平成24年
銚子吟行句会

  
 
      司会:川崎信彰
      記名:宮内みの里  成島 静枝
      会場:犬吠埼ホテル
      出席者44名  (2012.4.3)

  

 
 宿題 「 ロマン 」

てじま晩秋 選

 
 
コロンをシュロマンスグレイ総仕上げ
ロマン抱く男でいつも金が無い
いわし食べロマンを語る恋もあり
逃避行千騎の武者を引き連れて
君ヶ浜夢二のモデル歩いてる
ロマンよりぬれ煎で持つ電車道
十七字追ってるドンキホーテです
年かなあ昭和のロマン口ずさむ
王朝のロマンを抱いて古都の夜
忘れてたロマン銚子で蘇る
身を引いた男のロマン背で見せ
増税へロマン失う政治劇
青春のロマン消えない古稀の春
昔から子供のロマン秘密基地
悠久のロマンを生んだ数寄屋橋
夢抱き天下目指して竜馬行く
たっぷりのロマン含んで日が沈む
カクテルがロマンチックな夜にする
あの峰の向こうにはある幸せが
SLのロマンに過疎が甦る
撮り鉄がさよなら惜しむラストラン
ロマン追う男後ろは振り向かぬ
ロマン派の曲目探すプログラム
孫成人僕は卒寿になる希望
デスクより故郷で待つコンバイン
終りなき女のロマン紅をひく
バーボンとジャズのコラボで更ける夜
青春を預けたままの海は凪
古文書から埋蔵金を掘り起こす
古事記手に奈良を歩けば奈良が見え
発掘の土器が古代を語り出す
古代史の隠れた謎に思い馳せ
古墳のロマン眠り続ける方がいい
あれ以来海はロマンを消した貌
青空にトキの親子を描きたい
千波万波へ海の男の大漁旗
赤い灯に昭和ロマンのガード下
宇宙へのロマンは金が掛かり過ぎ
宇宙へのロマンが拓くサイエンス
大空にロマン求めて発射台
はやぶさが宇宙のロマン駆りたてる
いとかわのチリひとつまみロマン秘め
宇宙へのロマンを繋ぐ町工場
大宇宙ロマンを語る流れ星
閉じこめた夢呼び起こす桜色
パンダにも春だ二世を待つ上野
月明かりロマンチックな夜にする
君さえいればライトアップは要らぬ景
また恋が生まれそうです春の風
見たいなあ水平線の向こう側
           軸
ジオパーク銚子の未来かける夢
成島 静枝
本間千代子

中沢 広子
加藤 周策
須賀東和子

山本由宇呆
小倉 利江
島田 陽子
大戸 和興
島田 陽子
川崎 信彰
大塚ツバメ
名雪 心遊
笹島 一江
川瀬 幸子
吉田 恵子
島田 陽子
菅井 京子
安川 正子
大戸 和興
六斉堂茂雄
田辺サヨ子
川崎 信彰
佐竹 明吟
上田 正義
中沢 広子
上田 正義
加藤 品子
六斉堂茂雄
近藤 秀方
宮内みの里
安川 正子
笹島 一江
船本 庸子
須賀東和子
上西 義郎
管野あきら
志田 則保
小山 一湖
管野あきら
宮内みの里
管野あきら
小倉 利江
中澤  巌
菅井 京子
佐竹 明吟
江畑 哲男
江畑 哲男
江崎 紫峰
伊藤 春恵

名雪 凛々
  

宿題 「外れる」

中沢 広子選
 
 
子沢山占い外れまだひとり
聞いてるの返事はいつも的外れ
息太く酸素マスクの外れた日
うちの鏡が期待外れの答出す
娘が嫁ぐ夫権地に落つ蚊帳の外
二番煎じ期待外れのサスペンス
信仰は持たぬが道を外れない
棚ボタを狙ったクジは甘くない
主流から外れ楽しむ人生譜
アウトロー悪には悪で立ち向かう
メルトダウン情報隠し的外れ
しがらみが外れて靴に羽が生え
レギュラーを外れ青春石を抱く
吉田 恵子
安川 正子
布佐 和子
船本 庸子
名雪 心遊
吉田 恵子
川崎 信彰
野澤 修
名雪 凛々
江崎 紫峰
大塚ツバメ
小倉 利江
布佐 和子
ブラックホール軌道外れた亡者達
婆ちゃんの会話脱線して困る
雨予報外れて欲しい今日だけは
有頂天そろそろハシゴ外される
外れても夢見代なり万馬券
天気予報外れ悲惨な晴れ男
ひたすらにギブス外れる日へ耐える
背徳の女の口がしおらしい
引っ込みで輪に入れずに手酌酒
通販の期待外れに無駄を買い
失言の大臣椅子を外される
序列から外れて乾く男の背
山勘は外れるように出来ている
相槌を打っても返事的はずれ
中澤 巌
河野 桃葉
浅井 徳子
大戸 和興
管野あきら
大戸 和興
菅井 京子
川崎 信彰
野澤 修
六斉堂茂雄
宮内みの里

小倉 利江
伊藤 春恵
小山 一湖
ホワイトデー又も外れた三十路の娘
よりによってあの先生のあのクラス
本流を外れて趣味へ目を向ける
雨予報天気になって喜ばれ
タイミングずれて結べぬ赤い糸
お花見の輪から外れる千鳥足
本命のハート外したキューピッド
常識を天狗ときどき踏み外す
胸ボタン外れちゃうのとDカップ
婚姻に少なくなった当たりクジ
内定が無い就活の長い闇
予測など外れてほしい大地震
あぶない話この辺で席外します
人の道外すな親は有り難い
転校生仲間外れを超えて生き
フランスを箸で戴くフルコース
テーマから外れ成果のない会議
会社から外れて分かる自己評価
スマートフォン想定外は表示せず
ヒーローに弾は当たらぬものらしい
現役を外れて知った僕の質
国民を外れて揺れる消費税
脱輪もあって人生滋味を増し
           軸
選を終え箍が外れて出る眠気
三浦 芳子
江畑 哲男
近藤 秀方
小山 一湖
野澤 修
名雪 凛々
江畑 哲男
本間千代子
本間千代子
菅井 京子
宮内みの里
江崎 紫峰
山口 幸
成島 静枝
笹島 一江
伊師由紀子
六斉堂茂雄
志田 則保
船本 庸子
安川 正子
島田 陽子
名雪 凛々
小倉 利江

中沢 広子

宿題 「 太鼓 」

小倉 利江選
  
 
陣太鼓銚子の町を盛り立てる
やぐら太鼓に幟も風も踊り出し
無法松になりきる見栄のバチ捌き
親不孝祭囃子が呼んでいる
太鼓腹笑えば笑う臍踊り
打たれても我慢の太鼓ボクのよう
Uターン祭り太鼓の顔揃い
腹鼓おいしかったネうまかった
お太鼓は小振りがよろし柳腰
母さんの自信に満ちた二段腹
若い衆へ代代繋ぐばち捌き
お気に入りジャズのドラムがわしづかみ
復興へ外人も打つ大太鼓
太鼓腹身重の嫁と競い合う
浴衣着て太鼓結びにほれなおし
ドラマーの振りも拍手の中に入れ
親が押す太鼓判には色が付く
太鼓判捺された妻の変わりよう
マドンナを見かけ調子に乗る太鼓
平和だな祭り囃子に包まれる
ゆうれいの出囃子太鼓がしゃしゃり出る
消費税値上げ総理の触れ太鼓
維新塾太鼓叩いて人集め
故郷がフラッシュバック笛太鼓
夏祭り孫がデビューの太鼓打ち
笛太鼓草食系も熱くなる
優勝へタイガーウッズの太鼓判
ドラマーのテンポのよさに酔いしれる
大入りの期待で弾むふれ太鼓
大太鼓肩甲骨で打つうねり
アナログの花形でしたチンドン屋
宴会になると元気な太鼓持ち
笛太鼓球児鼓舞する甲子園
鎮魂へ舞台狭しと鬼太鼓
和太鼓が国の垣根を取り払う
被災地へ祭り太鼓が気を晴らす
和太鼓の連打日本を勇気付け
頂点を待って一度のティンパニー
太鼓打つ横顔に惚れ五十年
暇そうだオーケストラの太鼓役
増税へいざ鎌倉の陣太鼓
お祭りの太鼓を目差す肩車
太鼓の余韻あなたを少し近くする
荒れ狂う海に負けじと鬼太鼓
里神楽過疎へ太鼓が鳴り渡る
児の太鼓華になってる鼓笛隊
黒潮に踊る銚子のはね太鼓
大漁祈願へ汗が飛び散るはね太鼓
太鼓にも訛があって村祭り
太鼓からTAIKOへショーの華になる
           軸
ご近所の喜劇が好きなふれ太鼓
大戸 和興
上西 義郎

中沢 広子
上田 正義
中沢 広子

菅井 京子
笹島 一江
船本 庸子
本間千代子
名雪 凛々
上西 義郎
青山あおり
佐竹 明吟
大塚ツバメ
管野あきら
布佐 和子
志田 則保
伊藤 春恵
近藤 秀方
田辺サヨ子
布佐 和子
河野 桃葉
川瀬 幸子
須賀東和子
伊野木郁造
船本 庸子
川瀬 幸子
浅井 徳子
近藤 秀方
志田 則保
成島 静枝
江崎 紫峰
志田 則保
河野 桃葉
野澤 修
須賀十和子
小山 一湖
川崎 信彰
島田 陽子
大戸 和興
江畑 哲男
山口 幸
島田 陽子
江崎 紫峰
宮内みの里
宮内みの里
小山 一湖
名雪 凛々
本間千代子
宮内みの里

小倉 利江

 
「 嘱目吟 」

佐竹 明吟選 

傘カッパ春の嵐へスタンバイ
バスガイド美人じゃないが味がある
代表に十八番とられているガイド
東京の尖兵銚子無事でよし
君ヶ浜白波怖く春嵐
荒れる予報吹き飛ばしては岬立つ
バスに乗りたちまちクイズ目を醒ます
広い道いわれを聞けば胸痛む
震災を海は何にも語らない
利根川を下って探す春模様
大ナマズ今日は静かにしておくれ
読めぬ句碑頭をひねる風の中
駅ベンチヒゲタヤマサの競い合い
日本へ四方から風吹き寄せる
涙目に春も霞んだ屏風岩
一泊し日の出を見たくなる岬
強い風なのにのんびり回る羽
銚子から日本の夜明け顔を出し
大漁へ海まるごとを船に乗せ
いわしぷりぷり腹処ご満悦
丸く見る地球の平和祈る今日
サーフィンを荒波が噛む君ヶ浜
ここにくりゃまるい地球もひとっ飛び
虫くいへ静まりかえるバスの中
銚子にも有った義経逃亡記
雄大な海へ満喫する眺め
海と空丸く交わり境なし
昼食もいわしいわしで美味じゃのう
風強き町に息づくエコ電気
春嵐大働きの発電所
銚子大橋板東太郎ひとまたぎ
カラフルなチラシが銚子へと招き
屏風ヶ浦造りたもうた波の神
大漁の歌も久しい鰯浜
利根川が海に呑まれて川終る
利根川がバスの窓辺を追ってくる
春嵐今宵夢二に逢えそうな
犬吠ホテルの初客ですとうかつは
まんまるに見える地球を腕に抱く
金目鯛匂いはするが出て来ない
灯台の孤独へ自分史を重ね
銚電護る濡れせんべいのど根性
犬岩の歴史を語るように吠え
           軸
アメリカが見たい爪先立ちの丘
菅井 京子
江崎 紫峰

成島 静枝
伊野木郁造
大塚ツバメ

須賀東和子
伊藤 春恵
安川 正子
田辺サヨ子
大戸 和興
中澤 巌
笹島 一江
川崎 信彰
山本由宇呆
野澤 修
中沢 広子
加藤 周策
六斉堂茂雄
伊師由紀子
青山あおり
三浦 芳子
小倉 利江
島田 陽子
浅井 徳子
宮内みの里
河野 桃葉
管野あきら
吉田 恵子
志田 則保
川瀬 幸子
小山 一湖
近藤 秀方
上西 義郎
加藤 品子
山口 幸
白石 昌夫
江畑 哲男
本間千代子
名雪 心遊
船本 庸子
布佐 和子
上田 正義
名雪 凛々

佐竹 明吟


平成二五年度

東葛川柳会吟行会に参加して
 船本 庸子 (当会副幹事長)

 
昨年銚子でのいわし川柳記念句会で江畑哲男代表から東葛の吟行会が銚子とお聞きした時、いわしの大会で大変お世話になった名雪凛々さんが選者でお出でになるとの事で、是非私も参加させて頂きたいとお願いして飛び入り参加させて頂く事になった。
 生憎四月三日のお天気は台風並の低気圧が関東地方も午後から来る予報。でも雨天決行という事で、川崎信彰さんの親切なお計らいで電車の組に入れて頂き銚子へ到着。そして初めてあの濡れ煎餅で有名な銚子電鉄に乗った。
 銚子観光協会の女性の方がPRの為に乗り合わせて居て、今も残してある大正時代の駅舎等色々説明をされていた。前日タレントの志村けんが乗ったそうで、一日違いがちょっと残念。何処も近代化されて行く中で、何ともレトロな銚子電鉄が末長く残って欲しいと思う。
 バス部隊より一足先に犬吠埼の地球が丸く見える丘公園に着いた私達は、風は強いが幸いにまだ晴れている犬吠埼から、公園の名の通りの丸い地球を堪能させて貰った。そこから電車組もバス組に便乗させて頂き、着いた犬吠埼京成ホテルはロビーも広々と豪華な佇まいで、食事も手の行き届いた和食が用意されていて参
加費三千円とはお安い事。暴風で帰れなくなったら一泊してもいいと話し合った。
 披講に先立っての哲男代表のご挨拶で、代表が一時銚子で自然に包まれてお育ちになった話をされていたが、闊達で行動力に満ちている代表のルーツの一部を垣間見せて頂いた。そして凛々さんのご紹介では、凛々さんは銚子に大変貢献なさっておられるとの事、それで市長さん迄がいわし大会を盛り立てて下さる丈の事をなさっているのを知った。今回も含めて何時も大会で大量に出される各メーカーの景品も凛々さんのお力に依るものとの事。銚子の有名人ともお聞きした。
 披講に当り私も「太鼓」の選をさせて頂いたが、東葛の句は皆さんユーモアに富んでいて、心から楽しい選をさせて頂いた。
 さて、帰りのお天気だが、予報を外れる事なく横なぐりの風雨が降り出していて、電車が止まるかも知れないからと哲男代表のご配慮でバス組に便乗させて頂ける事になり、代表始め皆さんの温かいお気遣いが本当に嬉しかった。
 バスの中は外の嵐を黙らせる程楽しく、圧巻は近藤秀方さんの朗読だった。入江徳郎という作家の人情小説で秀方さんの声のトーンが小説とマッチしていて皆催眠術に掛かった様に秀方さんの世界に引き込まれてしまった。その後の中澤幹事長の漢字で書く外国の地名当てクイズも面白く退屈する隙もない車中だった。
そんな余韻もあって我孫子から中々動かない電車も苦にならず、家に着く頃には足元を月が照らしてくれていた。
 それにしても二十五年間の吟行会でこんな天候は初めてだそうで哲男代表始め幹事の方々さぞご心痛だった事とお察し致します。
 この度は本当に楽しい吟行会有難うございました。


 「銚子吟行会・別動隊見学記」
 北新川柳会副会長 小山 一湖
 
私達 北新川柳会の三人(伊野木郁造、管野あきら、小山一湖)は、午前7時37分発の特急「しおさい1号」にて東京駅を出発しました。車内はガラガラでゆっくり座って弁当の朝食を食べながら雑談、その後はコーヒーを飲みながらそれぞれ宿題の仕上げと嘱目吟のための資料を見直すなどしているうちに9時30分終着の銚子駅に到着しました。
 駅前から予約したタクシーに乗っていざ観光へ。予約の際に川柳句会に行くことなどを伝えておいたので、運転手さんは運転しながら銚子市の歴史、文化等について色々と説明しながら案内をしてくれました。
まず、新しく吊り橋として完成したばかりの銚子大橋を渡り茨城県の空気を吸ってUターンして銚子側の岸壁から橋をバックに記念撮影。次いで坂東三十三番札所の飯沼観音(圓福寺)で参拝して「古帳庵の句碑」を見学。次に浄国寺で松尾芭蕉と小林一茶の句碑を見学しました。それから工場見学、ヤマサ醤油で醤油の原料と作り方についての映画を見て色々勉強になりました。時間が無いため工場内の見学は省略。銚子電鉄とぬれせんべいとの物語を聞きながら屏風ヶ浦の絶壁の上へ行きました。
 強風のため危険とのことで余り先へは行けませんでしたが、サスペンスドラマ撮影のロケ地として使われることがあるとのことでした。
 それから地球展望館へ向かい、予定通り吟行会本隊と合流することが出来てホッとしました。
ここでタクシーにお礼を言って帰ってもらい、皆様と行動を共にして見学、句会を楽しみましたが、暴風雨のため帰りの交通機関が問題となりました。しかし、私達別動隊は名雪凛々先生ご一行のアドバイスに従って東京駅行きの高速バスに乗りました。バスは銚子市、旭市等で何人かの客を乗せた後、高速道路を快調に走り、東京駅にほぼ予定の時刻に無事到着しました。ありがとうございました。
 家のテレビでは、暴風雨による被害や交通機関の乱れなどを報じていましたが、私達は予定どおり無事帰宅出来て良かったと思いました。
 最後に、江畑哲男代表はじめ関係者の皆様のご努力のお陰で素晴らしい吟行会となり、そこに参加させていただけたことを感謝し、心から御礼申し上げます。ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

    「凄い風屏風ヶ浦のサスペンス  一湖 」

   写真は「銚子吟行(北新組)銚子大橋をバックに

〈参考〉

銚子文学碑一覧
 1.松尾芭蕉句碑(浄国寺境内)
    「枯枝にからすのとまりけり秋の暮」
 2.小林一茶句碑(浄国寺境内)
    「此の台の清風ただちに心涼しく 西方仏土もかくやあらんとほととぎすここを去ること遠からず」
 3.古帳庵句碑(圓福寺境内・飯沼観音)
    「ほととぎす銚子は国のとっぱづれ」
 4.地球の丸く見える丘ふれあい広場(集中建立)
  A.小川芋銭句碑
    「大海を飛びいずる如と初日の出」
  B.竹久夢二詩碑
    「まてど暮らせど来ぬ人を宵待草のやるせなさ今宵は 月の出ぬさうな
  C.国木田独歩詩碑
    「なつかしきわが故郷は何処ぞや彼処にわれは山林の児なりき
  D.尾崎咢堂歌碑
    「朝またき彼方の岸はアメリカと聞きて爪立つおはしまのはし
 5.犬吠埼
  A.高浜虚子句碑
    「犬吠の今宵の朧待つとせん
  B.源俊頼歌碑
    「磐はしる外川の滝のむすぶ手もしばしはよどむ淀むせもあれ
  C.佐藤春夫詩碑
    (略)
  D.尾張穂草歌碑
    (略)
以上、銚子市観光協会のご協力を頂いて市内の主な文学碑をまとめてみました。(一湖)
 
「銚子吟行会・参加記」

 
北新川柳会 伊野木郁造

 4月3日、銚子吟行会に参加させて頂きました。私は東葛の吟行会参加は3度目で、顔見知りの方がふえ、久し振りに参加したクラス会的モードで歓迎して頂きました。
北新川柳会から参加した3名の行動については、一湖さんから報告されると思いますので、ここでは私自身が感じた印象・感想を記載してみます。
(1) 銚子の魅力
 私は地方都市に在住中、郷土史研究会に所属し史跡の調査・保存活動をやった経験があります。この観点から、銚子の寺院立派さ、文学碑の多さ、醤油醸造業の発展には大きな関心を持ちました。また地形と自然を生かしたまちづくりに魅力を感じました。また訪ねてみたい所です。
(2) 句会・吟行会の魅力
 今回も自分の発想の貧弱さを思い知りました。例えば「太鼓」に対し太鼓腹を、また「ロマン」に対し人工衛星「あかつき」の回収を思い付かなかった。
 句会の場はいつも私の狭い発想に刺激を与えます。楽しくもあり、ほろ苦い反省の場でもあります。だから面白い。
 吟行会の度に感ずることですが、東葛川柳会の行事遂行能力は見事なものと感心し、敬意を表します。

        「悩まずに働いてくれ大風車    郁造」

 今回は、3日午後からの異常気象(メイ・ストーム)により交通に乱れが起こりましたが、現地の方の勧告のお陰で無事帰宅出来ました。江畑代表ほか皆様のご配慮に感謝します。
 私の特技であるアルバム作りは、残念ながら今回は出番がありませんでした。もっとゆったりしたパーテイーの時までお預けとさせて頂きます。
 
吟行会参加記(北新会)ー銚子吟行の御礼

 
北新川柳会 管野あきら

 この度小山一湖さんのお誘いで貴会の銚子吟行に参加させて頂きました管野晃と申します。私は川柳を始めて一年半の駆け出しで、外部の句会と名のつくものに参加させて頂いたのは初めてで、句会とはどのように進行するのか何も解らずの参加でした。テーブルの前に座った方達に教えて頂いて、楽しく参加することが出来ました。投句も数多く取り上げていただき(多分六句と思いますがご確認下さい)自信も付きました。
銚子へは二回目めで四、五年前のことで今回と同じホテルでの昼食で、天候にも恵まれ灯台へも登ってきました。エレベーターは無いので今回は登らないつもりでいました。飯岡で鰯を買ってきたのを覚えていますが、震災で飯岡が多大な損害を被ったと聞き心が痛みました。
北新川柳会は男性と女性が半々ですが、今回の吟行参加もやや女性が多く見られたようで、司会・選者・文台・進行と鮮やかなところを見せて頂き、男性もウーマンパワーに負けないように頑張らなくてはいけないというのが感想です。
帰りは飲みながらと思っていましたが急遽バス使用と言うことになって、飲み物を買うことも出来ず、定刻十分遅れで東京駅着。小山一湖さんから頼まれ、一湖・郁造・あきらの銚子大橋を背景にした写真を添付致します。
最後に、江畑代表はじめ実行委員の皆様方のお陰をもちまして楽しい一日を過ごさせていただいたことを感謝すると同時に貴会のさらなる発展を祈念いたします。

       「果てしなく心に描く鰯雲     あきら」