も有り    光宏。


 94(「ぬかる道」2017年4月号)
 
大人の交差点(94)

「私とテレビと終活と」
船本庸子 
 
  NHKのニュースを観ていて、何かザラッと舌に残る物がある。 今やニュースもショー化していてNHKも御多分に洩れない。 日に数回同じニュースを流している。バレンタインデーも数日前から有名店での中継、当日も女性アナが男性アナにチョコレートを渡していた。嬉しさを演技する男子アナ、そんな事は楽屋内でして欲しい。
 次にザラつくのがサラリーマン川柳。一つの社会現象・風潮として採り上げるべきを、その句に対してぐじゃぐじゃと感想をその度放送する。某生命保険会社の主催であり、NHKに「それってあり」と言いたい。
 もう一つ訳が分からないのが「ニュースシブ5時」「明日ナニ着る」のコーナー。夕飯の仕度で忙しいこの時間、こんな若いファッションを参考にする視聴者がいるのだろうか。ある日の例、 「トレンドのムートンのコートに、ガウチョパンツ、ショート ブーツを合せてみました」とコーディネートをして見せていた。 ファッションに関心のない夫にとっては全くの異国語である。
極めつけが明日の天気。晴天です、外干しが出来ます。曇り、早目に取り込みましょう。雨、部屋干しに扇風機の活用を、と手取り足取り御親切様です。
 二〇一六年暮れ、私達夫婦は遺言書を作成した。それぞれの写真、リビングウイル(尊厳死の宣言書)、お墓の権利書、葬儀社のパンフレットと、これら一式をファイルに収めた。二〇一七年元旦、息子、娘夫婦に開示。お嫁さんが私の写真を見て「お母さん 若い!」と。それもそのはず十年前の上野の吟行会の時のスナッ プ。家族葬の積りだからこれで良し。「お父さんは今のままです」 と正直な彼女。そう、夫はマイナンバー交付申請の時の証明写真、 こだわらない性格だ。以前葬祭場を見学した折に印鑑と写真がすぐ必要になりますとアドバイスされた。男性は特に適当な写真がないとのこと。
まあこうして子供達の異議申し立てもなく、めでたく、新年を迎えることが出来たのであります。

 「断捨離」、これが中々難しい。マンションにトランクルームが 付いている。子供がいた頃は、衣更え、季節の物等頻繁に足を運んだが、今や開かずの間状態。夫のこれからも読まないであろう 全集もの、仕事がらみの専門書が段ボールに十数個深い眠りについている。だがそれは夫の宝物、片付けよとは言えない。本当は言いたい。夫の部屋にも雑誌やカタログその他が本棚にぎっしり、見ない振りをしている。
私にしても同じようなもので思い切り整理を試みたが、氷山の一角を崩したに過ぎなかった。一目惚れしてデパートで買った洋服、通販に凝っていた時のバッグ、靴、服類、それなりに髙かった、一度しか着ていない服もある。(今年は新しい服は半額になっても買わぬ覚悟)
 そんな話を娘にしたら「あとのことは任してよ」と頼もしい返事。「二人にとっては思い入れがあるから捨てられない。お父さんの段ボールも中身を見ないで業者さんにお願いするから大丈夫」よと。独り居だった父の死後の整理は娘の私が主にした。義母の住まいも嫁の私が片付けた。家具類は業者に頼んでも、調味料の一滴までも始末しなければならない。義母の時には、タンス、小引き出しから少しずつ現金が出てきた。そして最後の布団を業者が持ち上げた、その下に私は封筒を発見した。母は生前お金がチョクチョク失くなると夫に訴えていたらしい。空き巣を用心して隠したのを忘れていたと思われる。今ここで告白します。布団の下のお金は私の労働の代償として頂きました。夫には内緒です。そんな訳で娘の申し出に、有難うの気持を包んでおこうと思っている。
 現在、居間には夫も私も私物は置かない。その代り、自分の部屋にはお互いに干渉はしない。私の炬燵の周りには川柳の関係書、 辞書、図書館で借りた本が手の届く所に置いてある。お気に入りの宝石箱の中にはチョコレート、一粒食べると閃いて良い句が生まれる気になります。
     終活に拍車をかける訃報記事   庸子


 93(「ぬかる道」2017年3月号)
 
大人の交差点(93)

いちゃもん
中島久光
 
 いちゃもん」を広辞苑で引くと「文句を言うために作った言いがかり」とあります。
無理に作った訳ではありませんが、以下いろいろと文句を付けたいと思います。

  「題詠」
第三十一回国民文化祭・あいち2016の入選作品集を読んで いたところ、P86に「急ぐ」の選者安藤波瑠氏の選評の最後に次の一文がありました。
  『集句を拝見して驚いたのは「急がない」内容の句がとても多かったことで、例えば「亀だから急がず生きる自分流」等ですが、中には力作もあり残念でした。』

私が属している岩手県の吟社は日川協には加盟していないのではっきりしたことは分かりませんが、「急ぐ」の題詠に「急がない」でも可とする見解を表明していると聞きました。協会が可としていることを選者が不可とすることは協会内の不統一だと思います。
ですが、私の属している吟社では「急ぐ」の題詠には「急がない」は選ばないことにしていますし、私も選びません。日川協は見解を改めるべきだと思います。

  「喝を入れる」
『ぬかる道』平成二九年一月号のP19に訂正が掲載されました。 「躓いた石ころに喝入れられる」の作句者名の訂正でした。私はてっきり語句の訂正だと思っていたので吃驚しました。「喝 ・ を入れられる」でなくて「活 ・ を入れられる」が正しい表記だと思います。
「かつ」を広辞苑で引くと
かつ[喝]大声を出すこと。大声で叱ること。……とあり かつ[活]生きること。勢いよく動くこと。……とあり、用例として
―をいれる(柔道などで)気絶した人を蘇生させる術を施す。 転じて元気づける。気力を起させる。
とありますのでお分かり頂けるかと思います。
どうも、テレビのサンデーモーニングで故大沢親分が「活を入れて下さい」と言っていたのが蔓延した原因だと思います。

  「崖っぷち」
よく、川柳で使う言葉で「崖っぷち」があります。「ふち」を 「淵」にしているのが散見されますが、「縁」でないと可笑しいことになります。淵は瀬に対して川の深いところを示し、崖とは関係がありません。崖の端の意味で縁でないと変な表記になってしまいます。
以上、二つの事により「崖っ淵で喝を入れる」は「崖っ縁で活を入れる」としなければいけないと思います。

  「新年明けましておめでとう」
友人からの年賀状や柳誌の巻頭言によく「新年明けましておめでとう」と記していることがありますが、間違いだと思います。 テレビのクイズ番組でもちょくちょく出てくるのでみんなが知っていることだと思っていましたがどうも直ることがないので、
ネットで調べてみたところ、 『「新年」と「明けまして」が重複しているからおかしい。また、 「新年」が明けるのでなく、「旧年」が明けるのだから「新年明けまして…」はおかしいと思う人もいるようです。だが、広く一般に使われているので誤りとは言えない。』
とありましたが、私の見解としては、「新年おめでとう」か「明けましておめでとう」と別にするべきだと思う。
「ら抜き言葉」が多数を占めてきたので認めて仕舞うような風潮と同じで、言葉に関しては多数決で決めてはいけないことだと思います。

  「世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はありえな い」
宮沢賢治が「農民芸術論概要」に記している有名な文章ですが、 この文章を引用するときに
  「世界ぜんたいが幸福……」
にしている例がかなり見受けられます。文章的に見れば「世界がぜんたい幸福……」は不思議な表現と思われます。「ぜんたい」で切って読むのでしょうが、「ぜんたい幸福」と読むと意味が取れないので、「世界ぜんたいが……」としてしまうきらいがあるようです。
しかし、他人の文章を引用する場合は、原文を正しく引用をすることが必要なことだと思います。

 92(「ぬかる道」2017年2月号)
 
大人の交差点(92)

韓国の仏様
大竹 洋
 
 二〇〇八年九月。
  ドンという軽い衝撃を感じて着陸したことを知った。ワインの せいか少し寝てしまった。機窓から見ると二〇階もありそうなマ ンションが林立している。半端な数ではない。予想もしていなかった風景に驚く。ここは韓国釜山空港。京都や南河内の秘仏を 共に訪ねたN氏やK氏と一緒に弥勒菩薩の故郷へ来ている。現地案内の金能子さんの出迎えを受ける。中年の女性。早稲田を出ただけあって達者な日本語。寺・仏教に詳しい人であることは旅を続けるうちにわかった。「仏」「法」「僧」三法の旅が始まる。

通度寺(トンドサ)。
高速道路は片面二車線から四車線。右側走行。車は殆ど「現代」 「大宇」。日本車は見ない。車を降り山道を伝う。樹木は赤松が多い。やがて「一柱門」(山門)を潜る。堂宇は日本のような古色蒼然とした趣とは全く異なり、鮮やかな青色や赤色が描かれている。 幾つかの堂宇を過ぎて大雄殿(金堂)に到る、本尊は仏像ではな く「仏舎利」である。正面に窓があり、その奥に本尊の仏舎利塔が見える。「佛宝の寺」と言われる由縁である。 戒壇の上で仏舎利を巡ることが出来る。数人の中年婦人が、熱心に何かを唱えながら仏舎利を回っている。また戒壇に座り込んで経文を唱えている人もいる。祈る姿は合掌ではない。五体投地である。金さんによると受験生を抱えた母親が「百日参り」をしているのだという。韓国の受験競争は日本の比ではない。日本の「お百度参り」の原型かもしれない。

慶州(キョンジュ)。
朝を慶州で迎えた。統一新羅千年の古都。静かな地方都市、高級リゾート。古墳・遺跡などが整備されている。早朝、ホテル周辺の集落を歩く。
“アンニョンハセヨ”
おばさんに声を掛けた。発音のせいか、見知らぬ顔のせいか、 訝しそうだったが同じ言葉が返ってきた。どの家にも家庭菜園がある。唐辛子、サンチェ、ネギ、大豆などが植わっている。ジョ ウビタキの群れが懸命に落穂を拾っている。間もなく日本へ渡って来るのだろうか。
慶州といえば世界遺産「仏国寺」(ブルクサ)や「石窟庵」(ソ ツクラム)である。石窟庵に登り釈迦像、八部衆、四天王、十 面観音などの石像を見る。山の上の石窟をこれだけのスケールで どうして作像できたのか、未だ解明できていないそうだ。
木槿の白い花をみながら山を下る。やがて仏国寺へ着く。創建 は八世紀だが「壬申の倭乱」で壊滅した。金さんの話によれば、全羅道から侵入した小西行長軍に比べ、慶尚道から侵入した加藤清正軍の破壊行動は徹底したものだったという。
金さんの話が続く。弥勒信仰と国家政策の関係である。
「新羅の真興王(六世紀半ば)の時代、青年貴族を組織して儒教・道教・仏教思想で武芸や道徳心を磨き、歌舞なども学ばせました。彼らは花郎(ハラン)といい、国家指導者になりました。 そして下生した弥勒菩薩とみなされたのです。」
そういえば道端に、花郎の像が建てられていた。
国家の安康を弥勒に仰ぐ。日本でも聖徳太子は、帰化集団秦氏に太秦広隆寺を創建させ、弥勒菩薩を頼んだ。藤原氏は、菩提寺である興福寺の五重塔初層や北円堂の本尊に弥勒菩薩を据えた。
ふと見ると、境内に小学生の集団がいる。遠足だろうか。話し かけても通じない。筆談を試みたが駄目。孫と同じ顔をしているのだが、彼らはハングルの使い手なのだ。花郎の子孫かもしれな い。

海印寺(ヘインサ)。
伽那山の懐深くこの寺はある。「八萬大蔵経」の木版が納められている。三宝のうち「法宝の寺」と言われる由縁である。 寺の精進料理を戴く。生活そのものが修行のため、食べ方にも細かい作法がある。先ず食べ物を食堂から運んで来るところから始まる。ご飯、味噌汁、山菜の煮つけと沢庵。四皿を作法に従い 膝の前に広げる。盛り付けもルールがある。ご飯は残すことも足 す事も出来ない。盛り付け役を仰せつかる。緊張が続く。最後に残した沢庵一枚で椀を拭い食事を終わる。全て沈黙の世界。悲しいほどの粗食である。食後、大雄殿に参内し勤行に参加する。一時間の読経の間、ここでも一人の女性が五体投地を繰り返していた。 午後八時。食事や勤行を指導してくれた若い僧の見送りで、寺を後にする。外は漆黒の闇である。この寺には五〇人の僧がおり、四年間修行をする。この四年を含め一〇年の修行を経て僧籍に入 る。妻帯はしない。二年の兵役を免れることもないという。

金銅弥勒菩薩半跏思惟像(韓国国宝78号)。
旅の終わりはソウル漢江の畔「国立中央博物館」である。三階奥の部屋に展示されている弥勒像を真っ先に拝観する。左膝に右足をかけ、やや首を傾げ、頬に右指を当てて瞑想の姿をとってい る。その姿は京都・広隆寺や奈良・中宮寺のそれと変わらない。 …どうしたら人々を修羅から救うことが出来るのか…。 その内面性に心を揺さぶられるのである。

               ***

二〇一六年六月。
この弥勒像と八年ぶりに上野で再会した。特別展「ほほえみの御仏」。中宮寺・弥勒仏との二像展示である。これは日韓国交正常化五〇年を記念したもの。先立ってソウルでも開かれたという。 双方の国宝弥勒仏が互いに海峡を渡ったのである。

弥勒仏を共有する日本と韓国。ともに深い祈りの中にいる。
 

 91(「ぬかる道」2017年1月号)
 
大人の交差点(91)

新田義貞と牛久
江崎 紫峰
 
(1)はじめに
新田義貞(1301~1338)は稲村ケ崎から鎌倉に攻め込み鎌倉幕府を滅ぼしたことで有名であるが、この新田義貞の位牌や五輪塔が牛久沼湖畔の金龍寺にあることは皆さんご存知であろうか。このたび群馬県太田市新田にある金山城や牛久の金龍寺を現地取材し、その経緯を調べて来たのでご報告する。
 
(2)新田義貞の略歴
 新田義貞は上野国(群馬県)新田郡の豪族で正式な名は源義貞という源氏の一族である。元弘の変(1331)で楠木正成を攻撃、のち挙兵し鎌倉の北条氏を滅ぼす。建武政権で要職についたが、足利尊氏と対立し越前の斯波高経を攻めた際藤島で敗死した。 東国の一御家人から始まり、鎌倉幕府を滅ぼして中央へ進出し、その功績から来る重圧に耐えながら南朝の総大将として忠節を尽 くした生涯であった。
 
(3)子孫
  室町時代を通じて新田氏は(北朝から)「朝敵」「逆賊」と呼ばれ、討伐の対象となり義貞の直系は捕縛され、鎌倉で処刑され断絶した。 一方、一族の岩松満純も義貞の子義宗の子と自称し、新田氏の地である新田金山城を本拠とした。しかし、戦国時代に入り、 執権である横瀬氏(のち由良氏と改姓)の下剋上にあい没落したが、由良氏も同じように義宗の子孫と自称した。 明治維新後に岩松氏も由良氏も明治政府に義貞の子孫として認定され新田氏に復姓した。
 
(4)由良国繁の牛久移封経緯
戦国時代後半関東は小田原北条氏が勢力を誇っており、国繁は金山城の城主でありながら小田原城に人質として取られていた。 秀吉が北条氏を破った時(1590)由良氏は滅亡の危機にあったが、金山城で城を守っていた国繁の母(後の妙印尼)が、前田利家に懇願して秀吉から由良氏存続を認めてもらい、常陸国牛久に領地(5400余石)を与えられ、岡見氏没後の牛久城の城主となった。この時に由良氏一族の菩提寺であった太田金龍寺も寺僧とともに牛久に移って来て、岡見氏の菩提寺であった東林寺を廃寺とし牛久金龍寺とした。
 
(5)その後(江戸時代)
國繁の嫡男貞繁は関ケ原の戦い(1600)に東軍として戦った功により領地を加増され七千石となった。 しかし、1621年に貞繁が急死し跡継ぎを決めていなかったため改易され、牛久城は廃城になった。そして、由良氏は東狸穴 (現ひたち野うしく駅付近)にわずかな所領を与えられ高家として幕末まで続いた。 その後牛久には周防の山口重政が入り、現在小川芋銭の「河童の碑」のあるあたりに陣屋を作って藩の政を行った。そして、牛久藩は明治の廃藩置県まで続いた。 なお、幕府の庇護を受けた金龍寺は、1666年に牛久沼の対 岸の若柴の古寺を改修した若柴金龍寺に移り現在に至っている。
 
(6)若柴金龍寺の現況
 若柴金龍寺は旧水戸街道の若柴宿の一角にあり、門を潜り本堂の裏手に新田義貞の墓(五輪塔)は横瀬貞氏、由良国繁、由良忠繁の墓とともにひっそりと佇んでいる。周りは竹藪で囲まれ薄暗 く訪れる人は余りいない。 それにしても、新田義貞の墓は越前称念寺、太田金龍寺、桐生金龍寺、太田金龍寺、牛久金龍寺、若柴金龍寺と点々とし、新田 義貞は現在どのような心境で眠っているのだろうか。 なお、国繁の母妙印尼は牛久に来てからは得月亭(現得月院)で暮らした。現在得月院には妙印尼の墓があるが、小川芋銭の墓があることでも有名である。
 
(参考)若柴金龍寺に伝わる昔話「牛になった小坊主」
  昔、金龍寺には修行を全然しないで食事をするとすぐ寝てしま う小坊主がいて、どんどん太ってしまい牛になってしまった。その姿を恥じた小坊主は近くの沼に入水したため住職が牛の尻尾を持って引き留めたが、尻尾が切れて牛は沼底に沈んでいったとさ。 その後、この沼を「牛を喰った沼」、転じて「牛久沼」と呼ぶようになった。


 89(「ぬかる道」2016年12月号)
 
大人の交差点(90)

私とテレビと錦織と
船本 庸子

  娘の一言、「買った方がいい」で決断した。かくして我が家に36インチのホワイトカラーのテレビがやって来た。リビングのテ レビは夫が独占。私が観ていても構わずチャンネルを変える。定 年前なら「お仕事ご苦労様、どうぞ好きな番組でも」だったが、 今は違うでしょ! それを娘に零したら、「お父さんは変わらない わね。残り少ない人生だから楽しんだ方がいいよ」と早速ネット で注文をしてくれた。それを婿殿が設置。「お母さんの好きな通販、 これで遠慮なく観られますね」と言われたが、途端に興味がなく なった。

  朝、テレビ欄を見て予約をするが絶対に観たい番組が少ない。 2時間のサスペンスドラマでは引っ張って引っ張って「なーんだ」 の結末が多いのでパス。好きな俳優のドラマも緩いと次回からは 入れない。歌番組も録画までして聞きたい歌手もいない。氷川き よしだけは例外。ヒット曲がない。今年の紅白が危ぶまれる上手 な歌手はいるのに、作詞作曲の先生方にもっと心に届く調べと作 詞をお願いしたい。女性の社会進出が目覚ましいこの時代に、い つまでも未練や涙、めおと等々ではないでしょう!嫌いなのが中高年向けの応援歌。

  マイテレビが一番活躍し至福の時間をくれるのが、錦織出場の テニス中継だ! 5年位前からめきめきとランキングを上げてき た。目覚ましく活躍し出した頃、「WOWOWを契約すれば錦織着 用のウエアをプレゼントします」に嵌った。商品が届いたのが3 か月後、そのまま継続している。高1の孫が私に付き合って、テ ニスをする折には着ている。トリコロールカラーで、最近の錦織 のひと目でユニクロと分かるウエアとは異なる。後ろ姿は錦織圭 に似ているぞ!(ババ馬鹿)

  スポーツだけは生中継で観たい。アメリカやヨーロッパでの試 合は深夜になる。部屋から拍手や「やった!」の私の声が、夜の しじまに松岡修造状態だ。夫が何事かと覗きに来る。今までは全 豪、フレンチ、ウインブルドンに全米の4大大会位しか知らなか った。選手達は各国で開催されるATPワールドツアーに参加、 ポイントを稼ぎランキングを競う。言葉や食べ物に移動の時差も ストレスになると思う。身長178センチの錦織が2メートル近 い選手と戦うのには、それだけハンディがある。

 10月開催のホームグランドでのジャパンオープンは2回戦でまさかの棄権。3ゲームまで完璧なゲームに、会場からも解説者か らも溜息が漏れた。臀部の故障。

  今年はツアーに加えてオリンピックとデビスカップがあり、両方に彼は参加した。ポイントが加算されない五輪とデ杯、直後に 全米を控えていたのでテニス仲間と心配していた。が、ランキン グ2位のマレーに打ち勝っての銅メダル、日本に96年振りのメダ ルをもたらした。15歳で盛田正明テニスファンドの強化選手に選 ばれ、フロリダのIMGアカデミーにテニス留学、英語でも苦労したと思う。いつものツアーでの勝利の時とはまったく別の笑顔 で、「オリンピック、デビスカップでは植田監督やスタッフ一同が 近くで応援してくれた。日の丸を背負い、誇らしかった」とコメ ントしていた。 結局次の上海大会は欠場。日本からも大勢のファンがチケット を手に入れて楽しみにしていたと思う。しかしスターの力は絶大。 これまで錦織が戦ってきた選手がトップテンでなくても皆顔馴染 みであり、個性派のアグレッシブルなプレイを楽しめたようだ。 私もテレビ観戦で好きな選手を最後まで応援した。

 11月13日にロンドンで開催のATPファイナルに3年連続で出場が決まった。年間成績上位8人が参加出来る。現在は世界ラン キング5位だ。 最後に付け加えると米国テニス 協会がこの度「スポーツマンシッ プ賞」に錦織を選出した。フェア プレーやコート上の態度が模範的 な選手が表彰される。日本人のマ ナーの良さをアピールし、益々フ アンになった。
  圭君、至福の時を有難う!
   「錦織が勝ったな妻の上機嫌」(庸子)


 89(「ぬかる道」2016年11月号)
 
大人の交差点(89)

「心に残る言葉 (2)」
藤田 光宏

(3)いつも喜んでいなさい。…すべての事について感謝しなさい。
          (新約聖書 テサロニケⅠ5・16~18)

  私がこの言葉に出会ったのは四十代後半ないし五十代前半だっ た。若い時は努力とか、勉励調の言葉に目が向きましたが一応責 任ある仕事、地位に着く年代になると人間だれしも心のよりどこ ろを求めるものだと思います。私の場合それが聖書でした。私は 二年間位かけて旧約,新約聖書全巻を読み通しました。
  聖書には心打たれる言葉がたくさんありますが私には「汝の敵 を愛せよ」とか「右の頬を打たれたら左の頬も差し出せ」という 事はとても出来ないと思いました。しかし、文頭に掲げた「いつ も喜んでいなさい。…すべてのことについて感謝しなさい」という ことぐらいならさしたる苦労もいらず、日頃腹を立てやすく、つ い感謝より不満のほうが先に出るタイプの自分にとっては最適の 言葉だと思い、これを座右の銘にすることにしました。ところが これがなかなかの難物であることに気づくのに長い時間を必要と しませんでした。人間が生きていく上で自分の思うようになるこ となど皆無といってよいし、顧客はしばしば「無理偏にごり押し」 というケースが多い。そのような中で感謝できる事など滅多にあ りません。早々に放り出そうかと思った矢先、事件が起きました。 当時私は大きな犬(ドーベルマン)を飼っていてある朝、いつ ものように自転車で犬を散歩させていたとき、犬が急に道路を斜 めに横切ろうとした為、走ってきた車と正面衝突をし、私は車の ボンネットに乗り上げてしまいました。
  幸いなことに車の急ブレーキが間に合ったお陰で自転車がつぶ れただけで命に別状なく、本当に九死に一生を得ました。このと き私は不思議なことに自分が誰かによって生かされており、まだ この世でやることがあるから死なずに残されたのだと感じました。 それと共に「いつも喜んでいなさい。…すべての事について感謝し なさい」の言葉が浮かんできました。この体験以後私は仕事、日 常生活でこの言葉に沿うべく努めてきました。「喜びと感謝」は 別々のものでなく一体のものだと思います。事に当たるに際して 前向き、積極的に立ち向かえば、壁にぶつかっても何か解決策を 見いだせる事も多くなるだろうし、それを発見し、成功した時に は喜びもおのずと湧いてくる。また協力してくれた周囲の人にも 感謝する事ができます。今自分が在ること自体に感謝し、やるべ きことがあるのを喜ぶ生き方と、不満を抱え、悲観的に生きるの とでは真逆の結果を招来することになると思います。私はこれか らもこの言葉を心の糧として生きていくつもりです。

(4)神のなさることはすべて時にかなって美しい
      (旧約聖書 伝道者の書3・ 11)

 この言葉を入試合格、結婚、昇進など慶事の際に聞いたならお おかたの人はすんなり受け入れるのに躊躇することはないと思う。 しかし、失恋、左遷、事業失敗、病気等、失意の人にこんなこと を言ったら半殺しの目に合いかねない。自分に多少なりとも原因 があることによって生じた不幸に対してすら素直に受け入れられ ないとすればこの世の中、不条理なことが数多く存在するし、 日々発生し続けている。そのような時この言葉をどう理解すれば 25よいのだろうか?旧約聖書の「ヨブ記」が好個の題材を提供して くれる
       (ヨブ記のあらまし
  「ウツの地にヨブという名の人がいた。この人は潔白で正しく、 神を恐れ悪から遠ざかっていた。彼には七人の息子、三人の娘が 生まれ、ヒツジ七千頭、ラクダ三千頭、牛五百匹それに多くの召 使を持つ大資産家であった。神はそうしたヨブを見て彼は信心深 いし良い奴だと思っていたところにサタン(神の敵対者)が現れ、 「ヨブの信心はあなたが彼に利益をもたらすからにすぎないよ。 試しに彼に試練を与えて一寸苦労させてみなさい、すぐにあなた を恨んで信心を捨てるから」と唆した。神は「じゃー見ておれ」 と言って、ヨブにさまざまの試練を与える。災害により子供たち が死に、家畜や財産は盗賊たちによって盗まれ、その上 ヨブの 体は全身腫物で覆われ、妻をはじめ周囲の者から疎まれ家から追 い出される始末。ヨブはそうなっても信仰は捨てないが、なぜこ んな目に合わねばならない理由を教えてほしい、そして自分の言 い分も聞いてほしいと神に願う。ヨブの友人三人が見舞いにやっ てきて、「お前が悪いことをしたのだから悔い改めろ」という。ヨ ブはそんな友人たちに自分の義を言うだけでなく、自分を不当に 苦しめる神に対しても己の義を主張し、神と凄まじい議論をする。 しかし「創造主たる私に向かって被創造主のお前が文句あるのか」 という神の言葉の前にウツはひれ伏します。その姿を見て神はヨ ブを憐れみ、その病気を治し、富も元通り以上に戻してやり、ヨ ブは140歳まで幸せに生きたという」話です。 このヨブ記のすごいところは人間が神に論争を挑む点にあり、 「不条理と神とのかかわり、救済」を論じたもので、これはほか の宗教には見られない特異点だと思います。ヨブ記の最後でヨブ が創造主たる神の前に「造られたもの」としてひれ伏すところは、 それまでの議論の口調からするとあっけない幕切れだなと思われ ますが創造主と造られたものとの絶対的な格差のなせるものと納 得せざるを得ないものかもしれない。

  私の経験でも自分の責めによるものでないことにより不利益を 負わされたり、不遇な期間を過ごさせられたりしたことがありま す。その時はなぜおれがこんな目にあわねばならないのかと怒り 心頭に発することもありましたが10年あるいは20年たってみ ると案外これが良くて「神のなさることはすべて時にかなって美 しい」と納得することがまま有りました。これからもそうかもし れないがその時はヨブ記を思い起こしてみようと思う。


 88(「ぬかる道」2016年10月号)
 
大人の交差点(88)

「一つの言葉」
中島 久光

 七月に花巻中学校三年生の時の担任の先生が亡くなった。四月に先生の米寿のお祝いのクラス会を花巻の大沢温泉でやったばかりだったので、訃報を聞いたときは、少しばかり吃驚した。
  クラス会の時はお元気で普段はあまりお嗜みにならないお酒も 一緒にお飲みになったし、いろいろと有難い教訓も戴いた。翌日 は豊沢ダムや昔の物を集めた「昭和の学校」を見学して回った。 お祝いのクラス会をしてから三カ月でのご逝去だったので、ク ラス会に無理をして出席をしたのではないかと危惧をしたが、喪主のご挨拶の中ではそのようなことは無く、六月ごろから急に体調を崩されたとのことで少しほっとした。
  私は中学三年の時はクラスの学級委員長だったのでクラスを代表して弔辞を読ませて戴いた。いざ、弔辞を書き始めると、先ほどのクラス会でのお話などについて書こうとしたが、なかなか思い出せず筆が進まなくて苦労した。が、何とか思い出し思い出しして出来上がった。
 喪主(先生の息子)の挨拶は感動をもたらす内容だった。大抵 の喪主の挨拶は、何かに書いてある挨拶文の例文を暗記したよう なものが多いが、先生の息子さんは父との関わりや父に追いつけない自分といった事を述べられていた。その中で先生の手帳に書かれていた一文を披露された。かなり感動を持って聞いたのであるが、耳を通り過ぎてしまって記憶出来なかった。後日、喪主に その一文を教えて戴いた。川柳にも通じそうなので次に紹介します。

  一つの言葉   後藤成志

 一つの言葉でけんかして
 一つの言葉で仲直り
 一つの言葉で頭が下がり
 一つの言葉で笑いあい
 一つの言葉で泣かされる
 一つの言葉は、それぞれに
 ひとつの心を持っている
 きれいな言葉はきれいな心
 やさしい言葉は やさしい心
 一つの言葉を大切に
 一つの言葉を美しく

 この文は先生の手帳に残された一文です。「大人の交差点」に掲載するにあたり、喪主である先生の息子さんからは了解を得ましたが、誰か別の方の一文を先生が書き写したものかも知れません。 その場合はなにとぞこの掲載に関して、著作権についてはご寛恕の程をよろしくお願いいたします。

 87(「ぬかる道」2016年9月号)
 
大人の交差点(87)

「湖北の仏さま」
大竹 洋

 高時川の畔を歩いている。
 新緑が眼に痛い。田植えを待つ田圃が拡がる。川から引かれた灌漑用水には清冽な水が溢れ、空には鳶が舞っている。ここは湖北「観音の里」である。集落ごとに観音堂があり、人々の日常が有る。

 渡岸寺(どうがんじ)集落へ着く。
 ここ向源寺の国宝十一面観音はあまりにも有名である。上野でも国立博物館や芸大美術館で展示される度に、長蛇の列が出来る。
 観音像は本堂脇に新装された収蔵庫に安置されている。新装工事中は本堂の厨子に納められ、遠くから拝観していた。今は柔らかな照明の中で静かに佇んでいる。
 「お厨子の中で窮屈そうでした。お顔が少し厳しくみえましたね」
 ふと感想を漏らすと、案内の老人の顔が目一杯緩んだ。

 背丈六尺、檜の一木造り、平安初期の作。
 高々と結い上げた頭上仏は世界の宝冠と言われる。仏身ながら豊麗な姿態に、官能的な量感を感じさせる。優しいお顔を私たちに向け乍ら、人々の苦しみを抱き、人々の災危と闘い、人々の修羅を笑い飛ばすのである。十一面観音は、今を生きる我々を引き付けて止まない。

 戦火が絶えなかった。
 「姉川の合戦」や「賤ヶ岳の戦い」。戦国の兵火の中で、多くの古刹は焼けた。充満寺の仏像は田圃の中に埋められ、ここ向源寺の観音像は、村人の手で土中に埋められ難を逃れた。今も境内の中にある埋め跡が、大切に保存されている。そして何れの仏像も傷一つない綺麗なお姿で屹立しているのである。

 石道(いしみち)の集落へ向かう。
農作業の帰り道だろうか、行き交った婦人に石道寺(しゃくどうじ)への道を尋ねる。“シャクドウジ”と言っても通じない。そこで“石”の“道”と言ったら。
 「ああイシミチさんですか」と言う。
 やっと通じた。この辺りは寺も集落の名で呼ばれている。そういえば「向源寺」ではなく“ドウガンジ”と呼んでいた。
 「歩く」
というと婦人はビックリしていた。
 「一時間位ですか」と見当をつけて聞いてみる。
 「山道を少し上りますからね、多分そのくらいかな。私ら何処へ行くのもクルマだからわからない」
と笑う。
 山の麓に張り付くようにその集落はある。軒先を首を縮めるようにして石段に辿り着く。拝観料を払い、お堂を開けてもらう。
 「…今は廃寺になり小さい観音堂だけが残っている。信心深い人々の手で守られている。ここの十一面観音は、村の美しい娘さんをモデルにしたのではないかと思われるほど、素朴で鄙びた優しさを持っている。唇は僅かに赤く、半眼を閉じているところは、はにかみの伏し目としか見えない。地方造りの十一面観音の傑作と言っていいだろう」(井上靖「十一面観音」平凡社)

 己高閣(ここうかく)の仏さま。
 石道寺から人ひとりやっと歩ける山道を少し登るとハイキングコースに出る。周りは茶畑。作業中の夫婦が話しかけて来る
 「どこから来たのか」
 滅多にこの辺りで人に会わないらしい。
 「この辺の茶摘みは気温が低いので八十八夜には間に合わない」
そうだ。夫婦にはゆっくりとした時間が流れている。
 ほどなく己高閣に着く。己高山諸寺の諸仏を安置している。主役は鶏足寺十一面観音。石道寺観音が村の娘さんならここは「村の内儀をモデルにしている…」(前出「十一面観音」)
のである。
 村人の説明によれば、己高閣は県で初めて国庫補助を受けた文化財収蔵庫との由。
 「ここは浅井長政の陣営で信長に負け、後年豊臣方で徳川に負け、天領として代官の支配下におかれました。過去、お上からの保護を受けたことなく、仏像は全て村人が守ってきたのです。この収蔵庫が出来て、先祖からの努力がやっと報われたという思いです。」
と熱っぽく語る。

 湖北と言えば「星と祭」(井上靖)である。
 昭和四十六年からほぼ一年朝日新聞に掲載され、この一帯が一躍有名になった。
 湖へ漕ぎ出した青年と少女が遭難する。十七歳の娘の死を受容出来ない実業家の父親は、ヒマラヤの月を巡り、また一緒に死んだ青年の父親に誘われ湖北の観音を巡る。そして兎に角二人の霊を祀ることで自分の気持ちを納得させるところへ辿り着く。数年の時が流れた。
 「…もう二人はこの湖の中には居りません。神になりました。仏になりました。もしかしたら天に昇って星になったかもしれません」

 “慈顏  秋風  湖北の寺  井上靖“

 向源寺境内に立つ文学碑である。

 近くの図書館に「井上靖記念室」がある。
 職員に開けてもらう。「星と祭」の原稿や、靖が何度も取材に訪れ集落の人々と交流した様子を、写真や書簡で示している。集落で文化財保護活動を続けている方の手紙には、小説を通じて文化財保護の機運が盛り上がる事への期待が切々と綴られている。
 記念室に置かれている芳名録を見て驚いた。二年前から始まるその第一頁にお世話になった先輩の名がある。そして小生は最後の頁に記載することになった。最終行の一つ前である。いま、先輩から始まり小生で終わる芳名録が確実に湖北に存在するのである。

 後日、その先輩と美味い酒を飲んだのは言うまでもない。
 86(「ぬかる道」2016年8月号)
 
大人の交差点(86)

「日本武尊の東征」
江崎 紫峰

 1.はじめに
 関白太政大臣の二条良基は1356年に日本で最初の准勅撰連歌集『莵玖波集』を編纂した。そして理論書として『筑波問答』を著し、常陸国筑波から参上した老翁に連歌の道について質問し、それに答える形で連歌概論を語らせ、和歌と同様連歌も由緒ある正しい文学であることを説いた。この中で連歌のこと「筑波の道」と称した。
 良基がここまで「ツクバ」に拘ったのは『日本書記』に掲載されている片歌問答
    新治筑波を過ぎて幾夜か寝つる     日本武尊
    日日並べて夜には九夜日には十日を  火焚き老翁
が連歌の祖であると言い伝えられていたからである。つくば在住の筆者は俄然「日本武尊(ヤマトタケル)の東征」を調べる気になった。

2.日本武尊の生きた時代と東征経路
 皇室系図によれば日本武尊は景行天皇(12代330年頃に在位)の皇子で仲哀天皇の父である。310年頃生まれ340年頃30歳ぐらいで亡くなったと言われている。
 東征経路は『古事記』と『日本書記』とでは若干違うが、本文では小椋一葉著『伝承が語るヤマトタケル』(中日出版社1986)にそって、主として関東地域の日本武尊の活躍(伝承)を述べて行く。

3.日本武尊の東征経路
①旅立ち
 日本武尊を大将とする東国遠征軍は335年頃の初冬の風に落ち葉が舞う大和を出発した。付き添う武将は吉備武彦、大伴武日を始めとする近来稀にみる威容であった。

②走水の悲劇
 駿河で火難に合い相当の打撃をこうむった一行は、次に待ち受ける運命を知ることなしに、一路相模国へ向かった。一行は途中富士山本宮浅間神社の元宮に立ち寄り、足柄峠を越えた。そして、愛甲郡愛川辺りで相模川を渡り、東岸を南下し綾瀬に着いた。そして寒川神社の辺りから藤沢、逗子、葉山と南下し三浦半島を横切り走水へと出た。筆者は以前横浜市に10年住んでいたので神奈川の地理には詳しい。当時は走水から水道を船で渡り上総に行き東北へとつながる古東海道が既に通じていたらしい。
 一行が走水に着いたときには海上は狂ったように吠え続け渡海できる状態ではなかった。吹きすさぶ風雨の海に乗り出したが海上は想像を絶する凄まじさで、ついに弟橘姫が意を決し海神の怒りを鎮めるため海に身を投じた。
   さねさし さがむのおぬにもゆるひの
      ほなかに立ちてとひしきみはも
 姫の辞詠が海神に通じ波はおさまり、一行は奇跡的に上総に渡ることができた。

③東北へと向かう
 一行は下総の玉の浦(現在の海上郡飯岡町の港)を船で出航し、途中茨城県の高萩、福島県のいわきや浪江町らに寄りながら宮城県に入り北上川を北上し、一関へと向かった。
 当時一関以北はアイヌ民族支配下にあり、一関で日本武尊の足跡はぷっつりと途絶えている。その後一行は山形へ向かい、福島を経て水戸まで陸路を帰って来る。

④関東に戻る
 一行は水戸に戻り、現在宮内町の吉田神社のあるところで休息を取ったという。その後加波山に上り、新治の国造の館に駐留した。それから霞ヶ浦の東端を下り、利根川沿いに現在の成田線を進み安食から成田へ入り船橋に抜け東京へ向かった。
 磯浜を進軍しながら鳥越から湯島の台地へと向かう日本武尊は走水で入水した弟橘姫を思い出さずにはいられなかった。湯島天神から台地を南に下る辺りをいつの頃からか人々は妻恋坂と呼ぶようになり、その地に妻恋神社が祀られた。筆者は以前にこの辺りを通った時は妻恋神社にも手を合わせたことがあるが、その時はこんな由緒があるとは全く知らなかった。次の神社はいずれも日本武尊創始と伝わる神社である。
    鷲神社(台東区龍泉寺町)
    五条天神社(台東区上野公園)
    榊神社(台東区浅草蔵前)
    根津神社(文京区根津須賀町)

⑤甲斐へと入る
 日本武尊は帰路武蔵から再び相模へ回り、足柄峠を越えて甲斐に入った。酒折宮に着いた時、日本武尊は宴を開いて旅情を慰めたという。来し方を思い出し「新治筑波を過ぎて幾夜か寝つる」と詠じて旅程を問われたが誰も答える者がなかった。その時、傍らで火を焚く老翁が進み出て、「日日並べて夜には九夜日には十日を」と続けたので、その老翁を誉めてこの地の国造に任じた。

⑥終焉を迎える
 それにしても信州国境まで行きながら敢えて引き返し、下野・上野へ回った日本武尊の姿をみると、国土開拓への熱意と使命感がふつふつと伝わって来る。そして、長野をへて岐阜に入り関ケ原を経て伊吹山に上る。体調を壊した日本武尊は意識不明の重体で麓まで下りて最後の帰路の行軍についた。能褒野まで来た時日本武尊は死期を予覚した。吉備武彦を呼び全部隊を率いて大和へ帰還するよう命じた。
 彼は近侍の者たちと最後の力を振り絞って鈴鹿川の瀬まで辿りついた時に、西の峰の上に懐かしい纏向の宮の方から白い雲が湧き起こった。
    愛(は)しけやし吾家(わぎえ)の方よ雲居立ち来も
 それが日本武尊の最後の言葉だった。

 85「ぬかる道」2016年7月号)
 
大人の交差点(85)

「敦賀で暮らして」
船本 庸子

 父がポツンとこう言った。「子供は諦めた方がいいかもしれない」何度目かの見合いの後に、夫との結婚を決めた時であった。人並みの常識人である父の言葉とは思えなかったが…。
 東京本社から東海村、敦賀、東京、敦賀と転勤。そう、夫は原子力発電の技術者だった。当時社宅が一緒で縁が出来た友達とは東京に戻り、夫達が定年になっても定期的に会っている。転勤者である我々は、お互いに助け合って暮らした。病院通いは子供の預かりっこだった。その子供達も成人し、〇〇君や〇〇〇ちゃんと呼んでいたのが、今ではお父さんやお母さんになっている。私もめでたく三人のおばあちゃんになりました。そう、父の心配は杞憂に終った。
 東海村(村の人口はとっくに超えているのに今でも東海村)より長い敦賀での生活は、北陸特有の気候もあって冬の時期は編み物、手芸、パン作りと各家を廻り、お昼の食事とおしゃべりで楽しい充実した時間を過ごした。夫達は敦賀半島先端にある発電所まで会社のバスで通勤。発電所が出来る以前、住民は街へは船の利用だったと聞いている。
 綺麗な空気、松原を背景にした白い砂浜、海水浴シーズンには関西からも大勢の人が来て民宿も大繁盛、美味しい魚も人を呼んだ。勿論私も子供達を連れて海への日参で、地元の方とも知り合い色々な情報を貰った。
 1986年、私立の敦賀気比高等学校(後日、高校野球で有名になった)それに続き敦賀女子短大が開校。しかし短大は定員割れ、それを救ったのが学長として就任された瀬戸内寂聴さん。記念の講演会場は立見席が出る程の人気ぶりだった。その時の第一声、「私は人寄せパンダではありません。寂庵の灯りもこの北陸の原子力発電所から送られていると知り、お受けしました」と。笑いと拍手喝采。その寂聴さんも今や「原発反対」の旗を振っていらっしゃる。
 東北の地震それに伴った津波、そして原発での被災。今や原発に賛同する意見は蔭を潜めている。地球温暖化の危機にあっても経済優先の社会。私達にしても一度得たこの快適生活の後戻りは難しい。そのバランスをどう取って暮らすのか。一方を悪者にしても始まらない。マスコミもサーカスの座長のようなタクトを収めて、前向きな公平な発信をお願いしたい。
 宇宙に行ける時代、きっとクリーンで安全な代替エネルギーの研究は、着々となされている事と信じている。


 84(「ぬかる道」2016年6月号)
 
大人の交差点(84)

「心に残る言葉」
藤田 光宏

 (1)「語らざれば憂いなきに似たり」
この言葉に出会ったのはある本を読んでいたとき芥川龍之介「侏儒の言葉」よりとして引用されていたのを見たのが最初であった。以来ずっとこの言葉は芥川の言葉であると思いこんできた。ところが先日この言葉をインターネットで調べてみたら出典は「禅林句集」(白隠禅師)中に「君看よや、双眼の色。語らざれば、憂いなきに似たり」とあった。これに対して詩人相田みつをは「誰にだってあるんだよ人には言えない苦しみが誰にだってあるんだよ人に言えない悲しみがただ黙っているだけなんだよいえば愚痴になるから」と説いている。
 私が社会人になって久しぶりに帰省した折、母が私に言った。「お前はいいね、いつも何も屈託のないような顔をして」と。そういわれて私は答えた。「母ちゃんアヒルはただ水の上にのんびり浮かんでいるだけじゃないんだよ、川の流れに逆らい、水の中では足を懸命に動かしているから流されないでいるんだよ。僕だって同じさ、口に出さないが悩みがないわけじゃないよ」と言ったら母はそれを覚えていて数年後のある時「光宏がそんなこと言ったねー」と語ったことがあった。亡母のことをおもうとき不思議とこの言葉が思い浮かぶのである。

(2)「体が柔らかくなれば頭が柔らかくなり、頭が柔らかくなれば心が柔らかくなる。心が柔らかくなれば人にも優しく出来る」

 この言葉は私が楊名時先生に太極拳を習った時に聞いた言葉である。私が太極拳に興味を持ったきっかけは1969年春、十二指腸潰瘍を患い一か月余り入院生活をした折、病気見舞いに差し入れられた陳舜臣の「阿片戦争」を読んだことがきっかけだった。
 「柔らかく、円く、緩やかに動作する武術=太極拳」という記述があった。柔らかく円く動く武術とは一体どんなものなのか大いに好奇心が湧いたが当時日本ではまだ太極拳は普及してなく、学ぶチャンスがなかった。
 その後1972年9月,田中角栄総理による日中国交回復がなされ、日中の人と物の交流が盛んになるにつれ、中国の公園で大勢の人が太極拳を練習している様子がマスコミにより紹介されるようになり、日本各地でも太極拳教室が開かれるようになった。丁度そんな折、地方勤務を終えて東京に戻ってきた私は千代田体育館で太極拳を教えているという新聞記事を目にした。それまで心の底に眠っていた好奇心が目を覚まし、1975年夏早速入門。初めて見た楊名時先生の太極拳は「阿片戦争」の表現通りの動きで、全く日本武術とは発想が違うことを実感した。太極拳は単なる武術ではなく、あの緩やかで円く、途切れなく連綿と続く動作の中に中国人の発想、哲学、漢方医学がつまっていると思った。気とか経絡とかツボなどの人間の体の医学的知識の深さは現代でも驚くほど深い。あれから40年、簡化二十四式を手始めに伝統武術としての各派の太極拳、八卦掌などを学び続けてきたのは、ただ太極拳との最初の出会いの時に感じた驚きと不思議さ、それに加えてこの言葉「体が柔らかくなれば人にも優しくできる」に惹かれて今日まで続けて来たというのが実感です。
 太極拳が私にもたらしてくれた最大のものは気が短くて怒りっぽかった性格が、少し長いスパンで複眼的に物を考える習慣が身についたこと、肉体的には柔軟性が増したこと、四十代の頃より現在のほうが柔らかい。ただ「心が柔らかくなれば人にも優しくできる」という点はまだ道半ばだと思っているし、これからの日々をかけて実現していきたいと思っています。

    今月号から「大人の交差点」に改称。執筆者に女性も加わります。
                              乞うご期待の程を。(編集部)

 83(「ぬかる道」2016年5月号)
 
男の交差点(83)

「古市公威」
川名 信政

 『ぬかる道』№340とうかつメッセの巻頭句に本間千代子さんの「生誕年三島由紀夫は若いまま」が載っていた。三島由紀夫は大正十四年に生まれ、昭和四十五年に亡くなったが、その人生の節目や活躍が昭和時代の日本の興廃や盛衰の歴史的出来事と相まっていることから「昭和」と生涯を共にした人物として語られている。彼は本名を平岡公威(きみたけ)というが、この公威という名は由紀夫の祖父平岡定太郎が同郷(姫路)で、恩人でもあった古市公威(こうい)にあやかって付けられている。
 古市公威がどのような人物であったかを以下に紹介する。古市公威は姫路藩士の子として嘉永七年(一八五四)に江戸日本橋の姫路藩藩屋敷で産まれた。公威は非常に優秀で開成所開校とともに入学、翌年には大学南校(東京帝国大学の前身)に入学。成績抜群で明治天皇の御前においてフランス語のスピーチ、化学実験等を天覧に供したという。のちに選抜されて明治八年から十三年(一八七五~八〇)の間。パリ大学等で広く理数学を学んだ。司馬遼太郎は自著『国家・宗教・日本人』の中でフランスに留学中に風邪で発熱をおして授業へ行く公威に下宿先の女主人が休むように勧めると、「自分が一日休むと、日本が一日遅れる」と言ったというエピソードを紹介している。
 帰朝後には内務省土木局に勤務、明治十九年には三十二歳にして帝国大学工科大学(東京大学工学部の前身)初代校長に就任、同時に内務省土木局長を兼ねた。また一方では同十九年に東京仏学校(後に東京法学校と合併して法政大学の前身となる)を設立し、初代校長にも就任している。
 公威は内務省土木局のトップとして全国の河川治水・港湾修築のみならず工科大学長・土木学会長・工学会の会長を務め日本近代工学の最高権威とされている。代表的な功績としては、明治三十八年(一九〇五)完成の横浜港の日本最初の大型の繋船壁の設計を担当している。また公威は都市交通にも造詣が深く、日本初の都市間高速電車となった阪神電気鉄道の設立に関与すると共に、日本最初の地下鉄である東京地下鉄株式会社の初代社長に迎えられてもいる。
 明治二十一年には学位令が出来て日本で最初の工学博士となった。因みに、この時には文学・法学・医学・理学・工学から各五人の計二十五人の博士が誕生している。公威の他の業績や栄典は紙面の都合で割愛するが、昭和九年(一九三四)満七十九歳、旭日桐花大授章を贈られ、この世を去った。
 現在東京大学本郷キャンバスの正門左脇に、数坪の敷地に杖を持ち、ソファーに腰を掛けた公威の銅像が置かれている。東京大学本郷キャンバスには最近設置された「ハチ公と上野英三郎」の銅像や多くの銅像が設置されており、折をみて銅像巡りをされるのも良いのではないでしょうか。

 82(「ぬかる道」2016年4月号)
 
男の交差点(82)

「江戸しぐさ」
老沼 正一

 江戸しぐさ理事長越川禮子さんは、江戸しぐさ語り部として、江戸しぐさの研究普及に努めている。今の世に通じる教えがいっぱいあるんですよとのこと。
 江戸しぐさは江戸商人の指導者たちが築き上げた行動哲学です。「傘かしげ」「肩引き」といった簡単な動作のことだと思われがちですが、そうした身の熟しだけではなく、そこには深い哲学がある。本質は、共倒れしないでみんなで共に生きていくための・気遣い・心遣い・共生の精神です。江戸には共生という言葉はなかったが考え方はあった。その考え方は、互角で向き合い、互角で言い合い、互角でつき合う。これが江戸の共生です。今の日本には江戸の相互扶助の考え方、生き方、暮らし方が必要だと思い、「江戸しぐさ語り部の会」の設立となった。
 普及のため傘かしげや肩引きなどをパフォーマンスとしてやったところ、そうした動作イコール江戸しぐさと思われてしまった。
 江戸しぐさの師・故芝三光先生は、「ホーレン草の缶詰を売りたくてポパイの漫画を作ったら、漫画だけ売れたみたい」と述懐していた。
 傘かしげ、肩引きはお初しぐさ、稚児しぐさともいう。子供のうちに修得するしぐさのこと。お世辞も子供の頃から身につけるもの。これは相手の機嫌をとろうとして誉め言葉を口先だけで言うお世辞とは、まったく違うものである。
 江戸の世辞とは、「おはようございます」といった挨拶の後に「今朝は冷えこみますね」、「こんにちは」の後に「いつもお元気そうで」など一言付け加えること。江戸では「世辞を言えて一人前」、子供でも世辞を言えるのが当たり前でした。
 江戸しぐさが教えていることは、大きく二つあります。一つは平和です。江戸時代は二百六十年以上も戦の無い平和な時代が続いた。その平和を支えた江戸しぐさは、いくさをしたくなくなるしぐさ、いじめをしたくなくなるしぐさなのだ。
 もう一つは、人との付き合いの仕方です。他人と仲良く、気持ち良くお付き合いするための物の言い方、目つき、表情、身のこなし。江戸は、当時世界最大の百万都市で、付き合いの中で最も大事にしなければならないのは、外つ国と外つ国人との付き合いと言われている。
 今でいう、外国と外国人との付き合い、異文化との共生をいっている。現代でも難しいことを江戸時代に教えとしていたことに痛く感心させられる。また人間だけでなく自然との付き合い、動物との付き合いなど、地球には人間だけが生きているわけではない、生きとし生けるものがいることも教えています。不況を乗り切る江戸の教えも興味深いものです。ゴミを出さないこと、似た物づくりをしないこと。江戸しぐさには、「もったい大事」とあるが、これは「もったいないから大事にしよう」という意味である。今は物を使い捨ててゴミを出すし、似た物づくりが多い。
 現代はストレス社会
 ストレス社会で気を病んでいる人が多い。気を病んで気の毒になる前に、江戸しぐさでは、そうなる前に「気の薬」をあげる。
 気の毒な状態になるような間違った方向へ行こうとしている人に、「あなたが進もうとしているそっちは間違っていますよ」と言う直言では相手が傷つく。本人が考えて思い直してやめるように上手にもっていくのが気の薬です。それとなく助言するという思いやりのしぐさです。一歩間違うと絶交になる危険があり難しい。
 今、気の毒になりそうな人に気の薬をあげられる人はいるのだろうか?
 朝飯前
 江戸の一日は、朝飯前から始まる。日本国語大辞典には「朝飯前の空腹のときでも、あるいはそれぐらいの短い時間でもできるような容易なこと。たやすいこと。あさめししごと」とあるが、何をするかは出ていない。江戸の朝飯前とは、ご近所への朝の挨拶。向こう三軒両隣に挨拶して、母子家庭や老人の独居暮らしの家などの様子を見たり困っている人がいたら相談に乗る。
 朝食後は身過ぎ世過ぎ
 最近死語になりつつあるが生計のこと。生活費を稼ぐための仕事を、午前中に三時間位する。「江戸っ子は三時間しか働かない」という言葉はここからきていると思われる。昼食後は「はたを楽にする」傍楽。夕方は「明日備」。明日に備えるが訛って「あそび(遊び)」に。明日の準備をしたらあとはリクレーション、リフレッシュ、遊ぶわけ。ですから江戸には過労死なんかないでしょう。江戸の一日の中で一番大事にされたのが、傍を楽にする、はたらくこと。今でいうボランティア。ボランティアの多寡によりその人間が偉いかそうでないか判定していた。金持ちだとか有名だとかでなく、人のためにどれだけ働くか、その時間の多い少ないによって人間を評価していた。現代は超高齢社会と言われるが、元気なうちに自分のためだけに過ごすのではなく世のため人のためもっと働きたいと思った。
 老人の資格
 老人の資格とは第一にどれだけ若衆を笑わせたか。若衆とは若い人のこと。自分がバカにならなければ若者を笑わすことはできない。(川柳は活用できるかなと腕を組んだ)第二にどれだけ若衆を立てたか。第三にどれだけ若衆を育てたか。(ここでは川柳がちらついた)第四にどれだけ若衆に大切な歴史や知恵を伝承したか。この四つの条件が揃ってないとよい老人の資格がない。最近の老人は威張っている人が多いし要求ばかりの人も。ある小学校で「これからは老人がいても席を譲らないようにしましょう」という提案がでた。「老人に席を譲ってもお礼はしないし冷たい態度」だからと。小学校低学年の男の子が、明るい表情で席を譲った。その老人は、「次の駅で降りるからいいよ」と横柄でにべもない言い方。子供は悪いこともしていないのに逃げてしまった。ありがとうと座ってありがとうで降りればよいのに。若い人に礼を言えなかったり、若い人が何もしてくれないと愚痴を言ったり、そんな人は老人の資格はないと思う。混んでいる電車では「こぶし腰浮かせ」「うかつ謝り」といった譲り合う心も大切です。
 江戸っ子のセンス
 芝先生が言うセンスとは、感性、人が生きる力です。江戸っ子のセンスである江戸しぐさは、日本が高度成長後金や物ばかりに目を向ける中、とても必要なことだと思い口伝えだったのを本にしたりして広めるようにしています。越川先生の特に好きな江戸しぐさ、一期一会。あらゆる出会いを生涯にただ一度と考え大切にすること。以前、エストニアの人が江戸しぐさに興味があると訪ねてきて「一期一会とは江戸の商人が明日は会えないと思って真心を尽くすこと」と説明したら、「なぜ二度と会わないかもしれない人に、よくしなければならないのかわからない」。一期一会は東洋の知恵、日本人独特のセンス、感性なんです。(一期一会が江戸しぐさにとは、茶会席ばかりと思っていた)
 最後に一言
手洗いも江戸しぐさの一つ。今の子供たちは家に帰った時、食事の前は手洗いが習慣になっています。私たち年配者が江戸しぐさを子供たちに教えることで日本人のいい習慣、いい考え方が伝承していけばと思います。江戸しぐさも、川柳も学習指導要領に
取り入れてもらいたい。

参考文献『パトスインタビュー』『パトス2014Vo.85』

 「江戸しぐさ」
 傘かしげ
雨の日に傘をさして路地ですれ違うとき、相手に雨水がかからないよう傘を外側に傾ける
 肩引き
路地裏を歩くとき、タイミングよく互いに肩を引き、ぶつからないようにすり抜ける
 こぶし腰浮かせ
長椅子などに少しでも詰めて多くの人が座れるよう、後から来た人のためにこぶしで腰をあげて席を詰める
 うかつ謝り
雑踏で足を踏まれるなど被害を受けたときも、自分もうっかりしていたと注意のなさを詫びる
 会釈の眼差し
見ず知らずの人とすれ違うとき、目を合わせて、さりげなく目で挨拶する


 
 81(「ぬかる道」2016年3月号)
 
男の交差点(81)

「米騒動と鈴木商店」
折原 あつじ

 鈴木商店はかって存在した日本の財閥、商社。樟脳、砂糖貿易商として世界的な拠点網を確立するとともに、製糖・製粉・製 鋼・タバコ・ビールなどの事業を展開し、さらに保険・海運・造船などの分野に進出し、ロンドン・バルチック取引所で日本企業として二番目のメンバーになった。

 大正末期の最盛期には76の会社を経営する多角的商社で あった。鈴木商店の流れを汲む会社は、神戸製鋼所・帝人・太平 洋セメント・日本海運・昭和シェル石油・日本製粉など多数。
 明治7年兵庫の弁天浜に、川越藩の鈴木岩次郎が、番頭をしていた辰巳屋ののれん分けで鈴木商店を開業する。 明治19年のちに鈴木商店を支える金子直吉が、丁稚奉公に入り順調に売り上げを伸ばし、神戸八大貿易商の一つに数えられるようになる。
 明治27年鈴木岩次郎が死去。夫人のよね(米)が、金子直 吉と柳田富士松の両番頭に事業を委任し継続する。
明治38年から大正9年の15年間に、小林製鋼所・播磨造船・日本金属工業・南洋製糖・帝国染料・大田川水電・浪速倉 庫・南朝鮮鉄道・信越電力・日本冶金工業・東洋マッチ・帝国樟 脳・帝国酸素・国際汽船・帝人・新日本火災保険などを次々に買収し、大正8年から9年、鈴木商店の売り上げは、16億円に達し、三井物産や三菱商事を遥かに上回っていた。当時のスエズ運河を通過する船の10%は鈴木商店所有といわれた。
 大正七年から始まった米騒動の際に大阪朝日新聞は、鈴木商店は米の買い占めを行っている悪徳業者であると攻撃した。鈴木商 店は米価の高騰に苦しむ民衆の反感を買い、同年8月12日、鈴木商店が焼き打ちに遭った。 昭和2年3月に金融恐慌が起こり台湾銀行は、最大の貸し手である三井銀行の資本引き上げにより追い詰められ、鈴木商店への新規融資の打ち切りを通告。三井物産や三菱商事のように系列銀行を持たなかったため、資金調達が不能となり4月5日、事業停止・清算に追い込まれた。
 城山三郎は、これらの事件を再調査した。当時の鈴木商店が米を買い占めていた事実はなく、焼き打ちは大阪朝日新聞が事実無根の捏造報道を行って米騒動を煽ったことによる「風評被害」で あり、鈴木商店と対立していた三井と大阪朝日の「共同謀議」という仮説を立てて綿密な調査・取材をし、ノンフィクション小説 「鼠 鈴木商店焼打ち事件」として発表している。

金子直吉 日本の実業家。慶応二年、土佐藩領内の商家に生まれる。明治19年20才で神戸の砂糖問屋・鈴木商店に入る。丁稚奉公から身を起こし、鈴木商店の「大番頭」として大正時代には三井財閥、三菱財閥を凌ぐ規模の企業グループに拡大させた。 鈴木商店全盛時代も借家住まいであり、常に数人の書生に学費を援助した。
昭和19年に亡くなったとき(享年78歳)、わずかな現金しか残っていなかったという。城山三郎は、金子直吉の葬儀に参列している。
 城山三郎 名古屋市中区生れ。本名は杉浦英一。ペンネームは、 昭和32年3月、名古屋市千種区の城山八幡宮(城山町)付近に転居したことから付けたと、本人が語っている。
 昭和20年名古屋工業大学の理工系に入学し、徴兵猶予であったが、自ら大日本帝国海軍に志願し、特攻隊に入隊したが8月・ 終戦を迎えた。昭和21年、東京産業大学(一橋大学)予科入学、昭和27年卒業。
 城山三郎 名古屋市中区生れ。本名は杉浦英一。ペンネームは、 昭和32年3月、名古屋市千種区の城山八幡宮(城山町)付近に転居したことから付けたと、本人が語っている。
 昭和20年名古屋工業大学の理工系に入学し、徴兵猶予であったが、自ら大日本帝国海軍に志願し、特攻隊に入隊したが8月・ 終戦を迎えた。昭和21年、東京産業大学(一橋大学)予科入学、昭和27年卒業。
 平成19年3月2日 間質性肺炎のため死去。79歳。お別れの会には、中曽根康弘、小泉純一郎、河野洋平、土井たか子、五木寛之らが出席した。
 城山三郎は、経済小説の開拓者であり、伝記小説、歴史小説も多く著している。
   「輸出」第4四回文学界新人賞(昭和32年)、
       「総会屋錦城」第40回直木賞(昭和34年)、
   「落日燃ゆ」― 広田弘毅 吉川英治文学賞・毎日出版文化賞
                               (昭和34年)
   「もう きみには頼まない石坂泰三の世界」第44回菊池寛賞
           (平成八年) 「辛酸」足尾鉱毒事件―田中正造
   「勇気堂々」―渋沢栄一「官僚たちの夏」―佐橋滋、
           「粗にして野だが卑ではない 石田禮助の生涯」、
   「価格破壊」―「中内功 賢人たちの世」―椎名悦三郎、
           前尾繁三郎、灘尾弘吉 


 
 80(「ぬかる道」2016年2月号)
 
男の交差点(80)

「地球1954」
中島 久光

 大学三年生の時の話だから、今から五十年ほど前の事である。 同級生と麻雀をしている時、T君が突然「キリキリキッタン、キリキリキッタン」と唱え始めた。
 「キリキリキッタンて分かるかい?」と問うので、私は記憶の奥から引き出して「『地球1954』ではないの?」と答えた。
  話は小学四年生に遡るから60年前の事になる。小学四年生にもなると、小学館の「小学〇年生」では物足りなくなる。その頃 の少年雑誌は月刊で「少年」「少年クラブ」「おもしろブック」「冒険王」などがあった。私は「いがぐり君」や「赤胴鈴之助」が連載されているので「冒険王」を取っており、他の雑誌は友達と交換をして読んでいた。
 新年号は11月20日頃に発売になり、付録は漫画の小冊子が10冊も付く豪華版だった。1954年(昭和29年)の新年号の付録に手塚治虫の「地球1954」があった。
 内容は、先天的な二重人格者である博士が地球の征服を図り、 それを阻止する双子の兄弟との戦いの物語で、その中に前記の「キリキリキッタン、キリキリキッタン」という擬音で毒ガスを発生する装置の事が出ていた。自分が覚えていたことも驚異だが、同級生も知っていたことに仲間意識が沸いたものである。
 大学を卒業して実家に帰ってみると、断捨離の言葉が無い時代なのに、母によって漫画の本は残念ながら全部処分されていた。
東京勤務の折り、神田の古本屋へ出かけて「地球1954」を捜したが何処にも見当たらず諦めていた。
 話は1995年に繰り下がる。この年にオウム真理教事件が起こった。内容は「地球1954」とすっかり似ている。世界征服 を狙ったことや、上九一色村に作ったサテアンが漫画では手塚治虫お得意の地下に造られていた。また、サリンガスは先ほど述べた「キリキリキッタン」の装置のようで手塚が予測したとしか思われない内容であった。
 もう一度「地球1954」を読みたいと思い、手塚治虫全集の目録を見てみても、「地球1954」は見当たらなかったが、ある時、題名を変えて文庫本に収録されているような話が聞えて来た。 ネットで調べたところ、「地球1954」は単行本化にあたり、 題名を「地球の悪魔」としたと分かった。早速、書店に出かけて、 検索端末で調べたところ二か所で出版されていることが分かった。
 窓口へ行って申し込んだところ、次の日には入荷するとの話だったが、用事があったので、三日後に購入に出かけた。60年振りの「地球1954」である。初恋の人に60年振りに逢うような心境である。すぐに読んでしまうのが勿体なくて、一日そのままにして枕元に置いて寝てしまった。カレーライスは一日寝かせた方が美味しいのと同じ心境である。
 いよいよ読み始める。記憶の中と同じものもあれば、少し違っ ているものもあり、それはそれで面白い。 それにしても、手塚治虫はどうして50年後にオウム事件のよ うなことが発生すると考えたのであろうか?麻原彰晃がこの本を 読んだとは考えられないが不思議な感じが拭えない。漫画の中で髭おやじが「私は信じますよ きっといまにまた世界のどこかで こんな事件が起こるであろう」と述べている。
 もう二度とオウムのような事件が起こらないことを願うものであるし、手塚治虫の先見性に脱帽をして本を閉じた。


 
 78(「ぬかる道」2016年1月号)
 
男の交差点(79)

「造山古墳は吉備王国の象徴である」
江崎 紫峰

1.はじめに
吉備国(現在の岡山県と広島県備後地域)には数多くの古墳が 存在する。その中で最も有名なのが造山古墳(全長350m 全国第4位)と作山古墳(全長270m 全国11位)である。仁徳 天皇とのロマンスが伝えられている黒媛塚古墳や、私の名がつい た江崎古墳もある。これらは私の青春時代のデートコースの一つであり、造山古墳や黒媛塚古墳での思い出は今でも即座に蘇る。 (注 造山と作山は両方とも「つくりやま」と呼ばれる)

2.吉備児島と製塩
 『日本書紀』の「国産み神話」によれば、まず淡路島ほかの大八州が生まれ、その後9番目に生まれたのが吉備児島(きびのこ じま)である。この吉備児島は現在の岡山県倉敷市児島と玉野市 (私の故郷)に分かれているが、今のように本州に繋がったのは 比較的新しい。 考古学の成果によれば、弥生時代の初めに他に先駆けて土器製塩の技術を入手したのが吉備児島の人達であったという。やがて 吉備南部の平野部に広まり、弥生後期には大阪湾岸や愛媛地方、 さらに九州、東海、北陸……へと広まっていった。なお、現在は イオン交換膜方式へと変わったが、今でも岡山県は日本一の塩の生産地である。因みに今の玉野市庁舎は塩田の跡地に建てられて いる。 こうして塩で富を築いた吉備国は弥生後期には全国で1位、2 位を争う大墳墓「楯築(たてつき)墳丘墓」を造るだけの力を蓄えた。そして、日本は古墳時代(3世半ば~6世紀初め)へと突入する。

3.古墳時代の天皇と古墳の時代区分
この時代は正しくはまだ天皇という呼称はなく当時は大王(おおきみ)と言われたが、便宜上「天皇」と呼ぶ。現代の常識とし ては皇室系譜第10代の崇神天皇が初代天皇と言われている。古墳時代で有名な天皇は、応神15、仁徳16、履中17、雄略21代らで あるが、いずれも天皇在位期間が不明確で、年表に在位期間が表記されて来るのは第26代の継体天皇(507~531年)以降で ある。ただし、宋書らへの「倭の五王」の早出の年はそれぞれ讃 421、珍438、済443、興462、武478年である。武は502年にも出て来る。そして、現在伝わる天皇陵も果たして その天皇が埋葬されているかはかなり疑問視せざるを得ない。 逆に言えば、日本で書かれた文献資料が発見されていない継体天皇以前の時代が、日本の「最もロマンのある時代である」とは 言えないだろうか。


 
 78(「ぬかる道」2015年12月号)
 
男の交差点(78)

「築地市場が豊洲へ引っ越し」
折原あつじ

 12月末の朝日新聞・朝刊に、豊洲新市場16年11月開場―築地ブランドどう継承― と東京都と築地市場の業界団体は、豊洲新市場を2016年11月上旬に開業すると決めた。
 来年八十周年を迎える首都圏の台所の「大移動」。場内の業者からは新天地での開業に不安の声が上がる一方、場外では移転後を見据え、築地ブランドを守る取り組みが始まっている。東京都は2020年の東京五輪の幹線道路になる環状2号線を完成させるため、道路が通る築地市場の早期移転に協力を求めた。
 築地市場協会会長で、都水産物卸売業者協会の伊藤会長は、賛成を表明。反対意見はなく、約29分で16年11月の新市場開場が決まった。ただし、伊藤会長は協議会で「苦渋の決断」とも述べた。築地市場の卸、仲卸、小売りなどの業者は約一千に上る。繁忙期の年末商戦を目前にした11月の新市場開場には不安も根強い。
 「新しい場所でいきなり最繁忙期の年末を迎えるのは無理。年明けにすべきだ」という意見が大勢だ。
 東京都は環状2号線の工事もあり、五輪を最優先課題に掲げている。
 築地市場は、東京都中央区築地にある公設の卸売市場であり、都内に11か所ある東京都中央卸売市場で、規模は世界最大の代表的な卸売市場である。市場の面積は、約23ヘクタール。七の卸売業者と約一千の仲卸業者によりセリが行われる。2005年の取扱数量は、全品目合計で約9200トン(一日当たり水産物1800万円、青果320万円)、金額にして約5700億円になる。水産物の取扱高は日本最大。

 市場の始まりは、「市」と呼ばれる物々交換の場で、これを制度化したものが今日の「市場」。
 江戸の幕府をひらいた徳川家康は、江戸城内で働く人々の食事を用意するため、大坂の佃村から漁師たちを呼び寄せて幕府に魚を納めさせた。漁師たちは獲れた魚の残りを日本橋のたもとで売るようになり、魚河岸(魚市場)と呼ばれた。ほぼ同じ頃に、青果市場も自然発生的に形成されたと伝えられ、江戸八辻が原(現在の神田須田町あたり)で始まった青果市場を基として発展した。
 江戸時代から東京の食品流通を担ってきた日本橋魚河岸をはじめとする市場群が、1922年(大正12年)9月に起きた関東大震災で壊滅したのを受け、12月隅田川や汐留駅といった水運、陸運に恵まれていた旧外国人居留地(築地居留地)の海軍省所有地を借り受けて臨時の東京市設魚市場を開設したのが築地市場の始まり。
 昭和10年築地、神田、江東の三市場が開設され、荏原、豊島、足立、大森に食肉などの市場が次々に業務を開始。中央卸売市場の開設が生鮮食料品の流通に及ぼした効果は、「公正な価格の決定と取引の明朗化」と「価格と品質の安定」そして「市場内の良好な衛生状態」の三つだったと言われる。 

 昭和29年ビキニ環礁での米国の水爆実験により被爆した第五福竜丸の水揚げ水産物であるマグロやヨシキリザメが、同年3月15日築地市場へ入荷、これらは強い放射性物質を有し市場は混乱状態になり、セリは中断され水産物の相場は値付かずとなった。
 その後、平成7年3月20日、地下鉄サリン事件が発生、築地駅で最多の被害者が出て、付近の聖路加国際病院が救急患者を多数受け入れ終日混乱したことも記憶に新しい。
 平成12年12月12日築地市場駅が都営地下鉄大江戸線全線開通と同時に開業。(市場の敷地内に出入り口)東京都は、来年開業の豊洲市場の敷地内に、にぎわい施設「千客万来施設」の概要を発表。1.7ヘクタールの敷地に食材を取り扱う約140店舗の場外市場や首都圏最大級の温浴施設など四棟を建設する計画。2020年の東京五輪の会場は徒歩圏内にあり、東京の新名所になる可能性は大きい。 

 東京都は今年の7月17日、築地市場の移転先として整備を進めている豊洲新市場を2016年11月7日に開場することで業界団体と合意した。都側と水産物、青果の卸、仲卸、小売業者らの代表が17日、築地市場で協議して決めた。市場への引っ越しのため、祝日(文化の日)の3日から4日間を臨時休業とすることで合意した。
 築地市場は11月二日に最後の営業を行い、1935年の開場以来81年の歴史に幕を下ろす。


 
 76(「ぬかる道」2015年11月号)
 
男の交差点(77)

「当て字(宛字)」
老沼正一

 東歴史を書くつもりはない。ただ新選組に就いての巷説漫談或いは史実を、極こだわらない気持で纏めたに過ぎない。従って記録文書のわずらわしいものは成るべく避けた。しかし近藤勇という人物には、ちょっと面白いところがあると思った。いい、悪いは別として本当に憎めない、本当に泣いて遣ったりの出来る人間である。ことしの春、私は私の仕事の上で『戊辰物語』という書の一部分を書いた。その時にもやはり、この新選組の話だけは本気になって書けたものである。

 新選組の「選」の字が、選を用いるべきか撰を用いるべきかについては、私はどちらでもいいと解釈した。肝心の近藤さえが時に選を用い、時に撰を用いている。組の総代として公式に会津侯へ差し出した書面には撰の字を用いてあるのが多いが、その会津侯が組へ賜る諸書状は大抵選の字を使っている。この時代のこうした生活の人達はただ穏便に当て嵌めて、自分の書きやすい便利な字を書いたようなところがある。

 隊士の名前にも音は同じだが全く別な字を用いられているものが多く、時に別人かとさえ思わせる。鈴木三樹三郎の如き「三木」と書いたものが相当に多いが、これは後に三樹三郎氏が篠原泰之進の画像に「末弟三樹三郎」と署名したものを見たので、私は三樹を用いた。

 近藤勇は「いさみ」と読む。「いさむ」というのは間違っている。名の「昌宜」も昌宣と書いたり、板橋にある永倉翁の建てた碑などはこれを上下にして宜昌などとしているが、昌宜が正しい。剣法の神文帳などにも宣の字を書いてあるが、あれは勇の真筆ではなく筆生の書き違いである。
 「永倉新八」の永にも「長」の字を用いたのがあり「島田魁」の魁に「甲斐」と書いてあるものが相当にある。中西登を昇と書き、内海二郎を次郎と書く位のことは、本人自身が平気でやっているのだから、どうも甚だ困らせられる。(一部省略) 昭和三年七月二十二日(新選組始末記子母澤寛より)併読中の『我輩は猫である』の注解に次のような指摘があったので、言の葉探検隊を「猫宅」に派遣する。
 ※三馬→普通秋刀魚と書く。漱石は『我輩は猫である』の中でこれに類した宛字をしばしば書いている。
(精選日本国語大辞典は(秋刀魚・三馬)の併記。広辞苑・明鏡国語辞典・福武国語辞典・新明解国語辞典・新潮現代国語辞典等には(三馬)の併記はない)
 ◇ 仮色こわいろ→ 「声色」
 ◇ 鴻の台こうのだい→ 「国府台」
 ◇ 出鱈目→ でたらめ、「出鱈目」は当て字
 ◇ 苦沙弥→ くしゃみ「嚔」
 ◇ 御飯焚き→ 御飯炊き
 ◇ 滅茶苦茶→ めちゃくちゃ、「滅茶苦茶」は当て字
 ◇ 成蹟 → 成績
 ◇ 両洩 → 両漏
 ◇ 演舌 → 演説
 ◇ 艶罪 → 恋愛に関わる罪「冤罪」に掛けた洒落。
                                 注解137
 ◇ 無暗むやみ→ 「無暗」は当て字
 ◇ 横風 → 横柄
 ◇ 少時しばらく→ 暫く
 ◇ 不具かたわ→ 片端、「片輪」は発音による当て字
 ◇ 美麗きれい→ 奇麗、綺麗
 ◇ 完うする→ 全うする
 ◇ 卵塔婆 → 墓場のこと
 「卵塔」 は四角または八角の台座の上に卵形の塔を建てた石塔。従って卵塔場と書くのが正しい。「塔波」は供養のために墓の後ろに立てる。塔の形をかたどった細長い板。  注解168
 ◇ 小供 → 子供
 ◇ 紀念 → 記念
 表記については明治・大正期の辞書類などに「紀念、記念」の併記も見られるが、実際の用例としては、「紀念」の方が圧倒的に多かった。「記念」が一般化するのは昭和になってからのことである。
 ◇ 琴瑟調和→ 辞書は「琴瑟相和」しかない
 ◇ 鄭重 → 「丁重」は代用表記
 ◇ 続ぎ合わせる→ 継ぎ合わせる
 ◇ 眤と → じっと
 ◇ 六つ井物産会社→ 三井物産を捩ったものか?
 ◇ 洗湯 → 銭湯 せんとう洗湯とも書いた
 ◇ 送籍 → 「漱石」のもじりであろう注解254
 ◇ 頓珍漢→ いつも交互に打たれる鍛冶屋の相槌の音は決して揃わないことから
 ◇ べらぼう→ 便乱坊、可坊「箆棒」と当てる
 ◇ 瞑頑不霊→ 普通「冥頑」を「頑冥」と言い、物の道理が分からず無知なこと。  注解333
 ◇ 無花果 → ①外見からは花をつけないように見えることから「無花果」と           当てた
          ②中世ペルシャ語の中国での音訳語「映日果」
            (インジークオ)が転用したもの
 ◇ 沢菴禅師→ 沢庵 庵はいおり
 ◇ 暗誦 → 暗唱とも書く
 ◇ 理野陶然→ 理の当然
 ◇ 変傍 → 変貌
 ◇ 没分暁わからずや→ 没分暁漢(当て字)印刷漏れか?
 ◇ 芳原 → 普通は「吉原」と書く   注解52
            忘れ物(1)
 ○ 日本橋の百貨店、大丸と白木屋は猫に登場する。三越は?
 ○ 吾妻橋、隅田川に架かり西側の浅草(現台東区)と花川戸(現墨田区)を結ぶ橋。
  注解73の解説。明治37年頃はそうだったのかな? 現在は花川戸が現墨田区とは可笑しい。花川戸は台東区の東端の地区。地名の由来は花の名所である向島への戸口であることによる。
 ○ 「皹」読めないので新漢林を引いたら、皸と皹が並んでいた。書道の先生に伺ったら「秋」は書では「秌」とも書くと。早速調べたら辞書に載っていた。秌は秋の本字。
 ○ 川柳マガジン1月号「川柳文法力」を読んでいたら、「変梃りん」(梃は常用漢字外)この漢字が読めないので調べた。
  (明鏡国語辞典)へんてこ、奇妙なさま。変なさま。へんてこりん。表記変梃。
  (広辞苑)へんてこ「変梃」とも当てる。以下略。
        頭が変梃になったので終りにします。

   「参考書」
   新選組始末記子母澤寛 中公文庫
   我輩は猫である夏目 漱石 新潮文庫
   精選版日本国語大辞典・広辞苑・明鏡国語辞典・新漢語林
                      (以上CASIO電子辞書)
   ベネッセ表現読解国語辞典
   福武国語辞典
   新明解国語辞典
   新潮現代国語辞典

           忘れ物(2)
 当時は当て字が珍しいことではなく、沖田総司自身でさえ自分で書いた手紙に、「総二」と署名したものもあるほどなので、「次郎」も「二郎」も「治郎」も問題にすることはない。総司は「そうじろう」とも「そうじ」とも呼ばれ、書かれていたものである。次の一覧表を参照。
   新選組一番組長沖田総司の生涯 菊地 明  新人物文庫より

        


 
 76(「ぬかる道」2015年10月号)
 
男の交差点(76)

東京駅・開業百年

 折原あつじ

 東京駅開業百年記念を迎え、昨年12月13日より東京ステーションギャラリーで「東京駅一〇〇年の記憶」展が開催された。
 日本近代の歴史と共に歩んできた東京駅は、関東大震災、原敬首相の暗殺、東京大空襲といった歴史上の出来事と共に多くの人々の記憶が残る存在でもある東京駅の駅舎は皇居の和田倉門と向かい合う形で設計された。
 大正3年12月20日、膨大な経費と6年という歳月をかけて東京駅が開業した。開業式は、午前9時から丸の内南口で挙行され、総理大臣大隈重信が祝辞を述べ、午後、貴族院と衆議院、政府高官、新聞記者などを乗せた試運転電車が、鶴見付近で立ち往生、横浜まで2時間もかかったという。
 招待客が多く、その重量で道床が沈み、パンタグラフが架線に接触できなかったのが主な原因で、結局20日からの開始予定の電車運転は見送られた。修理・点検に手間取り、翌5月10日から運転が開始されたという。
 開業当時、丸の内地区の改札口は3か所で、駅前広場は未舗装という状態で、駅と皇居に挟まれた地区は、三菱の手によってビジネス街が形成されつつあったが、夜間は閑散となり、薄気味悪い状況であったという。
 反対側の八重洲地区には、多数の引き込み線、鍛冶橋寄りには機関庫が設けられており、乗車口・昇降口は設けられなかった。八重洲側に駅舎が設けられたのは、昭和4年12月16日。建物は貧弱で電車の切符しか売られず、列車の切符を手に入れるには丸の内口に出なくてはならなかった。すべての切符扱いが始まるのは、10年後の昭和14年12月1日のことである。 昭和30年頃には、昇降客は八重洲口が35万人、丸の内口が23万人と一変した。
 東京駅丸の内駅舎(当時は大停車場と呼んだ)の設計は、東京帝国大学工科大学の学長を務め、のち建築事務所を創設した、当代随一の建築師と言われた辰野金吾博士に委託された。
 辰野博士は、時の鉄道院総裁江藤新平の「大国ロシアに勝った日本にふさわしい大きな停車場を作れ」との意を受け、ヨーロッパを視察、いくつかの駅を参考にヨーロッパ風の設計にかかり、コンクリートの下地に赤煉瓦を張り付けた3階建、両翼に八角のドーム屋根を配した巨大な駅舎を提示した。明治39年12月のことである。
 このデザインは「大風呂敷」と綽名された後藤新平の眼鏡にかなうもので、工事は明治41年3月、基礎工事に着工。大停車場の建設も明治天皇没後の大正3年12月に竣工した。
 三菱が原と呼ばれた原っぱに、左右323mという東洋一の駅舎が忽然と出現し、東京駅と命名された。荒涼とした原っぱに突然出現した東京駅は、江戸ッ子(東京っ子)の目を釘づけにした。
 中央には皇室専用の通路が設けられている。大正12年9月1日の関東大震災で、東海道線の起点だった初代新橋駅(汐留貨物駅)は消滅したが、開業年を迎えていた東京駅はほとんど無傷だった。ホームの一部が損傷したものの、赤煉瓦の巨大な駅舎はびくともしなかった。辰野金吾の設計がいかに優れていたか、また工事がいかに入念に行われていたかが証明された。辰野金吾博士の設計は、日本銀行本店(重要文化財)、国技館(のち日大講堂・現存しない)、大阪市中央公会堂(重要文化財)など多数。
 東京駅丸の内駅舎保存・復元工事は述べ5年半をかけ、2012年10月に完成した。
 復元にあたって掲げられた基本理念は、「未来へ継承すべき貴重な歴史的建造物として、残存している建物を可能な限り保存するとともに、創建時の姿へ復元する」ことである。特に南北に位置するドームの内部上層や外観は、創建時のデザインを可能な限り忠実に復元された。
 辰野金吾は、嘉永7年(1854年)8月20日、肥後唐津城下町に藩士姫松倉右衛門の次男として生を受けた。藩士の最下級に近い身分の金吾は、江戸詰めの叔父辰野宗安の養子にとなった。金吾は、野辺栄輔の塾で塾頭に進み、次いで藩の志道館に入塾し、一年間漢学を学んでいる。明治維新が起こり、辰野の身に大きな変動が訪れた。辰野と同年生まれの高橋是清との出会いである。明治3年に唐津藩が新設した「耐恒療」に入校し、漢学から洋学への大転換である。この学校に英語教師として招かれた東太郎という人物が、のちの高橋是清である。

 フランス文学者で東京帝国大学教授の辰野隆は、金吾の長男である。金吾は大の相撲好きで、中学時代隆を相撲部屋に入門させている。隆は1850年から終生、横綱審議議員となっている



 
 75(「ぬかる道」2015年9月号)
 
男の交差点(75)

かたづの

 中島 久光

 私は岩手県の花巻市の生まれの花巻育ち。現在生家は無いが、菩提寺とお墓は花巻市にある。菩提寺の名前は天巖山宗青寺(そうせいじ)と言う。その山門脇の案内板に次の由来書きがある。
 少し長いが引用する。
 「宗青寺開基である南部政直公は、南部家27代の次男として福岡城(もと九戸城、今の二戸市)に生まれた。(中略)
 花巻城郡代であった北松斎没後、花巻城の城主で和賀・稗貫二郡の管轄をになう人物は余人に代えがたいとして利直の子どもの中で最も年長であった彦九郎政直が選ばれた。(中略)
 ところが、寛永元年(1624)10月23日25歳で急死。その死には、岩崎城代柏山明助が深く関わっている。法名は天巖宗青居士(のち150回忌の折に海潮院殿を追贈)。翌年その菩提を弔うため、法名からとった天巖山宗青寺が御田屋小路に建立されたのが創建の由来である。(以下略)」
 このように、どこにでもあるような由来書きであるが、あまり気にしていなかった。先日、直木賞作家の中島京子氏の「かたづの」を読んだ。私と同じ苗字だし、遠野の殿さまの事を書いた小説とのことだった。その中でびっくりする表現に出合った。
 南部氏27代当主南部利直公が江戸へ上る折り、息子政直公が居城する花巻城に立ち寄る。岩崎城の城代、柏山伊勢守明助を呼び出し、持参の酒を柏山に飲ませようとしたが、断られる。お毒見役として、政直が飲んで見せる。柏山も飲んで二人とも絶命すると言った内容である。
 要するに「武士の一分」のキムタクの役を息子が務めた話である。しかし、南部家を守るためには息子でも殺してしまう戦国武将とは恐ろしいことである。眞田家の様に、家を残すために親子が西軍東軍に分かれて関ヶ原を戦った例もある。
 それにしても、菩提寺の由来書きは事実関係を少し曖昧にし過ぎていると思うがどうだろう。親による子殺しが寺の由緒ではまずいと思ったのであろうか?
 話は代わるが、花巻地方では、お墓は跡を継いだ長男一家の者が入れることになっており、次男や三男は別のお墓を作って入ることになっている。私は次男なのでこの菩提寺にある中島家のお墓に入ることはできない。法ではお墓の継承者が認めれば入ってもいいと言っているとテレビ番組で聞いたことがある。
 花巻のお墓に入れたとしても、私の子供(娘)は二人とも結婚して柏市に住んで居るのでわざわざ花巻までお墓参りに来るのも大変だし、孫の代になると草ぼうぼうとなりそうな気がする。空き家とお墓の問題はなかなか解決が着かない気がする。


 
 74(「ぬかる道」2015年8月号)
 
男の交差点(74)

世界で初めて空を飛んだ男

 江崎 紫峰

 【1】プロローグ
 異常気象、凶作、飢餓、疫病、火山爆発、一揆頻発と厄災ばかりが続いた暗黒の天明期(1780~1788年)は、なぜか平成の今の世に近似していると考えるのは筆者だけであろうか。この天明期に一条の羽を頼りに寂光の空を駆け抜けてみせた男が備前岡山(現岡山県玉野市八浜)に居たということを皆さんはご存じであろうか。
 津山藩士・小島楽天の『寓居雑記』(1822年)には次のような一節が見られる。「私が身を寄せている岡山の家の向かいに、表具師の弥作という者が住んでいた。彼の実兄で周吾という者が、先年細工をこらして羽を作り、京橋の欄干から飛び始めた。旭川の河原に降りたところを役人に捕えられ牢屋送りとなった。周吾が羽を作り始めたきっかけは、雀を一羽つかまえて秤にかけ、羽と胴体の重さの比を考えたことからだという。~~~」
 昭和に入り初代備前屋幸吉の生涯を明らかにしようと試みた人物が二人いる。一人は旧陸軍歩兵大佐の竹内正虎であり、もう一人は玉野市文化財保護委員長として市史編纂を担った玉野市生まれの伊東忠志である。そして、その子息の伊東康郎が昭和39年に静岡県の旧見附の宿、見附備前屋の檀那寺である大見寺で墓碑に書かれた初代幸吉の戒名と過去帳を見つけている。 蛇足ではあるが、筆者の母はこの伊東家(の分家)の出身である。

【2】鳥人幸吉物語
 鳥人幸吉は備前八浜の生まれで、1785年29歳の夏に岡山の旭川の河原で世界で初めて空を飛んだ男である。リリエンタールがグライダーで空を飛んだのは1891年、ライト兄弟が動力飛行機で空を飛んだのは1903年、それよりも100年以上も前の快挙である。
 当時は天明の大飢饉のときであり、天下を騒がす不届者として岡山を所払いになった。静岡では入れ歯技師として生計をたて成功したが、再度空を飛ぶ誘惑に負けて大凧を作り、それに乗って安倍川上空に舞い上がり駿府城を見下ろした。案の定再び所払いになって現磐田市見付で暮らすようになり、1847年91歳で亡くなった。墓は見付の大見寺にある。

【3】鳥人幸吉顕彰活動(1)
 私が鳥人幸吉に関わり始めたのは1990年代当初である。中学の同期(当時市議会副議長)が私の職場まで訪ねて来て、宇高連絡船が廃止となり(造船不況とも重なり)町に活気がなくなったので活性化のためにも「鳥人幸吉顕彰活動」を興すから推進者の一人になってほしいと話があった。
 そこで幸吉の功績を称え市民の心の柱となるよう「鳥人幸吉研究会」を立ち上げ私は副会長を引き受けた。そして、元宝塚指揮者に太鼓曲「飛翔」や合唱曲「表具師幸吉空を飛ぶ」を作曲して頂き市民に披露したり、紙飛行機競技をしている友人に頼み「鳥人幸吉紙飛行機大会」を推進して頂いた。
また、岡山城400年祭りの時には旧藩主の池田家当主より
「所払い解除令」を発行してもらい、大見寺の幸吉の骨を八浜に
分骨した。
【4】エピソード
今回伊勢志摩におけるサミットが決まったが、これは沖縄サ
ミットが決まり準備していた時の話。当時はまだ小渕総理が健在
で国民の声を聞く「ブッチホン」が流行っていた。そこで、私は
知り合いの代議士を通して「サミットの余興で沖縄出身歌手の歌
や腹話術を披露するのはそれなりに有意義であるが、日本にはリ
リエンタールやライト兄弟に先駆けて世界で初めて空を飛んだ男
がいる。この男の話は雑誌『ニュートン』にも掲載された。世界
から集まる各国の首脳に対して、この日本の歴史を紹介すること
は意義のあることである」と小渕事務所に伝えてもらった。
 しかしながら、後日小渕事務所から職場に電話があり、「江崎さんのご提案は非常に面白いお話ではありますが検討の結果、不採用となりました」と返事があった。サミット終了後しばらくして行ったサミット会場で、半分情けない残念な気持ちが込み上げたことを今でも覚えている。

【5】顕彰活動(2)
 今も玉野市と磐田市の交流活動は活発であるが、私も独自企画を立て交流会を実行したことがある。
 私は玉野高校同窓会の関東支部の世話役をやっているので、関東地区のメンバーを募って磐田に行ったことがある。大見寺を訪問し磐田の顕彰会の皆さんとお会いし、幸吉の墓前での大鐘住職(顕彰会会長)の読経から交流会を開始したが、地元テレビ局や新聞社から取材に見えておりびっくりした。 室内に入ってからは、磐田市長からは「幸吉を縁にいずれは姉妹都市に」と歓迎の挨拶を頂く。私は玉野市長から預かって来たメッセージを代読した。
 その後、市内の関係先を回ったが、旧見附小学校を見学した際には、幸吉の業績に触れた尋常小学校の教科書が展示してあった。また磐田スタジアムではサッカーの試合を観戦した。

【6】私の夢
 幸吉の業績を日本中の人にもっと知ってもらうために故里に幸吉博物館を作ることが私の夢である。友人がアメリカでの紙飛行機世界大会に出場した際、スミソニアン航空博物館副館長に幸吉のことを伝え幸吉コーナーの新設を要請してもらったが、当然のことではあるがまだ実現していない。私の夢はいつ実現するかわからないが、諦めない限り私の夢は実現に向け今も進行中である。

 
 
 73(「ぬかる道」2015年8月号)
 
男の交差点(73)

痛みを表すオノマトペ

 川名 信政

 川柳では「オノマトペ」(仏語)という言葉をよく耳にしますが、これは日本語では、事物の様子を音声的な印象に移して表現する一種で「声喩」と言われています。「声喩」は「擬音(声)語」と「擬態語に大別され、「擬音(声)語」は物が発する音や声を真似て字句で描写した語句のことで、物がぶつかる「ドカーン」、川の流れ「サラサラ」犬の鳴き声「ワンワン」等があります。
 一方「擬態語」は状態や心情など音のしないものを音によって表わす言葉で、表面の滑らかさ「ツルツル」、笑い顔「ニヤニヤ」や心根「デレデレ」等があります。
 オノマトペの大部分は五感によるもので、各人に感受性の違いはあるものの、同じ音を聴き、また同じ物を触ることや同じ状態に接すれば、表現をほぼ共有できるように思います。しかし小さな子供に教え難いものに痛みを表すオノマトペがあります。否大人に対してもそうだと思います。痛みの表現が当を得ているかどうか? 確信を持つことは出来ません。それはその人の痛みがどんなものなのか想像するしかないので、その痛みの表現を共有することが出来ないのだと思います。
 痛みを表わすオノマトペには「ガンガン」「ズキンズキン」「ズキズキ」「キリキリ」「ピリピリ」「シクシク」等があります。
夫々が痛みの強さ、部位あるいは鈍いか鋭いか等によって使い分けられているようです。果たして自分が感じているこの痛みは「ガンガン」の表現で良いのか、あるいは「ズキズキ」がより正確なのか? 難しいところです。ある統計では医者に痛みを伝えるのに、オノマトペを活用している人は約83%いる一方、痛みを正しく伝えられなかったと思っている人も約75%に上るという結果が得られたということです。
 医者は 「症状や病気の場所を特定する手助けにはなるが、患者が発する痛みの表現だけで判断することはない」とのことのようです。説明に自信の無い人にとってはひと安心です。
 川柳は「発見」(見付け)と表現が重要だと言われていますが、こと痛みに対する表現は自信が持てないからこそ、無難な表現が良いようです。
 最後に オノマトペといえども感じたことを表現するのには、表現語句が幼児期や成長過程等で教えられてきての表現であることは知っておくべきことだと思います。
 端的な例としては動物の鳴き声について日本では「ワンワン」「ニャオニャオ」「コケコッコー」「ヒヒン」「モー」に対してアメリカでは「バウワウ」「ミャオミャオ」「コッカドゥルドゥー」「「ネーイ」と表現されているとのことです。さて夫々は何の動物でしょうか?
 
 
 
 72(「ぬかる道」2015年7月号)
 
男の交差点(72)

歳三の俳句(その2)
 抜粋・「豊玉発句集」全評釈
土方歳三の俳句 複本一郎

 老沼 正一

 新選組の副長とし幕末の京で活躍し、明治二年(1869)の箱館政権で陸軍奉行並として五月十一日に三五歳で戦死した土方歳三に一冊の句集が残されていた。その作品は、我々が歳三に抱いているイメージを少なからず払拭してくれる。それが楽しい。 「豊玉発句集」を繙いて順番に見ていくことにしたい。以下いくつかの句を抜粋して楽しみます。

 さしむかふ心は清き水かがみ    豊
「豊玉発句集」巻頭の一句。この一句だけ独立して書かれている。近藤勇の道場江戸試衛館で天然理心流の剣術を学んだ歳三が、将軍家茂上洛警護を目的として募集された浪士組に応募するに当たっての決意の作品とみる。

 裏表なきは君子の扇かな豊         玉
この句には「扇」という和歌以来の季題が入っている。蝶夢編、寛政五年(1793)刊の「新類題発句集」には、すでに此川(しせん)なる俳人の(裏表なくて涼しき団扇哉)の先行句が見える。自ら「君子」たることを目標としての一句と見てよいであろう。

 願うことあるかもしらず火取虫       玉
「火取虫」は、灯火に寄ってきて灯油の中に落ちて死ぬ虫のことであり、夏の季題。「蛾」を「ひとりむし」と訓ませるように、一般的には蛾のイメージ。「武士たろうとした」歳三の自己投影の句と読みたい。死を賭しての「武士」たることへの願いである。

 しれば迷いしなければ迷はぬ恋の道    玉
無季の句。「恋」の句は芭蕉が無季の句の範疇として許容している。がこの句はどう贔屓目に見てもどうしょうもなく下手。理屈の句で救い様がない。歳三自身も未練を残しつつも見せ消し(もとの文字が見える方法で消去すること)にして抹消している。

 春の草五色までは覚えけり
俳諧を趣味とする歳三であってみれば、自然と草々に関心が向けられるのである。そして一つ一つ覚えようと努めたのであろう。
素朴ではあるが、厭味のない作品である。

  玉川の鮎つり来るやひがんかな     玉
 実体験を作品としたが、俳句作品としてはだめ。間の悪いことに殺生禁止の彼岸の理屈の句。さらに「や」と「かな」と切れ字が二つ入ってしまっている。

  来た人にもらひあくびや春の雨
 滑稽の佳句。「春の雨」の「本意」の一つに「つくづくとのどかにふる心をよむ」兼良(和歌題材抄)があるがそんなイメージを「もらひあくび」なる措辞で見事に形象化し得ている。「もらひあくび」なる言葉のはやい用例としても注目される。
※「や」を「の」にすると川柳になるかな。

  朝雪の盛りをしらず伝馬町
 最初「盛りを」とし、次に「盛りも」とし再び「盛りを」と改めている。「伝馬町」は江戸屈指の問屋街。その賑やかな様子を「朝雪」によって形象化したものであるが、理屈の句。朝雪が積もるほど降ったのであるが、伝馬町は人の往来が激しいのであっという間に消えてしまって、雪が降ったのが嘘のようだという。武州多摩の歳三は弘化元年(1844)、十一歳の時に上野の伊藤松坂屋へ奉公に出ているが、伝馬町の賑わいにはびっくりさせられたことであろう。
※歳三は、ふる雪の白きをみせぬ日本橋の句を知っていたのだ
ろうか?

  梅の花咲ける日だけにさいて散る
 巻軸、すなわち一番最後の句であり、巻頭の「さしむかふ心は清き水かがみ」に呼応して歳三の心境を吐露している作品と見るのがよいであろう。『豊玉発句集』をまとめたその日に作ったものではあるまいか。すなわち、武州多摩の農家の四男坊の歳三が上洛を前に、浪士組に入る決意を白梅の清楚さ、潔さに託して詠んだもののように思われる。「現実の武士以上に武士たろう」としている歳三、そのためには死をも厭わない歳三である。
 なお、明治二年(1869)五月十一日の土方歳三の指揮中の被弾による死は、京都以来の新選組隊士安富才助によって五月十二日付書簡で日野の土方家(土方隼人)に伝えられたがその末尾に、
  隊長討死せられければ早き瀬に力足りぬか下り鮎
と記されている。この句、従来、安富才助の追悼句と見られていたが、追悼句としては、「力足らぬか下り鮎」なる表現は、死者に対して礼を欠いたもの。死を覚悟していた歳三が前以って作っておいた辞世の句と見るのがよいように思われる。「下り鮎」は「落鮎」「錆鮎」ともいい秋の季題である。前年(明治元年)の秋の作であろう。五年前の文久三年(1863)に作った「梅の花咲ける日だけにさいて散る」の一句が歳三の脳裏を過ぎ去ったことであろう。※辞世の句に納得。
       KAWADE夢ムック文芸別冊、
       土方歳三新選組の組織者増補新版
       新選組150年河出書房新社を参考にした。
※ 忘れ物
1.武州多摩は徳川将軍直轄地。われわれは将軍様の御百姓。
2.「脱亜入欧」京都より江戸が最高適地。家康の開拓の先見性。
3.長州(山口県)出身の先輩の話し。ご幼少の頃、以下2点の教育を受けた由。
  新瀬組は人殺しの集団。
  年賀のあいさつ「殿もうそろそろ」「いや未だじゃ」
4.広田の処刑は十二月二三日。この同じ日、広田と同期の吉田茂は国会を解散した。総選挙では吉田の党の大勝が約束されていた。その選挙はまた、新憲法公布下の最初の総選挙である。
「日本を滅ぼした長州の憲法」の終息を告げる総選挙でも
あった。城山三郎『落日燃ゆ』新潮文庫から引用
5・下町の輝きをもつ白木屋は好きだった百貨店のひとつ。日
本の婦人史にはその名が残っている筈。(白木屋の火災事故
関連・下着)
6.明治維新明治三年頃毛利の殿様が、わしはいつ頃将軍
になるのかと問うたそうです。山口県出身の方の話。半信
半疑だがメモった。将軍の魅力に負けたのかな?
(2014・3・3 NHKラジオDJ日本史より)
※ 参考書
 子母澤寛     新選組三部作 中公文庫
               (物語、遺聞、始末記)
 司馬遼太郎    新選組血風録中公文庫
           燃えよ剣上下新潮文庫
           幕末維新朝日文庫
 池波正太郎    幕末新選組文春文庫
           定本池波正太郎講談社
           第8巻近藤勇白書
 中津攸子     下総歴史人物伝 崙書房出版
 松下邦夫     松戸の歴史案内 郷土史出版
 城山三郎     落日燃ゆ 新潮文庫
 複本一郎    『豊玉発句集』全評釈土方歳三の俳句
          KAWADE夢ムック文芸別冊
          土方歳三新選組の組織者 河出書房新社


 
 71(「ぬかる道」2015年5月号)
 
男の交差点(71)

有機LEDで 線光源から面光源へ

 折原あつじ

 我孫子に転居し、かれこれ40年になる。現在住んでいる青山台地区の世帯数は、1,041戸。三月の青山台自治会報に、「街路灯を水銀灯からLED灯へ全面交換、追加新設工事が、昨年7月完了」と掲載された。街路灯のLED灯への交換により、夜間の街路が、LED照明により照度も増し、防犯・防災に貢献しているようだ。
 エジソンが木綿糸からつくった炭素線を用いて、初めて電球の実用化に成功したのが1879年(明治12年)。当時、日本産の竹(マダケ稈の繊維束)が炭素線の材料として用いられていたようだ。その後、フィラメントという金属に電流を流すことで発光する自然光に近い白熱電球(点光源)が普及したが、白熱電球は①照らす範囲が狭い②電力使用量が大きい③発熱が多いなどで、現在ほとんどのメーカーが製造を中止している。
 そして徐々に、白熱電球から省エネルギーの蛍光灯(線光源)に移行した。蛍光灯は放電灯の一種で、水銀蒸気中の放電によって生ずる紫外線をガラス管内に塗った蛍光体で可視光線にして照明するもので、省エネではあるが、有害物質の水銀を使用するという負の側面を抱いている。
 蛍光灯は、1939年(昭和14年)東京芝浦電気が日本で初めて蛍光ランプの試作に成功し、翌年、紀元二六〇〇年記念事業の法隆寺金堂壁画模写事業で試作品が採用され、日本で初めて蛍光ランプが実用に使われた。
 蛍光灯は、サークラインや電球型など居住空間に気に入られるようにと変身したが、いま有機EL照明が次第に増加しつつある。有機ELは、有機化合物に電圧を加えるとほとんど熱を出さずに発光し①照らす範囲が広い(面光源)②省エネ③発熱が少ない④薄くて軽い⑤フレキシブルである(プラスチック板の場合)⑥環境に優しいなど居住空間、オフィス、装飾照明、車内照明、POP照明などへの活用が期待されている。
 いま家庭向けに電球型の蛍光灯やLED電球への移行が進んでいる。

 現在、有機EL開発を進めている会社は、米GE社、パナソニック電工、コニカミノルタ、独OSRAM社、ルミオテック社(三菱重工、ローム、トッパン印刷、木戸淳二山形大学教授の共同出資会社)などがあり調査会社の富士経済は、有機EL照明の世界市場規模は、2015年に五千億円以上、2020年には一兆四千億円になると予想している。発光ダイオード(LED)の応用分野は、このようにかなり広範囲に及んでいる。

光通信
現代の高速通信とコンピュータを支えているのはLED。サーバ内通信から家庭への通信までLEDを使った光ケーブルで行なっている。周波数の高い青色発光ダイオードを使うことにより、簡単に通信容量を2倍にすることができる。

信号機
 省エネルギーで耐久性が高く、従来の白熱電球にカラーレンズを組み合わせて色を表現していたものとは違い、反射を最小限に抑えるため、クリアレンズを採用している。太陽の反射光であたかも点灯しているかのような錯覚を見手に感じさせる疑似点灯現象が防止され、太陽光などの影響を受けにくいとされている。

大型ビジョン
 従来、大型ビジョンの発光素子にはCRTやVFDの光の三原色素子が利用されていたが、青色LEDの進歩によりLEDが使用されるようになった。他の方式に比べコストや輝度が優れており普及が進んでいる。 

看板
 店頭看板などでも、従来のFL蛍光管などに代わりLEDモジュールなどのLED製品の普及が進んでいる。看板・サインのサイズの大小化や軽量化とともに故障が少なくコストに優れている。

各種照明
省エネ・高輝度で長寿命の白色LEDの開発に伴い、電球に代わり新しい屋内・屋外照明材料としてLED照明が期待されている。デザインや光色なども調節できるため、自由度の高い照明が可能になる。懐中電灯、乗用車用ランプ、電球型照明、スポットライト、常夜灯、サイド照明、街路灯、道路照明灯などの製品が次々登場している。

 先進国の人口の減少と高齢化についてしきりに論じられるが、高齢の人が
、今後どのような暮らしを送られるかといった生活の質の変化(退化)を推測するのは誠に難しい。
 歳を重ねて身体が衰えてゆくのは仕方ないが、せめて精神だけは若さを保ちたいものだ。
 
 70(「ぬかる道」2015年4月号)
 
男の交差点(70)

富岡製糸工場

 中島 久光

 昨年世界遺産となった「富岡製糸場」。お目出度いことなのだが、何か違和感がある。中学校か高等学校の時に「富岡製糸工(とみおかせいしこうじょう)と習った記憶があるので、ついつい富岡製糸工場と言ってしまう。
私が大学生の時代に母が買った昭和41年発行の中央公論社の「日本の歴史」を取り出してみたところ、第20巻「明治維新」の249頁のカットの説明に「富岡製糸工場」とあったので安心した。
 ネットで調べたところ正しくは「富岡製糸場」であり、「富岡製糸工場」は誤りとあった。いつからそうなったのかは何も書いていないので詳しくは分からないが、納得はできないものの致し方ない。
 同じように「柳条」も「柳条」と覚えていたが、これは広辞苑第四版では『りゅうじょうこじけん【柳条湖事件】満州事変の発端となった事件。1931年9月18日夜、関東軍は参謀石原莞爾中佐らの謀略計画により柳条湖で満鉄線路を爆破し、中国軍のしわざと偽り、攻撃を開始。事件の地名として伝えられた柳条溝は誤りで、無関係の場所。』と記されていたので納得した。これも、「日本の歴史」第24巻「ファシズムへの道」の329頁のカットの説明に「柳条溝事件の現場」となっていた。
 この「日本の歴史」も内容が古くなったし、近頃はやりの断捨離で古本屋へ一冊持って行って買ってくれるか聞いたところ、同一の本が沢山出回っているので引き取れないと言われてしまった。
 仕方なくそのままにしていたところ、こんなところで役に立つことになり、処分するのは暫くあとにしようと思った。
 このように、いつの間にか変わったことが報道では通り一遍で報じられるので見逃すこともある。「東パキスタン」が「バングラデシュ」に変わったのも暫く知らなかった。広辞苑を開いたところ、1971年にパキスタンから分離独立したとあり、その頃は入社4年目位で世界情勢どころでなく日々の生活に明け暮れていたせいでもあった。
 「ビルマ」も「ミヤンマー」となったが「ビルマの竪琴」は「ミヤンマーの竪琴」とはならないし、「べニス」は英語読みで現地の言葉では「ヴェネツィア」であるが、「ベニスの商人」を「ヴェネツィアの商人」とは言わない。後世の人々が名作を読む場合は架空の地名と思わないことを念じたい。
 少し前に、π(パイ)を「3・14」でなく「3」として教えたことがあるが、そう教えられた子供たちはいつまでもそう思う懸念があるので、何とか手当をする必要がある。
 以上のことに限らず何時の間にか、知っていることが知らないうちに変更されていることに少し恐怖を覚える昨今である。
 
 69(「ぬかる道」2015年3月号)
 
男の交差点(69)

水戸藩と岡山藩の裏面史

 江崎 紫峰

 □ 水戸藩のここだけの話
(1)水戸黄門で知られる徳川光圀は、水戸藩初代藩主徳川頼房の第3子として生まれた。本来は兄の頼重が2代藩主となるところだったが何故か下館藩主に追い出され、寛永19年(1642)に東讃岐国12万石の城主となった。そして、光圀が寛文元年(1661)に水戸藩2代藩主となった。
 ここまでは茨城県民は既知のことであるが、以下に私自身高松に行って初めて知ったことを披露する。光圀は自分の子供を頼重の養子とし、2代城主松平頼常として高松に送り込んでいる。一方で、頼重の子供を自分の養子として水戸藩第3代藩主として取り立てた。以降頼重の系統が水戸藩主を継ぐこととなる。このことが縁で今では水戸市と高松市は姉妹都市縁組みをしている。
(2)かって長く「水戸黄門」がテレビ放映されていたが、松下電器産業(現パナソニック)が放映当初からなぜ一社でスポンサーを務めて来たか、皆さんはご存知だろうか。これは松下の幹部も知らなかった秘話である。
 ことの発端は「桜田門外の変」にある。実は変を起こした水戸浪士のうち二人が京都御所に申し開きをしようと京に向かったが、願い叶わず大阪の四天王寺近辺の某侍屋敷で切腹し、亡骸が四天王寺に葬られた。(その墓は現存しており私も現地で確認済み)
 ある時、水戸徳川家のお世話をしていた三木慶次郎氏がその墓を訪れた時、ちょうど松下幸之助(1894~1989)青年と四天王寺の境内で出会った。幸之助は境内であの有名な二股ソケットを売っていて、自らの志を三木氏に語った。その志に感銘した三木氏は自分の田畑を売り払い支援した。このことがあり、松下幸之助は「水戸黄門」放映時にスポンサーが見つからないことを知り、自社一社でスポンサーになることを申し出たそうである。

□ 岡山藩のここだけの話
城下町岡山の基礎をつくったのは宇喜多直家だが、直家の死後家督を継いだ宇喜多秀家(1573~1655)は備中高松城の水攻めに協力し、その後秀吉の天下取りの戦いに数々の戦功をあげ57万4千石の大大名になった。そして、秀吉の末期に徳川家康や前田利家らと共に五大老の一人になったが、1600年の関ヶ原の戦いに敗れ八丈島に流された。
 私は「おかやま観光特使」と「玉野ふるさと大使」を務めており、その関係で八丈島に眠る宇喜多秀家の墓参りをしたことがあるが、以下はその時に聞いた話の一部である。秀家は前田利家の娘、豪姫と男児ふたりを設けていたが、島流しには豪姫は同行を許されず1634年歳の生涯を閉じた。彼女の遺言により、前田家より明治維新まで金銭や米などの生活必需品が届けられたという。実は秀家は八丈島代官の娘をめとり多くの子孫を残し、宇喜多家は1869(明治2)年に赦免されて7家70人が東京へ戻ってきた。この時前田家では彼らのために屋敷を整え、千両を与えて面倒を見たと伝えられている。明治政府も彼らの生計が立つよう1873年に板橋の約2万坪の土地を与えたそうである。
 
 68(「ぬかる道」2015年2月号)
 
男の交差点(68)

縁結びと縁切り

 川名 信政

 昨年十月五日 高円宮の次女典子さんと出雲大社権宮司の千家国麿さんが結婚された。
 出雲大社はご承知の通り、縁結びの神社として有名で、御祭神は大国主大神です。出雲大社には毎年11月に全国から八百万の神々が集まり、各地には神様が不在になることから、11月は神無月と言い、逆に出雲では神在月と言うようです。因みに総ての神々が不在では困るので、田の神・家の神的な性格を持つ荒神等が留守の神として村や家に留まるということです。フォローは
万全のようです。
 神無月に集まった神々はこれから一年の幽事(神事)を相談。幽事とは男女の縁結びは勿論人生上の諸般の出来事まで全てが、この神議によって決められるとされています。後世特に縁結びの一点が大きく伝えられていったようです。
 以上 出雲大社と縁結びについて、記しましたが、縁結びに対しては当然縁切りというものも存在することになります。縁結びや縁切りをインターネットで検索すると、夫々に関係する神社や寺の名前が出てきます。それらの神社等のブログには縁切りとは悪縁を絶ち良縁に巡り合えるように祈願するとなっています。
「縁切りも縁結びへの第一歩」?
さて 縁結びのメッカのような出雲に縁切りのご利益を求める人が後を絶たない神社があるそうです。それは出雲国三大社の一つ佐太神社の摂社の田村神社と言います。田村神社には大社造りの本殿があり、その北殿(御祭神は大国主大神の孫瓊瓊杵尊)に向かって建っている社が西社(御祭神は木花開耶姫命)といい、縁結び・安産にご利益があると言われています。その西社に背中合わせ建っているのが東社(御祭神は磐長姫命)といい、縁切り・長寿にご利益があると言われています。正に縁結びと縁切りが同じ神社内に、かつ社が背中合わせにあるという、便利なような?、不思議な神社です。
 これには由来があり、瓊瓊杵尊が木花開耶姫命と結婚する際に、姉の磐長姫命も一緒に輿入れをしたが、木花開耶姫命は美人で気に入ったが、磐長姫命は美しくなかったので、すぐ実家へ送り返されてしまったと言われています。そこから西社は「縁結び」、東社は神社にしては珍しい「縁切り」で知られるようになったといいます。
 また、京都市ある安井金毘羅宮には、「縁切り縁結び碑」というものがあるようです。その碑には円形の穴が貫通しています。形代(身代わりのおふだ)に願いごとを書き、そのおふだを持って願い事を念じながら、碑の表から裏へ潜り抜け、悪縁を絶ち、次に同じく願い事を念じながら、碑の表へと潜り出て良縁を結び、最後におふだを碑に貼りつけるというものだそうです。
 縁結びにご利益の有無の話は枚挙に暇がありません。むかし私が、勤務していた所では、茨城県の焼き物で有名なK稲荷神社では、夫婦揃って鳥居を潜ってお参りをすると離婚することになるから、一人は鳥居の外を通った方が良いとか、あそこの神社の宮司は奥さんに逃げられたから縁結びのご利益は無いとか……
 さて あなたはどの神社をお参りされますでしょうか
 
 67(「ぬかる道」2015年1月号)
 
男の交差点(67)

歳三の俳句

 老沼 正一

 松戸市平潟附近を散歩していたとき、ある旅館の案内板に新選組の近藤勇が宿にしたと書かれていたことを思い出し、その旅館を訪ねた。現在はホテルの名前に変わっていた。マネージャーに面会を求め近藤勇の件でお伺いしたとあいさつした。しかしマネージャーも年輩の従業員も皆目わからないと・・・。
20年位前の記憶ではあるが大変残念だった。
 帰途近くの松戸市立図書館本館に立ち寄り、新選組関係の資料図書を借り出し調べた。判明したこと。
     慶応4年4月 幕府は御瓦解。
        4月11日江戸城明け渡し。
          12日慶喜、水戸への途中松戸宿本陣で一泊。
翌13日から14日にかけ、旧幕陸軍奉行大鳥圭介が率いる幕兵2千人が宇都宮日光へ移動する途中、松戸宿小金宿(JR北小金近くに当時の旅籠がある)へ数泊する。
 残念ながら松戸宿小金宿への近藤勇宿泊の記述がない。唯一、司馬遼太郎は松戸宿泊説をとっている。江戸川を渡り流山集結説が大半なので、一度新選組流山隊を尋ねて調査したいと思う。

 上野不忍池附近を筆をなめながら歩いている土方歳三に偶然出会った。ノートらしきもの(句集)の表紙には、「豊玉集」とある。豊は土方の名「義豊」から一字とったものであろう。ところが、この男の気質にも似合わず出来る句はみななよなよとした女性的なものが多いと言われている。この俳句集は、日野の佐藤家で発見され、半紙を十枚ばかり綴じたものである。
 いくつか列挙してみる。
   手のひらを硯にやせん春の山
   菜の花のすだれに昇る朝日かな
   人の世のものともみえぬ梅の花
   春の夜はむつかしからぬ噺かな
   公用に出てゆく道や春の月
   年礼に出てゆく空や鳶凧
   白牡丹月夜月夜に染めてほし
   玉川に鮎つり来るやひがんかな
   しれば迷いしなければ迷わぬ恋の道
 この、しれば迷いの句はどうしたわけか縦に三本すうっと墨を引いて消してある。まだ江戸にいるときの句か京都へ来てからのものかははっきりしないが、玉川の句は江戸に居たときの句と思われる。公用に出てゆく、は京都の新選組時代のものであろう。
 江戸で通じた女が、京都の九条家に仕えていることを知ってにわかに恋慕のようなものが突きあげてきて作った京都時代の句と思われるのが、
   しれば迷いしなければ迷わぬ恋の道   でしょう。
 新選組の幹部隊士は本部(壬生屋敷)に寝泊まりしているが、局長はじめ幹部等は休憩所と称して別宅を持ち女を囲っていた。しかし、土方歳三には、そのような気配も見せず新選組の行く末を日夜考えている重要ブレーンであった。

 京女にも馴染めず、突然、江戸女それも初恋の人と思われる女が現われたので、歳三の心は散り散りに張り裂けんばかりではなかったか…。その時の心情を五・七・五にまとめたものか? 歳三のような環境にはもちろんないが、初恋を何度でもしたい男としては納得の句である。
   初恋の人はいつでも白い色
                時実 新子選

 下谷上野広小路に歳三の姿がある。東軍西軍の争いを恐れたの商家はみな大戸を下ろしている。歳三は11のとき江戸へ出てここ下谷上野広小路のいとう松坂屋へ丁稚奉公したが、一年とはもたず11の子供が夜道の九里を歩いて村へ帰った。その後もあちこち奉公したが長くは続かなかった。その後は家伝の「石田散薬」という骨折打身の妙薬をもって行商へ行き、先々の道場で剣
術の稽古もした。この薬は各地の道場ではよくきくと好評だった。
「石田散薬」の御陰で剣術も上達したことが新選組加入後も多い
に役立った。

 「ところで歳三さん、いとう松坂屋と京都の大丸が経営統合さ
れたことを御存じですか?」
 「そのようなことはわしは知らん!」
 「今は、Jフロントリティングの元で統合経営されています」
 「・・・」
 「新選組の制服は、たしか京都の大丸呉服店で作られたとか。」
 「さよう、資金不足で芹沢が豪商鴻池を脅し金二百両を奪いとった。会津藩が乱暴は困ると言っていたが、なにあまりにひどい風体の身を見て、二百両は会津藩から鴻池へ返却し争動はおさまった。この金で京都松原の大丸呉服店へユニホームを注文した。『誠』の隊旗は確か高島屋へ注文した筈じゃ」
 「大丸が東京江戸へ進出したことは憶えていますか?」
 「知らん!」
 「まあ聞いて下さい」

 1、広告コピー
  「只今、帰ってまいりました」
 2、迎え入れのお辞儀にクレーム。
1、は江戸時代には大丸呉服店は日本橋で商いをしていたので、このコピーとなった。
2、お辞儀は曲げ過ぎで関東江戸では馴染まずクレーム発生。深くない関東風に変更した。
 日本橋の大丸呉服店はにぎやかな事にぎやかな事からも学んだ。
   ふる雪の白きを見せぬ日本橋
 解説に、当時の日本橋には、三井越後屋(三越)白木屋大丸呉服があり、お客の足で雪もふみつぶされて白さも見えないにぎやかな事にぎやかな事とある。
 白木屋の名は東急の軍門に降り残念ながら姿を消した。

 「歳三さんこれからどちらへ?」
 「ふむ、これは㊙じゃが隊員脱走のための欠員を増やしてから、五衛新田へ屯するつもりじゃ」
 「・・・」
 「会津藩は水戸街道を往く」
 「我が方は敵を欺くため裏水戸街道へ出る」
   ※この為流山へ出たのかなと思う。
 「それでは御武運をお祈りしております」
 江戸川を渡り新選組は流山へ集結。流山での軍議が調わず近藤勇局長一人が越ケ谷の西軍へ出向き平和的交渉をしたが、無残な殺され方をした。歳三は残った部下を引き連れ宇都宮等で戦い会津へ、そして函館で大活躍したが討死した。
   ○ 参考文献
      『新選組三部作』(子母澤寛) 中小文庫
      『新選組血風録』(司馬遼太郎)中小文庫
      『土方歳三新選組の組織者』(復本一郎)河出書房新社
      『松戸の歴史案内』(松下邦夫)郷土史出版
      『下総歴史人物伝』(中津攸子)崙書房出版
 
 66(「ぬかる道」2014年12月号)
 
男の交差点(66)

鎮守の森 明 治 神 宮

 折原あつじ

 代々木の森は、昔から原野で、江戸の街の目印になったほどの大きなモミの木があった。枝張り54m、幹の太さ10.8mの大木だった。この代々木のモミの木から、代々木という地名がついたといわれる。
 江戸にくる旅人の目標にもなり、木に登れば、江戸一円を見渡すことができ、特に江戸城がよく見えたため一般の人は昇ることが禁止されていた。
 幕末、黒船が来航したとき、もっぱら見張り役が登って、望遠鏡で監視していたと伝えられている。

 神宮の森の造営は、明治45年(1912年)7月30日の明治天皇の崩御にさかのぼる。
 鎮座地の候補は、東京府に限らず全国各地から請願や陳情が出され、40か所ほどにのぼったという。
 代々木御料地のほか、陸軍の青山練兵場や戸山学校敷地、白金火薬庫後、青梅町の御嶽山など、東京府以外では、静岡県の富士山麓、茨城県の筑波山、国見山、埼玉県の宝登山、城峯山、朝日山、神奈川県の箱根離宮付近、千葉の国府台など。
 その中から、皇室との縁故も深く、すでに御料地(皇室の所有地)であった現在の場所が選ばれ、隣接する陸軍省の代々木練兵場の土地を一部譲り受けて、合計72.2ヘクタールの土地が、確保された。
 当時の住所は、東京府豊多摩郡代々幡村大字代々木だった。
 代々木練兵場は、草原や畑が多いため、新たな森づくりをしなければならなかった。代々木御料地は、ご祭神に対しては由緒深く、東京市に接し広さも交通の便も申し分ないが、林苑としては必ずしも理想的ではなかった。
 神宮の敷地は、森林帯上の暖帯に属し、もともと広葉樹のふるさとでもある。人手を加えず、永く森林を維持することができ、煙害に強く、さらに神社にふさわしい樹形、林相は常緑広葉樹に落ち着いた。
 ご造営を進める神社祀調査会が大正12年に発足し「樹木は一般市民の献進を仰ぐ」こととし、購入の予算は計上されなかった。
 「明治神宮境内樹木進献取扱方ニ関スル注意事項」を定め、全国の府県に告知、その結果、全国から多くの献木の願いがあった。
 台湾、朝鮮、関東州、樺太の新領土ですら、特産の樹木を選んで採納を希望するものが多かった。(当時、台湾、朝鮮、樺太は日本の植民地、領土だった)許可された献木の総数は、実に9万5千余本に達した。この本数は林苑計画上の所要本数を超過したが、献木出願者の誠意を考えて、出願やその数を制限することはなかった。
 実際に、9万5559本を数えた献木は、種類も非常に多く、日本の樹林に存在するほとんどの樹木を網羅し、その中でも多かったのは、マツ、ヒノキ、サワラ、カシ、シイ、クス、イヌツゲ、サカキなど。
 大正9年(1920年)林苑内の植栽工事がほぼ完了し、南・北・西の各工事も終わって、11月に鎮座歳が執り行われた。全国民の願いであった明治神宮の造営は成り、東京に新しい鎮守の森が生まれた。
 先の戦争では、明治神宮も空襲の被害にあい、御社殿をはじめ重要な建物を焼失したが、この森は焼夷弾にもほとんど延焼しなかった。神宮内の植栽が、火災に強い抵抗力を持つ構造になっていたと思われる。
 森の管理で最大の脅威は風の被害で、台風には過去何度も林苑内の樹木が被害にあっている。

 明治45年(1912年)7月30日、明治天皇崩御翌8月、東京帝国大学法科大学が発行した「法学協会雑誌」に「明治天皇奉悼の辞」が掲載された。この執筆を受けたのは、夏目漱石だった。当時、奉悼の名文として話題になった。慶応3年生まれの漱石は45歳。
 漱石が生まれ育った45年間はそのまま「大君の御世」、「明治」の御世に重なる。「すると夏の暑い盛りに明治天皇が崩御になりました。その時私は明治の精神が天皇に始まって天皇に終わったような気がしました」。漱石が大正3年に発表した「こころ」の一節は、漱石にとって明治天皇の死が、同時に明治という「時代」の死であり、かつその時代の「精神」の死として、逃れることの
できない事件だったことを示している。
 65(「ぬかる道」2014年11月号)
 
男の交差点(65)

要精密検査

 中島 久光

 自覚症状が無くても、健診の結果で数値が基準値に満たなかったり、オーバーしていたりすると無条件に病気と診断をされて、高い薬を処方される。特に糖尿病は沈黙の死神と呼ばれて、後々、動脈硬化を併発したりすると、大変なことになると脅されて止むを得ず従うことになる。
 今は高血圧症と高脂血症、糖尿病の薬を処方されている。それに伴う胃の薬が追加されて、朝5錠、昼1錠、夜5錠を服用している。以前は糖尿の薬は食前の服用でよく忘れたが、今は食後だけとなり飲み忘れは無い。
 先日、ヘモグロビンA1Cが7・0となったので薬を朝1錠から朝夜各1錠に変更されたが、全ての薬代は2900円から2680円と逆に安くなった。
 先日の健診で腹囲を測ったところ、看護師さんが緩く測るので、89センチと言われたので「そんなことは無い。私が測ると81センチぐらいだ。」と言ったら測り直したが、85センチにされて、目出度く「メタボ」と診断された。
 前立腺癌の検診も慫慂されたので受けたところ、SPA値が異常なしが2・0以下、3・0~3・9は要再検査、4・0以上は要精密検査という基準であるが、私の数値は4・4もあり、要精密検査となり、大きな病院で受診するように促され岩手県立中央病院で精密検査を受けることとなった。
 予約九時と言われたが、交通渋滞のためぎりぎりに病院に着いた。受付を済ませたがなかなか音沙汰がない。受付のカウンターを見たところ、本日の予約者数60とあった。尿意を催したので済ました途端、採尿をしてくれと言われて困ったが何とか採尿した。
 一時間ほどしてまた尿意がまたあったので、受付の女性に話したところ、尿を調べることがあるのでもう少し待ってほしいと言われた。とても我慢できないが何とか持ち応えた。そのあと採血があり、そのあとにエコー検査があるので尿意が有ったら申し出るように言われて、ただ尿意の来るのを待った。尿意が来たので申し出たところ、先生が別の患者を診ているので少し我慢をしてくれときた。
 結果、数値は3・965となり4・0を下回った。尿に黴菌も無いので何故4・0以上の数値になったか分からないが、はっきり調べるなら細胞を採って診ないと分からない。一日の入院が必要であるし痛い手術であると言われたので、3ヵ月後の再検査と言う事にして貰った。
 医師の診断が終わったのは、一時半であり、4時間半も掛ったことになる。医師も看護師も受付の女性もこれから昼食であろう。
 隣にいた人は七時に来たと言っていたので、それよりは良かったかなと自分に納得をさせたが3か月後が思いやられる。

 
 64(「ぬかる道」2014年10月号)
 
男の交差点(64)

茨城県初めて物語

 江崎 紫峰

 茨城県は47都道府県の中で最も認識度の低い県と言われている。私は1980年につくば市に移転して来た新住民であるが、最下位とは情けないので「茨城PR大使」を買って出て、茨城県が最初(最古)のもの(こと)を調べて皆様に紹介する。先ずはその前段として茨城県(常陸国)の概史から。
 茨城県(常陸国)は旧石器時代(約2万年前)から人々が暮らし始め、数多の遺跡や古墳が残されている。古代から物産の豊富な「常世の国」とされ、東北地方への交通の要衝であった。10世紀に入り、下総を本拠とする平将門が常陸国を舞台に活躍し、今では神田明神に神様として祀られている。
 中世では小田氏、佐竹氏、結城氏などが活躍したが、1590年の小田原合戦後は佐竹氏が豊臣秀吉から常陸一国の所領を安堵され、居城を太田城から水戸城に移し勢力を伸ばした。
 なお、関ケ原の戦い後、佐竹氏が秋田に移封され、徳川頼房が水戸に入り水戸徳川家ができた以降の歴史は皆様ご存知の通りである。

 ◎ラーメンを最初に食べたのは黄門様

 長崎に亡命していた明国の儒者・朱舜水を江戸小石川の上屋敷に招いて光圀が手製のうどんでもてなした(1665年)。この返礼の宴で朱舜水は明伝来の麺を振る舞ったという。豚のもも肉を塩漬けにしたハムでスープをとり、小麦粉にレンコンの澱粉を混ぜ平打ちした麺が入っていたそうである。地元では平成5年に「水戸藩らーめん」として再現し、一般に供している。

 ◎うな丼は牛久沼で誕生した
 江戸の商人・大久保今助(現常陸太田市出身)が国元へ帰る途中、牛久沼に出た。そして牛久沼の船着き場の茶屋で鰻の蒲焼とご飯を頼んだが、舟が出るというので慌ててご飯の入った茶碗に鰻の載った皿で蓋をして舟に乗った。対岸に着いて食べたところタレがご飯にしみこんで大層旨かった。そこで江戸の中村座で重箱にご飯を盛り、鰻の蒲焼を載せて売り出したところ大層評判を呼び、やがて庶民の間に「うな丼」として広まった。

 ◎あんぱんを考案したのは牛久の木村安兵衛
 木村安兵衛は明治維新で武士を廃業し、明治2年に新橋に出てパン屋を開業したが、火事に遭い銀座に移り、息子の英三郎とともに試行錯誤の結果、ついにあんぱんを完成させた。そして明治8年に明治天皇に献上したところ大層お喜びになり宮中御用達となり、あんぱん人気が一気に高まった。このあんぱんが現在の木村屋総本店に継承されている。

 ◎牛久シャトーで国産ワイン第一号が生まれた
 明治15年、電気ブランで名をなした浅草の神谷伝兵衛は、明治31年にボルドー産のブドウの苗木6000本を牛久の地に移植し、明治16年に「シャトーカミヤ」(通称牛久シャトー)を建設し、本格的な国産ワイン第一号を誕生させた。私が現つくば市に移って来た頃には牛久シャトーの前に立派なブドウ園がまだ存在していた。

 ◎常陸太田市に日本最古の地層がある
 従来日本最古の地層は飛騨山脈で発見された地層(約4億8千万年前~4億4千万年前)と言われてきたが、平成32年に茨城大学の研究チームが常陸太田市の地層が約5億1千万年前のものであることを確認した。
 田切チームリーダーの話によれば、茨城県内には古生代の地層が30平方㎞に及んでおり、日本列島の始まりは茨城であったと言えるかもしれないとのこと。なお、現在分かっている世界最古の地層はオーストラリアとグリーンランドにあるもので約40億年前のもの。因みに地球誕生は46億年前である。

 以下紙面の関係で項目のみ記す。
・陸平(おかだいら)貝塚の発掘(明治12年)が日本考古学の原点。
・製塩土器が広畑貝塚(縄文時代の貝塚)から発見されている。
・衛星通信発祥の地は、現日立市のKDD茨城宇宙通信実験所。
 昭和38年11月23日、ケネディ大統領の暗殺報道を受信。
・日本で最初のホームページを発信したのは平成4年9月3日で、つくば市にある文部省(当時)高エネルギー物理学研究所

  [出典]
 ・石塚眞編著『茨城県謎解き散歩』2012年、新人物往来社
 ・県民学研究会編『思わず人に話したくなる茨城学』2013年、洋泉社
 ・山本博文監修『あなたの知らない茨城県の歴史』2012年、洋泉社

 
 62(「ぬかる道」2014年月号)
 
男の交差点(63)

川柳講座の一事例

 川名 信政

 松戸市には公民館(現生涯学習推進課)が主催した講座の受講生が作ったサークルに対して毎年、講座等開催の意思の有無が確認され、その意思があれば企画書の提出が求められる。
 企画が採用されると、公民館の支援による『市民自主企画講座』として、市の広報に参加者募集の掲示と公用扱いとしての会場が確保されるという制度がある。なお参加費は原則無料でもある。
 昨年私が所属する「川柳あいの会」はこの制度を活用しての3回目の講座を常盤平市民センターで開講した。

 講座は六月に3回、七月に1回の計4回をほぼ隔週で1時半から3時半の各2時間で行った。
 テキストとしては、主に「川柳の歴史」、「秀句鑑賞」、「作句入門」、「音字数の数え方」、「川柳用語」、「川柳の三要素」、「俳句や短歌との違い」、「推敲と添削」とし、また家に帰って見直すことが出来るように、比較的細かく記載すると共にテキスト以外にも資料を配布した。

 プログラムとしては、受講生が、参加意識を持てるように、席題、駅から会場までのミニ吟行による嘱目吟、宿題(添削に使用)と作句は毎回行うようにした。受講生は、いろいろな機会に川柳を見聞きし、また興味を持って参加しているので、初日からの作句は十分可能であることや川柳を作ってみたいという気持ちが強いことは前2回の講座で確認済みであった。また選の間には、間延びしないように、クイズ(虫食い川柳、上・中・下の句結び付け、サラリーマン川柳投票等)を取り入れた。作句に対しては、一人選、二人選や受講生による互選の体験も取り入れた。また「添削」ではテキストだけでなく受講生の作品に対しても行うと共に、最終日には自信作での短冊づくりを行う等、全回に亘り聞くだけの講座を避けるようにした。

 講座は、毎回21名の皆出席であった。講座終了後には、受講生によるサークル「川柳けやきの会」が12名により、常盤平市民センターを会場として発足され、現在17名で活動中である。他に、「川柳あいの会」への入会2名、姉妹勉強会への入会1名という結果が得られた。これらのことから、この講座が川柳に一層興味を持ち、川柳を続けることの一助になったことと、大変満足している。

 これも松戸市、川柳あいの会の運営スタッフの支援があったればこそと心より感謝している次第である。
 因みに 今年は「川柳けやきの会」の自主企画講座として、ほぼ同内容で六月と七月に開催し、二十六名の参加を得て、無事講座を終了することができた。

 今年は 新規に勉強会の立上げはなかったが、けやきの会とあいの会への参加予定者10名、他の勉強会への参加者数名が予定されている。
 

 62(「ぬかる道」2014年8月号)
 
男の交差点(62)
  
川柳なら良いのになぁと、
             スクラップした


 老沼 正一

 小学生の俳句作りへの関心が高まっている。平成23年度から実施されている小学校の学習指導要領で、俳句が国語の指導の題材として示されたのがきっかけだ。俳句の教え方や楽しみ方を、俳人で元国語教師の川辺幸一・現代俳句協会ジュニア研修部長に聞いた。(寺田理恵)

 俳句は「五七五」の17音から成る日本の定型詩。ジュニア研修部では十数年前から東京都内の小学校を中心に出張俳句教室を実施している。義務教育に俳句作りが導入されたことで、小学校からの依頼が増えたという。「口語で伸び伸びと好きなように作らせる。うまく作ることより、まず言葉を豊かにするのが先。子供らしく素直な俳句が大人には新鮮に感じられる」と川辺部長。

 出張教室ではまず、俳句の決まりとして五七五で作ることを教える。五音の「チョコレート」を文字数で6と数える子供が意外に多く、音数と文字数の違いを理解させる。七音の「きゃりーぱみゅぱみゅ」のようなタレント名を挙げて子供の興味を引く。

 もう一つの決まりは、一つの俳句に一つだけ季語を入れること。川辺部長は「自然をうたう俳句は理科。物をよく見る習慣が付き、観察力を高められる。語彙が増えて言葉に対する感性が磨かれる。言葉が豊かになると人生が楽しくなる」と話す。俳句の種を探すことで季節の移ろいを感じたり、花木の品種を知ったりする。食材の旬も分かるようになる。一番おいしくなる旬の時期の季語になっているからだ。

 俳句の2つの約束事が分かったら、次は声に出して読むことでリズムの心地良さを体感させる。このリズムは日本語の特質から生まれており、高札のフレーズで有名な「この土手に登るべからず警視庁」のように五七五がよく使われるという。その次に、俳句の一部を伏せ字にした「虫食い俳句」の答えを考えさせながら、上手に作るより自分たちらしい句を作ることを強調する。

 俳句の基本を教えたら、いよいよ実作だ。校庭に出るなどして種を探させ、できた俳句を短冊に書かせて貼り出す。そこから好きな句を選ぶ選句をさせ、感想を語らせる。

 子供の俳句で大事なのは「俳句と友達になる」。五七五を別々に作る「3人1句」で遊びの要素を取り入れるなどの工夫も。終了後、作品には寸評を加える。
 「焚火はねみんなのおともうれしそう」には、「焚火の気持ちになって作句し、ユニーク」など褒めることを基本にしている。創作のコツはたくさん作って、誰かに評価してもらうこと。インターネット上などで子供のコンクールが盛んに実施されており、こうした機会を活用するのも手だ。


 虫食い俳句の例
 〇〇〇〇〇三つならんで転びそう
                ヒント・「床の間、神だな」

 夕食の〇〇〇〇なべでおどってるヒント・「おでん」
 〇〇〇〇〇芝生の楽器できあがり
          ヒント・「寒い朝、踏むと音がします」
 答 「かがみもち」「だいこん」「しもばしら」
   (現代俳句協会ジュニア研修部の出張俳句教室から)

 俳句が小学校の学習指導要領に国語の題材として盛り込まれたのは平成23年度から。これに伴い、俳句の季語を紹介する子供向けの歳時記が学校現場などで求められているとして、小学館は『こども歳時記』(季語と歳時記の会編著)を出版した。子供が使いやすい季語や興味を持つ季語約400を選定。「おばあちゃんこっそりくれたお年玉」宇広(小3)「焼き芋をわれば光があふれてる」景太(小6)「新米にはれつしそうなおなかかな」湖雪(小5)と言った例句も掲載している。

 学習指導要領は文部科学省が定める、小中高校などのカリキュラムの基準。ほぼ年ごとに改定される。小学3、4年では「易しい文語調の短歌や俳句について、情景を思い浮かべたり、リズ
ムを感じ取りながら音読や暗唱をしたりすること」と記載。5、6年では「書くこと」の能力を育てる言語活動の例として、俳句作りが挙げられている。
   (2014年3月13日付産経新聞Life・教育欄から)

 俳句が川柳に変身するかと思い、数度読み直したが無駄だった。学習指導はほぼ10年毎に改定されるとのことで、7年後の改定で川柳が迎え入れられることを期待している。


 61(「ぬかる道」2014年7月号)
 
男の交差点(61)
  
土でケータイを充電

   
―微生物電池がアフリカを変える―

 折原 あつじ

 冬枯れの景色が広がる一月初めのボストン郊外。待ち合わせ場所の病院に、アビバ・アイデンが現れた。首に聴診器。白衣のポケットに両手を突っ込み、笑顔を浮かべている。
 ハーバード大学医学部の修士課程に在籍し、将来は臨床医を目指している米国人の女性だ。
 彼女は2年ほど前、医療とまったく関係のない話題でメディアに取り上げられた。
 「土にすんでいる微生物の力で電気を起こし、携帯電話を充電する」というプロジェクトをぶち上げたのだ。
 これが革新的なアイディアだと評価され、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツと妻メリンダの財団から十万ドル(約900万円)の支援を受けた。これまで、ハーバード大学やマサチュセッツ工科大学(MIT)の工学部の学生ら、のべ15人ほどが開発にかかわってきた。
 約五百台の電池を東アフリカ・ウガンダに持ち込み、電力のインフラに乏しい農村の住民たちに使ってもらう実証実験を進めている。「道路がろくにないところもある。ロバや馬の背に実験の機材をくくりつけて運んだのよ」とアイデンは言う。
 なぜ、土で電気が起こせるのか。アイデンに助言してきたハーバード大学準教授のピーター・ガ―ギスは「スプーン一杯の土には数十億の細菌などがいて、有機物を分解する際に電子を放出するものもいる。その電子を電極に取り込んで電気を起こす」と説明する。この仕組みは一世紀も前から知られてはいたが、細菌が作る電気は微弱すぎて使い道がなかった。ところが、技術の進歩で道が開けてきた。その一つがLEDだと、ガ―ギスは言う。「小さなLEDライトの消費電力は従来の白熱電球の一千分の一以下。
 微生物の力でテレビはつけられないが、LEDライトはともせるようになった」。LEDの新たな使い道を探っている中で浮かび上がったのがアフリカだった。アフリカ大陸では総人口の約五割が電気なしで暮らしていると言われ、中でも、年収千ドル未満の低所得層もすくなくないサハラ砂漠より南の農村地帯は、慢性的に電力が足りない。
 「電気のない暮らしにサヨナラさせてあげたい」。そんな思いを共有する学生らが集まり、LEDライトをともす電池の開発を始めた。ウガンダのほか、タンザニアやナビミアでも実験を重ねた。研究チームにはアフリカ出身の留学生が多い。ケニアで働いているタンザニア生まれのステファン・ルウェンドは「子供のころ自宅で電気が自由に使えず、有害な黒鉛を出す灯油ランプをともして宿題をしていた」という。
 MITのデビット・センゲイ(シエラレオネ出身)は、姉が出産する際に病院が停電し、姉の命が危険にさらされた経験がある。「アフリカ出身の学生たちにとって、故郷でのつらい経験が電池を開発する強烈なモチベーションになってきた」。アイデンはそう説明する。
 土を使うアイデアは最初からあったのではない。太陽電池や風車など、様々な案が浮かんでは消えた。小さな集落ごとに昼夜を問わず安く電気を供給するのが難しいからだ。たどりついたのが土の電気だった。
 動物の死骸や家畜のふんなどの有機物が豊富で微生物の多い土は、農村でも簡単に手に入る。電極や容器などを入手しやすい素材にしたり、構造を簡単にして組み立てやすくしたりとガ―ギスは言う。
 学生たちは、電気の無い集落で多くの村人が携帯を手にしているのに驚いた。サハラ以南の普及率は6%。村人たちは充電設備のある町まで数時間かけて歩いていた。「集落で充電できれば携帯の使い勝手が良くなり、携帯を使った遠隔医療も可能になるかもしれない」。安定して安い電気を起こす電力を確保するため、五月には、ゲイツ財団による追加支援に応募するつもりだ。
   ― へその生物多様性60人で、2,368種―
皮膚の表面には約一兆個の菌がすむ。その種類は数十とも言われるが、詳しい実態はわかっていない。
 米ノースカロライナ州立大学などのチームは二年前、「へその生物多様性計画」を始めた。リーダーのロブ・ダンは「へそを洗うことに注意を払っている人は少ない。皮膚にすむ菌を採集できる絶好の場所だ」と話す。
 60人のへそを調べたところ、2,368種の細菌が見つかった。少ない人で29種、多い人で107種。平均67種だった。「何年も入浴していない」と話す男性のへそには、深海底の熱水噴出孔など過酷な環境で生息する珍しい微生物が二種類いた。
          ( 朝日新聞・グローブより抜粋 )


 60(「ぬかる道」2014年6月号)
 
男の交差点(60)
  
 生年月日

 中島 久光

 四月三日は私の誕生日です。昭和19(1944)年生まれなので、今年満七十歳になりました。70歳になると医療費が三割負担から、一割負担に減額されるものと思っていたところ、二割負担になると言うではありませんか。
 市の広報を見たところ、「昭和19年4月2日以降に生まれた人→5月の診療分から2割負担」とあるではありませんか。「昭和19年4月1日以前に生まれた人→引き続き一割負担」とあり、二日違いで1割違います。
 現在、高血圧、糖尿病、高脂血症などの老人病で毎月通っている医院の負担が2500円位、薬代が6400円位なので約9千円。一割負担になったら6千円位お小遣いが増えると思っていたのが取らぬ狸の皮算用。3千円しか増えないことになりました。
 実のところ、私は3月31日に生まれたのですが、体重2200グラムの貧弱な体で生まれたので、丈夫には育たないのではないかと両親が心配し、入学を一年遅らせることにしたと言っていました。ご存じのように4月1日では早生まれで同じことになるし、2日ではあまりにも空々しいので3日の日付で届けたと言っていました。昔は大らかだったのでしょう。
 戦時中の生まれの上に、貧乏教師の一家のために栄養的にも満足な食事を摂れなかったせいか、小学校に入学する時の身体検査では「筋骨薄弱」と診断されましたが、その後は何事もなく他人に体格上で劣ることもなく成長しました。一年遅らせて入学させてくれたくれたことを両親に感謝をして過ごしてきましたが、70歳になってこうした逆転があるとは思いもよりませんでした。
 両親ともかなり以前に亡くなったし、まさか、今更、生年月日の届けが違っていましたと言っても役所では受け付けないでしょう。残念なことです。
 ところで、私が住んでいる岩手県からは短歌で有名な石川啄木と童話で有名な宮澤賢治を輩出していますが、二人とも実際の生年月日と戸籍上の生年月日が違っていることは知る人ぞ知っています。二人の偉人と同じ状況に置かれているので諦めるしかないですが、ちょっぴり嬉しくもあります。
 二人とも生前はそれ程評価されなかったものの、亡くなってからかなり評価され現在に至っております。私もいつの日にかそのようになれることを夢見て川柳を作っていきたいと思います。
 雑誌やテレビで生まれ月での占いがある場合はその内容によって、本当の生まれ月の3月か、戸籍上の4月かどちらか良い方の月で運勢を見ることにしています。


 59(「ぬかる道」2014年5月号)
 
男の交差点(59)
  
 筑波山の歴史

 江崎 紫峰

 宇宙は137億年前、地球は46億年前に生まれたと言われる。
 そして地球上に生物が出現したのが38億年前である。その後古生代(5億7千万年前~)に入り生物の種類や数が急激に増え、魚類、両生類、は虫類が誕生した。中生代(2億5千万年前~)はまさしく恐竜の時代。新生代(6500万年前~)に入ると恐竜は絶滅しほ乳類の時代を迎える。そして、類人猿から人類が分化し(700万年前)、170万年前に猿人が登場し以後原人、旧人、新人(ホモサピエンス)と進化した。
 では筑波山の歴史を解説する。海底で産声をあげたのが2億4千万年前だが、この頃は地球はまだ一つの巨大な大陸(超大陸パンゲアと言う)であった。そして地上に初めて姿を現したのが1億9千万年前、その後海底に沈み再び地上に現れたのが、1億年前である。
 新生代に入ると、大きな天災が起こり地球に大きな断層が生じた。日本近くは大きく陥没し日本海が出来、筑波山辺りも海となり筑波島になった。300万年前になって、やっと海が退き筑波島は再び筑波山になると同時に関東平野が出現した。参考までに言えば、筑波山が現在の山頂(女体峰・男体峰)になったのは20万年前、富士山ができたのは3万5千年前、日本列島が大陸から完全に離れ今の形になったのが1万年前である。
 そして筑波山のふもとに原始人がやって来たのが2万年前、稲作を始めたのが2000年前である。その後は貧富の差が生じるようになり紀元150年頃には国(紀の国)が出来た。
 この後筑波地方は大和政権に組み込まれていくが、以下は主として文化面にスポットをあてて筑波山の歴史を追ってゆく。

 ①大和政権の事実上の祖と言われる10代崇神天皇は地方に四道将軍を派遣するが、紀の国には筑波命がやって来た。やがて彼は紀の国を筑波の国と改名した。

 ②12代景行天皇は、大和武尊を出雲に続いて関東に派遣。その帰りに酒折宮(甲府辺り)で詠んだ
   (武尊) 新治 筑波を過ぎて幾夜か寝つる
   (翁) かがなべて夜に九夜日には十日を
の歌が連歌の初め(元祖)となった(350年頃)。

 ③奈良時代初めにできた『常陸風土記』には富士山と筑波山を巡行した神の物語と、筑波山の神の祭の賑わいが書かれている。

 ④飛鳥・奈良時代の歌を集めた『万葉集』には筑波山の歌が2
5首、富士山の歌が13首納められている。

 ⑤平安時代に連歌が生まれたが、室町時代に入ると、関白太政大臣二条良基は②の事例を引いて「この通り、和歌に劣らず連歌も由緒正しい芸術」だと主張し、1356年に日本で最初の準勅撰連歌集『菟玖波(つくば)集』を編纂すると共に、1372年には理論書『筑波問答』を著し、この中で連歌のことを「筑波の道」と称した。

 ⑥江戸っ子にとって筑波山はランドマークであった。「東に筑波西に富士」と並称された。

 ⑦芭蕉門下の服部嵐雪は「雪に申さずまづ紫の筑波山」(筑波山の雪景色が美しいことは言うまでもないが、それよりも、まず春たちそめる頃の紫にかすんだ筑波山の姿はまたとなく美しいものよ)と句を詠んだ。

 ⑧歌川広重は「名所江戸百景」に筑波山を10図、富士山を19図描いている。
   初日の出三億歳の筑波から    不知詠人

 富士山の3万5000年に比べ、筑波山の生命の何と長いことか。深田久弥が「日本百名山」を選定した基準を1500m以上の山においたにもかかわらず、877mの筑波山を選んだのは「その歴史の古さ」にあったといわれる。
                      (当会幹事)


 58(「ぬかる道」2014年3月号)
 
男の交差点(58)
  
 旅する巨人 宮本常一

 折原あつじ 

 宮本常一没後20年の平成12年、1月から3月まで、NHK人間講座「宮本常一が見た日本」(解説者は佐野真一)が放映された。深く感銘を受けたことを覚えている。
 宮本常一は明治40年、山口県周防大島の農家に生まれた。生家は善根宿でもあった。明治40年、民俗学者の南方熊楠は40才、柳田国男が32才、折口信夫は20才、渋沢敬三は11才。
 宮本常一と渋沢敬三「旅する巨人」(佐野真一著)から抜粋する宮本常一は、今日の民俗学の水準からは想像もできないような巨大な足跡を、日本列島のすみずみまで印した民俗学者だった。その徹底した民俗調査の旅は、1日当たり40キロ、延べ日数にして4千日に及んだ。
 宮本は73年の生涯に合計16万キロ、地球を丁度4周する気の遠くなるような工程をズック靴をはき、よごれたリックサックの負い革にコウモリ傘をつり下げて、ただひたすら自分の足だけで歩きつづけた。
 泊めてもらった民家は千軒を超えた。宮本の恩師の渋沢敬三は、日本列島の地図の上に、宮本君の足跡を赤インクでたらしていくと、日本列島は真っ赤になる、と評した。
 口承文芸からはじまった宮本の関心は、生活史、民俗学、農業技術から農村経済、はては塩業史、漁業史、民族学、考古学、日本文化論に至るまで果てしなく広がっていった。
 柳田国男以降、おそらく最大といっていい業績をあげながら、宮本はわが国の民俗学徒の間で、皮肉にも、彼の代表的著作と同じ「忘れられた日本人」と同然の立場に置かれつづけた。
 宮本の故郷、周防大島東和町(現周防大島町)には記念館一つなく、宮本を知る人もほとんどいなかった。宮本を高く評価した司馬遼太郎は、岩波文庫の「私の三冊」というアンケートの中で、「忘れられた日本人」をあげ、「宮本さんは、地面を空気のように動きながら、歩いて、歩き去りました。日本の人と山河をこの人ほど確かな目で見た人は少ないと思います」と評している。
 宮本常一は自著で
 東京へ出てきて渋沢敬三に言われたことは、「学者になるな、よい調査者になれ」ということであった。縁の下の力持ちのようなもので、一生貧乏するであろうが、その覚悟でないと挫折するといわれた。そのときフト私は鍋釜下げて苦労する妻の姿が頭に浮かんだ。と同時に今まで接してきた多くの貧しい人たちの顔が浮かんだ。
 貧しいけれども勤勉で善良で、ときには頑固でずるいこともあるが、とにかく精いっぱい生き、しかも平凡に死んでいく人たちである。がその人たちにも歴史がある。一人一人の歴史があるばかりでなく、民衆そのものの歴史がある。それはまだ本当に発掘されていない。しかもその人たちによって文化は発展してきたのである。
 武士が戦闘に明け暮れしているときも、百姓は農業を続けてきた。宮廷の文化の栄えたときも、食料からいろいろな材料まで、すべて供給したのは農民たちであった。
 農民たちは自分自身の生活を守るための組織を作り、なお支配者に支配者の文化をつくるためのあらゆる素材や技術を提供してきた。その姿だけは、何としても明らかにしておかねばならぬと思った。
 私のような理論的でない人間は、書物を読んだだけでは納得がいかないことが非常に多いし、文字を通して歴史を理解しようとすると少しも実感がわいてこない。書物というのは不便なもので、書いてある以外のことはわからない。実地調査というものは、すべてのものを見ることができ、聞くことができる。それによって正しい実感も得られる。そのため、実地調査は民俗学のような学問には是非とも必要な条件の一つであり、歩くことにしたのである。
 宮本は、日本各地を広く調査し、主に離島や山村に暮らす人々、定住しない人々など、表だって語られることもなかった庶民の生き方を研究した。柳田国男の水田稲作農民中心の視点と対比された。宮本は「瀬戸内海の研究」で博士号を取得。武蔵野美術大学教授、日本観光文化研究所初代所長などをつとめた。宮本常一著作集(全五十巻)がある。
                        (当会幹事)


 57(「ぬかる道」2014年2月号)
 
男の交差点(57)
 
 岩手の方言

 中島 久光 

 流行語大賞に輝いた「じぇじぇじぇ」は岩手県でも一地方の久慈市小袖地区の方言でありますが、NHKの偉大な影響力のお蔭で全国区になってしまいました。私の生まれた花巻地方では「じゃじゃじゃ」であり、沿岸のある地区では「ばぁばぁばぁ」とか「だぁだぁだぁ」と言っていると異論が出されています。
 
 B級グルメとなった「まめぶ汁」も久慈市の山形地区のごく一部の食べ物で岩手県人はあまり知らない食べ物でした。
 長姉は久慈市に住んでいますが夫君が三十年ほど前に亡くなった時に出てきた法事の料理は「鶏卵」と言って卵に似た「まめぶ」の大きなものでした。

 「うるがす」
 ご飯を炊き上げるために米を水に浸すことを、岩手では「うるがす」あるいは気取って「うるかす」と言っています。単に浸すよりも米に潤いを持たせる意味があると思います。
 テレビのバラエティ番組の「秘密のケンミンショウ」で以前に、女優で演出家の渡辺えり氏も山形県でも「うるがす」を使っていると言っていました。同じ東北地方なので根は同じなのだと納得しました。この言葉も全国区なればよいな~と思う次第です。

 「かかさらない」
 鉛筆がちびったり、万年筆のペン先が減って書けなくなったことを、岩手県では「書けない」でなくて、「書かさらない」と表現します。
 この表現は「さる表現」といって、「書く」を「書かさる」、「酒を飲む」を「酒が飲まさる」、「靴が履けない」を「靴が履かさらない」などと使い、主に意志に反してあることが実現したり、しなかった時に使い、自発や可能の意味を持ちます。万年筆が「単に書けなくなった」のではなく「万年筆は本来書けるのだけれども、何等かの原因で仕方なく書くことが出来なくなった」ことを意味します。
 この表現に着目した大学の准教授が韓国語やギリシャ語など外国語にも同じような表現があることを突き止めたと、岩手県の地元の新聞で報道されました。

 准教授は「標準日本語にはない表現なので変だと思われていた表現が、世界の言語からみてみると実は全く変ではなかった」と述べています。
 他所の県から来た放送局のアナウンサーも当初戸惑う表現ですが、数年過ごして慣れてくると面白がって使用するようになります。
 この「男の交差点」もなかなか「書かさりません」でしたがやっとこ脱稿出来ました。


 56(「ぬかる道」2014年1月号)
 
男の交差点(56)
 
 牛久沼の紹介

 江崎 紫峰 

 ■牛久沼概観

 朝霞のかかる牛久沼の風情は一幅の水墨画を見るようであり、今にも小川芋銭の河童が出て来そうである。縄文海進(8000年~2000年前)の後退により、鬼怒川が利根川に入り込む地域に
できた牛久沼は悠久の歴史を今に伝える。
 とは言え、牛久沼を調査研究した資料は非常に少なく、「悪水おとし」に絡む水利権訴訟や江戸時代の櫻井庄兵衛による干拓工事の歴史を著したものぐらいしかない。文・画の面では、住井すゑの『牛久沼のほとり』と小川芋銭の『河童百図』が有名。個人的には、牛久沼の河童伝承を取材したと思われる柴田哲孝の小説『KAPPA』(2009年出版)が面白い。

■雲魚亭
 牛久沼の湖畔には小川芋銭(1868~1938)が晩年を過ごした雲魚亭がある。小川芋銭研究センターの北畠健氏によれば、雲魚亭にある遺品や作品の中では、白い観音様や、絵の具(顔彩)の箱に書いた直筆の文字、それから脳溢血で倒れた後再起を期して書いた知人への手紙の習作(結局は絶筆になった)が学術的に価値が高いという。
 雲魚亭の近くには、牛久沼の河童伝説に出てくる河童を縛りつけた松(現在二代目)や、芋銭の河童の絵をレリーフ化した「河童の碑」がある。
 最近、小川芋銭研究センターでは「芋銭検定」を開催しているので受験されても面白い。

■かぴたり餅の風習
 住井すゑの『牛久沼のほとり』によれば、牛久沼にも戦前までは「川浸り(かぴたり)餅」の風習があったという。旧暦12月1日に餅をついて沼や小川に投げ込んだという河童供養の行事である。芋銭の『河童百図』の第78図にもその様子が描かれている。
   かぴたりの餅にも飽けよ痩河童芋銭
という句も残っている。
 私もこの風習を復活させようと牛久沼かっぱ村のメンバーと、牛久沼の畔で、餅と胡瓜と黄桜の酒をお供えし、祭文を読み上げ儀式を行ったことがある。

■牛久沼の魚と白鳥
 牛久沼は魚の産卵場所や住処となるマコモやヨシなどの植物が多いため、棲息する魚の種類も比較的豊富である。
    鯉、鰻、銀鮒、源五郎鮒、ナマズ、モツゴ
    ハクレン、ブラックバス、ブルーギルなど
 かつては鮭も利根川支流の小見川を遡って牛久沼に入って来ていたという。
 また牛久沼には皇居から戴いたコブハクチョウがいる。一度は孵化に失敗したが今では約30羽ほどが棲息しており、優雅な姿を見せている。私が犬を連れて牛久沼の土手を散歩していると、時々寄って来ることもある。最近は逆に皇居の白鳥が少なくなり、牛久沼の白鳥が二羽皇居に里帰りしたという。鶴ならぬ白鳥の恩返しである。
 なお、牛久沼には蓮が自生しており、夏には可憐な花をつけ極楽浄土のようである。ここ数年は見事に咲いているが、2000年前後には壊滅状態に陥ったことがある。蓮は泥深く千年の歳月を経ても蘇る強靭な生命力があるが、私達の水への生活スタイルに警告を与えているようである。

■おわりに
 かつて、つくばと霞ケ浦を中心として「第6回世界湖沼会議」が開催されたが、当時その準備会メンバーとアメリカの五大湖環境調査に行ったときに、デトロイト市の中学校で牛久沼の伝説「河童松」を紙芝居風に仕立てて紹介したことがある。今では良い思い出である。これからは牛久沼住民として、肩肘を張らず牛久沼の環境浄化に取り組んでいきたいと思う。
 


 55(「ぬかる道」2013年11月号)
 
男の交差点(55)
 
 有明の国際福祉機器展

 折原 あつじ 

 国際福祉機器展は昭和49年(1974)、大手町の都立産業会館で、全国社会福祉協議会と厚生省の共催で「社会福祉施設の近代化機器展」という名称でスタートしている。
 当時の出展社は64社、来場者が9,641人であった。開催の背景には、国が進めていた社会福祉施設の緊急整備計画に伴い急増する老人福祉施設などで働く職員の腰痛や頸腕症候群などの職業病という問題があった。
 そのため、福祉施設の整備とともに設備の近代化として車いす、ベット、浴槽などの福祉機器を導入し、職員の負担軽減や入所者の処遇向上などをはかることが急務の課題であった。
 それ以後、老人と障害者の自立と参加を支えることを目的として、福祉機器展は毎年開催されている。
 平成八年の第23回から「保健福祉広報協会」と「全国社会福祉協議会」の共催で、名称も「国際福祉機器展」となり、会場も東京ビックサイト(江東区有明)に定着した。

 定年後私は、NPO・デイヘルプ(福祉団体)に入会し、高齢者・障害者の家庭内事故防止のため、個々の住宅に手摺の取付け(階段など)や段差解消(スロープで段差をなくす)などの仕事をし、十年間忙しい毎日を過ごした。
 平成16年10月13日、東京ビックサイトで開催された第31回の国際福祉機器展(平成16年)に行く。
 デイヘルプに新しい材料や工法などを導入するため、5人の理事が見学した。今後使用できる材料や工具類を見て回り、活用することにした。第31回の国際福祉機器展の出展社数は6,405、来場者数が138,726人。
 
 先日、9月19日久しぶりに東京ビックサイトで、第40回国際福祉機器展を見学した。
 今回の福祉機器展の後援は、厚生労働省ほか3省、東京都、カナダほか12カ国、協賛はNHK、、朝日・読売・毎日・東京・日経の新聞社、日本赤十字社、鉄道弘済会、丸紅基金・三菱財団ほか22団体。
 昨年より37社多い585社が出展した。現在、日本は介護・福祉機器の分野ではアジア最大、海外でも、アメリカのMedtrade、ドイツのREHACAREに次ぐ世界トップクラスの展示会になっている。
 今回は、新たに出展が決まったマレーシアを含む16か国・一地域から585社が出展し、高齢者や障害者が使いやすい食器や衣類から先端技術を積み込んだ「福祉車両」や「電動車いす」など約二万点の機器が展示されている。
 昨年より37社増え、充実した規模となったという。東ホール1「福祉車両」のエリアで時間を費やす

   「福祉車両」のエリアでは
      一、車いす仕様
      二、サイドリフトアップシート車
      三、助手席回転シート車
      四、助手席リフトアップシート車

   「電動車いす」 のエリアでは
      一、レバー操作型
      二、介助型
      三、ハンドル操作型
      四、モジュール型
 会場は大きく二ブロックに分かれ東ホール1・2・3には、340社 国内321社、海外19社東ホール4・5・6 には、245社 国内210社海外35社
 585社のブースには、それぞれ資料が展示されており、東ホールの「福祉車両」のエリアでは大手メーカー各社(ホンダ・トヨタなど)が競い合い、十数人で派手なデモンストレーションをしていた。

 千葉県主催の第八回千葉県福祉機器展が、10月18日(金)と19日(日)の2日間開催される。
 会場は、千葉県福祉ふれあいプラザけやきプラザ1・2・7階(我孫子駅南口から徒歩3分)後援は、柏市・我孫子市・松戸市・野田市・流山市ほか11団体

 帰途、会場からりんかい線・ゆりかもめで新橋へ。
 沿線には有明コロシアム・有明テニスの森、日本テレコムセンター、フジテレビ、ホテル日航ほか5~6のホテルが点在。
 ゆりかもめの沿線は、未利用の空き地が多い。もめている築地魚市場の引っ越し先はどの辺だろうと目を凝らす。
 この地域は東京国際空港(羽田空港)と至近距離にある。7年後の2020年の東京オリンピリンピック・パラリンピックに伴い脚光を浴び、大きく変貌するのではないだろうか?
 来年もこの地域を見に行きたい。
 第41回の国際福祉機器展の開催は、平成26年10月1から3日の予定になっている。


  
 54(「ぬかる道」2013年10月号)
 
男の交差点(54)
 
 落し文=心はいつでも新しく

 中島 久光 

 ボランティアガイドの方が草のかたまりを拾って「これは何かな?」と質問をしてきた。栗の葉が丸まっている。総勢十人の同級生は首を傾げるばかり。何となくそうではないかなと思ったが答えそびれていると、「これは落し文ですよ」。とのこと。書物では読んだことがあるが実物を見たのはこれが初めてである。巧みに葉を丸めて作った芸術作品と思いたい。葉っぱを広げてみると最後に見えるか見えないかの虫の卵があった。興味があったとは言え残酷な事をしたものだなとあとで反省をしたがもう取り返しがつかない。
 これに限らず自慢ではないが、花鳥風月は書物では知っているものの実物は知らない事が多すぎる。ましてや虫に関してはお手上げである。
 
 前日の中学校の古希記念の同期会は花巻の渡り温泉に集合し総勢百二六名の参加があり、我がクラスは二十名で九クラスのうちで二番目に多かった。今日は用事の無いもの十人が高村光太郎記念館と円万寺を訪問することとした。
 光太郎記念館では高校時代の同級生の姉上がいて、四月に来たサッカー日本代表だった中田英寿氏とのツーショットの写真を見せて頂いた。帰り際に玄関で記念写真を撮ろうとしたところ、先ほどのボランティアガイドの登場である。
 
 記念館から「雪白く積めり」の詩碑に行く途中何かが鳴いている。「あの鳴いているのは何でしょう?」との質問。蛙にしては変だなと思っていたところ「あれはハルセミですよ」とのこと。
 生前の父が合併して花巻市立西南中学校になる前に勤めていた太田中学校の校是は光太郎の言葉の「心はいつでも新しく毎日何かしらを発見する」だった。
 この言葉は奇しくも盛岡の少年院の子供たちにも贈っていて、複雑な妙な感覚を覚えている。
 
 BSテレビの番組で私は見逃したが、火野正平氏が自転車で日本のあちこちを巡っているものがある。花巻にも来て円万寺に上ったとのこと。かなりの階段であるが後ろを振り向かずに上って天辺に着いてから後ろを振り返るとそこは田舎の風景が素晴らしかったとテレビを見た人はいっていたが、我々は車で境内横の駐車場へ直行した。
 散居と言うのだろうか、田圃の中に家が点在しその家を木が囲んでいる。
 
 もう古希を迎えたが、書物だけの知識で実物を知らないことが多すぎる人生だったなと思うが、今からでも遅くはない。毎日何かしらを発見しよう。
 今日は、「ハルセミ」と「落し文」を覚えた。円万寺の光景にも感動した。明日はまた何かを知り得たなら父にも光太郎にも恩返しが出来るではないかと思った。
  
   
 53(「ぬかる道」2013年9月号)
 
男の交差点(53)
 
 河童の話

 江崎 紫峰 

 河童は、鬼と天狗と共に日本に三大妖怪といわれ昔は暗く怖いイメージがあった。しかし、今ではユーモアがあり軽妙で飄逸な動物として扱われており、町おこしや水辺環境整備のマスコットとして可愛がられている。小川芋銭、清水崑、小島功が三大功労者であるが、このうち小川芋銭は牛久沼畔に住み河童の絵をたくさん描き、「河童百図」を残している。
 因みにわたしも牛久沼畔に住む河童で人間の姿は仮の姿である。私は河童連邦共和国に属し牛久沼かっぱ村の前村長で、文化勲章を頂いている。

1河童の起源
 河童のルーツには二つの有力説がある。化生(かせい)説と渡来説。その他の説としては平家落人説、隠れキリシタン説、河原者説などがある。
①化生説
 高名な番匠が神社仏閣の建築をするときに人手が足らなくなり木屑に生命を吹き込み、彼らに手伝わせてめでたく神社仏閣を完成させた。用済みになった彼らを川に流そうとしたところ、これから何を食べて生きていけばよいかと聞くので、「人の尻子玉でも食らえ!」と言って川に放り捨てた。その結果、彼らは河童になり人の尻子玉を取るようになった。
②渡来説
 河童たちがある時中国の黄河を下り海を渡り、九州の球磨川河口(熊本・八代)に辿りついた。その後一族は九千坊(天狗でも河童でも大物には名前が付いている)のもとに九千匹にも膨れ上がり、悪事もひどくなって来た。
 肥後の殿様(加藤清正)が怒って九州一円の猿に命じて攻めさせこの地から追い払った。それ以来猿は河童の天敵となる。その後久留米の殿様(有馬公)の許しを得て筑後川へと移り棲み、水天宮の水神様の眷族となった。
③平家落人説
 この説には何通りかの説があるがその一つを紹介する。久留米の水天宮にある由緒書きによると(現地で紫峰調査済み)、水天宮は壇ノ浦合戦に負けてなくなった二位の尼や安徳天皇、そして建礼門院を祭神として女官按察使局伊勢が祠を祀ったことに始まるそうだが、女官たちは河童になって三柱を守ったという。因みに海に散った平家の武将は平家蟹になり海底で今も不平をブツブツ言っているそうである。

2河童の特徴
 河童は川や沼などの水辺に出没し、人間や家畜などに悪戯をする。体格は子供ぐらい全身は緑色または赤色。頭頂部には皿がありいつも水で濡れており、皿が乾いたり割れたりすると力を失いやがて死んでしまう。口は短い嘴で、背中には亀のような甲羅があり、手足には水かきがある。両腕は体内で繋がっており、片方を引っ張ると片方の腕が縮みそのまま抜けてしまうことがある。
 河童の好物は尻子玉や胡瓜で、瓢単やへちまは苦手とし、金物を怖がる。仏教の力を恐れているため仏飯は食べない。因みになぜ胡瓜を好きかというと、水神として信仰を集めた牛頭大王が胡瓜好きだったので水神への供物が胡瓜になったことによる。

3河童の民話伝説
 全国の河童にまつわる話を集約分類すると次のようになる。
①河童は力が強く人間と相撲をとったり。馬を水中に引きずり込んだりする。因みに河童と相撲をとる際は戦う前にお辞儀をさせればよい。皿から水が零れ力が抜けてしまう。
②人間を水中深く誘い尻子玉を抜いて殺したり、しばしば雪隠(せっちん)に潜んで女性に悪戯をする。
③医薬に精通しており、特に打ち身や切り傷の特効薬に通じている。接骨も得意。
④建築土木工事が得意。

4河童の名所
 名所は全国にはたくさんあるが、私が行った所を紹介する。
①遠野(河童の聖地柳田國男の『遠野物語』で有名河童淵
常堅寺の河童狛犬)
②伊万里の松浦一酒蔵の酒蔵(河童のミイラが祀られている)
③久留米の水天宮
④境港水木しげるロード
⑤京都伏見の黄桜カッパカントリー
⑥浅草の曹源寺(漫画家による河童天井画、河童の手のミイラ、
近くにかっぱ橋通り)
⑦鎌倉の荏柄天神
(かっぱ筆塚、絵筆供養塚に漫画家の河童のレリーフ)
⑧牛久沼(小川芋銭が晩年を過ごした雲魚亭、河童の碑、河童松)

5終りに
 河童の話をすると、「河童は実際にいるのですか」とよく聞かれる。私はロマンを持った人の心にまずは棲み始めるのではないかと思っている。私は絵本を作りたくて牛久沼に伝わる昔話をベースに創作民話『紫峰の恋した河童』を書き上げている。
 牛久沼の河童もしばらくは姿を消しているが、「きれいな水と空気」を取り戻せば河童も帰って来ると信じている。未来の子供たちのためにも美しい牛久沼を残したいものである。
 
   
 52(「ぬかる道」2013年8月号)
 
男の交差点(52)
 
 
日本に於ける自動二輪車概略史

 老沼 正一 

 わが国においてオートバイの製造は明治41年に、京都の島津楢蔵によるNS号が最初といわれている。しかし島津はオートバイの製造では満足せず、航空機エンジンの開発に情熱を注ぎ、そちらに傾斜していった。
 その島津の後を追って大正から昭和の初期にかけて、各地に多くのモーターサイクル製造会社が生まれた。広島において初めてのオートバイ製作は東洋工業によって昭和4年11月に、2サイクル250ccエンジンの試作車に成功した。この車は、昭和5年10月に広島の西練兵場で招魂祭りの余興として開催されたオートレースで、本命であったイギリスのアリエルを押えて見事初勝利し、舶来万能の風潮に一石を投じた。東洋工業の単車は30台程度で止めその後は三輪車から四輪自動車メーカーへと発展していった。

 宍戸健一は、東洋工業のオートバイ製作に先駆けて、大正13年に350ccのトライアンフ級の国産モーターサイクルを試作して、これにサイドカーを取り付けて国内の各地を回ったという記録が「モーターバイク」の雑誌に発表されており、おそらくこれが広島における最初の単車の試作ではないかといわれるようになった。
 大正6年 「宍戸鉄工所」を設立。
 大正13年「宍戸オートバス製作所」設立。
 大正15年6月に第一号車完成。
 大正15年12月5日、「全国オートバイ競争大会」に「ししど」の名字からSSD号の車名で出場。
 SSD号は 4級車(250cc級)で1着
        2級車(500cc級)で2着
という成績をおさめた。
 太平洋戦争までの戦前期には、大阪、東京に次いで、広島の陸軍第五師団の西練兵場でおこなわれた地元の大祭である「招魂祭」では地元のオートバイ競争が人気のまととなっていった。招魂祭は毎年秋におこなわれ、明治10年の西南戦争から日清、日露戦争などの戦没者を奉るためのもので、学校や商店街は休業し、軍都最大の祭りとなっていた。明治期に始まった「競馬」が「自転車競走」となり、さらに「オートバイ競争」へと発展していった。SSD号の評判を聞きつけて、東京の陸軍自動車学校では昭和2年12月にサイドカー2台を購入した。
 昭和4年8月には陸軍大学生として広島の第五師団に入営していた秩父宮雍仁親王(昭和天皇の弟)が、SSD号に興味を抱き特別に台覧をおこなったが非常に関心を示して結局、親王は500ccの単車を1台購入した。このように宍戸モータースのオートバイの技術が優秀であったことが全国的に知れわたった。
 昭和9年に宍戸オートバイ製作所を閉鎖するまでの約十年間のSSD号の全モデル生産台数は次の通りである。
 単車           約100台
 側車付         約40台
 軍用路外用車     約50台
 三輪リヤカー     約250台
 三輪フロントカー   約10台
 三輪セダン       約20台
 三輪オープン     約20台
 合計           約490台

 宍戸健一氏は戦後はロータリーエンジンの試作に挑戦し、昭和二十七年に鋳造までおこなうようになったが、原爆症のため寝たきりとなりロータリーエンジンの完成を見ぬままに、昭和47年に逝去された。憎むべきは、原爆だなと思う。

 二輪車に乗ってみたくなり、どんな車名があるか県立西部図書館で調べた。
 290の会社名と車名の中から何社か選んでみた。
 車名          会社名
 タフ           井関農機
 オリンパス      片山産業
 コレダ         スズキ
 ムーン・タイガー   タイガー自動車
 ハロー         ダイハツ工業
 バンビー       ブリヂストンサイクル工業
 みずほ        みずほ自動車工業
 アンコール      アンコール製作所
 ダービー       市川製作所
 オーツキダンディ  大槻工業
 鬼バイク       鬼タイヤ
 ブラザー       日本ミシン製造
 ダイヤキング    三菱レイヨン
 ブルーバード    山崎内燃機工業
 金剛         久保商会
 ピース        栗原製作所
 サンエッチ      サンエッチ製作所
 ロッキー       嶋エンジン工業所
 ノーリン       スミタ商事
 タイフーン      都築鉄工所
    ◎車名からの愚痴
 内視鏡を連想する オリンパス
 みずほ        銀行は後釜
 ダービー       即競馬
 鬼バイク       鬼コーチの現役時代を思い出した
 ブラザー      これはズバリ、ミシン
 ブルーバード    これもバッチリ日産自動車
 金剛         力士名
 ピース        タバコ
 ロッキー       山脈
 ノーリン       1号(サツマイモ)
 タイフーン     台風
 ダイヤキング    スリーダイヤモンド
 車名の名付け親には失礼の段おゆるし下さい。

 乗ってみたくなったが、残念ながら大型自動二輪付免許は返上したので、誌上句会にあやかり、誌上乗車会とした。
 ※ 参考資料等
   経済春秋平成19年7月号
    広島政財界人物誌から宍戸健一
     著者広島県経営史研究会田辺良平
      発行所 春秋社
   日本の二輪車メーカー一覧表
    ホンダコレクションホール(資料提供)
   日本モーターサイクル史
    (株)八重洲出版
 宍戸健一氏明治25年広島市鶴見町で宍戸茂一郎の長男として生まれた。
   宍戸元信氏(健一氏の三男)
    丸の内本店時代の小生の上司であり、退職後は故郷の広
    島で八十路の坂を健脚中。
    川柳ひろしまの幹事、川柳でも先輩。関東資料の提供を
    受けた。
 
  
 51(「ぬかる道」2013年7月号)
 
男の交差点(51)
 
 
南会津の前沢曲家集落

 折原あつじ 

 昨年秋のこと。東武浅草で乗車した山岳会同志三人と北千住で合流。三時間後、会津田嶋駅で下車。駅前の「会津レンタカー」で、ヴィツ(4WD)を一泊二日でレンタル。三人からドライバーを依頼され、しぶしぶ快諾。
 紅葉の観音沼自然公園へ。会津田嶋駅から車で東へ十五分。観音沼一周は、1.2km、一周する遊歩道は、9コースあり。総延長は3.2km。鳥の囀りに囲まれ、遊歩道を周回しながら撮影ポイントを探索する。遊歩道には、いこいの広場、3棟のあずまやが点在している。観音沼の中程にある浮嶋が、周囲の山々と共演し、景観を際立させている。それも束の間、数台の大型バスから、カメラを担いだ高齢者が大勢来場。撮影ポイントは人、人、人。カメラの三脚が折り重なる。沼の雰囲気は静から動に激変。翌日、駒止湿原を散策し、移築曲家をそば処として改造したそば処「曲家」で昼食。四人、舘岩・裁ちそばの大盛りを食う。うまい。目と鼻の先にある「前沢曲家集落」に入る。
 中世、会津武士が拓いた集落。明治四十年、全戸が消失する大火に遭い、各戸を同一大工集団により一時期に建築し、L字型の整った統一的景観を生んだ。大火後に再建された7軒の民家が、今も残っている。平成23年6月に文部科学省の「重要伝統的建築物群保存地区」に指定されている。
 前沢の茅葺き民家はL字型に折れ曲がっている。集落周辺の岩舘地域では「曲屋」と呼んでいる。公開されている曲家の案内は、地元の住民が当番制で対応。(一軒が公開、他の曲家は生活している)南会津は雪深いところで、冬は二メートルを超える雪に覆われ、一晩で雪が一メートル降ることもあるそうだ。曲家と呼ばれるL字型の民家には雪国で暮らす工夫が織り込まれている。土間が道路のほうに長く突き出ている。その土間が農作業空間であり、農作業用の諸用具の置き場、便所、風呂桶、うまやがある。労働力としての馬や牛を家族同様に、同じ屋根の下で生活していたのだ。
 土間の正面は 「したえん」と呼ばれ、炊事、食事、近所の対応、など日常生活の中心となる部屋。土間との間は吹き出しのため、夏は涼しいが、冬は囲炉裏だけでは、寒さに我慢ができなかったようだ。「したえん」のしも手は、土間が続き、水場(ながし)へ。「したえん」のかみ手は、二十畳の「うわえん」と呼ばれ畳敷きで、大きな囲炉裏が設けられ、神棚を設え、梁組が豪快に見える。「したえん」に比べ格式が高く、寄りあいや結婚式、葬式に用いられていた。「うわえん」のうら手には、「ちゅうもん」と呼ばれる小さな部屋がある。「したえん」とへやをつなぐ位置にあり、大家族で生活していたため、寝室に使われていた。
 「うわえん」のかみ手には、特に格式の高い「ざしき」があり、床の間、仏壇がおかれ、天井も張られ、日常は使わず正月、結婚式、葬式などの儀式や行事、上客の接待などに用いられた。
 曲家の大きな特徴が茅葺き屋根。冬の雪に耐え、夏は涼しさをつくり、雨音を防ぐ優れた性質のある茅葺き屋根。茅葺きの職人が次第に高齢化し、茅場も少なくなり、日本の茅葺き屋根がなくなりつつある。
 文化財など、かわりゆく自然や環境の変化に対応しながら、維持保全することの難しさを痛感した。
 前沢曲家集落の周辺には、そば処「曲家」があり、お土産店などはない。
 数年前に訪れた大内宿は、駐車場から本陣まで450mの道の両側に、寄棟造の家屋が約五〇軒、整然と並んでいた。敷地の面積と建物の大きさは、法により決められている。(現今の区画整理か?)駐車場から大内宿までの沿道両側には、お土産店と蕎麦屋がびっしり軒を連ねていた。江戸時代、大内宿は下野街道沿いに栄えた宿場町で、会津藩が他国との往来に使用した重要な街道の一つで、豊臣秀吉、伊達正宗、吉田松陰、イザベラ・バード(英国の女性旅行家)が往来したという。
 今和次郎が平成一年に発行した「日本の民家」(岩波文庫)に、前沢曲家の記述はない。民俗研究者今和次郎は、早稲田大学で、ジャンパーを着て教壇に立っていた。「考現学」を提唱し、日本生活学会会長、日本建築士会会長などを務めている。「ジャンパーを着て四十年」の自伝著作がある。昨年の1月14日~25日、今和次郎展がパナソニック汐留ミュージアムで開催されていた。

                    (当会運営幹事)
 
  
 50(「ぬかる道」2013年6月号)
 
男の交差点(50)
 
 
朝ドラ「あまちゃん」に寄せて
  
青森  中島 久光
 

 普段は朝の自由な時間を取られるのが嫌なので、朝ドラを見ていませんが、今回は岩手県が舞台なので、「あまちゃん」は見ています。以前「どんと晴れ」の時も見ていたので、私としては、単なる郷土愛でしか無いかも知れません。
 ドラマの内容は皆さんが見ていてお分かりのことと思いますので略しますが、舞台となっている久慈市のことはあまり知らないのではと思いますので少し紹介をしょうと思います。
 久慈市には長姉が住んでいますので、子供たちが小さいころは夏休みには泊まりに行きましたが、子供たちは大きくなり柏市に住んでいますし、姉が体調を崩しているのでしばらく行っていません。盛岡から久慈までは、かなり時間が掛かります。バス白樺号で行くと三時間三十分くらい、自家用車で白樺が綺麗な平庭高原を越えていくと二時間三十分くらい。高速道を利用して軽米インターで降りて行っても遠回りなので同じくらい時間が掛かります。列車で行くには二通りの方法があります。
 その一、新幹線で八戸まで行って八戸線に乗り換えて久慈に行きます。盛岡から八戸まで三十分、八戸から久慈まで一時間五十分、乗車時間は合わせて二時間二十分ですが、乗り換えの待ち時間が結構あります。
 その二、山田線で宮古へ行って三陸鉄道北リアス線に乗り換えて久慈に行きます。盛岡から宮古まで二時間、宮古から久慈まで一時間三十分、乗車時間は合わせて三時間三十分ですが、現在北リアス線は小本~田野畑間が不通で来年四月再開の予定です。
 盛岡から上野まで最速の新幹線では二時間十分ですから、スカイツリーを見るよりも時間が掛かります。
 首都圏から久慈に来る場合は高速夜行バスが運行を始めたのでそのほうが便利かと思います。「岩手きずな号」は、久慈市と東京都内から毎晩一便ずつ発車、久慈駅前と東京駅八重洲口間を約十一時間で結ぶと、地元の新聞に載っていました。
 問い合わせは岩手県北バス久慈営業所(0194・53・5200)、盛岡営業所(019・641・2220)へ。
 交通が不便な事ばかり書きましたが、楽しいこともあります。
 久慈は琥珀で有名です。先般、青森県の児童が琥珀の発掘体験の場所で、肉食恐竜の化石を見つけて新聞に載りました。岩手県の児童でなかったことが少し残念です。
 久慈市内に森繁久弥さんが命名したと言う「新山根温泉・べっぴんの湯」があります。誰でも別嬪になれる温泉だという事のようですが、そうならなくても、誰からもクレームは無いようです。
 海女さんと言えば、数年前に「美しすぎる海女さん」が誕生したということでマスコミを賑わしましたが、二、三年前に待遇面のせいか、昔からの海女さんとの内紛があったのか、若い女性は辞めてしまったとの報道がありました。残念なことです。
 私は花巻生まれの花巻育ちです。同じ岩手県内でも花巻と久慈では言葉が少し違います。ドラマでは画面の下に翻訳が出てくれるので助かります。でも「じぇじぇじぇ」は昔によく使ったような気がします。何かまた気が付いたことがあれば書きますが、「あまちゃん」は海女を目指した末、上京をしてアイドルになるとか、なんか勿体無いような気がします。何はともあれ、当分の間朝の十五分を岩手のために使ってください。

 「あまちゃん」に朝の時間を盗まれる  久光

                 (当会運営幹事)
 
 49(「ぬかる道」2013年5月号)
 
男の交差点(49)
 
 
歌舞伎 思い出すままに
  小川 定一 

  名優・天国への花道
 平成二十五年(2013)四月二日に、新装になった歌舞伎座が開場し、「杮葺落四月大歌舞伎」が始まっている。
 四月、五月、六月中を一日三部制にして、演目も主要な配役も一月十一日には、新聞広告で公表され、チラシもできていた。
 しかし、歌舞伎座の新築工事が始まった後、亡くなった五代目中村富十郎、七代目中村芝翫、四代目中村雀右衛門の三人の人間国宝の名は無かった。平成二十四年十二月には、人気俳優の十八代目中村勘三郎が、五十八歳の若さで亡くなったため、四月坂東三津五郎が演ずる「お祭り」に「十八世中村勘三郎に捧ぐ」と冠してあった。
 ところが、本年二月三日に十二代目市川団十郎が急逝した。
 前年十二月の京都南座の顔見世興行に中途休演したので、病気の再発を心配し、回復を願った多くの人々の望みが消えた。
 公表されていた新聞やチラシには、四月の「弁天娘女男白浪」の日本駄右衛門をはじめ、五月の「三人吉三」、六月の歌舞伎十八番の内「助六由縁江戸桜」の花川戸助六まで、多くの出演目が予定されていたのである。本当に残念に思う。新しい発表では、「助六由縁江戸桜」に「十二世市川団十郎に捧ぐ」とある。
 せっかく新築された歌舞伎座の舞台に立てなくなった名優たちにファンの一人として、いままで楽しませてくれた演技の数々に対してのお礼と心からの哀悼の意を捧げたい。

   歌舞伎座と私
 昭和二十八年ころ、友人に誘われて歌舞伎座で開かれていた「歌舞伎教室?」に参加したのが、私の歌舞伎との接点である。
 今回、この原稿を書くのにあたって、私の記憶と当時の記録と照合できないかと、松竹・大谷図書館を訪ね、資料を見せてもらったが、合致しなかった。記憶違いらしかった。しかし、この教室をきっかけに、年に何回か三階席で芝居を観るようになった。
 「仮名手本忠臣蔵」の大星由良之助が大石内蔵助で、塩冶判官が浅野内匠頭、高師直は吉良上野介であるのも知らない私に、歌舞伎の”通“といわれた先輩が、役所の戸籍係よろしく、歌舞伎の家の成り立ち、人の歴史や芸風、型などを聞かせてくれた。
 そのころ、すでに六代目尾上菊五郎も初代中村吉右衛門も亡く、今の役者の先代や先々代の人が、戦後の社会の不安定の中で芸の伝承と維持、歌舞伎の復興と隆盛に力を注いでいたのだと思う。
 いま、多くの評論家や演劇関係者が「芸の継承」の不安について論じているが、思い返してみると、私が歌舞伎を観はじめたころも多くの先輩を失い、中堅・若手といわれた人たちが、切磋琢磨して今日の隆盛まで到達したような気がする。
 昭和三十年二月、当時の尾上松緑(二代目)が、「熊谷陣屋」を初演の時の劇評には、大要次のように書かれていた。
 「松緑の熊谷は、芝翫型と称しても、現今、的確に教わる先輩がいないこともあろうが、まったく完全純粋の芝翫型とはいえない。しかし、芝翫型の誇張的で華やかで、古風な演出精神もよく認識して、努めて派手に形容本位にやろうとしているのがいい。容姿も立派である。」と評していた。
 平成の初役へ、三月十三日の毎日新聞は、「染五郎、松緑、菊之助が初役に挑戦し、成果を上げている。」と三月花形歌舞伎の舞台を報じている。芸の継承へ努力の表われなのだろう。

   大向こうの掛け声
最近、大向こうからの掛け声が少なくなった気がするのだが。歌舞伎を観ていて、役者の演技へここぞという間合いで、大向こうから「○○屋ぁ」と屋号などの声が掛かると、演じる方だけでなく、観ている方にも良いものだ。座席からではなく、三階の階段近くに、二三人ずつ男が立っていて、絶妙なタイミングで声を掛けていた。
 今もよく覚えているのは、十七代目中村勘三郎が病癒えて舞台に復帰した時のこと。「お祭り」の幕に手がかかり、開くか開かないかの間合いを計るように「中村屋ぁ」と「待ってましたぁ」の声が一斉に上がった。これを受けて勘三郎は「待っていたとはありがてえ」と返したので大拍手が起こった。
 ところがである。平成二十三年十一月、東京浅草の中村座で、十八代目が舞台復帰の際、「お祭り」を演じたのをテレビで見た。
 この時、父親譲りの名せりふ「待っていたとはありがてえ」を聞いて感激したのに残念な結果になってしまった。もう一つ印象に残っているのは、東京の宝塚劇場でのこと。
 森繁久彌が「保名」を踊り、佳境に入ったとき正面の奥の方から「日本一!」と声が掛かった。これを受けて森繁、声の主に向かい「お目が高い」劇場内はやんやの喝采。

   団菊じじい
 今年二月ころ、テレビの「徹子」の番組に、生涯現役八十三歳の俳優の加藤武が出演した。番組の終りに近くで「お互いに”団菊じじい“にならないように気をつけよう」と言っていた。あまり良い意味の言葉ではないらしいが、私は初めて聞く言葉であったため、調べたいと大谷図書館の資料を見せてもらった。
 昭和五十二年に「団菊祭」を再復活するときに作られた小冊子の中に“団菊じじい”の由来が発見できた。この冊子と私の手元の平成十一年の「団菊祭五月大歌舞伎」の筋書き本を合わせると、「団菊祭は、明治の劇聖とうたわれた九代目市川団十郎と五代目尾上菊五郎を顕彰するため、昭和十一年四月に「団菊祭」のタイトルを冠して歌舞伎座で興行した。この年が、奇しくも二人が亡くなった明治三十六年から数えて三十年に当たっており、観客の中には、二人へのあこがれやひいきぶりが忘れられずにいるいわゆる”団菊じじい“と呼ばれる人が残っていたという。では、なぜにそのひとたちが悪者にされるのか。テレビをしっかり見ていないので不確かだが、老人特有の知ったかぶりと昔が良くて今が悪いと評価する。芝居を観ても、若い役者の演技がもの足りずに「団菊の演技はこんなものじゃなかった」と言っては若者の反発を受けたのだろう。芝居ばかりではなく日常生活にも当てはまる。私もそうした年だ。心しておこう。

   おことわり
好きではあるが、未熟な私の歌舞伎の思い出話です。
一、俳優の名前に「さん」や「丈」を付けるべきか迷いました。舞台を遠く眺めているだけの私には、慣れ慣れ過ぎると思い尊敬を込めて敢えて呼び捨てにしました。お許しください。
一、松竹・大谷図書館でのご親切に感謝しています。
一、参考書籍の名は割愛させていただきました。お許し下さい
 
  
 48(「ぬかる道」2013年4月号)
 
男の交差点(48)
 
 
部首の話
  老沼 正一 

 友人の招待でとある書道展に出かけた。その折一冊の本と出会い、興味深く読んだ。
 『部首のはなし』(阿辻哲次京都大学教授、中公新書)によれば「女」が部首になっているが「男」は部首になっていないのは漢和辞典における男女差別であるといきまいている知人がいる。その人は辞書作りのプロだから漢和辞典を使う機会が多い。そして部首別索引を使うごとに、この男女間の「差別」をいまいましく思い独自に編集をまかされるチャンスがあれば、絶対に《男》部を作る計画を立てている。
 ちなみに最古の文字学書には《男》部があってそこに「舅」と「甥」の二文字が収められていたが、のちに淘汰されてしまった。
 《女》部には女性の性質や感情、あるいはその行動や状態を表す漢字が収められ、それ以外に婚姻や恋愛、姻戚、さらには男女間の情報まで、幅広く漢字が収められている。
 『(小生の漢和辞典を調査)「女」は女部に「男」は田部にあり、娚という漢字は女部に収められていた。女部には118の漢字があった。男部はゼロ』
 部首の《女》は手を胸の前に組みあわせ、ひざまずいた人間の形をかたどった象形文字である。全体がなよやかな曲線で描かれているのは、女性の身体のしなやかさを強調しているのだろう。
 そしてまさにそこから「おんな」という意味を表わそうとするのだが、しかし女性がひざまずいていることに、女性が男性に隷属させられていた時代の「男尊女卑」的思想が反映されていることは間違いない。《女》を三つ組みあわせた「姦」には、古代中国では倫理的にマイナスの価値しか与えられなかった思考の構造がある。
 「奻」という字は女を二つ並べてある。「がやがやとやかましく言い争う」という意味がある。男を横に二つ並べた「」という漢字は単に「双子」という意味で奻に見られる人間としての性格や資質の意味はない。
 男女それぞれの文字を横に二つ並べた漢字にも表わす意味に差別があるようだ。男女差別を覆すために部首では女性優位にしたのだろうか?我が家には「男部首」は当然ありません。
 ◎最近の男女差別情報
 1.男子専用のゴルフ場で、女子2名が会員になった。
 2.オリンピックの柔道に女子の参加は男子より28年違いで参加が許された。
   本家の日本の男女差別の柔道の影響だった。
   書道展から思わぬ男女差別の話になりました。
 参考文献
 1.『部首のはなし』阿辻哲次京都大学教授、中公新書
 2.『あめりかノート』産経新聞の記事
                    古森義久(ワシントン駐在編集特別委員)
  
 47(「ぬかる道」2013年3月号)
 
男の交差点(47)
 
 
景観資源を楽しもう
  折原あつじ 

 我孫子市は景観形成市民啓発事業として、毎年景観シンポジウムを開催している。平成二十四年度からこの事業を、市民の老若男女だれでもが取り組める「我孫子いろいろ八景」をテーマに我孫子の新しい景観資源を生み出すため、「選考委員会」を設置し、この事業を推進することになった。
 市は選考委員会の企画・運営を「我孫子の景観を育てる会」に委託し、運営・事務局は都市計画課景観推進室が支援を行うことにした。選考委員は、景観形成、自然保護及び歴史文化の振興などの活動を行っている六市民団体からそれぞれ推薦された6名で構成する。(団体名は、我孫子の景観を育てる会、我孫子の文化を守る会、あびこガイドクラブ、我孫子野鳥を守る会、ふれあい手賀沼の会、我孫子市民活動ネットワーク)
 今回、「我孫子の文化を守る会」会長の推薦により、私が選考委員を務めることになった。
 平成24年7月、星野順一郎我孫子市長は、市内の小中学校校長(19校)に応募用紙1万2千枚を添付し、つぎの依頼をした。
(依頼文の抜粋)
 今年度は、市民主体で我孫子の景観を探り出すことによって、市民の景観への関心を高め、同時に我孫子の景観資源の発掘につなげることを目的として、「我孫子のいろいろ八景さがし」を行うこととしました。
 老若男女こぞって参加できるよう、児童・生徒が保護者や友だちなどと市内を歩かれたときに目にとまったいろいろな景観を気軽に応募してください。
 児童・生徒・保護者の方に「さがそう我孫子のいろいろ八景」の応募用紙を兼ねたチラシを配布してくださるようお願いいたします。
★第一回選考委員会を開催、募集要領を協議(七月)
・「広報あびこ」8月1日号の第一面に、「さがそう我孫子のいろいろ八景」を掲載。
応募内容①公園八景②坂道八景③成田線車窓八景(それぞれの説明文と選んだ理由を記入・写真は必ず添付)
応募期間平成24年8月1日~9月30日(2か月)以降の広報・告知記事を掲載順に挙げると
・ASA我孫子寿・朝日新聞・ぐるっと千葉・イースト情報
・月刊「とも」・産経新聞など
応募期間(2か月)の有効応募総数は519件
①公園230件 ②坂道229件 ③成田線車窓60件(無効票は61件)
★第二回選考委員会(十月)、選考方法などを協議。現地調査は11月末までに実施することになった。
現地調査には、委員会メンバーが、市のワゴン車2台で2日間「公園・坂道」を、「成田線車窓」は、我孫子駅から布佐駅まで車両の前と後に乗り2往復し調査・選考した。
★第三回選考委員会(12月)では、公園八景・坂道八景・成田線車窓八景の二十四景がほぼ内定した。
 選考の状況は発表まで「極秘」となっている。
 有効応募総数519件のうち選考リストに取り上げた件数は、136箇所で有効応募総数全体の26%。内訳は、公園が38箇所、坂道は70箇所、成田線車窓は28箇所となり、坂道八景が全体の51%を越え、際立って多い。「坂」には「天」と「地」の会話があり、いろいろな物語が埋もれ隠されているのだろうか。
 特に、「坂」のなかで「古戸の坂の十字路」。古くから生活用道路として使われた道幅の狭い道。鄙びた雰囲気があり、「登り」と「降り」、「道の交差」点、そこに人生の喜怒哀楽が行き交っていたのではないかと、往時の情景を想像すると楽しい。
 「公園」は、湖北台中央公園・柴崎台中央公園など、大規模な住宅団地造営に伴い法的な付帯条件として義務付けられるため、宅地には不向きなエリアに多く設置されるため、味も素っ気も無い公園が多い。
 成田線は1時間に2本の電車で、我孫子駅から東我孫子駅・湖北駅・新木駅・布佐駅と五駅で約12㎞。我孫子市は、北に利根川、南に手賀沼に挟まれており、東西に約14㎞、南北に約4~6㎞、海抜20m。市の中央を東西に成田線が貫いている。複線にするための用地は確保しているが現在、複線になる見通しはないようだ。我孫子市は、閑静な文化都市ではある。
 三月中旬に、我孫子市の会場で「八景発表会」と「八景コンサート」のイベントが企画されている。
                                 (当会運営幹事)
 
 46(「ぬかる道」2013年2月号)
 
男の交差点(46)
 
 
3・11 その後(5)
          (大船渡市、陸前高田市)
  中島 久光 

 平成12年12月7日の久しぶりの地震は、揺れはそれ程ではありませんでしたが、長い時間揺れていたので、築後30数年の我が家が大丈夫か心配でした。
 盛岡は震度5弱と発表されましたが、それほどでもなかったので、翌日の新聞を見たところ、盛岡でも藪川と玉山区渋民での震度でした。藪川は冬期に日本で一番というほど寒いところであり、渋民はご存知石川啄木の生地で、合併により玉山村が盛岡市となったところです。
 3・11から1年9ヶ月が経ち、少し油断をしていました。灯油が一缶しかなかったので慌ててすぐにガソリンスタンドに買いに行きました。翌日の新聞を見たところ、かなり行列が出来ていたようです。
 11月26日に大船渡市に行って来ました。気仙地区(大船渡市、陸前高田市、住田町)の芸術祭文化祭の選者兼講師を頼まれました。久しぶりの大船渡市だったので、途中の十字路で間違えて遠野市に出てしまいました。戻ると遅れそうなので、そのまま釜石方面に向かい、迂回して大船渡に行きました。10分ぐらい余計に掛かりましたが、遅刻はしませんでした。
 句会と講評は午前に終り、お昼をご馳走になってお開きになったので、大船渡と陸前高田の被災地を見に行きました。3・11以来初めての訪問です。大船渡にはむかし従姉妹が住んでいたのでその場所へ向かいましたが、道路しかなくて何処が従姉妹の住んでいたところか見当もつきませんでした。
 次に陸前高田へ向かいました。あまり通ったことがない道路ですが、道なりに運転していくと海岸が見えてきて、千昌夫も出資したというホテル一〇〇〇に着きました。あたり一面何もありません。一本松はもう無くなったので高田松原へは行きませんでした。現役時代に働いた銀行の高田支店の跡へ行ってみましたが、跡形もありません。竹駒という土地に支店を新築したと聞いていたので行ってみました。
 奇しくも高校の後輩が支店長でした。彼は3・11の時は高田支店ではなくて、昨年十月に転勤してきたとのことでした。津波にあった土地はこれから十メートルも嵩上げが必要なので、復興までには少なくとも十年は掛かるでしょうとの話でした。
 復興の予算が、被災地とは別のところで使われているとの報道がありました。予算を分捕る官僚のやり方には怒りを禁じ得ない。
 それを許可、認可した人は(やはり官僚でしょうか?)何を考えているのでしょう。

    復興は何時の日なのか街がない    久光
 
 
 45(「ぬかる道」2013年1月号)
 
男の交差点(45)
 
 
行き当たりばったり
  小川定一 

 この原稿が掲載されるのは、『ぬかる道』2013年1月号だから、2012年12月26日に投開票された衆議院議員選挙の結果、新しい議員と政党が決定し、総理大臣も選出され、組閣も完了しているであろうか?
 これまで「解散せよ」と迫る野党へ「近いうちに」と逃げていた野田総理が、党首討論の席上、「国民に増税を強いる代わりに、自分たちの身を削る意味で、国会議員の定数を削減し、それを実施するまでの間、議員の歳費を削減することを条件に、11月16日に解散する」と表明して、野党側も了承して決まった。
 11月17日の朝日新聞によれば、民主党代表としての野田総理は、選挙戦で訴えて行く内容を次のように語ったという。
 ①社会保障制度改革②環太平洋経済連携協定(TPP)など関係国との経済連携推進③脱原発依存 ④冷静で現実的な外交・安全保障⑤国会議員の定数削減や脱世襲政治などの政治改革などなど。
 すると、これらの政策のうち、憲法改正と護憲、消費税など増税の賛否、原発継続か即時停止、TPP会議への参加の可否などの項目毎に意見が別れ、政治集団の合流や離党、新しく政治グループを作る動向が、私には「行き当たりばったり」に見えた。
 この原稿を書いている12年11月17日現在、名乗りを上げている14の政党も、政界特有の合従連衡によって、12月4日の公示の日には変わっているのだろうか。
                     (12月4日現在、12政党……編集部)
        ★ 一子相伝~政治家家業
 政治上の主義主張を実現するためには選挙に勝たなければならない。党も人もである。
 一人の候補者が当選するのは容易ではない。政治的信条の表明とPR、不断からの地元選挙民との交流や便宜、政界での先輩の影響など政治家個人のしがらみは複雑なようだ。
 それらは新人の場合は想像以上のご苦労であろう。チルドレンやガールズに参加出来たのはすこぶる幸運と言える。政治主導と声高に唱え「二番目は駄目か」と華やいだ仕分け作業も鳴りをひそめ、結局は官僚頼みに後退してしまった。
 これらの動きに対抗して考えたのが「一子相伝~政治家家業」である。国会議員は家業ではない。世襲も反対という意見もある。確かに優れた人材を幅広く国会に集めることは、大事なことである。しかし、新鮮ではあるが不慣れな議員が多く、党の幹部の一声で行動する議員でも、院内では貴重な一票ではある。
 高度に進化した科学知識や複雑化した社会機構に対して、二言目には「専門家による第三者機関に於いて良く検討する」と逃げる政府側に、追いつけない国会議員では情けない。
 内閣に対して各分野の専門的知識を持って、堂々と提言できる政治家を党内に育成して、エキスパートとしてその子にも孫にも伝え、世襲議員とするのである。
 国会議員削減が叫ばれている今だからこそ私は言いたい。
 一方では、地方自治体の首長が国政を司る政党の旗をふり、国策に意見を述べ行動している。公務員、地方議員とともに首長が、現職のまま立候補する制度の検討を提案する声もあるが、私にはにわかには賛成できない。私の一票はあちこちに通用するように器用にはできていない。(最近の新聞・テレビを参照)
  
  
 45(「ぬかる道」2012年12月号)
 
男の交差点(44)
 

  老沼 正一 

 「図書館」と言う課題が顔を出したので、久し振りに図書館へ足を運びました。
『類代別番傘川柳一万句集』、『続類代別番傘川柳一万句集』、『新版川柳歳時記奥田白虎』、を開架に見つけたので早速借り出し、『川柳読本岩井三窓』(岩井三窓著)は、千葉県立の三図書館(中央、西部、東部)には無いとの事。ネットで調査してもらい、鎌ヶ谷市立図書館にはあると言うことで借入れ予約申込み、後日メール便が到着したら連絡するとの事。
 借り入れた本と辞書を机に並べ早速作句を開始すれどイメージが膨らんだり縮んだり遅遅として進まず、悪戦苦闘!影も形も産まれてこない。咽はカラカラ。館外の自販機コーナーでコーヒータイム。緑の多い空気を吸い直してみたが、目は休めたが脳味噌はエンスト中。都立日比谷図書館なら館内に喫茶室食堂があるの
に、冬の空っ風は厳しすぎるなあとボンヤリ。館内の机に戻り類代別一万句集にもあたってみたが、課題「図書館」が見当らない。
 川柳読本岩井三窓が鎌ヶ谷図書館から届いたとの連絡あり借り出し手続に図書館へ徒歩で行く。
 川柳読本から「図書館」の句が見つかりましたので記してみます。
  図書館で若さうちのめされて出る(昭和28年)
  旅の身の図書館にいて生き返り(昭和32年)
  其の他の句
  放射能はなかった明治青い空(昭和33年)
 東日本震災以後、小生も放射能の句を詠んだが、昭和33年と言えば二十歳。ボンヤリと成人式を迎えたことは記憶にあるが、放射能はビキニ島の原水爆実験のことか?
  秋はよしうどんに酒にたこやきに(昭和33年)
 大阪の秋もいいなあと思った。小生、当時は肺結核長期療養が終り復職したばかり酒はあまり、最近は!?
 お邪魔している千葉県立西部図書館は平成24年7月1日満25歳を迎える。イベントとしては「サイエンスカフェ」の開催が予定されている。県立図書館としては中央図書館に続き2館目、その後平成10年に東部図書館が開館し現在3館体制となっている。
 残念なのは、川柳関係の図書が開架には約30冊程しかないことです。
 西部図書館の隣には、自然豊かな「21世紀の森と広場」がある。蛇が散歩していたり、カルガモの親子にあえることもあります。
 管理人の話によると「カラス」が大敵で、子の数を翌日数えると減っていくのが残念とのこと。
  蝮(まむし)に注意の立札が湿地帯にあり。
 広場の外周総延長3600m。園内には千駄堀池、パークセンター、縄文の森、自然生態園、バーベキュー、カフェテラス、里の茶屋等も用意されている。
 読書疲れの回復に、ウォーキングに最適な森の広場です。一度ご利用してみませんか。
 新八柱駅(JR武蔵野線新京成線)徒歩15分。バス便もあります。
西部図書館電話047・385・4133
広場の管理事務所電話047・346・0121
お出掛けの際は事前にお電話を。
 軸 吟 ?
  図書館の広さは要らぬ電子本
               江口 信子選
                        (八千代鶏鳴川柳会5月例会)
       付録「放射能の句」
  コンパスでふるさとを消す放射能
       犬吠大賞受賞作(平成23年度)
 哲男代表他諸先輩の賜と厚くお礼申しあげます。
                          (八千代鶏鳴川柳会会員)
-
 
 43(「ぬかる道」2012年11月号)
 
男の交差点(43)
 
「地産地消」と「道の駅」
我孫子市  折原あつじ

 先日、ある経済週刊誌の特集で「食料非常事態」―爆食と凶作の時代を生き抜くーが目に刺さった。
 冒頭に、今年の2月、習近平国家副主席が、米国の穀倉地帯アイオワ州で生産された大豆862万トンを、43億ドル(約3400億円)で中国に輸入する契約を結んだ。(これは穀物輸入大国の日本が調達する大豆の3年分に相当する) 大手商社の穀物トレーダーは、その圧倒的なスケールに愕然とした。
 6月には温家宝首相が南米を歴訪し、農業分野の関係強化を確約。さらに中国は世界中の牛や豚の優良種を買い集めているとされる。
 中国は大豆の全量自給を諦め、2002年に純輸入国に転じて以来、十年で年5700万トン、世界の貿易量の6割を買う輸入超大国に変貌した。2010年にはトウモロコシでも本格輸入を始め、2020年までに日本を抜き最大輸入国になる。日本単独での穀物買い付けは、中国の台頭で「買い負け」が常態化し、中国向けの輸送船から、一部を日本に振り向けてもらうあり様だ。
日本政府は2020年に、食料自給率(カロリーベース)50%を目標に掲げているが、作年度の実績は39%。食料調達環境が劇的に悪化する中で、日本の食料安全保障は脆弱さを露呈している。
 
 いまテレビのスイッチを入れると、毎日どの時間でも、どこかのチャンネルで、食に関する番組が放映されている。日没後の繁華街には、地べたに座り込んでコンビニ弁当をかき込んだり、繁華街を歩きながらハンバーガーをパクつく姿は、今や取り立てて
特別な光景ではない。いつでもどこでも、食べたい時に食べたいものを食べることができる。食に関しては便利な国になっている。
 
 50年前、日本の食料自給率(カロリーベース)は73%、イギリスが41%、ドイツが66%で、日本の自給率は、イギリス・ドイツに比べて高かったが、それから45年後の平成19年には、日本は40%、イギリス65%、ドイツ80%になり、約50弱年で日本がマイナス33%、イギリスがプラス24%、ドイツ14%で、日本の自給率は右肩下がりで歯止めがからない。
 日本の食料の海外依存率が大きく上昇した最大の理由は、食生活の変化で、自給可能な「米」のシェアが大きく縮小し、畜産物や油脂類、畜産物の消費が大幅に増大し食料輸入につながったことなどによる。
 食料を輸入して、消費者の口に入るまでに、食料がどれくらいの距離を運ばれてきたかを数字で表したのが、フード・マイレージ(HM)というそうだ。日本のHMを100とすると、フランス1.2、アメリカ3.3、ドイツ19.1、韓国でも35.2と日本に比べ、他国の食料の海外依存率は、かなり低いことがわかる。なるべく近くで生産された食料を消費することで、輸送に必要なエネルギーや、燃料消費に伴う環境負担が軽減できるわけだ。
 「地産地消」(地域生産地域消費)は1980年代に農水省生活改善課の「地域内食生活向上対策事業」からの造語とされる。
 当時、輸入農産物が市場に氾濫し、食の安全性がクローズアップされた。こうしたなかで、地域で生産された「安心・安全」で高品質な農産物・水産物をその地域で消費することで、生産者の収入安定を図るなど、多様なインセンティブによって推進された。
「道の駅」は、1993年4月22日、全国103箇所の施設が正式登録され、16年後の2012年9月14日現在では、全国に996箇所ある。
 
 我孫子から手賀大橋を渡ったところに、千葉県内で8番目にオープンした柏市の「道の駅しょうなん」がある。「地産地消」を取り込んだ明るいいい店になっている。
 我孫子市には「道の駅」はない。
 
 42(「ぬかる道」2012年10月号)
 
男の交差点(42)
 
3・11 その日その後(4)
盛岡市  中島 久光

 募金
 過日、テレビを見ていたところ、大震災その後の特集をしていた。そのなかで、ボランティア活動をしていた大学生にインタビューをしていたが、当初と違ってこのごろは募金活動をしていないとの事だった。
 何故かと問うと、募金をするためには、道路使用許可を警察から受けなければならないが、そのためには使用料2500円を納める必要があり、7ヶ所もあると17,500円もお金が掛かるので、大学生としては大変な出費になるとの事だった。
 これを見ていて大学生時代を思い出した。大学二年生のときは昭和39年、丁度東京オリンピックの年で、大学の寮の慣例として寮の委員会は二年生が担当することになっており、私もその一員を担っていた。秋ごろと記憶するが、その年、新潟地震が発生し、寮の先輩諸氏から寮として何か役に立つことをしようとの提案があり、募金活動をすることとなった。数人は東一番町(当時は東一番丁と言っていた)へ募金に出かけ、私は道路使用許可を得るため北署に出かけた。
 社会のために役に立つことなので、無料と思って申請をしたところ、道路使用料八百円とのことだった。当時800円と言えばかなりの額である。一年生で初めてアルバイトをした時は、日当550円だったので、800円は日当以上だったと記憶する。
 集まった募金から貰うことも出来たかとも思うがそうもいかず、自己負担となってしまった。貧乏学生としてはかなり苦しい生活を余儀なくさせられた記憶がある。
 集まった募金を何処に預けるかなどの展望は持っていなかったが、寮の先輩で朝日新聞仙台支局に勤務していた方がおり、その方に募金を託したところ、新聞の地方版の片隅に記事として扱われたのでほっと胸を撫で下ろしたものである。
 私の寮での募金は行き当たりばったりの行為であり、疑わしい面もあり道路使用料を取られるのも致し方ないかとも思うが、はっきりしたボランティアの団体の行為も同列に扱われるのでは、人のため社会のために何かをしようという考えを潰してしまうこ
とになると思う。
  募金するためにひとまず金が要る   中島 久光
 
 41(「ぬかる道」2012年9月号)
 
男の交差点(41)
 
のらねこと地域猫
小川 定一

 まず、愛猫家や愛犬家のみなさまにお詫びいたします。
五月末の金曜日の夕方、見るともなく門を囲む石垣の植込みの中を覗くと、金色の目をぎらぎらさせて、敵を威嚇するように見ている猫がいた。びっくりしてさらによく見ると、足の方に何やら蠢いている気配がする。猫の赤ん坊らしい。
 子供の頃、「動物は飼ってはいけない」と教えられてきた私は、人間以外の動物は苦手で、嫌いである。この時も恐怖心と嫌悪感を抱いたが、直ぐには追っ払わず、家内を呼んで相談した。家内の実家に、祖母が飼っていた猫がいたのを思いだしたからである。
 名案もないまま「明日、市役所に相談しよう」ということで、土曜日に電話をすると、各部とも休業。それでも、電話に出た守衛室の人は「柏市は生きている動物は引き取りません」と言う。
 それではと、町会長に相談すると、同じような話が多くあって困っているが、「取り敢えず餌をやらずにしておいて、月曜日に市役所と相談する」と言ってくれた。
 ところが、土曜日から雨が降り続き、猫の一家が濡れてはいないかと、月曜の朝、植え込みに屋根を作ってやろうと、厚手のビニールを持って行くと、そこはもぬけの空。幅三十センチ、奥行き二十センチの空間はきれいさっぱりで、隣の猫好きの老婦人が
内緒で与えたシュウマイも跡形もなく消えていた。布団代わりかドクダミの葉が横たわっていたが、よくもこんな狭い場所を選んだものだと、改めて感心させられた。
●姿を消したとなると心配になる
 三日間母乳は足りたのか。数匹いたと思われる子猫を、高さ五十センチはある石台からどうやって下ろし、何処へ連れて行ったのか。今どこにどのように住んでいるのか、と気になった。
 この家の住人が、普段から冷たい私だから多くの期待は持てないと、さっさと引き上げていったのか。勿論良い気分ではない。その証拠に、利用し始めたばかりの、無呼吸症候群のCPAPマスクが、猫の鳴き声のような異様な音をあげ、何回も目を覚ます
夜が続いた。
 この前後のマスコミは、佐渡のトキの産卵、ヒナの誕生、巣立ち。7月に入ると、上野動物園のパンダの妊娠、出産、さらに死亡まで国民的出来事と報道。千葉県では、千葉市動物園で双子のレッサーパンダが生まれ、鴨川シーワールドではシャチの子が生まれ、母子が寄り添って泳いでいる写真を公開した。
 動物園や遊園地の動物の赤ちゃんが祝福されるなか、町の片隅で生まれた猫の母子は、いずことも無く消え去ってしまった。
●「のらねこ」が「地域猫」になる日は
 自分自身で懸案にしていた「地域猫」について市役所に聞いた。
猫の場合は、扱いに困った子猫を有料で引き取っているが、「地域猫」として地域の人々の協力で責任を持って飼育する組織が出来た場合に、その団体に認可を与え、猫を「地域猫」と認定するケースがあるという。
 過日、ある会合でこの話をしたところ、東京都下の市に住む友人から、「近隣の世話役の紹介で猫の飼育を頼まれ、いま、三匹になった」と聞いた。おそらくこれが「地域猫」だと思った。
 しかし私の周辺で「地域猫」の話が出ても、私には賛成出来ないし、猫は飼わないだろう。折角、縁が出来たのにやはり冷たい態度だと、猫が怒る声が聞こえる。「謝るよ。ごめんな」
 
 

40(「ぬかる道」2012年8月号)

男の交差点(40)
 
 
「ぬかる道」5月号「信彰の色眼鏡」を読んで。思いつくまま記しました。
老沼 正一 
  
1・オイアクマ
 自分流には「老悪魔オイアクマ」と言ってセールの心構えとしていた。
老沼は悪魔?!
  オ・怒るな
  イ・威張るな
  ア・焦るな
  ク・腐るな
  マ・負けるな
 約50年前の青年セールスマン時代のことである。このフレーズは、住友銀行の堀田元頭取が利用していたと記憶する。無断借用していたが、もう時効かな? しかし若さが爆発して中々実行できませんでした。
 
 2・住友銀行創立100周年広告のお化け
 担当重役が広告会社と打合せ、アイデアを聞く。各会社ともグッドな提案がないので、イライラが続いていた。
 あるコピーライターとの打合せで、頭をガツンと殴られたようだと。
 「住友」の中に百周年の百があると。見えませんかと言われたが、全然見えてこない。
 やおら立ちあがり、ライターがボードに、「住友」の漢字を大きく書いてからも百は表れない。漢字のとなりに次のように大きく表記した。これを見て重役ビックリ嬉しがり即決、重役会もすんなりと通過した。
 その表記は
   S
   U
   M I
   T O
   M O
 この通り100周年の100が表れました。
 このロゴが採用され広告宣伝に多いに役立った。この発想を川柳に柳用したい。
 * 住友銀行からは広告料はいただいていません。
   本当は……。脳活性化の為に書きました。
 1・2・とも記憶を吐きだしたものです。ミス、ご迷惑をおかけしましたらお詫びいたします。
 
3・次は平将門の関係ある合戦を羅列しました。
 ①染谷川の合戦
 ②野本の合戦(弓矢の戦い。馬にのった武将が近づいて矢を放つ、国香はげしい矢合戦)
 ③川曲村の合戦(「将門など何程の者ではない」矢戦からはじまり、騎歩入り交っての激戦となったが将門軍は終始圧倒した。)
 ④蚕飼の合戦(弓矢)
 ⑤弓袋峠の合戦(山中矢が届かない。将門、良兼の争い。)
 ⑥千曲川合戦(千曲川で追いつき合戦となる。)
 ⑦国府攻略
 ⑧下野国境の戦い(良兼、真盛敗北)
 岩井は西行すれば近いのであるが、そこには、川や湖があって大軍が進むのに適さない。将門は馬を捨て歩兵となって敵の先陣に矢を射った後切り込んだ。
 ⑨小貝、堀越の戦い(将門敗北)
 ⑩恩情
 将門はすぐ、武蔵、相模にいたるまで巡検する。新皇のはじめての諸国巡検であった。新皇には、まだ気がかりが残っていた。貞盛が常陸の奥にひそんでいたからだ。天慶3年1月中旬、新皇は五千の兵を帯して常陸の国に向かった。那珂、久慈の両郡にあった豪族藤氏らは贅美をつくして、新皇を歓迎したが、貞盛については「浮雲のように飛び去り飛び来りて、宿処不定」どこにいるのかわからないという。そうこうするうち、蒜間江のほとりで貞盛の妻と源扶(たすく)の妻を部下の将がつかまえた。
 裸同然になっている。将門はあわれに思い衣服を与え、歌をおくって自由の身にしてやった。
 
  よそにても風の便りに吾ぞ問ふ
    枝離れたるや花の宿りを        新皇将門
   返歌
  よそにても花の匂ひの散りくれば
    我身わびしとおもほえぬかな      貞盛の妻
  花散りし我身むならず吹く風は
    心むあはき物にありける         源扶の妻
 
⑪将門は岩井に入り兵千人たらずをもって田沼山中の秀郷軍とあいまみえる。この日、春一番の大風が吹きあれ、枝葉をならし土砂をまきあげた。
 「将門記」によれば新皇の面の楯は前を払って自ら倒れ、貞盛の北の楯は面を覆うとあるからあきらかに南風だったのだろう。はじめこの風は将門に味方した。風にのって射る矢は矢頃を長くし、遠くからより多く相手をたおした。
 しかし戦いめぐるうちに将門は吹下に立っていた。すでに夕刻であった。自ら甲冑を着「駿馬」にまたがって戦っていた将門に運命の時は近づいていた。将門38歳。?
⑫関宿
 関東平野の中心部に位置する関宿は、利根川、渡良瀬川、常陸川の三大水系が結節する地で関東各地から人員や物資が集散する内陸水上交通の要衝であった。
 相模国の北条氏康、越後国の上杉謙信、甲斐国の武田信玄が関東の覇者を狙って三つ巴の争いを各地で繰り広げてきたが、彼らにとって戦略上の拠点として関宿を手に入れることは頂点に立つための必須条件であった。
「関宿の合戦」
 一四七七年(文明九)七月、一四九三年(明応二)上杉方の兵が関宿城を攻め寄手が敗北して引き返した。特に明応二年のときは上杉勢として江戸、豊嶋、戸田、石神の諸勢が押し寄せ八日間に及ぶ合戦をくりひろげたが、寄せ手は関宿を開城させることができなかった。この後一五七三年(天正元)小田原の北条氏政が関宿へ攻撃をしかけ、合戦に及び氏政の兵も関宿を落城させることはでなかった。
 翌天正二年にも再び攻撃されるが成功しなかった。
 * 天気晴朗なれど水軍表れず残念!

 * 参考資料
「将門の空と大地」芦原修二著鷹書房
「平将門草原の野火」青木重数著新人物往来社
「真説平将門」中山茂著新人物往来社
「千葉県大百科事典」
(株)千葉日報社
「戦国の争乱と関宿」千葉県立関宿博物館発行

「忘れ物」
  足鳴らしスタートを切るジャズバンド
*この句は「デキシー・キングス」を思い出して詠みました。
バンジョーマンに同じ町(足立区西新井)のZ・T氏がおり勤務先の先輩(趣味、バンジョー)の同級生と知り紹介を受けよく聴きに見に行きました。楽屋ものぞかせてもら
いました。Z・T氏はアメリカに渡りアメリカの子供達にバンジョーを指導し、子供達を引きつれヤクルトホールで演奏を実演。約半世紀前の画が眼前に表れました。
取りあげていただきありがとうございます。
                             (八千代鶏鳴川柳会)
 
 

39(「ぬかる道」2012年7月号)
 

男の交差点(39)
 
根岸の子規庵
 
盛岡市  中島 久光
 昨年一月中旬、根岸の子規庵を訪ねた。
 南の庭園に面する病室の隣に八畳の座敷がありかって、そこに句会の参加者(一〇人前後か)が座り、子規は、隣の六畳の病室に敷いた布団の中で、肩ひじをついて身体を起こし窮屈な姿勢で句会をしていたようです。、句会はしばしば午後十一時ごろまで及ぶことがあったという。
 子規は名前マニアで、その生涯で百くらいの名を用いていた。
たとえば
常規凡夫 丈鬼 子規(シキ、ホトトギス)  獺祭魚夫(だっさいぎょふ)  秋風落日舎主人野暮流(のぼる)  盗花(とうか)  莞爾生(かんじせい)  蕪翆(ぶすい)  迂歌連達磨(うかれだるま)  馬骨生(ばこっせい)  虚無僧 色身情仏浮世女之助西子 獺祭書屋主人地風升(ちふうのぼる) 水晶花児 卯の花舎 竹の里人むらさき台南生 越智所之助など
 三十歳(明治三十年)ころからは、子規、獺祭書屋主人、竹の里人を多用するようになった。
 雅号が仮面となり、新しい人格になることを楽しんでいたのではないだろうか。
 子規は、慶応三年伊予国温泉郡藤原新町で、父正岡隼太(常尚)、母八重の長男として生まれた。常尚は松山藩の上級武士で役職は御馬廻加番で俸禄は、十四石であった。
 子規の友人の秋山真之の家は代々十石くらいの家禄であった。司馬遼太郎の「坂の上の雲」では、秋山真之と兄の好古、子規を主要な人物として描いているが、家が貧しい秋山兄弟は学費のいらない軍関係の学校で学んで軍人となり、子規の死後、日露戦争で活躍した。母八重は、松山藩の儒者であつた大原観山の娘で、父常尚の死後、子規は大原家に庇護されて育った。
 正岡家は明治二年に全焼した。その出火原因は、父常尚が曾祖母といっしょに酒を飲み七輪の火の始末をしないで寝たためと、言われている。子規の回想では、父常尚は大酒飲みでそのため早世したという。

 子規がベースボールに興味を示すのは明治十九年(子規十九歳)ころから。
 子規の雅号に升(ノボル)に別の字をあてた野球(ノボル)能球 がある。
 子規が「ヤキュウ」と発音した形跡はなく、「ボール」「ベースボール」と呼んでいた。
 子規が翻訳した野球用語は
ベース(本基・一基・二基・三基) ホームイン(廻了) アウト(除外) ストライカー(打者) ラナー(走者) ピッ
チャー(投者) キャッチャー(攪者)
 ヂレクトボール(直球) フルベース(満基) フライボール(飛球) など
 子規は日本の野球界の草分け的存在であり、没後百年の平成十四年に、野球殿堂入りしている。
子規の「ベースボールの歌」の一部を紹介して、お別れとしよう。

  久方のアメリカ人のはじめにし
   ベースボールは見れど飽かぬかも
  若人のすなる遊びはさにあれど
   ベースボールに如く者はあらじ
  九つの人九つのあらそひに
   ベースボールの今日も暮れけり
  今やかの三つのベースに人満ちて
   そヾろに胸のうちさわぐかな
  うちあぐるボールは高く雲に入りて
   又落ち来る人の手の中に
       ―「ツー除外満基」という場面かな? ―
 
 38(「ぬかる道」2012年6月号)
 
男の交差点(38)
 
3.11 その日・その後(3)
 
盛岡市  中島 久光
 平成二十三年十月二日(日)
 大学は仙台で過ごしました。仙台学生会館という寮で生活をしましたが、今でも年一度集まりがあります。今年は大地震があったこともあり、松島で開かれることになり出かけました。「パレス松州」に三十人ほど集まり旧交を温めました。
 その日のメインは、二年先輩の方が南三陸町に住んでいて九死に一生を得たとの体験談でした。質疑応答で今の南三陸町の町長はどうなのかとの質問がありました。実は二十二年の町長選で先輩が出馬し、今の町長に敗れたとのことでした。
 今の町長は、大震災発生後防災会議を開いたところ、津波が来たので防災施設のアンテナに一番に逃げたそうです。二番が総務部長とか防災部長とか言っていました。会議に出ていた沢山の人が津波にさらわれたそうです。先輩が町長になっていたら、部下に譲って本人は犠牲になっただろうということになり、落選してよかったとの結論を得ました。
 天皇皇后が南三陸町のお見舞いに訪れ、海に向って黙祷を捧げた時に、いまの町長が並んでしょうとして、宮城県知事に後に引っ張られたのがテレビに出ていたそうですし、どこかの会社がトレーラーを南三陸町に貸与したところ、町長は自分の家族用に使用していたとのことでした。自分はかなり広い家を持っているそうです。
 議会や有志が質問状を町長に出す予定だといっていましたがどうなったことやら。
 次の日、南三陸町は二時間ほどと遠いので、石巻市に行ってきました。7ヶ月過ぎてはいましたが、瓦礫の山はそのままという感じでした。
 
     被災者を思えば不満など言えず    久光
 37(「ぬかる道」2012年5月号)
 
男の交差点(37)
 
どっこい生きてやる
 
小川定一
 ★「七十歳死亡法案、可決」
 3月5日付読売新聞夕刊の「本よみうり堂」に紹介された本の題名にドッキリした。「七十歳死亡法案、可決」とある。
 その前日、87歳を一期に他界した長姉の納骨を済ませ、ホッとした時であったので、一層驚いたのかもしれない。
 本の最初の「週刊新報・2020年2月25日号」の記事の要諦を記述すると、「七十歳死亡法案が可決され、皇族以外の日本国籍を有する者は、七十歳の誕生日から30日以内に死ななければならない。そのため政府は、安楽死の方法を数種類用意する方針で、対象者はその中から自由に選択できる。この法律の施行により、初年度、すでに七十歳を超えている者を含めて2,200万人、次年度からは毎年150万人で高齢者減が推移すると試算され、高齢者による国家財政の行き詰まりは解消される。人権侵害の最たるものと、世界中から非難を浴び、法律の廃止を求められているが、少子化に悩む国は静観の構えである。
 戦後日本は、食糧事情が良くなり、医療も進歩して平均寿命を更新したが、本来、喜ばしいはずの長寿が、国の財政を圧迫し、一方では、介護する家族の人生を台無しにする側面も出た。施行は、2年後の4月1日である」というようになる。
 物語は、東京の中流サラリーマンの一家が、直面している老人介護と嫁姑問題、遺産相続、就職難とひきこもり、定年前に退職して趣味に生きようとする中高年層、また、「裏の法律」を駆使して法の網を潜り抜けようとするなど、人間模様が描かれる。
 ★ 2022年を10年前倒ししたら77歳の私は、8月の誕生日から9月の10日までに死ななければならない。残り5ヶ月の間に解決しておくべき事柄を整理しておくとなると、「断捨離」では間に合うまい。
 まず、「裏の法律」は使わない。法律遵守でいこう。
 遺産など無いも同然、古くなった家屋だけだ。息子と娘で相談し売り払って半々にしたら良い。そうだ、男二人、女二人の孫にも祖父母からと言って、それらしく遺すように言っておこう。本をはじめとしたガラクタ類は毎日通ってくる回収屋に頼もう。
 安楽死に政府はどんな方法を用意してくれただろうか。葬儀は面倒になるだろうか。墓地は決めてあるから、戒名を住職に頼みに行く。時間もないから家族葬が良いか。ただし、両隣には報せておこう。でも、両隣も対象者だったなあ。こんな騒ぎが日本中で起きたらどうなるのだろう。
 ★ それほど老人を粗末にしていいのか
 この小説には、東日本大震災についての記述はない。地震・津浪によって約2万人の生命が失われた。みな明日の命が保障されていると思って生活していた人ばかりである。法律で人の死期を決めるなど、神をも怖れぬ所業と天の罰を受けるだろう。
 老人を大切にしなさい。何故ならば、日本の金融資産1400兆円のうち、800兆円は60歳以上の高齢者が所有している。賢い政治家は相続税などで高齢者の懐を狙ってくるだろう。
 私には資産などないから、税金の圧力も受けない。戦後間もない頃の映画の題名をもじって、「どっこい生きてやる」で行く。
 参考図書
  ①垣谷美雨著「七十歳死亡法案、可決」
  ②鈴木亘著「だまされないための年金・医療・介護入門」
  ③長谷川慶太郎監修「震災後の日本経済がわかる本」など。
 
 36(「ぬかる道」2012年4月号)
 
男の交差点(36)
 
気になる言葉
 
老沼正一(当会幹事)
 西郷従道は隆盛の弟で、慎吾とも言っていた。隆盛は「敬天愛人」無私の人であった。無とか空とかいうものは天の神に通じる。
上に立った場合、みずから考えて走りまわるより、有能な下僚をみつけて言う。
「おはん、頼む」
 大方針をその人に言い聞かせた以上、こまごましたことは口出ししない。
 もしその人が失敗すれば、上に立つ自分がひっかぶる。自分自身を空にしてしまえば、知力あり学問のある人が寄ってきて自分をたすけてくれる。真空状態にしておけば、有益な人知、人力が吸い寄せられてきて、大事を成しとげることに力を貸してくれる。
 こういう隆盛の薩摩は物事の本質をおさえておおづかみに事をおこなう、政治家や総司令官のタイプを多く出した。
 西郷従道はいとこの大山巌と同様、陸軍に属していたが、陸軍中将の身分のままで海軍大臣になった。
     海軍のことは何も知らなかった。
 権兵衛(山本権兵衛。当時海軍省大臣官房主事)は海軍軍政の現状と課題を冊子にまとめ、大臣の教科書用に提出した。
 「大臣、先日の書類見て下さいましたか」
 「イイエ」
また数日後、問うた。
 「イイエ」
権兵衛は虎の眼をしているという。けわしい眼付でいると、西郷が品のいい声で、
 「山本サン、私が海軍のことがわかるようになると、ミナサンおこまりになるのではないかな。私は海軍のことがわからない。ミナサンはわかる。ミナサンのよいときめたことを私が内閣でとおしてくる。それでよいのではありませんか」
 西郷従道というのは、そういう大人物だった。
 伝説の名参謀、秋山真之 神奈川武利著PHP文書 抜粋
 ※どちらかのだれかに読ませたい・・・?
 
 脚本家のスキータレツという一外人は、横浜市内で遭遇した地震の印象を次のように記している。かれは、来日後妻とともに大森のホテル望翠楼に二ヵ月間滞在していたが、横浜市山の手の中村町にある借家に転居することにきめ、その日九月一日に引越荷物をもって横浜市内に入ったのである。
 地下を走る列車の音が、私の足下から噴き上がってくるように思えた。篩(ふるい)の上にある穀粒がふるわれるように、私たちははね上げられた。立ってはいられなかった。私と妻とは反対方向に数歩揺り離されて、手をとり合うこともできなかった。
 そのうちに私たちは、家の垣根にたたきつけられ、互いに抱き合って垣根にしがみついた。車夫は荷物に抱きついている。不思議にも、私は少しの恐怖も感じなかった。
 私は、死を考え、妻と離れずに死にたいと思った。その時、再び強い地震が起こった。
 大地は怒り狂ったように揺れた。
 人々が、傍らの家の広い庭に続々と入ってきた。庭は、たちまち避難者でいっぱいになった。かれらは、さらに襲ってくるかも知れぬ地震にそなえて大木につかまりながら坐っていた。私も妻と庭に入って、土の上にしゃがみこんだ。
 日本人群衆は、驚くべき沈着さをもっていた。庭に集まった者の大半は女と子供であったが、だれ一人騒ぐ者もなく、高い声さえあげず涙も流さず、ヒステリーの発作も起こさなかった。すべてが平静な態度をとっていて、人に会えば腰を低くかがめて日本式の挨拶をし、子供たちも泣くこともなくおとなしく母親の傍に坐っていた。
 その間にも、土地は揺れつづけ、丁度船に乗っているようであった。
 被服廠跡の惨事は、突然起こって大旋風と敷地にぎっしり運びこまれた荷物の燃焼によって起こった大火災によるものであった。
 その旋風については震災予防調査会委員寺田寅彦博士が調査結果を報告しているが、旋風の規模は、世界にも類を見ない激烈なものと判定している。
 関東大震災 吉村昭著文春文庫 抜粋
 ※大正十二年九月一日午前11時58分44秒
 関東大震災。M7.9。88年前の日本人の品格ある振る舞い・・・外国人が感動・・・
 現在も……忘れた頃に寺田寅彦博士……・
 復旧、復興の一日も早いことをお祈りいたします。
 
 「野村胡堂と時事川柳」
 銭形平次が、ようやく世間に名を知らされるまで、それはかなり長い間かかった
(永井龍男)
 《銭形平次の住まいは・・・。(お江戸の)神田明神の崖下の、ケチな長屋。(中略)
 子供がないが、年中ピイピイの暮し向きで、家賃は三つたまっているが、大家は、人がいいから、あまり文句をいわない。酒量は大したことはないが、煙草は、尻から煙が出るほど吸う。年は、何時までたっても三十一。(恋女房の)お静は八つ違いの二十三。平次がウマの年だから、これは、私と同じ》
 岩手・紫波(しわ)出身の「あらえびす」こと野村胡堂がつづった平次の横顔である。
 『銭形平次捕物控』は、昭和6(1931)年春、新月刊誌『オール讀賣』に初お目見えした。胡堂は48歳。報知新聞で社会部長や学芸部長を経て、編集局相談役として時事川柳担当する一方、数年前から小説も書きはじめている。
 冒頭は、「讀賣」の編集部にいた、のちの文壇の重鎮、永井龍男の一文だ。
 永井が胡堂の没後に発表したこの随筆によると、月刊化した「讀賣」の売れ行きは悪かった。翌年には廃刊寸前にまで追い詰められ、”面目一新“という最後の一手を打つことになった。はじまったばかりの「平次」も打ち切りが通告された。すると、何とあろう、胡堂から《向う一年間、無原稿料で結構だから、引続き連載させて欲しい》という書簡が送られてきた。
  「中略」
銭形平次の最大の愛読者は、自分のせがれではなかったかと今でも思う。(野村胡堂)
 私は声をあげて慟哭した。この悲しみは、三人の子を喪ったものだけが知る深刻なものであった。  (野村胡堂)

 産経新聞 次代への名言雨ニモマケズ編 一部略転用
 ※「平次」の愛読者であったお子さんは、十代二十代で亡くなられた。親より先に子が……
言葉がありません。
 時事川柳の話に戻します。
 野村胡堂担当の時事川柳を見たくなりました。
 早速、電話。産経はデーターなし、読売新聞を紹介、電話するも報知時代のデーターなし、報知ならと電話番号を教わり電話。報知もデーターなし。国会図書館ならデーターがあるかもと国会図書館の電話番号教わる。
 電話し、早速国会図書館へ。満18歳未満入館禁止、新館4階新聞閲覧室でマイクロフィルムを見る。小切手以来の何十年振りのマイクロ、写りが不鮮明、誤字はマイクロの所為お許しを。
 
 昭和6年1月4日付報知新聞
報知川柳に谷脇素文氏の挿絵
 選は「野村胡堂」氏
 報知川柳を掲載してから丁度10年になります。今回川柳漫画の大家谷脇素文画伯にお願いして、毎日入選句に材をとった挿絵を描いて頂くことになりました。
 選は十年来「報知川柳」を育てて来た「野村胡堂」氏が引き受けます。
 時事川柳に関する議論はいろいろあることですが、兎に角、折りにふれてその日その日の溌剌たる事件に諸々の社会相に警抜にして、快適、深刻にしてしゃ落な観察を下すことは、この短詩形に運命づけられた絶好の境地と申してよろしいでせう。以て、その日その日の詩情を放散し、社会の最先端に立つ文明批評家を以て任じようではありませんか。
揮って御投句を願います。
  「投句規定」
 用紙 ハガキ 一枚五句以内
 賞 天 五十銭 地 三十銭 人 二十銭
 賞金は12ケ月づつまとめて送る。
 投句数おびただしく、選者の労苦容易ならざるものなるにつき、一人一日ハガキ3枚15句に限られたし。
 時事問題またはその時の風物を扱わざる句は採りません。
  以下入選句の一部
 横綱も一人になると光って来
 宮城山一人になって淋しそう
   (昭和6・1・9)
 庭球の型で姉さん羽子をつき
 軍服がきっちり合って一つ撮り
   (昭和6・1・10)
 入営の言葉少く父は居る
 百貨店売場売場のお正月
   (昭和6・1・11)
 やぶいりを母はなかなか寝かせない
 国技館前へめ組の紺匂い
   (昭和6・1・18)
 昭和6年にも一人横綱、庭球、軍服、入営、やぶ入、め組、等々時代を感じました。
 
 
 35(「ぬかる道」2012年3月号)
 
男の交差点(35)
 
楚人冠記念館と邸園
 
折原あつじ(当会幹事)
昨年の12月16日の広報「あびこ」の記事(一面)に、2011年の「10大ニュース」が掲載された。
10大ニュースのなかに、「杉村楚人冠邸園がオープン」・・・
11月1日、杉村楚人冠が愛した庭と建物をオープンしました。
楚人冠は明治45年に現在の緑2丁目に居を構えました・・・

 
 近代日本を代表する国際ジャーナリスト楚人冠(本名広太郎・1872~1945)は、明治末期から昭和初期まで東京朝日新聞を舞台に活躍し、多くの業績を残した。
 楚人冠がジャーナリズムの祖といわれるのは
 一、投書欄の設置   二、アサヒグラフの創刊
 三、縮刷版の発行   四、記事審査部の設立
 五、調査部の設立   六、新聞学の創始など
 
 明治40年、朝日特派委員として渡英。汽船で敦賀からウラジオストックに渡り、シベリア鉄道でペテルスブルグ、ベルリン、パリ経由でロンドンに行き、約2ヵ月間の体験を、翌明治41年「大英游記」として出版し、ベストセラーになり、楚人冠の文名は一挙に高まった。(36才)。また、中央大学や慶応大学の教壇に立ち、その講義録を「最近新聞紙学」としてまとめ、ジャーナリスト志望の研究資料となった。
 楚人冠は、明治45年、緑2二丁目に約25㎡の小屋を建て、週末に大森から通いはじめる。
 
 大正12年の関東大震災で、次男と三男を建物の倒壊などで失い、再起を図るため翌年、我孫子に一家で転居し、死去するまで二十年余りを我孫子で暮らした。
 楚人冠は我孫子に永住を決め、我孫子を文化発祥の地にしたいとの熱い思いがあったようだ。
 
 俳句結社「湖畔吟社」の設立を提唱したのは、昭和5年、58歳のとき。草創期の会員は汽車通勤で「毎日顔を合わせる停車場の駅員」が中心で、医者、会社員、自転車屋、八百屋など多彩な顔ぶれであった。最盛期には会員が50人を超えた。今も10人ほどが楚人冠の遺志をついで毎月集まり、句作に励んでいる。
 市は2009年、杉村家の申し出で、約5200㎡の土地を約5億円で購入。遺族が暮らしてきた旧邸の寄付を受け、10,11年の2年間で七千万円をかけ、建物を修繕し、我孫子市指定文化財とした。(楚人冠の孫の杉村健さんは、記念館の向かいに住んでいる)
 
 楚人冠が我孫子に来る1年前の明治44年、嘉納治五郎は、緑一丁目に別荘を設けた。嘉納は大正3年、隣地に別荘を建て(三樹荘)、新婚で甥の柳宗悦・兼子を、翌大正4年には柳夫妻のすすめで、新婚の志賀直哉・康子夫妻が我孫子弁天山に転居する。この地で志賀は代表作の「小僧の神様」「暗夜行路」(前編)を執筆。志賀の学習院時代からの親友、武者小路実篤も我孫子根戸に居をかまえた。
 いま、「文士村」は、田端文士村(大正8年ころ~ )馬込文士村(大正12年ころ~ )など、各地に点在している。当時、我孫子の白樺村と呼ばれた文士村が、全国で最初の文士村ではなかろうか。
 そうであれば、嘉納治五郎と楚人冠は、「我孫子文士村」の基盤を作った燻し銀だったことになる。
 
 楚人冠記念館・邸園は、我孫子駅南口から北東へ徒歩で10分ほど。記念館は母屋(木造一部2階建・約250㎡)と、現存する建物で最も古く、楚人冠の母が住んでいた「澤の家」、離れの茶室、蔵の4棟で構成されている。(母家以外は未公開のようです)

 昨年の11月はじめ、母家一階の展示室、和室、書斎などを見学し邸園に出た。緩やかな起伏のある邸園に、建屋と樹木が程よく配置されている。明治・大正のような雰囲気を醸し出している空間で、小半日、レトロな時間を満喫した。
 
 
  
 34(「ぬかる道」2012年2月号)
 
男の交差点(34)
 
3・11 その日その後
 
中島 久光(盛岡市)

 その日 平成23年3三月11日(金)
 その時(14時46分)は、生協で本の立ち読みをしていました。金曜日なので、当地では週刊文春と週刊新潮の発売日です。(関東地方は木曜日ですが盛岡は地方の悲しさ一日遅れです)
 先ず週刊文春の「川柳のらりくらり」と、「淑女の雑誌から」を読み、ほかの内容をさらりと読み流し、さて次に週刊新潮を手にしようとしたときにぐらぐらしました。そのまま読み続けようとしましたが、揺れが大きくなってきました。他のお客さんが出口へ逃げ始めたので、私も外へ出ました。生協の前は交差点ですが、停電となり信号が点灯しなくなったので車が渋滞し始めました。
 家に帰ると別の店に買い物に行っていた家内が先に帰っていましたが、家の前を水が流れていました。隣の家の前の水道設備が地震で壊れたようです。そのうちガスの臭いもしてきました。隣近所の人も集まってきてどうしようか相談をしましたがどうにもなりません。携帯で水道部やガス会社に電話をしようとしましたが通じません。
 消防署に連絡すれば良いのではと言う人もいましたが、連絡をする前に点検に来てくれました。断水になる恐れがあるので水を貯めました。ガスは間もなく直り、水道は夜中に出るようになりました。その夜は停電なのでロウソクの下で夕食の菓子パンを美味しく戴きました。家内が反射式ストーブを物置から出してきて暖房を取りました。
 停電なので携帯ラジオを聴いていましたが、電池が少ないのか、機種が古くなったのか途切れ途切れに聞こえます。でも津波の被害の報道をしていました。その夜は服を着たまま寝ました。
 次の日は、停電中なのでガスで家内がご飯を炊き上げ納豆で朝食を戴きました。午前中は昨日の地震で倒れたり、引き出しから出た物の整理。昼食はチャーハン。午後は二階の本棚が倒れたのでその整理。20年前に受取った手紙が出てきてしばし読みふける。丁度東京支店勤務から岩手に戻ってきた頃のもので、「ぬかる道」の面々からのものが多数あり。
 家内からは捨てて欲しいと言われたが、そのまま保存することにした。
 晩御飯は秋刀魚と煮物。夜はロウソクで「川柳文学コロキュウム」を読んで過ごす。
 
      何も無い画面津波の凄さ知る    久光
 
平成23年3三月13日(日)
 停電は二日目となり、ガスでご飯を炊いて納豆と昨日の煮物の残り。10時50分に二日振りに停電が解除。灯油もガソリンも残り少なくなってきたので買いに出かける。いつも給油しているスタンドは開いていないのであちこち探していると、自転車に灯油を乗せている人がいたので何処で買ったのか尋ねるとバイパスの方とのこと。バイパスに出た途端沢山車が並んでいる。11時半から待つこと3時間。2時半にやっとガソリン20リットル買うことが出来た。灯油は制限なしなので三缶買う。並んでいる途中スーパーでおにぎりを買って食べる。また並んでいる途中親戚に携帯を掛けて安否を尋ねるが誰も出てこない。心配だがどうしょうもないが留守電にメッセージを入れておく。仙台の甥から電話が入る。自分は会社にいるので無事だが自宅(名取市に22年に新築)には帰っていないのでどうなっているか分からないとのこと。その後、甥に聞いたところ、自宅は少し壊れたが保険でお釣りがきたとか。数日彼女の家に世話になり、9月19日に入籍し、今度の4月7日に挙式の予定。
 夕食は海老フライにもずく酢。余震がひどいので晩酌は休む。
 これは苦しいがやっと人間に戻ったような気がする。テレビは地震一色。津波の映像が迫ってきて恐怖である。
 その後、数日は買い物難民の生活はどこでも同じでしょう。納豆、豆腐がなかなか買えない。電池も買えない。ガソリンが勿体無いので何処にも出かけない。終戦直後もこんな状態だったのかなと考える。その辺の散歩で日常を過ごす。
 そのうち親戚や柳人から無事かどうかの電話やファクスが入り始める。盛岡は内陸なので津波の被害はないのだが、よく分からない人もいるようだ。
 
      友からの見舞い電話が温かい    久光
 
【補足】
「川柳のらりくらり」に7回投句し2回入選しました。
8月11日・18日夏の特大号
  題「軒」     軒捜す燕は瓦礫見て迷い
9月1日号
  題「マイク」   誰でもが木口小平となるマイク
 募集要項に「特撰句には賞金を差し上げます」とあったので、入選では何も来ないと思って週刊誌を買ったところ次の日に本が送られてきました。一冊は娘に呉れてやりました。
 
 33(「ぬかる道」2012年1月号)
 
男の交差点(33)
 
日光 日帰りバスツアー
小川 定一

 日帰りバスツアーが人気だという。
 10月19日、古い友人とそのバスで久しぶりに日光へ出掛けた。慢性化した腰痛の歩行訓練とテレビの大河ドラマ「江」の終わりが近いというので、徳川家と日光の関係を再見したいと思った。
 旅行案内書には、「日本三大名瀑・華厳の滝と日光いろは坂、名門・日光金谷ホテルで「百年ライスカレー」、世界遺産・日光輪王寺特別参拝」とある。
 
 松戸駅前を出発したバスが、有名な「いろは坂」にさしかかり、前を見ると対向車がいない。大工事の末、第一いろは坂は降り、第二いろは坂は登り専用に区分、両方あわせて「いろは四十八曲がり」に統一されたそうである。車窓からは、葉を落とした木々の枝を、猿が上手に飛び移っていくのが見えた。
 
 周辺を遊覧して「金谷ホテル」に着く。日光のリゾートホテルとして有名だが、落ち着いたロビー、周辺を飾った写真や展示物に強く歴史を感じた。二階の食堂では、各グループ毎に座席が整えられ、静かな雰囲気で「百年ライスカレー」を味わった。百年の間、同じ味を保って来たのかは聞かなかった。
 「世界遺産・日光輪王寺特別参拝」は、現在、五十年ぶりの大改修中の金堂(三仏堂)の拝観と金堂の前にある「御霊殿」の参拝と「逍遥園」の散策がセットになっている。今回、初めて私が得た知識であるが、輪王寺という一寺院の建造物があるのではなく、日光山の中にある仏教に関する寺やお堂をまとめて輪王寺というそうである。

 「御霊殿」には、歴代の門跡の霊位が安置され、説明によれば明治、大正、昭和の天皇と皇太后、皇后の御位牌が安置されており、僧侶の読経にあわせて合掌した。
 「逍遥園」は、御霊殿の前にあり、輪王寺宮門跡のために江戸時代の小堀遠州の作と伝えられる池泉回遊式庭園である。
「金堂(三仏堂)は、間口33m、奥行21m、高さ25mの建物を取り巻くように、工事用の足場を組み、外壁で覆っているので一層大きく見える。
 「三仏堂」には、阿弥陀如来、千手観音、馬頭観音の三尊が、安置されている。徳川家康が江戸幕府を開いた時、日光が江戸の鬼門にあたるとして、日光山を擁護したという。その故事の所為か、熱心にお守りを授けようとするのが印象的だった。
 「華厳の滝」は、昔も今も、児童生徒の修学旅行のメッカであった。滝壺へ降りるエレベーターの列が満員で、観瀑台から滝を見る。毎秒1~2tの水が、落差99mの滝となって下りる姿はいつみても壮観である。急に冷えてきたので、間もなく訪れる冬の渇水期に思いが及ぶ。滝は氷結の前に人工的に止めるらしい。
 「竜頭の滝」は、期待過剰であった。流れる川と小さな滝では竜の頭にも顔にも結びつかず、茶屋のベランダから何となく滝を見た感じで少々味気なかった。
 バスに戻ると、暮れるに早い秋の空で、急ぎ帰路についた。

 32(「ぬかる道」2011年12月号)
 
男の交差点(32)
 
「白髭神社」の由来
老沼 正一

 松戸市内3回目の転居地(松戸市日暮)が終のすみかになりそうだ。
 ところで、自宅前に「白髭神社」があるので、転居当初に向島生まれの小生として、町の古老に向島の白鬚神社とはどういう関係ですかと尋ねたら、ここは「ひぐらしのすらしげじんじゃだと素気ない返事でした。
 物々しい白鬚神社の御由緒は下記の通り。
「御祭神猿田彦命(さるたひこのみこと)。第61代朱雀天皇在位、承平5年(935)、平将門が伯父平国香を殺し、関八州を平定する戦いで多くの武士を亡くしました。その慰霊と怨霊封じを期して、茲恵大師を下総国日暮村(現松戸市日暮)に貴賤尊卑の別なく幅広く住民の為に正しい方位を示され、人を正しく導くことが叶う猿田彦命をお祀りしたのがはじまりです。
猿田彦命は天孫降臨の御時、天孫邇々芸命(てんそんににぎのみこと)を築紫の日向の高千穂に導き給い、御神徳を崇め奉り、爾来開運導きの神として篤く信仰されております。
………御神徳道の神 結びの神中略………
最後に 延命長寿の不老神白鬚御名より七福神から「不老神」として「延命長寿の神」として信仰されております。」
 祭禮10月10日自宅の目の前に「不老神」がいるとは、ありがたく思い、散歩コースに指定しました。
 平将門の「首塚」が丸ノ内にあるということは聞いていましたが、神田明神にまつられていることは「将門煎餅」によって知りました。その「将門煎餅」に出会いましたのは、某年の一月四日(仕事始め)でした。取引先の社長が神田明神へのおまいりの帰りに当支店へ寄られ、商売繁盛の「御札」と「煎餅」を持って来られました。御札は即神棚へ、煎餅は御裾分けされ、その名前が将門煎餅でした。製造元はと見ると茨城県岩井市(現坂東市)、と言えば小生の母の実家、かつて一人実家に預けられ国民学校入学、小学生時代の夏休みを過ごし、叔父、叔母、従兄弟が住んでいる所なので少々驚いた。
 御由緒には、関八洲を平定したと記されているが、岩井との関連は説明されていない。江戸前史の『ぶらり関東記⑨』に将門のことが書いてあり、スクラップした記憶があるが、保管場所が不明、新聞は産経と記憶しているので読者サービス室へ架電。平成23年2月6日、19面に載っていると聞き、郵送を依頼し応諾を得ました。この稿を書いているのが6月、記事は2月なので記憶はまずまず、しかしその後の始末が御粗末、歳の所為にしたくないが・・・。
以下は平将門と神社について産経新聞からの抜粋です。
「将門が導いた東国の覚醒」が題名。関東地方の豪族、平将門(生年不祥~940年)が反乱を起こしたのは平安時代の中期。
国衙(こくが=都道府県庁)を次々に没落させて関東一円に勢力圏を広げ「新皇」を名乗った。栄華は長くは続かなかったが、その名は長く歴史にとどまることになった。崇り神として有名。東京都千代田区大手町に「首塚」がある。(小生の記憶では丸ノ内であるが?)討ち死した将門の首は京都に送られたが、獄門首が故郷に向かって飛び、途中で力尽きて落ちた。それを弔った場所が「首塚」で不敬を働くと悪いことが起きると信じられている。
 将門の本拠地だった茨城県坂東市(小生にとっては岩井市が馴染)には「胴塚」も残っている。延命院という古寺の境内のカヤの巨木の根本に、首のない将門が眠っている。大手町から50キロ、もう少しでたどり着いたのに・・・。
坂東市の崇り話もユニークだ。将門の愛した桔梗姫が敵に内通したという言い伝えから地元では「誰も桔梗を植えない」そうな。
真偽はともかく、死後千年過ぎてなお、人々の生活に影響を与えているのはたいしたもの。
「平将門の終焉の地」は国王(こくおう)神社(茨城県坂東市)。
将門の娘が霊を弔うために刻んだ木像を安置する社だ。質素で穏やかな雰囲気は当地の印象にも通じる。沼沢地が広がる関東平野の外れを拠点にした将門は、なぜ関東全域を統べる力を持てたのか。「製鉄と馬牧(うままき=馬の生産拠点)の存在が大きいと、郷土史家、山崎正己さん(83才)の弁。霞ヶ浦で採れる砂鉄を使った製鉄炉があり、武具も製造出来た。馬の生産も盛ん。「当時、馬を生産していたというのは、戦車を製造するのと同じようなものですと。」最初から関東制覇など考えていたわけではない。身内でもめているうち、いつのまにか大きな存在に・・・。新皇を名乗り、関東8カ国の国司を勝手に任命したり・・・。
 将門を倒したのは一本の矢だが、追いつめたのは「朝敵」という言葉だった。一時は5千人とも8千人ともいわれる軍事動員力を誇ったが、謀反人として追討令が出されると人心は離れる。最後の戦では400人しか集められなかった。飛鳥時代からこっち、政治も文化も西から東への一方通行。東国の人々は約300年近く中央集権に従属してきたが、将門は流れに逆らってみせた。革命家にはなれなかったが「あずまびと」の代弁者ではあった。以上が新聞記事の大略です。
「朝敵」と言えば、明治維新の際、従来朝敵とされた西国が「錦旗」を用意すると、東国が一転し朝敵の汚名を帯びて、西国が朝敵討伐の役目を荷うことになり、東国は「錦旗」を見て戦意喪失、勝てば官軍、負ければ、賊軍を思い浮かべました。
 某先輩からの教え。「歴史とは、英語で「HISTORY」即ち「HE IS STORY」から生まれたのだ。男の歴史、彼の歴史。勝者が歴史を綴る。冷静に読むように」と言われたことがあります。
 
忘備録
一.下総国日暮村は現在は松戸市日暮、一丁目から八丁目まであり、小生は五丁目
   に住んでいる。
一.地名の他、人名でも「日暮家」は多数あります。
一.日暮がつくお寺。日暮山医王寺徳蔵院
   参道は散歩道だがこの頃この坂道がきつくなった。
一.千葉県少年野球連盟
   創立四十周年表彰を受ける。

          (松戸市小金原スポーツ少年団小金原ビクトリー相談役) 
 31(「ぬかる道」2011年11月号)
 
男の交差点(31)
 
あびこの止り木
折原 あつじ
 
 十年ほど前、退職した。天王台駅からJRで飯田橋に通勤する「会社人間」だった。
 我孫子に住んで二十五年にもなっていたが、地元のことは全くわからないでいた。
これからは、この地域で地元の人の役に立つ仕事をしたいと思い、我孫子市役所に出向いた。
 市民活動支援課の係員から「いま我孫子市は高齢化が進み、高齢者の家庭内事故が多いのです。高齢者が、これからも安心して暮らせるように、玄関・廊下や階段に手摺を付けたり、部屋などの段差を解消して、転倒や転落による家庭内事故を無くさなければなりません。そのために住宅環境の改善が必要なのです」と。
 当時はまだ介護保険制度や、市町村の住宅助成制度が無かったため、住宅改善は、自己の費用と責任で行わなければならなかった。
 そのため住宅改修は、遅々として進んでいなかったようだ。私のはなしを聞いて、係員の上司は、市内のボランティア団体の中から、一つの団体を紹介してくれた。
 翌日、ボランティア団体の代表に面接し、入会した。その後、平成11年5月に「特定非営利活動法人」の申請をし、NPO法人として認可され、「NPO・D」として新たにスタートした。当時の会員数は、四十名ほどだったと思う。
 平成12年4月に介護保険法が施行され、工事費の自己負担が一割となったため、住宅改善の仕事が大幅に増えてきた。市内の各団体も忙しくなってきた。
 平成十四年は、会議や住宅改修の仕事で一〇〇日ほど家を空け、会社に勤めていた時とあまり変わらないハードな日々が続いていた。
 工事の日・時は、依頼者の要望で決まる。そのため、材料や用具を予め準備しておくが、作業をする人の手配など、連絡調整などに苦慮したことが度々あった。工事の日は、それぞれが弁当持参で、軽トラックとライトバンに分乗し現場に行く。何のことはない、背広が作業着に変わっただけで、退職後も相変わらず忙しい毎日だった。家では、作業衣の洗濯などの後始末に追われていたようだ。
 「退職後は二人で各地の歴史・文化に触れる旅を計画していたのに・・・」と妻。
 初夏の頃だったか、平屋の簡素な家に住む、高齢で一人暮らしの女性の家の仕事をした時のこと。
 玄関、廊下、トイレの手摺を取り付け、居間から庭へと下りる三段の階段を、スロープにして、両側に手摺を付けて居間から庭に出やすいようにした。仕事が終わり、点検して頂いた。
 「明日から、いつでも自由に庭へ出て、花や木の手入れができる。うれしい」と、満面に笑みを浮かべ、喜んでいた。この光景は、今でも私の脳裏に焼き付いている。
 「NPO・D」の15年間の活動実績を調べてみたら、高齢者・障害者の住宅1,600軒に、手摺の取り付けが、6,800本、段差解消その他が、4,030件となっていた。
 「NPO・D」の理事会は毎月、総会は五月に開催している。
 仕事の少ない三月下旬には、メーカとの共催で「技術研修会」開催し、新製品・材料の取り付け方などを実習し、次の仕事に活用した。
 研修会には、団体間のコミュニケーションを活発にするため、柏市の団体にも参加してもらった。研修の場所は、我孫子の材木店の加工場の隅を借りて、毎年実施した。
平成14年9月、第一回バリアフリー化推進功労者表彰式と祝賀会が、総理大臣官邸で開催され理事と出席した。小泉内閣総理大臣表彰が二団体、福田内閣官房長官表彰が9団体で表彰対象は全国の都道府県が推薦した個人・団体の中から「施設の整備、製品の開発等の活動で顕著な功績があった」などを評価・審査して決めていたようだ。
 「NPO・D」の十年間、「会社人間」で四角四面だった私を、高齢者の方々や仕事仲間が、私のカドを削ってくれたおかげで、いくらか人並になったのではないかなと、いま感じている。
 十年間、お世話になった「NPO・D」を、昨年退会したが、仲間との交流は今も続いている。
 
 30(「ぬかる道」2011年9月号)
 
男の交差点(30)
 

再生・ノウゼンカズラ
小川 定一
 
 東日本大震災から四ヵ月、地震による大津波の被害と、それを原因とする東京電力福島第一原発の事故により散逸された放射能の被害と二つに大別されてきた観がある。
 復旧か復興か。今後の新しい東北像を模索するうえで、意見が分かれたときがあったらしいが、現在は、復興へと政策が進められているように思える。
 昨年来、わが家に起きた浸水騒ぎとそれに伴うノウゼンカズラ伐採事件では、新生か再生かで迷わされた。
 昨年、雨水溝の排水口拡大の申請をしたのに対して、市役所からノウゼンカズラの伐採の指示があり、台風の前に決断した。
 二十年近くも花を咲かせてきた自然発生の「ど根性・ノウゼンカズラ」を切るのは忍び難かった。新しく木を購入して植えるかいまの木から挿し木をして保存を試みるかで迷った。しかし、折角育ててきた木を失うのは辛いので、芽生える保障はないが挿し木に踏み切った。
 鉢やプランターに百本ほど挿したが、この春、そのうち五本が芽を出した。「流石、ど根性」と喜んだが、二本は枯れ、三本が元気に育った。六月には花芽もつき、七月八日に見事に開花して、それぞれ六つずつ咲き揃った。
 後は移植まで注意深く見守り育てたいと思っている。
         *   *   *
 この半年くらい、毎夜のようにNHKのラジオ深夜便を聞いている。大体、晩酌のビール風飲み物の酔いが醒める午前二時頃に目が開き、スイッチを入れるのだが、頭がボーッとしているので雑誌「ラジオ深夜便」を枕元に置いている。
 七月二十日、「誕生日の花ときょうの一句」でノウゼンカズラが取り上げられた。「凌霄花犬山城と競ふ」(田川飛旅子)の句が読み上げられ、花言葉「名誉」が紹介された。辞書によれば「名誉」は「世の人から得る高い評価とそれに伴う光栄」とある。
 確かに、垣根いっぱいに這っていたノウゼンカズラは、道ゆく人々にある種の潤いを見せていた。それを「名誉」と聞かされると、初代は照れるにちがいない。
 七月二十五日の「誕生日の花ときょうの一句」は、ヒマワリであった。ここのところ、放射能とヒマワリの関係が語られている。
 七月十日の朝日新聞に{福島のいま「もとの大地へ希望のヒマワリ」}という写真つきの記事が掲載された。東京電力福島第一原発の事故で、作物の作れなくなった田や畑にヒマワリを植えて放射能物質を吸収させる試みだそうだ。
 この記事の前後に私は、阪神淡路大震災の際に、植えられ咲いたヒマワリの種が、中越地震の被災地に贈られ、植えられ、その種がさらに今回の福島の被災地に贈られたという話を聞いた。
 善意と善意のリレー作業で気持ちのいい話であった。しかし、朝日の記事には、仮にヒマワリが放射能を吸収してくれたとしてその後の処理方法が難解になるのでは、と書いている。
 因みに、ヒマワリの花言葉は「あなたすばらしい。崇拝」とラジオ深夜便(雑誌)にある。神頼みかもしれないが私は、いまこの花言葉に一縷の望みを託している。
  
 29(「ぬかる道」2011年8月号)
 
男の交差点(29)
 
老沼 正一
 
○3月9日(水) NHK蔵出しテレビ
 言語学者の新村出が、江戸っ子は、駄洒落が好きと白黒テレビで語っていた。
「一茶」の句を借りて
   目出度さも ちう位なりおらが春 世界も国も人も 我が家も
中流程度が丁度良いのかな? 酔眼テレビでは理解不足。図書館へ行こう。
○3月10日(木) 定例通院。異状なし。しかし大量の投薬も変化なし。
○3月11日(金) 孫(小学三年)を眼科へ。痒みと充血。二種類の目薬で様子を見て欲しいと。小学校まで送る。正門は自分で開けて校内へ。息子の時は正門は常にオープンだったことを思い出す。校庭(小学校)をグランドに借りている少年野球で、閉めて帰ったら学校からクレーム発生。学校は「緊急避難場所」に指定されているので常に「オープン」状態にしておくようにと小学校から厳重注意されたことを思い出した。ある付属小の事件から、出入口管理が厳しくなった。通用門は常に施錠。
正門は「立入禁止」の看板が立ち、無断で立入ると不審者と思われるから事務室で許可を受けてから……と、孫から注意を受ける。三菱重工ビル爆破事件から、ビジネス街のビルの出入りも厳重に監視されるようになった。
○午後3時前、整体院へ行くので椅子から立ち上がったら「目眩」「脳梗塞」いよいよ来たな!!フラフラしていたら、妻から地震だとどやされる。椅子に座っていても、身体は動いて止まらない。2階の娘家族へインターホン。三人(嫁孫二人)はテーブルの下へ避難。産まれて16日目の孫を風呂に入れる寸前、裸になる前(親子共)良かったと。少し落ち着いたので2階の家族は1階へ、生活用品ともに避難。
 今朝眼科医へ連れて行った孫がまだ(午後五時頃)帰宅していない。強烈な地震なので、学校で待機していると思い念のため学校へ問い合わせ。なんと、なんと、「まだ帰っていませんか」との学校側の返事。小学三年生を一人で帰すとは、地震の「恐さ」「危険性」を知らないのかと立腹。無謀な短慮の判断だ。急いで身を固めて迎えに出る。途中で無事な姿にあう。帰宅後ママと抱き合いママ涙。二階から、もう一度必需品を一階へ運ぶ。仙台、千葉、東京へと電話、メール、いずれも不通。夜8時頃息子から固定電話あり無事と。
 会社にいるなら動くなと指示。嫁と孫と暫時会話。
 本日は一階の和室へ雑魚寝(六人)。小生は台所へ。孫三人はぐうすかピー。大人共はウス目を開けて寝る。
○3月12日(土)B当番(10時~15時)八柱南口駐輪場。
地震のため約800台(100%)駐輪場に一泊。夜中に自転車預けの客がぼちぼち帰ってきたので、お疲れさんと声掛けしてから、インタビュー。
▼電車と徒歩で5時間~8時間かけて八柱着。
▼帰宅困難者への対応。各自治体(東京、埼玉、神奈川、千葉)の公共施設に誘導されて一泊。毛布、飲物、食事を支給されありがたかったが落ち着きのない不安な一夜であった。
▼松戸一中で。新京成電鉄が地震のため、松戸行きが上本郷駅でストップ。松戸駅まで徒歩誘導されたが、JRもストップになり帰宅困難者用の公共施設(松戸一中)まで徒歩誘導され一泊。
▼日大習志野高校生。全員学校に泊り、全員翌日午後帰宅。若さのせいか元気だった。
▼自転車。八柱駅近隣の4軒の自転車店実用車売り切れ。
○3月14日(月)~18日(金)
計画停電。 東武野田線、新京成線共にストップ。武蔵野線新八柱駅目差して自転車殺到。パンク状態しかし混乱回避。
○3月19日(土) 新京成線八柱駅付近で松戸国際高校生、東日本大震災の被災者支援募金開始。同校生の多くは八柱第2駐輪場利用者。
○3月20日(日) 朝刊を見てビックリ。強盗致傷事件発生。「男子生徒2人は、顔などに軽傷を負い、男は募金を奪って逃走。」許せぬ。早期逮捕望む。
○3月20日(日) 21日(月) 三連休二日目、三日目利用者も疲れたのか、駐輪場もガランとしてしまった。
○備忘録
1.自宅前の神社の森。   地震以後、小鳥達の鳴く声がなくなり静かになってしまった。4月15日のNHKラジオでも、鎌倉にお住まいの方が自宅の庭が静かになって寂しいとのこと。森の気分も聞いてみたい。
2.地震で飛び出した本。「寺田寅彦は忘れた頃にやってくる」(2002.5初版)松本哉著集英社新書が忘れていたのかと言っているようなので、読み返してみました。いやいや反省させられました。
   以下一部です。
「こんな世の中だからこそ、寺田寅彦を思い出していただくのが面白いかもしれない。思い出すといっても、今ではそんな名前は聞いたこともないという人も多いだろうが、思わぬところでこの人物は生き続けている。「天災は忘れた頃にやって来る」という余りにも有名な諺があるが、これも今から百年ほど前に言ったのが寺田寅彦なのである。
 後世に残るような言葉には永遠の真実が含まれている。その言葉さえ残れば、それを誰が言ったのかは、まあ、忘れ去られてもいいようなものであるが、「天災」が「忘れた頃」に「やってくる」とはなんとも生々しい言葉ではないか。「天災」という自然の強大さ、恐ろしさを強調している以上に、われわれ人間、あるいは文明と呼ばれているものの頼りなさ、おめでたさをするどく突いているからだ。
 地震や火山の研究も精力的に行った人だから、当然「防災」意識も高く、あの有名な諺を生み出したのであったが、この人の興味の範囲はじつに広かった。……一部略。
 寺田寅彦にとっては「最先端」の研究より、そういう「身近な」謎の方がコワかったのである。いくら人間がエライと思っていてもいつも、小さな虫や草花の持っている能力にはとてもかなわないところがあると感じていた。
 タバコの煙やガラスのひび割れといった身近な現象、ましては地震や津波といった自然からの「不意打ち」には、人知の到底及びがつかない恐ろしさがあると思っていた。文明が進歩するほど、災害時の被害は甚大である。」
▼序文の一部ですが、現代の日本をズバリ言っているようで胸にズキン、ズキンと突き刺さった。大風呂敷を広げたままで畳めないのも困ります。(政治主導?)
3.おめでとう。
 咲桜(さら)ちゃん。避難先で産まれた女の子の名前。偶然孫と同じ名前でびっくり。健全に育つことをお祈りします。
○最後に、「被災者の方々にお見舞い申しあげます。一日も早い復興をお祈りいたします。」
  (松戸市小金原スポーツ少年団小金原ビクトリー相談役)
 
 28(「ぬかる道」2011年7月号)
 
田沢湖温泉郷の民宿
 
折原 あつじ
 
 3年前の6月下旬、秋田駒ケ岳(1637m)の撮影山行(さんこう)に行く。2泊3日の日程で、梅雨の時期なので、好天は期待せず、雨具をザックの底に詰め、仲間三人と、東京駅で東北新幹線に乗車した。田沢湖で下車、バスで田沢湖温泉郷にある民宿へ。
 翌朝、窓を開け外の冷気を入れ、今日は雨かなとブナ林の隙間から天空を覗く。なんと青空が見えるではないか。心が躍る。バスで八合目まで。そこから阿弥陀池まで登り、さらに男岳、男女岳を横目に、横岳、大焼砂、子岳を巻き、馬場の小路(このあたりをムーミン谷と呼んでいる)、急登の馬の背の頂へ。
 登山道の両側には、チングルマ、タカネスミレ、ミヤマキンバイ、ミヤマダイコンソウ、さらに、大焼砂・火山礫の大斜面にはコマクサが、馬の背への登路には今回の目玉であるシラネアオイの大群落があり、圧巻だった。ザックを下ろし、しばし堪能する。
 馬の背から阿弥陀池を眼下に望み、登ってきた八合目まで下る。

 民宿には、24時間源泉掛け流しの温泉がある。食事前に温泉に入る。温水が、日に焼けた腕には心地よい刺激を与えてくれた。民宿は、ブナ林樹林に囲まれたアットホームな民宿で、運営しているご夫婦が板前と女将の役割を客の目線で対応している。
 夕食は、採れたての多彩な山菜料理、その盛り付けの優雅で見事なこと。箸をつける前にカメラに収めた。飲み物は、秋田県内第一号の地ビール「田沢湖ビール」だ。五種類あり、すべて醸造過程で酵母を濾過しないため、大手の市販品に比べ、色・味・コクが独特でまろやか。美味で、のど越しもいい。
 白い陶器に、焼いた岩魚を浸したあめ色の骨酒がきた。女将のコメントでは、この岩魚は板前が渓流で釣り上げた天然の岩魚を、秘伝の焼き方で焼いて、保存しているとのこと。

 翌日、田沢湖高原へ。見事なブナの原生林、その中にぽっかり空いた穴吹湿原、孫六温泉、大釜温泉へと談笑しながら散策し、バスで田沢湖駅へ。三日間、雨具はザックの底で大あくび、出番なし。


 4人が所属している山岳会は、昭和33年に4名で発会し、平成20年に「創立50周年」を迎えている。平成元年には、会員数が三千名を超えていたが、会員の高齢化などで、現在の会員数は千人に満たない。渋谷にある事務所など、会の存続のためには、固定費などの削減まで踏み込まざるを得ない状況になっている。
 規模の拡大は喜ばしいことだが、縮小には痛みがともなうものらしい。
                    (当会幹事、川柳会・双葉会長)
 
 27(「ぬかる道」2011年6月号)
 
私と自転車
 
川村 安宏
 私は車の運転は出来ない。習わなかったのだ。現役のとき、週日は土浦から水戸まで電車通勤していて、自動車教習所に行く時間がなかったのだ。でもこれは言い訳に過ぎない。夏休み、冬休みもまとまってあったし、教習所はすぐ近くにある。行こうと思えば行けたはずだ。運転を習わなかったのは、事故を心配したからだ。私は生来不注意である。これはと言うときに、注意が逸れて、事故をおこすかも知れない。事故を起こしたときは、おでこに瘤が出来たと言う程度で終わることはない。他人を巻き込み、命にかかわることもありうる。だから常磐線の荒川沖駅までたっぷり3キロはあり、バスも一日に5―6本という不便なところに住みながら、東京や水戸に行くときは、天気のよい日は自転車で、雨の時はこの不便なバスで駅まで行く。

’私の車‘は豊田でもベンツでもなく、”まるいし“の自転車である。数年前までは、60年近く前に亡父が買ってくれた山口の自転車に乗っていた。古くなって、既に何度か交換していたタイヤ以外の部品もさびてきたので、市の古物回収に出して、家内も乗れるよう女用自転車を買った。その自転車もタイヤやチューブが古くなって、自転車屋に持っていった。店主はあの前の古い自転車(父が買ってくれたもの)はどうしたと聞く。廃品回収に出したというと、それは惜しいことをした、あれはなかなかいい自転車なのだという。

 亡父が山口の自転車を買ってくれたのは私が教員になった昭和24年のことだ。その年の三月私は茨城大を卒業して、県立太田一高の英語の新採教員となった。その時まで、私は県北と言えば、水戸しか知らなかった。常陸太田は水戸から水郡線で40分ぐらい北上したところで、県北の入り口のような所だった。
 太田から北に小里街道、天下野(けがの)街道が走り、それぞれ里川、山田川に沿ってゆく、小里街道を北上して小里村(今は常陸太田の一部だろう)に入ると小里牧場があり、低い山地が馬や牛の牧場になっている。天下野が太田市に入っているかどうかは知らない。

 県南の土浦から赴任した私にはすべてが珍しく、心をそそられた。川の流れる音を聞いては感激した。土浦の桜川は音をたてないが、里川、山田川は音をたてて流れていた。日曜には知人の自転車を借りてこの両街道を走った。そちらの地区出身の生徒の名前を調べて、家に寄ってみると、その地域での見るべきところを教えてくれた。そうして訪れた水戸家の別荘(山林の管理所)は天竜院と言って、山の上にあり、そこから山を下って高萩まで行った道は長かった。そんなこんなで私は県北の景色の虜になった。そんな話を父にしたら、当時まだ貴重品であった自転車を父が買ってくれた。私の初任給の二倍以上の値段だった。

 勤務が私の地元の土浦一高(私の母校)になったあとも、ときどき県北のサイクリングをした。折りたたみ式の自転車を買ったのは土浦に来てからである。そんな県北の自転車ハイクも数年やっていない。年(今年80歳)のせいもあるが、家内の数年来の入院生活のせいでもある 
  
 26(「ぬかる道」2011年5月号)
 
波崎と少年野球
 
老沼 正一
 『ぬかる道』1月号の巻頭言に哲男代表の文。『小生ご幼生のみぎり・・・夏休みの大半をこの銚子で過ごした。あるいは、「渡船」に乗って「波崎」へも海水浴にでかけた。思い出は尽きない。』とありました。
 「渡船」と「波崎」が小生の脳を久しぶりに刺激し、騒がしくなりました。記憶を辿り書いてみます。幸い平成2年の資料も見つかりましたので、レターを丸写しします。
 僕たちのスポーツ少年団(小金原ビクトリー)は、毎年、茨城県の波崎に夏の合宿に行きます。みんなでスポーツ民宿に泊まり、すぐそばのグランドで野球の練習をします。
 厳しい練習以外には「波崎」の海辺まで走って、そこでスイカ割りをしたり、夜は花火大会や、キモだめしもして、とっても楽しい夏の合宿です。
けれども今年は「淳子お姉さん」の姿をグランドで見ることができなかったので、みんなガッカリしてしまいました。噂によると、東京とかいう所に出稼ぎに行っているとか?本当ですか?東京には空がないといいます。水もない、花もないといいます。汚い空気の中で・・・東京砂漠だそうですね。
 一年中、水もいらない、空気もいらない、「花」を僕たちはお姉さんにプレゼントします。
 花の写真です。秋山庄太郎先生が撮った「花の三六五日」という題名です。花の写真集を見て、茨城の波崎のことや、僕たちのことを思い出して下さい。来年はきっと波崎の合宿に来て下さい。
 みんなで楽しみにして、待っています。それでは、サヨウナラ!
                      小金原スポーツ少年団一同

    淳子お姉さんへ
 平成2年12月18日神田駅前支店クリスマス会のプレゼントレターです。波崎出身の彼女、小金原野球合宿、クリスマス会、このプリントがよく残っていたものと、自分ながら感心しています。
 
   附 録
一、波崎出身の彼女は寿退職して幸福な家庭を仕切っている。
二、波崎の少年野球は強い。銚子少年野球大会でも優勝の常連。
 ウチの子供達は、コテンパンに負けた。言葉と砂に負けたと今も言っている。
三、平成22年度小金原ビクトリーの成績
 ◎第3回谷沢健一旗少年軟式野球大会「優勝」
  (谷沢健一は元中日ドラゴンズ、柏市出身)
 ◎松戸少年野球大会卒業記念大会「優勝」後半に実力発揮、
  中学野球が楽しみ
四、渡船
 夏休みは利根川を船で渡り、母の実家で過ごしていました。
 (小生小学生時代)
 千葉県の野田から茨城県の小山まで、
 渡船があったが芽吹大橋開通により廃船。
 川風が冷ゃっこかったのと、小学生には米が重た過ぎたのも思い出。

 波崎と渡船を蘇らせてくれた『ぬかる道』に感謝します。
  
 25(「ぬかる道」2011年4月号)
 
横 浜
 
篠塚 健
 テレビからは「今日も暑かったですね、明日も暑い一日と成るでしょう」この繰り返しの日々が続く猛暑の中、少しばかり早起きをして横浜に出掛ける。十時過ぎには観光船乗り場の最後尾に並び、左程待つことも無く乗船、船内のアナウンスに首を右へ左へと回しているうちに山下公園に着く。「博物館船」として係留されている氷川丸の船内を見学したが、この氷川丸は、風浪激しい北太平洋を貨客船として航路、サービスと設備の良さが評判を呼び多くの人が乗船され、その中に秩父宮ご夫妻やチャプリンの名を見ることができる。三回も触雷しながら沈没を免れ、戦後は引き揚げ船として活躍した昭和の歴史を船内の随所で見ながら様々な思いを膨らませて下船、横浜港でぼんやりと停泊中の大型船を見ているうちにふと不思議な身震いを感じ時計が戻り始めた。
 あの日と違うことは「海の女王クィーン・エリザベス2」が停泊していないことであった・・・。二十数年前の夏、寄港中のQE2をレンタルして日頃友好関係にある各界各分野の方々を、三日間に分け招待すると言うスケールの大きい企画が決定された。世界一周クルーズや数多くの太平洋横断等で、250万人以上の乗客を運んだエレガントな船体は、昔「マンモス」と呼ばれた東京池袋の西武百貨店と「高さ・幅・長さ」もほぼ同じであった。
 それが海に浮かんでいるだけで驚いているのに、日常業務とは全く異なる仕事の采配を振り、最高級の満足をして頂くという、重大なミッションを背負う事に成った。凍りつく頭の中で葛藤が続く毎日で有ったが、(最後は精々現在まで経験したことや、人脈から得た知識をフル回転させて乗組員に優る気配りをする以外妙案は無い)と覚悟決めて、社内から語学力を優先させた社員500人を選んで万全の体制を整える。広い船内でアテンドを即座にできるように、手製の船内地図?を片手に招待客名簿とルームナンバを見ながら最短の通路を確認、カジノ・レストラン・教会・プール・ゴルフ練習場・クラブ・スポーツジム・ショップ等を何を尋ねられても案内できるまで短い時間で訓練を重ねた。当時はケイタイ電話も無くて、伝達にはトランシーバと社員が飛脚に成る以外なかった。招待客は海外大使・国会議員・企業経営者・マスコミ・スポーツ文化芸能関係など多士済々。当日まず驚いた事は外国人の荷物が大きいことであった。レセプション用の民族衣装と食事をする時の盛装衣装が入っていた様である。目の前を普段テレビや新聞等で良く見る顔がどんどん通り過ぎカジノやバーが賑やかになるのに時間を要しなかった。暫くして一行が賑やかにレセプション会場へと移動し始めたところで、QE2乗組員に後はお任せとなる。船内一巡の点検の最後に船上デッキへ行くとそこは船内の華やかさとは全く異なる、自然が見せてくれる「夕日と横浜の夜景のショー」であった。デッキをゆっくりと歩いて行くと中央のベンチで肩を寄せ合い、夕日を見ているオーラ輝く男女の後姿があった。直ぐあの世界の三船敏郎ご夫妻で有る事が分かった。まるで映画のワンシーンを観ている様に我々の目には映った。無事最終日を迎え、全ての招待者の下船確認を済ませると、達成感から全身の力が抜け夢遊病者状態で公園まで歩き、スーツを脱ぎ、ネクタイを外しベンチに座り缶ビールをグビグビと一気に空にする。ヒリヒリしていた咽もご機嫌が良く成り出て
くる話はあの「三船敏郎のオーラについて」であった。三十年前のヒトコマを今でも宝物の様にはっきり思い出すことが出来る・・・。こんな追憶に浸って海をみている私の傍らに座っていた妻の足は既に中華街へと動き出していた。。
  
 24(「ぬかる道」2011年3月号)
 
出会い
 
小川 定一
 人は一生のうちに何人の人に出会い、いくつの出来事に遭遇し体験するのだろうか。
 昭和9年に生を受けた私が、初めて出会ったのは、父母・姉二人・兄と祖父であった。「出会い」という言葉には、多分に偶然の意味合いが含まれるが、肉親との出会いにはむしろ必然的な意味が濃いように思う。
 昭和38年に結婚し、娘と息子を得た。二人とも結婚し、娘は一男一女を、息子は一女一男をもうけた。私にとって、自分の出生、子や孫の出生には、必然的出会いを感じるが、私の妻、娘の夫、息子の嫁には、むしろそれぞれに天の配剤とも言うべき偶然性を感じる。
 肉親との出会いを必然的というならば、小学校から始まる学校の友人、社会に出ての先輩・同僚、仕事で世話になった外部の人、定年後、趣味を通じて知り合った人々は、本来の偶然性を伴った出会いだと思う。
人が生きてゆくということは、多くの出会いの連続の中で、人間関係や事件を体験し、重ねていくということなのであろう。
             *    *    *
 体験を言うならば、私の場合、やはり太平洋戦争前後の体験である。ものごころついた頃から食べ物の不自由さが加わり、小学校(國民學校)入学の年に開戦、学童疎開、敗戦、六三三制への学制改革など、小舟に乗せられて右往左往してきた気がする。
 「欲しがりません。勝つまでは」と教育されて育った私が、昭和四十年代になると「大量生産、大量消費」「消費は美徳」の片棒を担ぎ、バブル景気に踊りながら、フト気が付くと、団地生活から一戸建ての暮しになっていた。そして高級とは言えないガラクタの中に身を置いて生活していた。
 昨年かららしいが「お片付け」の本が流行という。「断捨離」という言葉もよく聞く。長引く不況の中にあって、不急不要の購入を戒め、サッパリした暮しを薦めている。主に若い人への忠告のようだが、私などはもっと急がねばならない立場にいる。
             *    *    *
 馴れ親しんだ多くの人との交際はこれからも続くし、それに伴う体験も重なっていくだろう。
 今、私が新しい出会いを求められているのは「究極の家」のことである。親族の葬送が重なり、また、友人・知己との別離も増え、自分たちの行く末を考えなくてはならなくなった。
 生前に墓地を決めるなど縁起の悪いことと思ってきたが、自分たちの生きてきた証をどこにどのように印すか、また、子供たちの負担も少しは軽減しておきたいと考え、妻の縁で寺に依頼して墓地を譲り受けた。東京の江東区北砂にある日蓮宗の寺である。
 昨秋、偶々「わが父波郷」という本に出会い、俳人石田波郷という名と、寺の隣の建物がその旧宅であったことを知った。寺の境内には、波郷の主宰した「鶴」の同人が贈った句碑があり、「はこべらや焦土の色の雀ども 波郷」とある。
 その後、練馬区に移った波郷は、自らの墓地の選定にあたって「松山は遠く、砂町はゼロメートル地帯で水の心配がある」と言って、東京都下深大寺に決めたという。私も水害は気になるが、再び焦土と化すことの無いように心を配りたいと思う。
 私が最後に渡る交差点は、明治通りと清洲橋通りが交わる、北砂二丁目境川にある。
  
 23(「ぬかる道」2011年2月号)
 
野良猫太郎
 
川村 安宏
 次男が高校生の時である。猫を拾って来た。「猫を拾って来た」と言うと、読者は生まれて間もない捨てられた子猫を思われるだろうが、子猫ではなく、大きな大人の猫である。その上、両眼が潰れていた。自動車にはねられたのである。彼の話では、わが家の近く、中村部落の入口にある墓場の前の道に、目を潰された大人の猫がうろうろしていたのを見て、大房(だいぼう)の獣医のところに連れて行った。獣医は次男から事の次第を聞いて、潰れた目をくり抜いて薬をつけてくれた。治療費はいらないと言った。
 次男は家で飼うという。自分が世話をするというので、物置に段ボールの箱を置いて、そこを寝床にして飼うことにした。そして名を「太郎」と呼ぶことにした。
 自分が世話をすると次男は言ったが、いつの間にか家族全員で世話することになっていた。太郎は傷が治ると元氣が出てきて、物置の中を歩き回った。我々は太郎が外に出ないように、物置の戸はいつも閉めるようにした。しかし元氣になった太郎は物置に閉じ込められた生活には満足せず、入口の戸を引き開けて外に出ることを覚えた。外に出ても目が見えないから、めちゃくちゃに歩くだけである。我々が「太郎、太郎」と呼んで探すと、近所の人が教えてくれることもあった。
 太郎が死んだのは、冬の酷く寒い朝であった。物置に行ってみると、太郎が元氣がない。家に上げて火燵に入れてみたが、元気が出ない。そして間もなく死んだ。亡きがらは家の裏の木の下に埋めた。
 短い間ではあったが、太郎は、わが家の一員であった。 
  
 22(「ぬかる道」2011年1月号)
 
M A S A M I
 
篠塚  健
 若い時は都会の荒波の中で研鑽を積むことが必要、これが父の考えであった。兄弟は学校を卒業すると郷里を後にする、結局は千葉水郷で末っ子の自分と父との伸び伸びとした生活が始まったのである。父は人生の節目を大切にし忘れられない思い出を多く作ってくれた。東京へ出掛ける時はまだ薄暗い時に家を出て一番列車に乗り途中で一眠り、両国で汽車から東京の匂いがする電車に乗り換える。当時丸い建物で話題だった有楽町の日劇には小学生の時から良く出掛け、恒例の「春のおどり」や「秋のおどり」をよく観た。席はオケボックスに近くてラインダンスの時などはダンサーの掛け声や脚が巻き起す風を感じる程であったが、幕間の歌やコントの方が小学生の自分は楽しかった。ラインダンスの素晴らしさが分かる様になったのは中学生に成ってからで、帰りは三越に立ち寄り店内をブラブラして、夕方になるとヨシズ張りの大きな焼きトリ広場に行き、父は他の客と談笑しながら服に煙
が染み込むまで嬉しそうな顔で酒を飲んでいた。誕生の祝いを浅草でやってくれたことがある。食事が終るまで給仕さんが部屋に居るのでどうにも落ち着かず、折角のすき焼きが中々咽に入らなかった。父はお酌などして貰いニコニコの満足顔をしていた。
 末広亭も思い出深い。落語はラジオで良く聴いていたので落ちを知っている噺もあり周囲に遠慮なく親子で大笑いしたものである。ここへ来た時の食事は釜めしが多かったことを覚えている。日光に行った時は父の真骨頂を見ることが出来た。観光ポイントを知っている父は手際よく急ぎ足で観光し所々で解説をしてくれた。東照宮ではキョロキョロ落ち着かない外人のグループの姿を見ると荷物を自分に持たせ、彼らに近づいた父は得意の英語で俄かガイドを楽しそうにやり始めると、先程まで不安気な顔だった彼らから絶え間なく大きな笑い声が聞こえてきた。暫くすると彼らは自分の方に来て次々と手を出し握手、坊主頭の小学生が鼻の高い外人と初めて握手をした。「遠来の客は皆で歓迎してやることが大事」今でも耳に残る父の言葉である。大学時代マンドリン倶楽部に所属していた父は、年に二回中学生にマンドリンを弾いて聴かせていた。田舎では見ることが無い珍しい楽器と言うこともあってこの演奏会は好評であった。父は年齢に関係なく人と接し慕われていたが特に子供達には人気があって、ある時教え子の染物屋のKちゃんが好きになったアメリカの青年に英語でラブレターを書いてくれと頼みに来た。美人で明るいKだったし、親も良く知っているので了解しKに「下書きを見せろ」と言うと、最初から書いて欲しいとのこと。これには流石に父も参ってたが、Kをからかいながら何だかんだ聴きながらあの歳で恋文を書きあげたが、その間のやり取りが実に面白く、これこそ信頼以外の何物でもないと思った。完成した作品は先ず英語で続いて日本語で大きい声で読まれるとKの顔が見る間に赤くなっていった。その年の夏田舎には不釣り合いの水色の大きな外車がKの家の庭に鎮座していた。逆さまに行かぬ年月を知りつつ思い出を押し返すことはできない。こんなウィットでユニークな父は今どうしているのか、父の頭を蠅タタキ棒で一撃した当時一歳の長女はもう四十歳、自分も父の歳に近くなり、天上の団欒も近いと思うこの頃ながら傘かしげの精神から学んだページを暫し捲り返したい。
 「MASAMI」が似合う父正躬であった。自分がまだ二歳の時に亡くなった母の思い出話しが出来ない事が残念である。
 
 
 21(「ぬかる道」2010年12月号)
 
小金原スポーツ少年団
 
老沼 正一
  日本スポーツ少年団は昭和年6月23日の「オリンピックデー」に日本体育協会の創立5周年記念事業として創設されまし
た。スポーツを通じて青少年の健全育成を図る組織、これがスポーツ少年団の目的であります。
 私共の小金原スポーツ少年団は、小金原団地入居開始早々に設立されました。「少年野球」を通じて子供の健全育成にと諸先輩方が駆けずり回り地元の方の協力もありスタートしました。チーム名は「小金原ビクトリー」とすんなり決まったそうです。
 今年の2月に松戸市の森のホールで創立40周年の祝賀会を催しました。どうしたわけか40 回生の成績は抜群でした。千葉県大会(秋)東葛大会(夏)松戸大会(春、秋、卒業記念)田居カップ他、7回の優勝を飾りました。
 我々関係者には何よりのプレゼントでした。自慢話はこれくらいにして、少年野球の活動中の思い出話を記してみたいと思います。
一、 父母会名簿
 有志のお母さん方が、監督コーチにすべて任せないで何か出来ることがあったら応援しようと言うことになり、プリントを配布したら「クレーム」発生。内容は、家の子は父がいません。父の名、母の名は止めて欲しいとのこと。幹事が急遽、保護者名簿として、保護者の名前で一件落着。
二、僕のお父さんいないんだ。
 小学校二年生の団員の素振りを見ながら会話「オッ!バットよくふれているよ。右でも左でも打てるのか?」
 「ウン、僕どっちでも打てるんだ」
 「返事はハイ!そうか、そうか、それは楽しみだな。野球はだれかに教わってるのかい?」
 「ハイ、お父さん野球うまいんだ」
 「それじゃ今度の日曜日にお父さん連れて来てよ。コーチになってもらいたいな。一緒にやるともっと楽しいぞ」
 「ウーン、だけどダメなんだ」
 「お父さん病気なの?」
 「お父さん離婚して家にいないんだ。」
 「・・・・・・・・」コーチ声が出ない
 練習後の定例居酒屋のコーチ会議で母子家庭が多くなってきたようなので、情報をとること、グランドでの会話に注意を申し合せた。
三、 先生と言われびっくり日曜日
 スポーツ少年団の総合運動会は毎年一回各スポーツ少年団(野球を始め柔道、剣道、空手、テニス、ミニバスケット、サッカー等)が一同に集まり、松戸市の運動公園で開催されます。市のスポーツ課の方から、「先生方はこちらにお集り下さい。事前の打ち合わせをします。」ボンヤリしていたら監督から指導者はみな先生だと言われびっくりしました。「先生と言われたくない日曜日」これは哲男代表の句だったと思います。川柳のおかげでこうゆうことも書けるのだと感謝しています。
四、スポーツ指導者認定員講習会
 先生といわれおだてられ、それではと認定員の資格にチャレンジしました。講習会場は、富里町の体育館。(まだ市になる
前です。)
 内容は運営指導安全体力テスト等6章21項目ありました。憶えているのは体力テストの実践でねんざしたこと。育成指導とはSODATERU・SIKARUと黒板に書いて育てるには叱ることが必要。
 両方ともSをとるとODATERU・IKARUとなり、「育てる」にはODATERU、「叱る」ときはIKARUではダメ。
 早速実行したら、僕たちをおだてて野球をやらせているんでしょうと言われ、未熟な自分がショックを受けたことがあります。
 なるほどとは思っても、実際には、馬鹿たれ、グランド10周、水のむな、とどなりずい分乱暴な指導をしていたなあと、鬼コーチも反省して酒に溶かしているこの頃です。
付録
 1.甲子園出場者、小生が知っているのは二名。どうしたわけか両名とも名前が同じT君。
 2.甲子園出場しなくても、東北福祉大学へ進み、全日本大学野球大会で三回優勝のK君。
 3.世話になりたくないのが警視庁勤務のY君。世話になりそうなのが大学付属病院勤務のW君。
                                                       (松戸市)
 ⑳(「ぬかる道」2010年11月号)
 
ど根性・のうぜんかずら
 
小川 定一
  何年くらい前であったろうか、テレビで「ど根性OOO」と、あり得ない環境の下で成長している植物を紹介した記憶がある。
その「ど根性」に類する植物が、わが家にもあるのだが、それがいま、伐採される立場に立たされている。
家屋を改築した約二十年前、駐車場の外側の雨水溝から一本の植物が生えてきた。側溝の石蓋の繋ぎ目のわずかな隙間から伸びる、名も知らぬ細い木を、伸びては切るのを三年続けた。
 四年目の春、あまりに健気に思えたので、そのまま伸びるにまかせてみた。小さな花をつけたのを機に、枝葉を伸ばし、蔓を這わせて駐車場の塀に巻きつけていった。それが、「のうぜんかずら」の幹であった。
 書物によれば、「のうぜんかずら」の原産地は中国で、漢名は「凌霄花(りょうしょうか)」。和名は、日本最古の本草辞典の「本草和名」に「乃宇世宇加都良」と表記されているところから「のうぜんかずら」と呼ばれているそうである。「365日の園芸辞典」(主婦の友社)春、枯れ枝の節々から葉が出て、蔓が伸び、その蔓の先に花芽が二列に並び、順次、七月の梅雨明けの頃から花が咲く。花は、五センチほどのラッパ状をして、赤みをおびたダイダイ色で、日に映えて美しいが、ややはかなげに見える。そのせいか短命で、一昼夜にして落ちるか、凋んでしまう。
 花全体は八月には終わり、九月に葉が落ちて、枯れた幹が残る。いま、「ど根性・のうぜんかずら」は、太さ約五センチの幹が、二本からみ、その枝葉が左右各々に二メートル以上張っている。
      「ど根性」、ことしの異変
 例年、七月の梅雨明けに咲き始める「のうぜんかずら」の花が、ことしは、梅雨の初めに咲きだし、咲き終えた枝先を切ったところ、次の枝先に花芽が並んでいた。さらに八月には三回目の花が咲き、直線状に並ぶ花が丸い球形になって、秋の彼岸まで咲いた。
 一一三年目の猛暑と言われた天候の所為かとも思うが、私にはもう一つ気掛かりになっていることがある。
 気温の上昇とゲリラ豪雨の関係が話題になった頃から、私の家の門に浸水の恐れが出て、床下にまで及ぶ危険が出てきた。ゲリラ状に降る雨が、周辺の雨水路で吸収できなくなり、駐車場下の排水口があふれ、わが家に浸水してくるのである。市役所から土嚢を借りて対処しているのであるが、そこで問題になったのが、この「ど根性」の存在である。
     「ど根性」との別れ
 台風の余波を受けた九月八日、大雨の中で「ど根性」の状況を把握しょうと、根本に近い雨水溝の石蓋を二枚外してみた。薄く堆積した土砂と枯葉の上に、太さ八センチもあろうかと思う木の根が二メートルほど横たわっていた。直接流水の妨害はしていないが、枯葉が詰まれば妨げる結果になる。
 一大決心をした私は、「ど根性・のうぜんかずら」を伐採することにした。家族に四季の変化を知らせ、周囲の人々を慰めてくれた木を切るのは忍びないが、排水口の修理を横目で見ながら、「ど根性・のうぜんかずら」を温存するのは気が引ける。
 そんなことを考えていると、ことしの花の咲き方は、自分の運命を察知した木が、「ど根性」の捨て所と決めて、全知全能を傾けて咲いてくれたのかもしれないと思うようになった。
 樹木といえども不憫である。「年々歳々人同じからず」というが、「歳々年々花同じからず」もあるものだと実感した。
 
 ⑲(「ぬかる道」2010年9月号)
 
河 童
 
篠塚 健
  顔は虎に似ていて、嘴はとがり身体に鱗や甲羅がある。指と指の間に水かき、背の高さは人間の子供ぐらいで、毛髪は少なく頭上に凹みがあって少量の水を容れる。その水がある間は陸上でも力強く活動する。此所まで話すと多くの人は、見たことがない想像上の動物なのに「河童だね」と合いの手を入れてくれる。
 そもそも私が河童に興味を持ち始めたのは小学生の時で、夏休みは利根川で毎日泳ぎ体の黒さを競争したりしていたが、お盆が近くなると「河童が出てきて川の底に連れて行かれるぞ」とどこの大人も言いだす。その言葉が合図となり、私は母の生家である伊香保のホテルへと出かけて行く。このホテルはドイツ人の設計でおしゃれな外観は、散策途中の観光客が足を止めホテルを背景にして記念写真を撮る光景を何度も目にした。私の部屋は打撃の神様と呼ばれた川上哲治の背番号と同じ16号が用意されていた。部屋に入ると左側に黄桜酒造のコマーシャル(後に小島功が担当)等を描いていた「河童の清水昆」が描いた若い河童の絵が飾られていた。(余談だが、伯父さんが私と同年代の絵を選んでくれていたことを後日知った。)清水昆は時々長期滞在したこともあり、ほとんどの部屋に様々な河童の絵が飾られていた。
 「あちらにも河童。」「こちらにも河童」である。
 こんなこともあり徐々に河童に対する興味が高まり夢見る病は深まるばかりでした。河童と出会うことで有名な処では岩手県遠野がある。ここは河童を奉る「常堅寺」というお寺があるが、そこの狛犬の頭には皿がある、諸説によれば昔この常堅寺が火災にあった時、裏の川に住んでいた河童が消火応援したそうである。その由縁で狛犬の頭に水の溜まる窪みが有るとの事。今は「河童狛犬」と呼ばれ、その裏を流れる「カッパ淵」と合わせ観光名所に成って賑わっている。観光客はカッパを発見した時の為に「河童捕獲許可書」を首から提げ、手には釣竿と好物の胡瓜を持って川に糸を垂れる。そういえばきゅうりを巻いた寿司を「カッパ巻」と呼んでいる。夏になると岐阜の方で河童を語る会が開催されるそうである。参加条件は河童に会ったことがある人に限るそうで、男女、年齢、国籍は問わず。実に多彩な顔ぶれになるらしい。職業も様々で大学教授や僧侶、著名なところでは永六輔、小沢昭一氏など、落語家の何人かは当会の常連さんの様である。当然あの遠野や茨城の牛久からも来る。河童との出会いや感動話が延々と続けられる。美人すぎる河童がいるところでは、夜ごとオス河童が来て困っているとか、頑固な長老河童に遅い孫が生まれ今はすっかり優しい爺になったとか、いずれにしてもこの場所で発表の機会を逸したら、それこそ末代の恥とばかりに終わりのない話が続く。そんな話を聞かされると未だに目撃のチャンスが一度も訪れない私は、祈りが足りないのか運に見放されたかと思ったりする。何かと世情不安定で明日が見えない昨今、多少の失敗があっても屁の河童。こんな時だからこそ愛想が良くて、たまには悪戯もするが実は人の良い、いや河童の良いそんな彼らに出会う日を楽しみに、ロマンと夢を持ち続けて洒落のある人生を暫しゆっくりと歩みたい。
 ⑱(「ぬかる道」2010年8月号)
 
今川乱魚さんを悼む
 
老沼 正一
     ひっくりかえした卓袱台
 具合が悪いとは伺っておりましたが、大変残念です。柳友からも新聞で知りましたとメールが入りました。最初にお会いした時の笑顔が忘れられません。同じバス停(小金原の殿内)から通勤していたとの事で、もしかしたら同じバスで、だったと思います。
 また、少年野球(小金原ビクトリー)の元コーチの癌手術のお見舞に『癌と闘うユーモア川柳乱魚句集』に署名入りの句を書い
て頂きました。

    「いのちとの綱引き癌を制したり   乱魚」

 元コーチの手紙の一部を引用いたします。
「一年目、背中が痛くてレントゲン写真を撮られ、自ら肺癌発見。2月に右肺下葉全摘。抗癌剤服用中。12月検査、異常なし。
 年齢相当との診断。抗癌剤の所為か、ブクブクと太り全てのズボンがはけない。少し運動開始予定。

 三年目、大分様子が分かるようになった。骨がいたいなァ。整形の範囲じゃないな。転移じゃないか。ペットCT撮影、あった、あった。肋骨に転移、肺に再発。即入院、オープンしたばかりの国際医療センター。さすが新しい病院、きれいだなぁ。ホテルだなぁ。点滴開始後10分で発疹、即中止。2回目の放射線治療開始、3種類目の抗癌剤投与開始。一ヶ月を病院で避暑。家内は酷暑日の中、病院通いという凄いトレーニングをこなした。大謝謝。大謝謝。…………癌患者三年経てば研修医  元コーチ」

 「五年目、一緒にコーチに打ち込んだCさんが遠くへ行ってしまわれたとか、私が一番だと思っておりましたのに本当にさびしい限りです。私の癌も間もなく5年を迎えます。転移ガンの数も7個になり、癌センターからは「もうすることがないから、来なくていいよ」と言われ、後は緩和ケア待ちの状態です。でも、どっこい、くたばる訳にはいかないので《リレー・フォー・ライフ》の事務局として、また《ドシン!どかん!追っかけ隊》の隊長として、「太田道灌の勉強」に頑張っております。
 ………古希迎えガンはますます強くなり  元コーチ」
 奥様からは「川柳のお陰で主人が明るくなりました」とのお電話をいただきました。
 以上、元コーチの事を乱魚さんの生前にご報告しなかったことを、今悔やんでおります。
 今ここに、御霊前にご報告させていただきます。お許し下さい。元コーチも先生と前後して旅立ちました。川柳のご指導を天国でも宜しくお願いします。
 乱魚さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。 合掌

   暖かい陽射しのような乱魚の目   正一

       (松戸市・当会会員・八千代鶏鳴川柳会・小金原スポーツ少年団相談役)
 
 ⑰(「ぬかる道」2010年6月号)
 
学童集団疎開始末記
 
    ひっくりかえした卓袱台
 昭和20年10月22日、疎開地から帰ってみると、家は戦焼からは免れていたが、周辺は焼け野原、衣も食も住もひどいもので、私のために保存しておいてくれた食べ物も粗末なものであった。
 ある夜、なにが気に入らなかったのか今になっては思い出せないのであるが、皆で夕食をとっている時、腹立ちまぎれに卓袱台をひっくりかえした。家の者にきびしく叱られ何も食べずにふて寝してしまったのを覚えている。このあと、父が友人や知人と酒を飲んだ時などに、私の卓袱台転覆事件を持ち出されて弱った。
 「別冊一億人の昭和史 学童疎開」(毎日新聞社)などを見ると、国の方針では、学童疎開について①父母とともに安全地域への移転②地方の縁故者へ学童だけ送る、双方とも不可能な家庭の学童にたいしては、③集団疎開方式をとる、となっていた。千葉県の山奥に祖父の生れ故郷があるだけで、地方に縁故のないわが家にとっては、私を集団疎開させるより方法がなかったのである。母が亡くなっていたので、父は、疎開させる近所の親や私の兄姉の意見を聞いたうえで、最終的な判断をしたのだと思う。それなのに、思いもよらぬ私の反抗心を見せられ、集団疎開に参加させたことを後悔もし、反省もして他人に話したのだろう。
 そんな折り、帰京後文通を続けていた湯宿温泉の娘さんからの便りで遊びに来ても良いと招待を受けた。父は、疎開先へのお礼と疎開地での状況などを知りたいと言って、二人で行くことになった。切符の買えない時代で、往きは屋根のある貨車であった。腰をおろし、膝を立てて隣の人と押し合うようにして後閑駅に着いた。2泊3日の間、父は宿の老女主人と長い話をしていた。帰宅後、家族に向かって「子供は子供たちの世界で強い緊張感のなかで生活してきた。それが爆発してああなったんだろう。」と言って、再び卓袱台転覆事件を口にすることはなかった。これが父と私の二人だけの最初にして最後の旅であった。
 
       開封された手紙
旅館の娘さんとの文通は、前後20回くらいに及んだろうか。今はすべて紛失してしまい跡形もないが、そのうち2回占領軍の検閲を受けた手紙を受け取っている。新聞や雑誌への占領軍の言論統制については幾つか見聞きしているが、郵便物とりわけ私信の検閲についてはあまり知らない。数多くない私の書物の中では唯一「昭和の歴史(8)占領と民主主義」神田文人著(小学館)の「言論の統制」の項に「郵便物の検閲は不快感をあたえた。封筒の下部を切って検閲し、セロハンテープ(日本にはなかった)で封をした手紙は、占領下のきびしさと悲哀をいやおうなしに感じさせた」とある。あの頃、進駐軍の命令は絶対的なものと子供心にも、映ってはいたが、私信の開封に屈辱感や腹立たしさを強く意識したのは随分後のことである。
 字の美しい上手な女性であったが、女性名で占領政策を批判したり、占領軍を中傷・誹謗したりする恐れを感じたと言うよりは美しい書体の女性名の手紙に、担当者が開封したい衝動にかられたのではないかと勘繰ってしまう。ラブレターの中身を覗いてやれと開封したら、小学生相手の日常会話だったのでガッカリ。「ザマアミロ」何回も心の中で叫んだ。
 学童疎開には幾多の悲喜劇があったが、郵便物の検閲につき、どなたか体系的に研究していただけないかと思うこの頃である。
 (参考文献は上記2点以外は省略させていただきました。)
 ⑯(「ぬかる道」2010年5月号)
 
駆け出し教員の記
 
川村 安宏
 私は22歳で茨城大学を出て教員となり、65歳まで43年間茨城県の学校で英語を教えた。私が新米教員として赴任したのは県北の太田一高であった。
 卒業する年の2月の始めのある日、英文科主任のU先生から、太田一高の校長から新卒の英語教員を採用したいとの申し出があるが、君行かないかと言われた。太田は徳川光圀が隠居した西山荘のあるところぐらいは知っていた。学生時代の私は水戸の茨城大学まで汽車通学していた。常陸太田は水戸から水郡線で40分ぐらいのところだ。
 私の家は東京で戦災に遭い、父の故郷の土浦に移住、敗戦後は元航空廠の工員住宅に一家7人で住んでいた。歯科医の父は八畳ほどの差しかけを作り、床屋の椅子に患者を座らせ、歯科の治療をしていた。患者が農家の人の時は、食べ盛りの5人の子供に食べさせるため、芋を治療代として受け取ることもあった。家では父の実家から畠を借りて芋などを作っていた。その仕事は5人兄弟の内、次男の私の仕事になっていた。そんな訳で、私は教員になっても畠の世話は私の仕事と思っていた。
 ところがU先生に連れられてK校長に会いに行った日は、旧正月の二日、町は近隣の農村からの人で縁日のような混み様、駅から学校まで、普通30分のところ1時間掛かってしまった。K校長に「来ますか」と聞かれた時、「土浦の自宅から通えれば来たいと思って来ましたが、無理だと分かり、来たいけれど諦めます」と返事してしまった。「家のことが気になっていては無理でしょう。この話は無かったことにしましょう。」とK校長は言われた。帰りの列車の中で、一緒に行って下さった恩師U先生に「済みません」と謝った。
 家に帰り父に報告すると「それは惜しいことをした。お前は家のことを心配しなくてもよい。下宿をしてもいいのだ。明日私の代りの兄ちゃんと一緒にU先生を訪ね、もう一度太田に行って貰って、採用して貰うよう頼んで来い。」と言う。
 U先生は再び太田に同行して下さった。K校長も了解してくれて、私は駆け出しの英語教員を、風光明媚な県北の太田一高で始めることが出来たのだった。それ以来、私は県北の自然の虜になっている。
 ⑮(「ぬかる道」2010年3月号)
 
曹洞宗 鳥越山 如意寺
 
小川 定一
  歴史も古き名胡桃の古城のほとり如意寺に集まる健児百三十
  鳥越山の霊うけて学びの道にいそしまむ
  ああ 我ら 如意寮健児
 
 1945(昭和20)年3月21日、隣の新治村湯宿の温泉地から、徒歩で移動した桃野村上津の如意寺の大広間に掲げられていた寮歌の一節である。この歌詞を第一高等学校の寮歌「ああ玉杯に花受けて」の曲にあわせて歌ったのである。
 歌詞にある名胡桃城は、戦国時代から真田氏の居城であったが、歴史の中で翻弄され、その頃には城趾だけが残っていた。
 「門前の小僧」というが、寺の内に住むのだからお経は習った。毎食前に、食物に感謝するなど僧侶がすると同じように「五観の偈」(ごかんのげ)の五項目を唱和してから食事をした。また、佛舎利を礼拝し賛嘆するという「舎利禮文」(しゃりらいもん)を唱えたが、今でも曹洞宗の葬儀などの際に、「舎利禮文」を聞くときがあり懐かしい。
 環境の変化は著しかった。温泉地では分宿していた男女生徒が同じ屋根の下に住むことになり、同宿者が増えた。食事の質、量ともに低下した。学習面でも、村の学校に教室を借りて通うこともなく、寺での学習時間も非常に少なかった。毎日入っていた風呂も数える程になり、衛生状態も次第に悪くなって、今思うと馬のいない「尿前の関」のような気がする。

 いじめの様相も変わった。到着早々行われたのが、六年生による温泉地でのボスに対する引き締めである。昨日までの勢いは消え、部屋の片隅で静かにしている姿をみるのは辛かった。「センサイミン」のいじめも苦い思い出である四月か五月頃に、東京で戦災に会った学区外の六年生が一人お寺に疎開してきた。着の身着のまま、もちろん寝具などない。そこで寮母さんは私の寝具をその人に貸し、私は班長と二人で寝ることを決めた。布団を貸した私への同情か、何も持たずに来た人への蔑みか「センサイミン」とあだ名をつけていじめた。

 「おやつばらまき事件」があった。班長を務めていた別の六年生に煎り豆が(親から)送られてきた。皆が欲しがって集まってきた時、公平に分けるという意味で、豆をばらまいた。それを見付けた先生が「犬猫の扱いをした」と怒り、それ以後送られてきたおやつは、先生の部屋で食べさせられた。私も経験したが、おやつの不味いこと。しかも妬まれ、誘った友人までも嫉まれて気の毒なことをした。

敗戦の日。(昭和20年8月15日)寺の境内に整列しラジオの放送を待ったが、雑音ばかりで人の声はまったく聞こえない。午後になって、鎮守様で先生から戦争が終わったと聞かされたが、負けた悲しみも、終わったという喜びもなく、天に聳えた老杉の梢が落雷で半分になっていたのが何時までも記憶に残った。
 終戦を機に、茸狩りなどいろいろの体験をさせて貰った。「茎が横に割れるのが毒茸」と教わって出掛けた茸狩りで、持って帰った成果の中に一本だけ松茸が。誰が採ったかを尋ねられ、あの「センサイミン」君が手を挙げた。一躍英雄になった。
 疎開が終り帰着した10月22日、東京は晩秋の雨だった。
 ⑬(「ぬかる道」2010年1月号)
 
“江戸・東京の坂道”
 
大竹 洋
 定年になって暫くの間、東京の坂道を歩いた。都区内に名前のある坂が凡そ450ある。特に多いのは文京区で115か所ある。それらの所在と坂の名の由来など、各区の教育委員会の広報資料などで確かめて、なんとか450の坂を3年で踏破した。

 坂道にのめりこんだのは、他愛のないことがきっかけである。勤務先が麹町にあり、辺りは坂が多い。それらの坂の一角に標識があり、坂名の由来やその辺りの当時の状況が、簡潔に書かれている。たとえば紀尾井坂は「紀州、尾張、井伊三家の大名屋敷を結ぶ往還である。明治の元勲大久保利通が、ここで暴漢に襲われ落命した」と言った記述である。
 どうやら坂道の標識を訪ねる事が、江戸・東京散歩になりそうだといった程度の事だ。

 歩き始めのうちは、坂の蘊蓄を溜めこむことの面白さだったが、そのうちに、「坂の上」と「坂の下」の世界の違いに気付き始めた。上はオフィスや学校、レストラン。下は商店街、アパート、蕎麦屋、そして洗濯物の世界。
 坂を登ることは、公の世界、建前の世界へ行く事。一言で言えば「緊張」である。坂を下ることは、私の世界、本音の世界へ帰ること。「安心・安堵」ではないか。江戸時代で言えば「武士の世界」と「職人町人の世界」の違いかもしれない。
 その頃のボクの日記に、何処で見つけたか忘れたが、こんな都々逸が書き留めてあった。

  駆け落ちするなら長旅いらぬ坂の一つも下りゃいい

 今、一巡をした江戸・東京の坂道と、この先どうやって付き合って行こうか思案中である。東京の仏像を拝観しながら、周辺の坂道を再訪するのもいいなと思い始めている。(流山市)
 ⑫(「ぬかる道」2009年12月号)
 
“甲子園”
 
老沼 正一
 某日・・・・・・・・・
 テレビチャンネルで番組と遊んでいたら「俳句甲子園」という項目が表れました。「甲子園」と言えば「春夏の高校野球と「阪神タイガース」しか知らない私のノーミソがメラメラと騒ぎました。俳句甲子園のグラウンドはどこ?試合形式は?審判は?・・・等々。場所は松山市の中央商店街の通路に椅子を置き、のぼりを立ててトーナメント方式で試合をやっていました。この番組は松山中央高校の俳句部を追っかけたドキュメンタリーでした。
 顧問の先生は前任校で全国優勝の経験者で、新任校でも全国優勝したいと張り切って着任しました。(ここのところは何だか高校野球のように見えました。)部員集めにも苦労したようですが、元野球部員が都合により俳句部へ入部したとのことです。
 練習方法、上達の仕方等アレコレ考えて指導しましたが、最後には「時間を決めて、短時間で沢山句を作る」ように指導したそうです。部員も喜んで、苦しんで、作り始めてから上達し出して、実力もグンと伸びたようです。四連覇を狙う東京の開成高校は決勝戦前に姿を消し、松山中央高校が決勝進出しました。

   素っ裸太平洋を笑いけり

 この句が、相手チームを叩きつぶし、松山中央高校に初優勝をもたらしました。
 その瞬間、先生も生徒も涙、泪・・・・・・でした。
 また、相手チームの主将の挨拶も心地良いものでした。曰く「【素っ裸太平洋を笑いけり】の句を読んで、脱帽! 負けたと・・・思いました。でも、ディベートでは「季語」を中心にバランス、リズム等を攻撃しましたが、迫力が足りなくて自分たちの負けは当然でした。優勝、オメデトウ!」
 審査員の先生方も全員この句に勝旗を揚げていました。金子兜太先生が審査員を代表してのご挨拶がありました。「季語だとか、五七五だとか、等にとらわれずに、自分の思いを出すことが大切です。オメデトウ!」

 このご挨拶を聞いて何だか嬉しくなってきました。俳句がだんだん川柳化してくるのかなと。
 俳句を詠んでいると、これは川柳ではないのかなぁと、小さい脳ミソを絞って苦しんでいる今日この頃です。                           (松戸市)

 


 ⑪(「ぬかる道」2009年11月号)
 
“群馬県利根郡新治村湯宿”
 
小川定一
 昭和19年8月17日朝、赤羽駅を出発した上越線の列車は、東京都板橋区志村第三国民学校の学童集団疎開に向かう児童、3年生から6年生までの245人を乗せて、昼過ぎに群馬県の後閑駅に到着した。途中の車内では、親が無理して作ってくれたおやつや握り飯を食べながら、まるで遠足にでも行くかのように明るく元氣に明日からの疎開生活の夢を話し合っていた。
 後閑駅からは、5・6年生は徒歩で桃野村の如意寺の向かい、3・4年生は待ち構えていたトラックの荷台に分乗して、新治村湯宿の温泉宿へ向かった。宿舎は、男女それぞれに3・4年生で班を作り、男子は太陽館と大滝屋、女子は福井屋と常磐屋に決まった。
 4年生の私は、第3班で大滝屋の住人、夜布団の中で泣く3年生もあり、大勢の中にとけこめない児童もあった。
 学校へは山を一つ越えて行く。教室は講堂を前後二つに区切って使ったが、窓の外に小高い山が見え、山の近くで暮らしたことのない私には、落ち着かない風景でしばらくの間困った。国語と音楽の教科書に「軍犬利根号」の活躍の話があって、利根号の生地近くで学習しているという親近感を覚えた。
 宿の食事は粗末ではあったが、空腹で困ったという思いはない。稀には「およばれ」といって農家でご馳走されたり、年末に神社で「すなおろし」という行事で蒟蒻(こんにゃく)を振る舞われたこともあった。
 しかし食料の調達に児童の労力を必要としたこともある。9月
のある日、4年生の男子だけがリュックサックを背負い、遠くの
農家へカボチャを受け取りに行った。暮れるに早い山道を背中に
食い込むカボチャの角の痛さに泣きそうになりながら帰ってきた。
温泉街の灯りが見えたときの嬉しさは、65年経った今でもハッキリ思い出せる。宿に帰ると食事を済ませていた3年生に「お前たちは楽でいいな」「オレたちが運んだカボチャは食べさせないぞ」などと毒づいては下級生をイジメた。
 昭和19年12月23日、当時の皇太子殿下(現天皇陛下)のお誕生日をお祝いされて、皇后陛下(昭和天皇の奥様・長子さま。西暦2000年6月16日、97歳老衰で死亡)が疎開児童を励まされようと詠まれた御歌と恩賜のビスケットを下賜された。
   つぎの世を背負ふべき身ぞたくましく
            正しくのびよ里にうつりて
 久しくお目にかかっていないビスケットに感激して、何日にも、何回にも分けて食べたものである。御歌には、曲も付いていて音楽の時間に二部合唱などして歌った。
 年が明けて戦争は一段と激しくなったようだが、この地では空襲はもとよりB29の姿も見なかった。ただ一度だけ学校で朝礼の時に、校長先生が焼夷弾の筒を見せたことがあった。3月になり東京に帰った6年生に代わり、新5年生として隣村の如意寺に移ることになった。3月21日小雪の降る中をお寺まで歩いた。ズボンのベルトには、宿の娘さんがリボンを編んで作ってくれたお守り袋をきっちり挟んでいた。
 上級生の生活から下級生の疎開児童生活が待っていたのである。
 (桃野村の如意寺については次回に書きたいと思っています。)

 


 ⑩(「ぬかる道」2009年10月号)
 
“  猫のスナック  ”
 
川村 安宏
 台所の木戸の外側に洗面器が置いてある。毎晩夕飯のあと、そこに魚の骨とか猫が食べそうな物をいれておくと、朝までにはなくなっている。毎日、野良猫か近くの家で飼っている猫が来て食べてゆく。食べているところを見たわけではないが、私が魚の屑を入れているとき、三メートル位の所まで猫が来たことはある。近づくと振り返りながら去ってしまった。入れた魚の屑は勿論翌朝には無かった。
 こんなことが始まったのは、次のような事情がある。ある日、台所のドアの外の屑入れがひっくり返されて中味が散乱していた。猫の仕業である。私が魚の食べかすをゴミ入れに捨てた時である。そんなことが二回ほどあってから、魚の屑を古い洗面器に入れてゴミ入れの側に置いてみた。そしたら、洗面器はきれいになっていて、ゴミ入れはひっくり返してなかった。以後、魚の屑は洗面器に入れるようになった。
 私は毎日魚を食べるわけではないから、屑を一度にやらないで、魚屑が出ない日のために屑を三つに分けて、ラップにくるみ冷蔵庫に入れておく。そしてその一つずつを洗面器に入れておく。一回分は僅かだが、猫は必ず来て食べてゆく。朝、前の晩に入れた屑が残っていることはない。
 一度私が洗面器に魚の屑を入れている時、毎日の訪問客が来た。警戒心が強いのだろう。野良猫か近所の飼い猫か知らない。近所に菜っ葉なら何でも好きという人がいて、時々私の菜園の菜っ葉を食べてもらうが、その家に猫がいる。あの猫かも知らぬが、猫の顔は覚えられぬのでよくは分らない。あっ、今日の夕食は魚ではなかった。冷蔵庫の魚の屑を少し出しておかねばならぬ。
手招きをしたが彼(又は彼女)は後ろを見ながら行ってしまった。

 

 ⑨(「ぬかる道」2009年9月号)
 
“  一 人 旅  ”
 
大竹  洋
 同じ頃定年を迎えた学生時代の友人が、毎月欠かさず随筆をメールしてくれる。「身辺雑記」や「交友記」「旅行記」時には硬派の「時局談義」ありで、毎回100頁を超える力作だ。彼はその随筆を「生きている証」と言っている。毎回僕は、共感したり、また大いに啓発されたりしている。
 彼に刺激され、月間日記を書き始めた。日記を月間に集約する作業、要は同時進行の自分史づくりである。「月々抄」と名付けたその記録も、もう五年の厚みになった。人に読ませる積りは無いので、飾らずに書かれているのが取り柄だ。
 「月々抄」を読み返すと、何故か「一人旅」が詳しく書かれている。記述の熱っぽさは、カミさんと行くツアーの記述の比ではない。
 僕の「一人旅」は仏像巡りである。新婚の頃、奈良に三年住み、休日はカミさんと寺巡りに費やした。定年になり、改めて奈良から、仏像巡りをスタートさせたのである。そして今、湖東、湖北、小浜へと十一面観音を巡り歩いている。この秋は、丹後半島に廻る積りだ。
 電車・バス以外は徒歩。六十路も半ば過ぎのオヤジが、リュック一つで歩いていると、世話の一つも焼いてやろうということだろうか、農作業の軽トラに便乗したり、庫裏で住職にお茶を頂いたり、思わぬ親切に会うこともある。これも「一人旅」のご利益なのだろう。
 その「一人旅」も三日目になると、家が恋しくなる。カミさんの有難味が身に浸みて来るのだ。僕の「一人旅」にカミさんが寛容な理由もこの辺りだろう。「月々抄」はこれからも続く。「一人旅」も、ずっと登場させたいと願っている。
                             (流山市)

 

 ⑧(「ぬかる道」2009年8月号)
 
逃げた文字電子辞書からまた仕入れ  正一
 
老沼 正一
 恥ずかしい話ですが、僕はずっと前から「惜しい」を「ホシイ」と発音していました。川柳と巡り会う前のことです。言い訳になりますが、「ホシイ」という発音で会話していても何の不自由もなく相手に通じていたからだと思います。発音では「HOSII」の「H」が消えて「OSII」と聞こえていたのかなと思っています。
 ある句会の宿題に「惜しい」が出て、早速国語辞書をひくと「ホ」の頁に見当たらないので、漢和辞典などを引きまくってやっと正解が判明し、川柳にVサインを送りました。
 以上「惜しい」は最近の出来事ですが、若かりし頃の失敗談を少々。
 目白のあるお屋敷(目白と言っても住所は下落合です)を訪問した時のことです。「おかみさん、いらっしゃいますか。」と名詞を差し出し、「ご挨拶に伺いました。」と取り次ぎをお願いしました。用件を済ませて帰社したところ、即、部長に呼ばれ、こっぴどく叱られました。大クレームが部長にあったとの事。内容は、うちの「奥様」を「おかみさん」とは失礼ではないかと、大変なオカンムリの苦情電話だったそうです。
 これを思い出したので、辞書(新明解国語辞典・第六版)で調べてみました。「おかみ」=御上と同源。料亭、旅館などの女主人。普通「女将」と書く。「おかみさん」=「商店などの主婦。他人の妻、細君」の口語的表現。内儀さん、御神さんとも書く。
 「奥様」=「もと公家、大名など、上流階級の妻の敬称。「おくさん」の上品な言い方。
 下町育ち、浅草の勤務が長いせいで「おかみさん」が身についてしまったかと、大反省した過去を思い出しました。
 また「ゆうじろう」という名前を「石原裕次郎」だと勝手に思い込んで、大恥をかいたこともありました。この「男の交差点」でも、時々ケータイの辞書のお世話になっている男の戯れ言です。
     紙の辞書脳に優しく谺する   正一 (柏市)

  

 ⑦(「ぬかる道」2009年7月号)
 
“  柏=豊四季イーグルス  ”
 
小川定一
 昭和39年7月、公団住宅に挑戦すること4回目に当選、完成したての柏市の豊四季団地に入居することができた。息子が小学校2年生の夏、団地内の少年野球チーム「豊四季イーグルス」に入会したいと言い出して、「父親が手伝う」という約束で入会させてもらった。
 翌50年から事務局を仰せつかった。団地内はベビーブームで会員は160人いた。その少年たちをABCのチームに編成し、A、Bチームは6年生と若干の5年生で対外試合に参加、3,4年生のCチームは、基礎的な練習と紅白試合などを行っていた。
 当時、東京、神奈川、埼玉、千葉の団地を連携して、関東団地少年野球連盟が出来ていて、豊四季イーグルスもその一員として加盟していた。
 豊四季イーグルスは、千葉県はもとより4都県の代表で争われる中央大会でも、上位を占めることが多かった。私の事務局の頃、昭和51年9月、後楽園球場で行われた読売大会、昭和52年7月、明治大学の野球グランドで行われた朝日大会は、いずれも優勝戦で惜敗したので特に印象深く記憶に残っている。中でも、朝日大会では、開会式で明大の島岡監督から激励の言葉を贈られ勇んでいたのだが、5回裏まで5対3のリードを守り切れず、7回に逆転されてしまった。甲子園への招待が復活する期待から、新幹線の手配まで夢想していたので実に残念だった。
 子どもの世界を通じ大人の社会を実感する貴重な体験をした。土曜日勤務が当たり前の時代、毎日曜日グランドに立つ代表監督、コーチが自分の子以外の子ども達のために大事な時間を割いていた。また、遠征の度に車を出してくれた現役や卒業生の親の協力には今も頭の下がる思いである。
 それらの協力のお陰で、数人の甲子園球児や軟式の明石球場の選手を出せたことが、せめてもの感謝の印になっている。
 今、私に小さな悪戯心がある。息子が6年生に着たイーグルスのユニフォームを3年生になった孫に着せてみたいのである。

 


 ⑥(「ぬかる道」2009年6月号)
 
“  隣 組  ”
 
川村 安宏
 昨年(平成20年度)、私は隣組の班長であった。私の住むところは土浦市の中村1区。1区の中心は陸前浜街道に沿った中村。田んぼを隔てて西根部落があり、街道が出来たときに西根から移り住んで中村という部落ができたと聞いている。中村1区は沢山の班に分かれ、私の属する班は2班である。郵便では1区とか班は使わなくなった。土浦市中931―1が私の家の住所である。(私は「つちうらしちゅう」と読まれぬように、中の前に1字分のスペースを置いて書く。)
 郵便表示は変わっても、1区は依然として存在し、区長がいて、区は班に分かれている。区長から班長へ、市報なら軒数分、連絡事項なら1枚の紙が届けられ、私は回覧板に「一部ずつお取り下さい。連絡事項はお読みの上回して下さい」と書いて隣組10軒に回す。
 10月に赤い羽根の募金があった。1軒400円の目安でとあったので、回覧板が一回りして帰ってきた後、私は隣組を回って400円ずつを集めた。募金は自由意志だけれどみんな出してくれた。区長さんに電話して10軒分の募金を今から持って行くと言ったら、募金は区費の中から出すので集めなくていいのだ。何年か前からそうなっていると言われる。それでまた10軒を回り、400円ずつ返す羽目になった。ひと言、区費から出すと書いてくれれば、こんなへまはしなかったのに。
 隣組といっても皆が顔を合わせるのは春の地区清掃の時ぐらいである。班長の家に集まって親睦の顔合わせをするのも良いが、班長は回り持ちだから、どの家でもそれを喜ぶとは限らない。公民館でやったこともあったが、歩いて10分以上かかるので、今はやっていない。
 赤い羽根の募金の件での収穫は、隣組の人たちと2回会ったことぐらい、それも私一人に限られていた。
                              (柏市)

 

 ⑤(「ぬかる道」2009年5月号)
 
“  止まり木  ”
 
篠塚 健
 人生には、特に男には、心癒される「止まり木」が必要だ。日々を取り巻く諸々から、暫し解き放たれる瞬間・・・。男は道程の長さの分だけ、様々な「止まり木」をキープしているものである。家路に向かう道々の「止まり木」には、様々な思い出がある。
 席は会社で見飽きた顔で埋まる事が殆どで、何となく自然に決まった各々の指定席に座る。ほんの一時間前までは口角泡を飛ばし打々発止会議でやりあった事などさらりと忘れ、先ずは目の前のビールをグビグビ!と飲む。これが会社人間と暫し別世界の別人間となる儀式?で、各々が勝手に主役を演じる舞台へと上がる。結論を必死に求めることも無く中味の無い話をダラダラと楽しむ。
 会社では寡黙な男が突然流暢にしゃべり出す、同僚は殆ど孫の居る中で愛娘が幼稚園に入園した喜びを、彼は今こそ至福の時と顔をクシャクシャにして話し続ける。時には玄人並みの趣味を身振り手振りを加えて語り続ける男から新たな知識を得ることも多かった。
 こんな時でも気の毒なのは若手で、先輩達から何だかんだと話のツマミにされる。「彼女は出来たか?」、新婚組には「子供はまだか?」、など毎回聞かれることは同じ。開花を急がされる靖国神社のソメイヨシノの心境がダブルシーンである。
 やたら度胸が良くて運の強い、まるで落語の「肥瓶」を地で行く男の話には笑い転げたものである。
 虎視眈々と話題の流れを野球へ誘導していた、自他共に認める熱狂的な虎キチ氏が遂に一瞬の隙を捕まえ見事なタイミングで話の主導権を握る、既に気持はタイガースの総監督。明日の先発メンバーの発表から始まり、各選手の打率、ホームラン本数、防御率、奪三振数に至るまで、テンポ良く喋りまくる。
 虎キチ氏の身体がややローリングしたことをママさんは見逃さず、常備しているタテジマの半纏を渡すと、いよいよテーマソング「六甲おろし」の登場である。ご満悦な虎キチ氏を尻目に我々は口の中で「蛍の光」を歌い、フィナーレの準備となる・・・。
 百年に一度の不況の風や悲惨な事件のニュースにも負けず、満開に花をつける桜を観ていると、人間味溢れる男達がいた「止まり木」を懐かしく思い出す。
 「時は流れて、時と知り、友は別れて友と知る」・・・伝統は引き継がれているものやら?・・・。
 今なら「六甲おろし」は歓迎の歌に聞こえるはずである。
                              (柏市)

 

 ④(「ぬかる道」2009年4月号)
 
“  書道展  ”
 
老沼 正一
 柳友の書の先生から招待券を貰い、ぶらりと書道展(創玄展、国立新美術館)を覗いてみました。受け付けで三角くじがあり、残念ながら「しおり」は外れでした。
 受付で書の先生の名前を言うと、展示ルーム番号をパソコンで調べて教えてくれました。
さて、展示ルームまでは両脇に大作がぶら下がり「素通りするとは何事か」と睨みつけられ、些か目眩を起し、途中のソファーで休憩、やっと柳友の書と睨めっこしてカメラに収めました。

  【愛静當疎客閑行毎得詩】

 5言2句という印刷文字が説明されていましたが、小生には解読不能で残念でした。

 館内アナウンスで「二階で先生の解説が始まります。」との案内で早速二階へ。客は三十名ほど。「書をやっていない人はいますか?手を挙げてください。」との質問に、私ほか一名が手を挙げました。「書道展は数が多いので、絵を見るように書の全体を見てください。」その言葉にホッとしている自分がそこにいました。
 三回ほど好きな書に手を挙げさせて、客の心を上手く掴み、解説に入ってゆきました。解説の単語だけ羅列すると次の通りです。「リズム、余白、かすれ、スピード、位置、大小、創玄っぽい、バランス、絵、補筆、連綿、立体感、強弱等々」
  解説1 余白の活用
 「萬」の一字だけの作品。右下に余白あり。右端の中ほどに雅号・落款(印)あり。右下に雅号・落款を決めると、全体のバランスがとれて作品が生きてくるとのこと。
 右下の雅号・落款が、川柳で言う「下五」「座五」に見えてきま
した。
  解説2 リズム
 漢字、仮名、仮名交じりと、いろいろな作品を例に取り解説。
 大、中、小、余白とのバランス、墨の濃淡、墨付けの場所によるリズム・・・・・・聞いているうちに、文字の意味が不明でも、身体が自然と動くような書がありました。リズムも川柳に通じるなと思いました。

 書の先生と軽いランチの後、小生は退散。先生は一日居て半分の作品しか見られなかったとのメールがあり、再度足を運ぶそうです。
 初めての解説付き書道展、なかなか自分には勉強になったような気分の一日でした。
 川柳にも、解説付きの展示会などがあれば良いと思っています。

 

 ③(「ぬかる道」2009年3月号)
 
“ 浅草= 神谷バー ”
 
小川定一
 ここ数年、浅草に出ることが多くなった。
 息子の嫁さんが実家に行くとき、二人の孫と荷物を抱えていく。男の子が喘息ぎみのため機器を持ち運びするのである。
 実家に送ったあと、浅草寺・浅草神社を参拝して、仲見世を通り、雷門をくぐって浅草の交差点に立つ。ここから地下に下りてメトロ銀座線でJR上野経由柏に帰ろうか、松屋から東武線の北千住経由にしようか、と迷った挙げ句一軒だけ寄ろうとなる。
 それが神谷バーなのだ。交差点から真後ろに戻り、あらかじめ席を決めておいてチケットを買う。この切符が、昔の鉄道の駅を思い出させる。受け取りに来たウエイトレスはチケットを重ねて切る。その音がその人のキャリアを暗示する。
 喧噪の中に一人身を置くとなにかしら落ち着いてきて、いろいろな物が見え、いろいろなことが頭を過ぎっていく。
 雷門通りを東へ吾妻橋を渡り、南に歩くと駒形橋がある。この近くに私の家の菩提寺がある。祖父母、両親、早世した兄弟が眠る墓所である。この店で酒を飲んでいると不思議と親族のことが気になってくる。地縁血縁というが、私の息子の嫁の実家が浅草にあり、娘の夫の実家が両国に近い緑町にあって、娘夫婦は菊川に住んでいる。地図を拡げてみると、寺を中心に半径約2キロの中に入る。まるで先祖が血縁形成に一役買ったかと錯覚する。
 こんなことを考えていると、さっき交差点で思った「邂逅」(かいこう=めぐりあいの意)という言葉が出てきて、人と人との巡り合わせとは不可思議なものだとあらためて思わせられる。少々酔いがまわる頃、定量の大ビール1本と度数30のデンキブラン一杯が終る。
 2年後には、東武線に乗り業平橋に完成する東京スカイツリー(新東京タワー)の大鉄塔を見上げながら柏に帰ることになるのだろう。

 

 ②(「ぬかる道」2009年2月号)
 
“ マイナス二十歳の青春 ”
 
秋山精治(当会同人)
 七五三、丁度語呂もよくなった。農園七、川柳五、ダンス三年で、リタイヤ後のネズミ年のゼロからの出発である。

 農園に美女現れる

 9月1日と10月15日に種を蒔いた白菜と一本ネギが自慢出来るほど育ってくれた。でも女房が褒めて呉れない。農園の友は言わずもがななので、写真を撮って後日眺めることにする。ちなみに白菜50個、ネギ300本である。
 「洗った白菜を並べたらお尻に見えた」という高名な方の句が最近の新聞に載っていた。小生の感性では白いエプロン姿の母をやっと思いだす程度である。
 本埜村産のこしひかり(ブランド米)に白菜漬けを食べる楽しみを、ここ7年続けている。美味しさは格別である。
 ところで、他人様の畑に無断で侵入している友がいるではないか、困ったことだと思っていると、突然50代の美女と親しく話をしている。実に楽しそうだ。声が聞こえてくる。農協の職員に野菜作りの指導を頼まれたとのことである。所謂教育係である。
 後日、姦しい男女共が集まったときの情報交換に美女の話が出た。流石元サラリーマンの猛者共である。情報収集に抜かりは無い。住所、年齢、家族構成、銀座の生まれで湘南から野菜作りに憧れて来たお人だという。七等身で気さく、ここまで調査済みには驚いた。小生も時をおいて友に負けじとバラの花束ならぬネギの束を差し上げる。
 どんなもんだ! 農園にもこんな楽しみが偶にはあるのである。

村の青年館でワルツを踊る

 サークルダンスである。上手な方、老いた方、皆さんマイナス20歳でワルツを楽しんでいる。小生もいつも若いつもりでいるが女房に注意をされる。野球をするでもないのにウォーミングアップやら、年を忘れるな!である。
 サークルでも農園のネギの厄介になる。気のあった○○さんとレッスンをしていると楽しい。やはり以心伝心は歳に関係ないようである、ダンスは譲り合いの気持ちが大切だと最近感じるようになった。女房が相手だと自己主張が互いに強く出てしまい楽しくないのである。そんなお仲間に先般花の束ならぬネギの束をプレゼントした。「今度は但馬牛付きにしてね」など軽口を叩いていると流石に先生は鋭く「秋山さん、ホールド上げて」と声が飛んでくる。注意しなければいけない。
 5年後は喜寿の祝いである。ストックホルムの晩餐会はウインナーワルツ。ストックホルムは余りにも遠すぎるので、村の青年館を借りてレディ達とウインナーワルツを踊りたいものである。
 その為にもレッスンに励み、足腰を鍛え、かつ川柳で脳の活性化も忘れない。これが当面の目標である。


 ①(「ぬかる道」2009年1月号)
 
“ 濡れ衣 ”
 
川村安宏
 2週間に1度、家内の妹で船橋にいるS枝さんが、車で家内の見舞いに来てくれる。家内はクモ膜下出血で四年前に倒れ、以来入院生活である。S枝さんは来るといつも裏の畑の方に回り、私の菜園を見て、いろいろ助言をしてくれる。彼らの姉妹は県北の農家の出身である。先日来た時は、裏に茗荷が出ていたと言って、茗荷の子(花穂の俗称)を両手に取って来て、洗ってくれ、卵綴じにするといいと言った。私は近くにあったメモ用紙に「卵綴じ」と書いて茗荷の上に置き、S枝さんの車で病院へ行った。S枝さんは帰りも私を家まで送ってくれた。
 さて、茗荷の卵綴じである。卵綴じとはよく聞く料理の名前であるが、正確にはどうして作るのか分からない。そこで電子辞書の広辞苑を引いた。
 「卵綴じ・・魚、肉、野菜などの煮物や汁物に溶いた卵をかけ、材料を卵でまとめたように仕上げた料理」とある。とにかく茗荷を煮るのだ。煮ただけでは味がないだろうから、醬油と砂糖を少量加えた。そして煮えたと思ったころ、卵を二つ割って箸でかきまわし、それを茗荷の鍋に入れてかき回した。卵を二つ割ったのは冷蔵庫に二つあったからだ。三つあっても三つは割らなかっただろう、三つは食べ過ぎである。その位のことは私にも分かる。
 卵は煮えた茗荷にからみついて固まっていた。これが茗荷の卵綴じである。茗荷は食べると物忘れがひどくなるという俗説があるが、勿論そんなことはない。私は物忘れはよくするが、それは七十七歳という歳のせいで、茗荷のせいではない。それが証拠に茗荷を食べる前から、郵便受けから新聞をとるのを忘れて、病院への途中、駅で買ったりすることがある。
   茗荷の子君に濡れ衣など着せぬ  安宏