平成25年
恵比寿ガーデンプレイス
吟行句会

  
 
      司会:川崎信彰
      記名:宮内みの里  成島 静枝
      会場:早稲田大学16号館
      出席者44名  (2013.4.19)

  

 
 宿題 「 ピント 」

てじま晩秋 選

 
 
自己紹介夫自慢が終らない
辛口の批評にピント置いている
おっとどっこいピンボケだけど生きている
全員が笑顔ピントはおまけする
お目当てはキミでキミだけ狙い打ち
ぼかしてと注文を出す元美人
甘いピント火の輪くぐった跡がある
ピンぼけに二人がかりで撮る子犬
焦点を絞り切れずにいる独り
芸術と思えば裸婦に合うピント
ときどきはピント外して惚けたふり
ハイビジョン化粧のノリもあからさま
せめてものイメチェン眼鏡変えてみる
百年の計は庶民にズレて見え
胃カメラにもポーズ忘れずはいチーズ
核心を衝く正論が怯まない
偶然にピントがヒント謎が解け
もどかしい話のピントまだ合わぬ
実直な人だ遺影がぼけてない
朧月ピントは甘い方が良い
ずれてきたピントに合わせ母を看る
ピント少しぼかした写真遺書通り
目の中にキャッチライトのある写真
酒あれば焦点決まる議事進み
辣腕もピントが合わぬのっぺらぼう
戦場のカメラと銃にあるピント
ピンボケは知らぬ写メール軽く打ち
ピンぼけが一人空気が丸くなる
永久保存ピントの合ったキミとボク
深読みのし過ぎか的がずれている
焦点が絞り切れずにケセラセラ
戦場を直視しているカメラアイ
日の丸に風画いてよし無くてよし
フォーカスが何処か読めない独裁者
照準はピタリ合っても弾丸がない
ヘソの下に集まる芸術家のモチーフ
寄席帰り余白一つがのこってる
大人向けの大人のドラマ願います
おばさんの突っ込み的を外さない
いつの間にかピントが合って離婚する
       軸
画素数も覗き見してる妻の腕
伊藤 春恵
山口 幸
中澤 巌
成島 静枝
江畑 哲男
伊藤 春恵
河野 桃葉
六斉堂茂雄
伏尾 圭子
中沢 広子
海東 昭江
関 玉枝
月岡サチヨ
関根庄五郎
上田 正義
宮内みの里
吉田 恵子
川崎 信彰
佐竹 明吟
植竹 団扇
関 玉枝
坂牧 春妙
浅井 徳子
六斉堂茂雄
本間千代子
植竹 団扇
水井 玲子
月岡サチヨ
上西 義郎
伏尾 圭子
吉田 恵子
佐竹 明吟
山口 幸
成島 静枝
中澤 巌
江畑 哲男
山口 幸
船本 庸子
船本 庸子
日下部敦世

てじま晩秋
  

宿題 「夜明け」

坂牧 春妙選
 
 
夜が明けるア~又今日も起きるのか
不夜城にやっと眠りの朝が来る
夜明けは近いドラキュラが逃げていく
幸せな朝鶯に起こされる
朝駆けは朝帰りとは違います
夜明け前小鳥制してカラス鳴く
一人身になって寂しいのが夜明け
藤村に聞きたい夜明け前の闇
汗した分きっと芽が出る明日の朝
ご来光悩み事などかき消され
哀しみを抜けて安堵の朝になる
ニートの息子求人誌読み始め
いのちほろほろICUの夜が明ける
コーヒーだけの約束でしたあの夜明け
日本の夜明けへ走る安倍総理
一夜漬早くも夜が明けてきた
仮設にも夜明けの光射して来る
iPS重症患者光りさす
坊さんは寝坊をしない明けの鐘
新学期一番鶏と共に起き
生きてると介護のベルが鳴る夜明け
沖縄に夜明けが来ないオスプレイ
夜が明けるすべてのことを過去にして
悪いことばかりでないと日が昇る
深呼吸雀の親子まだ寝てる
雨戸開く音が連なる分譲地
夜明けまで飲んで供養の通夜の席
未来見つめ女性大工が現れる
朝刊が真っさらな朝連れてくる
病院の夜明け命を確かめる
日記にも書けぬマル秘の夜が明け
朝刊の轍一本雪の道
親不孝詫びて旅立つ始発駅
          軸
一度だけ明けない夜がやってくる
関根庄五郎
日下部敦世
伏尾 圭子
山本由宇呆
笹島 一江
船本 庸子
佐竹 明吟
上西 義郎
吉田 恵子
海東 昭江
日下部敦世
海東 昭江
上田 正義
山本由宇呆
水井 玲子
大戸 和興
河野 桃葉
本間千代子
江畑 哲男
志田 則保
佐竹 明吟
日下部敦世
野澤 修
植竹 団扇
小川 定一
志田 則保
河野 桃葉
海東 昭江
伏尾 圭子
六斉堂茂雄
小川 定一
上田 正義
坂牧 春妙

本多 守

宿題 「展 望」

本間千代子選
  
 
医療費よどこまで生きていいですか
地下鉄についてはいない展望車
東京のジオラマを見る電波塔
指の穴から覗いたら別世界
パノラマの眼下見渡すビル掃除
眺望はビルの谷間の兎小屋
双眼鏡おまけに見えた路上キス
スマホなど止めてご覧よ窓の富士
分刻み見晴らしを売る遠眼鏡
展望鏡百円分は覗き切る
展望車子供の様な顔になる
眺めより愛確かめる観覧車
あと十年金婚までに仲直り
待ってろよ必ず帰るうつくしま
ベア回答蟻も展望みえてくる
井の中は井の中なりにある眺め
復興の明日へ子の声青い空
見晴らしがいいからやる気湧いて来る
凱旋門から平成のパリ俯瞰する
この先が見えぬ日本の曇り空
年金の枯渇気にする五十代
この国の行く末を見る汚染水
設計図離婚も視野に入れておく
見渡せば一目千本吉野山
富士山が見えたら賭けのプロポーズ
グローバル化日本はジャンプできますか
見晴らしを買った我が家が腰にくる
夢を描く田んぼアートの早苗歌
ちっぽけな悩みを笑う地平線
展望台北から怖い風が吹く
超高層地球の裏は見せはせぬ
         軸
展望の晴れない二年仮設小屋
笹島 一江
加藤 周策
大戸 和興
田辺サヨ子
河野 桃葉
小川 定一
川瀬 幸子
江畑 哲男
植竹 団扇
成島 静枝
森 智恵子
六斉堂茂雄
松本 晴美
上田 正義
宮内みの里
加藤 周策
海東 昭江
日下部敦世
日下部敦世
海東 昭江
六斉堂茂雄
月岡サチヨ
大竹 洋
川瀬 幸子
中沢 広子
水井 玲子
伏尾 圭子
月岡サチヨ
伏尾 圭子
笹島 一江
植竹 団扇

本間千代子

 
「 嘱目吟 」

中澤  巌選 

きれいですヌードの前を去り難く
わたくしに似てる写真もあって笑む
サーベルを提げた巡査のセピア色
舌かみそうブルーメンフェルドジャコメッリ
折角の眺望高所恐怖症
動く歩道ハンサム達のお出迎え
動く歩道柏にはない恵比寿だね
一瞬を永遠にするジャコメッリ
血と汗と写真が語る開拓史
歓迎の文字は虹色恵比寿色
イケメンの歳三語らずもステキ
戦火くぐり抜け写真がしゃべり出す
古き良き明治に戻すモノトーン
写真史に日本の夜明けセピア色
高層の食費に景色代含み
訴えが白を突き抜く写真展
明治の写真どこにもビルが見当らぬ
通勤車肩身のせまい趣味の会
写真機ですよ写真撮ります息止めて
アーウィンの無題に見入る美の秘密
山手線山の代わりにビル迫る
明治の写真どんな写真機使ったの
写真でも箱に入っている息子
写真とは不思議昔がよみがえる
三陸の明治津波が語る今
明治期の天災写真胸迫る
ハイカラな恵比寿と言えばビールだけ
人類へ歴史を残す偉人像
動く歩道エビスビールのコマーシャル
芸術とエロスは仲がいいらしい
土方がいつか神話になってくる
ナダールにレンズに止まる陣羽織
ヴォーグ誌の美女にハローとご挨拶
吟行にビール見学ない疑問
釜石の惨状モノクロに見入る
ひょっこりとヘップバーンに会う至福
土方に穴を開けそう熟女の目
生きることとはジャコメッリの黒と白
原点は白黒にある写真館

  これより秀句

動かずに運んで呉れる長い路
土方の腕に誠の旗がない
グレースケリーの真っ直ぐな眼が刺しに来る
写真美術へ覚えたひとつ鶏卵紙
ブランドがアメリカ橋とコラボする
         軸
イタリアにはないのでしょうか鯨幕
本多 守
中沢 広子
山本由宇呆
川崎 信彰
松本 晴美
浅井 徳子
伊藤 春恵
藤田 光宏
大戸 和興
川瀬 幸子
田辺サヨ子
船本 庸子
宮内みの里
笹島 一江
佐竹 明吟
根岸 洋
坂牧 春妙
上田 正義
野澤 修
吉田 恵子
末吉 哲郎
有馬 靖子
植竹 団扇
加藤 周策
志田 則保
水井 玲子
森 智恵子
河野 桃葉
月岡サチヨ
日下部敦世
てじま晩秋
関根庄五郎
成島 静枝
六斉堂茂雄
関 玉枝
岩田 康子
伏尾 圭子
上西 義郎
江畑 哲男


山口 幸
小川 定一
海東 昭江
本間千代子
大竹 洋

中澤 巌


平成二五年度

東葛川柳会吟行会に参加して
 船本 庸子 (当会副幹事長)

 
恵比寿駅を降りて、400メートル余りの歩く歩道を抜けると、そこは東京都写真美術館、恵比寿ガーデンプレイスだった。
 大都会に集まった、東葛川柳会の面々もちょっと緊張気味。江畑哲男代表の挨拶の後、早速参加者45名は、現在展示開催中の「夜明け前(北海道・東北編)を見学。
 沢山の珍しい写真が綺麗に保存されているのに先ず感激。しかし、これ等を句にするのは難しかった
(私だけかも?) 
今回の楽しみは、選者の坂牧春妙さんにお会い出来ること。サラリーマンで混む十二時前に食事しましょうと、春妙さんをお誘いする。女性五人集まって、タワー三十八階のお寿司屋へ。リーズナブルな値段に一安心、お喋りと食事を楽しむ一時。ご馳走様と席を立ってレジに向かったら、有馬靖子さんが杖を忘れたと急ぎ足で戻る。それを見てすかさず「忘れた杖思わず走り取りに行き」ですネと、さすが春妙さん。靖子さん、忘れるぐらいなら大丈夫。
 いよいよ四階の会場へ。伊藤春恵さんが、ゲスト選者のてじま晩秋さんに御挨拶している。晩秋さん、春妙さんを囲んで記念撮影。六斉堂茂雄カメラマンに注文多し。
 晩秋選「ピント」、春妙選「夜明け」、課題「展望」は吟行会の会計で大忙しの、当会幹事、本間千代子さんが、落ちついて選をされました。
 最後は中澤巌幹事長選で「嘱目吟」。披講は、クイズもあって大いに盛り上がり、笑いも交えて楽しく進行し、無事終了しました。
 一番印象に残った句は、本日の長老、山口幸さんの嘱目吟「動かずに運んで呉れる長い路」。とても九十一才とは思えぬ柔らかい頭の回転に一同脱帽でした。
 最後になりましたが、写真美術館や句会場をお世話下さった、末吉哲郎顧問、川崎信彰句会部長に感謝申し上げ、吟行部の伊藤春恵部長、本間千代子さんにお礼を申し上げます。お世話になりました。楽しい思い出がいっぱい残る吟行会でした。