「ぶら〜り浅草」吟行句会
(平成26年3月29日)

司会
 : 中澤 巌

記名 : 川崎 信彰   田辺サヨ子

会場 : 台東区生涯学習センター3F研修室


   ◇「ぶらーり浅草」吟行レポート◇

                  吟行部 川崎 信彰


  

 有難いことに、今年の吟行会は吟行部として立案する前に、代表から浅草吟行のお話を頂きました。吟行会のポイントは句会場これさえ確保出来れば、吟行会は実現可能となります。今回は台東川柳連盟理事長、内田博柳さんに、句会場、懇親会場、ボランティアガイド、句会選者、参加者全員へのお土産(サインペンセット)、課題賞品、そして台東川柳会のお仲間の引率、何から何までお世話になりました。改めて御礼申し上げます。
 吟行部は事前に必ず下見して、吟行経路、句会場、懇親会場、句会準備などのチェックをします。今回、当初代表のお手配で浅草観光センター六階での集合を予定していましたが、諸般の事情で雷門交番横での集合に変更されました。ボランティアガイドは六人が対応してくれることになりました。
 三月二九日、吟行会当日は、朝から晴れ上がり暖かく絶好の吟行日和となりました。観光というのは見物ではなくて光を観ることなのだとまた実感しました。筆者は集合の一時間前に観光センター到着、ガイド事務局に挨拶後、屋上の展望スペースに上がりました。ここは絶好の展望ポイントで、眼下に雷門から浅草寺までの仲見世が一直線、右を見れば隅田川、スカイツリーとの御対面、吟行の前にそこを一望することはなかなか乙なことでした。
 一番乗りは川名信政さん、その気持ちが通じたのが、当日句会のグランプリと言うべき、哲男代表選の嘱目吟の天位に「仲見世を歩くスピードラーニング」信政さんの句が入りました。観光センターも外国語が氾濫していました。
 交番横で巌幹事長のご配慮による斑分けで六斑に分かれて出発。ボランティアガイドさんは我々と同年代もしくは上の年恰好、川柳会への配慮で、浅草の古川柳と代表的な古川柳のプリントが配られました。
 雷門で「門の名で見りゃ風神は居候」の名句、「良い思案雷門を二度通り」(浅草寺参りは口実で吉原行きを門前で迷っている意)でスタート、宝蔵門では「また紙を噛むと仁王がにらみつけ」(紙を噛んで仁王にぶつけて仁王にひっつくと願いが叶うということ、仁王が渋い顔をしている意)
 仲見世通りは予想以上の大混雑、ガイドは裏通りで説明して表通りにちょいと入る作戦であの「白浪五人男」や「三人吉三」の河竹黙阿弥の住い跡、そばやの「もり」と「ざる」の違いは「ざる」のたれにはミリンが入っており「もり」にはそれが無いので塩辛くて少ししかたれをつけられなかったこと、寺参りのお土産は小さくて粋なものが良く売れたこと、観音様の御本尊は一寸八分の金仏であるが、当時から秘仏で平安期に僧円仁が彫った木彫りのコピーも今や秘仏となっているとのこと、勉強させてくれました。江戸下町伝統工芸館はまさに江戸名品のメッカでした。三浦芳子さんのお兄様で台東川柳人連盟会長でもある、有名仏師大川幸太郎さんの木彫りの観音菩薩像も展示されていました。
 今回の吟行会はボランティアガイドさんのお蔭で、これまで漫然と見過ごしていた浅草を再認識しました。撫で仏、鎮護堂の狸、日本のマリアテレサというべき瓜生岩子像、三匠句碑、江戸切子、手描き江戸手ぬぐい、店上の鼠小僧、地口行燈、伝法院の桜、浅草公会堂前のスターの手型、時の鐘、などなど、嘱目吟にその成果が如実に出ていました。
   仲見世は店と書かぬとボランティア  弘美
   知識無く何回来たか浅草寺      華泉
   白浪の五人男を探す道かりん
   地口行燈平蔵ぶらり出て来そう    昭江
   浅草に柘植の櫛屋に半纏屋      玲子
   公会堂手形の人も遠くなり      一江
   吉原の話初めて聞く素振り      庸子
   人力車忍者シューズでかけまわる   徳子
   撫で仏何処を撫でてもいいですか   正義
などなど、ガイドさんの説明なしには出来ない句でしょう。それにしてもガイドさんの脚の早いこと、決められた時間内で沢山案内したい姿勢を感じました。お蔭で「ブラーリ浅草」でなく「せかせかの浅草」になりました。
 句会は台東区生涯学習センター研修室、マイクの不調を除けば理想的、後片付けも不要とはラッキーでした。会場には小山一湖さんの北新川柳会のグループ、そして博柳さんの台東川柳のお仲間が句会をもりあげてくれました。出席者68名、大盛会でした。
 ボランティアガイドで柳人の藤野勝利さんも句会に参加され実力
を発揮されました。
 課題「拝む」は内田博柳さんのにこやかな選、沢山の賞品のご提供がありました。天位はみの里さんの「赤ひげと拝まれ離島捨てられぬ」で宗教離れの句が多かった。
課 題「きょろきょろ」が自分にあっているとおっしゃる川瀬幸子選、いろいろな「きょろきょろ」が出ました。天位は昭江さんの「クリミヤを探すちいさな地球儀で」と地球スケールとなりました。
 課題「リーグ」は発想が広がらないと出題者の筆者に苦情もありお詫びします。春に相応しい題と思ったのですが、済みませんでした。小林かりん選者もやりにくかったと思います。天位は圭子さんの「日本の星をメジャーが買いに来る」ぴたりの作品でした。
 哲男代表の雰囲気を盛り上げる嘱目吟の披講、賑やかな句が並びました。
 句会は無事終了、懇親会は華春楼という博柳さんお世話の中華レストラン約二十名が参加、それぞれの感想スピーチで盛り上がりました。
 今回の浅草吟行は多分来年の「誹風柳多留」二百五十周年の記念行事への伏線になると思います。

 

披 講

宿題「拝む」
内田 博柳選   
   拝んでもムダ晩酌はこれっきり江畑 哲男
石ころも拝んでいれば神になる日下部敦世
赤ひげと拝まれ離島捨てられず宮内みの里
   
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       



 
 

 5月5日、千駄木一丁目本郷図書館鴎外記念室「観潮楼」の門を開けていただき、東葛川柳会の吟行会が始まる。総勢78名と記録的な参加者数で皆気分が盛り上がる。大銀杏を眺めながら、江畑哲男代表挨拶、本郷図書館管理者の説明の後、近代文学史を彩った人々が歩いた道を肌で感じようと、いざ、出発。
 新緑の根津神社を右に見て、人通りの多い中を、今日の主要目的地の東大へと向かう。
 言問通りには「弥生式土器発掘ゆかりの地」なる石碑などを見ながら、心地良い散策を楽しめば、一際緑が深くなる。そこは前田藩、水戸藩などの跡地とのこと。辺りの空気が違うような樹木群に歴史を感じて心安らぐ。東大正門を確かめた後、先ず「赤門」へと心が騒ぐ。前田家が将軍家斉の第21女溶姫を前田斉泰の嫁として迎えた際に作られ、あの関東大震災でもびくともしなかったといわれる通り、重厚で威風堂々の趣である。
 赤門を一歩踏み入れると憧れの「一日東大生」だ。キャンパスをキョロキョロと歩き、三四郎池を一回りすればすっかり気分は東大生。絶好の季節で、黄ショウブが緑の中に色を添えている。安田講堂をバックに記念写真。「倫也カメラマンの腰つきは流石プロ」「何の団体さんに見えるかしら」「農協さんご一行よ」と楽しい声が弾む。
 いよいよ待望の学食へ。和・洋の定食に御飯盛りの大・中・小がある。フムフム、成る程これは良い。持ったトレイに注文品を受け取ると、広いラウンジはまたたく間に席が埋まってゆく。安くて味も良い。
 農学部の正門左にある「セイホクギャラリー」が今日の句会場。江畑代表の挨拶に「東大での句会は一つの夢だったこと。ご縁というのは不思議なもので、林尚孝先生の講演を聴くことが出来ること、など喜びのご挨拶があった。
次いで林先生の「森の中に迷い込んだ私」と題した講演、農学部ご出身という理系の世界から見た森鴎外というお話に聞き入った。鴎外の初期三部作のうち、特に「舞姫事件」について、鴎外がドイツから帰国後、すぐエリーゼが来日するが、3日後に帰国させられるという、秘められた恋の封印を解こうとする様々な仮説は興味深い。また婚約者であった赤松登志子との結婚と離婚、その後一年半で家を出て「猫の家」で暮らすなど、縛られた明治という時代背景を垣間見た様な感じで、鴎外の成長過程や悔恨を探ろうとする。とても30分では足りませんがまたの機会に・・・・・・と楽しみを残された。また正岡子規とのエピソードも面白そうでした。
 句会に移り、最初の披講はゲスト選者の河合成近氏(川柳研究社)の「坂」。千駄木の散策が大好きで・・・・・・と明快に進む。
 「サークル」は太田紀伊子氏(つくばね番傘川柳会)と佐竹明氏の二人選。お二人とも落ち着いた披講でした。「革命」は江畑哲男代表。今回の企画実行に尽力された方々の労を労い披講へと入る。林先生の入選句へ一際高い拍手が響く。嘱目吟は中澤巌幹事長。笑いを交え楽しく、最後まで和やかで大満足の顔が揃って閉会となった。
 二次会も38名参加で大盛況だったことは言うまでもない。それぞれのお役を務められた方々、本当に有り難う御座いました。最高に嬉しい吟行会を堪能しました。

 
 
吟行会のスナップ
 
(鴎外記念館、根津神社、東大構内など)